性善説と性悪説というのがありますが、孟子とじゅんしの後この対立的な2説に関する研究をした人物はいるのでしょうか?
またどちらが正しいといった結論はでたのでしょうか?
哲学は高校倫理の教科書レベルなら分かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 私は、性善説及び性悪説というものを教育・指導の方針としてその場その場で使い分けています。



 まず、性善説というのは「人は本来、善性をもって生まれている」という観点から、
その育つ方向性・志向性に任せて才能や意欲を望むまま伸ばすように陰助するものです。
ですから、創作活動に注力する人間をサポートすると言った「目標が決められていない」とか、
失敗を含め、その人間に目一杯羽を伸ばさせて仕事に取り組ませる場合、
おのずと周囲の人間は性善説に立つのでしょう。

 他方、性悪説というのは「人は本来、怠慢さを備えて生まれている」という観点から、
物事を完遂できるよう積極的に監視・指導するというものです。
ですから、組織として指示した事、将来のためと課した課題を与えた場合、
その人間が失敗・挫折するケースを想定においてバックアップが出来る体制を整える事になります。

 上記の通り、私は人の習性ではなく、指導者側の考え方という面から
この「性善説」「性悪説」というものを捉えています。
実際に会社で部下を持った場合、希望的観測だけで仕事を任せるわけには行きません。
仕事を任せた部下がどのような失敗をしでかすかわからない。
その「どのような失敗」が発生しても即座に次の手を打てる。
そしてアクシデントを修正できるように心懸けるのが性悪説です。
 他方、もちろん部下が失敗しないよう露骨に目をぎらぎらと光らせていたのでは
肝心の部下が縮こまってしまい、思うように能力を発揮できません。
そんな訳で表面上は、

「よし、お前に任せた。大抵のミスは気にしなくても良いから思うとおりにやってみろ」

と、性善説の面を見せ、部下の可能性を最大限に引き出してやるのです。

 要は、どちらか片一方ではバランスが悪いので、
両方の意識を忘れないという事が肝要なのではないでしょうか。
    • good
    • 0

どっちにしても人間を画一化した思想で大嫌いです。

結論なんて出すほどの問題ではないと思います。それぞれの主張や考え方程度のものですので同感できるほうを選べば良いと思います。そんな思想広めるより「善」とは何か、「悪」とは何かを後世にわかりやすく説いたものがあるならば、そちらを広めることのほうが役立つと思います。現代は善悪の区別が出来にくくなってますので。
    • good
    • 0

性善説にも性悪説にも共通項があります。


それはそれらがどちらも「説」であるということです。
「説」とは人の「意見」であって必ずしも「考え」ではない。
従来の性善、性悪の説明をみるかぎり、その論者の「考え」といったものではなくその論者の「人生観」といった方が分かり易いでしょう。
色々な方が色々な見方、つまりは方便をおっしゃるかと思いますが、
どちらが正しいのかも最終的にあなたの「人生観」によってしまうことは明白だと思います。
考えによって「識る」ことを望まれるならば「善悪」の定義を自ら規定し提出されるとよりまとまった思索が出来ると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
おっしゃる通りです。
たしかに難しい主張も時代やその人の人生観が影響しているように私も感じていました。

お礼日時:2001/04/02 18:24

性善説、性悪説は主に教育や環境をどのように考えるかを明らかにしようとしたものです。

現在分かっていることは、成長の過程で、ある刺激(環境)があったか無かったかによって人格形成や各種能力に大きな違いが生じると言われています。人間の性格、行動について今まで多くの考えがありましたが、科学的に解明できる方向にあるのです。
遺伝子と脳の研究が、人間の行動や性格がどのように決定されるかはっきりとさせるでしょう。
この研究が進めば、人格を自由にコントロールして作り出すことができ、性悪説、性善説という分類ははくなります。
人間は悪人にも善人にもなる可能性があることになったり、遺伝子の段階で、善人になる、悪人になると結論つけられることになったりします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

デザインドチャイルドですね。
たしかにその時代には哲学の在り方そのものが問われるかも知れないですね。

お礼日時:2001/02/01 15:26

う゛ーん、気になりますね。


でも残念ながら、答は出ません。これは科学や哲学が進歩していったとしても、絶対に出るはずのものではありません。
「大陸移動説(でしたっけ?)は真実があるので、証明されました。宇宙の大きさ、なんて言うのも、おそらく数値があるのでしょうから、そのうち証明されるでしょう(全く素人なのですが)。でもにんげんがそもそも善か悪か、なんて、主観の世界ですから。

たとえば「善のワールドチャンピオン」みたいな人がいたとして、その人の「これこそ善だ」という言葉なり行動なりをみたひと全員が「これは善だ」と考えるでしょうか。それはその言葉や行動を体験した人々の人間観によるわけです。

それに、性善説は人間の善の面だけをのべたものだし、性悪説は悪の面を示しているだけでしょうし。

「善か悪か」を解明するのが目的だったのではなく、「善だからこう生きろ」「悪だからこう生きろ」といいたいのではなかったのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/02/01 15:23

 この2つの問題は回答のある問いではありません。

むしろ哲学そのものの問題ですから。
 ですから、歴史的な研究をした人はいるでしょうが、「人間が性善説か性悪説か」といったことを心理学的または生物学的に研究した人はいないでしょう。

 それに、よーく考えれば分かることですしね(^_^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/01/26 02:34

質問の回答にはなりませんが、現代哲学でやるなら善悪のきちんとした定義が必要なので、たいへん難しい問題になるでしょうね。


孟子と荀子の主張は、その前提が違うわけですが、性善説は「人間は本来善であるのに世間に歪められて悪になる。だからよく学んで善にならなければ」というもので、性悪説は「人間は本来悪である。だからよく学んで善にならなければ」というものです。儒教は実践の学ですから、そういう意味ではどっちゃでもええ、と言えそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
善になるべきという点では共通してるんですね。

お礼日時:2001/01/26 02:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q性善説とか性悪説の英語の定訳を探しています。

性善説とか性悪説の英語での定訳を探しています。
例えば、「この法律は性善説に基いている」というような文章を英訳すると、
This law is based on the idea that the human nature is fundamentally good.とか、
文章で説明するものしか見たことありません。

しかし、東洋思想において性善説と性悪説は長く論争されてきた対立概念であり、
それを英語で解説する場合、こんな冗長な「文章」ではやってられないと思うので、
例えば、***ism のような用語があると思うのですが、どうでしょうか?

Aベストアンサー

もともと西洋では性悪説が基本です。キリスト教はイエスキリストを受け入れると罪が購われると説いています。西洋は、性善説で次第に悪に染められていくので善行をすることで救われるとの立場です。
ただ、単純に議論したければ"Born Good"と"Born Bad (evl)"という表現があります。
こんなタイトルの議論もあります:People born good or evil?

Q孟子の性善説、荀子の性悪説

タイトルに関連したことでご回答いただきたいことがございます。

これらふたつの説、加えて中庸説などは、なぜ議論されるものとなったのでしょうか。

教育の必要性を説くことが目的かそれとも宗教の勧誘でもしたいのか…
考えてみましたがモヤっとするばかりです。

お手数と存じますが御教授いただけると幸いです。
お願いいたします。

Aベストアンサー

端的に言って どうしたら大勢の人が善人になれるかという設問は人間にとって切実な問題です。
だから善と悪の因果を知ることは、誠実な心の人にとっては無意識からの心の要求ともなっているのだと思っています。

やはりfireball1さんも、その意味での誠実な心からこの二つの「説」をめぐる議論にモヤモヤを感じているのだとお返事から察せられました。

 こんなふうに考えられないでしょうか。

性善説は、子供の頃の純粋無垢な新鮮な特に昔の我々が森や太陽の光とともに暮らしていた頃の思い出からの自然な感覚から善を連想して、もともと仁儀礼智は備わっていると本気で感じ、それを、そういう民衆が信頼できる統治者のあるべき姿と結びつけたもの。 それに類すると言われている西洋のペスタロッチなどの教育理論も、そこから子供たちの長所を見つめることがいかに大事かを発見していったもの。 歴史的には、大いに人生に役に立ってもきた「説」だったのですが、仁にしても特に自然から離れた生活の文明人にとっては自然なままでそこに最初からあるというのは
甘い幻想となってしまう。
本性というのならば、性悪説の言う本来だれにも欲望がありそのままでは
争いが主となり礼も何もなくなってしまうとうほうが、本来そなわった性質の部分(部分ですが)をよく言い表しているのではないか。  でもなんです。 この欲というのは、切実な貧苦や病苦等にあえいでいる時はとくに争いの方にのみ発展しますが、欲があるからこそ切々と心が通じ合えたり、それが元気のみなもとになったり、だからこそ精力善用を説いて争いそのものの中に武道の道を追求したりするように、 経験上からはその「(部分)」をもって性悪説とするのは半賭けだ。

人間にあたえられた最大のもともとの能力は「自己や自分たちの状況を見つめ反省する能力」だし、それこそ大人がともすれば忘れがちな新鮮な五感の世界、星や川の流れやその光の世界、またそうした新鮮な「感受する側の心」の世界をさらに発展せせてくれる本物の芸術の世界による、心ゆとりが、初めて貧困さへ超えて人間の中に「まごころ(善のふりを自分の名誉保全などのためにいくらでも仮面をかぶってしまえばすることのできる能力を人間はもっている。その能力を純粋に善のための想像力として生かすのも、嘘の無いまごころが前提とならなければ真心自体が存在基盤をなくしてしまう。それも嘘かもしれないですからね。)」の可能性を生んでくれる。

 これは こんなふうに多くの経験を通した多くの知恵を学んで、その中から中途半端な論議は卒業されるべき ほんとに切実なこれからの社会の課題だともいえるのではないでしょうか。
わたしは 知識はけっこう貧しい肉体労働者ですが、むかし知恵はそんな人たちの中に大きなものがあるときがあると学校の先生から聞いたことがあり、n 自分も歳食ってすこしそうなれたのかなとか思ってます。
でも知恵は知識があってよりいっそう役立つとも聞いてます。
こんなふうに おおきな観点 おおきな度量から研究をされにつづけられてあなたのような誠実は研究者が これからの社会のリーダーとなられんことをお祈りしています。

              がんばってください。期待しています。

端的に言って どうしたら大勢の人が善人になれるかという設問は人間にとって切実な問題です。
だから善と悪の因果を知ることは、誠実な心の人にとっては無意識からの心の要求ともなっているのだと思っています。

やはりfireball1さんも、その意味での誠実な心からこの二つの「説」をめぐる議論にモヤモヤを感じているのだとお返事から察せられました。

 こんなふうに考えられないでしょうか。

性善説は、子供の頃の純粋無垢な新鮮な特に昔の我々が森や太陽の光とともに暮らしていた頃の思い出からの自...続きを読む

Q性善説の意味?

最近の「性善説」という言葉の使われ方が「なんだか変だな」と思っているのは私だけでしょうか?

善なる要素を持って生まれてきても、努力しなければ善を引き出せないし、悪に染まる。だからこそ努力が必要で、努力無しでは悪になる。
と言うのが、孟子の性善説の趣旨だったと思うのですが。
性善説も性悪説も話のきっかけが違うだけで、聖人を目指すと言う目的や努力が必要と言う点で、「双子の男女」のような思想だったと理解していたのですが…。
それとも孟子のほかに語源があるのでしょうか?

皆様のど意見お聞かせください。

※専門カテの方が良いのか迷ったのですが…。

Aベストアンサー

中学生の頃「性善説」というのは、『セックスもマスターべーションも身体に善いのだからどんどん励め』という主旨の孟子の教えだ」と、悪い先輩に教えられ妙に嬉しかった記憶があります。「でもなぁ山田、荀子というのがいて、やっぱり身体によくないから慎めという『性悪説』というのもあるのだぞ」と言われがっかりしました。
余談でした。_| ̄|○

最近のTV雑誌で、「規制緩和をすすめるのは性善説で考えるのでなく、性悪説で考えていくほうがいい。」という使われかたをしますね。

つまり、人間はもともと放っておいて善なる方向に向かうものと思うのは危険で、根本は、水は低きに流れる。類は友を呼ぶ。悪貨は良貨を駆逐する。朱に染まれば赤くなる。郷に入りては郷に従えで、悪い奴がいたらそいつになびいていってしまうものだ。放置すれば性悪者が現れてかならず汚染されるからしっかり監視すべきだ。
それに対して、市場原理というものを尊重しできるだけ介入しないでおくほうが、神の見えざる手、ナッシュ均衡、予定調和、まぁラプラスの悪魔とかが出てきてサイコロを振ったりするのか、スプレッドシート上でモンテカルロシュミレーションをするのか、もはや忘れたが、とにかく一定の秩序に落ち着く。そうそう悪いようにならんだろう。というコイズミ的楽観論なわけですね。
性悪説は基本的に性悪女が御人好しのアダムを唆すことを予言する悲観論。ところで性悪女がいるなら性善男という言葉もあっていい。
小便男みたいで語感がわるいか。

こういう文脈で使われていたりするのではないでしょうか。

>善なる要素を持って生まれてきても、努力しなければ善を引き出せないし、悪に染まる。だからこそ努力が必要で、努力無しでは悪になる。
>と言うのが、孟子の性善説の趣旨だったと思うのですが。

というか、基本的にどうやれば世の中の秩序を保てるかという話ですよね。

孟子は、悪がどうこうでなく仁義礼智という法秩序の根本につながる心を人は備えているから、特に規制や強制されなくても自覚を持てば混乱なく治まる。リーダーが仁義礼智を持って行動すればモラルが生まれ治安ができる。
そう言っています。
一方荀子は、人の根源は功名心や欲や嫉妬や甘言を喜ぶ怠け心だから、心の赴くままに行動したら、争奪や紛争や奔放な無礼者が出てきて秩序が乱れる。まずルールやマナーで人を感化してはじめて治まるものだ。


>性善説も性悪説も話のきっかけが違うだけで、聖人を目指すと言う目的や努力が必要と言う点で、「双子の男女」のような思想・・

というか、放任主義か規制による感化かという統治の方法論、人生訓というより為政の者の視点の取り方を言っているのだと思います。


自信がないので、今改めて教科書を紐解けば

孟子の言い分は 社会の秩序の基本は仁義礼智を行うことにあるが、その糸口を人は生まれつき持って
いる。矯正されなくても、根本にある良心の4つの現れが仁義礼智をめざめさせる。、

人にはうまれつき、悪いことを見ていたたまれないと思う感情がある、これは仁につながる。
人にはうまれつき羞恥の感情がある、これは義につながる。
人にはうまれつき謙遜の感情がある、これ礼につながる。
人にはうまれつき是非の感情がある、これは智につながる。
生まれながらにそういう素養を持っている。仁義礼智は社会秩序と政治の基本だからだれでもこの4つの感情を拡大し
充実すれば仁義礼知を充実でき世の中まるく治められる。

けっこうニューエイジのポジティブシンキングに近いですね。

荀子は人間の本性は悪。善というのは後天的な矯正によるという、星一徹型のスパルタオヤジ
人間は放っておけば
(1)利益を追求したがるも。結果、他人と争い奪いあい、譲りあうことがなくなる。
(2)他人を嫉んだり憎んだしたがる。その結果傷害沙汰になって信頼しあうことがなくなる。
(3)都合のいいものだけを見て、心地よい話しばかりを聞きたがる。結果放縦になり、礼儀や道理をないがしろにする
つまり、基本的にたるんだ方向にいきがちだから常に気合を入れろと言っている。アニマル浜口というべきか。

人の生まれつきの性質心情のおもむくままに行動すると、ついには世の中が混乱に陥るようになる。
まず規範の感化や礼儀に導かれて、世の中が平和に治まるのである。
ここが骨子。

つまり「、荀子の『性悪説』は文意そのまま、水は低きに流れる。自由勝手にやらせたらいずれは問題がおきる。
最初から規範を示してやらなあかん。

ということで上記の文脈の使い方で違和感ないと思います。

中学生の頃「性善説」というのは、『セックスもマスターべーションも身体に善いのだからどんどん励め』という主旨の孟子の教えだ」と、悪い先輩に教えられ妙に嬉しかった記憶があります。「でもなぁ山田、荀子というのがいて、やっぱり身体によくないから慎めという『性悪説』というのもあるのだぞ」と言われがっかりしました。
余談でした。_| ̄|○

最近のTV雑誌で、「規制緩和をすすめるのは性善説で考えるのでなく、性悪説で考えていくほうがいい。」という使われかたをしますね。

つまり、人間はもと...続きを読む

Q性善説と性悪説

 性善説と性悪説の中間というか、
 そんなものはどちらもない、という考えはなんていうのか、ど忘れしてしまいした。
 中庸じゃなくて、もっと適切な言葉があったように思うのですが…。

Aベストアンサー

だれだったか古代中国に「性白紙説」というのを唱えた人が居ます。

Q性善説

老人が墜落死した川崎の介護施設の経営者がテレビのインタビューで、犯人を雇っていたことについて『私達は性善説に立っている』と言っていましたが、日本語でよく使われる『私達は性善説に立っている』を英語ではどう言ったらいいですか?

Aベストアンサー

英語には『性善説』に対応する決まった言い方はないと思いますので、意を汲んで訳すことになります。

従って『私達は性善説に立っている』は

We believe people are born good (good-natured).

ぐらいです。

Q性善説なのか、性悪説なのか

長文失礼します。アンケート的な質問です。

以下の内容は、結果として金額的な報酬は求めていません。
しかし、結局のところ報酬は求めています。これは性悪説だとおもいますか?
所詮、人は報酬の為に動くものなのか、
それとも、気分がいいから動くのか、
性善説とはなんでしょうか。

ひとが喜ぶのをみることによって喜びを感じるのか、
もう、なにがなにだかわかりませんね。

あ、ついでに英訳していただけるとうれしいなっと。
ちなみに、相手はベトナム人です。

--以下引用
日本には、自己の能力を高めるために、自ら努力するという慣習があります。
それを自己啓発(JIKO KEIHATU)といいます。
日本の政府は個人で自己啓発の為に教育訓練を自由に受講した場合には補助すると考え、
「自己啓発経費控除」と呼び、個人の支出への控除と考えます。

日本語を覚えることは会社の利益だけではなく、
それを覚えることによって仕事の幅が広がるのですから。
個人の利益であるとも考えられます。

たしかに、会社は会社の利益の為に社員に責任をもって教育をしなければならないという義務がありますが、
その結果が目に見えないものである場合、
検定や第3者の試験などの成果により別途報酬を与え、
学習に対する対価を払う方式をとる場合がほとんどです。

すでに決定している給与は日本語、および、業務に必要な知識を学習済みという
仮定になりたっています。
仕事のうえでXXXXを使いこなしプログラムが組めなければ、
我々は職を失うことになるのですから当然のことといえましょう。
日本語についても同じです。

今回の学習でどの程度、結果が身についたか知るすべはないのですが、
この学習をきっかけにして自ら努力をしていただければ良いと考えます。

私はあなたたちに日本語を教える義務がありますので、
気に咎める必要などありません。

あなたたちが日本語をうまく話せるようになること、
もしくはその努力をしていることが
お金よりもなによりの私への報酬です。

以上

長文失礼します。アンケート的な質問です。

以下の内容は、結果として金額的な報酬は求めていません。
しかし、結局のところ報酬は求めています。これは性悪説だとおもいますか?
所詮、人は報酬の為に動くものなのか、
それとも、気分がいいから動くのか、
性善説とはなんでしょうか。

ひとが喜ぶのをみることによって喜びを感じるのか、
もう、なにがなにだかわかりませんね。

あ、ついでに英訳していただけるとうれしいなっと。
ちなみに、相手はベトナム人です。

--以下引用
日本には、自己の能力を高め...続きを読む

Aベストアンサー

そもそも性善説と性悪説を考えると、私は性悪説であると考えます。
まず性善説ってのは人間はうまれ持って
1.惻隠…他者の苦境を見過ごせない「忍びざる心」(憐れみの心)
2.羞悪…不正を羞恥する心
3.辞譲…謙譲の心
4.是非…善悪を分別する心
の4つを持っているとすると記憶しています。
対して性悪説は、人間の本性は欲望的存在にすぎないが、後天的努力(すなわち学問を修めること)により公共善を知り、礼儀を正すことができると。

人間が野生だったらきっと欲望の赴くままに暮らしてるんだろうな~と思います。
今回の件が性悪説であるか性善説であるかを議論するのはちょっと違うんじゃないかな?と思いますが、しいて言うなら性悪説なのかと思います。
お金が欲しいという本来の欲求だけをとりだたせばって事で。

性悪説とすると金銭を求める行為は当然であると考えます。
そして金銭的に余裕があって初めて気分よく働けると思っています。
なんせお金無くて苦しくて苦しくてしょ~がない状況で楽しめるか?って事です。

それだけではなく、仕事をする事による喜びもまた本当でしょう。
それは件の報酬だけでなく、日頃のお給料等で生活が成り立っているからこそ発生する感情です。

そもそも性善説と性悪説を考えると、私は性悪説であると考えます。
まず性善説ってのは人間はうまれ持って
1.惻隠…他者の苦境を見過ごせない「忍びざる心」(憐れみの心)
2.羞悪…不正を羞恥する心
3.辞譲…謙譲の心
4.是非…善悪を分別する心
の4つを持っているとすると記憶しています。
対して性悪説は、人間の本性は欲望的存在にすぎないが、後天的努力(すなわち学問を修めること)により公共善を知り、礼儀を正すことができると。

人間が野生だったらきっと欲望の赴くままに暮らしてるんだろうな~と思います。...続きを読む

Qあなたは性善説派ですか? 性悪説派ですか?

タイトルそのままの質問です。みなさんは性善説と性悪説、どちらに近い考えをお持ちですか?
私は性悪説支持です。小さい子は無邪気でもありますが、無神経でもあります。いろいろ学習して、だんだん善き人に育っていく(理想としては)・・・というほうが納得できます。
世間の人はどっち派が多いのかな? という程度の疑問ですので、「性善説」「性悪説」のみの回答でも寄せていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

性善説支持です。
性に思考や価値観は関係ないと思います。
思考や価値観とは全く関係のない、無意識の中での感情こそが性だと思います。

例えば、道を歩いていて自分の前を歩いている人が急に苦しそうに倒れこんだとします。
誰でも「あっ!」と反応するはずですが、この「あっ!」の中には、驚きと同時に心配の気持ちが必ず入っていると思うのです。
どうしたのかな?大丈夫かな?という気持ちが、自覚の有無に関わらず、一瞬でも存在しているはずだと信じています。
この「あっ!」こそが、性善説を支持する理由です。

その後、この倒れた人を助けてあげるのか、あるいは無視するのかは性善・性悪とは無関係だと思います。
なぜなら、そこには性とは関係のない思考や価値観が存在し、その影響が大きいからです。

Q性善説と性悪説、どちらを信じますか?

ある本に、性悪説に沿って物事を考えたほうが、
はるかに人間関係はうまくいくと書かれていました。

皆様は、人間関係において性悪説を信じて行動していますか。
それとも性善説を信じておられますか。

どなたか教えて頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず前提として
性善説の立場は「人は悪いことはしない」
といっているわけではありませんが
そのあたりの理解はよろしいでしょうか

どちらの説に立っても人は「悪いことをするもの」ですので
それに対する備えは必要でしょう

期待し信頼している場合に裏切られた場合の方が
ダメージは大きいものですので

Q性善説か性悪説か

性善説と性悪説 人によって色々な考えがありますよね。
皆さんはどちらの説が正しそうだと思いますか?
また、その理由をお聞かせください。

Aベストアンサー

ちょっとばかり違った視点からの意見をば

「善、悪とはそもそも何でしょう?」
と私などは思うのです。

私的見解では
「人と人との係わり合いにより生まれ出たルールのようなもの」
となります。

もっと極論を言うと
「人、それ自体が『モノ』であり、その動作原理は『個体を長く存続させる』ことである。
個体を存続させるために個体同士の係わり合いが必要であり、その為にはある一定の規則(モラル)が必要である。
この規則を守った人が『善』、守らない人が『悪』と区別される」
と言えないでしょうか?

結局、人が作ったもので人を裁いているわけです。

性善説、性悪説は「絶対的な『善』『悪』」を想定しています。
しかし、「絶対的な『善』『悪』」は『神』(つまり、すべてを見通し、すべてを決定する存在)の存在を前提としないと出てこないのです。

もし、『神』の存在を抜きにして『善』『悪』を語ろうとした場合、自ら決めた『善』『悪』をもってそれを決定する事になります。
この場合、客観性がなくなり、「説」としての有用性がなくなるのではないでしょうか?
そもそも「~~説」というものは客観的視点で語らなければならないのです。

つまりは性善説、性悪説そのものが無意味だと考察するのです。

とまあ、極論を述べてみました。

ちょっとばかり違った視点からの意見をば

「善、悪とはそもそも何でしょう?」
と私などは思うのです。

私的見解では
「人と人との係わり合いにより生まれ出たルールのようなもの」
となります。

もっと極論を言うと
「人、それ自体が『モノ』であり、その動作原理は『個体を長く存続させる』ことである。
個体を存続させるために個体同士の係わり合いが必要であり、その為にはある一定の規則(モラル)が必要である。
この規則を守った人が『善』、守らない人が『悪』と区別される」
と言えない...続きを読む

Q性善説と性悪説で悩んでいます

 世の中は、性善説と性悪説のどちらで成り立っているのでしょうか?生きていくためには、嘘をつくことは必要だと思いますが私は嘘をつくことができません、その時点で自分が悪人になってしまうような気がしてしまいます。
 たとえば、商売をする時点においても100円で買ったものを200円で売るようなことも嘘をことになるような気がしてしまいとてもじゃないですけどできそうにありません。世の中は、どちらに基づいて成り立っているのでしょうか?嘘をつくことが、悪にならない場合はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

私もかつて(中学生の頃?)、質問者様のような疑問を抱いたことがありました。時を経る中で、今は以下のように考えるようになりました。

> 世の中は、どちらに基づいて成り立っているのでしょうか?
世の中は、どちらにも「基づいて」いません。あるがままにあるだけです。
平気で人をだまし傷つける人もいれば、誠心から他人を思いやってくれる人もいます。

大事なのは、あなたがどちらの立場に基づいて物事を解釈し行動の基準として生きていくかという事です。
しかも、時と場合に応じてどう使い分けるべきかの判断も学んでいく必要がある問題だと思います。
考えてみましょう。

例えば、あなたの家族や友人、近所の人、学校や職場の仲間等に対しては、「渡る世間に鬼は無し」と性善説の立場に立つ方がよいでしょう。たとえ時には裏切られることもあるにせよ、あくまで性善説の立場に立って考え行動することで、あなたの生活は友愛に満たされた快適なものになることでしょう。

しかし、例えば治安の悪い夜の街をあなたにとって大事なものを守りながら歩かねばならないような時は、「人を見たら泥棒と思え」と性悪説の立場に立って警戒心を持って臨まないと、大切なものを失い傷つけられる恐れもありますよね。

> 100円で買ったものを200円で売るようなことも嘘をことになるような気がして……
これも不当・正当の二つの場合があるという事を考えてみましょう。

不当な場合とは、もちろん嘘をついて実際の価値以上に高額に売る詐欺です。

しかし正当な場合もあります。例えばその場所では買えない品物を、遠方までお金と時間と労力をかけて仕入れてきた場合です。その手間という価値が加算されているのであれば、原価以上の値段で売っても全く正当ですよね。

> 嘘をつくことが、悪にならない場合はあるのでしょうか?
もちろんあります。その具体例はご自分でお考え下さい。

大事な事は「嘘をつくこと」自体が悪いか良いかということではなくて、「嘘をつく」という行為の目的と、その結果なのではないでしょうか。

悪い目的のために嘘をつき、その結果誰かが害を被れば、悪いウソ。
善い目的のために嘘をつき、その結果誰かが救われれば、許されるウソ。

以上、ご参考になれば幸いです。

私もかつて(中学生の頃?)、質問者様のような疑問を抱いたことがありました。時を経る中で、今は以下のように考えるようになりました。

> 世の中は、どちらに基づいて成り立っているのでしょうか?
世の中は、どちらにも「基づいて」いません。あるがままにあるだけです。
平気で人をだまし傷つける人もいれば、誠心から他人を思いやってくれる人もいます。

大事なのは、あなたがどちらの立場に基づいて物事を解釈し行動の基準として生きていくかという事です。
しかも、時と場合に応じてどう使い分け...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報