どちらにもそれぞれ利点があるのでしょうか?

メリット、デメリットが知りたいです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

株の信用取引の場合、損失分も自己責任ですが、


FXの場合ですと、パレッジと言う形で倍率を上げて取引きできますが、
自動ロスカットと言う形で、自己資金の50%~70%以下になった場合強制的に売買されますので、自己資金以上の損失を出すことがない。

株の信用の場合、自己資金30万円以上からの取引ですが、FXはパレッジ100倍とか利かせると、実質1万円以下から 1万通貨単位の取引が可能です。

仮に ドル120円の場合 1万通貨で120万円必要ですが、100倍なら1万2千円から取引が可能。 スイス、カナダとか98円程度ですから 1万円あれば取引が可能。 但しロスカットがあるので、50%ロスカットなら、ドルで60銭の値動きで強制ロスカットです。

90円なら45銭、ですが自己資金半分は残るので安心といえば安心です。

借金を背負うことがないのがメリットですかね。
借金してFXし、負ければ借金は残りますが・・・(笑)

簡単に言うと多分そうです。FX3ヶ月の初心者。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/09/02 00:05

FXは実戦をやっていますが、株の信用取引は知識しかないことをお断りしておきます。



レバレッジが違う
株は最大3.3倍程度、FXは200倍というのがある。
期限の設定が違う
株は一般信用で無期限がありますが、制度信用なら6ヵ月が限度。FXは実質無期限です。
代用証券
FXでは代用証券というものがないですが、外貨の現金を証拠金にすることはできます。

こういう比較しても何も出てきませんので、自分がどうしたいのか考えたほうが良いと思います。
自分のことを言えば、株の信用取引は参加しにくいところ(主に期限と資金量)があったのですが、FXは参加しやすかったのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/09/02 00:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q株主優待を信用取引と通常取引併用するときの逆日歩はいくらになるか

株主優待を信用取引と通常の取引を同時にしてゲットしたいのですが、その際にかかる逆日歩についてお聞きしたいです。

権利付最終売買日の15時に株を持つとします。
そして翌日の9時にすべて決済した場合、最低のリスクになりますか?ほとんど逆日歩はかからないでしょうか?

銘柄の情報を見ると逆日歩は横線になっているのですが、逆日歩がかからないということでしょうか?信用貸借区分は貸借です。

もし逆日歩が15銭だった場合は、1日だけですので株数×15銭がかかると考えればいいでしょうか?

Aベストアンサー

その通りです。

QFXは株の信用取引?

お世話になっています。

最近"FX"という単語を良く耳にするようになり少しいろいろ調べてみたのですが・・・いくつか疑問があります。

【1】FXは保証金の100倍以上の取引ができるそうですが、これはいわゆる株の信用取引と一緒なのでしょうか?

【2】100倍以上などになるとハイリスク・ハイリターンとなると思うのですが何故ここまで人気があるのでしょうか?
株などに比べて会社単位でなく通貨が国単位で株より資料などは少ないと思うのですが・・・

【3】実際始める方は何万程度から始めてるのでしょうか?

【4】例えば始めて早々1万ドルが110円→109円に下がったとすると-1万円ですよね?どの時点でこの赤字分を払えばいいのでしょうか?
(損が出てから○日以内・月末・年末など)

何卒アドバイス頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

NO1の者です。高いとこじゃなく‘売り‘でもってる場合はロールオーバーすぎれば取られます。FX会社はいっぱいあるんで元も扱ってるとこもあるはずです。がんばってくださいね~!

Q逆日歩と空売りの関係

こんばんわ。
質問があり投稿致します。

1.逆日歩のつく銘柄はどのようなものでしょうか?
 制度信用取引で売建て・買建ての出来る銘柄と認識しております。
 その中で、市場に株不足の銘柄が選定されるのであれば、空売り禁止銘柄は逆日歩はつかないということでしょうか?

2.制度信用取引に該当する銘柄は、東証一部以外のものもあるのでしょうか?

3.逆日歩は取引日20時頃逆日歩速報、翌日12時頃確報が出ると聞いておりますが、リアルタイムで表示されるものはあるのでしょうか?
尚、翌取引日ではなく、翌日であってますでしょうか?

恐れ入りますがご回答頂けますと大変嬉しいです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1について

逆日歩は、大株主・機関投資家から株券を借りてくるための対価として支払われるものなので、信用売りができた銘柄が信用取引規制で新規売りが禁止になっても、株券不足が続いている限り逆日歩がかかります。

2について

あります。ミクシィはマザーズ銘柄ですが、制度信用取引銘柄です。楽天はジャスダック銘柄ですが、制度信用、しかも貸借銘柄なので信用売りもできます。

3について

気にしたことがなかったので知りません…市場外で相対取引で株券を調達するプロセスで発生するものなので、あまりリアルタイムにはなじまない性質のもののようには思えますが…

Q株やFXに関してです。 株やFXで破産するとはどういうことなのでしょうか? 素人目から見ると、 株も

株やFXに関してです。

株やFXで破産するとはどういうことなのでしょうか?
素人目から見ると、
株も外貨もよっぽどひどい買い方をしなければ、一瞬買値より価値が下がることはあっても、しばらく待てば買値より高くなる時は必ず来て、損はしないように思えます…

Aベストアンサー

簡単に記載すると
現物の場合・・1000万の資金で1000円株を1万株購入・・500円に下がっても500万の損で0にはならない
信用の場合・・1000万の資金で3000万購入可能(2000万は借入になる)この場合3万株購入可能
        ・・500円に下がると1500万の損になる、1000万は資金を充当できるが、残りの500万は別に用意しないといけない
        ・・その500万を用意できなければどうなるかということ
株・FXは現物で取引をする分には損をしても0にはならい
株・FXを信用で取引をすると、本来の資金の○倍の購入が可能で儲けが出た場合も現物の○倍の儲けになる
  反面、損をした場合、損をした金額が最初の資金以上になる場合がある、その場合追加で資金が必要になる

Q逆日歩・日歩について

検索サイトなどで調べた結果、信用取引のおおまかなことはわかりました。しかし、「逆日歩」について理解できないことがありましたので教えて下さい。カラ売りでは貸し出すほうの株が不足するときに日証金などを経由して供給を確保することだと思いますが、日証金などは、大株主である機関投資家から株券を借りてきて貸し出しに回すとか説明されています。ここで、1)機関投資家に逆日歩が支払われるのであれば理解できるのですが、信用取引をしてる普通の買い方までなぜこの逆日歩を受け取れるか?の理屈を教えて下さい。 2)逆に売り方のほうはなぜ金利(日歩)を受け取れるのでしょうか?株は借りてきて売るものなのに。実際は売り方に金利は支払われていないようなよくわからない制度みたいですが。。

Aベストアンサー

>信用売りの株券は、基本的には信用買いの建て玉をあてますが

というのは、表現が悪かったですが、「信用売りの場合に、買主に引き渡す株券は、基本的に信用の買い手から借りてきた株券をつかいます」ということです。普通の証券会社での(制度)信用買いでは、買った株は自動的に、日証金などを通して信用の売り注文があった場合に貸し株に出されます(そういう契約になっている)。

>信用の売り方が手配してもらう株は、必ず信用の買い方がその株分をもってないと入手できないのでしょうか?

普通は、信用買いの株券が信用の売り方に貸し出されるので、信用買いが十分にないと信用売りが出来ません。ただし、信用買いが足りなくても大株主や機関投資家から安定的に株券を借りれるならば、信用買いが少なくても信用売りができます。信用買いの量、株券がほかから借りれるかどうかが、「信用」銘柄と「貸借」銘柄の違いになって現れます。

>信用の売買者同士でしか株の売買は成立しないということですか?

信用取引での売買取引の相手方は誰でもいいです(現物株式の売り手・買い手が相手でもいいです)。

>信用売りの株券は、基本的には信用買いの建て玉をあてますが

というのは、表現が悪かったですが、「信用売りの場合に、買主に引き渡す株券は、基本的に信用の買い手から借りてきた株券をつかいます」ということです。普通の証券会社での(制度)信用買いでは、買った株は自動的に、日証金などを通して信用の売り注文があった場合に貸し株に出されます(そういう契約になっている)。

>信用の売り方が手配してもらう株は、必ず信用の買い方がその株分をもってないと入手できないのでしょうか?

普通は...続きを読む

QFXか株をはじめようと思っています。 大学生です。 どちらも初心者なのですが どちらがはじめやすいで

FXか株をはじめようと思っています。
大学生です。
どちらも初心者なのですが
どちらがはじめやすいですか?

Aベストアンサー

金がないと株を買うのはかなり厳しいよ。

Q逆日歩の表示について

信用取引未経験者ですが、日証金の信用取り組み欄を見ていると、逆日歩の表示で空欄の時と0.00/1日とか書いてある時がありますが、これはいずれも逆日歩はなしということですか?どうして表示が違っているのでしょうか?

また、逆日歩0.05/1日と表示がある場合、売り建てている株1株について0.05円、つまり単位株が1000株ならば50円つくということになりますか?

Aベストアンサー

>0.00/1日とか書いてある時
日証金などの証券金融会社が担保として持っている株では足りず、貸株の入札を行ったところ、0銭で応札があって必要株数が集まったという意味です。
だから、逆日歩が付くまであと一歩かもしれないわけです。


>空欄の時
株不足ではなく、入札は行っていません。


>逆日歩0.05/1日と表示がある場合
1株につき5銭。1000株なら、1泊につき50円の逆日歩です。


●補足
なぜ「0銭で貸します」と応札するのか?

証券会社は、客が信用買いをした場合、証金に取り次がずに、自己資金を融資して、客が買った株を担保にとることもあります。
ある銘柄に関して、制度信用を利用した自社の客のうち「信用売り方の空売り数>信用買い数」であれば、いくら逆日歩がついても問題ありません。売り方から逆日歩を徴収し、買い方に配ればいいだけです。

自己融資・証金融資を合算して「売り建<買い建」の場合には、売り方から集めても足りない逆日歩は、証券会社が買い方の客に払わなければなりません。
これじゃ損するから、自分の手元に担保として確保してある買い方の株を、タダで証金に貸して、逆日歩がつかないようにするわけです。

>0.00/1日とか書いてある時
日証金などの証券金融会社が担保として持っている株では足りず、貸株の入札を行ったところ、0銭で応札があって必要株数が集まったという意味です。
だから、逆日歩が付くまであと一歩かもしれないわけです。


>空欄の時
株不足ではなく、入札は行っていません。


>逆日歩0.05/1日と表示がある場合
1株につき5銭。1000株なら、1泊につき50円の逆日歩です。


●補足
なぜ「0銭で貸します」と応札するのか?

証券会社は、客が信用買いをした場...続きを読む

QFX取引でレバレッジ1倍取引=元金取引と同義?

詳しい方教えてください。
FX(外国為替証拠金取引)において、保証金の数倍で取引ができる仕組みは認識しています。
その倍率(レバレッジ)「1倍」取引というのは、元金額での取引、ということで認識して合っていますでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

元金取引=外貨預金と考えていいのですよね?

FXは短期信用取引で、1日以上ポジションを持つことはできませんが、ロールオーバーによって、見た目上何日でも何年でもポジションをキープすることができます。

そうするとレバレッジが1倍であれば、外貨預金と変わりません。
違いとして、
【長所】
スワップ金利の高さ、手数料の低さ、いつでも解約できる
【短所】
信用:しかし、預け金保証されているところを選べばOK

FXはハイリスクなどと言う人もいますが、FXというのは単純な為替取引です。レバレッジを計算すれば安全な投資に成りえます。

Q信用取引について

信用取引(空売り)をしてみたいと思っている初心者なのですが、2点ほど疑問があります。

1.「信用取引は損失が無限に拡大する可能性がある」とよく書いてあるのですが、本当でしょうか。
最大3日間とか自分で日数を決めておけば値幅制限と日数以上には損失はでないと思うのですが例外があるのでしょうか?


2.逆日歩の利率
 逆日歩が発生した場合その品貸し料の利率に決まりはあるのでしょうか?
例えば時価1000円の株に貸し料100円とかふざけた利率がつくことはありますか?利率の上限が決まっているとしたらいくらなのでしょうか?


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>1
無限に拡大する可能性があるのは、空売りのみですね。

信用買いは、委託保証金維持率が30%の証券会社で建て余力いっぱいに建てた場合には、建玉の銘柄が倒産してゼロになったとしても、保証金の約3.33倍の損失にしかなりません。(買い方金利を除外して)

空売りは、原理的には株価は無限に上昇できるので、損失も無限大。

といっても、おっしゃるように、値幅制限というのがあるので、3日で手じまいする場合は、売った銘柄がストップ高を3日続けても、その範囲の損失ですみます。

ただし、制限値幅は前日終値に応じて決まるので、株価が上昇を続けると制限値幅が拡大されてきます。
また、3日連続して、売買が成立しないままストップ高OR安となると、翌営業日から制限値幅が2倍に拡大されます。


まぁそんなことが起きる可能性は、まずないと思うので、私も空売りをやっているわけですが。。。
原理的には、3日間ストップ高が連続して売買が成立しないことも、あり得ますね。


>逆日歩の上限

制限があります。↓

自分が建玉を持った日の逆日歩がいくらになるかは、翌日の昼頃にならないとわからないのと、土日もつく点が要注意です。

千円の株に3円の逆日歩。3円は小さいように見えますが、年利に直すと年110%弱という、どんな高利貸もびっくりの率になります。

それよりも、売り方に与える心理的影響が大きい気がしますね。

>1
無限に拡大する可能性があるのは、空売りのみですね。

信用買いは、委託保証金維持率が30%の証券会社で建て余力いっぱいに建てた場合には、建玉の銘柄が倒産してゼロになったとしても、保証金の約3.33倍の損失にしかなりません。(買い方金利を除外して)

空売りは、原理的には株価は無限に上昇できるので、損失も無限大。

といっても、おっしゃるように、値幅制限というのがあるので、3日で手じまいする場合は、売った銘柄がストップ高を3日続けても、その範囲の損失ですみます。

ただし...続きを読む

QFXと信用取引についての違い

金融の知識をつけようと、少しずつ、勉強し、わからないところはいつもこちらでお世話になっているものです。

(1)タイトル記載のとおり、FXと信用取引の違いは、FXは申し込み証拠金をいれて、為替間の取引を行う。信用取引は、申込金や株を担保に証券会社から株や資金を借りて取引を行う。
両者とも、手元資金以上の取引ができるということでいいのでしょうか?
またFXは強制的にロスカットされますが、信用取引の場合は追証をいれれば取り引きは継続されるという理解でよろしいでしょうか?

(2)建玉について
買建、売建というのは、証券会社からみたことばなのでしょうか。
個人投資家からみたら逆の使い方になるのでしょうか。

またなぜ信用取引のときに出てくる言葉なのかいまいち、理解できません。決済までに時間差があるからなのでしょうか。

ご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

(1)だいたいそのようなものでしょう。
最近では、FXで株を証拠金に差し入れることを認める会社があったりしますが、ごく一部です。FXでも強制ロスカット直前に証拠金を増額すれば強制ロスカットを回避できます。

(2)投資家から見てです。
FXは必ず通貨ペアのどちらかを買い、どちらかを売ることになります。ドル円の買建はドルを買って円を売るわけです。

FXの歴史が浅いもので、信用取引と先物取引の用語をあてはめていると思います。


人気Q&Aランキング