外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

「おきれい」や「お美しい」は敬語の誤用でしょうか?形容詞には「ご」は付けられない?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。

6/27の英語のご質問以来ですね。

ご質問1:
<「おきれい」や「お美しい」は敬語の誤用でしょうか?>

いいえ、誤用ではありません。正しい用法です。

1.この「お」は形容詞につく尊敬の接頭語です。

2.普通は、相手の「状態・性質・特徴」を形容する場合に、使います。

3.自分の形容に使う「自己敬語」もありますが、子供か尊大な権力者ぐらいが使う用法で、一般ではありません。


ご質問2:
<形容詞には「ご」は付けられない?>

つけることはできません。

1.尊敬・謙譲・丁寧・美化語としての「ご」は、漢語につく接頭語です。

2.形容詞とは、本来古語の「~し」で終る語の「し」がイ音便化して現代の形容詞となったものです。
例:
「いとし」→「いとしい」
「うつくし」→「うつくしい」

3.従って、全ての形容詞は本来「和語」ですので、漢語につく接頭語「ご」は使われません。

4.ちなみに、「ご立派な」「ご謙遜な」「ご寛大な」などで使われる「ご」は、名詞(漢語)+断定の助動詞「だ」の連体形という接続をしているので、形容詞には分類されません。従って、ご+形容詞ではないのです。

以上ご参考までに。
    • good
    • 5

#1さんが提示された質問の#3さんが回答しておられるのは、


“「お」か「ご」か”という問題ですね。
「美しい」は和語ですから、漢語につく「ご」はなじみません。
つまり「ご美しい」は不可です(実際あまり聞きませんね)

しかし、和語につく「お」を、和語である形容詞「美しい」につけて、
「お美しい」とするのであれば正しい用法です。

一方「きれい(綺麗)」は漢語ですから、
原則から言えば「ご綺麗」とするべき、ということになります。
しかし、これは標準的な言い方とは言えないように思います。

下記の答申では、美化語であれば漢語にも「お」が好まれるとありますが、
同時に、形容詞・形容動詞に「お」「ご」をつける用法は
美化語ではなく尊敬語であるとされています。

「おきれい」という用法が「誤用」か「変則的な用法」か、
微妙なところだとおもいますが、私の個人的な語感としては
「変則的な(正しい)用法」だと感じます。

「敬語の指針」 文化審議会答申(平成19年2月2日)
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/bunkasingi …
以下引用

>(3)形容詞などの尊敬語
>形容詞や形容動詞の場合は,語によっては「お忙しい」「御立派」のように,
>「お」「御」を付けて尊敬語にすることができる。
p.26(PDFカウントでp.29)

>ただし,美化語の場合は,「お料理」「お化粧」など,
>漢語の前でも「お」が好まれる。
>また,美化語の場合以外にも,「お加減」「お元気」
>(いずれも尊敬語で,「お+漢語」の例)など,
>変則的な場合もあるので,注意を要する。
p.29(PDFカウントでp.32)
    • good
    • 1

下記に同じ質問がありましたよ。



良回答の方が分かりやすく書いていました。

参考URL:http://oshiete.homes.jp/qa3397676.html
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q形容詞(述語)に尊敬語は?(い止めは許容されないんですよね?)

文の形容詞止めは「です」止めより正しいと聞きました。

「きれいです」、より「きれい」。
「美しいです」、より「美しい」。

では、目上の人に「あなたのお部屋のお花はきれい。」のように何も尊敬語を形容詞につけないでもいいのですか?尊敬をあえて付加するとすればどうしますか?

Aベストアンサー

1.「きれい」は形容動詞
 形容動詞の語尾「だ」の丁寧形は「です」で問題ありません。


2.「美しいです。」という表現の是非について

 広辞苑の「です」の項には、
 >「面白いです」のような形容詞に付いた言い方は、
 >昭和10年代までは由緒のないものとされたが、
 >現代は正しいものと認められている。
 とあります。
 ですから、「現代では正しい」とも言えますし、「本来は許容されない」とも言えます。

 以前、気になって周囲に訊いてまわったことがあるのですが、
 違和感を覚える人、覚えない人、それぞれいるようです。
 私自身について言えば、書き言葉で使われている場合は軽い違和感を覚えますが、
 話し言葉としてはつい使ってしまいます。

3.「美しい。」の敬語表現について

 「美しいです。」を不可とすると、確かに困ってしまいますね。
 だからこそ「美しいです。」という表現が一般化したとも考えられます。
 思うに、敬語表現には「話者の判断を押し付けない」あるいは、
 「相手側に判断を委ねる」という側面がありますから、
 「形容詞を述語に持ってくる」つまり「形容(=価値判断)を断定する」形の文そのものが
 敬語になじまないのかもしれません。

 書き言葉の場合は、
 「思います」,「思われます」,「感じます」,「感じられます」
 といった婉曲表現を付け加えると、丁寧かつある程度自然な表現になります。

 話し言葉の場合は、
 「お美しい。」と語頭に「お」をつける表現がありますが、大仰な感じは否めません。
 現代ではやはり「美しいです。」とするのが最も自然かと思われます。

 なお、私の周囲では(私も含め)
 「美しいです。」には違和感を覚えるが「美しいですね。」になると違和感が薄れる、
 という奇妙な傾向があるようです。

以上ご参考までに。

長乱文陳謝

1.「きれい」は形容動詞
 形容動詞の語尾「だ」の丁寧形は「です」で問題ありません。


2.「美しいです。」という表現の是非について

 広辞苑の「です」の項には、
 >「面白いです」のような形容詞に付いた言い方は、
 >昭和10年代までは由緒のないものとされたが、
 >現代は正しいものと認められている。
 とあります。
 ですから、「現代では正しい」とも言えますし、「本来は許容されない」とも言えます。

 以前、気になって周囲に訊いてまわったことがあるのですが、
 違和感を...続きを読む

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q「今日も今日とて」の意味を教えて下さい

「今日も今日とて」の意味を教えて下さい。
前後の文章から、単純に「今日も」という事かなと思ったのですが、「今日とて」がひっかかります。
「今日」は「キョウ」でいいんですよね?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

同じ意味の重ね合わせで、強調してるのです。

「今日も」、今まで通りなんだ、
「今日とて」明日になれば変わるかも希望をもっていたとしても、「今日とて」変わらない。という事ですね。

音を踏んで、何も変わらない事を強調表現しているのです。

Q敬語?謙譲語?「お伝えします」

先日うちのお店に電話がありまして、社長が不在でしたので、「もしよろしければ伝言を(社長に)お伝えしておきますが」と先方さんに言ったのです。そうしたら傍らで聞いていたうちの母が「身内のことなのに『お伝えする』」はおかしいといわれました。

そこで質問です。私は「お伝えする」が身内のことだとは思えなくて、むしろ先方さんの大事な「伝言」を丁寧に扱う為にそれを「お伝えする」というニュアンスで今までずっと考えていたのですが、この場合やはり「お伝えする」ではおかしいのでしょうか?

先方さんに向って伝える客体がうちの社長だからといって「それでは伝えておきますので」というのはなんかそっけないような違和感を憶えてならないんです。

「それではそのように社長には伝えておきますので」というしかないんでしょうか?

どなたか有識者の方よろしかったら教えてください。

Aベストアンサー

私自身の感覚ですが…

「お伝えします」というのは、確かに尊敬語のような気がします。

もし私が使うなら「申し伝えます」でしょうか。

ご参考になれば。

Q「涙がちょちょぎれる」の意味

「涙がちょちょぎれる」とはどのような意味でしょうか?辞書を調べても載っていませんでしたし、周りの者に聞いてもみなが違うことを言うのです。私は今までこの単語を使う機会がなかったので意味がよくわかりません。正確な意味を御存知の方がいらっしゃいましたら、何卒御教授をお願いいたします。

Aベストアンサー

だいたいno.1、no.2の方と同じですが、
「泣ける」「泣けた」の強調やおどけた使い方だと思います。
今、自分の周りで聞いてみたのですが、
関西方面の人は感情面(特に”嬉しい”)で使う方が多いようです。
例)子供の演劇を見て涙がちょちょぎれた。
関東方面では物理的な・・例をあげると、
自転車で来たら寒くて涙がちょちょぎれた。
臑をぶつけて涙がちょちょ切れた。
などとも使うようです。
でも両者とも「あーわかるわかる」と言っているので
はっきりとした違いはないようです。
”嬉しい”以外のとらえかただったので書かせてもらいました。
ちなみに土佐弁だと書かれている方がネットにいましたので
参考までに
http://www.geocities.co.jp/HeartLand/6345/0014.html

Q「会えてうれしかった」の敬語表現

目上の人を紹介されたときに「会えてうれしかった」気持ちを表現したいのですが、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

敬語はお相手との距離間なので、実際に会った印象で
自然に自分の口から出てくる言葉で宜しいのですよ。

「お会いできて嬉しゅうございました」ですが

何度か口にしてみてください。
想定される目上の人との場面を思い浮かべた時に
違和感があるなら「お会いできて嬉しかったです」で十分です。

Q「充分」と「十分」の使い分け教えてください

題名のとおりですが、どう使い分けるのか知りたいです。

たとえば、「私はじゅうぶん満足した」のときは、十分でいいんですよね???

どちらをどう使い分けるのか教えてください。

Aベストアンサー

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。
☆この二つの文字の違いは何か?
【十】:1・2・・・・・・と来て数が満ちる。
  原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。
     九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。
     更に9+1は十分大きい ⇒ 数が足りている状態。 
  ☆数詞、段階を踏むデジタルな思想です。
【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。
  原意:長い、高い から 成長した大人、肥満、肥大、振る舞う、 
     などを意味するようになり、現在に至っています ⇒ 充ちる(満ちる)。
  ☆基本は動詞、切れ目なく満ちる、満たす、果たす、アナログ的思想です。
【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。
  【十分】の発音はshi2fen1   【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。
  【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 

さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。
 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。
 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。
    としたいところです。
  
【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。
 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc)
ついでに、
  「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。

いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング