質問させてください

断熱材として袋入りのロックウールを施工する時、柱と間柱にタッカー(大きなホチキス)でとめていくと思いますが、私の家ではところどころタッカーが抜けている状態です。
詳しく言いますと、断熱材の袋の耳の部分をタッカーが突き抜けてしまって、しかも大工さんが破れていると認識しながらも再度タッカーを打ってくれていない状態なのです。

大工さん曰く、「コンプレッサーの空気が多いときにはどうしてもタッカーの機械が強く打ち過ぎでしまうので、断熱材の耳のビニールを突き抜ける」
そうです。
それが分かっているのなら再度打ってくれれば良いのですが、こちらがお願いしたところ、「数箇所タッカーが抜けていても石膏ボードで抑えるので、大丈夫です」と言われました。
確かに連続して3,4個以上も抜けがある訳ではないので、すぐに落ちてしまうとは思いませんが…。

このような施工の状態でも本当に大丈夫でしょうか?
どなたか教えてください、お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

断熱材と防湿材のことをよく理解していない大工が多いので


このような適当な回答と施工がされてしまいます。

袋入りグラスウールの場合、「200mm位の間隔でタッカー留とする」
となっていますので、ロックウールはグラスウールより自重があるので
出来るだけ細かく留めた方が良いと思われます。
固定間隔が広いと経年変化により壁内で落ちてきてしまい、断熱効果が下がります。

また、この袋も重要な役割をもっています。
それは防湿を行う為に袋の室内側の1枚が防湿シートになっています。
このシートが連続して壁面に施工されることにより、
壁内への湿気の流入を抑え、壁内結露の危険を下げることができます。
なので、根本的に破れたシートの部分には気密テープなどを貼り、
補修しなければならないのが正しい施工方法です。

更に、留め付ける場所も重要で、柱の見付面(正面)にタッカーで固定する。
なので、正しい施工をすると柱の殆どがシートによって見えなくなります。

ロックウール工業会に施工ポイントの記載と
正しい状態の施工写真が載っています。
http://www.rwa.gr.jp/product/housing03.html

家の耐久性に影響がありますので今のうちしっかり施工してもらいましょう。

参考URL:http://www.rwa.gr.jp/product/housing03.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答をありがとうございました。

正しい状態の施工写真の紹介も参考になりました。
写真のようにキレイな状態だと最高なのでしょうが、拙宅はほど遠いような状態であります。

今度は現場監督さんに抗議をしてみたいと思います。
ご助言ありがとうございました☆

お礼日時:2007/07/08 21:00

2年前のリフォームの際、築36年の壁をはがしましたが見事にロックウールマットがへばりついていましたね。

(挟まってたんですね)

諸事情がありかなりの手抜き工事だった模様ですが(私は当時を知らない同居人、聞いた話です)見た印象は、まず「断熱材入れてたんだなあ」次に「頑張ってへばりついて何ともけなげ!」なんて感じましたね。
ただ耳にタッカーは打っておらず間柱もろ見え状態でしたが。

さて、いろんな御意見がありますが私も先に出ている「監理者か現場監督」に言うべきと考えます。

大変失礼ですが恐らくその大工さんは「断熱材とは壁にはまっていればオールOKなのだ」との感覚で仕事をされていると思います。
耳は「タッカーを打つ為だけの物」と考えているでしょう。

>このような施工の状態でも本当に大丈夫でしょうか?

これ以上の隙間也が「なければ」大丈夫でしょうが、繰り返しますが「監理者か現場監督」に陳情して下さい。
「そこまで見てるのか!」と仕事に対する緊張感が変わります、マット云々よりもその意味(効果)の方が大きいかもしれません。

設計者(私)も施工者も無意識であれお施主さんを「見ます」。かなり「見ます」。
「神経質そうでないからこの位の傷は気にしないかな」なんて、・・・人間ですからねえ・・・・これ大きいですよね、自戒込めつつ書きますが。

まず、少なくとも大きい穴や隙間は補修シール等でふさいで貰って下さいね。

以上、だらだら長すぎました、失礼しました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

素早い回答をありがとうございました。

築36年でも断熱材がとまっていたのですか、うち断熱材クンもそれ以上に頑張って張り付いてもらいたいものです。

現場監督さんに細かく言うだけでも色々良い効果がありそうですね、大変参考になりました、さっそくご助言通りにしたいと思います。

大変貴重なご意見ありがとうございました☆

お礼日時:2007/07/09 14:21

断熱材タッカー半部位でも落ちませんね


素人の考え過ぎ、
本来は断熱材の外側の空気層です
Ano1さんの画像の様に外壁ざいとの間に図のように空気層出来れば理想ですが
図面は出来ますが不可能ですね、

気密が気に成るのでしたら、気密住宅ですね、発泡材の板状の断熱材です、

最近のベニア板の家この断熱材のお陰で
腐ってる家多いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答をありがとうございました。

画像を見ましたが、外壁と防湿透水シートの間には「どうぶち」があるので、空気層ができていると思います。
「断熱材と防湿透水シートの間に空気層が…」の間違いでしょうか?

