こんにちは。
私は今アトピーが酷く、先日血液検査をしました。
そして今日、検査結果が出て、先生の口頭での説明では
やはりアレルギー値が高いとのことでした。
そして、会計時に検査結果の詳細をもらったのですが、
LDHという項目の数値が基準値115~245に対し、
私は676なんです。
説明された時にこのLDHについては何も言われなかった気がしたので
先ほどネットで調べたら「白血病」「ガン」などと怖いことが
書かれていました。
先生はアレルギー以外は問題ないと言っていたのですが・・・。
アレルギー値が高いと、LDHも上がるものなのでしょうか?
今度病院へ行った時に先生に聞けばいいのかと思うのですが
次回は来週半ばなので、お医者様など専門の方、教えてください。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。


私もアトピーが酷く、血液検査で同じようにLDHの値が高かったの
ですが、(通常の2倍くらい)医師からは特別何も言われませんでした。
ネットで調べていたところ、以下のようなことが書いてあったので
参考にしてください。

(鳴海クリニックHPより抜粋)

※ アトピー性皮膚炎と肝機能
 アトピー性皮膚炎など皮膚疾患の子どもの中に、肝機能の悪い患者がいることは、10年ほど前から指摘されており、とくにGOTの値がアトピーでない子どもより明らかに高い傾向がみられることが確認されています。

※ LDHと皮膚病変
 生化学検査において乳酸脱水素酵素(lactate dehydrogenase:LDH)活性を知ることは重要です。通常、一般肝機能検査に異常値を認めることは少ないのですが、LDH値の高値を認めることは少なくありません。とくに湿疹が全身に拡大している症例では、LDH高値を示す傾向があります。
 一部のLDHは皮膚でつくられますが、皮膚病変の波及の程度に比例して皮膚でつくられたLDHが血液中に放出され、血液中のLDHが高値を示してくるとが考えられます。
 そのため、血清中のLDH値は湿疹病変の広がり具合をしる上で非常によい指標になると言われています。
 しかし、この検査値はアトピー性皮膚炎に特異な検査成績ではなく、原因の如何を問わず、湿疹病変であればその拡大程度を測定する指標になるということです。

※ 副作用チェックの問題
 皮膚疾患の治療の際、投与する薬に応じて副作用をチェックしながら経過をみることがしばしばですが、この場合肝機能検査が大切な項目になります。この中で、わたしはとくにGOT、GPT、γGTPを大切な項目に入れております。

________________________________
私は、GOTやGPTの値は正常値でした。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
しばらくPCを開いていなかったのでお礼が遅れましてまして
申し訳ありません。
先生には後日質問し、説明を受けました。
ご回答して頂いたのも是非参考にさせて頂きます。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/21 20:40

先生とお話したときは検査結果知らなかったわけですよね


本当なら会計の後気づいたのでしたらその場で聞けば
先生とお話できたはずですが
私は薬の効能で疑問があったので、時間が取れたとき行きました
次回とは言わずすぐに行きませんか、私は納得するまで話しました
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
先生に説明を受けた時は、パソコンの画像を見ながらで
印刷されたものを会計時にもらいましたが、
詳細を見たのは帰宅後でした。
月曜日にでも確認してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/06 18:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • アトピー性皮膚炎のまとめページ

    アトピー性皮膚炎とはどんな病気か  アトピー性皮膚炎は、増悪(ぞうあく)・寛解(かんかい)を繰り返し慢性的に経過する、かゆみのある湿疹と定義されています。患者さんの多くはアトピー素因をもっています。乳幼児から成人まで、あらゆる年齢層で発症する病気です。 原因は何か  アトピー素因(アトピー体質)とは、気管支喘息(きかんしぜんそく)、アレルギー性鼻炎・結膜炎(けつまくえん)、アトピー性皮膚炎などの病気にかか...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q血液検査LDH

