スキーのブーツです。(テレマーク)
去年サーモインナー入りのブーツをお店で買って、熱成型してもらいました。 
ぴったりフィット感がいいと思い、中敷や靴下も薄いので成型しました。 
しかし、しばらく滑っている内に ぴったりしすぎて片方の足の裏や荷重のかかる足裏部分(足底筋、母子球)が痛くなってしまいました。
 そこで、遠いお店なのですが余裕を持たせる為もう一度 厚い靴下、厚めのインソールで焼き直してもらいました。
しかし、足裏を痛めたのと、 余裕をもたせて成型したはずが、ほとんど前のぴったり感と変わらない成型で痛いままシーズンを終えました。

そこで、今より かなり余裕ももたせて成型したいのです。

お店の焼き方がよくないかもしれないので、
ネットで検索しますと 
焼き方でだいぶ違うとも聞きますが本当でしょうか? 5000円とか値段は高いのですが専門のお店で焼きなおすと違うでしょうか?
あるいは何かよい方法はあるでしょうか

北陸在住で、石川や白馬にもスキーにいきます。 

以前にも4年前にこのお店で同じメーカーで同サイズのサーモインナーの入りのブーツを買い成型してもらいましたが、問題はなかったです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんばんわ。

サーモインナーを3代続けて使い続けています。

まず、サーモインナーは焼き直すとインナーがふくらみ、それをつぶすことによって成形します。
でも、何回もやっているとふくらみ具合が少なくなり、うまく成形できなくなります。
私の経験上、焼き直しは2回まで。それ以上はうまくふくらまないので逆効果になってしまいます。

実際の焼き方というのは温風が出る箱に放置しておくだけなので変わりません。
違うのは、成形するにあたってのカウンセリング及びパット等での調整の方法、そして実際に足入れしてから成形するまでの指導方法でしょう。
私も焼くだけで5000円のところを一つ前のブーツでお願いしました。
で、いまのブーツは別のところで作りましたが、そこの方法を参考にこちらからいろいろ要求しています(笑)。

また、そのアタリの原因、そして足裏の痛みの原因をつきとめることも大事です。でないと、次回の焼き直しに反映されません。
サーモインナーの場合、シェル加工は最後の最後で良いと思います。
(というかそもそもシェル加工をするということ自体、ブーツが合っていないということですから)
ちなみに、サーモインナーを採用しているモデルは、足の幅が狭いシェルが多いです。

ただ、私の推測ですと、インソールに原因があるのではないか?と思います。
サーモインナーを使っている人は、カスタムインソールを使っている人が多いです。私もそうです。
そもそもカスタムインソールを作ることが出来る店ならば、それなりにサーモインナーを成形する技術を持っているはずです。
カスタムインソールを作って、そのインソールをベースにしてサーモインナーを焼き直してみてはいかがでしょうか。
ただし、前述の通りインナーが十分にふくらまない可能性が高いため、失敗する確率が高いことはご承知置きください。

また、サーモインナーを成形した後は、インソール等々絶対にいじらないでください。#1さんの言う、「カカトになにか敷く」などもってのほかです。くるぶしのフィットする場所が異なってきてアタリの原因となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
焼き直しを慎重に考えなくてはならないのですね。
確かに、足幅が狭いシェルのような気がします。
足に加重すると足幅が横にひろがりますが、そのスペースがないため痛いのかもしれないかもしれません。
シーズンはいるまでにいろいろご意見を聞いたり調べて、最適な方法を考えていきたいです。

ひさしぶりに、家でブーツを履いてみました。
思っていた以上にきつきつで、足に加重をかけるような動きをすると、しばらく履いているだけで痛いです。
でも、実際の雪上ではもうすこし緩く感じると思います。(いままでの経験から)  

カスタムのインソールもお店で見ましたが、今のブーツでも薄いインソールなのではいるスペースがないと思います。
うまく焼けば、インナーが薄くなってスペースもうまれるのでしょうか

厚めのインソールは入るスペースがないと思います。

お礼日時:2007/11/01 10:18

3たび#2です。



アーチを支えるインソールに慣れていないと、最初は足が裏痛い感じがします。私もそうでした。
でも、これは慣れで解消するかと思いますよ。

ただ、すでに数ヶ月とかためした結果合わないのであれば、それはたぶん本当に合わないのだとおもいます。

ちなみに私は一貫してシダスのインソールを使っています。
厚みの件に関してはインソールを少し削って薄くすることが出来ますし、あとは成型時に強引にインナーをつぶして対応するしかありませんね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

3度もご回答ありがとうございます。
参考になります

お店で試してみて、せいぜい10分くらい履いてみただけです。
シダスは有名ですね。 確か、試したとき足裏にぴったりしました

削ることもできるとは知りませんでした。  
別の店で再成形するときは、サーモインナーとインソールを両方成形してる店でやろうと思います。

お礼日時:2007/11/02 23:24

#2です。

ちなみにわたしはアルペンスキーヤーです。

> 足に加重すると足幅が横にひろがりますが、そのスペースがないため痛いのかもしれないかもしれません。

私の経験則ですが、もしかしたら加重したり、疲れたりすると足のアーチが弱くなって、足が広がってしまうのかもしれません。
私は別にインソールの営業ではないのですが、アーチを支える形状のインソールにすると、足幅が広がるのをおさえるためたぶん効果があると思います。
カスタムインソールはみなその機能を持っています。

ちなみに私も#3さんのように、これでもかというくらいに気になるところはパットを貼りまくって作ります。
あとは夕方か夜に作ります。これは夜になると足が疲れてむくんで多少足が大きくなるからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
なるほど 
アーチをささえるような、インソールをお店で何個か試したことはあるのですが、足裏にあたるような感じでいたいものが多かったです。
足裏にぴったり張りつくようなやつは、自分にはあってないと思いました。
スーパーフィートというメーカーは、ちょっと違いますね

それにどれも結構厚みがあるのでスペース的に厳しいかも

いろいろなご意見を参考に またお店にいくときの参考にしたいと思います。

お礼日時:2007/11/02 21:58

ボードですが、サーモ使って何度も焼き直ししてます。


DEELUXEというメーカーのボード用ブーツなのですが、お持ちのスキー用のとは条件が変わってくるかもしれませんが、ご参考までに。

基本的にはサーモインナーは何度でも焼き直しが可能だということです。
ただ、No.2さんのおっしゃる通り、膨らませて作るので、条件によってです。
小さいから大きくしたいというのであれば、大丈夫だと聞いています。

また、インソールを入れる入れないで劇的に変化する人もいるようですが、これもインソール入れる場合にはサイズをワンサイズ大きくする必要が出てくる場合もあります。

また、サーモは成形してから長いこと使わずに放置していると少し縮みます。
これは、履いていればある程度は戻ります。

私もやっぱり小さかったという理由でよく直してましたが、
成形するときに靴下の下に指先にかぶせるキャップ(?)に何十にもスポンジのようなものをテープで付けてもらってやってました。
「え、そんなに?」って程つけてました。
厚さにして1センチ位はあったかもしれません。

スキーとボードでは根本的なところが違うかもしれませんが、参考になればと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私と同じで小さかったから焼き直ししたんですね。
それほどのキャップなどかぶせるのは、成形するときにかなりきつかったでしょうね。 
私の場合も成形の時それくらいやったほうがいいと思いました。

さきほど、またブーツをためし履きばきして見ました。
靴下やインソールをいろいろ取り替えてみました。 ぴったいしすぎなのもありますが、以前使っていたインナーより材質が固いのも原因のようです。
(いつもかなり薄い靴下で履いています) 

お礼日時:2007/11/01 22:06

サーモインナーは未経験でフォーミングのブーツでの経験ですが。

。。

お店(店員)の違いは大きな違いだと思いますよ。私は東京の神田スキー街にある"神田ブーツ研究"という店を利用しています。聞くところによると諏訪からブーツを作りに来るお客もいるとか。。。

シェル加工はしてますか?カカトに何か敷くとカカトにも加重されるようになるのでつま先方向に余裕がデルはず。。。

私の時は、分厚い靴下を2枚履いた状態でフォーミングの充填剤を入れました。そうすると薄めの靴下1枚でちょうど良いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
シェル加工はしてません。 
お店の違いは大きいのですね。 ブーツ加工専門のようなお店も近くにないので?
値段も結構かかるし・・・
雪上で滑ってから、痛かったら また整形しなおししてもらうこともあると思うので近くか、良く行くスキー場の傍のお店があるといいですね。

とりあえず、整形するときはつらいでしょうが、分厚い靴下を2枚履いて もう一度整形してもらいたいと思ってはいます。 
それほど詳しい知識がないお店なのでなにか整形するときに注意することがあれば教えて欲しいです。

お礼日時:2007/10/31 18:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサーモインナーの熱成形

自力でやる方法に関して過去にも同様な質問がありましたが、是非トライしてみたいので、お店でやられた方(もちろん自分でやられた方でも)、もう少し詳しく教えてください。
・シェルを履いて外部から熱を加える、でいいですか。
・温度、時間はどの程度ですか。
・冷却はどの程度必要ですか。
・バックルのきつさはどの程度ですか。
・上の条件次第ではサウナとか、お湯に突っ込むとかはどう思われます?
ちなみにブーツはクナイスルのセミタイプです。

Aベストアンサー

仙台のショップでスキーブーツ・スノーボードブーツのチューンナップを専門にやってきました。講習も受けてますので、一応専門家の意見としてお聞き下さい。

前にも書かれた方がおりますが、クナイスル&ライケルのサーモインナーは自宅での加工は基本的に不可能です。専用のオーブンがあり熟練したスタッフが居るお近くの店で加工する事をお勧めいたします。ほとんどのお店では1000円前後加工していると思います。

加熱温度は80~90度。時々お店で加工してもしっくりこない方がいらっしゃいますが、完全な加熱不足です。専用オーブンで十分な加熱。わたしの場合インナーの状態やグレードにもよりますが、様子を見ながら15~25分加熱します。
シェルにインナーを戻してからは、きちんとしわを伸ばしながらブーツを『正確』に履き、可能な限り動き回りながら冷めるのを待ちます。 熟練した店員さんでも1足しっかりと仕上げるには加熱時間も50~60分は必要とするはずです。

暖める⇒履く⇒冷ます⇒出来上がり のサーモインナーですが、クナイスル&ライケルのようにインナー全体を温めるタイプの物は作る人によって出来上がりが全然違いますよ。

ちなみにサロモン・ラング・ロシニョール等の内側だけ温めるタイプのサーモイーンナーは作る人で仕上がりが大きく変わりる事はありませんが専用の温風器で加工する場合でも15分以上温めることをお勧めします。

仙台のショップでスキーブーツ・スノーボードブーツのチューンナップを専門にやってきました。講習も受けてますので、一応専門家の意見としてお聞き下さい。

前にも書かれた方がおりますが、クナイスル&ライケルのサーモインナーは自宅での加工は基本的に不可能です。専用のオーブンがあり熟練したスタッフが居るお近くの店で加工する事をお勧めいたします。ほとんどのお店では1000円前後加工していると思います。

加熱温度は80~90度。時々お店で加工してもしっくりこない方がいらっしゃいますが...続きを読む

QDEELUXEサーモインナーについて

はじめまして。昨日DEELUXE_SPARKを購入しました。
サーモははじめてなんですが、家に帰って履いてみるとなんだかつま先が窮屈な感じがします。耐えられないというほどではないんですが、つま先がインナーに接触している感じで若干痛い気がします。成型初心者なもので成型時にちょっと遠慮がちにしちゃったかなってのはありますが・・・。
こういう圧迫感というものは、何回か使ってるうちにとれてくるものなのでしょうか?サーモインナーも使用していく上で若干大きくなったりするのですか?それとも、通常履いているくらいで圧迫感を感じるくらいなら焼き直しといた方がいいんでしょうか?
サーモインナーに詳しい方いらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

おはようございます。
当方も昨年、DEELUXE・WHIP・BOAの26cmを量販店で購入して使っていました(当方は、スキーボードにスノーボードのブーツを使用するタイプで、滑り方はワンメイク等のエア系とフリーランが主です。)が、爪先がインナーの先端に当たりそれでも無理して滑っていたら、右の爪が内出血をしました。もちろん、当たる度に激痛で滑るどころでは無く、しばらくは辛い思いをしました。(歩けないほどではありませんが…)それから、同じ型の27cmを使用したら痛みも感じず全く問題無く滑れました。

