日本書紀に小野妹子は大唐国に行ったと書いてあります。遣唐使があったというのは判りますが、遣隋使があったという根拠が判りません。本当に遣隋使はあったのですか。

『隋書』に「開皇二十年倭(*)王姓阿毎 字多利思比孤 號阿輩倭彌 遣使詣闕 上令所司訪其風俗 使者言倭王以天爲兄 以日爲弟 天未明時出聽政 跏趺坐 日出便停理務 云委我弟 高祖曰 此太無義理 於是訓令改之」
とあります。

でも、日本の天皇に、阿毎、字は多利思比孤、阿輩倭弥と号づく、なんて尊王はしゃらしゃらなかったのでないでしょうか。あるいは、私の知らない他の書物にそのような天皇のお名前が出ているのですか。

また『隋書』の「東夷傳倭國傳」に「日出處天子致書日沒處天子無恙云云」とありますが、それと日本の天皇との関係が判りません。私が高校時代に教わった教科書によると、それを送ったのは日本の天皇だと書いてあっただけですが、「東夷傳倭國傳」の文面からはそうだとは確証できません。

一豪族が派遣しても遣隋使と言うのでしょうか。だったら、もっと前に中国に派遣されていた外交団があったのではないでしょうか。あるいは、中国人には天皇の本当の名前を言わなかった(あるいは隠していた)とでもいうのでしょうか。昔の人達が今の人達の違って合理的でなかったとは思えません。

実際に書いてある物を否定するには余程の根拠があると思うのですが、その根拠とは何ですか。誰か偉い方が遣隋使があったと言ったからというような根拠ではなく、実証的に教えて下さい。

(注)「倭」に当たる*の正文字は「教えて!goo」になし。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「古田武彦氏の問題提起以降、何か進展があったのですか」


というご質問については、

九州王朝説
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E5%B7%9E% …

「歴史学、考古学等の研究者は、本説の内容に関して、史料批判など歴史学の基礎手続きを踏んでいないこと、考古学の資料分析の成果とそぐわないこと等をもって、検証に耐えうる内容ではないとみなしており[29]、当初古田が権威あるとされる研究誌での公表を行っていた頃には評価とあわせ批判をしていたものの、現在では主要な百科事典や邪馬台国論争史を著述した研究書においても記載されることなく無視されている。
その一方で、一般市民や在野の研究者の中には熱心な支持者が存在し、従来の古代日本史学をいまだ皇国史観の影響下にあるものと見て、本説はそれに代わる新しい史観であり、「日本古代史の謎や矛盾を無理なく説明できる」と主張している。また本説からは多くの亜流が生まれ、現在も研究がなされている」

という説明で正しいと考えます。

歴史に敏感な高校生であれば「タリシホコ」とか「倭の五王の比定」を習って「何だそりゃ?」と感じるはずです。日本書紀の記述と整合させるために滅茶苦茶なこじ付けをしている、としか思えません。私も、九州王朝説は「日本古代史の謎や矛盾を無理なく説明できる」と考えています。

ただ、古田氏の問題提起をさらに深めていく学者は今の所存在せず、古田氏の著書も絶版になり、いずれは九州王朝説は忘れられてしまい、高校生が「タリシホコ?倭の五王?」と首を捻る状況がずっと続いてしまうのか、と思うと残念です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は理学系の研究生活を続けている者ですが、この分野には二通りあり、直接役に立つ工学系に近いテーマを選んだ人達は、どちらかと言うと皆の評判を気にするようです。もう一方の、私のようにはじめから工学的にはすぐ役に立たないテーマをやっている連中は、学会でどういう評判が立つか気にしない者が多いようです。 

不思議なことに、理学系では役に立たないことをやっている連中ほど威張っているようで、例えば一番役に立たない宇宙論をやっている人達が、「どうだ!」という顔をしているようです。

歴史学や考古学では「我が道を行く」で生き残るのが大変なようですね。

この問題に関しての最近の動向を知ったことは貴重でした。有り難うございます。今後とも宜しくお願い致します。

お礼日時:2007/08/22 07:58

「随倭国伝」では、大業4年(607年の第3回目遣隋使の翌年)


随の煬帝は小野妹子と共に使臣「斐 世清」を倭国に派遣している。

「日本書紀」にも両者が九州・筑紫に到着したと有る。
ここに2ヶ月滞在してから、倭王は 小徳阿輩台に従者百名を引率させて
使者を難波に案内し、10日後には大礼哥多昆が20騎で倭国の
首都大和に案内し倭王に相見させている。

隋書・記紀にも、何故か倭王の名も、女帝か男帝かの記録もない。
斐 世清が九州・筑紫に2ヶ月も滞在したのに、大和には1週間位しか
居なかったのも不思議である。

斐 世清は”阿蘇山”について詳細に報告し、倭国には「如意宝珠」があり、
夜青白い光彩を放つ。鶏卵大で魚の眼精だと言っている。(詳細不明)
また、新羅・百済が倭国は大国で敬仰しており、珍物が多いので頻繁に
往来していると伝えている。
それは、地理的に見て島伝いに海を渡ればすぐ到着できる
北九州王朝の事だと見ている。
斐 世清の主たる目的は九州王朝の多利思比弧に面会するためであったのだろう。難波、大和はついでに訪れた。
旧唐書・(607~907年)の歴史書に因ると、
北九州には倭国の王朝があり、奈良には大和王朝の日本国があり、
完全に別個の国として存立していると言っている。
その後、倭国伝と日本伝の両者が記録されている。
”日本国は倭国の別種なり”と、書いている。
ついでに、
「白村ノ江(ハクスキノエ)の合戦」(660年代)
三国史記によると、新羅・唐混合軍の百済侵略を救援するため倭国が
2万7千余名の軍隊と170艘の軍船を送って、錦江河口の白村ノ江で交戦し、殆ど全滅した。
恐らく、南鮮の倭人と北九州王朝派遣の連合軍と思われるが、      
天智10年(671年)唐が捕虜2千人と軍船47隻を北九州に送還している。
捕虜の中に「筑紫の君・薩野馬」(→九州王朝の最後の倭王らしい)がいた。
総指揮官・筑紫の君・薩野馬が捕虜になり大敗したため、
北九州王朝は勢力を失い、大和朝廷に完全に併合された。
為に、「日本書紀」(大和朝廷の歴史書)には全滅の状況や援軍指揮官や
捕虜の事は殆ど記載していない。

「日本書紀」には、白村ノ江の合戦の援軍は大和朝廷が派遣したように
書いてあるが、全滅の状況や援軍指揮官や捕虜の事は殆ど記載していない。
実際は北九州王朝が派遣したもので、もし大和朝廷が派遣したもので有れば、大敗の状況から見て大和朝廷も天智天皇も平穏無事では居られなかっただろう。そして、
670年天智天皇(第38代)9年に「日本国」と定めた。
”倭国自ら其の名の雅ならざるを悪み、改めて日本と為す”(旧唐書)
”倭国更めて日本と号す、自ら言う日出ずる処に近し”  (三国史記)

近畿天皇家の大和朝廷は北九州王朝の支派の一つであったが、
その後に勢力を増大した大和朝廷は、白村ノ江の合戦で勢力を失った
北九州の倭国を併合して、
倭国・倭人という馬鹿にされた名前から「日本国」という美称に改名した。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しいご説明、有り難うございます。昔教科書で習ったのとは随分違った説明で、いろいろ勉強になっています。今後も宜しくお願い致します。

お礼日時:2007/08/22 07:41

 隋書に記述がある以上、遣隋使があったのは間違いないでしょう。

日本書紀は第一回遣隋使よりも100年以上(?)後になって編纂された(らしい)書物ですから、隋を唐と間違えて記述することもあり得たのでは?

>倭(*)王姓阿毎 字多利思比孤 號阿輩倭彌
 「倭王」はそのまま倭の国の王という意味。
 「阿毎 字多利思比孤」は、当時の日本での倭王、つまり後に言う天皇の称号だったのではないかと言われています。
 そして「阿輩倭彌」は「倭彌」が王の妻の称号だったことから、皇后(もしくは女帝)という意味合いで使われていたのではないかと思われます。
 つまり推古天皇のことでしょう。
 日本の使者は日本の王「天皇」の使いと伝えたところ、中国側が「天皇」という名前の日本の王の使いだと勘違いして記録したのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のアドバイス有り難うございます。私の質問の仕方に不備なところがあったので、その旨を#1さんへの補足質問に書き加えておきました。今後とも宜しくお願い致します。

お礼日時:2007/08/20 15:11

質問者様の疑問に対する正面からの答が、古田武彦氏の「九州王朝説」ですね。

大陸から「倭」と呼ばれて日本列島を代表する政権と看做されていたのは、大和王朝に吸収されて滅びた九州王朝であり、隋に使節を送ったのも九州王朝であると。

「失われた九州王朝」という本に詳述してありますので、古本か図書館で探して下さい。

この回答への補足

懐かしい名前を思い出させて下さいました。私は多分20年以上?前に古田武彦の「邪馬台国はなかった」を読んでいます。上の私の質問に不完全なところがありましたので、お詫びを申し上げます。

上の疑問はそのとき以来強烈な印象が残り、その後、遣隋使のことに触れた物を読む度に不満を感じていました。でも,この質問を書いたときにはその疑問がどこから来たのか,はっきりとは意識していませんでした。「教えて!goo 」なら、このもやもやをすっきりさてくれると思ったのです。

私は分野の違った領域で研究生活を続けておりますが、その経験で「適切な質問をする方が、適切な回答をするよりも難しく、かつ重要である」ということは、重々承知していたつもりでしたが、上の質問ではその部分を蔑ろにしていたようです。お恥ずかしい次第です。

そこで質問ですが、古田武彦氏の問題提起以降、何か進展があったのですか。始めから、このように聞くべきだったのですが、もしなにか情報をご存知なら、お教え下さい。

補足日時:2007/08/20 15:06
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございました。

お礼日時:2011/05/05 23:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遣隋使によってもたらされたもの

こんばんは。
聖徳太子が隋に遣隋使を送りましたよね。
遣隋使を送ったことによって、日本には何が入ってきたんでしょうか?

日中の関係を小論文で書かなければならなく、質問いたします。
よろしくお願い致します!

Aベストアンサー

遣隋使の目的は、東アジアの中心国・先進国である隋の文化の摂取もあったが、何よりも新羅・百済への影響力を維持するためには、隋との国交が必要であったからです。
http://www.infogogo.com/%E9%81%A3%E9%9A%8B%E4%BD%BF.html


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%A3%E9%9A%8B%E4%BD%BF

http://www.ffortune.net/social/history/nihon-nara/kenzuisi.htm
http://www.inter-highschool.ne.jp/~s0201004/history/keigaisi.htm

Q遣隋使、小野妹子

名前は女っぽいけど、男なのは知ってますが。それはさておき、聖徳太子から派遣を任じられて中国へ渡った訳ですよね?言葉も分らない。中国の地理も分らないであろう使者が、どうやって時の皇帝もしくは主要と会えたのでしょうか?アポなしで行ったら、上陸した時点で異人扱い(異人だけど)で殺されたりするんじゃないでしょうか?詳しく教えてくださいm(__)m 。

Aベストアンサー

本論に戻って遣隋使、遣唐使の話ですが、最初の遣隋使は隋書の記録しかないので、二回目の小野妹子の場合についていうと、渡来人の通訳など数十人が同行し、多くの土産(貢物)を持参しました。  まあ朝貢とも見られます。   上陸し隋の役人に会い案内されました。   国書に問題があっても歓迎されるわけです。  のちに返礼の使者が日本に来ています。
どんな物を持参したか、のちの遣唐使の例では、銀500両、絹、木綿、麻の織物、瑪瑙、金漆、甘葛汁、椿油などの貴重品です。
これらは、留学生の滞在費のほか、持ち帰った貴重な仏典などの帰りの土産の代価とも見られ、一種の貿易で朝貢とはとけしからんと、目くじら立てることもないようです。
人数も733年の真人広成の時は総数590人、通訳、医師もおり相当する貢物は多額の費用になったでしょう。  海難で水没することも多く国の負担大でした。
砂金も贈られましたが、後期の遣唐使の話です。

Q遣隋使 煬帝が裴世清を日本に派遣した理由

遣隋使 小野妹子が持参した国書に煬帝が激怒したものの、裴世清を日本に派遣してますよね。理由は隋が高句麗との戦争を控えていたからということです。私が知りたいのは、高句麗と隋がどこにあったかということなんです。学校の図説とか調べても唐の時代の東アジア地図は載っていますが、隋の時代のものがありません。↑の時代の地図をみて確認したいのです。どなたかサイトなどで地図があれば教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

隋は、現在の中国から台湾・チベット・東トルクスタン・内モンゴルを除いた地域を領土としていました。
高句麗は、現在の北朝鮮・朝鮮民主主義人民共和国地域を領土としていました。
詳細は、下記URLを参考にして下さい。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tsuka/map/02/FarEast_7c01.JPG

Q遣唐使とか遣隋使とかは、現代版として復活する可能性がありますか?

中国の近未来を教えてください。世界史の流れでは今後中国はどういう位置づけになりそうなのか、お考えを教えてください。

Aベストアンサー

「朝貢」

・・といって、中国の皇帝に対して周辺国の君主が貢物を捧げ、これに対して
皇帝側が「確かに君主である」と認めて恩賜を与えるという貿易・・

それが日本の場合「遣隋使」「遣唐使」です。

まぁ日本は「中国の臣下」という位置づけです。

(一度対等な立場で訪問した際、煬帝に怒られた)


世界的に見て強い影響力をもつようになった中国です。
今後アメリカと2強体制になっていくのかもしれません・・。

また、日本には資源はありませんが技術はありますね・・。

TPPが死に、中国主導のRCEPが今後どうなっていくか
ですね・・。

(これが現代版遣唐使になる・・?)

Q遣隋使はあったのですか。

日本書紀に小野妹子は大唐国に行ったと書いてあります。遣唐使があったというのは判りますが、遣隋使があったという根拠が判りません。本当に遣隋使はあったのですか。

『隋書』に「開皇二十年倭(*)王姓阿毎 字多利思比孤 號阿輩倭彌 遣使詣闕 上令所司訪其風俗 使者言倭王以天爲兄 以日爲弟 天未明時出聽政 跏趺坐 日出便停理務 云委我弟 高祖曰 此太無義理 於是訓令改之」
とあります。

でも、日本の天皇に、阿毎、字は多利思比孤、阿輩倭弥と号づく、なんて尊王はしゃらしゃらなかったのでないでしょうか。あるいは、私の知らない他の書物にそのような天皇のお名前が出ているのですか。

また『隋書』の「東夷傳倭國傳」に「日出處天子致書日沒處天子無恙云云」とありますが、それと日本の天皇との関係が判りません。私が高校時代に教わった教科書によると、それを送ったのは日本の天皇だと書いてあっただけですが、「東夷傳倭國傳」の文面からはそうだとは確証できません。

一豪族が派遣しても遣隋使と言うのでしょうか。だったら、もっと前に中国に派遣されていた外交団があったのではないでしょうか。あるいは、中国人には天皇の本当の名前を言わなかった(あるいは隠していた)とでもいうのでしょうか。昔の人達が今の人達の違って合理的でなかったとは思えません。

実際に書いてある物を否定するには余程の根拠があると思うのですが、その根拠とは何ですか。誰か偉い方が遣隋使があったと言ったからというような根拠ではなく、実証的に教えて下さい。

(注)「倭」に当たる*の正文字は「教えて!goo」になし。

日本書紀に小野妹子は大唐国に行ったと書いてあります。遣唐使があったというのは判りますが、遣隋使があったという根拠が判りません。本当に遣隋使はあったのですか。

『隋書』に「開皇二十年倭(*)王姓阿毎 字多利思比孤 號阿輩倭彌 遣使詣闕 上令所司訪其風俗 使者言倭王以天爲兄 以日爲弟 天未明時出聽政 跏趺坐 日出便停理務 云委我弟 高祖曰 此太無義理 於是訓令改之」
とあります。

でも、日本の天皇に、阿毎、字は多利思比孤、阿輩倭弥と号づく、なんて尊王はしゃらしゃらなかったのでないでしょ...続きを読む

Aベストアンサー

「古田武彦氏の問題提起以降、何か進展があったのですか」
というご質問については、

九州王朝説
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E7%8E%8B%E6%9C%9D%E8%AA%AC

「歴史学、考古学等の研究者は、本説の内容に関して、史料批判など歴史学の基礎手続きを踏んでいないこと、考古学の資料分析の成果とそぐわないこと等をもって、検証に耐えうる内容ではないとみなしており[29]、当初古田が権威あるとされる研究誌での公表を行っていた頃には評価とあわせ批判をしていたものの、現在では主要な百科事典や邪馬台国論争史を著述した研究書においても記載されることなく無視されている。
その一方で、一般市民や在野の研究者の中には熱心な支持者が存在し、従来の古代日本史学をいまだ皇国史観の影響下にあるものと見て、本説はそれに代わる新しい史観であり、「日本古代史の謎や矛盾を無理なく説明できる」と主張している。また本説からは多くの亜流が生まれ、現在も研究がなされている」

という説明で正しいと考えます。

歴史に敏感な高校生であれば「タリシホコ」とか「倭の五王の比定」を習って「何だそりゃ?」と感じるはずです。日本書紀の記述と整合させるために滅茶苦茶なこじ付けをしている、としか思えません。私も、九州王朝説は「日本古代史の謎や矛盾を無理なく説明できる」と考えています。

ただ、古田氏の問題提起をさらに深めていく学者は今の所存在せず、古田氏の著書も絶版になり、いずれは九州王朝説は忘れられてしまい、高校生が「タリシホコ?倭の五王?」と首を捻る状況がずっと続いてしまうのか、と思うと残念です。

「古田武彦氏の問題提起以降、何か進展があったのですか」
というご質問については、

九州王朝説
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E7%8E%8B%E6%9C%9D%E8%AA%AC

「歴史学、考古学等の研究者は、本説の内容に関して、史料批判など歴史学の基礎手続きを踏んでいないこと、考古学の資料分析の成果とそぐわないこと等をもって、検証に耐えうる内容ではないとみなしており[29]、当初古田が権威あるとされる研究誌での公表を行っていた頃には評価とあわせ批判をしていたものの、現在では主要...続きを読む

Q遣隋使、遣唐使

1.記紀には聖徳太子が送った遣隋使が中国への最初の使いのように書かれていますが、中国側の史料には
邪馬台国や倭の五王の時代に使いが何度も来ている事が書かれています。
これらの時代の事はなんで記紀には無いのでしょうか?

2.遣唐使船はしばしば難破したり漂流したりで半分くらいしか辿り着けていないそうですが、
白村江の戦いでは日本軍は一千隻もの軍船に数万の兵を搭載して大陸まで送る航海技術があったのに、なんでこうなったのでしょうか?
白村江の戦いでも実際はその数倍の軍船が建造されていたけれど、途中でかなり沈んでいるのでしょうか?
でもそのような記述はありません。
また千に数倍する軍船が建造されていたとすれば、それ自体遣唐使の時代とかなりの技術力
や生産力の違いが感じられるのですが。

Aベストアンサー

2についてですが、その白村江の戦いの結果、安全な半島経由のルートが使えなくなったため、直接海を渡るルートを使わざるを得なくなり、非常に危険なものになったそうです。

遣隋使、遣唐使も白村江まではわりと安全だったらしいですよ。

Q今から1410年前の今日第1回遣隋使派遣と歴史にありますがこの頃言葉の

今から1410年前の今日第1回遣隋使派遣と歴史にありますがこの頃言葉の問題はどうしたのでしょうか。教えて下さい。

Aベストアンサー

遣隋使の乗員に関しては名簿が発見されており、それには外国風の名前が多数記載されています。
これから、帰化した渡来人を通訳として随行させていたと思われます。
日本書紀によると、小野妹子は中国語を話せず、鞍作福利という渡来人を通訳として同行させていたという記述があります。

「隋書東夷伝」には日本に中国人が村を作って住んでいたという記述があります。
それ以前の時代でも、卑弥呼は中国の柵封を受けおり、当時から交流はあったので、それなりに言葉のわかる人間はいたはずです。

しかし、渡来人が帰化し、一氏族を形成できる程度に重用された事はありますが、現地人を征服し支配できるほど、一時期に大量に渡来した記録はありません。DNA的な分析や、稲作の伝播経路の研究からも、日本人のルーツとしての大陸との関係は否定されつつあります。

文字と言語は違うものです。
当時の日本に独自の文字が存在したか否かは、未だはっきりしていませんが、当時の支配階級が「文字」として中国語(漢文)を「書いていた」のは確かだと思います。
しかし、「言語」は日本語を「話していた」はずです。それ以前に当時の平民は文字自体を読み書きできなかったと思いますし。

遣隋使の乗員に関しては名簿が発見されており、それには外国風の名前が多数記載されています。
これから、帰化した渡来人を通訳として随行させていたと思われます。
日本書紀によると、小野妹子は中国語を話せず、鞍作福利という渡来人を通訳として同行させていたという記述があります。

「隋書東夷伝」には日本に中国人が村を作って住んでいたという記述があります。
それ以前の時代でも、卑弥呼は中国の柵封を受けおり、当時から交流はあったので、それなりに言葉のわかる人間はいたはずです。

しかし、渡来人...続きを読む

Q小野妹子はなぜ有名なのか

小野妹子は使者として隋に行ったとして有名ですが、もし妹子が日本の全権大使みたいだったとしても、隋や唐には何回も遣唐使や遣隋使を送ってるので大使はいっぱいいたし、隋に行った人は南淵請安などたくさんいたし、日いずる国~の書にしても書いたのは聖徳太子で妹子は持ってっただけだし・・・妹子が特に何をしたという人ではないのになぜ教科書に載るほどなんですか?

Aベストアンサー

日本書紀に最初に記された遣隋使の国書持参係でしかも聖徳太子が派遣したからでしょう。聖徳太子の神聖視は特に戦前すさまじいものが有った様で。今も余韻残ってますが。

ま、国書に例の隋に対して対等であらんとする内容がかかれてなければここまで有名になったかは疑問ありますけどね。

Q小野妹子は聖徳太子の国書を持って隋に行ってどうして生きて帰ってこれたのでしょうか?

小野妹子は聖徳太子の国書を持って隋にいって、どうして生きて帰ってこれたのでしょうか?
聖徳太子の国書は「日出る処の天子,書を,日没する処の天子に致す。恙なきや。」で始まっていますが、中華思想の強い中国の王朝では非常に無礼なものと考えられたと思います。特に強大な力をもった統一王朝の隋に行って、対等な関係を示す「天子」を持った国書差し出せば無礼者としてその場で殺されてしまうような気がします。
ところが現実には裴世清を伴い帰国し、聖徳太子の対等外交政策は一応成功しました。高句麗の脅威に対抗するため倭国と手を結ぶ必要があった等の説明を聞きますが、どうもそれだけでは「天子」という言葉の記載のある対等の国書を受け取った上裴世清まで使者として送った理由としては、彼らの中華思想の強さや何百年かぶりの統一王朝の隋の登場といった背景を考えると、説得力がやや弱いと思います。
聖徳太子や小野妹子は隋王朝内部にコネがあったり、彼らの弱みを握っていたのでしょうか? あるいは朝鮮半島出身ではなく、大陸出身の渡来人がブレーンとしていたのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

598年の高句麗との戦いで大打撃を受けたことと、607年に高句麗が東突厥に同盟を持ちかけたことで、隋はかなりの緊張感を持たざるおえなかったのだと思います。

有史以来、争いの絶えない大陸で生き抜くには、かなりのリアリストでなければ無理なのであり、尊厳よりも時には実益を選ぶ柔軟さが必要なのではないでしょうか。
太子は、その絶妙なタイミングを見計らって、国書を送ったのではないのかな。


ご存知とはおもいますが、ブレーンとしては「秦河勝」が有名ですね。
まさしく大陸出身の秦氏です。

Q小野妹子の「妹」についての質問です

遣隋使である小野妹子の名前に、なぜ妹が使われているのかご存知の方は是非教えていただけると嬉しいです。
ウィキペディアで調べたところ、どうして妹という字を使ったかについて明確な答はわかっていないとあったのですが、どのような説があるのかだけでも知りたいので、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

明確な回答を持ち合わせていないのが残念なのですが。

小野妹子の時代に妹という字がどういう意味を持っていたかを調べてみるのはどうでしょうか。

私の荒い認識では、神の依り代となるような霊威のある女性、若しくは役職に妹という言葉を当て、そこから妹という言葉それ自身が特別な力をもつ言葉だと思われていたようです。

こういうところから考えてみるのも面白いのかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報