日産セレナのカタログに「オートコントロール4WD」と言う説明があります。
その内容を見ると、「前輪がスリップするとオートコントロールカップリングが作動し、より大きなトルクを自動的に後輪に伝え4WDで走破する。通常走行時は後輪へのトルク配分を控え燃費を向上させる」とあります。
そこで疑問なんですが、普段は後輪にはトルクがどの程度掛かっているのか、また、高速走行時における車両安定性への貢献度などはどうなのか?それと、実際の雪道での走破性などご存知の方アドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

この車種では基本的にFF構成ですので、通常リアには駆動トルクは発生していないいません。

前輪が何らかの原因によりスリップするとそのスリップ率に応じた駆動トルクが後輪に伝達される仕組みです。

参考URL:http://nmc.nikkeibp.co.jp/news3/n9468.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細な参考URLありがとうございました。

お礼日時:2001/02/05 18:26

nekです。


普段後輪に掛かっているトルクは0%だと思います。
日本のほとんどの4WDが同じような方式です。
常に4輪にトルクがかかっているのはスバルくらいでは無いでしょうか?
前輪がスリップ時に初めて動作するよりも、常に4輪にトルクがかかっていたほうが安定するのは間違いありません。
しかし、雪道であれば、タイヤがスリップしやすくなるので、この様な方式でもかなりの効果はあると思います。
また、常に4輪にトルクがかかる方式よりも、燃費が良くなるのも利点でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。やはり普段はFF状態な訳ですね。いろんな種類の4WD方式があるので混乱してしまいます。

お礼日時:2001/02/05 18:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q運転席側の前輪と後輪が側溝にはまった事故なのですが、その側溝は幅が1.

運転席側の前輪と後輪が側溝にはまった事故なのですが、その側溝は幅が1.5mぐらいあり
はまったとき白い蒸気が出たとのこと。全部聞いた話なのですが、
そういう場合下回りはかなり損傷していますよね。車は古いイプサムだそうです。
安い中古車を探した方が、早いですよね。

Aベストアンサー

>はまったとき白い蒸気が出たとのこと
側溝に落ちたときに、ラジエターが損傷して冷却水が漏れたか
車のマフラーが、側溝に溜まっていた排水に触れて水蒸気がでたか
どちらかでしょうね

どういう状況で側溝にはまったのかが分からないので、判断が難しいですね
側溝に落ちても何の修理も無しでそのまま乗れる場合もありますから
買い換えるかどうかは、修理業者に見積もりを出してもらってから判断したほうがいいですね

Qチェーンは前輪?後輪?

恥ずかしい質問ですが教えてください。駆動輪にチェーンを付けるのは常識だと思っています。これが4WDの場合はどちら装着すればいいのでしょう?たとえば登りは前輪に下りは後輪など・・・明日、スキーに行くため困っています。お忙しいところお願いいたします。

Aベストアンサー

私の車はフルタイム4WDですが、
チェーンの装着は前輪にします。
訳は簡単、ハンドルが効かなくては意味がないからです!
それに、考えてください!
駆動方法の場合、雪道に強いのは
FRよりはFF、FFよりは4WDと言ったように
後ろから押すよりは前で引っ張る
前だけで引っ張るよりは、4輪で引っ張る
と言ったように、後ろより前のほうが有効なのです!
前が大事っと言った所ですかね~?
それに、前にも言ったように
ハンドルが効きますから、当然前でしょう!!!
でも、安心は禁物!!!
雪道では、「急」のつく操作は禁物ですから!
(急ハンドル・急ブレーキ・急アクセルなどなど)
って、そんな事は分かってる???
そりゃまた失礼いたしましたっと!!!(笑)
ではお気をつけて!!!

Q乗用車タイプの軽自動車4WDで特に雪道に強いものって有るのですか

乗用車タイプの軽自動車4WDはどれも似たり寄ったりで
たいして雪道に強くありませんよね。
特に雪道に強い車種って何か有るのですか。

ジムニーやハスラーのようなクロカンタイプは抜きですよ。

Aベストアンサー

腹をすってしまい、乗り上げてしまえば亀の子と同じ
最低地上高が低い車両では雪道は厳しい

Q4WDなどの、トルク分配について

車の事で質問させていただきます。

たまに4輪駆動のスポーツカーなどで、
フロント30:リア70の駆動力分配、などと聞きますが、あれがどういう意味なのかがわかりません。
駆動力が3:7になると言われても、頭で想像する限り「力を分ける」ことが可能とは思えないのです。

例えばジャッキで全輪を浮かせたとして、F3:R7に設定した車のアクセルを踏んだらどのようにタイヤは回転するのでしょうか?
前輪より後輪の方が多く回転するのでしょうか?
それとも回転は同じで実際にトルクは違う…?

0:100から50:50に可変するという車があるとして、いったいどんなパーツがどのように介して作動するのかわかりません。
力を分配するならクラッチの様な滑りを利用しないと力の加減なんてできないと思うのですが…。

わかり辛い質問で申し訳ないのですが、想像の限界を超えてしまっているので、ご存じでしたら教えてください。

Aベストアンサー

トルクの分配はテコの原理です。

ギアを一本の棒に例えると、支点をエンジンが駆動して、左右長さの違う棒の両端で前後輪を駆動します。

前後の動きがずれると、棒だと傾いちゃうわけですがそこはギアを使ってるのでギアが回転することでトルクは保たれます。

実際の車では滑ったときの対策でLSDを装備して回転に制限を加えますが。

空転させると、トルク=慣性モーメント になりますのでトルクの高いほうが回転が高くなるはずです。

Q初めての雪道走行

普段ほとんど雪の降らない地域に住む者ですが、自家用車でスキーに行きたいと思っております。
車は2000年ムーヴと古く、AT車・非ターボです。もちろんスタットレスは付けますが、町中の雪道走行も全くといっていいほどしたことのないのに、いきなりスキー場まで走ろうというのは、やはり無謀でしょうか。
今までスキーはツアーを利用していたのですが、子供がいると、急な体調不良でキャンセルをしないといけなかったりと不便なので、融通のきく自家用車で行けたらなぁと思っているのですが・・・

また、次の車検までに車を変えようと思っているのですが、その車選びの際、軽でもこういう装備、またはこの車種なら、雪道を走るのに少しでも有利(?)というのがありましたら、教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

>2000年ムーヴと古く
まずバッテリーの状態を確認しましょう(多分1度は交換済みかと思いますが)
軽自動車には比較的容量の小さいバッテリーが積まれていますから、経年による劣化は寒冷地では始動不能となる可能性もあります。
ディーラーやカー用品店などで「比重チェック」をお願いすればやってくれますからアドバイスを聞いてください。

代替えを考えていても不安があるようであれば替えちゃった方が早いと思います。替えなくてもブースターケーブルは携行したほうがいいです。

行く場所にもよりますがなるべく高速のIC近くのスキー場を選んだ方がベターです。標高の高いスキー場は一般道が面倒なこともあるので最初のうちは避けた方がいいでしょう。平均気温が周りよりかなり低い土地(地形的に寒冷気の通り道になっている)も避けた方がいいです。

片道200Km位の行程となると軽自動車ではちょっと不利かな? と思います。
休憩の取り方など工夫して安全を最優先してください。

>車選び
わだちの幅が軽自動車の幅と違っているので山の上の氷結路は走りずらいようです。頻度にもよりますが出来れば小型車を考えた方がいいのですが、基本は日常にありますからバランスを考えてください。

タイヤが命なので駆動方式はFF車でも十分使えます。よっぽど深い場所へ入るヘビーな人は4WDを選択したほうがいいと思います。
装備とは意味が違いますが…
ガムテープと針金・ペンチ(万が一事故で車を自走させるため)
捨ててもいい毛布やバスタオル(スタックしたときにタイヤ下に敷きます)
スノープラウ(ルーフに積もった雪をすばやく落とします カー用品店にあります)は必要です。

私もほぼ雪なし県に居住していますが寒冷地仕様を選んでいます。
本当は電装系の強化が目的なのですが、一番ありがたいのがセラミックヒーターを内蔵しているのでかなり早いタイミングで温風が吹き出してきます、あったかいとは言えませんけど。
メーカーによっては設定そのものがないところもあります。

>2000年ムーヴと古く
まずバッテリーの状態を確認しましょう(多分1度は交換済みかと思いますが)
軽自動車には比較的容量の小さいバッテリーが積まれていますから、経年による劣化は寒冷地では始動不能となる可能性もあります。
ディーラーやカー用品店などで「比重チェック」をお願いすればやってくれますからアドバイスを聞いてください。

代替えを考えていても不安があるようであれば替えちゃった方が早いと思います。替えなくてもブースターケーブルは携行したほうがいいです。

行く場所にもよりま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報