社長より但書が「勉強会及び懇親会費として」という領収書を預かりました。
金額は¥6,000-です。
伝票は出金伝票で切ります。

この場合の勘定科目は何になるのでしょうか?
また、勉強会だけの参加と、懇親会が含まれる場合では
勘定科目は変わるのでしょうか?

弊社は新規事業主で過去に勉強会に出席した事例はありません。
私は経理を始めたばかりの初心者です。

ご回答の程、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

確かに、色々勉強になりますね。


色々な視点から回答がありますので、私自身も良い勉強になります。

企業会計において、一般管理費が”何の勘定”という固定概念はありません。
継続的に管理しやすい勘定科目が正しい勘定科目です。よって教育費に誰の
何の費用が算入されるかは御社で決めれば良い事です。
教育費を勘定として独立させた方が管理しやすいならば、教育費として管理し、
雑費として管理した方が管理しやすいのであれば雑費としてください。
(一般管理費内の勘定であれば、どのように管理しても企業会計上問題が
 ありません)
(税法との関連で、一部注意が必要な勘定が存在します)
http://www.soumunomori.com/column/article/atc-10 …

http://www.soumunomori.com/column/article/atc-10 …

しかし、下記の注意が必要です。

人材投資促進税制においては、教育費(教育訓練費)に法人の役員は含まれ
ません。よって人材促進税制の算出根拠を教育費と言う勘定科目に依っている
場合は、社長の経費を教育費に算入してはいけません。

所得税法基本通達(9-15)においては、役員および使用人の職務に直接必用な
知識取得に必用な研修会、講習会の費用は所得税として課税しなくてもよいと
なっています。
この税法からは、給料以外の勘定科目を使用する事になります。


色々な説がありますが、確かに6000円程度であれば雑費で計上した方が簡単
です。税法的には損金相当と思われますので、質問者さんが今後、計上しや
すい勘定で計上されれば問題ありません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

教えていただいたサイトの中で
「自分にとってわかりやすい科目にしておけば、それでいいんです。」
と書いてあるのを見て、少し気が楽になりました。

勘定に慣れた後は税法も勉強してみようと思います。
税法を知らないと間違ってしまうかもしれないので…。
何種類の税法があるのか心配ですが…。

今回の件については今後、勉強会はあまり出てこないと思われるので
「雑費」で処理をしようと思います。

先は長いですが、頑張ります!!

お礼日時:2007/07/17 17:38

 大変よい勉強になりましたね?(^・^)さまざまな考えや意見があるのは、回答・アドバイスする側が多分こうであろうと推測するのです。

社内規程があれば見て下さい。社長は残念ながら教育費はないのです。又臨時的給与は含まないのです。(監査の為の参考です。)

 これは推測ですが多分こうであろうと思います。勉強会へ行って書類(本)を買われたと創造しています。よって懇親会費用は小額で食事をしたと思います。ゆえに答えは・・・・雑費が妥当と思います。

 従業員なら業務予定を提出するけど、社長は難しい><頑張ってね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
社長には「教育費」はないのですか。大変勉強になりました。
弊社は本当にできたてで、お恥ずかしい話、
まだ社内規定もありません…。
今までなかった事例がでてくると、その場で相談しています。
しかも、経理初心者ばかりで…。
もし監査などが入るとなると、とても怖いです。

早く経理に慣れるために、頑張ります!!

お礼日時:2007/07/17 15:13

教育費、研修費という勘定があれば、それを使用してください。


上記勘定を使用されていない(勘定の設定が無い)のでしたら、雑費を使用し
てください。
(御社に経理規則があれば規則に従い、なければ上記で問題ありません)
今回は6000円と少額ですので、全額を教育費(雑費)として計上しても、問題
は無いと思われます。

>勉強会だけの参加と、懇親会が含まれる場合では
勘定科目は変わるのでしょうか?

勉強会だけの場合は、教育費(雑費)が妥当と思われます。
懇親会だけの場合は、交際費が妥当と思われます。
(会議費、研修費の場合もありえます。懇親会の趣旨と内容が重要となります)
勉強会に懇親会がセットされており、懇親会が高額でなければ勉強会の一部
を構成すると解釈して勉強会と同一の勘定科目としても問題ありません。
(数千円程度であれば、弁当と飲み物程度ですので、勉強会の一部と看做せます)
但し、懇親会が8割で勉強会が2割等、明らかに懇親会がメインである場合や、
懇親会費が高額である場合は、勉強会を教育費(雑費)、懇親会を交際費。
分離が困難な場合は全額交際費にする必要がある場合があります(税法上)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
弊社には教育費、研修費はありませんでした。
今後、頻繁に勉強会が出てくるようでしたら、
勘定科目の作成も上の人に相談したいと思います。

勉強会、懇親会…金額や内容によるとなると難しいですね…。
早く慣れるように勉強したいと思います。

お礼日時:2007/07/17 15:06

「雑費」もしくは「交際費」で会計します。


「雑費」が妥当と思います。
ご参考まで
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうござました。
大変参考になりました。

お礼日時:2007/07/17 15:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q簿記2級 勘定科目一覧について

簿記2級 テキストについて

こんにちは。
簿記2級の 勘定科目一覧について質問させていただきます。

持っている教材は
3級については、LECの最速マスターの参考書、問題集
2級については、LECの光速マスターの参考書、問題集です。

以下のサイトも参考にさせていただきました。

http://www.boki-navi.com/accounts.html

http://boki.me/kamoku-summary1.html

http://www.bookkeep.info/

http://www.bokiboki.com/

ます、簿記3級の基本的なところは上記のサイトや
参考書、問題集で押さえたと思うのですが、

2級については、上記のようなサイトが少なく
勘定科目一覧が見当たりません。

商工会議所のHPには以下のようなページもあるのですが、
pdfファイルの2ページめ、冒頭にありますように、
すべての勘定科目が掲載されているわけではありません。

http://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/kubun/h23_kamoku.pdf


そこで質問させていただきたいのですが、

市販の独学用のテキストで勘定科目一覧の載っているものは
あるのでしょうか。
ご存知の方は教えていただけないでしょうか。

よろしくおねがいします。

簿記2級 テキストについて

こんにちは。
簿記2級の 勘定科目一覧について質問させていただきます。

持っている教材は
3級については、LECの最速マスターの参考書、問題集
2級については、LECの光速マスターの参考書、問題集です。

以下のサイトも参考にさせていただきました。

http://www.boki-navi.com/accounts.html

http://boki.me/kamoku-summary1.html

http://www.bookkeep.info/

http://www.bokiboki.com/

ます、簿記3級の基本的なところは上記のサイトや
参考書、問題集で押さえ...続きを読む

Aベストアンサー

試験対策用として、「全て」の勘定科目の一覧表は、ないと思います。
なぜなら色々な業種があるので、多数の勘定科目があるからです。
もしも試験対策としての一覧表を作成するならば、
今までの出題実績から集めるほかにありません。

三級をすでに学習されたのであれば勘定科目が、
資産、負債、純資産と収益、費用と分類できることはご存知だとおもいます。
仮に始めて見る勘定科目であっても、どこに分類できるか、
推測することは容易ではないですか?

日商試験にでは、第一問が仕訳問題となっていますが、
勘定科目群より選択しなければなりませんので、
全てを暗記する必要もありません。
商工会議所の勘定科目一覧が理解できていれば、充分だと思います。

全ての一覧表はないのですが、
独学者用テキストでオススメなのは、
ネットスクール出版の『サクッと』シリーズで、
・サクッとうかるテキスト
・サクッとうかるトレーニング
があります。

お探しのものをお伝えできなくてごめんなさい。
少しでもお役に立てればと投稿させていただきました。

試験頑張ってください。

Q異業種交流会やビジネス交流会 参加費の勘定科目

異業種交流会やビジネス交流会に参加したときに発生する参加費は、会計上どのような勘定科目にするのがよいのでしょうか?
交流会の中身は、名刺交換や事業発表、時にはセミナーなどもあります。

会議費でしょうか?
採用教育費でしょうか?
広告宣伝費でしょうか?
販売促進費でしょうか?
それとも、それ以外の科目でしょうか?

他の方がどのように処理をしているのかが知りたいと思っています。
絶対的な正解はないのかもしれませんが、いろいろなご意見も聞ければと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>絶対的な正解はないのかもしれませんが、

記載された内容から、税法上の損金であろうと思われますので、会計上の基準
だけの問題ですから、御社にとって(質問者さんにとって)管理の都合の良い
勘定で計上してください。
しかし、これでは参考になりませんので下記を参考にしてください。

 会費
  何らかの”会”が主催する場合は、会費を支払って出席する事になります。
  (当社であれば、この勘定を使用します。業界団体や親睦会もこの勘定で
   処理しています)
 広告宣伝費
  御社を宣伝するために出席されるのが主たる目的であればこの勘定が妥当
  だと思われます。
 販売促進費
  御社の特定商品の販売の為に出席されるのであれば、この勘定が妥当だと
  思われます。
 会議費
  会議の体裁をとっているのであれば問題ないと思います。しかし社内の会
  議費用と一緒になってしまいますので、注意が必要です。
 交際費
  税法上損金とならないものは、内容に関わらずこの勘定を使用すると、
  申告時に便利です。
 雑費
  この費用の金額的重要性が低く、頻度も極めて低いのであれば、あえて管
  理する必要はありません。管理する必然性のない勘定は雑費で処理します。

>絶対的な正解はないのかもしれませんが、

記載された内容から、税法上の損金であろうと思われますので、会計上の基準
だけの問題ですから、御社にとって(質問者さんにとって)管理の都合の良い
勘定で計上してください。
しかし、これでは参考になりませんので下記を参考にしてください。

 会費
  何らかの”会”が主催する場合は、会費を支払って出席する事になります。
  (当社であれば、この勘定を使用します。業界団体や親睦会もこの勘定で
   処理しています)
 広告宣伝費
  御社...続きを読む

Q日商簿記2級の勘定科目一覧

お世話になります、よろしくお願いします。

日商簿記2級の勉強を始めたばかりです。勘定科目の一覧が表示されておすすめのWebはないでしょうか?資産・負債・資本・費用・収益ごとに分かれているものが希望です。

また、よろしければ、簿記の勉強でおすすめのWebもお教えいただけるとうれしいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

勘定科目一覧
http://minna-no.com/mkaikei/kamoku/kamoku.htm

学習
http://www.boki-community.com/2kyuu-gakusyuu.html

Q1枚の領収書に複数の勘定科目がある場合の仕訳

1枚の領収書に複数の勘定科目がある場合、それぞれ出金伝票を作成しないといけないのでしょうか?それとも振替伝票に諸口としてもいいのでしょうか?

Aベストアンサー

見やすいのは振替伝票を使うほうですね。
例えば、事務用品、従業員の食事代があった場合は

借方:事務用品費 ××× 貸方:現金等 ×××
    福利厚生費 ×××

といった感じです。

出金伝票の場合はおっしゃるとおり、それぞれ作成という事になりますね。

Q【経理】 勘定科目は任意なの?決まっているの?

こんにちは。
起業1年目の者です。

本を読むと勘定科目は決まっているようで、
さらにいろいろな本を読むと勘定科目は任意なので好きに作れるとかいてあります。
なので勘定科目時点で基本を参考にして、あとは自分がわかりやすいように、分けたいようにしようと思ったのですが、
勘定科目の説明によっては、「10万円以上で」と書いてあったりします。となると決まっているようにも読めます。

勘定科目はこれを使わないといけないと言う決まりがあったりするのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 任意と言っても決まり事があります。例えば、未収金=未収入金のように、内容意味が含んでいなければいけません。

(例)営業権=のれん(暖簾) 預り金=従業員預り金 借入金=銀行借入金 仕入=商品仕入 消耗品費=事務用消耗品費 この程度の常時使用をする科目ならいいけど、あまり任意で処理すると、後任者・公認会計士・税務士が監査等をする場合、適切にそれらの科目を使用されていればいいのですが、あまり使用を違えると疑問や見直しと云った厄介な手数がかかる可能性があるます。

 あなたの事務所で関連事務の人が皆理解していれば決められた範囲での任意科目は使用していいのです。

 例えば10万円以上の工具・計器のようなものは1年以上使える物は一旦固定資産に計上します。よって簡単に科目を変える事は勧めませんね(^・^)せいぜい工具器具備品これなら科目として又固定資産として把握管理が出来ます。

Q同じ日付の勘定科目の領収書について教えてください

消耗品費を何箇所かで買い、同じ日付の領収書が3,4枚あります。記帳する際は同じ勘定科目でも別々に記帳するものでしょうか?それとも合計の金額でよいのでしょうか?無知でお恥ずかしいのですが教えて頂けるとありがたいですよろしくお願いいたします

Aベストアンサー

<簡単な対処方法>
先月、先々月の記帳を確認してみましょう。別々に記帳されていますか?
合算して記帳されていますか?
時間があれば、昨年、一昨年に記帳されたものも確認してみましょう。
規則性が掴めたらならば、それが御社の慣習法です。それに従いましょう。
→問題点は、前任者が”適当”に対応していただけの場合は、それを慣例
 として受け継ぐことになってしまいます。でも、その方法でかなり長い
 間、会社としても、税務調査時も問題が起こっていないのであれば、そ
 の慣例に従っても問題は起こりません。

<原則論>
重要性が高い(高額)、他の消耗品と合算するのが不適当の場合は、
合算せずに、個別で記帳しましょう。
上記以外は合算しても問題はありません。(合算しなくても問題ありません)
では、重要性が高い金額はいくらからか? これは会社ごとに考え方が異な
ると思われます。規則があるならばそれに従ってください。個人的には一点
が数千円ならば合算しても良いと考えます。

<一番安直ではあるが、問題が起こらない方法>
全てを合算せずに、個別で記帳しましょう。
合算されたものを個別にすることはかなり困難ですが、個別を合算するこ
とは簡単です。
個別に記帳することにより業務負荷が著しく増加するならば、意味があり
ませんが、1日で数分から数十分程度の業務負荷程度であれば、全て個別
記帳にするのも選択肢の一つです。

<簡単な対処方法>
先月、先々月の記帳を確認してみましょう。別々に記帳されていますか?
合算して記帳されていますか?
時間があれば、昨年、一昨年に記帳されたものも確認してみましょう。
規則性が掴めたらならば、それが御社の慣習法です。それに従いましょう。
→問題点は、前任者が”適当”に対応していただけの場合は、それを慣例
 として受け継ぐことになってしまいます。でも、その方法でかなり長い
 間、会社としても、税務調査時も問題が起こっていないのであれば、そ
 の慣例に従っても問題...続きを読む

Q青色申告での勘定科目について教えて下さい。

青色申告での勘定科目について教えて下さい。

青色申告初心者で勘定科目がわからい事だらけです。
やよいのソフトを使っているのですが、勘定科目については税務署に聞いてくれと言われました。
みなさんは事細かに税務署に電話して聞いているのでしょうか?
それとも、わかりやすいサイト等で自己判断で処理されているのでしょうか?
またやよいの青色申告10の分かり易いサイトがありましたら教えて下さい。

もしわかる方がいらっしゃいましたら、2点この場でお聞きしたいのですが、
(1)業務委託で報酬代としてその都度、現金でお支払いした場合の勘定科目はどれに当たりますか。
(2)事業用の口座から親に仕送りの振込をした場合の勘定科目はどれに当たりますか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

今回の質問の件以外ですが、仕訳 勘定科目の検索が、簡単に出来るHPがあります。
『仕訳 勘定科目.com』様…具体的な例や勘定科目の一覧表など、解説も詳しいので、
よろしければ参考になさってください。
リンクフリーということでアドレス張っておきますね。

参考URL:http://www.kanjyoukamoku.com/

Q懇親会での社長と従業員の会費と宿泊費

親会社との懇親会が近くのホテルであり、社長と従業員2名が出席しました。
懇親会費一人1万円、宿泊費が一人1万2千円で合計6万6千円を支払いました。
この仕分けはどうすれば宜しいのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
手厳しい指摘ですね。
私は、「親会社との懇親会」と言う事(断ることがなかなか困難)と仕事上
の関係上の事ですので、先方から言われるままの費用負担ですから、懇親会費
・宿泊料とも交際費でいいのではと思います。

法人であれば400万円までは1割否認ですからそこまで厳しい判断をしなくても
いいのでは・・・。

Qエクセルで勘定科目の集計、勘定科目の並び順について

現金出納簿をデータベース化して、勘定科目ごとに
集計をしたいと考えています。

日付 摘要 部門 勘定科目 収入or費用 金額

部門ごとに勘定科目の集計をとりたく、また摘要も
つけたかったので、ピポットテーブルを使ってみました。まあまあ、欲しい表は出来たのですが、勘定科目の並び順がランダムでした。
規則的に並び替えしたいのですが、どうすればいいでしょうか?
科目コードをつける?と思っても、その先どうすれば
いいのかわかりません。
関数で解決出来るのでしょうか?
関数の知識はあまりありません。マクロとなると全くありません。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

[フィールドの設定]-[詳細]-[自動並べ替えオプション]で
[手動]を選択すれば、ドラッグで並べ替えることができます。

[自動]で並べ替えたい場合は、
[ツール]-[オプション]-[ユーザー設定リスト]の
[ユーザー設定リスト]で「新しいリスト」を選択し、
[リストの項目]に並べたい順に勘定科目を入力して、[追加]-[OK]。

Q勘定科目内訳書の『役員報酬手当及び人件費の内訳書』について

勘定科目内訳書の『役員報酬手当及び人件費の内訳書』の下段にある「総額の内代表者及びその家族」欄の金額について教えてください。
通常は代表者の同居人の役員報酬、または給与の合計を記入するものだと理解していますが、期中で家族が従業員と結婚して同居するようになった場合には、
同居前→「総額の内代表者及びその家族」に給与を含まない
同居後→「総額の内代表者及びその家族」に給与を含む
と計算すべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

> 同居前→「総額の内代表者及びその家族」に給与を含まない
> 同居後→「総額の内代表者及びその家族」に給与を含む
> と計算すべきなのでしょうか?

でいいと思います。
ただし、厳密には「同居」ではなく「婚姻」だと思います。
婚姻届を提出していなければ法律上夫婦ではありません。内縁の妻が所得税法上扶養に入れないのと同様に、婚姻をしていなければ「家族」とはみなされないとおもいます。
なお、内訳書の内容で税金が変わることはありませんので、肩肘張って考えなくても大丈夫だと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報