あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

教習所ではクラッチを上げる時は踵は床から離して上げると教わりました。もう今自分は免許を取ってMTを運転しているのですが、自分は踵を床に付けたままつま先でクラッチの上下を行っています。
クラッチ操作が上手くなりたいので、皆さんに質問したいのです。
上級車はクラッチを上げる時、左足の踵は床に付けたままなのでしょうか?それとも踵は床から離しているのでしょうか?

自分は通常の速度で走っている時は変則ショックはほとんどないのですが、ロケットスタートをした時はやはりショックが目立ちます。最近自分で思うのですが、もしかしたら踵は床から離していた方がやり易いのかなとも思ってきたのですが、もう床に踵を付けたままのスタイルに慣れてしまいました。ですがもし踵は床から離した方が最終的には上手くなるというのであればすぐにでも矯正したいです!回答宜しくお願いします。

A 回答 (13件中1~10件)

>左足の踵は床に付けたままなのでしょうか?



他の人と違う意見で行きます。
自分が使っているゼロヨンで身につけたクラッチ操作です。
もちろんサーキットでも街中でも有効です。
まず、踏み込む時は当然踵はつけません。
しかし、リリースの時は発進時の場合、踵をつけてスッと半クラの領域までまずはリリースします(足のサイズが小さい女性はやり難いので教習所のとおりで良いです)。
この方が安定して正確に操作が出来ます。

ただし、その時間はクラッチが繋がる僅かな時間です。
その後は、膝を曲げる感じで踵を引きずるように手間に足を引き(ペダルの構造上、必ず手前に引くような操作になります)、クラッチが繋がって「ここから先は遊びになる領域」まできたら、踵を支点にして足を左にずらしてクラッチペダルを完全にフリーにしてしてしまいます(それ以上は足を動かす時間が無駄)。

2速以降はゆっくり走る街中では、慣れない内は回転数が離れてしまう「1速→2速」や「2速→3速」で一瞬(と言うか慣れれば無意識)半クラを使った方が安定しますが、半クラはホンの一瞬のため踵をつける必要がありません(個人的には完全に踵を浮かすのではなく、踵をフロアに引きずる感じで行えば安定した操作が可能です)。
なお、サーキットやゼロヨンでは2速以降はクラッチを蹴っ飛ばします。
当然、踵なんてつきません。

>ロケットスタートをした時はやはりショックが目立ちます。

それは「ロケットスタート=クラッチをドンッと繋ぐ」と勘違いし、単純に回転数が合っていないだけではないですか?
ノーマルクラッチでそんな操作していたら、あっという間にクラッチやミッションが壊れますよ。
ゼロヨンでもスタート時には半クラを使っています(現地の状況や車の仕様によってはドンッと繋ぎますが)。
例えば、アクセルをクラッチを繋いで落ち込んでもパワーバンドになる回転数でキープしながら、スタートと同時に軽くスッと半クラになる所までまずはクラッチを離し(この時は操作量が少ないので踵をつけています)、軽くホイルスピンして車が前に出始めて回転数が安定したら一気にクラッチをリリースします(この時は踵を離します)。

ちなみに、この操作を行う時間は1秒あるかどうかですから、とにかく練習しなければ上手くなりません。
あと、ロケットスタートはクラッチも早く減りますので、使う意味のない場所では常識的な意味も含めて極力控えましょう。
    • good
    • 1

>教習所ではクラッチを上げる時は踵は床から離して上げると教わりました。

もう今自分は免許を取ってMTを運転しているのですが、自分は踵を床に付けたままつま先でクラッチの上下を行っています。

教習所で習う事が全てではありませんし、間違った事も教えますからね・・・。

クラッチ操作に関しては、教習所ではとかく『クラッチは最後まで踏み込め』と言いますよね?
車によって、半クラの範囲が違いますし、ともかく確実な操作を前提としていますので一応基本はLEGを使うことです。

しかし、自分の愛車という話なら、それに応じた方法でOKです。
そもそもクラッチは、ペダルストローク一杯まで操作する必要はありませんし、むしろ馬鹿げています。
半クラの端から端までを把握してしまえば、その先は動かす必要がなく無駄です。
床にかかとをつけたままでも、十分に必要な範囲の操作は可能だと思います。
また、LEGを動かすよりFOOTを動かす方が、素早く且つ正確に微調整もできます。
スポーツ系の技術に興味があるようなら、悪い方法ではありません。
積極的に活用しましょう。

>自分は通常の速度で走っている時は変則ショックはほとんどないのですが、ロケットスタートをした時はやはりショックが目立ちます。最近自分で思うのですが、もしかしたら踵は床から離していた方がやり易いのかなとも思ってきたのですが

今の方法でショックがあるなら、LEGでショックがなくなるとは思えません。
単にエンジン回転数や、アクセルワークとのバランスでしょう。

>もし踵は床から離した方が最終的には上手くなるというのであればすぐにでも矯正したいです!

「上手くなる」の意味が、あらゆる車に対応できるという意味ならLEGかもしれません。
だからこそ教習所でもそう教えるのでしょう。
しかし、僕自身あなたと同じ方法ですが、トラックからスポーツカーまで困った事は一度もありません。

ANo.8.10.12 の方の回答に、的を射た内容があったと思います。
    • good
    • 3

フォーミュラカーは足首操作ですね。

踵がフットレストですね。
ラリーカーや、ドリフトは””蹴飛ばす””て表現してますので、
膝を使っているようです。
スパット繋ぐ時は、足首だけか、スライドしてクラッチを離します。
動作時に足全体を持ち上げる動作より俊敏ですし、離し遅れて半クラが長いと、
クラッチ板の破損や早期磨耗をします。
ハイパワーの4WD車両で、半クラすれば致命的ですよ。タイヤスリップでトラクションが逃げない為です。
スパッと繋いでも、回転差が大きいと滑って繋がらないです。
結果として、自分にとってやり易い方法が良いです。
現状、安全運行が出来て、不自由は無いのですよね。
運転する車両で、足を含めて体全体の角度も変わりますから、
統一的な結論は無いと思います。
    • good
    • 1

こんにちは。


>上級者はクラッチを上げる時、左足の踵は床に付けたままなのでしょうか?それとも踵は床から離しているのでしょうか?
◎当然、クラッチ操作時は、左足の踵は床に付けていません。
クラッチ操作時に、床に踵を付けたまま操作出来るという事は、その車両のクラッチ位置がおかしいという事になります。通常、床に踵を付けたままでは操作出来ないように作られていますし、そのようにセッティングされています。
よほど「足の長さ」が長い人なら話は別ですが。

>ロケットスタートをした時はやはりショックが目立ちます。
◎正しいクラッチ操作が出来ていないように思われます。半クラッチの使い方がきちんと出来ていないのでは?
きちんとクラッチ操作が出来ていれば、急発進であってもショックなどは起きませんよ。

>教習所ではクラッチを上げる時は踵は床から離して上げると教わりました。
◎教わった通り、基本に忠実な操作をした方が確実ですし、運転も上手くなりますよ。
    • good
    • 2

>車種はなんでしょうか?



自分もスタート時に踵をつけると言いましたので回答します。
クラッチが上にせり上がってくるようなトラックやワンボックスは流石に踵をつけて操作できません。
乗用タイプも全ての車種に乗ったことがないのでハッキリ言えませんが,大抵の車種で自分は可能だと思います(メーカーはバラバラでセダン・クーペを10車種くらい経験有り)。

クラッチ操作は奥まで完全に踏み込む必要もなければ,手前まで完全に引き切る必要もありません。
クラッチのON/OFFが出来る領域だけを見極めて足を動かせばよいので,自分の足のサイズ(28.0です)ですと半クラ程度の操作なら足首の動きだけでクラッチ操作が可能です(それで不足する車種は少し踵を手前にひきずって固定します)。
クラッチが繋がったら,その時点でペダルから足を離します(耳を澄ますとペダルが戻るボコンと言う音が聞こえます)。

踵をつけるメリットはゼロスタートの際に車体が暴れていても微妙な半クラ操作が可能なこと,腰に掛かる負担が少なくなることです。
    • good
    • 0

かかとを床に付けたまま操作できるクラッチってものすごくストロークが短くないですか?


車種はなんでしょうか?
よかったら教えてもらえますか?
    • good
    • 2

自分の場合ですが・・・踵をつけたままクラッチは踏みません。

というか、踏み込めないですね。
車がクーペなので、踵をつけたままではクラッチが切れません(^^ヾ
#座面が低いので、クラッチも手前から奥に押す感じなのですよ。

確かに、実家にある軽トラなんかだと座席もイスに座っている感じでクラッチの踏み込みも上下的なので、踵をつけたままでも可能そうですが。今はもう癖なのでダメですね。
あと、クラッチは発進以外パッと切って、パッとつなぐので踵をつけておくメリットも無いですから(中途半端に踏むと半クラですし)。

>ロケットスタートをした時はやはりショックが目立ちます。
ロケットスタートというか、1速で引っ張る感じですかね。
多分、エンジンの回転数とクラッチをつなぐタイミングが合っていないのでしょうね。こればっかりは、速度とそのときの回転数との慣れかなぁ?
    • good
    • 0

上級者、ロケットスタートなどに関わらずクラッチペダルは踵をフロアから浮かして操作したほうが良いと思います。



なぜなら、リニアな操作(ON/OFFではなく徐々に上げたり下げたり)が必要なアクセルやブレーキと異なり、
クラッチペダルはなるべく瞬時にクラッチをON/OFFさせることが目的なのです。
(半クラッチの時間が長いほどクラッチへの負担が大きくなったり、エンジンの回転落ちによる変速ショックが増えたりします)

従って、踵を支点にして、足首の力だけでクラッチペダルを操作するよりも、
踵を浮かした状態で脚部全体の力を使って操作したほうが圧倒的に早いと思います。
    • good
    • 0

>教習所ではクラッチを上げる時は踵は床から離して上げると教わりました。



これが正しい運転方法ですね。



>もう今自分は免許を取ってMTを運転しているのですが、自分は踵を床に付けたままつま先でクラッチの上下を行っています。

普通はそのようなことはできません。かかとを床に付けたまま、つま先を滑らせているのですね?

クラッチが軽い車なのでしょうか?それともオルガンタイプ?
お乗りのお車の型式や年式をお教え頂けますと、例外車があるかもしれませんが、通常は、かかとは床に付けませんし、つま先も滑らせません。



>上級車はクラッチを上げる時、左足の踵は床に付けたままなのでしょうか?それとも踵は床から離しているのでしょうか?

(「車」↑は「者」ですね?) 初心者から上級者まで、また、競技自動車運転者(車は市販車と同じタイプ)も含め、かかとは床には付けません。クラッチ操作をしている最中は、踏む時も戻す時も、かかとは床から離しています。
擦らないように、かなり離しています。(擦ると引っ掛かりそうでこわいです)



>自分は通常の速度で走っている時は変則ショックはほとんどないのですが、ロケットスタートをした時はやはりショックが目立ちます。

そうですか?私は、ロケットスタートしたほうがショックは全く出ないですが。(昔からの慣れでしょうかね)

私はべつに、走り屋だったわけでは決してないですよ。ラリーをやっていたのです。海外で。合法的に。(実はラリーだけではないですが。合法的に。仕事で。海外で。)

それと、私は、普通に公道を走ったらガクガクショックが出てしまう下手なわけでもないですよ。ただ、比べると、普段は普通だけど(ショックも出ませんが)、超急加速時は、なぜか車がピタッと安定する。といった感じでしょうか。
{“水を得た魚”じゃないですが、いつもこういった運転がしたいのですが、公道上ではできません。(してはいけません)}

(前置きはこれ位で)、
急発進など普通のかたはほとんどしないので、慣れてなければ多少ショックが普段以上に出ても仕方ありません。



>最近自分で思うのですが、もしかしたら踵は床から離していた方がやり易いのかなとも思ってきたのですが、もう床に踵を付けたままのスタイルに慣れてしまいました。ですがもし踵は床から離した方が最終的には上手くなるというのであればすぐにでも矯正したいです!

それはもう、かかとは床から離すように矯正したほうが良いに決まっています。




なお、全ての回答は、下記URLに記してありますので、お読み下さい。当方の回答のメインは、下記URLのほうです。(上記Q&Aは、その続きです。)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2849121.html)の ANo.11 と ANo.20 と ANo.19 と ANo.22 をご覧下さい。 ←【最も重要】



通常の(一般の)市販車で、かかとを付けてクラッチペダル操作する3ペダルのマニュアル車はないですね。

改造して強化クラッチを入れても、普通の足の筋肉があれば、問題なくかかとは上げられます。

かかとは床から離して下さい。
 
    • good
    • 0

クルマに乗ったら、まず座席に深く座ってください。



両ひざの間隔が手のひら2枚分くらいになるようにひざをすぼめて座り、クラッチペダルを完全に踏み込んだ状態で左膝が伸びきる寸前になる位置に、座面の前後位置を調整します。

次に、ハンドルの50分の位置を右手で握ったときに肘が伸びきらず、同様に10分の位置を左手で握っても肘が伸びきらない程度に、シートバックの角度を調節します。(けっこう起こし気味です)

はいっ、それがあなたのベストポジションです。

もしクルマの運転がうまくなりたいなら、余計な理屈は考えず、このポジションで完全に慣れるまで運転してみましょう。

↓のことを意識して運転してみてください。
◇膝の間隔は広げない(がに股にならない)
◇ハンドルは近めに(回しても肘が伸びきらないように)
◇各ペダルは正面からまっすぐ踏み込むことを意識する(ななめ踏みでは踏圧の微妙な調整ができません)
◆クラッチペダルの操作時は踵を床から離して!

この基本ができていないと、ヒールアンドトゥもできませんし。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1→2速へのシフトショックが無くせない。

はじめまして。

去年の5月に免許を取り、
ミラの4ナンバー車(10ヶ月運転)→デミオスポルト(1ヶ月弱運転)
と乗り継いできました。共にMT車です。

2→3・3→4・4→5のシフトチェンジの時は大分ショックが和らぐようになりましたが、
1→2速にシフトチェンジの時はどうしてもガクッとなってしまいます。

回転数はだいたい2800~3200ぐらいで1→2にシフトアップしています。
ショックを無くすには、どのような工夫をしたら良いでしょうか?

Aベストアンサー

ゆっくりクラッチを繋ぐことですね。

たしかに、「半クラッチを長くするのはよくない」ということはご存知かと思いますが、

だからといって、ショックが強く出るほどすばやくクラッチを繋ぐということは 間違っています。

よって、早過ぎないように、丁寧にクラッチを繋ぎます。


ところで、軽自動車でしたら、ある意味 上達も早いはずなのですが、10ヶ月プラス、それと、デミオで1ヶ月ですね?

ショックは、どのようなものなのでしょうか?

前にのめるような、ブレーキがかかったようなショックですか?

それとも、急加速するような、背中がドンとなる雰囲気なショックでしょうか?


前にのめるような、ブレーキがかかったようなショックでしたら、アクセルの踏む量が足りないのですね。(繋ぐ時のエンジン回転数が低い)

逆に、急加速するような、背中がドンとなる雰囲気なショックでしたら、アクセルを踏んでいる量が多いのです。(繋ぐ時のエンジン回転数が高過ぎる)


まずは、クラッチの繋ぎかたを多少ゆっくり目に丁寧に行い、

と同時に、アクセルの量も調整するとよいでしょう。

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2047554.html)の ANo.6
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1988100.html)の ANo.9

などが参考になるでしょうか。

2コ目のURLは、力強い加速のしかたの説明でもありますので、逆に、普通に発進~加速したいような場合は、1速で1000~1500回転頃にはすでにクラッチを切って2速にしてしまうような運転方法もありますし、慣れてくればむしろ普通はこんな感じですね。1速の場合のみの話ですね。
(3~5速で1000~1500回転域での運転はしません。するとしても、平地での惰性走行から減速に入るような頃だけ。アクセルは踏まない。)


他にも、いくつかURLがありますので、(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2849121.html)の ANo.19 の中から、気になるのをご覧下さい。かなり参考になるかと思います。


例えば、人が車を後ろから押してくれれば、2速発進が可能ですよね?

または、(同じ話ですが)、若干の下り坂道でしたら、2速発進可ですよね?

つまり、わざわざ1速に入れなくとも、発進しますね?


つまり、2速発進が可能な速度って、だいたい、自転車が普通にリラックスして走っているような速度ではないでしょうか?時速にして、4km/h~8km/h位。

この位の速度が出ていれば、街乗りに必要な普通の加速程度なら、2速発進が良いのです。


つまり、停止状態からの1速発進時も、 4km/h~8km/h位出れば、クラッチを切って2速にして良い訳ですね。


この場合、1速半クラッチ発進のイメージで、2速に繋ぐ時にも若干半クラッチ気味で繋いで良いでしょう。(練習初めの頃)

そしてだんだんと、半クラッチ気味の時間を短めにしていけばよいでしょう。


デミオも、練習にはもってこいの、とても良いお車だと思いますよね。(1500DOHCですと。ちょっと良過ぎる位に良いかな?)
練習にも良し~上手になっても申し分ない良い車。 といったところでしょうか。
練習車として見ても良いお車をお持ちですので、道具は揃っているようですね。

ゆっくりクラッチを繋ぐことですね。

たしかに、「半クラッチを長くするのはよくない」ということはご存知かと思いますが、

だからといって、ショックが強く出るほどすばやくクラッチを繋ぐということは 間違っています。

よって、早過ぎないように、丁寧にクラッチを繋ぎます。


ところで、軽自動車でしたら、ある意味 上達も早いはずなのですが、10ヶ月プラス、それと、デミオで1ヶ月ですね?

ショックは、どのようなものなのでしょうか?

前にのめるような、ブレーキがかかったようなシ...続きを読む

QMT車の半クラ

今、自動車教習を受けています

MT車の半クラについて
質問なのですが

半クラでキープする際
(S字、クランク)

足が貧乏揺すりのように
震えてしまいます


緊張とかではなく
体的に勝手に足がガクガクと
震えるのですが、

これはどうしたら
抑えることができるでしょうか?

クラッチを踏む位置を
足先にしたらカカトを
使う踏み方になってしまい
教習員から
注意を受けてしまいます

かといって、
足の真ん中あたりで踏むと
半クラの微妙な操作が
できないぞ、と…


ぜひ解決策を教えて下さい
お願いします

Aベストアンサー

あくまでも自分アドバイスだけど座席と足のあいだを狭くしてみたらよいかと

それと最後にいったら終わりかもしれないけどどやっぱり慣れかもしれないね

QMT車で、上り坂でジリジリと前進するコツ

RX-7(FD)に乗り始めて4ヶ月ほどの者です。マニュアル車の運転は初めてです。
最初の頃に比べるとシフトチェンジやクラッチ操作も徐々に慣れてきましたが、緩やかな上り坂で、ジリジリと少しずつ前進しないといけないような所での操作が苦手です。例えば、見通しの悪い十字路で、左右から車が来ないか少しずつ前進しながら確認しないといけないときなどです。ミラーがあっても、交差している道がカーブしてるので非常に確認しづらいのです。平地でもジリジリと前進するのは苦手ですが、これが上り坂となるとさらに・・・。何かコツはありますか?やっぱり半クラにしておくのですよね?
もう一つ質問があって、特に半クラを多用したときに、焦げる臭いがします。ロータリーは仕方ないことだと言われましたが、問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

半クラッチです。

半クラッチ使用が必ず正しいのですが、

1つだけ注意点は、「クラッチが熱くなり過ぎるほどにやってはダメ!」です。


イメージとしては、フロントブレーキと全く同じです。走行直後は、触れないほどに熱くなっていますよね。
もし、あの熱さを超えるようでは、フロントブレーキも効かなくなりますし(フェード)、そこまでの長時間のフットブレーキ使用は、間違っています。

クラッチも全く同じなのですが、

逆の言い方をすると、「あの程度(普段のフットブレーキのフロントブレーキ)の時間の連続使用なら、問題が無い。」とも言えます。
(厳密には、クラッチのほうは、密閉された中で起きることですし、クラッチ版自体がブレーキパッドより薄いので、フットブレーキ比でもう少し繊細に考えてやる必要はありますが。)

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3151568.html)の ANo.6



☆【 緩やかな上り坂を、静々と進んでみる方法。】

・アクセルペダルを踏む右足は、必ずかかとを床に付けっぱなしにして下さい。

・クラッチペダルを踏む左足は、必ずかかとは上げたままにして下さい。


クラッチ切って1速に入れて、ハンドブレーキで車を止めたまま右手はハンドブレーキを引いたままの状態(リリースボタンは押したまま)。から始めますね。

1. アクセルペダルを踏んで、アイドリング回転数の 1.5倍程度の回転数にして、右足は固定します。

2. 右足は固定したまま、クラッチペダルを半クラッチに付けたと同時に、ハンドブレーキは解除して、

3. クラッチペダルのみで車速をコントロールします。


この時、エンジン回転数は、アイドリング回転数の1.2~1.4倍程度でキープできていると良いですね。

目安は、平地では1.2倍。 緩い(わずかな)上り坂は、1.3倍~。 急な上り坂になれば、1.4倍は超えて、それこそもっと高い回転数が必要な場合もよく出てきます。


半クラッチは、軽く繋がっている程度で良いと思います。車が下がってしまわないギリギリのところで繋いで、ペダルを0.5ミリ手前に戻せば(繋げば)前進してくれる程度。(坂が急なら、アクセルはもっと踏み込んで、クラッチはもっと繋ぐ必要が出てきます。)


半クラッチは、実は、熱くならないように、5~7秒ごとに、完全に切ってクラッチペダルを床までいっぱいに踏んでやって、冷ましてやる必要があります。

切るのは素早くやります。

この時、もし車が速度ゼロになったら、ハンドブレーキかフットブレーキか、どちらかやり易いほうで止めて下がることを防ぐことは忘れないようにして下さい。

止まる必要が無い場合は、普通は、車速が落ちる前に再び半クラッチで繋いで(弱く薄く繋ぐ)、上記の3.を繰り返しながら進みます。


つまり、冷ますためにクラッチを切る場合も、可能な限り素早く一気に切り、1秒冷まして、再び繋ぐ時も、半クラッチの始まるところの手前までは、一気にクラッチペダルを戻す必要があります。

クラッチペダルの、半クラッチが始まるところの手前の位置は、左足に覚えこませておく必要はあります。

7秒-1秒-7秒-1秒-7秒 では、完全に、冷ます時間が足りな過ぎますので、断続クラッチをする場合は、3~4秒-1秒-3~4秒-1秒-3~4秒-1秒-3~4秒 といった配分にしてやる必要があります。

上記の5~7秒というのは、「その後、クラッチは完全に繋いで発進できるような場合。」や、「坂自体が相当緩やか、しかも、断続は2回程度で済みそう。」な場合のみ。です。



まずは何よりも先に、平地での練習ですね。

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3691782.html)の ANo.9


平地でこれができるようになっていれば、あとは、上り坂での操作は、この延長上の操作でしかありません。発進のときにハンドブレーキを使い、必要な時(止まってしまい 下がってしまいそうな時)にはハンドブレーキで止める。これだけです。


「焦ったら必ずクラッチは完全に切る」 これだけを自分に言い聞かせておけば、急発進で失敗することも無いでしょう。


クラッチは、焼いてしまうほど長々繋いではいけませんが、だからといって、「早く完全に繋いで半クラッチ状態を脱しないと」と不要に焦ってしまう必要は無いです。



ロータリーエンジンゆえに、エンジン回転数の低い時にはエンストしてしまいそうな場合は、
上記より、気持ちエンジン回転数は高めに設定し、クラッチを気持ち弱く薄く繋げば (この場合の繋いでおく時間は、気持ち短めに。)、
スムースにできるかと思います。


 

半クラッチです。

半クラッチ使用が必ず正しいのですが、

1つだけ注意点は、「クラッチが熱くなり過ぎるほどにやってはダメ!」です。


イメージとしては、フロントブレーキと全く同じです。走行直後は、触れないほどに熱くなっていますよね。
もし、あの熱さを超えるようでは、フロントブレーキも効かなくなりますし(フェード)、そこまでの長時間のフットブレーキ使用は、間違っています。

クラッチも全く同じなのですが、

逆の言い方をすると、「あの程度(普段のフットブレーキのフロント...続きを読む

Q半クラッチの位置の探り方

普通車(MT)の半クラッチの位置の探り方を教えてください。

「ブレーキから右足を離してアクセルを少し踏んで
エンジンの回転数を1000~1500くらいにした状態で
踏み切ったクラッチペダルをゆっくりと上げて行き、
車が動き出した位置が『半クラッチ』だ。」
と教官からは言われたのですが、結局半クラの位置が把握できず
まともに運転できないのでAT限定で免許を取得しました。
しかし欲しい車がMTのみの設定なので、限定解除をしようと思っています。

「慣れろ」と言う方も居ますし、実際そうなのかも知れませんが、
教習所では1日に50分の枠を最大でも2枠(2段階では休憩挟み3枠)まで、
日によっては1枠しか乗車できず次回は数日後、ということもありますし、
教習車も時間毎に変わったりで各ペダルの重さや半クラの位置も
教習車に合わせてコロコロ変わってしまいます。


半クラの位置は、クラッチペダルを踏んだりしただけで
「あ、ここ半クラだ」と分かるものなのですか?
そうなら、言葉で言うとどんな感じが伝わってくるのでしょうか。



「半クラを使わないところじゃ問題ないのにね。どうして分からないんだろうね。」
と教官に言われながらATに変更した自分が情けなく、悔しいです。

普通車(MT)の半クラッチの位置の探り方を教えてください。

「ブレーキから右足を離してアクセルを少し踏んで
エンジンの回転数を1000~1500くらいにした状態で
踏み切ったクラッチペダルをゆっくりと上げて行き、
車が動き出した位置が『半クラッチ』だ。」
と教官からは言われたのですが、結局半クラの位置が把握できず
まともに運転できないのでAT限定で免許を取得しました。
しかし欲しい車がMTのみの設定なので、限定解除をしようと思っています。

「慣れろ」と言う方も居ますし、実際そうなのかも知れま...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

教習車は車ごとに違うので、確かに初心者は躊躇するでしょうね。

さて一番大事なのはドライビングのポジション。半クラッチの位置はペダルを踏み切った状態でかかとをフロアに付け、足首を支点にして調整できるシートアレンジが一番やりやすいです。

これが曖昧だとかかとが浮いて足全体を使って半クラする事になって、微調整がとても難しくなります。

半クラの位置を探るにはアイドリング状態で徐々にクラッチを繋げていって、回転が下がり始める位置が半クラが始まる位置です。その位置でのかかとと足首の角度状況を体で覚えるって事ですね。半クラ状態が完了したらかかとを浮かせて完全にクラッチをリリースする感じですかね。

走る前にこれを数回試行すれば普通は体である程度覚えます。大事なのはエンジンが唸っても焦らない事、教官の嫌味は無視する事。そうすればそのうち上達しますって。ガンバ!

Q公道でのMT車の速い発進、それからのシフトアップについての相談です

公道でのMT車の速い発進それからのシフトアップの方法はありますか?
なるべく週に3~4回は車に乗っているのですが(おもに夜です)、信号発進などに後ろのミニバンとかに煽られることがよくあります・・・・

発進の時なんですが、僕は2~3秒ほど滑らせて1600~1700回転位でやっているのですが、これ以上早く、そして低回転で発進するとガクガクしたりエンジンがカラカラ鳴ってしまいます・・・
半クラッチは何秒くらい、回転数はどのくらいがベストでスムーズかつ速いのでしょうか???

また発進してからの1から2のシフトアップなんですが、1速はどれくらい回したほうがベストでしょうか??
そしてシフトアップの際の回転合わせやアクセルやクラッチ操作はどのようにするのがベストで速くてスムーズでしょうか??
あと1→2のシフトアップの時、アクセルは全部戻さずに、クラッチを滑らせながらつなぐというやり方があるのを聞いたのですが、そのような方法は良いのでしょうか??

以上です、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

昔、国内A級ライセンスを持ってたものです。
半クラッチはクラッチの寿命を減らします。
レーシングカーのクラッチは強化クラッチで半クラは絶対にしてはいけないものです。
公道でも半クラッチの多用は何においてもよくありません。
2~3秒はあきらかに長いと思います。1~1.5秒でしょう。
もしかするとその2~3秒の間に駆動力がスムーズに伝わらないのであおられるのかも知れません。

あおられて気にしていても危険なだけです。

スタートは2000回転ぐらいまであげてみてもいいでしょう。これはメーターを見ながらやるというより、感覚で身に着けるものです。視線は基本的には前方です。
シフトアップは一速で4000回転ぐらいで十分でしょう。公道ではタクシーの運転手さんの走りが参考になります。回転メータに視線をあまり置き過ぎないよいうにしましょいう。危険ですので。

トランスミッションとクラッチに負担をかけないために、
シフトアップ時はアクセル全て戻し、半クラ厳禁と覚えてください。

Q車の運転、アクセルの踏み方って、、、。

娘が最近運転免許を取りました。

娘の運転の助手席に乗ったら、
かかとをつけずにアクセルを踏んでいるんです。
びっくりして、
「それじゃ、安定しないでしょ。
 かかとをつけてみて。」
と言ったら、
「ほんとだ、この方が楽だぁ。」
って言うんです。

後日、友人に話したら、
「最近は、自動車学校で、アクセルはかかとを離して踏むように指導してるんだよ。
その方がブレーキペダルに踏み変えやすいから。」
とのこと。
びっくりしてしまいました。

そうなんですか?

Aベストアンサー

元、指導員です。思いがけないご質問に驚きました。

確かに法律で決まっている訳ではありませんし、何らかの(目先の)都合で、そのように指導している教習所があっても不思議ではありませんが、あくまで基本は

「かかとを支点にアクセル」です。

やむを得ない事情で、かかとを浮かすこと(人)も例外的にはあります。
しかし、多少足が小さいとは言っても、通常はかかとを着けてのアクセル操作が十分可能です。
(本ご質問では足のサイズは関係ないようですね)

教習所の設備として、模擬運転装置を有する教習所であれば、実車での教習の前に「模擬運転教習」があり、その中の映像教材でも「かかとを着けてアクセル」との説明が繰り返し出て来ます。

模擬運転装置を有する教習所では、技能教習の1時限目に組み込まれているため、必ず体験することになります。
その時点で、プロ意識のある指導員(←ここが重要)ならば、アクセルを踏む際のかかとの位置や、足のウラのどの部分でアクセルを踏むのかなど、明らかに理解出来ていない場合には、ひとりひとりの足(+体格)に合わせて、実際に靴(足)を掴んで基本フォームを教えます。

ただし、模擬運転装置(高額です)の設置は義務ではないため、各教習所の方針(台所事情)によっては、1時限目から実車という所も少なくありません。

しかし、模擬運転教習の有る無しにかかわらず、本来なら早い段階でアクセルペダルの踏み方を指導員が確認すべき問題です。
(残念ながら、こだわらない指導員が多いのは事実でしょう…)

私の経験では、靴のサイズが20cm程度であれば、問題なくかかとを着けたアクセル操作が十分に可能ですが、上手く操作出来ないとすれば、座席の位置と運転姿勢にも問題があり、足のサイズだけでは片付けられません。

◆アクセルペダルの踏み方 (基本的な参考例)

◇(女性は初めのうち抵抗があるかも知れませんが)
右ヒザをある程度開きます。当然、つま先も右に傾きます。
アクセルペダルの(上下の)真ん中かもっと下を、親指で踏むような意識を持ちましょう。踏むポイントが上すぎると小刻みな調節が難しくなります。
必然的に小指側はペダルの右にはみ出し、斜めにペダルを踏む格好ですがそれでOKです。

◇右足が内股になって、つま先が左に傾き、小指側でアクセルペダルを踏むと操作しにくいと思われます。

その理由は、人体の構造(筋肉や関節)からも、内股で小指側での微妙なアクセルコントロールは、かなり難しい作業になるからです。
とっさの時に、ブレーキペダルに足を移しにくい原因にもなります。
(ただし、極端に内股の方は無理に矯正しない方が良いこともあります)

車外からは見えない訳ですから、女性でもヒザ(股)を開いて運転すると、滑らかなアクセルコントロールと素早いブレーキペダルへの移行が可能です。

※かかとをアクセルペダルの内側に置き、親指で踏むスタイルの方が脚の長さを有効に使えて、ドライビングポジションにほんの少し余裕が生まれます。

疑念を持たれた方は実際に試してみて下さい。

これもまた参考までに。
◆オートマチック車(AT車)のブレーキペダルの踏み方です。

◇速い速度からのブレーキングでは、かかとを着けずにブレーキペダルを踏みます。
(皆さんのおっしゃる通りです)

◇微速(超低速)~低速時、すなわち渋滞中や、狭路、車庫入れなど、止まることを目的としたブレーキングではなく、クリープ現象を抑えゆっくりとした速度作りの場合には、かかとを床に着けてブレーキペダルを踏んで構いません。
その方がコントロールしやすいはずです。
(勿論、かかとを着けなくともOKです)

つまり、使い分けをして良いということですね。

◆ワンポイントアドバイスです。

◇いつもより強めの制動力が必要な場合には、軽くハンドルを押しながらブレーキを踏んで下さい。

上体が安定すると、しっかりブレーキを踏むことができ、いつもより短い距離で止まれます。
(ハンドルが壊れるほど強く押す必要はありません)


ご質問の指導内容が現実に行われているとすれば、誤った教習だと思いますが、No.2さんの回答を拝見すると、残念ながら現実のようですね。

情報源は伏せて、全国指定自動車教習所連合会へ問い合わせてみようと思います。

長々と失礼いたしました。

元、指導員です。思いがけないご質問に驚きました。

確かに法律で決まっている訳ではありませんし、何らかの(目先の)都合で、そのように指導している教習所があっても不思議ではありませんが、あくまで基本は

「かかとを支点にアクセル」です。

やむを得ない事情で、かかとを浮かすこと(人)も例外的にはあります。
しかし、多少足が小さいとは言っても、通常はかかとを着けてのアクセル操作が十分可能です。
(本ご質問では足のサイズは関係ないようですね)

教習所の設備として、模擬運転装置を有す...続きを読む

Q明日は仮免試験…S字、クランクが心配で仕方ないです

毎度お世話になっております。

今、普通AT車の免許をとるために短期で教習所に通っています。
そして早くも、明日は仮免試験です…。

私はS字とクランク(特にS字)が苦手で、昨日も2時間教習を受けた際何回か脱輪してしまい、
また道路をどうしても右寄りに走ってしまう癖があって、昨日も教習で確認の時一人の先生に「後半はなおってきたけど、前半走行位置がめちゃくちゃでしたよ」と言われました;;

なので今日の朝、検定前最後の教習があったときには、昨日の先生のアドバイス通り左側の白線がだいたい車体の真ん中くらいに来るよう左寄りで走り、S字とクランクも今まで習ってきたことをもとに(特に私はハンドルをはやく切りすぎてしまうことが多いので、少し遅めに切るようにしました)やってみました。

そうしたら、S字とクランクどちらも何回かやったのですが初めて一度も脱輪することなく、始めにあらかじめ先生にも「S字とクランクが心配」と言っていたのですが終わりころには「だいぶいいね」と言ってくださり、S字クランクを通る時のスピードなど注意を受けたものの、一発で見極め良好をもらってしまいました・・・。

正直、私の場合先生によってリラックスした気持ちでできるか緊張してしまうかが分かれてしまう、というのもあるのですが・・・^^;

修了検定は、確かとなりに教官はいないのですよね・・・?(無線で指示をうけると聞きました)
今まで練習では、厳しい先生だとしても先生がいてくださったので「脱輪しそうなら指示を出してくれる」と思っている部分があり、それで少し気楽にできた、というのがありました。
しかし明日は隣にいない状態で一人で判断して操作しなければなりません。。

今日は成功したものの、明日脱輪しないか・・・と今から落ち着きません;

クランクで柵にぶつかったら検定中止になる、というのは聞きましたが、脱輪の場合も
中止になるのでしょうか?
また脱輪した場合、そのまま進行方向に進んだほうがいいのかバックしたほうがいいのか、
バックの場合ハンドルは切るのかそのままなのか、、状況による使い分けがまだいまいちわかりません;;
クランクやS字の際、これは気をつけて運転したほうがいい、というのはありますでしょうか・・・?

今私が通っている教習所には、母の友人の知り合いの方が教官をなさっていて
そのつながりで紹介をしてもらって通っています。
実際にその教官に技能を教えてもらったこともありますが気さくな本当にいい先生で、
「一発で合格してほしいから」と私のできていないところの注意、アドバイスを丁寧にしてくださって、なぜできないのか一緒に考えてくださったり、また私が運転の指導をしてもらった他の先生にも私の運転について聞いてくださっていたり、「もうすぐ検定だけど、まだ走り慣れてないみたいだから」と心配してくださっていたようです。
それを知ってとてもうれしく思ったと同時に「一発で絶対合格したい」という気持ちが強くなり、
また今春休みで帰省しておりその中で短期でスケジュールを組んで受けているので
落ちるとこれからの計画がくずれてしまって、この休み中に卒業検定まで
いかないこと、また両親に金銭的な面であまり負担もかけることはできないことなどがあり
とにかく明日のことが心配です。。

何かアドバイスありましたら教えていただけないでしょうか・・・?

長文失礼いたしました。

毎度お世話になっております。

今、普通AT車の免許をとるために短期で教習所に通っています。
そして早くも、明日は仮免試験です…。

私はS字とクランク(特にS字)が苦手で、昨日も2時間教習を受けた際何回か脱輪してしまい、
また道路をどうしても右寄りに走ってしまう癖があって、昨日も教習で確認の時一人の先生に「後半はなおってきたけど、前半走行位置がめちゃくちゃでしたよ」と言われました;;

なので今日の朝、検定前最後の教習があったときには、昨日の先生のアドバイス通り左側の白線がだいたい車...続きを読む

Aベストアンサー

コツと言えるかどうか分からないけど、2点のみ助言を。

1.既回答にもありますが、方向を決めるのは車の前輪です。その前輪はあなたの体の真下ではなく、1m近く前にあります。まして、ボンネットの最先端にあるわけでもありません。

あ、曲がらなければ、と思ってハンドルを切る初心者のハンドル操作は、カーブが始まるかなり手前になる傾向があります。目ではカーブを捕えていても、車は実はまだまだカーブの手前なんですね。

ここでハンドルを切ると、当然脱輪します。体がカーブ開始位置に来たな、ぐらいでも十分曲がれます。感じとしては、ドアミラーがカーブ開始位置に来たあたりが、ナイスタイミング。スピードが遅いから、これで大丈夫!

S字カーブでも最初のカーブと次のカーブの曲がり具合はほとんど同じはずです。最初はゆるいカーブで、次が90度曲がるなんてコースはないですよ。同じタイミングでいいんです。

で、まず一つ目のコツ。前輪がカーブに対してどの位置にあるかをイメージしましょう。でも、これって教習中に指導員から教わりませんでしたか? あしたの仮免前に練習は出来ないでしょうから、夜にイメージトレーニングするしかないですねえ。

ハンドルは手を緩めると元の位置に戻ろうとします。当然車のカーブ具合もゆるくなり、そのままにすると直進します。そして次のカーブ開始がドアミラー付近まで来たら、同じようにゆっくりと曲がっていく。どうせスピードは20-25km程度過ぎません。

2.脱輪した時点で試験はおしまいの筈です。「再試験ね」と冷たく言われて・・・。

そこで第二のコツ。脱輪しそうになったら、まず止める。Rにギアを入れて、ハンドルはそのまま。ブレーキを緩めて絶対に切り返さずにバックして元の位置まで戻る。ここであわててハンドルを切ると今度は後輪が脱輪する可能性が大きくなります。

もとの位置まで戻ったらやり直してカーブを回る。

さあ、頑張って! 憧れの運転免許はすぐそこにある!

コツと言えるかどうか分からないけど、2点のみ助言を。

1.既回答にもありますが、方向を決めるのは車の前輪です。その前輪はあなたの体の真下ではなく、1m近く前にあります。まして、ボンネットの最先端にあるわけでもありません。

あ、曲がらなければ、と思ってハンドルを切る初心者のハンドル操作は、カーブが始まるかなり手前になる傾向があります。目ではカーブを捕えていても、車は実はまだまだカーブの手前なんですね。

ここでハンドルを切ると、当然脱輪します。体がカーブ開始位置に来たな、ぐらいで...続きを読む

QMT車のブリッピングについて質問です!

MT普通自動車のブリッピングについての質問です。


1.ブリッピングとはシフトチェンジの際にクラッチを踏んでからアクセルをふかすという認識でよろしいでしょうか?



2.また、どのようなシチュエーションでなんのために使うのでしょうか。


3.ブリッピングのコツやアクセルのふかし加減など、アドバイスがあればよろしくお願いします!!

4.教習生や運転初心者には高度過ぎてやらないほうがいいですか?



ご意見待ってます!!!!

Aベストアンサー

そうですねぇ、ブリッピングと言う言葉自体を忘れた方がいいと思います。

サーキットなど全開、フルブレーキを繰り返す場合はブリッピングしないと危険な状態になりますけど。
今、日本で発売しているMT車はおそらく誤操作防止のためと思いますがヒールアンドトゥがしづらいペダル配置にしてあります。
輸入スポーツカーにはやりやすい様に配置してあるのも一部ありますが。

公道を走る分には何もしないでギアチェンジして大丈夫です。

Q卒業検定に落ちた人!

卒業検定に落ちた人!
(ペーパー試験じゃなくて、実技の方)

どの理由で落ちたか教えてください。
あと10日程で、卒業検定です。
参考にさせてください。

Aベストアンサー

一般的なことは,皆様が書かれている通りです
自分は一発合格でしたが
私の卒業した学校であった,変わったエピソードがあります
参考まで

交差点手前でで一台のトラックが止まっていたのですが
検定車5台の内,先頭の運転手が信号待ちと判断
トラックの後ろに停止,残り4台も同様に停止しました
ところが,トラックは信号待ちではなく
交差点近くの電話ボックスで電話する為に停車していただけだった
検定者は誰も気付かず教官に指摘された
ところが,車間距離が近すぎて,免許所持者なら切り返しで
抜けられるところ,未熟なため列から抜け出せず
全員が100点原点で不合格になった(実話ですよ)

ポイントは状況判断ミスと走行不能による検定中断になったため
一般的なことは皆様書かれているようなことで
おそらく,質問者様もある程度予測できていることも
あると思います
上のような,予測不可能な事態に巻き込まれたとき
如何に判断して抜け出せるかだと思います

運とか,こういう場面に出くわす確立とか
ありますが,平常,冷静を保つことが大事です!!

一般的なことは,皆様が書かれている通りです
自分は一発合格でしたが
私の卒業した学校であった,変わったエピソードがあります
参考まで

交差点手前でで一台のトラックが止まっていたのですが
検定車5台の内,先頭の運転手が信号待ちと判断
トラックの後ろに停止,残り4台も同様に停止しました
ところが,トラックは信号待ちではなく
交差点近くの電話ボックスで電話する為に停車していただけだった
検定者は誰も気付かず教官に指摘された
ところが,車間距離が近すぎて,免許所持者なら切り返し...続きを読む

Q2・3・4速で変速ショックを無くすために(半クラッチ?)クラッチを痛めますか?

こんにちは
今度レンタカーで久しぶりにMT車に乗ります。

タイトルの通りなのですが、クラッチは一気に繋ぐのが良いらしいと言うのは聞いたことがあります。っが、2・3速あたりで繋ぐと隣に乗っている人が前後に揺れてしまうので、ほとんど無意識のうちに半クラッチ(というより1速→2速の半クラッチとは違い、2速→3速のときに急に0から100繋ぐのではなく0~100まで0.5秒くらいで繋ぐ感じです。その時アクセルも連動してじんわりと)をしてしまいます。

さすがに高速道路など高速域ではショックも少ないので、一気に繋ぎますが、低速域の加速中にこういうクラッチの繋ぎ方をするのはダメでしょうか


個人的に、極端なクラッチの磨耗がなければ、何年かごとに交換すればいいかと思っています。
心配なのは、急に繋がらなくなったり、発熱などの問題がおこらないか?と言うことです。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

もちろんクラッチはなるべく滑らせない方が減りは少ないです。
但し、良く「スパッと繋ぐ」とは書かれているが、勘違いしているヤツのに乗ると「ガツン」と来て甚だ乗り心地悪し。
物理的に一番負担が掛かっているのは停止-1速、次に1-2速であるから、
バランスから言ってここを0.3secぐらいで繋げばBestだと思っています。
それ以上はそんなに気にしなくてもショック無しで変速できるはず。
コツはクラッチを切る1秒ぐらい前に(同乗者に気付かれない程度に)アクセルを抜いてやるコト。
下のギヤのバックラッシュだけでカウンターギヤも抜けるし、エンジンrpmが下がったところに上のギヤ突っ込むから変速ショックは皆無。(但し、車によってrevの下がり方とギヤ比は違うので慣れは必要です。)
ちょんってきるだけで変速できるから基本的に切っている時間も最短、更にショックがないってことはクラッチの負担が無いって事。慣れた車だとクラッチ切らずにシフトアップ/ダウンができるはずです。(←一番クラッチは減らない ^^)
競技で加速し続ける必要がある時には当てはまらないけど、質問者様はそうでないと思いますから。
シフトアップで変速ショックが無い運転は上手だと感じます。
あと、よっぽど半クラ使う人でも滅多にクラッチのすべりは発生しないので、質問者様の意識レベルでレンタカーならば全く問題なしのはずです。クラッチ磨耗は前兆がありますから、急に繋がらなくなる事はありません。
敬語、言い切り表現混在で失礼しました。仕事中なもので -_-;

もちろんクラッチはなるべく滑らせない方が減りは少ないです。
但し、良く「スパッと繋ぐ」とは書かれているが、勘違いしているヤツのに乗ると「ガツン」と来て甚だ乗り心地悪し。
物理的に一番負担が掛かっているのは停止-1速、次に1-2速であるから、
バランスから言ってここを0.3secぐらいで繋げばBestだと思っています。
それ以上はそんなに気にしなくてもショック無しで変速できるはず。
コツはクラッチを切る1秒ぐらい前に(同乗者に気付かれない程度に)アクセルを抜いてやるコト。
下のギヤのバ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング