個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

今年の年末にバルセロナに行く予定です。
是非バルに行ってみたいのですが、仕組みがよくわかりません。

メニューはショーケース指さしでオッケーと聞きますが、
テーブル席を選らんだ場合、席についてから、
ショーケースに行くのですか?

立ち飲みでコーヒーなんか頼んだ場合、
支払はいつしたらいいのでしょうか?

などなど・・・質問をあげたらキリがないのですが、
バルを利用されたことがある方、バルに詳しい方より
一連の簡単な流れのようなものをおしえていただけたらと思います。

以前、ローマのバールで仕組みが全くわからず困ったことがあります。
事前に知識を得ようと思っています。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

バル自体があまり経験ないし、No.1の方同様バルセロナでは経験ないのですが。



小さいバルだとカウンターとすぐ脇の小テーブルぐらいなので、適当に指差して選んだり、頼んだらテーブルに行っても良いみたい。

セルベサリーア(ビアホールですが、まあバルとカフェとカジュアルなレストランみたいな感じか・・)とかカフェっぽいそれなりの広さのある店なんかだと、まずカウンターかテーブル席か選びます。
テーブルに行きたいときは店の人に向かって「こっちにする」という風に指差せば解ってくれます。
テーブル席の場合はメニューをくれます。
テーブル席でなくても、迷っていると「メニュー見るか?」と持ってきてくれたりしました。
外人が多い大きな店だと英語メニューがある場合も。
メニューを見ても解らなかったら、ショーケースを見たいと身振り手振りで言ったら理解してくれるんじゃないかなあ?
バルは気取ってないから適当で大丈夫だと思いますよ。

料理の代金がカウンターとテーブルで変わります。テーブル席のほうが若干高い。
メニュー表にカウンターとテーブル席と並べて料金を書いてあったりします。単語忘れてしまいましたが。sala(サラ)がテーブル席だったかな??英語で言うところのホールみたいな意味を持つ単語です(他にも意味ありますけど)
地球の歩き方でも見たら書いてあるかも。

支払いは、小さい店だと注文してすぐお金を払ったこともあるし、テーブル席だと後でまとめて会計でした。
No.1さんのおっしゃるように店によるかも(^^;
すぐ払う場合は店の人が金額を言ったり取りに来たりしてくれるでしょうから、そしたら払えばいいです。
払う様子がなかったら、食べ終わってから「ラ・クエンタ、ポルファボール」と店の人に声をかけてください。

>立ち飲みでコーヒーなんか頼んだ場合、
>支払はいつしたらいいのでしょうか?

これはすぐ支払いました。飲み物だけの場合はすぐ支払うことが多いのかも?
支払うと知っていたわけでなく、値段を言われたから払ったんですが。
バルセロナのカフェ「オペラ」に行ったときはテーブルに飲み物が運ばれてきてから後でウェイターがお盆を持って料金回収に来ました。
隣の人がそうやって払っていたので理解できたんですが(^_^;
店の人はたいてい気さくで親切なので(たまにそうじゃない人もいるけど・・・)、解るようにしてくれると思います。

注意する点はメニューによってだいぶ料金が変わること。
エビ焼きなんかはけっこう高いかも!料金表があったらご確認ください。
カード支払いできる店ならこだわらず頼んでもまぁ払えますが(笑)

タパ(小皿料理、複数形がタパス)は、何も言わず頼むと標準サイズ?で来ます。私は知識としては知っていたにも関わらず中皿小皿指定を忘れていたので、一人で行ったのに標準サイズでしたが・・・・オリーブが山盛りなんだなこれが。
メディア・ラシオンとか言えば半量にしてくれたのかもしれない。
私もいつかの次回に試してみます。

何も言わなければ標準=「ラシオン」
半量=「メディア・ラシオン」(ラシオンの半分、の意味)
小皿=「タピータ」(小さいタパ)
だそうです。

カーニャ(生ビール)
セルベサ(ビール)
カフェ・コン・レチェ(カフェオレ、どうも食事と一緒には飲まないらしい?朝食には付き物ですが)
カフェ・ソロ(エスップレッソ)
カフェ・コルタード(ミルクの量が少ないカフェオレみたいなの。私はこれ好きです)

などなど、定番の名前を予習しておくと良いと思います。
「地球の歩き方スペイン」か「バルセロナ」、あるいは旅行会話集のメニュー一覧を見てみてください。

私は少しスペイン語を使えるのですが、でもバルやカフェの方式はイマイチ解らないのでやっぱり不慣れでしたよ。
普段使ってない言語なのでパッと口から出てこないし、身振り手振りぐらいで。

ちなみにeuroは「エウロ」と発音します。ご参考の一つに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。
細かいところまでおしえていただいて、心強い限りです。
半量や小皿のこと初めて知りました。
オリーブ山盛りで出されても困りますよね 笑。
せっかくの旅行ですので、
これから少しスペイン語の勉強をしようと思います。
楽しみでしかたありません。

お礼日時:2007/10/05 14:38

スペインのレストランは夜遅いので、子供がお腹をすかし、良くバルを使いました。


テーブル席を勧められますが、座席も少なく、高いのでカウンターの方が良いでしょう。
食べたい時、飲みたい時に自由に頼めます。
食べ物が見えて楽しいと思います。
オーダーに来る場合、高いものばかり勧めます。
ほとんど英語は通じませんので、ビール、ワイン、豚肉、鶏肉、ハム、揚げる、暖める、冷たいまま・・・この程度のスペイン語が出来た方が良いと思います。

昼間のバルの利用はご存知ですね。
席に着いたら、全部やってもらいましょう。
時間を買っている様なものなので、コーヒーやビール一杯でも、十分ゆっくり楽しんで。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答いただきまして、ありがとうございます。
なるほど、やはり商売なんですね~。
簡単なスペイン語は覚えるつもりでしたが
「温かい」tか「冷たいまま」とかは眼中にありませんでした。
ありがとうございます。
楽しんできます。

お礼日時:2007/10/10 21:45

バルセロナですか、良いですね。


バルセロナ、マドリッド、には何度か行ったことがあります。最近では2年ほど前ですが、その際の様子をお知らせします。
私の拙い経験では、バルセロナに限らずバルの会計は、帰る際に「ラ・クエンタ・ポルファボール」(会計をお願いします。)とウエイターにでも言えば、金額を紙に書いたものを持ってきてくれます。これは、飲み物だけでも同じです。机に座った時でも、タパスが並んでいるショウケースに行って、指差しで大丈夫です。店員はちゃんと覚えています。
オラ!と一声かけて店に入ったら、まずは、ビールでもワインでもとりあえず注文しましょう。そして、パラ・コメール?(食べるものは?)と聞かれると(聞かれなくても)ショウケースに行って見て指差し注文(ウナ・ラシオンと)しましょう。食材しか並んでいない場合は料理の写真が番号付きで貼ってあります。(飲み物は?は、パラ・ベベール?です。)飲み物のおかわりは、ポルファボールと言いながら空のグラスを上げて見せれば大丈夫です。ただ、ランブラス通りのテラスではそのつど店員がお金を請求してきます。
バルは、とても気楽に入れます。私も、少ししかスペイン語はしゃべれませんが、大丈夫です。楽しんできてください。長々と住みませんでした。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そして、お礼が遅れてすいませんでした。
かゆいところに手が届くような内容で、とてもためになりました。
簡単なスペイン語まで紹介していただいて感謝です。
最後の気楽に入れるとのコメント、非常に勇気づけられました。

お礼日時:2007/10/08 17:45

バルセロナのカタルーニャ広場の前に,チャペラ(Txapela)というお店があります。


Xを使った店の名前からも判断できるのですが,ピンチョスのお店です。カスティージャ(一般的なスペイン)ではタパスと呼ぶようですが,バスク地方ではピンチョスと呼んでいるようです。
ここのお店の特色として,ピンチョスが美味しいということもあるのですが,何と言っても,お店のピンチョス全てを記載した写真つきのパウチされたメニューがある所です。
これなら,好きなピンチョスを指差して,後は個数を伝えるだけで済みます。

金額は均一だったと思います。
支払いは,品物と引き換えの現金払いです。
テーブル席は無く,カウンター席だけのお店です。

”ガンバス・ア・ラ・プランチャ”などと,バルのメニューを覚えるのが面倒な時などは,これが一番ではないでしょうか。

参考までにその時の様子のHPのURLを載せておきます。よろしければご覧になってください。
1章の”旅の始まり”にはマドリッドのバルの風景も載せてあります。
そちらも併せてどうぞ。

尚,ウエイターがいるバルには入った事がありません。全てカウンターで現金引換えで商品を受け取り,テーブルやカウンターで食べる形式でした。

参考URL:http://travelsketch.org/barcelona-page049.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすいませんでした。

バスク地方のバルで、色々検索してみました。
なるほど、これならオーダーしやすいですね。
回答者様のHP、とてもよかったです。
旅ってステキだな~とつくづく感じました。
思わず全部見てしまいました。
ワタシもステキな旅にしたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/08 17:42

No.2です。


自分で書いたものを読み返したら分かりにくかったので整理してみます。
基本は、

・指差し注文
or
・テーブル席でメニュー表を見て注文

・テーブル席のほうが値段が高くなる。
(運んでもらうからか?でも私は座りたかったのでついテーブル席に行ってました~)

・カウンターに簡単な椅子がある店もあるし、まったく立ち飲みの場合もある。

・料金はすぐ支払う場合と、後でまとめて支払う場合がある。
 これは現場でどうにかなります。

・英語メニューがある場合もあるが、バルのおやじさんは基本的に英語を喋らないので定番メニューぐらいはスペイン語で押さえておいたほうが○

こちらもご参考に。
 ↓

参考URL:http://barcelona.s28.xrea.com/entertainment/food …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

補足までいただいてありがとうございます。
おしえていただいたHPも色々詳しく書かれていて
とてもわかりやすいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/05 14:40

バルセロナには行った事がありませんし、だいぶ前の事ですが、事情はそれほど違わないと思います。



バルは、基本的に立ったままで飲食しますので、席のあるところは少数です。
ほとんどカウンターごしですから、そこで指差せます。
しかし、カウンターに並んでいるのは、食材のみで、それを組み合わせて頼んだりしますから、スペイン語が全く分からないと苦労したり、意図したものと違うものになたりします。
(サンドイッチにするつもりが具が皿ででてきて、パンが別にでてきたり)
また、ショーケースが無く、メニューのみだったり、メニューすら無いところもあります。(常連さんを相手にしているところなど特に)
そういったところでは、他の人が食べているのを指差したりして注文していださい。

バルは基本的にカウンター越しですが、多少席がある場合、席に座ると店員(大抵オッチャン)が注文を取りにきますので、そこで注文してください。
席の場合、カウンター越しよりも高くなります。
場合によっては2倍くらいになりまますから、その点をご注意くきださい。
カウンター越しの場合料金は一品ごとに支払いますが、席の場合一品ごとの場合とまとめて払う場合がありますので、店員の状況を見て判断してください。

カウンターよりも座席が中心の店は、バルではなく、カフェテリアとなります。
カフェテリアのほうが、状況が分からない段階では利用しやすいかと思いますが、現地の人達との交流は、圧倒的にバルになります。

外国人ですから、多少のトラブルは大目にみてくれますし、トラブルになる事によって現地の人達との会話も生まれますので、バルでのトラブルも旅行のよい思い出となると思いますので、ドンドンアタックしてみましょう。
多少スペイン語を学んでおけば、より楽しいバルでの経験となるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。
ガイドブックには載ってない細かいことをおしえていただいて
ありがとうございます。
せっかくなので、これから簡単なスペイン語を覚えようと思います。
なんだか楽しみになってきました。

お礼日時:2007/10/05 14:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Qスペイン旅行の所持金について教えて下さい。

スペイン旅行の所持金について教えて下さい。
フリープラン8日間のスペイン旅行に行きます。実質観光日数は6日間です。
マドリード、マラガ、グラナダ、バルセロナの周遊です。マドリード・マラガ間のAVE、グラナダ・バルセロナ間の空路は申込の料金に含まれていますが、その他の細々した移動は別です。また、マラガ滞在中はミハスまたはマルベージャなど近郊の小さな町へ行く予定です(どこへ行くかはまだ未定)。
空港からホテルまでのタクシー移動、都市内での地下鉄移動、バス移動…等々を考慮して現金でいくら持っていたらいいか検討がつきません。また現地での食事代もとなるとさらに。

できるだけカードを使う予定ではいますが、この日程ならいくら手持ちの現金を持っていたらよいでしょうか?なお、手間を省くためにも『足りなくなったら現地ATMで下ろす』というのは考えてません。

また不安としては、カードで決済する場合、実際と違うありえない額をきられたらどうしようという不安もあります。都度、レシートを要求したほうがよいのでしょうか?小さな商店やバルでそんな不正はありえる話でしょうか?現金を持ち歩くのは避けたい反面、カード決済の不安もあります。


