人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

とある理由でフタバのヘリ用PCM1024、六チャンネルのT6EXHP(40mhzで83のクリスタルが付いている)という送信機を持っているのですが、それで操作出来る受信機やサーボにはどの様な制限があるのでしょうか?

自分が作りたいラジコン飛行機のキットの推薦サーボや受信機がその送信機で扱えるのかが心配なのです。具体的に言うとハイペリオンの受信機HP-DSP-4かHP-DSP-6 (40Mhz)、サーボがWaypointのW-060, W-060BB, W-068シリーズらが推薦されています。これらの受信機やサーボはこの送信機と互換性がありますでしょうか?

また今後の為に教えていただきたいのですが、そもそも互換性がある、もしくはない理由は何でしょうか?またもしかして周波数や互換性の違いを回避する方法があったりするのでしょうか?なら一つの送信機で以前に買ったラジコン全部動かせそうですが。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

たぶん、小型のグライダーか電動プレーンを考えていらっしゃると思いますが、重量の点で受信機サーボは他社品を使う事が良くあります。



実際のところFM受信機なら動いてしまいます。
双葉のR156FにW-038やW060BBを挿していますが、普通に動きます。
レシーバーもGWSなども重量の関係で使いますが、安定性はともかく、動きます。
(コネクタの挿し間違いには充分注意が必要ですが)

ただ、メーカーの保証範囲外での使用なので、自己責任で行なって下さい。
飛行前に、操縦可能距離は地上で確認しておいた方が良いですね。

しかし、正直なところ、重量の問題さえなければ、純正の組み合わせが一番良いと思いますよ。

ただ、送信機がヘリ用とのことなので、Vテールやエレポンを使うとなるとミキシングに問題があるかもしれませんが、この辺は、送信機の取り説で確認してみて下さい。


HP-DSP-4  7g / HP-DSP6C-M40  12g
クリスタル無しの重量ですが・・・・

これに対し、双葉では
R114F 10.9g / R156F 11.2g

なので、HP-DSP6を使うメリットはなさそうですね。
HP-DSP-4なら使う意味はありそうです。
ただ、この程度の差なら、安定性を重視してR114Fを使った方が良いかなとも思いますが。

サーボは、双葉の S3110は7.7g
Waypoint
W-060BB 6.6g / W-068 6.2g / W-068PB 6.8g

Waypointを使う意味は、若干あるかもしれません。
サイズはS3110の方が若干小さいので、狭い場所にいれるのなら、こちらの方が良いかもしれないです。(双葉コネクタの突起を削ってしまえば大丈夫です。ただし、くれぐれも極性を間違えてささないで下さい。一発で死んでしまう事があります。)

ただ、サーボの動作の安定性は、Waypointより双葉の方が良いですね。
Waypointは、フタの固定がシールで止めてあるだけなので、軽度の墜落でもショックでフタが開いてしまう事があります。

なお、双葉の送信機はローバンドとハイバンドの切り替えは、メーカに出して調整してもらう必要があります。

双葉は比較的軽量なレシーバーとサーボがありますが、三和やJrを使っている場合はメリットはあるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しく、具体的に教えていただいてありがとうございました。
感動しました。これで次の段階に進めると思います。

>>ただ、送信機がヘリ用とのことなので、Vテールやエレポンを使うとなるとミキシングに問題があるかもしれませんが、この辺は、送信機の取り説で確認してみて下さい。
Vテールやエレポンとは何でしょうか?T6EXHPの説明書には載って
いませんでした。それをミキシングする??どの様にするのが良い
のでしょうか?

お礼日時:2007/08/20 00:16

エルロンだけの2サーボなら二股コードでサーボを繋げばいいですが、せっかくの2サーボならフラッペロンにしたいですよね・・・・そうなると、ミキシングが要りますね。



P.S. 訂正です。
先にVテールの例で上げた、ソアラス1600ですが、これはVテールはエレベータとしてしか動かさないみたいですね。これならT6EXHPでもいけますね。

でも、ストラス1600のようにVテールでラダー、エレベータの2サーボだとVテールミキシングする必要があります。
http://www.kyosho.com/jpn/products/rc/detail.htm …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼遅れましたすいません。
T6EXHPの説明書を読んでるのですが、どうやってミキシング
させているのか分りません。ヘリでは三つのサーボでスワッシュを
動かしているので、何らかのミキシングの設定は出来るのだと
思いますが、今の所まだ理解できません。

お礼日時:2007/08/24 00:31

Vテール(V尾翼):軽量化と空気抵抗減少のためにグライダーではポピュラーな尾翼の形式。


垂直尾翼と水平尾翼を十字型にした通常の尾翼に対し、V型に組み合わせた尾翼。
昔は、サーボベッドを可動式にしてもう一つのサーボでそれを動かすなどして対応しましたが、現在では送信機側のミキシングで行っているのが普通です。
ラダー(方向舵)操作で、左右の可動翼を左右に、エレベーター(昇降舵)操作で上下に動かします。
http://www.kyosho.com/jpn/products/rc/detail.htm …


エレボン: 無尾翼機(尾翼を持たない飛行機)で使われる補助翼で、エルロン(補助翼)とエレベーター(昇降舵)の2通りの動かし方をします。
エルロン:(補助翼)操作で、左右逆に、エレベーター操作で左右同方向に動かします。
http://www.little-bellanca.com/shopping/product. …


他にも、フラッペロンとう、エルロンとフラップ(高揚力装置)の働きを持たせるものもあります。
これはエルロン操作で、通常のエルロンの動き、フラップ操作で、左右の補助翼を同方向(通常は下向き)に動かします。


T6EXHPでプログラムミキシングが2組できればいいのですが・・・
出来ないとちょっと困りますね。
というか、上記の形式の飛行機は操縦できないという事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

またまたありがとうございます。

なるほどー。そのエレボンとかV翼は操作する機会が少ないかも
知れませんが、エルロンは大概付いてますよね。もしそれらが
二つのサーボで実現されているモデルの場合ミキシング機能が
必要なのですね。T6EXHPにはそういう機能がなさそうです。
そういうモデルは避ける事にします。

お礼日時:2007/08/20 22:10

こんにちは 調べた範囲です



普通は送信機と受信器はバラバラには購入しないです
又は送信機に合わせた受信器を別途購入すると思います

フタバの送信機T6EXHPの受信機がR146ipの場合
超小型マイクロサーボS3110を動作させるだけの能力しかありません
通常型のサーボを使用する場合はR136HPの受信器が必要です
他の双葉製受信機については双葉に問い合わせして下さい

http://www.futaba.co.jp/

サーボのスペックが互角なら、推奨サーボにこだわる必要は
無いと思います。双葉で統一して送受信器とサーボを取り付け
を考えたらどうでしょう

エアークラフト社でハイペリオン製品を扱っている見たいです
送信機について問い合わせてみてください

エアークラフト
http://aircraft-japan.com/default.asp

HP-DSP-6
http://aircraft-japan.com/prod_datasheets/berg_r …

他の方法として
WaypointのW-060サーボのみを他社の送信機と受信器に使用する
(フタバの受信機R146ipに使用出来るかどうかは分かりません)
http://www.aircraft-japan.com/prod_datasheets/wp …

>そもそも互換性がある、もしくはない理由は何でしょうか
各メーカーで規格統一して商品を作っていないです
外形寸法の違い、コネクターの違い、制御信号の違い、
クリスタルの違い、デジタルの制御プログラムなど、
細かい違いがあります

>送信機で以前に買ったラジコン全部動かせそうですが。
同一メーカーで送信機1台で、使用できる受信器を購入すれば
良いだけです、バンドも変更できるようにシンセサイザーを
使用すれば、より簡単です
ただし、調整内容をメモリーできる機能が無いと、飛行機機種を
変えた場合、毎回、送信機を調整することになります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しくありがとうございます。だんだん分って来ました。
感激しています。

車のラジコンも操作出来たらしたいと思っていますので、
たぶん受信機を別に用意して、サーボのコネクターを合わせれば
出来るのかも知れませんね。検討してみます。

お礼日時:2007/08/20 01:26

送信機と受信機はセット物です。


貴方が持ってる送信機には決められた受信機しか使えません。

※送信機が40Mhzだからといって同じ40Mhzの受信機を持ってきても互換性はありませんので誤差動するだけです。

※クリスタルもそうです。
フタバ製品にはフタバのクリスタルしか使えないし、型式によって使えるクリスタルが決まります。
また送信用のクリスタルと受信用のクリスタルを逆に付けても誤差動します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

そうですか何でもという訳にはいかないのですね残念です。
でも私が例えで挙げたハイペリオンの受信機は、一体どんな
送信機が使えるのか、どうやって調べたら良いのでしょうね。
また、やはりサーボも受信機によって決められた物しか使え
ないのかな。

お礼日時:2007/08/19 00:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプロポと受信機のメーカーの違い。

Hitecという会社の送信機を持っているのですが、このプロポをラジコンカーに使用する場合、受信機も同じ会社が良いのでしょうか。また受信機に他社製を使用した場合(たとえばサンワ)、クリスタルを変更する場合には、Hitec製あるいはサンワ製どちらのクリスタルを購入して使用すればよいのでしょうか。つまりプロポメーカーのクリスタルを送受信機に使用するのか。受信機メーカーのクリスタルを送受信機に使用するのか。またそれぞれを別々に購入して、それぞれのメーカーのクリスタルを送信機、あるいは受信機につけるのか。教えてください。

Aベストアンサー

#1です。
 その会社のクリスタルを使うのが理想かもしれませんが、クリスタルはどこのでもいいと思います。
そのバンド数さえ、合っていれば。
これは、私の想像ですが、クリスタルを各会社が作っているのではなく、それ専門に作っているところがあると思うのです。各会社がクリスタルまで作ると、大変な投資になりますし、技術も必要になります。
 だから、バンド数により、クリスタルは統一されていて、バンド数さえ、合わせれば、使えると思います。

QRCプロポの電波到達範囲。(2.4Gと72MHの場合)

RCプロポの電波到達範囲。(2.4Gと72MHの場合)
最近、2.4GHzの4PKを購入したのですが、
電波の届く範囲が100m程度と書かれていました。
27Mなどのプロポの場合、1kmなどと書かれています。
これから、飛行機に2.4GHのプロポを使いたいのですが
100m程度なら、すぐに到達範囲を超えて飛んでいきます。
2.4GHのプロポって、こんなに到達距離が短いのでしょうか。

便利ではありますが、かえって使いにくいものと
思ったほうがいいでしょうか。

Aベストアンサー

40MHZ,72MHZ,2.4GHZなどの周波数に関らず、受信範囲が100mのものもあれば1kmのもあります。
貴方の4PKは地上用に開発された機種と思いますが、
空用の機種で受信機が例えば 6014FS,608FS、617FSは500mの仕様、616FSは100m程度の仕様と思います、
小生の40MHZも100mの機種と500m機種を持っています
2.4GHZは6014FSで500mの機種でヘリに積んでいます
飛行機に積むのであれば500m程度は必要ですね。
飛行機であれば、プロポも空用のプロポにすれば使いやすいですが、

Qサーボコネクター、送信機バッテリーコネクターの互換性

サーボのコネクターは、メーカー間(フタバ、サンワ、KO)で互換性がありますか?

また、送信機バッテリーのコネクターは、メーカー間(フタバ、サンワ、KO)で互換性がありますか?

ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には互換性がありますが、No4の方のおっしゃるように双葉のコネクタのオス側(サーボ側)はツメが出てますから加工が必要です。
ただし、異なるメーカーの製品を組み合わせると純正の組み合わせとは動作方向や作動角が変わる場合があります。
特に双葉のスロットルチャンネルは他社と逆方向に動く場合が多いので要注意です。
 なお双葉の小型サーボにはMコネクター仕様というのがありますが、これは他社製品と互換性がありません。専用の小型受信機と組み合せて使います。

Qプロポとサーボの相性

ラジコン送受信機(プロポ)とサーボの組み合わせは
サンワのプロポにはサンワのサーボ、
フタバのプロポにはフタバのサーボを組み合わせるのが普通と聞いたのですが、本当でしょうか。
サンワのプロポにフタバのサーボを組み合わせた場合、どのような不具合が発生するのでしょうか。

Aベストアンサー

補足して
内部での信号のやり取りも各社仕様が違いますので
JRと双葉の組み合わせの場合にはニュートラル位置がずれます。
なので正転と逆転の稼動範囲が違う事になります。
(コンピュータープロポで設定は出来ますけどね)
で、JRと三和の組み合わせは上に書いた通りで電源の極性が逆なのですが
内部的な相性は良いのです。
これはその昔、三和の開発スタッフが独立してプロポメーカーを立ち上げ
後にJRとなった為で基本仕様は三和と同じなのです。

QFUTABA 受信機について

フタバの受信機について、教えてください。

今迄、電動飛行機をやっていましたが もっぱら、ファンフライ・パークフライを好んでいました。
しかし、今度からエンジン機を始める事にしたのですが 受信機にを新たに購入するの当たって いくつか疑問がわきました。
そこで、教えて頂きたいのですが 受信機の性能表記の違いや、お勧め受信機等などです。
下記に、自分で選んだのですが この違いを指摘頂けますでしょうか?
(1)R136F \13,650 FM
(2)R136HP \15,750 PCM1024
(3)R146ip \10,500 PCM
です。
(3)の146に至っては『PCM』のみで1024の表記がありません。

又、『デュアルコンバージョン』は性能的にも やはりいいんでしょうか?

多々、書きましたが 以上、よろしく お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

まず、PCMとPPM(FM)の違いはご存じですか?
136Fと136HPの違いはFMか、PCMかの違いです。私も両方使ってますが、
使用感は変わらないですね、安心材料としてはノイズに強いと言われている
PCMの方が良いかも知れません。

R146ip はPCMですが、パークプレーン専用として表示されていたと思います。
受信距離が短いタイプと言うことです。

デュアルコンバージョンタイプは9チャンネル受信機のR149などですね。(他にもありますが)
フタバの場合、R137HP(7CH)までがシングルコンバージョン、それ以上(8CH)の受信機は
デュアルコンバージョンとなっているようです。
シングルよりノイズに強いと言われていますが、これもまた実感として感じられませんね。
昔はアマチュア無線とかぶってノーコンになるとか言われていたようですが、
最近はほとんどそのようなことは感じません、外国製のとてもコンパクトなFM受信機の一部に信頼性の欠ける受信機があったみたいですが、
フタバや、他の国産メーカー品ですとどの品も性能は良いですよ。

安心だからと言って、R136HPにデュアルコンバージョンクリスタルを差しても動作しません、
反対にR149にシングルクリスタルを差しても動作しません。

こんにちは。

まず、PCMとPPM(FM)の違いはご存じですか?
136Fと136HPの違いはFMか、PCMかの違いです。私も両方使ってますが、
使用感は変わらないですね、安心材料としてはノイズに強いと言われている
PCMの方が良いかも知れません。

R146ip はPCMですが、パークプレーン専用として表示されていたと思います。
受信距離が短いタイプと言うことです。

デュアルコンバージョンタイプは9チャンネル受信機のR149などですね。(他にもありますが)
フタバの場合、R137HP(7CH)までがシングルコンバージ...続きを読む

Qプロポの互換性

飛行機用のプロポですが、JR・フタバ・サンワの各HPを見て、いろいろ勉強中です。

質問ですが、送信機-受信機-サーボは、同一メーカーでないと使えないんでしょうか?
・例:送信機と受信機は同じメーカー。でもサーボは型式により互換性がある・・・とか。
・モチロン、周波数と変調(AM、FM、PCM)は同じ場合で、電動用のアンプは除きます。

また、配線コネクターもメーカー間で互換性があるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは、40クラス練習機の件の方ですね。

★無線機互換のことですが、PCM方式ですと送信機→受信機間の伝達は純正の組み合わせで無いと出来ません。
★FMですと制限がありますが出来ます、双葉送信機でGWSやバーグ、クイックその他多数などのFM受信機は組み合わせることが出来ますが、双葉送信機でJR受信機は動きません。もうちょっと簡単に書くとサードパーティーのFM受信機は動くということです。
★サードパーティー製品でも双葉用、JR/三和用と分けている場合もありますから良くそのあたりは確認しましょう。中古を買うときは特に注意です。(分けていない製品もあります)
★上記は72メガのお話です。
★40メガFMは例としてF送信機でJやS純正受信機が動くそうです。その反対もありだそうです。PCMはだめです、自分では検証してないのでそのように聞いています。
★三和/JRと引っ付けて書く理由はその昔三和から袂を分かれた人たちがJR社を起こしたので(信号処理など)大変良く似ているのだそうです。

◆受信機とサーボの関係は基本的にメーカー混在で使っていてもOKです。アナログサーボもデジタルサーボも関係ありません。
◆電動アンプもサーボと同じ信号動作ですから、各社使えます。
◆蛇足ですがヘリのジャイロもメーカー間かかわらず使えます。

▲三和の古いタイプ(コネクター黒)サーボだけ注意が必要です、配線の極性がFやJRと違っていますので変換コードを入れるか、半田で細工して極性を入れ替えないといけません。字で書くとややこしいですが簡単なことです。最近販売中の(ブルーのコネクタ)モノはFやJと同じになっていますのでそのまま使えます。

▲コネクタに関してはJR受信機やJR延長コードに双葉コネクタはそのままでは挿せません、凸部をカッターで切り取って挿します。その逆はなんともありません、すんなり入ります、ただなんとなくきつかったりゆるかったりしますので、飛行中に抜けないようにタコ糸で縛るなどの一工夫をすると安心です。

こんにちは、40クラス練習機の件の方ですね。

★無線機互換のことですが、PCM方式ですと送信機→受信機間の伝達は純正の組み合わせで無いと出来ません。
★FMですと制限がありますが出来ます、双葉送信機でGWSやバーグ、クイックその他多数などのFM受信機は組み合わせることが出来ますが、双葉送信機でJR受信機は動きません。もうちょっと簡単に書くとサードパーティーのFM受信機は動くということです。
★サードパーティー製品でも双葉用、JR/三和用と分けている場合もありますから良くそのあたりは確認しましょ...続きを読む

Qラジコン飛行機のプロペラ選定について

(電動)ラジコン飛行機において、プロペラ選定方法について教えてください。

たとえば10×4.7というサイズにおいては、10がインチ径、4.7がピッチというのはわかりましたが、具体的に径が変わればどのような、ピッチが変わればどのような特性になるのでしょうか。

今所有の機体で純正プロペラ・モーターを交換した場合のプロペラ選定でどのような方向で選べばいいかわかりません。
電流計などで測定しながら選べばいいのでしょうけど、持っていませんので、ある程度の選び方があれば教えてください。


以下自分の想像ですが
径が大きい=回す力が必要・モーターの負荷大(ゆっくり回る)
径が小さい=回す力は少ない・軽く高速で回る

ピッチが小さい=加速がいい・瞬発力がある 伸びが無い
ピッチが大きい=負荷が大きいが、伸びがあり、スピードは出る


こんな感じで合ってますでしょうか。

Aベストアンサー

基本的にはそれで合ってますが、それは同一メーカーの同一シリーズのプロペラの場合です。
サイズ表示が同じでもブレードの形状が違えば特性も異なります。
例えば、APCのプロペラで型番にSFと付くものはゆっくり回してゆっくり飛ぶ機体に適します。(ファンフライ機等)
何も付かないものは高速回転させて高速で飛ぶ機体に適します。(スタント機等)
 標準以外のプロペラを使うなら電流計は必須です。
モーターが焼けたりアンプがダウンしたり被害は大きいですよ。
 

参考URL:http://www31.ocn.ne.jp/~qrp/main.html/400BBdata.html

Qプロペラモータのスペックの見方,推力計算について

プロペラモータのスペックの見方,推力計算について


この度はよろしくお願いいたします.
http://www.rcdepot-jp.com/top_select/top_top_3.html
のサイトで販売されているPower 46 Brushless Outrunner Motor,670 kVのスペックの見方について説明をして頂けないでしょうか?
そしてPower 60 Brushless Outrunner Motor,400 kVのモータの性能の見方と比較についてお聞きしたいのですが,回転数を見るとPower 46 Brushless Outrunner Motor,670 kVの方が一分間に270回転も多く回転するので同じプロペラという条件ならこちらの方が推力は上の様な気がするのですが,何故推力はPower 60 Brushless Outrunner Motor,400 kVの方が上なのでしょうか?

最後になりますが,プロペラを付けた状態での推力の計算方法について教えてください.

Aベストアンサー

モーターの「KV値」は「電圧1Vあたりの無負荷回転数(rpm)」なので、目安の数値であって、
実際にプロペラを回した際に得られる回転数ではありません。一般にこの値が低い方が低回転
高トルクモーターだということを示しています。詳しくは「KV値」で検索されるといいでしょう。

スペックで見ると「Power 46」は40~46グローエンジン相当、「Power 60」は60相当なので
当然 Power 60 の方が大きく重く、パワーの出るモーターです。「Recommended Prop Range」
を見ても大きいプロペラを回せる仕様になっていることからも解ると思います。

推力計算式はラジコン技術誌2008年10月号の記事からそのまま引用します。
静止推力(g)  Th=(D÷10)^3 x (P÷10) x (N÷1000)^2 x 22
D:ダイヤ(インチ)、P:ピッチ(インチ)、N:回転数(rpm)、「22」:APCプロペラ用の換算数値
となるそうです。回転数は実際のところプロペラとバッテリーの選択で変わりますが、例えば
DxP=12x8ペラ 、N=7600rpm ならばこの式で 約1757g と出ます。
垂直上昇を快適に行うためには、この推力が機体重量の1.25倍以上要る、とのことです。

モーターの「KV値」は「電圧1Vあたりの無負荷回転数(rpm)」なので、目安の数値であって、
実際にプロペラを回した際に得られる回転数ではありません。一般にこの値が低い方が低回転
高トルクモーターだということを示しています。詳しくは「KV値」で検索されるといいでしょう。

スペックで見ると「Power 46」は40~46グローエンジン相当、「Power 60」は60相当なので
当然 Power 60 の方が大きく重く、パワーの出るモーターです。「Recommended Prop Range」
を見ても大きいプロペラを回せる...続きを読む

Qラジコンのプロポを購入したいのですが・・・

ラジコンのプロポを教えてください。現在、futabaの6X superを使っています。購入して10年以上経つので、新しくプロポを購入しようと思います。機体は主に電動グライダーか電動飛行機で2.4Ghzを考えています。できればfutabaがいいかなと思っていますが、いろいろ機種があって迷っています。機体が4機あり、受信機も同時に購入しなければならず、なるべく低コストに抑えたいと思っています。どういう機種がいいか教えてください。

Aベストアンサー

フタバであれば、ここがHPトップページです。
http://www.rc.futaba.co.jp/
この他に、ショップに行けばフタバの季刊誌(カタログ)「power transfer」
を無料配布しています。現在「futaba ver. 2011 Autumn Vol.24」が
最新です。以前購入された先はどこか存じませんが、ショップは上記サイト内
からでも検索できます。

低価格がご希望ならばお勧めの最初は「8FG super」です。比較的新しいモデル
で機能的には十分でしょう。コストパフォーマンス的に優れています。
メリットの一つは不定期に内部ソフトのバージョンアップが行われ、機能が
追加される事です。これで旧モデルである「super」の文字の無い「8FG」も
現行モデルと同じに出来るという事まで可能になっています。

さらに低価格だと「6J」、「7C」、「6EX」があります。ここから下位だと
「4EX」もありますがこれは旧バンドのみです。「6J」は一番新しく、飛行機
の可変ピッチプロペラに対応します。小型EP(電動)機で高度なミキシング
機能なども望まないのであれば「6EX」でも十分です。6個のモデル切り替え
も出来ますし、機能が限られる分設定も簡単です。

注意が必要なのは、複数の受信機を用意する際に、現在フタバの2.4Ghzには
数種類あって、互換性を知らないと使えないということです。
たとえば「6J」は新しいS-FHSS方式、「8FG super」、「6J」、「7C」、「6EX」
はFASST 方式、さらにFASST には 7ch モード と マルチモードがあって
互いに互換性がありません。(「8FG」のような8ch以上の送信機では両方の
モードが発信可能です。)

大分ややこしいことで当惑されると思いますが、これらが在るのが現状です。
未発売ですが最上位モデル「18MZ」はFASST estとなりさらに多種になってます。
この互換について、再三再四、私もフタバにカタログやHPに互換表掲示を
要望してますが実現してません。受信機選びにはこの点、購入時に良く
確認して下さい。

これは決してお勧めしている訳ではない、という言い方しか出来ませんが、
他社製受信機も発売されています。ここに掲載されている受信機でも使用可能
です。「TFR」と付くものは 6EX送信機でも動きます。

http://www.hobbynet-jp.com/japan/main/main-reciever.asp
(トップページ)
http://www.hobbynet-jp.com/japan/index.html

フタバ互換受信機として使えますが、フタバ自体は電波の情報ソースを公開
してないので、「動く筈の無いもの」として責任は持てないとしています。
実際のところ、屋外の小型EP機やインドア機などに使う分には使えて
「いる様です」。これらも FASST 、その中の 7ch/マルチ モードは切り替える
必要はあります。微妙な言い回ししか出来ませんが、要は自己責任で使って
頂くしかないということです。

フタバであれば、ここがHPトップページです。
http://www.rc.futaba.co.jp/
この他に、ショップに行けばフタバの季刊誌(カタログ)「power transfer」
を無料配布しています。現在「futaba ver. 2011 Autumn Vol.24」が
最新です。以前購入された先はどこか存じませんが、ショップは上記サイト内
からでも検索できます。

低価格がご希望ならばお勧めの最初は「8FG super」です。比較的新しいモデル
で機能的には十分でしょう。コストパフォーマンス的に優れています。
メリットの一つは不定期に内部ソフトの...続きを読む

Q受信機用バッテリーについて 質問です その2

受信機用バッテリーについて 質問です その2

バッテリーの ニッカド と ニッケル水素の違いについて お聞きしたいのですが

受信機がJRの2.4G RD731を使っていますが 基本が4.8Vのニッカド・バッテリーになっています ニッカド専用とは書いていないのですが・・・・ 

質問その(1)

4.8Vニッケル水素を使っても問題は無いのですか?

質問その(2)

容量が同じ場合 ニッカド と ニッケル水素 の大きな違いはなんですか?

昔の人間なので 受信機用は ニッカドしか使った事がありませんので おそらく 初歩的な質問になってしまうのかと・・・そんな事も知らんのかぁ~~  と言われそうですね

聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥ですから

今回も 宜しくお願いします 

Aベストアンサー

>質問その(1)
>4.8Vニッケル水素を使っても問題は無いのですか?

天下のJRが受信機用として供給を開始しているので大丈夫でしょう。JR直接にも確認出来ます。
http://www.jrpropo.co.jp/jpn/inquiry.html
フタバにはあるのにJRにメール窓口は無いんですね。

受信機の説明書にニッカド指定があるのは電圧の関係ではないでしょうか。フタバは4セル・5セル
用サーボ製品が混在し、受信機は5セル稼動前提です。しかしJRはハイボルテージとカー用を除き
基本サーボは4セル仕様だとされていますので、その受信機は1.2V4セル専用で乾電池等の6V
使用を禁じているということかと思います。電圧が一定内で安定しているものという観点もあると思い
ます。説明書にニッケル水素が出てこないのは新しいため、まだ載せてないだけだと思います。

>質問その(2)
>容量が同じ場合 ニッカド と ニッケル水素 の大きな違いはなんですか

実際に使っていないのでwikiを貼っておきます。同スペックでは明らかに軽い、というのはカタログ
では解るのですが。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%AB%E6%B0%B4%E7%B4%A0

「電池の常識」は数年で変わってしまい、欠点と思われて敬遠されたことでも改良されたりします。
ニッケル水素については出始めは必ず「自然放電が多い」と書かれてましたが、これを克服して逆
に一年後でも容量が十分あることを売りにしたエネループも出てますし、書かれたものが古ければ
鵜呑みに出来ないところがあります。またニッケル水素は低温下の使用で問題があるとも聞くので
自分では様子見を決めています。

しかし、フタバでは既に大半のニッカドは生産中止と発表されました。噂では製造元がカドミウム
含有製品の生産を打ち切ったらしいのですが、代替品の発表がないままです。「燃える」電池を
プロポメーカーとしては供給し難いと考えると多分受信機側もニッケル水素になる可能性大です。
実績と信頼性からはニッカドは実に安定して良いバッテリーでしたが、時代の流れはどうしようも
ないようです。

以下は前回分からの続きになるのですが、

容量計算と同時に一度に流れる電流の「何C」も基準になりますね。5サーボなら最大1.5Aは
食う、と考えると600mAhバッテリーでは2.5C以上の負荷がかかると予想されるので、
これでは1V以上電圧降下してサーボが負けたり、下手をすると受信機の最低作動電圧を
割ってホールドに入る可能性があると予想できます。ここは1C~1.5C程度になる容量の
バッテリーを選ぶべきでしょうし、現実にもその程度が使われていると思います。

ただ、4サーボ、600mAhでサーボが負けましたか。大分以前のプロポセットでは4~5chの
飛行機用では「乾電池」セットもあったことから見るとちょっと意外に思えます。本当に残量が
無かっただけでは? あるいはそのサーボの消費は大目に見積もる方がいいのかもしれま
せんね。

予想どおり、50クラスのアクロ機でしたか。だとトルク5.2キロは決して大きめではないです。
ご質問内容からてっきりデジタルサーボのお話だと思い込んでいましたが、アナログサーボ
の選択はこの場合正しいと思います。デジタルはハンチングするとJRのカタログにも書いて
ありました。
しかし、重いですね。ホバリングのリカバリーがきつそうですが。でもそのための5セルリポ
なんでしょうけれど。軽いバッテリーという点ではリポ+レギュレーターもアリではないですか。
リポに不慣れな方にはお勧めし難いのですが、既に電動を手掛けてる訳で全く心配ないと
思いますし。

ここで言うのも変ですが、前回回答中の式で意味の無い「+10」が入ってました。結果は変わ
らないのですが、これでは停止待機中の6個目のサーボがあることになってしまいます。
訂正しお詫び申し上げます。

>質問その(1)
>4.8Vニッケル水素を使っても問題は無いのですか?

天下のJRが受信機用として供給を開始しているので大丈夫でしょう。JR直接にも確認出来ます。
http://www.jrpropo.co.jp/jpn/inquiry.html
フタバにはあるのにJRにメール窓口は無いんですね。

受信機の説明書にニッカド指定があるのは電圧の関係ではないでしょうか。フタバは4セル・5セル
用サーボ製品が混在し、受信機は5セル稼動前提です。しかしJRはハイボルテージとカー用を除き
基本サーボは4セル仕様だとされていますので...続きを読む


人気Q&Aランキング