こんにちは
先日家族(父)が接触交通事故をおこしました。
被害者の治療に対しては自賠責保険がおりるのですが、加害者である父も首と背中を打っているので病院にいきました。保険会社からは「健康保険を使ってください、窓口料金はこちらで病院に支払います」とのこと。
父の健康保険証は組合なのですが、交通事故により健康保険を使用した、とみられないでしょうか。
初心者ですいません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>父の健康保険証は組合なのですが、交通事故により健康保険を使用


 した、とみられないでしょうか。

よく意味が分かりませんが、健康保険を使用して治療を
して組合に秘密にしたいという事でしょうか?
それとも組合に健康保険使用を不正使用と注意されないか
という意味でしょうか?

交通事故で健康保険は、使用できます。
保険会社の人に聞きませんでしたか?
健康保険使用には健康保険組合へ届出が必要です。
組合に交通事故で負傷をしたので届出をしたいので
書類を下さいと言えば分かるはずですが
第三者行為による傷病届又は負傷原因届出書と言います。
添付書類に交通事故証明書が必要ですので保険会社に
コピーを貰ってください。
600円払えば安全運転センターで発行してくれます。
警察署でも可(申し込み用紙をくれます)

書類を提出すると健康保険組合が受領証を発行してくれます。
この受領証を病院の事務に渡せば手続き完了です。

病院には、健康保険治療を希望するとハッキリ伝えてないと
受領証を提出するまでの数日を自由診療で請求されますよ。
現在手続き中です。近日中に受領証を持ってきますと
伝える事です。

病院にも健康保険組合にも加害者である事相手に賠償はしても
相手から賠償は取れない事などをキチンと説明しましょう。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございました。
わかりやすく回答いただき解決できました。
私は交通事故は健康保険は使えないとずっと思っていましたので
今回使えることに疑問を持っていました。ですので不正使用にならないかと勝手に心配していました。
負傷原因届出書などの存在、手続き方法、参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/07 17:06

加害者・被害者 過失相殺関係なく交通事故であろうと健保使用は可能です。


NO2さんの書き込みにあるように、明らかに100%加害事故であっても念の為、相手自賠責に被害者請求してみることですね。
99%の過失であっても、1%相手に過失アリと自賠責調査事務所が判断すれば、減額されますが96万限度に、治療費・休損・慰謝料・通院交通費の補償があります。
事故証明書を入手すれば、相手加入自賠責がわかります。相手の意向に関係なく請求できます。
基本的に自賠責はケガをされた人の救済目的保険です。一般の賠償保険のような考え方とは多少違います。このことを踏まえて被害者請求してみるのも必要ですね。

自動車保険加入で人身傷害補償付帯ならこちらで100%補償して貰えます。この場合は被害者請求する必要はありません。
加入保険担当者と相談しながら、対応して下さい。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
たくさんの情報を教えて下さり心強いです。
こちら側のおこした事故なのに、健康保険を使用できたこと、保険会社が負担してくれたこと、保険がカバーしてくれたので助かりました。
自賠責はケガをされた人の救済目的保険ということ、加害者立場からも救われました。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/07 17:31

加害者といっても追突のように100%こちらが悪い場合には自賠責は


使用できませんが、相手に1%でも過失があれば、相手の自賠責を使える
場合もあります(20%の減額がありますが・・)

100%お父さんが悪いと、第三者行為による傷病届けは意味がありません。
病院はケガした本人の健康保険証が提示された場合には健保での治療を
断ることは出来ません(健康保険法違反となりますので・・)。
また健保組合の了解をとる必要もありません。
あとで交通事故での使用と云うことが健保組合にわかっても何ら問題は
ありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
相手に少しでも過失があれば相手の自賠責が使えたかもしれないのに
やはり父の過失が100%に近かったのでしょうね・・・
交通事故では健康保険が使用できないと思っていましたので今回なぜ使用するのか疑問でしたが解決しました。
健康保険法により保険治療拒否ができないことなど参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/07 17:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自賠責保険なしの相手との接触事故

横断歩道を青信号で渡っているとき、左折してきた車と接触。 その場で転倒したものの、打撲だけでした。 救急車で運ばれ入院。 相手は息子の車に乗って出勤途中。 当然相手の保険で済むと思っていたら、自賠責保険に入っていないことがわかりました。相手の保険屋は労災でやってくれないかと・・・

Aベストアンサー

No1です
質問者様に過失が無いのであれば
健康保険を使わず実費治療で良いんです
国民健康保険でも勤務先の健康保険でも同じですが
交通事故被害者の場合は実費治療になるとあるはず
被害者側が加害者側都合のために健康保険を使う義務は当然無く
先方の言いなりになる必要は一切ありませんよ!!

Q交通事故をおこし保険使用するか迷っています

最近 交通事故をおこし 相手の金額が 約16万円 私が 約12万円過失が 私 7 相手 3できまりました。が 私は車両保険に入っていません。対物免責というのが 5万ついていたようです。等級は6等級です。支払いはいくらになるのでしょうか?保険使用したほうが いいのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

事故っていろいろ大変ですよね。
usakyoさんの損害(支払わなければいけない額)は以下の通りです。

・相手の車の修理代として
       16万円×0.7(過失分)=11万2千円
・自分の車の修理代として
       12万円×0.7(過失分)=8万4千円

・合計⇒19万6千円です。

この金額を自分で支払うか保険を使うかを決めるわけです。
 
保険を使わない場合は、もちろん全額負担となり、相手自動車修理会社に11万2千円を払い、自分の自動車修理会社に8万4千円払います。

保険を使う場合、相手自動車修理会社への11万2千円は保険からでますが、免責5万円がついているとのことなので、あとから自分の保険会社へ5万円払わなくてはいけません。もちろん自分の自動車の修理代×過失分の8万4千円は自己負担となります。
つまり、保険を使っても出費は相手への賠償として5万円+自分の修理代として8万4千円、合計13万4千円は払わないといけません。

さらに保険を使った場合は、6等級から3等級に下がってしまい、保険料は高くなりますし、事故状況や事故歴によって契約条件が制限されてしまうこともあります。
今から保険使わないということが可能であれば使わない方がいいと思います。

「免責」とは、支払う保険金から差し引かれる金額のことです。その分は当然自己負担となります。今度更新の時には対物免責は外した方がいいですよ。ほとんどつけている人はいないと思います。

事故っていろいろ大変ですよね。
usakyoさんの損害(支払わなければいけない額)は以下の通りです。

・相手の車の修理代として
       16万円×0.7(過失分)=11万2千円
・自分の車の修理代として
       12万円×0.7(過失分)=8万4千円

・合計⇒19万6千円です。

この金額を自分で支払うか保険を使うかを決めるわけです。
 
保険を使わない場合は、もちろん全額負担となり、相手自動車修理会社に11万2千円を払い、自分の自動車修理会社に8万4千円払います。

保険を使う場合...続きを読む

Q交通事故で自賠責保険の適用について

物損事故として警察に届けた交通事故の被害者です。
その後、腫れ・痛みが出たため病院に行き、相手の自賠責保険で治療をすることになりました。
私が立替払いをすることもなく、保険会社が病院に直接医療費を払ってくれる支払う形で進んでいます。

そこで2点お尋ねします。

1)自賠責の保険会社から人身事故に切り替えるようにお願いされています。
「法律違反になるから」とのことなのですが、加害者からは丁寧に謝ってもらいましたし、怪我自体も2回病院に行って終わりの軽症なので、人身にして加害者にさらにペナルティが課す気になれません。
保険会社はなぜ自分の契約者に不利になるようなお願いを私にしてくるのでしょうか?
人身に変えた方がよいのでしょうか?

2)保険会社から送られてきた書類に「治療が完了した後、慰謝料等賠償額を提示させていただき、ご納得いただけた場合は示談書を取り交わことになります」という案内が入っていました。
私のような軽症で、治療費も保険会社が直接払いをしているような場合でも、慰謝料等が発生するのでしょうか?
発生するとすれば、一般的にいくらぐらいなのか、それは契約者(加害者)と保険会社どちらが負担するものなのか教えてください。

お手数ですがよろしくお願いいたします。

物損事故として警察に届けた交通事故の被害者です。
その後、腫れ・痛みが出たため病院に行き、相手の自賠責保険で治療をすることになりました。
私が立替払いをすることもなく、保険会社が病院に直接医療費を払ってくれる支払う形で進んでいます。

そこで2点お尋ねします。

1)自賠責の保険会社から人身事故に切り替えるようにお願いされています。
「法律違反になるから」とのことなのですが、加害者からは丁寧に謝ってもらいましたし、怪我自体も2回病院に行って終わりの軽症なので、人身にして加害者にさ...続きを読む

Aベストアンサー

追加です。

相手は物損事故としてですが、きちんと警察に届けているのですから
違反でもなんでもありませんので、無届としての処罰もあり得ません。
愛知県の件は他の回答者の言われる通り、全然参考にならないケースですね。

人身事故にするかどうかは被害者の貴方が決めることですが、
通常は2日通院完治なら、物損の警察証明でOKの場合が多いので、
相手は自分の保険会社に聞いて対応するでしょうね。

仮に相手の保険会社がどうしても人身事故扱いにして警察の
人身事故の証明をとるように要求されると、現場検証の上、
供述調書や実況見分調書の作成など厄介な事になるので、
警察も嫌がるでしょうし、あまり時が経過してしまうと受理も
されない可能性もあるでしょうね。

実務の世界では1週間程度までは物損の証明で処理することは
日常的にはよくあることです。
物損の届け出もなし、警察証明もなしでは無理ですが・・・

Q交通事故1ヶ月後の痛みは自賠責保険が使える?

2ヶ月前バイク(当方)×トラック(相手)の交通事故を起こしました。
事故当時のケガの程度は、右腕と右中指の脂肪が外に出たので数針縫ったのと、軽いムチウチ、左手の痺れでした。
医者から手の痺れは数ヶ月で引くから様子を見てと言われ、通院はしませんでした。その後、痺れは1ヶ月が経過する頃には無くなりました。

痺れが無くなったので、そろそろ体を動かそうとすると、腰が痛いのに気が付きました。医者に行っても様子を見てと言われるだけと思い、医者には行かなかったのですが、ここ数日で歩行するのも辛いくらい痛くなってきました。
そこで質問ですが、この腰の痛み交通事故時の物とされ自賠責保険で通院できるのでしょうか?小心者なので、この痛みは交通事故とは関係ないので保険は使えませんと言われるのが嫌で保険屋に聞けません。
同じような経験のある方、お手数をお掛けしますが御返答お願いします。

Aベストアンサー

  事故でのお怪我お見舞申し上げます。
ご質問と「回答に対するお礼」欄を拝見しますと、事故から2ヶ月経過後で診断書に無い部位の治療をする事に成りますね。先ず第一の問題は医師が事故との因果関係を認めるかどうかと言う事です。医師が事故との因果関係を認めた場合、第二の問題は相手の保険会社と自賠責保険を管理している自算会の調査事務所が認定するかどうかと言うことに成ります。相手の保険会社が2ヶ月経過後では対応出来ないと、言われる可能性が有ります。この様に因果関係など、事故との関係の判断が難しい場合は自賠責保険には「事前認定」と言うシステムが有りますので、相手の保険会社が直ぐに認めれば問題は在りませんが、認めない場合は相手の担当者に「事前認定」をお願いしてもらう事です。「事前認定」は相手の保険会社の担当者がする事に成っていますので「事前認定」をして頂きたいと云って下さい。尚全てをクリーヤして自賠責保険が利用できる場合でも、自賠責保険では(最初から接骨院のみでの治療の場合は別です)医師が診断した部位以外の治療は接骨院では認めませんので、自費負担に成り慰謝料なども賠償されませんので特に注意して下さい。

  事故でのお怪我お見舞申し上げます。
ご質問と「回答に対するお礼」欄を拝見しますと、事故から2ヶ月経過後で診断書に無い部位の治療をする事に成りますね。先ず第一の問題は医師が事故との因果関係を認めるかどうかと言う事です。医師が事故との因果関係を認めた場合、第二の問題は相手の保険会社と自賠責保険を管理している自算会の調査事務所が認定するかどうかと言うことに成ります。相手の保険会社が2ヶ月経過後では対応出来ないと、言われる可能性が有ります。この様に因果関係など、事故との関係の判...続きを読む

Q交通事故での自賠責保険での休業補償額についてです。(2)

8月27日に一方的に後方追突されて(いわゆるオカマほり)現在も通院中です。
入院はしませんでした。過失割合は相手方10割過失です。通院、療養のため事故日より11月30日までで会社の有給休暇を使って22日休みました、但し断続的です。
相手方某大手自賠責保険会社に休業補償を現在も通院中なので内払い金請求しましたところ、過去3ヶ月の給料から日額を決定しますが、例えば過去の5,6,7月の給料の計が150万円で、日数の計が92日で、会社の実稼動日数はサラリーマンなので土日祭休みで62日だった場合、保険会社は150万を92日で割って日額を算出して、それに休んだ22日を掛けるのが労災とかでも通例となっているようですが、150万を実稼動日数の62日で割って日額を算出して、それに22日を掛けたのが補償額になるべきではないでしょうか?
因みに当方の場合、休業したのが断続的なので土日祭の会社公休日は補償されません、それでしたらなおさら150万を62日で割らないとつじつまが合わないように思うのですが。
何かご教授頂けますでしょうか。

Aベストアンサー

 確かに貴方の疑問には合理性があります。しかしこれは合理性の問題ではなく、No1の方も述べられている通り、ルール(法律)の問題なのです。社会は一定のルールに基づいて動いています。個々の合理性に基づく個別の多種多様な状況に応じて様々な結論をその都度バラバラに導いていたのでは、社会に混乱をもたらします。

 例えば、20歳で選挙権が与えられます。A君は19歳と364日ですが、選挙権がありません。B君は1日違い20歳の誕生日を迎えたばかりで選挙権があります。実はB君はウスノロ(例え話なのでごめんなさい)で判断力はA君の方が遙かに上です。同じ選挙の例で、1票の格差が3倍を超えると違憲という判決があります。この場合2.999倍は合憲で、3.001倍は違憲です。

 この2例に実質的な差があるでしょうか? つじつまが合わないと訴訟を起こすと訴えが認められるでしょうか? 

 休業補償は、休業期間を元に算定をされます。飛び飛びで休むと確かに不利になります。しかし休業補償を目的に休業をした訳ではなく、賠償金の計算は結果論に過ぎません。不満なら訴訟の手段に訴えるしかないでしょう。ただ、19歳と364日の人が選挙権の無いのを不満に訴えるのと同様に思われますが・・・ 

 確かに貴方の疑問には合理性があります。しかしこれは合理性の問題ではなく、No1の方も述べられている通り、ルール(法律)の問題なのです。社会は一定のルールに基づいて動いています。個々の合理性に基づく個別の多種多様な状況に応じて様々な結論をその都度バラバラに導いていたのでは、社会に混乱をもたらします。

 例えば、20歳で選挙権が与えられます。A君は19歳と364日ですが、選挙権がありません。B君は1日違い20歳の誕生日を迎えたばかりで選挙権があります。実はB君はウスノロ(...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報