【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

輸血を行う際に、昔はアニメックというものを使ってルート内の血液を
温めて体内に送っていたと先輩Nsに聞きました。
しかし、先輩方もアニメックがなぜ使用されなくなったのかをご存知なく、何かきっかけとなる事故などがあったのか、それともデータ的に問題が出たのか・・・理由をご存知の方、いらっしゃいましたらお教えください。
輸血についての講義を病棟で開かなくてはいけないため、
さまざまな質問をされ、答えられるように準備をしておかなければならないため、大変困っております。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

勤務お疲れさまです。



たしかにその昔はアニメックを使っていましたね。低体温の患者さんとか急速大量輸血の必要なケースには加温が必要と言われていて(今でも基本的にはそうだと思います)、アニメックがないときにはPCのモニターの上に5分くらい置いたりしてました(気休めですが)。ただ加温による溶血副作用の事故が複数報告されたということで、現在は発生時の被害が大きいために通常の輸血では加温機を使用しない方向になっています。

http://www.jrc.or.jp/mr/transfusion.html

ここのかなり下のほう、1996年2月のところに「輸血用血液の過熱と事故」という項目があり、PDFファイルにその詳細な事由が記載されています。

濃厚赤血球も時間150mlでの輸血が600mlまでなら低温のまま輸血していいということなので、一般病棟なら十分加温なしでいけそうですね。

病棟での勉強会の講師をすると自分の勉強になりますね。ところで輸血については、わからないことは輸血部の人に聞くと教えてくれますよ。血小板は病棟でどれくらい揺すらずに置いておけるかとか、わからないことはすぐに電話して聞いています。2年目とのこと、慣れたと実感する暇もない忙しい時期ですね。あまりがんばりすぎすにぼちぼちやってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お忙しい中、ご回答ありがとうございます!!
参考にさせていただきます。
勉強会の講師を務めるのは今回が初めてで、何から手をつけるべきか混乱しています。
でも、自分の成長の一環として前向きに取り組んでいきたいと思っています。助言いただきまして、ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/09 02:03

輸血のさい大量でなければ加温は必要ないとの学会の公式見解があります。

あと、加温器を使用してトラブルが合ったらしいのですが、詳細はふめいです。多分、加温しすぎて血液が変質したといったことと推察します。

参考URL:http://www.yuketsu.gr.jp/qa/Q19.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しい中、ご回答ありがとうございました!!
参考にさせていただきます。

お礼日時:2007/07/09 01:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q輸血について。

輸血をおこなう際、温めるものと温めない(室温程度にして使用するもの)などがありますよね。
実際どれが温めたりするのか、教えて下さい。
また、MAPは室温程度に戻して使用すると聞いた事がありますが、血管内に入れるものなのに人肌程度に温めなくてもいいのでしょうか??

Aベストアンサー

MAPの添付文書から引用しますね。
http://www.jrc.or.jp/mr/tenpu_html/rcmapsim0512.htm
**本剤の加温
本剤は2~6℃で保存されているが、通常の輸血では加温の必要はない。
ただし、急速大量輸血 (24時間以内に患者の循環血液量と等量又はそれ以上の輸血をする場合)、新生児交換輸血等の場合は、体温の低下や血圧低下、不整脈等があらわれることがあるので本剤の加温が必要である。
その際、37℃を超える加温により蛋白変性及び溶血を起こすことがあるので、温度管理を厳重に行うこと。

Q輸血をする時、ルート内を生食で満たす理由

お世話様です。
タイトル通りですが、輸血を行う際滴下開始前にルート内を生食で満たしてから実施しています。今まで何も考えず行っていましたが、ふと同僚から理由を聞かれ答えられませんでした。(その同僚も分かりませんでした)
同じように生食で満たしてから行っている方がいましたら、理由を教えてください。色々な本を見たのですが、載っていませんでした。

Aベストアンサー

こんばんは、もういろんな方が解答されているので、役に立たないかもしれませんが、、、。私は、麻酔科の医師です。まず、輸血の種類とセットが問題でしょう。現在はま、自己血輸血は別にしても、濃厚赤血球などは放射線照射してあるので、フィルターもさほど大袈裟なものではなくてもよいかもしれませんが、「白血球除去フィルター」など細かいフィルターが付いてると、濃厚赤血球などは粘稠なので、先に生食で満たしておくと、滴下も良いです。このフィルターはまた、うまく入れないと、チャンバーに血液が貯まらなくて、エアーばかりが落ちていくこともあるから、、、。この際、生食を用いる理由は、他の方の回答にもあったように、カルシウムなどと反応しないためです。が、手術室などで大量輸血する時は、ゆっくり滴下するわけでもないので、ラクテックなどでも、困ったことはありません。ただし、ミクロの凝血塊などができてる可能性はあります。他の血漿製剤などは抵抗もないので、生食はあまり意味がないと思います。ただし、何かを点滴していて、その同じルートに血液バックをつける時は、念のため、生食で洗う意味で一回通すことの意味はあると思います。でも普通の輸血セットなどで落とす時は、新しいセットなら、特に生食で満たす必要はないと思います。粘稠で流れが悪くなったら、生食などを通すと、少し薄まって流れやすくなります。これは、あくまで経験上のアドバイスです。」免疫力が落ちていたり、また電解質が変化している時などは、それなりの考慮が必要です。択一的に生食を通す、という考え方は必要無いと思ってます。

こんばんは、もういろんな方が解答されているので、役に立たないかもしれませんが、、、。私は、麻酔科の医師です。まず、輸血の種類とセットが問題でしょう。現在はま、自己血輸血は別にしても、濃厚赤血球などは放射線照射してあるので、フィルターもさほど大袈裟なものではなくてもよいかもしれませんが、「白血球除去フィルター」など細かいフィルターが付いてると、濃厚赤血球などは粘稠なので、先に生食で満たしておくと、滴下も良いです。このフィルターはまた、うまく入れないと、チャンバーに血液が貯ま...続きを読む

QFFPやMAPとは?

 輸血の用語でFFPとかMAPってありますよね?あれっていったい何のことなのですか? 用語としてどこにも載っていないので…またこうした医療用語、略語の用語集、辞書の類でおすすめのものはありますか?

Aベストアンサー

下記URLの貼り付けで申し訳ありませんが・・・

◆新鮮凍結血漿(Fresh Frozen Plasma:FFP) ・ 採血後6時間以内に血漿を分離して-20℃以下で凍結保存した製剤。有効期間は採血後1年間で使用時は融解して用いられます。血液凝固因子の補給や循環血漿量の減少をきたす疾患などに使われます。

◆赤血球M・A・P(Red Cells M・A・P:RC-M・A・P) ・ 200・400mLの献血血液から遠心操作によって血漿及び白血球層の大部分を除いた後、赤血球を高品質に保存するための溶液(MAP液)を加えた赤血球製剤です。4~6℃で保存され有効期間は採血後21日間です。赤血球製剤の中で最も多く使われている製剤であり、血液中の赤血球の不足や(貧血等)、またはその機能が低下したときなどに使われます。

参考URL:http://www.bc9.org/word/word.html


人気Q&Aランキング