最近血液検査をしました。LDHという項目が287という数値で基準値が120~245とありました。ネットで調べると怖いことばかりかいてあるのですが再検査したほうがいいでしょうか?ちなみにLDHの上の項目がγーGTPでこちらは基準値より5ポイント超えています。先生はそのときはGTPの話はしましたがLDHについてはふれていませんでした。あとLDHアイソザイムというのとは別ですか?基準値が200~400くらいのもありましたが・・・

Aベストアンサー

LDHは生体内の各臓器に存在しているため特異性に欠けます。(LDHが高い、低いからどこが悪いと予想できません。)
この非特異性を補うものがアイソザイムです。アイソザイムとはLDHの種類のことでLDH1からLDH5まであります。
                 
1は腎臓、心臓、赤血球などに。 HHHH型 H:ハート、心臓
2は心臓、肺などに。        HHHM型 M:マッスル、筋肉
3は肺などに。            HHMM型
4は肝臓などに。           HMMM型
5は骨格筋、肺、肝臓に多いです。MMMM型

1、2はHが多いので心臓系に。
4、5はMが多いので筋肉系に多く含まれます。

たとえば1、2が多ければ心筋梗塞や溶血性貧血などの病気が疑われます。

このようにLDHアイソザイムを調べて、どのアイソザイムが上昇しているかによって病気を推定することができます。
ですので、LDH値が上昇していることに関しては注意しなければいけません。

LDH値が500~800で軽度上昇、800~1500を中等度上昇、それ以上を高度上昇と考えています。
500以上なければまずアイソザイム検査をすることはないと思います。
LDH値が500以上ある他の患者さんはいっぱいいます。

γ-GTP、GOT、GPTは胆道系酵素と呼ばれています。
これらの酵素は肝内外の閉塞時に血中で上昇します。なかでもγ-GTPはもっとも鋭敏でほかの酵素が正常でも異常高値を示すことがあります。このことから胆道の閉塞にかんして最も特異性の高い血中酵素だといえます。

検査によってなにがわかるか
胆道系の異常、アルコール性の肝障害

どういうときに検査するのか
肝障害が疑われるとき
胆汁うっ血の目安としてGOT、GPTとともに用いられます。

今後の検査の進め方
LDH、ALP、LAP、GOT、GPT、ZTT、TTT、TP、ALB、TCHOなどの肝機能検査を組み合わせて必要に応じて画像診断や肝生検をします。

異常値を示す疾患
主に肝胆道系疾患です。
胆道閉塞、慢性肝炎、肝硬変など

LDH、γ-GTPともに正常値の誤差範囲と考えてよろしいかと思われます。
特に心配されることはありませんが、これらの検査項目が上がりやすい体質であるかもしれませんので、アルコールを控えたり規則正しい食生活をするように心がけてください。
以前の結果や今後の結果と比べて大きく変動したと思われたら医者にご相談してみたらどうでしょうか?

LDHは生体内の各臓器に存在しているため特異性に欠けます。(LDHが高い、低いからどこが悪いと予想できません。)
この非特異性を補うものがアイソザイムです。アイソザイムとはLDHの種類のことでLDH1からLDH5まであります。
                 
1は腎臓、心臓、赤血球などに。 HHHH型 H:ハート、心臓
2は心臓、肺などに。        HHHM型 M:マッスル、筋肉
3は肺などに。            HHMM型
4は肝臓などに。           ...続きを読む

Q溶血とは?

この前病院で採血してもらったのですが、溶血していたので取り直しといわれました。溶血て何ですか。なんで取り直ししたのかどなたか教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
血液の成分は、赤血球という細胞と僅かの白血球という細胞、そして赤血球と同じ位の量の血漿(けっしょう)という液体が混ざっています。

採血して検査する時は、赤血球を数えたり、白血球を数えたりするのが血算(けっさん:血液算定)という貧血などの検査です。

また、血漿という液体部分を取り出して、成分を調べるのが生化学検査と言われるGOTとかGPTとか・・・聞いた事があるでしょう。

溶血とは、血液の中の赤血球が破裂してしまって、中のヘモグロビンという物質が血漿と混ざった状態になってしまう事を言います。

赤血球が破裂してしまうので数えられなくなりますし、血漿には真っ赤な色がついてしまって検査薬を反応させても色の変化がわからなくなったりして検査不可能になってしまいます。

この溶血は、採血の時、手間取ったり、うまく血液が出てくれなくて起こる事もありますし、赤血球が弱くて起こる事もあります。

検査できないので取り直しにせざるをえません。

QLDHについて教えてください

 34才、女、子どもありです。平熱は35度程度と低かったのですが、2週間ほど36度後半~37度7分の微熱が続いていました。疲れやすくだるかったので、先週の火曜日に婦人科にて甲状腺低下症の検査をしましたが、全く異常はありませんでした。その週の土曜日には、内科にて肝臓の検査をしましたが軽い貧血があるのとLDHが高めだという以外は問題がありませんでした。
 どちらも同じ日に結果をもらい、帰ってきて照合してみたところ、LDHの数値が、火曜日352→土曜日495へ上がっていたのが気になりました。この程度の差は特に問題ないのでしょうか。LDHについて教えてください。

Aベストアンサー

LDHとは、lactate dehydrogenase(乳酸脱水素酵素)の略号です。LDHは、多くの臓器・組織の細胞に分布している酵素で、臓器特異性は少なく、この上昇だけでは病気の有無、病気の種類は判定できません。病気の種類を判定するためには、LDH isozyme という、LDH 1-5までの5種類ある分画の比率を調べる必要があります。分画の比率は、正常人の血清では、LDH 2>1>3>5>4 の順になっています。病気の場合、例えば心筋梗塞、溶血性疾患、筋疾患ではLDH 1が、癌疾患では3が、肝疾患では5が特異的に増加します。しかし、外来などで血液検査をしてLDHが高値だった場合、LDH アイソザイムを調べてみると、どの病気のパターンでもない非特異的なLDH上昇パターンという結果が帰ってくることも多く、結局様子を見てまた調べてみましょうということになることも多いのが現実です。mei_meさんも、あまり心配なさらず、またしばらくしてから検査してもらうということで良いかもしれません。担当の内科の先生にご相談下さい。

Q子供の血液検査の値

海外から帰国しました。
その際、子供の血液検査も受けたのですが、ALPで826という高い値が出ました。小児科の先生は、「子供の値は、大人とは違う。成長途中なので、他の結果からみても、気にしないで大丈夫でしょう」と言われましたが、非常に気になっています。
詳しい方おられれば、教えていただけませんか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ALPというのはアルカリフォスファターゼの略語です。
ALPは肝臓、腎臓、骨芽細胞、胎盤、腸に存在します。
大人の場合、ALPが高い場合には肝臓、胆嚢や骨の病気が疑われます。
しかし、成長期の子供の場合には骨型ALPが高くなるので、子供の正常値は大体大人の2~3倍になります。
ALP836でも正常値の3倍以内位なので、問題ないと思います。
また、胎盤にもALPはあるので、妊娠後期には2~4倍位まで上がります。

Q可溶性IL-2で高値結果が出てしまう

私の妻ですが、今年の7月に血管炎と診断され約1ヶ月入院治療し、その退院の際、血液検査を受けました。
数日後、経過観察のため外来診療を受け「可溶性IL-2が正常値は上限で550で高値3000」なっていると主治医から話を聞きました。そこで、リンパ腫の疑いがあると言われ「ガリウムシンチ検査」と「CT検査」を受け画像診断・触診検査においても「異常がない」と言われただ今、経過観察中です。しかし、IL-2の検査を毎月(8.9.10.11)実施していますが、8月5600、9月5300、10月4800と序所には数値は下がっているものの、未だに高値を示しています。病院では経過観察の支持で月に1度通院していますが、何方かご教授ください。お願いします。

Aベストアンサー

可溶性IL-2受容体という検査は、一般に「特異度が低い」といわれる検査で、リンパ腫の時に高くなることがありますが、高いからリンパ腫であるとは言えません。実際ほかにも結核や癌のように慢性の炎症を示す疾患で上昇します。というか血管炎でも上がるんじゃないかな。ただし3000というのは単独高値というか、まあ高いほうです。でも血管炎ならありえるような。

