昨年の事業所得が売掛金のみで、他は給与所得でした。ちなみにその売掛金は、借入金返済の一部にしました。残りの借入金は、事業主借という形で計上してもいいのでしょうか?当然、他の経費は収入がなかったので、計上していません。このときに会計処理をどうするべきか、悩んでいます。どなたかわかる方、教えていただけませんでしょうか。よろしくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

事実関係がはっきりしないのですが。


昨年の事業所得が売掛金のみでということは、昨年は売上が全くなくて、前々年に売上げ計上した売掛代金を、昨年に回収した、と言うことですか。
そういう前提でお答えします。

売掛金を回収して、借入金の返済に充てた場合は、利益には関係なく、所得は発生しません。

次に、借入金の残高も、事業主借という形で処理して、ということですが、この借入金は、事業主からの借入金ですか、それとも他人からの借り入れですか。
他人からの借入金なら、返済後の借り入れ残は、そのまま借入金で残しておきます。
事業主からの借入の場合は、借りた時点で、事業主借として処理します、返済は事業主貸として処理して、年度末に
事業主借と事業主貸を相殺します。

また、収入がないので経費は計上しなかったとのことですが、青色申告をしているなら、経費を計上して損失を出しておけば、その損失を翌年以降に繰り越して、後年度の利益から控除する「欠損繰越金」の制度を使えますから、経費の計上はされたほうが良いです。

会計処理としては、こうなります。
売掛金回収のとき        現金/売掛金  
借入金をしたとき(他人から)   現金/借入金 
借入金返済の時(他人から)    借入金/現金
借入金をしたとき(事業主から)  現金/事業主借 
借入金返済の時(事業主から)   事業主貸/現金
年度末処理           事業主借/事業主貸

不明な点は、補足願います。


 

この回答への補足

私のつたない文章を把握してくださいましたことをまず感謝いたします。
青色申告者は、「給与所得のみになると辞めなければならない」と聞き、どうしようかと悩んでいました。売掛金の回収の扱いはどうなるのかがわからないでおりました。所得と呼べるものが、給与だけだったからです。
ご説明のとおり、『昨年は売上が全くなくて、前々年に売上げ計上した売掛代金を、昨年に回収した』ということです。『売掛金を回収して、借入金の返済に充てた場合は、利益には関係なく、所得は発生しません』ということがわかりませんでした。
ということは「たとえ、『事業所得』がなくても、青色申告者である限り、経費はつけなさい」ということですよね?ただ、事業者所得がないと、青色申告者の資格を失うと聞きましたが、どうなのでしょうか?

補足日時:2001/01/29 14:23
    • good
    • 0

>事業者所得がないと、青色申告者の資格を失うと聞きま>したが、どうなのでしょうか?


そういうことは有りません。収入がなくて赤字でも、先ほど書きましたように、欠損で申告をしておけばよいのです。
また、何か有りましたら、補足してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました。とても丁寧なご説明で感謝しております。とりあえず、欠損を出す形で整理しようと思います。(一昨年も欠損があったので、恐縮してました。あまり、欠損が多いと何回も『お呼びがかかる』=税務署に目をつけられる と聞いていますが。。。やましいことはないのですが気持ち的に気が進みません)

お礼日時:2001/01/29 15:59

> 「給与所得」では青色申告者を辞めなければならないと聞いたものですから



すみません、聞いた事ありません。
サラリーマンで不動産所得を青色申告している方はおおせいいますよ。

この回答への補足

早速のお返事、ありがとうございます。不動産などの所得でしたら、言われるとおりだと思います。当方の場合は、事業所得にならないといわれる「給与所得」だけの場合なので。。。

補足日時:2001/01/29 15:52
    • good
    • 0

> 他の経費は収入がなかったので、計上していません。



本題と違いますが、これはどういう意味でしょう?
売掛債権は収入ですから、それを得るために使った経費は
当然経費算入すべきですが、そういう事とは違うのでしょ
うか?

> その売掛金は、借入金返済の一部にしました。残りの借入
> 金は、事業主借という形で計上してもいいのでしょうか?

すみません、文脈がまったく読み取れません。
事業主借という形で計上するということは、実際に事業主
が事業用に資金を貸したということですよね?帳簿類は余
計な事を考えずに正確に記帳すれば良いだけです。

仕分けや記帳が解らないという事であるならば、本屋に色々
入門書もありますので、それを読んでみると良いと思います。
ちなみに、日商簿記3級などの資格のための入門書は全然実
際の場面では役に立たないので、「青色申告かんたん帳簿
ハンドブック」(大栄出版)等がお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません、よくわからない文章でした。
「給与所得」では青色申告者を辞めなければならないと聞いたものですから、あせってしまいました。仕分けはわかるのですが、青色申告のレアケースについては全くわからかったものですから。どうもすみません。もう一度勉強しなおします。

お礼日時:2001/01/29 14:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売掛金と立替金

商品   100,000
ケース代 50,000 (複数回利用の為、非課税・立替金とする)
これを
  売掛金 150,000  /  売上高 100,000
            /  立替金  50,000
として処理しています。
この分の支払いを受けた時
  現金 150,000   /   売掛金 150,000 
としているのですが、これでいいのでしょうか?
立替金の処理が間違っているように思うのですが。
前任者の仕訳でよく理解できません。ご指導宜しくお願いいたします。   

Aベストアンサー

合っていると思いますよ。
まず商品を80000円で買ったとしましょう。

買った時の仕訳
商品/現金  80,000円  商品代
立替金/現金 50,000円  ケース代 (非課税)
    ↓
商品を売った時の仕訳
売掛金/売上 100,000円 商品代
売掛金/立替金 50,000円  ケース代(非課税)
    ↓
代金を受け取った時の仕訳
現金/売掛金  150,000円 (もちろん非課税)

仕訳に間違えがなければ立替金が綺麗に消えていくハズですが・・・
☆ただし、これはケース代を立替とする場合のみです。ケースを商品として販売するときは仕入時、売上時に課税する必要があります。

Q個人事業主が廃業する時の売掛金と未払金の処理について

青色申告の個人事業主が廃業する場合の仕訳について教えてください。

例えば、今年12月に廃業して翌1月から専業主婦になる場合の話です。
来年以降は収入がなく、確定申告は今年分が最後とお考えください。

12月の売掛金の回収が翌1月、12月の経費の未払金の支払いも翌1月になった場合、
1月まで帳簿付けすることになるのでしょうか?
でも、1月まで帳簿付けしても、申告書や青色決算書には反映されませんよね。

かといって、12月までしか帳簿付けをしないとなると、
記録上は売掛未回収、経費未払いの状態で終わりますよね。
それでいいのでしょうか。

Aベストアンサー

>来年以降は収入がなく、確定申告は今年分が最後…

大晦日付で、廃業届
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm
と青色申告取りやめ書
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/23200008.htm
を提出するという意味ですね。

>1月まで帳簿付けすることになるのでしょうか…

確定申告のため、ということなら必要ありません。

自分の覚えのためなら、入金も出金もすべて完了するまできちんと記帳しておかないと、取りはぐれて損したり、払い忘れで何ヶ月も過ぎてから催促されたりしますのでね。

>記録上は売掛未回収、経費未払いの状態で終わりますよね…

青色申告の帳簿とは、実態をありのままに記録することです。
廃業届の日現在で、負債が残ったままなら残ったように、資産についても同じく正直に記帳しておきます。

Q売掛金から差し引かれた協力会費の仕訳について

売掛金の入金時に協力会費というものが差引かれて入金されてきました。                                                この仕訳は(現金預金)×××(売掛金)×××                                                                        (会  費)×××                                                                            こんな感じでいいんでしょうか?         

また、同じ様な形で安全対策費というものが差引かれて入金されてきました。
 この仕訳は(現金預金)×××(売掛金)×××                                                                        (雑  費)×××                                                                                     又は 
         (売  上)
 こんな感じでいいんでしょうか?

また(会費)(雑費)又は(売上)と処理した場合の消費税の課税の有無についてはどのようになりますか?

売掛金の入金時に協力会費というものが差引かれて入金されてきました。                                                この仕訳は(現金預金)×××(売掛金)×××                                                                        (会  費)×××                                                            ...続きを読む

Aベストアンサー

>この仕訳は
>(現金預金)×××(売掛金)×××                   >>(会  費)×××                           >>こんな感じでいいんでしょうか?

はい、問題ないと思われます。

>また、同じ様な形で安全対策費というものが差引かれて入金されてきました。
>この仕訳は(現金預金)×××(売掛金)×××
>(雑  費)×××

御社の勘定科目体系に安全対策費に該当する勘定がなく、過去にも安全対策
費を相殺された実績がなければ、雑費でも問題はありません。
(企業会計的には御社の会計要領(規則)に従ってください。税法的には
 損金と思われますので、損金に相当する勘定を使用すれば問題がないと
 思われます)

何らかの販管費相当と思われますので、売上のマイナス(値引き等)には
該当しないと思われます。


>また(会費)(雑費)又は(売上)と処理した場合の消費税の課税の有無についてはどのようになりますか?

まず、今回の相殺の実態を確認してください。
協力会費の名目でも、講演会の為の会費である場合もあれば、年末に忘年会
等の宴会費用に為の会費の場合もあります。役務の提供としての実態のある
場合は課税仕入れとして処理します。
 ※両社で同じ処理をする(課税売上ならば、課税仕入)必用がありますの
  で、相手先企業に消費税区分をご確認ください。
通常会費等の役務の提供が無い会費は、課税仕入れになりません。
http://www.taxanser.nta.go.jp/phone/6467.htm

よって、役務の提供の有無が重要であって、処理勘定科目によって消費税の
課税関係が変更になる事はありません。

>この仕訳は
>(現金預金)×××(売掛金)×××                   >>(会  費)×××                           >>こんな感じでいいんでしょうか?

はい、問題ないと思われます。

>また、同じ様な形で安全対策費というものが差引かれて入金されてきました。
>この仕訳は(現金預金)×××(売掛金)×××
>(雑  費)×××

御社の勘定科目体系に安全対策費に該当する勘定がなく、過去にも安全対策
費を相殺された実績がなければ、雑費でも問題はありません。
...続きを読む

Q個人事業の事業主貸と事業主借の期末処理

個人事業で、
事業主貸と事業主借は、
期末で相殺して、
残高が残った方を元入れに振替るのが正しい処理でしょうか?

それとも、両科目とも相殺せずに、残高を残しておいて、決算を作成し、翌年の期首残高の段階で、上記の相殺処理をするのでしょうか?

Aベストアンサー

>翌年の期首残高の段階で、上記の相殺処理をするのでしょうか…

こちらです。

>期末で相殺して、残高が残った方を元入れに振替るのが…

事業主貸も事業主借も、貸借対照表に期末の数字を記載しなければなりませんので、早々と相殺してはいけません。
しかも、元入金は、期首の数字がそのまま 1年間は変わりませんので、繰り入れたり繰り戻ししたりしてはいけません。

Q売掛金の仕訳について

簿記の売掛金の仕訳について教えてください。

医療関係で開業しました。保険請求ということで毎月売掛金が発生しているのですが、記入ミスなどで請求した金額の一部が請求出来ず、再度正しい情報で請求するという作業を行っています。
ここで質問なのですがこういう場合の簿記上の仕訳はどうしたらいいのでしょうか?

例)11月に30,000円の売掛金が発生。
12月に5,000分ミスが発覚し、12月末にミス分5,000円と12月の売上40,000の売掛金を計上。

11月○日  売掛金 30,000 / 売上30,000

12月●日  ???? 5,000 /  売掛金 5,000

12月△日  売掛金 45,000 / 売上 45,000

上記のような感じになるんでしょうか?
ちなみに????はどの勘定科目にしたらいいのか分かりません。

Aベストアンサー

A)お書きのように、請求できなくなった分をいったん売上から減額しておく方法
11月30日  売掛金 30,000 / 売上30,000(11月の売上計上)

〔ミスが発覚した日〕
12月●日  売上 5,000 /  売掛金 5,000(11月の売上減少)

12月31日  売掛金 45,000 / 売上 45,000
         (11月の5,000円+12月の40,000円)


B)または、売掛金5,000円をそのまま次月に繰り越す方法があります。

11月30日  売掛金 30,000 / 売上30,000(11月の売上計上)


12月31日  売掛金 40,000 / 売上 40,000(12月の売上計上)

売掛金と翌月あたりの入金額がぴったり一致したほうがいい場合はA)の方法のほうが適しています。当初は3,000円だった11月分の請求書を25,000円に直して請求しているのであればなおさらA)がいいと思います。

Q売掛金計上日について

サイトにて広告掲載をして、その誘導料をクライアントから頂いています。
1ヶ月分の集計(月末締め)をし、翌月1日に請求書を発行し、請求書発行月の翌月末に銀行振込みです。

この場合、売上集計ができるのは翌月の1日になるので、請求日と同じ1日に売掛金を計上すればいいのでしょうか?

月末で売掛計上するのか、翌月1日で売掛計上するのでは、決算月の売掛金計上で、かなり違うので迷っています。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

売掛金はいつでも良いです。
売掛金は税金の計算に関係ありません。

『売上』は実際に仕事を終えた日ですから、ご質問のケースでは月末ということです。

Q売掛金と預り金がマイナスとなっています

期末の12月に売掛金処理  売掛金/売上  しました。
期首の今月に売掛金が回収できましたので、  預り金/売掛金  の仕訳をしました。
(預かりというのは、委託で預かっている売上から回収したためです)
貸借対照表を確認しましたら、売掛金のところがマイナスになっています。

期末で 売掛金/売上  と計上したのと同じ様に、新年度も新たに 売掛金/売上 と計上するのでしょうか?

それと、預り金/売掛金 のところは、預り金でも問題ないでしょうか?
それとも現金にするのでしょうか?
(委託品が売れたときは、現金/預り金としています)

もう1点、
預り金も貸借対象方でマイナスとなっていますが、これはどうしたらよいのでしょうか?
このままでもいいのでしょうか?
それとも新年度になったら前年度の預り金の金額をソフトに入力したり、なにか仕訳計上するのでしょうか?
去年開業したばかりでわからないことがたくさんです。

どうかご指導よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

マイナスがどの位の金額か にもよりますが。

預り金の赤字ですが、

最初に預ったときに
 現金 / 預り金
の仕訳は、正しく入力されていますか。


あと確認していただきたい点は、新年への切替で、各勘定の期末残高が、当年の期首残高に受継がれているかですね。

まだ1月。前年の決算整理が終了していないと、各科目の決算残高を確定処理していないので、今年の期首残高が正当に引き継がれていない ということも考えられます。

(1)まず、昨年分の決算をきちんと行うこと。
(2)決算が確定した前年期末の各科目の残高を、本年の期首残高に移行すること。

時期がまだ1月なだけに、この整理で落ち着くのかと思います。

ちなみに、多くのソフトの場合、決算確定したあと「決算更新」や「年度更新」などの手順がクリック一つで出来るようになっていると思いますので、ご確認ください。


小さな金額の不一致の場合は、取引期間中の振込手数料や値引きなどの処理の仕訳が入力漏れの場合に、売掛、買掛、未収、未払、預かりなどの残高が、微妙に不一致になることがあります。

参考になれば 幸いです。

マイナスがどの位の金額か にもよりますが。

預り金の赤字ですが、

最初に預ったときに
 現金 / 預り金
の仕訳は、正しく入力されていますか。


あと確認していただきたい点は、新年への切替で、各勘定の期末残高が、当年の期首残高に受継がれているかですね。

まだ1月。前年の決算整理が終了していないと、各科目の決算残高を確定処理していないので、今年の期首残高が正当に引き継がれていない ということも考えられます。

(1)まず、昨年分の決算をきちんと行うこと。
(2)決算が確定した前年期末の各...続きを読む

Q家事と事業が混在している口座での事業主貸と事業主借の仕訳方法について

基本的なことですが、判らないので教えてください。

日常の生活費の中に、事業に関する入出金が混在しています。事情があり、口座を分けることができません。

青色申告(正規の簿記)をしているのですが、預金出納帳については、少なくとも期首と期末で残高が一致している必要がありますので、年末にまとめて、事業主貸・事業主借の仕分けを入れて、少々無理やりですが一致させようとしています。


その場合にはどのように記帳すれば良いでしょうか。

----------------------------
1). 記帳よりも、口座残高が多い場合

事業主借で、差額を預け入れ


2). 記帳よりも、口座残高が少ない場合

事業主貸しで、差額を引き出し
----------------------------

という仕分けをすれば良いでしょうか、、、。


基本的部分なのですが、判っていません。

ご存知の方、教えてください!!

Aベストアンサー

家事用が主で使用ならば、その通帳の管理自体・帳簿をつける必要はないので、入出金が発生した都度、または年末にまとめて

経費科目/事業主借

で計上したら良いのではないでしょうか?
通帳は保管しておかないと駄目ですけどね。

もし、事業用として口座を管理されるなら
事業主貸科目を使用でいいですよ。

「家事用で出金した場合には事業主貸しで、引き出し」
事業主貸/普通預金 ですね

家事用で入金した場合には事業主借で、預け入れ

預け入れというのは口座に現金を入金される時ですよね?
家事用で入金というのは、現金の出所が事業からでなく
家事用からということですか?だとしたらOKです。
(普通預金/事業主借)
事業用の現金からなら
(普通預金/現金)で良いです。

Q振り込まれた売掛金を現金で返金したときの仕訳

売掛金を普通預金口座に入金されたのですが、過入金されたので、現金で返金しました。その場合の仕訳を教えてください。

はじめの売掛金の仕訳は 売掛金/売上高
入金されたときの仕訳は ○○銀行普通預金/売掛金
その次、返金したときの仕訳がわかりません。
初心者なので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最初から数字を仮定して入力したら解りやすいと思います
1.売上時  売掛金100/売上100
2.回収時  銀行 120/売掛金120
3.返金時  売掛金 20/現金 20
よって売掛金の 貸借 120/120でゼロになります
現金と銀行は無視して下さい残高のみ合えば問題ありません。

Q売掛金を計上するタイミング

はじめまして。
経理初心者です。
売掛金を計上するタイミングについて質問させてください。

個人事業主として内装業を営んでおります。
取引先の会社は一つだけで
毎日その会社から請けた仕事の現場に行っています。
請求書などは作成しておらず
毎月20日締めで、翌月5日に振り込まれます。

この場合、売掛金の計上は毎日すべきなのでしょうか?
9/18 売掛金 10,000/売上 10,000
9/19 売掛金 10,000/売上 10,000
9/20 売掛金 10,000/売上 10,000
10/5 預金 30,000/売掛金 30,000

それとも、締め日に一ヶ月分を計上してもいいのでしょうか?
9/20 売掛金 30,000/売上 30,000
10/5 預金 30,000/売掛金30,000

今年から青色申告しようと思い、簿記の勉強をしたのですが
実際のやり方となると、わからないことがたくさんあります。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>売掛金の計上は毎日すべきなのでしょうか?

そのほうが質問者さんにとって都合がいいなら
そうしてもいいですが、

>それとも、締め日に一ヶ月分を計上してもいいのでしょうか?

普通はこのほうが面倒がなくて楽ですね。
一般の会社はこうしています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報