ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

道路に埋設されている水道管やガス管に対して、
通行する車両が及ぼす影響を検討する方法そして
何か計算する方法とかあるのでしょうか?
参考になる計算式もしくは参考HPがあれば
教えていただきたいと思います。

※『この道路の設計なら、この車は通行しても埋設管路は
  大丈夫だよ!』みたいな感じで回答が出来る程度で良いんですが。

ちなみに
※道路・・・・・『私道』
 管路・・・・・『水道』『ガス』150mm
 深さ・・・・・アスファルト(20cm)土(65cm)

です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。



2年前位にマンションの敷地変更に伴い諸々調べた記憶はあれど数値は完全に忘れてしまいました。(私は設備専門ではない建築士です)
大都市圏では地下埋設物協議会(電力会社・道路管理者・上下水道管理者・ガス会社・通信会社等が加入)が有り、此の協議会で一応の基準を定めているそうです。(地下埋設物協議会はHPは見つけられませんでした)

結局ご参考に一般的と思われる数値の載ったサイトを下記します、悪しからず。
この基準をクリアーしていれば私道でしたら問題ないと思います。
ちなみに先のマンションの件では計算式は使わずあくまで基準に乗っ取って埋設深を決めました。
市の所轄と共に工事した物件ですので間違い無いと思いますが。

http://assouken.gr.jp/sekkei_04.html(下水道)
http://www.iwatani-igs.co.jp/horitsu/pdf/heisei1 …(ガス管)
http://www.city.sapporo.jp/suido/c03/c03third/pd …(公共工事ですが水道16ページ)
http://www.furukawa.co.jp/tukuru/pdf/kanro/kanro …(電線管)

あくまでもご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
早速教えていただいた、HP参考にさせて頂きます。
私も、『基準』の線で更に調べてみようと思います。

お礼日時:2007/07/31 17:07

 管渠の構造計算は、適用管種や呼び径、基礎形式、土質などによって条件が異なります。

又、埋設管路により適用公式も違います。
 ただし、一般的には60cm以上の土被りがあれば大抵の管路は問題ないです。もちろん構造計算により確認する必要はありますが。(「電線、水道管、ガス管又は下水道管を道路の地下に設ける場合における埋設の深さ等に関する許可基準(浅層埋設基準)」より)
 通常、通行車両の荷重はT-25で設計します。これは道路土工も下水道管路も同じです。
 実際の計算は専用のアプリケーションソフトを使用します。個人で購入するのは、書籍よりも高価です。

http://www.civil.jp/product/kanver2.html
http://www.neocellco.co.jp/mexcel/might045.html
http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se37 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
なるほど、やっぱり専門知識を使用するのは高価なものですね。

お礼日時:2007/08/01 08:23

深さというのは、管のてっぺんの部分を指しているのでしょうか?


(通常そこまでの距離を土被りといいます)
それであれば、アスファルト厚(20cm)+土砂厚(65cm)=土被り85cmとなり、一概に言い切れませんが、乗用車(2t程度)の通行ならば多分大丈夫かとは思います(責任の無い範疇で)。

実際は土質条件、掘削条件、管渠の種類(鋼管、塩ビ管、鋳鉄管等様々あります)、通行する車両の重量によって計算方法が変わるので計算してみないと本当に大丈夫、かどうかまでは言い切れません。
埋設する管渠のメーカーに条件を伝えれば構造計算を行ってもらえると思います。

その他、管理する企業体で埋設基準等あるかと思いますので十分確認してください。

図書をお探しならば
道路土工カルバート工指針
下水道施設計画・設計指針と解説
土地改良事業計画設計基準 パイプライン
等が参考になりますが、個人が購入するにはかなりお高いです。

ちょっとだけ参考になるのが宮城県のHPにマニュアルが掲載されています。
下記URLの 3.排水工 に少し載っています。
http://www.pref.miyagi.jp/jigyokanri/sekkeimanyu …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
やはり自分で計算するのは難しそうですね。
No.1様にご返事させて頂いたように、
今回は『基準』の線でも少し調べてみようと思います。
ただ、今後のために計算式についても時間をかけて
調べてみようと思います。

お礼日時:2007/07/31 17:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重量物の下に埋設された排水用塩ビ管について

現在、木造2階建ての住居を新築工事中です。

 今は基礎工事と屋外給排水工事が終わり大工さんが木工事をして
いる最中なんですが休みの日に工事現場を見に行った際、何気にエ
コキュートのタンクを据え付ける予定の場所を見渡すとベタ基礎のベ
ース部から横に出た差し筋3本が何故か根もとあたりから上に折り
曲げられていました。

 すぐ工事担当者へ確認をしてみると給排水の工事業者が排水の
配管を図面どおりに埋設するためそこにあった差し筋が邪魔なので折
り曲げて排水用配管を埋設したとの事でした。

 邪魔だからといって差し筋を折り曲げられた事についても驚きましたが、
何より重量物の下に配管を埋設するというのが私的には長期的に見て
配管が沈んだり割れたりしないかどうかが不安です。

 まだエコキュートのタンク用の基礎工事は行っていないのですが、今の
うちに基礎を迂回するように配管ルートを変更してもらった方がいいので
しょうか。

 あとこの折り曲げられた差し筋はそのまま曲げ戻して基礎を打つと言って
いましたが、それで問題は無いのでしょうか。

 エコキュート(370L用)のタンクですが満水時の重量は約450kgでその基礎
の約10~20cm下に塩ビ管(VP管 75Aくらい)が基礎の中央あたりを横断す
るように埋設されています。

 地盤は良好でベタ基礎も地盤改良等はなしで行っております。

 確かに工事前に頂いていた図面を見ると図面どおりのルートとなっていまし
たが何分素人の私では、そこまで気がまわらず実際の現場を見て初めて気
が付きなぜ図面をもらった段階で気が付かなかったのかと後悔しています。

 今となっては後の祭りなんですが、この先どうするべきか良きアドバイスを
どうぞよろしくお願いいたします。

現在、木造2階建ての住居を新築工事中です。

 今は基礎工事と屋外給排水工事が終わり大工さんが木工事をして
いる最中なんですが休みの日に工事現場を見に行った際、何気にエ
コキュートのタンクを据え付ける予定の場所を見渡すとベタ基礎のベ
ース部から横に出た差し筋3本が何故か根もとあたりから上に折り
曲げられていました。

 すぐ工事担当者へ確認をしてみると給排水の工事業者が排水の
配管を図面どおりに埋設するためそこにあった差し筋が邪魔なので折
り曲げて排水用配管を埋設したとの事でした。
...続きを読む

Aベストアンサー

エコキュートは基本的に配管接続部分が下にあるので給排水管を基礎より立ち上げます。
深さ・コンクリート配合等によっても変わると思いますが、VP管なら大丈夫でしょう。(VU管は薄いので・・)


現場図面がないのでなんとも言えませんが、出来るだけ外れたところを通るのがベターですが、配管の勾配・マスの位置・設置場所の関係上どうしてもやむを得ない場合があるでしょう。
そんなときは必ずその重量に対しての設計になってるはずです。配管図とは違っていて重量物の下を通っているとかであれば設計外なので耐久性とか心配しても良いかと思います。

(エコの)基礎の中に入れないで基礎外部に立ち上げてしまってはカバー等取り付け出来なくなり外観も悪くなります。
機能重視。外観気にしないのであればそのように変更してもらっても良いかと思います。

Q屋外給水配管の埋設深さについて

 現在、新築にて木造2階建ての住居を建設中で引き渡し間近の状態です。

 場所は広島県(南部)なんですがこの地域が比較的寒いところで最近の大寒波の影響を
もろにくらって敷地内に埋設されている屋外の給水配管(塩ビHI管 20A)が凍結してあちこち
で漏水してしまいました。

 すぐにハウスメーカーに連絡し業者に配管まわりを掘ってもらうと地面から10cmほど
埋まっている水道の取引メーターと同じ深さで全ての給水配管が水平に敷設されていました。 

 業者は漏水している箇所だけ交換して埋め戻そうとしていますが、私的には
また寒波が来れば同じ事の繰り返しになり、毎年冬が来るたびに不安になるので引き渡しまでには
しっかりと凍結しない深さまで埋設してほしいと思っているのですがいったい何センチ程度埋めれば
大丈夫なんでしょうか?

 また、そういった規則みたいなのが各地域で定められているのでしたらインターネットで
探し出して印刷したやつをハウスメーカーに見せて規則どおり再配管し直してもらうよう強く言える
のですが、どのキーワードで検索すればいいのか分からないので誰か教えてください。

 早くしないと、業者がしびれを切らしてそのまま埋めてしまいそうです。

 すみませんが誰か詳しい方がいれば教えて下さい。
 

 

 現在、新築にて木造2階建ての住居を建設中で引き渡し間近の状態です。

 場所は広島県(南部)なんですがこの地域が比較的寒いところで最近の大寒波の影響を
もろにくらって敷地内に埋設されている屋外の給水配管(塩ビHI管 20A)が凍結してあちこち
で漏水してしまいました。

 すぐにハウスメーカーに連絡し業者に配管まわりを掘ってもらうと地面から10cmほど
埋まっている水道の取引メーターと同じ深さで全ての給水配管が水平に敷設されていました。 

 業者は漏水している箇所だけ交換して埋め戻そうと...続きを読む

Aベストアンサー

 水道については水道法という法律がありますが、どんな種類の管を使ったり、何センチ埋めたりとかの決まりごとは、各自治体(水道事業者)が定めています。水道施工規則とか水道施工指針とか言った物です。
 水道事業者については、市町村であったり、県であったり、組合であったりするので、自分の居住する所の水道事業者は誰なのか確認するのが第一となります。
 ちなみに広島県南部ですと、各市町村の水道課か広島県の県営水道に問い合わせる事になるかと思います。
 
 一般に水道管の埋設深度は、凍結を避ける為、その土地の「凍結深度」以上となります。。私の居住する地域では周辺市町村で浅い所(市)で30cm。山間部の町村等では1m20cmなんて所もあります。まずは確認ですね。それより浅い場合は水道事業者の定める規則に違反していますので、事業者と話しをして対応するのが良いでしょう(工事店は事業者から工事許可をもらっているので違反すると罰せられます)。

Q電気工事の埋設配管深さについて

電気設備工事の地中埋設配管深さが分かりません。
国交省の電気設備工事共通仕様書を見ているのですが、管路式の場合の地中埋設深さ(土かぶり)がはっきりと数字的に明記されておらず、困っています。
役所の担当者があまり詳しくない人なので、やたらと根拠を求めてくるので、何か明確な資料などがないでしょうか。お願いします。
ちなみに現場は県道脇の歩道です。使用配管はFEP30を予定しています。

Aベストアンサー

県道の歩道(歩道も県道の一部です)ということになれば、道路法に基づき、道路占用許可を受けなければならない物件となると思われます。
道路占用の基準からみた場合、地下電線の土被りは、道路法施行令第11条に規定があります。

(電柱、電線又は公衆電話所の占用の場所)
第十一条  電柱、電線又は公衆電話所の占用については、前条第二項又は第三項の規定によるほか、次の各号に掲げるところによらなければならない。
一~五 (略)
六  地下電線を埋設する場合(道路を横断して埋設する場合を除く。)においては、車道(歩道を有しない道路にあつては、路面幅員の三分の二に相当する路面の中央部。以下この条及び次条において同じ。)以外の部分の地下に埋設すること。ただし、その本線については、車道以外の部分に適当な場所がなく、かつ、公益上やむを得ない事情があると認められるときは、この限りでない。
七  地下電線の頂部と路面との距離は、車道の地下にあつては〇・八メートル以下、歩道(歩道を有しない道路にあつては、路面幅員の三分の二に相当する路面の中央部以外の部分。次条及び第十二条において同じ。)の地下にあつては〇・六メートル以下としないこと。ただし、保安上支障がなく、かつ、道路に関する工事の実施上支障がない場合は、この限りでない。

ただし、平成11年に旧建設省が通達を出しており、この中で地下電線等の管路の土被りは0.5メートルとされていたと思います。(手元に通達がないのでちょっと曖昧ですが)
各道路管理者(県道の場合は都道府県)がこれに基づいて、保安上支障がない場合の許可(審査)基準等を定めている場合は、こちらの数値となると思いますので、その県道を管理する道路管理の部局に確認された方がよいと思います。
通達そのものは、道路占用通達集等を御覧になさって下さい。

通達名「電線,水管,ガス管又は下水道管を道路の地下に設ける場合における埋設の深さ等について」(平成 11 年3月31日付建設省道政発第32号・道国発第5号建設省道路局路政課長・国道課長通達)

県道の歩道(歩道も県道の一部です)ということになれば、道路法に基づき、道路占用許可を受けなければならない物件となると思われます。
道路占用の基準からみた場合、地下電線の土被りは、道路法施行令第11条に規定があります。

(電柱、電線又は公衆電話所の占用の場所)
第十一条  電柱、電線又は公衆電話所の占用については、前条第二項又は第三項の規定によるほか、次の各号に掲げるところによらなければならない。
一~五 (略)
六  地下電線を埋設する場合(道路を横断して埋設する場合を...続きを読む

Q塩ビ管をコンクリート巻きにした場合に熱で溶ける?

VPやVU管をコンクリート巻き(360°)にした場合、コンクリートの水和反応による熱で塩ビ管は溶けたりするなどの支障はでないのでしょうか?

参考になるURLや、ご教授していただければうれしいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

コンクリートの水和反応による発熱は小さくてほとんど温度は上がりません。

塩ビ管が解けるためには数百度の温度が必要です。

VU,VPの排水管をコンクリートに巻き込んで使うことは多いです。
全く支障はありません。

Q電線管の土被り

下水道部発注の電気工事の現場代理人をしています。

以前は、構内(公道ではない)において、エフレックス
(FEP)保護でケーブルを埋設する場合には、直接埋設の
土被り(通常:0.6m、重量がかかる場所1.2m)と同じ
土被りで設計されていました。

ところが今年度から発注者側の担当者が変わり、「電線管
保護だから直接埋設より浅い土被りでよい」と言い、
通常30cm、重量がかかる場所では0.6mとの設計をして
きました。

確かに一般的には問題ないように思いますが、以前の
担当者との会話で「下水道の設計資料?には電線管でも
直接埋設と同等の土被りとするよう定められている」と
話をしていたことを記憶しています。(どこに書いてる
かまでは忘れました)

まぁ設計図面通り施工すれば問題ないとは思いますが、
ちょっと以前の担当者が言っていたことが気になります。

そこで質問ですが、下水道工事独自の基準で電線管保護
の場合の土被りについて、何か基準があれば教えてくだ
さい。
(資料名等がわかれば、教えていただける範囲で結構
ですのでおしえてください)

下水道部発注の電気工事の現場代理人をしています。

以前は、構内(公道ではない)において、エフレックス
(FEP)保護でケーブルを埋設する場合には、直接埋設の
土被り(通常:0.6m、重量がかかる場所1.2m)と同じ
土被りで設計されていました。

ところが今年度から発注者側の担当者が変わり、「電線管
保護だから直接埋設より浅い土被りでよい」と言い、
通常30cm、重量がかかる場所では0.6mとの設計をして
きました。

確かに一般的には問題ないように思いますが、以前の
担当者との会話で「下...続きを読む

Aベストアンサー

大都市圏では地下埋設物協議会(電力会社・道路管理者・上下水道管理者・ガス会社・通信会社等が加入)が有り、此の協議会で一応の基準を定めています。
小生地中送電線路の現場立会(電力会社の施工管理)をしていた基準は先の方が記載の0.6mと1.2mです。
>構内(公道ではない)で有ろうと無かろうと其の場所(構内道路)が公道並みに通行しているかどうかです、ちなみに工場の構内道路(地中送電線路埋設)は国道と同規格で埋設しています。

下水道・上水道独自(対電線路)の基準は無いでしょう、電力設備設置者の求める値でしょう。

鋼管・FRP管は0.6m(直埋/1.2m埋設が困難な場合)
その他の管は1,2m(但し、堅牢な鉄筋コンクリートで保護した場合は0.6mだった筈です。

Qコンクリートの単位容積重量はいくらぐらい?