一応うちの家ではスペーサーを入れましたので、断熱材と防湿透水シートの間には空気層が出来ています。

素人の考え過ぎとの事で、少し安心いたしました。
ご助言ありがとうございました☆

お礼日時:2007/07/08 21:20

 タッカーの止め方に不満があるのであれば、現場監督に抗議してください。


 大工に抗議しても、らちはあかないでしょう。

 土台あなたの望むようには止まらないでしょう。そんなことしていたら日が暮れてしまうからです。適当に止めれば1-2日仕事でも、丁寧に入れると4-5日かかってしまうほど地味かつ手間の違う作業だと思います。
 何を職人に言っても無駄な可能性の高い領域です。
 壁に隠れるので丁寧にやってもらわないと困る気持ちは理解できますが、手間賃が最も割に合いにくい部分だと思います。

 完璧を目指すのであれば、あなた自らが施工するか、ひたすらあなたが監視してください。
 ロックウールを使用するのであれば、悲しいかな、それが現実でしょう。これが嫌な人はロックウール断熱材を使用する、家自体を嫌がります。

 大丈夫かどうかは大丈夫だと思いますとしか言いようがありません。
 壁内さえ乾燥していればロックウールにの袋に多少穴が開いていても、水分の侵入も少ないでしょうし、乾燥していれば軽いので、ずり落ちる可能性は低いでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

素早い回答をありがとうございました。

はい、今度は現場監督さんに抗議をしてみたいと思います。

手間賃が最も割にあいにくい…ロックウールを使用するなら自らが施工や施主がひたすら監視…これが現実なのかもしれませんが施主からしたらやり切れない気持です。
実際、うちの家を作ってくれた大工さんに「安いロックウールを選んだんだから、少しは我慢しなきゃ」とか、「もう少しお金を出して発砲ウレタンを選べば良かったのに」とか、「人間がやる事だから100点満点に行くとは限らない」とか言われたので、ロックルールを選んで後悔しましたし、そんな大工さんに施工してもらって、良い家になるわけが無いとガッカリしました。

ずり落ちる可能性は低いとのご意見、すこし安心いたしました。
ご助言ありがとうございました☆

お礼日時:2007/07/08 21:15

十分な密度と厚みのある断熱材ならば、ずり落ちる事は無いです。



それ以上に怖いのは、施工が雑でコンセントや筋交いのまわりに隙間があったり、ボードとの間に隙間があったり、間仕切り壁の気流留めが無かったりする事です。

防湿に関しても、袋入のビニル部分で考えているのか、気密シートで考えているのか、最近は気密シート不要の考え方も有りますし、住宅全体でどのような思想で行なわれているかが大事です。

大工さんよりも設計者・監督員に気軽にお尋ね下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答をありがとうございました。

ずり落ちる心配は無いとの事で、少し安心いたしました。

そうですか、コンセントや筋交いのまわり、気流留めの有無などを
現場監督さんに質問してみようと思います。
大工さんに言ってもムダみたいですね。
ご助言ありがとうございました☆

お礼日時:2007/07/08 21:08

住宅建築に携わるものです。



確かに、一般の方からすると不安になりますね。
高額ですし、これからの我が家になるわけですから・・。
このような不安を施主様に与えていては、
住宅業界全体への不信感にもつながりますね。
私の知り得ている限りを答えさせていただきます。

質問への回答ですが、
「住み始めてから、壁の中でズリ落ちてしまうのでは・・」
という不安であれば、大工さんが言うとおり大丈夫だと思います。

ただ、「断熱性」や「気密性」という住宅の性能を
左右する分野においていえば、マズイですね。
ここで、その話をすると本題から外れてしまい、
長くなりますので割愛させていただきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答をありがとうございました。

そうなんです、これから何十年と住むわけですし、一生に一回かもしれない高額な買い物ですので、せめて標準施工方法でやってもらいたい気持になるのです。

まだ不安がありますので、現場監督さんに抗議をしてみたいと思います。
ご助言ありがとうございました☆

お礼日時:2007/07/08 21:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q床下の断熱材の施工について(下地と断熱材との隙間)

床下の断熱材の施工について(下地と断熱材との隙間)

現在、次世代省エネ基準の仕様で新築中の者ですが、床下の断熱材の施工について疑問がありますので教えてください。

我家の床は、根太貼り工法です。この工法ならば、根太の間に断熱材が施工されるのが普通だと思うのですが、我家の場合は、大引の間に施工されています。そのため、床下地と断熱材との間に隙間(根太の幅55mm)が生じています。このような施工でも良いものなのでしょうか。

掲示板等を拝見しますと、床下地と断熱材は密着させるのが原則のようで、このような隙間は結露の原因となるとの記載もあります。

設計士に質問したところ、「空間が生じているが、断熱材と大引との間を密閉しており、気密性がとれているので問題はない。」とのことです。

現在、施工を中断しています。よろしくお願いします。
 
 

Aベストアンサー

大引きの上に施工する商品で工事をするのが一般的です。
それだと床材と断熱材の隙間は少なくなります。

写真を見せていただいて思うことは、わざわざ別の工法で工事をされてます。
(取り付けには時間がかかる)
床下との空気層との遮断は、隙間の数が少ないのでこちらが優れている。
私はどちらでもよいと思います。

心配なのであれば、追加費用を出して今の上に断熱材をもう一枚ひけばいいと思います。
値段は材料費だけで施工してくれるように交渉すればいいと思います。
(並べるだけの工事です、貴方でも出来ます。材料費はそんなに高くありません)

Q断熱材施工の施工の違い

北海道で現在新築検討中で、数社に絞りプランニング中です。A社は24キロのグラスウールを10センチの厚さのを隙間無く詰め、落ちないように60cmの間隔で縦と横に崩れない様板を貼り固定してます。コンセント廻りもカバーで覆っています。素人が見ても丁寧と感じました。
B社は同じグラスウールでもブローイングでの施工です
詰める量は35kg/m2だそうです。まだ施工状態を確認してません(近日中に吹き込み後を見学します)。
個人的にはブローイングの方が隙間無く入れてて、いいかと感じますが、あまりこの方法を使っている工務店が無くやや不安です。説明では中で半固形化されるので、年数が経っても断熱性は維持できますと言われました。10年やそこらでは、変わらないと思いますが、長いスパンで判断した時、どちらが持つと思いますか?詳しい方お願い致します。
ちなみにブローイングは専門の施工業社が行います。

Aベストアンサー

最終的には、予算と価格の対比にいたるのでは、と思います。吹きつけを行う専門業者を入れるとどうしても価格が上がってしまうので、採用する工務店が少ないんだと思います。経年変化について言えば、ブローイングの方が間違いなく有利だと思いますよ。
我が家は現場発泡のウレタン吹きつけなんですが、採用の理由は経年変化が少ないと思ったからです。

Q断熱材の結露が心配。オススメの断熱材を教えて下さい

建売の新築戸建ての購入を検討しています。←木造です。

物件の検討段階ですので決定したわけではないのですが
まだ建っていない物件であれば、別料金はかかると思いますが
断熱材を入れてもらおうと思っています。
(現在私は木造戸建ての実家に住んでいるのですが、とにかく寒くて、
暖房をつけていても、切るとすぐに部屋が冷えてしまう為。)

調べたところ、グラスウールなどの断熱材を入れる事で保温性がアップするとの
事で、是非入れたいなぁと思っているのですが、材質や工法などが色々あり、
それぞれ一長一短で素人の私にはどれが良いのか判別がつきません。

さらに結露の問題もあるとの事で(これが一番心配です)、どうしたら良いのか迷ってます。

そこでご質問なのですが

◆オススメの断熱材の材質は何でしょうか?
(それぞれ一長一短あると思いますが、出来れば縮んだり劣化しにくい物が良いです)

◆結露を防ぐにはどういう事が必要でしょうか?結露が出来るかどうかと言うのは
材質さえ結露の出来にくい物を選んでおけば大丈夫なのでしょうか?

◆結露を気にするのであれば断熱材は入れない方が良いのでしょうか?

◆断熱材については施工する人の腕次第と聞いた事がありますが、腕が良いかどうかは
わからないです…腕が良くない方が施工する場合でもしっかりした断熱効果が得られて、
結露も起こりにくいというような材質、工法はありますでしょうか?

以上ですがどうぞよろしくお願いします。

建売の新築戸建ての購入を検討しています。←木造です。

物件の検討段階ですので決定したわけではないのですが
まだ建っていない物件であれば、別料金はかかると思いますが
断熱材を入れてもらおうと思っています。
(現在私は木造戸建ての実家に住んでいるのですが、とにかく寒くて、
暖房をつけていても、切るとすぐに部屋が冷えてしまう為。)

調べたところ、グラスウールなどの断熱材を入れる事で保温性がアップするとの
事で、是非入れたいなぁと思っているのですが、材質や工法などが色々あり、
それぞれ一...続きを読む

Aベストアンサー

(3)の再アンサーですが、

>まだ建っていない物件であれば、別料金はかかると思いますが
断熱材を入れてもらおうと思っています。

今どき、といいますか、はるか大昔からでも、どんな最廉価クラスの建売住宅レベルでも、「断熱工事」は最低限の「標準仕様」になっていると思います。
「お金のかかる別料金オプション」というような仕様の建売業者レベルだったら、そういう業者物件には他のトータルレベルで考えても手を出さないほうが賢明ですヨ(^^。

どんな建売業者でも建物の「標準仕様書」(設計書)というのは備わっているのは承知と思います。
それがなくてどういう建物?
どういうグレードで建てる?って契約の指針がないってことはあり得ないでしょう?(^^

またすでに建ってるものだったら、「目で見た限りの商品ですよ」だけじゃ安心して買えないですよネ(^^

標準仕様書に「断熱工事」の項があります。
標準仕様に謳われていることは当然お金を払うこと内容ですから、たとえばグラスウールを入れる標準施工マニュアルというのが材料メーカーに当然のようにあります。
標準品例 http://www.glass-fiber.net/form/index.html

契約内容に謳われていることは当然、施工マニュアルどおりが標準。勝手なやりかた、手抜きだのは許されません。
それに対して対価を払う建主契約者はとことん「ただ単に完全な標準施工なだけ」を要求、追求するだけです。買主・建主ですもん(^^。

施工業者技術・知識レベルが心配であれば、先の施工マニュアル持参で、販売主・不動産営業担当や社長などに、「このことが一番気がかりだ。徹底的に標準施工の品質を見守ってくれ。見届けてくれ。施工写真を撮っておいてくれ」と人間信頼感を期待して頼んでおけばいいのです。もちろ現場で大工さんと顔を合わした時も。
施工マニュアルも複数用意してそういう会話と同時に手渡せば、いくらハイハイ(内心、口うるさいシロウト施主と思う)生返事で受け流そうと思っても、施工時にはかなり気にして手をかけるはずです。それなり責任感で仕事している人間ですもん(^^。

(まー本当に重要な「気がかりなこと」は、並び立てればもっと他にいくらでもあるわけですが(笑)

また、言われなくても常識でマニュアルのようにやってあたり前の現場職人かもしれないし。念押しぐらいのつもりで(^^

------------------------------------------------------------
一般的に、「ウチはこの材料とマニュアルを多用している」という販売主や工務店側の特別の提示がない限り断熱材はグラスウールが標準、並、一般的だと思います。
コストパフォーマンスでいまだ一番ですから。(またはロックウール。ほんの若干性能劣るもその分ほんの若干安い)

厚さが50mmか100mmかで、100mmにしたい場合差額追加オプションというケースの、50mm標準仕様レベルは存在します。
大した差額でないですから100mmにすべきべきでしょう。(関東以北の場合)
また多少の施工いいかげんさがもしあっても、その厚さ膨らみで内壁側ボートとの密着性がいいですから。=膨らみを押し込むほど密着性がいいということは、その間に空隙ができにくい。=その空間を空気が流通・循環するのを防いでくれる。
特に木造在来工法など、床下の空気が温度の高い天井側へ壁内を伝って通気しているのが現状多々です。
(しっかり文書や設計・施工図で指示して見届けないとまだまだいいかげんなのが現状です。)

北海道・東北でもない限り、断熱材の室内側の防湿フィルムの完璧密閉性にはそうシビアに心配しても、神経が休まりません(笑 完璧を目指すという目標値の謳いあげで、よりハイレベルを、の(笑

仮に空気の流入が多少箇所あっても、通気しているわけではないですから、そんな内部まで流入循環が起こるわけでないので。仮に多少の湿気状態が部分小面積に起こっても、全体性能が一気に低下するほどでなく。○×思考しない柔軟性も必要。人間相手。コンセント・スイッチボックスなど密閉性を損なう要因は多数・・現状なので。。。

冷房による壁内の逆結露、カビの発生症状は、先に記しました、壁内空気循環が室内ボード
側に起こるような空隙が放置されて、その接触面で起こっている例です。

耐用年数迎えた木造住宅の建て替えや部分リフォームの現場には相当数立会い研究している立場ですが、断熱材の結露が原因で耐用年数を縮めたというような決定的な腐朽要因は経験ありません。腐朽の場合、外部から雨水・湿気など浸入しての腐朽がすべてと言っていいほど。雨漏り・壁内雨水浸入などあってはならない根本欠陥ですから、断熱材の是非と別問題です。

(3)の再アンサーですが、

>まだ建っていない物件であれば、別料金はかかると思いますが
断熱材を入れてもらおうと思っています。

今どき、といいますか、はるか大昔からでも、どんな最廉価クラスの建売住宅レベルでも、「断熱工事」は最低限の「標準仕様」になっていると思います。
「お金のかかる別料金オプション」というような仕様の建売業者レベルだったら、そういう業者物件には他のトータルレベルで考えても手を出さないほうが賢明ですヨ(^^。

どんな建売業者でも建物の「標準仕様書」(設計書)というの...続きを読む

Q断熱材 断熱ウール材について

陶芸の電気の窯を使用しています。
フタにとりつけてある断熱ウール材がとれてしまったので
交換しようと思ったのですが、
ホームセンターなどにおいてある安価な断熱ウール材と書いてあるものと
陶芸の電気窯用の断熱ウール材とは、ちがいがあるものなのでしょうか

窯の中は1250℃まであがります。
電気窯のフタについていた断熱ウール材の色は白いのに対して
ホームセンターの方の断熱ウール材は黄色でした。
もし、ちがいがなければ、消耗品なのでホームセンターの安価なものを購入したいと考えています。

宜しくお願いします

Aベストアンサー

ホームセンターにある黄色い断熱材って言うのはグラスウールのことでしょう。
一般に出回っているのは下記のように常温での使用を前提にしています。
http://www.afgc.co.jp/faq/faq_performance01.html




超高温用は昔はアスベストでしたが今はこのような製品ですね。
http://www.nichias.co.jp/products/fireinsulation/fiber/high01/index.html



グラスウールでは事故になるかもしれませんから止めておいた方がいいですよ。

参考URL:http://www.nichias.co.jp/products/fireinsulation/fiber/high01/index.html

Q木造の外壁を外張り断熱にするとき、充填断熱時に断熱材を敷き詰める柱間に

木造の外壁を外張り断熱にするとき、充填断熱時に断熱材を敷き詰める柱間にも断熱材を敷き詰めればより断熱ができるのではないのですか?
また胴縁を使って通気層を設けますが、柱間を通気層にして胴縁を使用しない方が壁厚も減っていいと思うのですが、なぜこうしないのですか?

Aベストアンサー

mspc1982さんこんにちは。
私が理解している範囲ですが、質問に回答させていただきます。

>木造の外壁を外張り断熱にするとき、充填断熱時に断熱材を敷き詰める柱間にも断熱材を敷き詰めればより断熱ができるのではないのですか?
これについては、可能ですし実際行っている会社もありますね。
ただ、どちらかというと外張り用の断熱材厚を薄くするために用いられることが多いようです。
また、外張り断熱と充填断熱では壁内結露に対する考え方が違いますので、併用する場合はそれぞれの対策をしっかり考慮することが大切です。

>また胴縁を使って通気層を設けますが、柱間を通気層にして胴縁を使用しない方が壁厚も減っていいと思うのですが、なぜこうしないのですか?
これについては、2重通気として室内側の壁下地に通気層を設ける工法を取る会社もありますが、外壁通気層の変わりにはなりません。
まず、通気層は壁内結露の予防と起きてしまった場合のリスク回避、防水という役目があります。とくに壁内結露対策については、断熱層の外側に通気層があることが基本になります。
また、外張り断熱の場合柱間には空間が出来ますが、これがストレートに小屋裏や屋根面に通じているわけではありませんので、室内側で通気を取ると言うのは特殊なことになるのではないでしょうか。
参考になれば幸いです。

mspc1982さんこんにちは。
私が理解している範囲ですが、質問に回答させていただきます。

>木造の外壁を外張り断熱にするとき、充填断熱時に断熱材を敷き詰める柱間にも断熱材を敷き詰めればより断熱ができるのではないのですか?
これについては、可能ですし実際行っている会社もありますね。
ただ、どちらかというと外張り用の断熱材厚を薄くするために用いられることが多いようです。
また、外張り断熱と充填断熱では壁内結露に対する考え方が違いますので、併用する場合はそれぞれの対策をしっかり考...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報