アドバイスよろしくお願いいたします。

スペイン旅行の所持金について教えて下さい。
フリープラン8日間のスペイン旅行に行きます。実質観光日数は6日間です。
マドリード、マラガ、グラナダ、バルセロナの周遊です。マドリード・マラガ間のAVE、グラナダ・バルセロナ間の空路は申込の料金に含まれていますが、その他の細々した移動は別です。また、マラガ滞在中はミハスまたはマルベージャなど近郊の小さな町へ行く予定です(どこへ行くかはまだ未定)。
空港からホテルまでのタクシー移動、都市内での地下鉄移動、バス移動…等々を考慮して現金で...続きを読む

Aベストアンサー

>空港からホテルまでのタクシー移動、都市内での地下鉄移動、バス移動…等々を考慮して現金でいくら持っていたらいいか検討がつきません。また現地での食事代もとなるとさらに。

『地球の歩き方スペイン』を読んでください。
大まかな見当はそれで付けられるはずです。
ガイド無しでスペイン周遊するつもりなら、その程度の下調べは自分でしないと。
空港からの交通と地下鉄料金ぐらいは基本ですから、目安がガイドブックに書いてあるでしょう?
1センティモ(セント)まで情報が正確でなければいけないわけではないんですから、目安が分かれば充分です。

こちらのサイトもご参考に。
http://www.spainnews.com/transporte.html
http://www.arrobaspain.com/viajar/viaje.shtml
http://barcelona.s28.xrea.com/

1年ほど前にスペインに行って気付いたことですが、過去に行って思っていたよりもカード支払い出来ない場所があるんだなということでした。メジャーな観光施設ならカード支払いできますが、古い店だと現金のみだったり、小規模な店だと小額の買い物にはカード支払いを嫌がる店がありました(バルセロナのカカオサンパカで言われた)。ただ、スペインですから店員によって言うことが違うかもしれませんけど。

でも「カード支払いが盛んな米国と比べたら使えない場所があるかもしれない」という程度で、不便と言うほどのことはありません。
レストランで使えるかどうかは、有名店なら『地球の歩き方』に出ています。
まとまった支払いはカードで、細かい支払いは現金で。
クレジットカードは提携ネットワークの都合なのか、たま~に読み込み不良があるので、VISAかMasterで2枚以上持って行ってください。1枚がダメだったら別の1枚を出してそちらで決済してもらう。
カード支払い時に、稀に身分証明書を要求される場合があります。あまりパスポートを持ち歩かないほうが良いのですが・・・・・スペインの場合、日本人はパスポート盗難予防のため原本は宿に預け、カラーコピー所持で良いことになっていますので、カラーコピーでOKされる場合もあります。

お札は20ユーロ札以下の小額紙幣が便利。1ユーロコイン、2ユーロコイン、5ユーロ札などお釣りでもらったら何枚か貯めておくと便利です。
50ユーロ札は大きな観光施設などの、お釣り多くを用意していそうな場所で使ってしまいましょう。
でないとたまに釣銭が無いとか言われますので。

自分は今までのところ、クレジットカードで不正請求されたことはないです。
レシートは通常は必ずくれますよ。故意でなくても間違いがあるといけないので、金額確認してからサイン。帰国後に請求明細が来たら一応確認を。

マドリードのタクシーですが、こっちが不慣れな旅行者ぶりを露呈すると、調子にのってお釣りを誤魔化したりぼったくるドライバーがたまにいます。ガイドブックを見ると「タクシーのチップは小銭を切り上げる程度」と書いてありますが、ほんとに小銭程度でいいみたいですよ。米国旅行経験がおありかどうか分かりませんが、米国みたいには要らないです。アメリカ人旅行者もぼったくられているかもしれないな(^^;
中年以下の調子の良さそうなドライバーには注意してください。無愛想なおっさんやおじいちゃんドライバーは謹厳実直で実は親切な人が多いようです。

参考URL:http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4_S.asp?id=161

>空港からホテルまでのタクシー移動、都市内での地下鉄移動、バス移動…等々を考慮して現金でいくら持っていたらいいか検討がつきません。また現地での食事代もとなるとさらに。

『地球の歩き方スペイン』を読んでください。
大まかな見当はそれで付けられるはずです。
ガイド無しでスペイン周遊するつもりなら、その程度の下調べは自分でしないと。
空港からの交通と地下鉄料金ぐらいは基本ですから、目安がガイドブックに書いてあるでしょう?
1センティモ(セント)まで情報が正確でなければいけないわけでは...続きを読む

Qスペイン 出入国カード

よろしくお願いします

今度、スペインに行くのですが、ネットで書き方を調べて出入国カードを書いています。
どうかいたらいいのか迷っています。
よろしければ教えて下さい。

◎スペインでの住所(ホテル)
◎都市名

・・・バルセロナに到着し、その日のうちにカラフェルに行き、カラフェルのホテルに泊まります。
その後、各地をまわり~マドリッドまでスペイン内を移動するのですが、上記のホテルと都市名の書き方は、どう書けばよいのでしょうか。

◎搭乗地
・・・東京発で、チューリッヒ経由でバルセロナに行きます。
こちらの記入については、東京、チューリッヒのどちらを書けばよいのでしょうか。

すみません。お願いいたします

Aベストアンサー

◎スペインでの住所(ホテル)
◎都市名

そのままの意味ですよ。
ホテルの名前はご存知ですね? そのホテルの都市もご存知ですね?
その通り書けばよいです。
ホテルの名前と都市名だけで良いです。
【例】 Hotel Canada , Calafell

◎搭乗地
スペインに行くのに、その飛行機は、どの空港から乗ったのかを書きます。途中の経由地は関係ありません。
飛行機の便名も書く欄がありますが、そこに書いた便はどこからの出発ですか?東京ですか?チューリッヒですか?
【例】 Tokyo , Japan

Qスペイン旅行 これだけは覚えて行け!というスペイン語

こんにちは。
あと4日でスペイン旅行へ旅立つ者です。
海外旅行って、全く現地の言葉など分からないとも、一言二言で現地の人と触れ合えたり、或いはちょっと便利になったりして、旅行が楽しくなる事ってありますよね。
そこで。最低この言葉は覚えていったらイイよ!便利だったよ!という言葉があったら教えて下さい。
文法になっていなくとも結構です。便利な単語なども嬉しいです。

因みに、ですが個人旅行で、行く都市はマドリッド、トレド、セビリア、カルモナ、グラナダ、バルセロナ、現地16日間です。
いつもショッピングより、バルやレストランなど食べる事が中心の旅です。あと今回は移動が多い旅です。

スペイン語を学んでいる方、全く知らないで現地へ行った方など、どうぞ宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

人を呼び止めるには便利な言葉があります。

Oiga! (オイガ)

ポルファボールをつけて、「オイガ、ポルファボール」でも結構です。

Hola!(オラ)・・・英語のHiに当たる挨拶。
Gracias(グラシアス)・・・ありがとう。
Perdon(ペルドン)・・・・すみません、ごめんなさい。

※人ごみを分け入るときの「エクスキューズミイ」は「コンペルミーソ」ですが、エクスキューズミーと英語で言ってもいいと思います。
日本人程度には英語が通じるでしょうから・・・・

トイレはどう書いてあったか・・・
観光地や大きな美術館などだと絵や標識で分かるようになってるかもしれません。
外国人客が多いし。
Servicio(セルビシオ)とか、bano(バーニョ。nの上に~が付く)とか?
Donde esta el servicio? ドンデ・エスタ・エル・セルビシオ?
トイレはどこですか?
http://www.ctv.co.jp/tekuteku/spanish/2004/013/

Salida(サリーダ)出口
Entrada(エントラーダ)入り口。

Cuanto es?(クワント・エス?)
Cuanto cuesta?(クワント・クエスタ?)・・・どちらも「いくらですか?」

Japon(ハポン)=日本
Japones(ハポネス)=日本人(男性)
Japonesa(ハポネサ)=日本人(女性)

あとは数字とか、食べ物のメニュー名とか。

Buen viaje!(ブエン・ビアヘ。良い旅を)

人を呼び止めるには便利な言葉があります。

Oiga! (オイガ)

ポルファボールをつけて、「オイガ、ポルファボール」でも結構です。

Hola!(オラ)・・・英語のHiに当たる挨拶。
Gracias(グラシアス)・・・ありがとう。
Perdon(ペルドン)・・・・すみません、ごめんなさい。

※人ごみを分け入るときの「エクスキューズミイ」は「コンペルミーソ」ですが、エクスキューズミーと英語で言ってもいいと思います。
日本人程度には英語が通じるでしょうから・・・・

トイレはどう書いてあったか・...続きを読む

Qスペインの治安(夜って?)

スペインの治安(夜って?)
9月にスペインを個人旅行します(女性2名です)。マドリッド、セビーリャ、グラナダ、バルセロナに滞在予定です。
過去の質問参考にさせていただき、昼でも注意が必要なことや地下鉄ではより注意!など色々勉強になりました。
特に夜は注意しなければならないようですが、具体的にスペインの夜とは何時ごろからなのでしょうか…?今の季節日が出てる時間長いですよね?デパートも9時くらいまで開いてるのでその後ご飯を食べに行きたいと思っています。深夜でなければまだ人通りはありますか?特に都心部では…。
またバル巡りをしたいのですがサンミゲル市場のあたりの治安ご存知の方いたら教えて下さい…!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

10年以上前短期間ですがマドリに住んでいました、
3年前旅行した時は「昔に比べると少しは安全になったかな?」と感じました。
1番緊張したのはバルセロナに夜着き荷物を持って
地下鉄に乗りタクシーをつかまえる迄が緊張しました。

私が3年前より危険と感じた10年以上前(住んでいた時)でも、
普通に夜出掛けてましたよ。
但し何も荷物は持たないと言う事ですね。
バッグや荷物を持っているとスペイン人でも盗られます、
アジア人ならもっと狙い易いと言う事です。
(実際私が行っていた語学学校の先生も強盗に遭いました)

危険かどうかは実際行ってみないと分かりません、
泥棒も固定された場所にいるとは限りませんので。
危険な場所と分かっているのなら自己防衛しかありません、
荷物を持たない場にそぐわない行動をしない
(女性にありがちな“キャッキャ感と言いますか…”)など。
私は前回久し振りと言う事もあって首から笛をぶら下げて歩きました。
(質問された方でも防犯ブザーなど書かれた方もいましたが)
幸いな事に笛を吹く事はなく帰国しましたが、
被害に遭う遭わないは最終的には「運」になると思います。
両手に荷物ぶら下げて歩いても盗る人間がいなければ被害には遭いませんが、
何でも盗ってやろうとしている人間がいたら幾ら手ぶらであっても被害には遭いますし。

私はスペインが大好きですし好きな国に対してこう言う事は書きたくはないのですが、
あえてこう言う質問にはこう書いています。
危ないと分かっていて行くんですからある程度の危険は仕方ありませんし、
ケチャップ強盗に遭った程度なら「良い経験したね」と発想を転換出来ないとこの国は楽しめません。
しっかり自己防衛して「近寄るなオーラ」を出しそれ以外は運任せ…、
怖がって規制をかけていたら折角のスペインが勿体ないと思います。

バル巡りで治安の事が気になるのでしたら
確かHISがバル巡りツアーみたいな事をやっていたと思います。
http://activities.his-vacation.com/jp/jp/TourLeaf/MAD0002.htm
…などありました。
サンミゲル市場は新しくなったそうですから人も多いのではないでしょうか?
人も多いと近寄って欲しくない部類の人もいるって事に多少はあるかも知れませんが。

昼夜関係なく注意して楽しいスペイン旅行にして下さいね。

10年以上前短期間ですがマドリに住んでいました、
3年前旅行した時は「昔に比べると少しは安全になったかな?」と感じました。
1番緊張したのはバルセロナに夜着き荷物を持って
地下鉄に乗りタクシーをつかまえる迄が緊張しました。

私が3年前より危険と感じた10年以上前(住んでいた時)でも、
普通に夜出掛けてましたよ。
但し何も荷物は持たないと言う事ですね。
バッグや荷物を持っているとスペイン人でも盗られます、
アジア人ならもっと狙い易いと言う事です。
(実際私が行っていた語学学校の先生も強...続きを読む

Qバウチャーってなんですか?

旅のしおりに「ホテルのバウチャー」という言葉が出てきましたが、何のことなのでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

 簡単明瞭にご説明します。
バウチャーとは、ホテルの予約確認券(金額が入っているもの、いないもの両方があります。)を指し、ホテルクーポン(券面の表示は宿泊券/ホテル券/旅館券 等)とはホテルに泊まるためのクーポン(金券)です。
 クーポン券は金券ですから紛失したらそれまでで、再発行はできません。予約はそのままに、再度お金を払って買い直します。また、現物を忘れてきても原則として宿泊できません。
 バウチャーは予約確認券ですから、紛失しても宿泊には大きな影響はありませんし、もちろん時間さえあればいくらでも再発行できます。また、FAXなんかで送ってもらっても大丈夫です。

 ただし、旅行会社(または職員)によっては混同している事もあります。ご注意を・・・

Q「サグラダ・ファミリアの塔」にのぼると、何かいいことあるの?

先日ここで質問させていただいて、回答いただいた中で「サグラダ・ファミリアの塔」の話が出てきたのですが、どのようなものか実際行って見た方、ぜひ教えてください。

エレベーターに乗るのに行列になると聞いたので、並んで待つその価値は何なのか?知りたいのです。
建物内に、上まで行った人にしか見られない、見ておくべき何か特別な彫刻とかがあるんでしょうか?

景色に関しては、見晴らしはいいと思いますが、それならモンジュイック展望台のロープウェーでもいいんじゃないかなーと思っています。
また、これまでも世界のあちこちで高いところからの景色は眺めていますので、見晴らしの良さだけで感動することは、もうないと思っています。

元々行列に並ぶのが大嫌いなこともありまして、行列に並ぶ価値はあるのか?というところを知りたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

基本的に、「サグラダファミリアから見える景色」のために登ります。
上のほうに行けば行くほど塔が細くなっていて、風で揺れる通路を渡るのは、非常に怖いです。
景色で感動することがないのであれば、別に登る必要があるとは思えません。
私はサクラダファミリアを見たいが為にスペインに行きましたから、景色云々よりも、サグラダファミリアに登っているんだ!ということに感動を覚えました。


私も世界中のいろんな景色を見ていますが、その土地土地で景観が違いますから、飽きるということはありません。
同じ景色なんてありませんから。
とはいえ、そんなの人それぞれなので、とりあえず、登っても特別なオブジェとかないことだけ教えておきます。

ちなみに、私が行ったときはほとんど行列なんてできておらず、すぐにエレベーターに乗れました。
行ってみて、並ばないようなら登ってみてもいいんじゃないですかね。

Q乗り継ぎ空港での入国・出国手続き

乗り継ぎ空港での入国・出国手続き
7月にヨーロッパを一人で旅行します。JALで成田空港からアムステルダムのスキポール空港に行き、同空港でKLMに乗換え、ローマのフィウミチーノ空港まで行く予定です。帰りは同じ航空会社の便で逆ルートになります。乗換えの空港での入国・出国手続きの方法を教えてください。

Aベストアンサー

スキポール空港で、国際線乗り継ぎをしたことがあり、その時の経験ですが。。。

スキポール空港は、ヨーロッパのハブで大空港だと聞いていたので、乗継時間(約1時間)が短く不安がありました。
でも、到着してみると、確かに、大きかったですが、ターミナルの発着ゲートやラウンジ番号の表示が分かりやすいので、ターミナルの全体像を把握して置けば、ご心配要らないと思いますよ。

オランダ政府観光局サイトのスキポール空港のマップ:http://www.holland.or.jp/pdf/Schiphol_Airport_City_J_KLM.pdfが分かりやすので、参照しておくと良いと思います。
国際線のEU諸国行きは、このマップ1ページ「After Passport Control 出国検査後」で、ラウンジ「1」のシェンゲン・ゲートB・Cでした。
私の乗ったKLM機は、同じ階のラウンジ「1」と「2」の間のゲートE17に着きました。
(到着ゲートは、時々によって、変わるそうですが。。。)
この図で、ラウンジ「2」の前に書かれている「赤色の線」の所で、入出国審査があります。
「赤色の線」の広い方が、出国審査ですので、ここで、手持ち荷物などのセキュリテイ検査を受け、パスポートと搭乗券を見せて、ゲートに向かいます。
ゲート番号が大きいと、40以上?の時は、審査後に、階段で上階へ行きました。
(因みに、「赤色の線」の狭い方は、帰りの日本行きの国際線への出国審査です。)

到着後、ラウンジやゲートからラウンジへ出るまでの通路等に、フライト・スケジュールの表示モニターがありますので、乗継便のゲートが変更されていないか確認しておくと良いです。

また、ローマ行き乗継便ですが。。。
ご自分でインターネット・チェクイン:http://www.klm.com/travel/jp_ja/index.htm#tab=db_iciして、搭乗券を印刷しておくか、日本国内の出発空港のチェックイン・カウンターで、搭乗券を受け取り、チェックインして置いて貰うと良いでですよ。
スキポール空港内では、あちこちに、乗継便の自動チェックイン機がありましたが、行列していますので。。。

スキポール空港の乗継は、大体そんなところですが。。。
日本発のKLM機内の座席に置いてあるKLM発行の雑誌にも、乗継手順が日本語で載っていましたので参考になりました。
また、KLMのサイト「お乗り継ぎについて」:http://www.klm.com/travel/jp_ja/prepare_for_travel/at_the_airport/connections/index.htm も読んでおくと良いかも知れません。

案ずるより産むが易し!です。
ローマの休日!を楽しんで下さい。

スキポール空港で、国際線乗り継ぎをしたことがあり、その時の経験ですが。。。

スキポール空港は、ヨーロッパのハブで大空港だと聞いていたので、乗継時間(約1時間)が短く不安がありました。
でも、到着してみると、確かに、大きかったですが、ターミナルの発着ゲートやラウンジ番号の表示が分かりやすいので、ターミナルの全体像を把握して置けば、ご心配要らないと思いますよ。

オランダ政府観光局サイトのスキポール空港のマップ:http://www.holland.or.jp/pdf/Schiphol_Airport_City_J_KLM.pdfが分かり...続きを読む

Q手数料無料で50ユーロ札を20ユーロ札や10ユーロ札に両替してくれるところはありますか?

来月、イタリアに行きます。
基本的にカードで払えるところはカードで支払おうと思っています。

50ユーロ札を8枚と、100ユーロ札を1枚持っているのですが、
レストランや美術館などで受け取りを拒否されることが多いとききました。

できれば、日本で細かくしていきたいのですが、
手数料がかからず、20ユーロ札や10ユーロ札に両替してくれるところはありますか?

(手数料がかからないのであれば、イタリアでもよいのですが)

Aベストアンサー

イタリアで両替すればよいと思いますよ?

(逆で考えてみれば、1万円札をイタリアで両替するとなると大変ですが、日本なら簡単に手数料なしで両替してもらえますよね?)

100ユーロ札は確かに使いにくいですが、50ユーロ札は普通にどこでも使われてます。屋台などの小さな店でなければ大丈夫じゃないでしょうか。

ヨーロッパでは偽札対策の為に、スーパーやデパートには偽札チェックの機械があります。美術館やレストランにも大抵置いてありますが、この機械がないような小さな店だと、嫌がられるかもしれませんね。
(偽札問題は問題化しているので、50ユーロ紙幣は必ず機械でチェックされますね。5ユーロ紙幣ですらじっくりと見られた事があります。)


目安としては、屋台で2ユーロのソフトクリームを買うのに50ユーロ札を出したら嫌がられるでしょうけれど、20ユーロのチケットを買うのに50ユーロ札を出して嫌がられる事はないと思いますよ。

乗り継ぎがある場合は、現地の空港内の店でガムの1個でも買えば、100ユーロ札だろうが200ユーロ札だろうが、快くお釣りをくれますよ~!(笑)
空港のお土産屋さんは、高価なブランド品なども扱っているので高額紙幣に慣れていますし、サービスのプロなので嫌な顔なんてしないし、空港内に銀行があるので釣り銭に困る事もありませんので!?

イタリアで両替すればよいと思いますよ?

(逆で考えてみれば、1万円札をイタリアで両替するとなると大変ですが、日本なら簡単に手数料なしで両替してもらえますよね?)

100ユーロ札は確かに使いにくいですが、50ユーロ札は普通にどこでも使われてます。屋台などの小さな店でなければ大丈夫じゃないでしょうか。

ヨーロッパでは偽札対策の為に、スーパーやデパートには偽札チェックの機械があります。美術館やレストランにも大抵置いてありますが、この機械がないような小さな店だと、嫌がられる...続きを読む

Q海外から日本の携帯電話への電話番号

海外の固定電話から日本の携帯電話へ電話をしてもらう時の
電話番号の記入の仕方を知りたいです。

番号が090-1234-5678の場合
「発信国の国際アクセス番号-81-90-1234-5678」
になると、携帯会社で聞いたのですが
企業相手のため、どの国から発信するのかわからなくて
国際アクセス番号を直接記入できません。

日本語の通じない外国の方へ紙に書いて番号を知らせる場合
どうやって書けばいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

国際発信の場合の電話番号を通知する時のお約束は頭を+にすることです。あとは先方がそれぞれ利用する電話会社の国際発信の規則に従って頭の番号を適宜付けます。
ですのでご質問の例で言えば
+819012345678
と表記すればその辺の常識がある方には通じます。


人気Q&Aランキング