一般的なコンクリート塊の単位容積重量はおよそどれぐらいですか。
できたら、Kg/立方mで教えてください。

Aベストアンサー

コンクリートの単位容積重量(正式には単位容積質量)はコンクリート中の
砂、砂利、の質量とコンクリートの乾燥具合によって変わってきます。

現在日本で使われてるセメント、砂、砂利の比重から考えて2300~2400Kg/立方m
と考えて良いでしょう。

特殊な用途があれば軽いコンクリート、重いコンクリートも作ることが出来ます。
元生コンクリート技術に従事していました。

Q埋設上水道管からの離隔距離は?法的根拠は?

埋設工事において、付近に上水道管があります。
この場合、左右側、及び上下側に対し、どれだけ離さないといけないのか、それぞれの離隔距離を教えて下さい。
これは水道管の太さに左右されるものなのでしょうか?
そして、これは水道法?の何条によるものなのか、法的根拠も教えて下さい。

Aベストアンサー

管轄の水道局に行ってお聞き下さい。
細かな規定は法律ではなく水道局で指定しています。

Qコンクリートの養生期間について

早速質問させて頂きます。
コンクリートの養生は季節によって期間が違ってくるのでしょうか?
私は12月から家の方が着工しております。
基礎のコンクリートはこの時期、どれ位養生期間が必要ですか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

これについては種々実験されて、色々な基準も決まって
居るんですが、一般的に、良心的な施行者なら一週間
程度取るでしょう。(特に、今のような寒い時期は
尚更)

なお、この種の施行を行う者のバイブル(のような)存
在として、土木学会コンクリ-ト標準示方書というのが
あるのですが、その中では、普通ポルトランドセメント
(要は普通のコンクリ)で5日、早強セメントで3日と
なっておった筈です。
(筈...と云いますのは、今手元にそいつが無いからで
 すが、先に書いた"一週間"は、施行屋の良心として
 安全率を見込み、かつ、出来る限り工期を短縮して
 お客様の経済的負担を減らすという、二つの観点の
 中庸を取ると、大体この位になるでしょう。)


蛇足ですが、養生について少し。
養生ってのは、単なる放置じゃないんです。
もし、単に放置しているだけなら(極論すれば)いくら
放置していても駄目です。

【コンクリートの強度(実験結果より)】
 は打設(コンクリートを打ことです。)後1年の物の
 強度を100%としますと、約1ヶ月で80%、約3ヶ月で
 90%の強度が出ます。パーセントの強度が出ます。
 (それ以後も徐々に強度は上がります。 また、1年
  経過後も徐々に強度は上がります。)
 しかしそれも、その期間中に正しい環境条件としてい
 た場合。 コンクリは、85%以上の相対湿度で硬化が
 始まり、乾燥に伴う収縮も小さくなります。
 ですが、もし打設後直ぐの強度が十分に出ていない
 時期に、湿度が低すぎる状態にさらしていると、急激
 な収縮が発生して、コンクリの割れ・ヒビ(=基礎強
 度低下)が起きます。
 

そこで、養生期間中の注意点を少々。

【正しい養生(簡単に....)】
1.湿潤養生をする。(急激に乾燥させない)
 打設後、例えば乾燥しないように散水をする、表面から
 急激に水分が蒸発することを防ぐために、養生シート
 をかぶせる等。
 (高価な施行では、シートの代わりに"膜養生剤"と
  いうものを塗布する方法もありますが....)
2.温度保持
 養生中は、コンクリート温度を5度以上に保つように
 します。(保温・防湿シートによる養生等)
 もし日平均気温が4度以下になるようなら、凍害と
 いって、コンクリートの凍結(厳密にはコンクリ中
 の水分の凍結)が発生し、基礎強度低下の原因と
 なりますから、寒中コンクリートという施行方法
 (凍結しない、しにくいコンクリを用いる方法)
 を採ったり、気候を見てやったりします。


まとめますと、養生ってのは期間を取れば良いという
訳でなく、有る程度の強度が出てくる期間、すなわち
施工屋の基準なら一週間程度は、十分な養生をしてやる
事が肝心です。
ちなみに、季節によっても(コンクリ温度によっても)
若干変わりますが、冬だから劇的に短くなるって事は
ありません。

 ※私も専門はエネルギ・環境系で、この部門では
  2年ほどしか飯を食っていませんから、もし
  念を入れられるなら、町の設計士事務所等で
  依頼して、施工中の視察やアドバイス等を
  受けられることをお勧めします。

これについては種々実験されて、色々な基準も決まって
居るんですが、一般的に、良心的な施行者なら一週間
程度取るでしょう。(特に、今のような寒い時期は
尚更)

なお、この種の施行を行う者のバイブル(のような)存
在として、土木学会コンクリ-ト標準示方書というのが
あるのですが、その中では、普通ポルトランドセメント
(要は普通のコンクリ)で5日、早強セメントで3日と
なっておった筈です。
(筈...と云いますのは、今手元にそいつが無いからで
 すが、先に書いた"一週間"は、施行屋...続きを読む

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

QHI、HT、TS、DV継手 これって何の略か分かりますか?

配管・継手の種類でHI、HT、TS、DVといのがあるのですが、このアルファベット2文字はそれぞれ何の略か教えて下さい。また、それぞれの用途も合わせて御教授お願いします。

Aベストアンサー

HI  耐衝撃性塩化ビニール管、継ぎ手、 普通の塩ビ管は、衝撃を受けると割れますが、HI管は粘りがあるので割れにくい。 黒っぽい色に着色してあります。 給水配管用として現在主流。

HT  耐熱塩化ビニール管、継ぎ手、 普通の塩ビ管は熱に弱く、フニャフニャになりますが、HTは熱に強いので給湯管に使います、でも最近はあまり使いません、 材質的にもろく、後日ひび割れ、漏水等が起きやすいので、 耐熱と言っても80℃位のお湯で使うと管の内部は、劣化し、ざらついて来ます、つまり、塩ビ樹脂、可塑剤、その他モロモロの添加剤が、お湯に溶け出していると言うことです。 
60℃位なら内面の劣化はほとんどありません。
色は濃い茶色に着色されています。

最近は給湯管には、架橋ポリエチレン管、ポリブデン管等が多く使われているようです。

TS  普通の塩化ビニール管、継ぎ手、 昭和三十年代の終わり頃から、使われ出した物で、化学的に安定で水質、埋設土壌の影響をほとんど受けないので寿命は半永久的、初期に埋設された物を掘り出して調べて見ても内面は平滑で、浸食された形跡は、ほとんどありません。
色は灰色に着色されています。給水配管用。

DV継ぎ手  塩ビ排水管用の継ぎ手です、普通灰色ですが、最近は透明な製品もあります、

いずれの製品も日光には弱く、有機溶剤、防腐剤のクレオソートには、特に弱いので注意が必要です。

以上、簡単な回答ですみません。
 

HI  耐衝撃性塩化ビニール管、継ぎ手、 普通の塩ビ管は、衝撃を受けると割れますが、HI管は粘りがあるので割れにくい。 黒っぽい色に着色してあります。 給水配管用として現在主流。

HT  耐熱塩化ビニール管、継ぎ手、 普通の塩ビ管は熱に弱く、フニャフニャになりますが、HTは熱に強いので給湯管に使います、でも最近はあまり使いません、 材質的にもろく、後日ひび割れ、漏水等が起きやすいので、 耐熱と言っても80℃位のお湯で使うと管の内部は、劣化し、ざらついて来ます、つまり、塩ビ樹脂、可塑...続きを読む


人気Q&Aランキング