痔になりやすい生活習慣とは?

2回、転職しています。

二つの会社で合計約6年半勤め、厚生年金と厚生年金基金を支払いました。
この二つの会社の厚生年金基金は、企業年金連合会に移管されています。

その後、約二年ほど、国民年金を全額免除申請認可してもらいました。

現在の会社では厚生年金と確定拠出年金(これは元本保証のもの)に入り、
約二年ほど支払っています。

現在41歳ですので、65歳まで働くとして、あと、24年ほど、この状況で支払うと一応考えています。

企業年金連合会に移管されている基金分は、以前、連絡したところ、年額約60万円ほどもらえるとの回答を得ました。

そこで質問です。

・65歳からの年金総支給額をだいたいでいいので、教えてください。
(年収等で上下があると思いますが、だいたい最低でもこれくらいもらえるという額で結構です)

・企業年金連合会から、なぜ毎年60万円もらえるのでしょうか?
12年程度の払込に対しては、(現行の年金制度を考えると)ややリターンが多い気もするのですが……。

ご回答よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

厚生年金と基金に加入していたら概略計算は難しいです。


平均給与額が計算の基礎となるからです。

基金の運用部分は被保険者の厚生年金保険料の24~50%(免除保険料といいます)を厚生年金に代行して運用します。
被保険者の保険料は変わりません。
また各基金によって免除保険料額が異なるし運用実績によっても変わるので、
直接基金に問い合わせるしかありません。
連合会に年金積立金相当額が移管されているならこちら、
http://www.pfa.or.jp/chuto/shisan/chuto.php
厚生年金ならこちらでどうぞ。
http://www4.sia.go.jp/sodan/nenkin/simulate/inde …
    • good
    • 0

>・65歳からの年金総支給額をだいたいでいいので、教えてください。


ご自身の加入暦から計算してください。
http://www.saveinfo.or.jp/tool/nenkinsimu/index. …
そのほうがまともな結果になります。

>・企業年金連合会から、なぜ毎年60万円もらえるのでしょうか?
>12年程度の払込に対しては、(現行の年金制度を考えると)ややリターンが多い気もするのですが……。

わかりません。でも大抵年金基金は終身ではなくて有期年金のことのほうが多いですけどそれは確認しましたか?
5年もらうのか、10年もらうのか、15年もらうのか、終身なのかでかなり話は変わるでしょう。

もちろん払い込み金額よりは大きくなりますよ。運用されて利息は付きますから。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q将来支払われる額、「13800円」?・・・企業年金連合会。

今日「企業年金連合会」というところから手紙がきました。

この組織自体がどんなものかわからないのですが、最も気になるのが「将来支払われる年金額(年間の支払見込み額) 基本年金額13800円」という点。

これはそのまま、自分が65歳になった時に1年間で、ここ以外から何も受け取ることができず、この13800円しか受け取れないということでしょうか。

Aベストアンサー

会社によっては、厚生年金基金に加入しているところがあります。この基金は、厚生年金部分の代行を行う組織で、またその基金独自の上乗せ給付を規約により定めることができます。したがって、基金の加入期間については代行した厚生年金の額とその基金独自の給付の額とを受取ることができます。
また、転職等によりその基金にいた期間が10年未満の方については、その基金にいた記録は「企業年金連合会」が引き継ぎ、連合会から支給を受けることになっています。

年齢が不明ですが、60歳から厚生年金(特別支給という)を受けられる方には、誕生日の3ヵ月前に年金の請求書用紙が届きます。この請求の内訳には代行された基金の加入期間は除外されております。基金の加入期間がある方は、その請求書を社会保険事務所に提出するとともに、代行された厚生年金を基金(連合会に引き継がれた方は連合会)に請求することになります。


人気Q&Aランキング