それよりリンパ腫自体が血管内で起こることがあって血管炎様になることがあり、2008年現在ではこれらの鑑別というのはきわめて困難で、そこらへんを見極める努力をされているのかなあという印象を受けます。通院継続ください。月一回経過観察は正しい方針だと思います。

Q「好酸球」ってなんですか

先日、孫が咳がひどいので診察に行ったところ、「好酸球」が少し多いと言われました。そもそも「好酸球」とはどんなものですか。少なくするにはどうすればよいのでしょう。

Aベストアンサー

まず好酸球とは、白血球の一種です。好酸性に染色されるため、この名前があります。
正常では、血液中の白血球のうち、数%が好酸球です。少し多いというのは、おおよそ5-10%前後なのでしょう。
血液中ばかりでなく、痰の中や鼻汁の中などにも認められることがあります。

臨床的な意味についてですが、アレルギー疾患や寄生虫疾患で上昇します。現在の日本では寄生虫疾患というのは極めて少なくなっていますから、ほとんどがアレルギー疾患の指標として用いられます。
好酸球の中にある顆粒から分泌されるある種の蛋白は、寄生虫に対する傷害作用や気管支の粘膜を傷害する作用があります。

気管支喘息などのアレルギー疾患の指標として、IgEという免疫グロブリンの値もよく用いられます。これは、肥満細胞という細胞の表面に結合していて外部からアレルゲン(アレルギーの原因になる物質)が侵入してくると、肥満細胞の中からいろいろな化学物質が出て、さらには骨髄で好酸球が産生され、それが気道に遊走してきます。これによって気管支の粘膜に炎症が起こります。
好酸球が上昇しているということは、現在の咳が以上のようなアレルギーの背景をもつことを疑う所見ということになります。

好酸球の値をどうやって少なくするかというご質問ですが、アレルギー疾患の場合は、好酸球の値は症状の程度とある程度の関連があるといわれています。したがって、原病の程度が軽くなれば好酸球の数も少なくなる傾向があります。

本来、好酸球が増えるのは寄生虫疾患に対する体の防御機能の一つであったと考えられていますが、寄生虫が少なくなった現在、体の免疫能が本来病気の原因になることのない花粉などの物質に対して過敏に反応して、結果的に好酸球が自分の体の一部を傷害してしまい、アレルギー疾患を引き起こしてしまっていると考えるのがわかりやすいと思います。

まず好酸球とは、白血球の一種です。好酸性に染色されるため、この名前があります。
正常では、血液中の白血球のうち、数%が好酸球です。少し多いというのは、おおよそ5-10%前後なのでしょう。
血液中ばかりでなく、痰の中や鼻汁の中などにも認められることがあります。

臨床的な意味についてですが、アレルギー疾患や寄生虫疾患で上昇します。現在の日本では寄生虫疾患というのは極めて少なくなっていますから、ほとんどがアレルギー疾患の指標として用いられます。
好酸球の中にある顆粒から分泌さ...続きを読む

Q血液検査のLDHって何ですか??

 先日血液検査を受けたのですが、LDHが基準より低値でした。
 このLDHとは何でしょう?低い場合、何が原因なのでしょうか?

Aベストアンサー

LDHは生体内の各臓器に存在しているため特異性に欠けます。(LDHが高い、低いからどこが悪いと予想できません。)
この非特異性を補うものがアイソザイムです。アイソザイムとはLDHの種類のことでLDH1からLDH5まであります。
                 
1は腎臓、心臓、赤血球などに。 HHHH型 H:ハート、心臓
2は心臓、肺などに。        HHHM型 M:マッスル、筋肉
3は肺などに。            HHMM型
4は肝臓などに。           HMMM型
5は骨格筋、肺、肝臓に多いです。MMMM型

1、2はHが多いので心臓系に。
4、5はMが多いので筋肉系に多く含まれます。

たとえば1、2が多ければ心筋梗塞や溶血性貧血などの病気が疑われます。

このようにLDHアイソザイムを調べて、どのアイソザイムが上昇しているかによって病気を推定することができます。
ですので、LDH値が上昇していることに関しては注意しなければいけません。
ところが、LDH値が減少する病気は特にありません。
70や60ぐらいまででしたらまず問題ないでしょう。
血液検査をしたとのことですので、医者も検査データを見ている思いますのであまりにも低値でしたら入院して精密検査をすると思います。(もちろん、他のデータや検査も組み合わせてですが)おそらく、検査値が100前後だったのではないですか?

異常低値の場合は前に記載したHやMの足りない病気が考えられます。
普通はHまたはMが4つ(HHHH,MMMMなど)ですが3つ(HHH、MMMなど)しかない病気です。

もし不安でしたらもう一度病院にかかられて医者にご相談してみたらどうでしょうか?

最後になりましたが、質問するときはできるだけ多くの情報を記載していただきますようにお願いします。
LDHがどれくらいの値なのか?他に血液検査で異常な値がないか?などです。
漠然と低いといわれてもなかなかアドバイスしにくいです。医者は低い値だけで判断していません。他のデータや症状などを総合して判断しています。今後お聞きになりたいことがありましたらできるだけ詳しい情報を記載していただくようお願いします。

LDHは生体内の各臓器に存在しているため特異性に欠けます。(LDHが高い、低いからどこが悪いと予想できません。)
この非特異性を補うものがアイソザイムです。アイソザイムとはLDHの種類のことでLDH1からLDH5まであります。
                 
1は腎臓、心臓、赤血球などに。 HHHH型 H:ハート、心臓
2は心臓、肺などに。        HHHM型 M:マッスル、筋肉
3は肺などに。            HHMM型
4は肝臓などに。           ...続きを読む

Q3ヶ月以上も頚部リンパ節の腫れが治りません。

三ヶ月前から頚部リンパ節右側3か所、左側1か所、
左鎖骨上1か所に枝豆大の腫れがあります。

頚部にあるリンパ節は自発痛があり、やわらかくコロコロ動きます。
3ヶ月前は小豆大くらいでしたが少しずつ
枝豆大になりました。
鎖骨上のものは動きませんが、柔らかい感じです。
慢性扁桃炎の治療を3か月続けていますが、のどの痛みは良くなったり悪くなったりをずっと繰り返しています。
この三ヶ月間不定期に耳鼻科を受診し抗生剤もかなり長期間飲んできました。

リンパ節の腫れはがん転移の可能性もあるとの
ことで、乳がん検査もしましたが、異常なしでした。
血液検査を1ヶ月半くらい前にしましたが、炎症反応なしで特に心配ないといわれました。
先週また血液検査をし昨日結果が出ましたが、貧血以外特に問題なし、炎症反応もないといわれました。
貧血に関しては1か月前に血液検査した時に指摘され、数値が10.3と言われました。
昨日も貧血に関しては指摘され、鉄欠乏貧血と言われました。

リンパ節の腫れが3ヶ月も続いていても、炎症反応がなければ心配する必要ないのでしょうか?
鉄欠乏貧血の裏にも色んな病気がかくれていたりすることもあると思うのですが、やはり炎症反応がなければ心配ないのでしょうか?
なんでもすぐに「炎症反応がないから大丈夫」とお医者さまはおっしゃるのですが、そんなものなのでしょうか?

貧血は受診したほうがいいのでしょうか?
以前日赤で血液内科を受診しようとしたら、日赤の受付の看護婦さんに耳鼻科の血液検査で何の問題もなかったんだから、血液内科を受診する必要はないと言われ、受診できませんでした。
でもこんなにリンパ節の腫れが長引くなんて、心配です。どなたかご回答いただけると助かります。

三ヶ月前から頚部リンパ節右側3か所、左側1か所、
左鎖骨上1か所に枝豆大の腫れがあります。

頚部にあるリンパ節は自発痛があり、やわらかくコロコロ動きます。
3ヶ月前は小豆大くらいでしたが少しずつ
枝豆大になりました。
鎖骨上のものは動きませんが、柔らかい感じです。
慢性扁桃炎の治療を3か月続けていますが、のどの痛みは良くなったり悪くなったりをずっと繰り返しています。
この三ヶ月間不定期に耳鼻科を受診し抗生剤もかなり長期間飲んできました。

リンパ節の腫れはがん転移の可能...続きを読む

Aベストアンサー

わたしもリンパのコリコリが気になって色々な病院を転々としました。今から2年前のことです。

体を洗っていると首にふと気になるコリコリが見つかったのがきっかけで、「リンパが腫れてる!!怖い!!」と思って近所の総合病院を受診しました。

血液検査をして異常なし。医師も「異常なし」との言葉。でも「じゃあ何でリンパが腫れてるのですか!?」と聞くと「誰でも腫れていますよ」との返答。

なんじゃこりゃ話にならんと思って他の総合病院の血液内科を受診。医師は「心配ないと思いますが、一応大学病院の紹介状を書きますか?」と言われ書いてもらい大学病院へ。

大学病院の血液内科で血液検査・造影剤CTをした結果異常なしとの判定。医師は「リンパというのは簡単に腫れるし、『治らない。コリコリが無くならない』と言う人は結構います。虫歯を常に持ってる人は常にリンパが腫れてるし、例えばタバコ吸ってて今は吸ってなくても何年も残ります」と言われました。

実際5年前までは私もヘビースモーカーで、今は吸わないで虫歯も鼻炎などもないのにコリコリはありますよ。
ちなみにあの頃は気になりすぎていつもコリコリを触っていました。そうしていると刺激されるのか大きくなっていくんですよ(^^;
それに痛みも出てくるんです。質問者様はいつも気になって触ったりしていませんか?

わたしもリンパのコリコリが気になって色々な病院を転々としました。今から2年前のことです。

体を洗っていると首にふと気になるコリコリが見つかったのがきっかけで、「リンパが腫れてる!!怖い!!」と思って近所の総合病院を受診しました。

血液検査をして異常なし。医師も「異常なし」との言葉。でも「じゃあ何でリンパが腫れてるのですか!?」と聞くと「誰でも腫れていますよ」との返答。

なんじゃこりゃ話にならんと思って他の総合病院の血液内科を受診。医師は「心配ないと思いますが、一応大...続きを読む

QHDLコレステロールの数値が高い弊害は?

40歳、女性。BMIは17位、体脂肪は18%位で痩せ型。ここ10年来、血液検査で総コレステロールが220~260、HDLコレステロールが90~110くらいです。いつも高コレステロールということで再検査判定が返ってきますが、何も治療していません。親兄弟に高脂血症はいません。父はやや糖尿気味で狭心症を患いましたが、コントロールしていて元気です。私は何か治療するべきでしょうか?ちなみに飲酒はしません。

Aベストアンサー

まずHDLコレステロールは善玉、LDLは悪玉と呼ばれていますよね。
HDLは余分なコレステロールを肝臓へ運ぶ役目を負っているので動脈硬化を防ぐ働きをすると考えられ、基本的には多いほうが好ましいと言われています。

ではなんで上限値があるのか?(女性の場合およそ80が上限値)
実は私も高HDL血症で、毎回血液検査のたびに100超なんです。(中性脂肪は少ないほうですし飲酒習慣は無し、太ってもいないので質問者さんと似てるかも)
病院勤めなのでドクターに聞いたところ「まだはっきり判っていないけれどHDLであっても多すぎると問題になる場合がある、気になるなら薬出すかい?」と言われ。自分でも高HDL血症についてちょっと調べたのです。要点は、

・従来は「長寿症候群」として考えられていた
・しかし最近の研究で、遺伝的にHDLが高い場合はかえって冠動脈疾患になりやすい場合もあると判ってきた

ということです。
質問者さんの場合はご家族、親類に高HDLの方はいないということで、あくまで「よい高脂血症」と考えていいのではと思います。
私の場合、実は父も同じで毎年検査にひっかかっています。こういうタイプの(特に日本人)場合、先天的に酵素蛋白(CETP)の一種が欠損している場合があるとのこと。もしそうだとHDLの数自体は多くても、本来の「コレステロールの運び屋、掃除屋」という役目を果たせないわけで、逆に動脈硬化が起きやすい(かもしれない)との研究結果が出ているそうです。
ああ、こわい(笑

下記参考サイトにもっとマシな説明が載っています。
医学大辞典にも同じような記述がありました(こちらはサイトでは見れないかも)

ただ、これも研究結果の段階であり、実際に治療をするかどうかは全く医師の裁量に委ねられるものです。
私も、当院のドクターには「とりあえずまだ薬は飲まないで様子見ます」と伝えました。
LDLと中性脂肪の値が正常範囲であれば、総コレステロールが多少基準値を超えていても気になさることないと思います。

参考URL:http://www.furano.ne.jp/utsumi/lipid/qa.htm

まずHDLコレステロールは善玉、LDLは悪玉と呼ばれていますよね。
HDLは余分なコレステロールを肝臓へ運ぶ役目を負っているので動脈硬化を防ぐ働きをすると考えられ、基本的には多いほうが好ましいと言われています。

ではなんで上限値があるのか?(女性の場合およそ80が上限値)
実は私も高HDL血症で、毎回血液検査のたびに100超なんです。(中性脂肪は少ないほうですし飲酒習慣は無し、太ってもいないので質問者さんと似てるかも)
病院勤めなのでドクターに聞いたところ「まだはっきり判っていないけれど...続きを読む

Q発熱が続いている子供のCRP値について

もうすぐ3歳になる子供です。
4日前から39~40度を超える熱が続いています。
病院では夏風邪と言われていますが、昼夜関係なく熱が出て、
解熱剤を使用した後は汗をたっぷりとかき、少し熱が下がるのですが、
またすぐ40度を超える熱に戻ります。
今日病院で初めて点滴をしました。血液検査もしましたが、「CRP」が8.7
もありました。通常は0.5以下と言われました。
熱がこのまま2~3日続けば入院する必要があると言われています。
このままで大丈夫なんでしょうか?

Aベストアンサー

まず疑われるのが、風邪の合併症で細菌感染を起こしているということだと思います。
肺炎や気管支炎などでしょうね。
その他には尿路感染症(大人でいうと腎盂腎炎など)が考えられると思います。

今かかっておられるのはどういう病院なのでしょうか?
他の検査はされましたか?
尿検査、詳しい血液検査などはされましたか?
総合病院だとそういう検査をして総合的に入院するかどうかを判断されると思います。

うちがかかっている病院なら、CRPが8.7もあると詳細な検査をするために即総合病院にまわされます。
もし入院しないにしても、一日二回の水分補給と抗生剤の点滴は免れないでしょう・・・・。

ちなみにCRP値ですが、風邪などウイルス感染の場合でしたらせいぜい数値は1前後だと思います。
私だったら、2~3日様子を見る前に、血液検査、尿検査をしてもらいます。

今日は日曜日ですが、今日も高熱が下がらないようだと救急外来に早目に行ってくださいね。
他の病院の救急外来にかかることも一つの方法だと思います。

ご家庭では、とにかく水分をたくさん取らせるようにしてください。
麦茶でも十分ですが、イオン飲料を飲ませるなら三歳のお子さんでしたら和〇堂からでている「アクアライト」が子供の体に一番いいそうです。

水分が取れないような場合も、早目に救急外来に連れて行ってください。

以上、病気持ちの子の母からのアドバイスでした。

まず疑われるのが、風邪の合併症で細菌感染を起こしているということだと思います。
肺炎や気管支炎などでしょうね。
その他には尿路感染症(大人でいうと腎盂腎炎など)が考えられると思います。

今かかっておられるのはどういう病院なのでしょうか?
他の検査はされましたか?
尿検査、詳しい血液検査などはされましたか?
総合病院だとそういう検査をして総合的に入院するかどうかを判断されると思います。

うちがかかっている病院なら、CRPが8.7もあると詳細な検査をするために即総合病院にまわさ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報