原因は、「1サイズ小さいから。」と専門店で言われました。そこで足の幅と長さから測定したたら、確かに26cmじゃ小さい事がわかり、27cmに変えました。

ですから、TMZP3200さんのブーツも小さい可能性があります。しっかり測定されたでしょうか?もし測定されていない状態(ただ履いた感じだけとか)で買ったなら、その店以外のお店で測定したほうが良いと思います。(専門店での測定が一番に思えます。)その後、その商品を買ったお店で苦情を言って、取替えが効くなら取替えてもらえるなら取替えてもらってください。(当方はもう使用してしまったので無理だと判断したため、オークションで売り同じ型の27cmをオークションで購入後、そのお店で何度も焼直して貰っています。)

DEELUXEのブーツはサイズが1つ小さいと言うのはよくある話らしいので、もう一度測定するのを勧めます。焼直しはインナーは広がりますが、DEELUXEのブーツはブーツの中でも硬い部類に入ります。だから、広がる前に足が当方のようになるかと思います。

おはようございます。
当方も昨年、DEELUXE・WHIP・BOAの26cmを量販店で購入して使っていました(当方は、スキーボードにスノーボードのブーツを使用するタイプで、滑り方はワンメイク等のエア系とフリーランが主です。)が、爪先がインナーの先端に当たりそれでも無理して滑っていたら、右の爪が内出血をしました。もちろん、当たる度に激痛で滑るどころでは無く、しばらくは辛い思いをしました。(歩けないほどではありませんが…)それから、同じ型の27cmを使用したら痛みも感じず全く問題無く滑れました。...続きを読む

Qスキーブーツのサーモインナーについて

よろしくお願いします。
8年ぶりにスキーブーツを買い換えようと思い、先日、スキーショップに下見に行ったところ、履き比べの結果、ノルディカのビーストシリーズを勧められました。
説明を聞く中で、インナーが「サーモインナー」というものであり、熱で加工(熱成形?)できるものの、試し履きして問題なければ、あえて熱成形する必要はないと言われました。
そこで以下の3点について質問したいと思います。

(1)サーモインナーとは「インナーに熱を加えて足の形にフィットさせるもの」と理解しましたが間違いないでしょうか。

(2)フィットしていれば、あえて熱成形する必要は無いのでしょうか。それとも、ショップが面倒がっただけなのでしょうか。

(3)サーモインナーのブーツを使われた方にお伺いしますが、フィット感など効果の程はいかがでしょうか。
また、ヘタリ易いなどのデメリットはありますでしょうか。

ちなみに、私は自称中級レベルの一般スキーヤーで、年間滑走日数は15~20日程です。

なお、誠に勝手ながら、事情により、夜遅い時間帯しかパソコンを使えないため、お礼が遅くなるかもしれません。
その際はご容赦いただきますようお願いいたします。
長文となり失礼致しました。

よろしくお願いします。
8年ぶりにスキーブーツを買い換えようと思い、先日、スキーショップに下見に行ったところ、履き比べの結果、ノルディカのビーストシリーズを勧められました。
説明を聞く中で、インナーが「サーモインナー」というものであり、熱で加工(熱成形?)できるものの、試し履きして問題なければ、あえて熱成形する必要はないと言われました。
そこで以下の3点について質問したいと思います。

(1)サーモインナーとは「インナーに熱を加えて足の形にフィットさせるもの」と理解しましたが...続きを読む

Aベストアンサー

ドロミテのサーモインナーを履いています。自己流での自称中級スキーヤーです。

1,その通りだと思います。
ドロミテの場合、あらかじめ暖めておいたインナーをシェルに入れて固まるまで履いたままでじっとしていました。

2,どちらも正解ではないでしょうか。
そのままでもpyoko21さんの足の形状にフィットしていたならば使用に差し支えは無いと思います。
形状記憶は確かに時間の掛かる作業です。熱してから形状が安定するまで20~30分ほど掛かっていた記憶があります。

3,正しく形状記憶してあるおかげでフィット感は抜群です!シェルをきつくしなくてもブーツの中で足が遊びませんし、自分の足専用に形成される訳ですから万人向けの無駄な空間が無くなるので暖かいです。

2シーズン経過しましたがヘタリは感じません。ドロミテの場合、数回の再形成が可能と聞きました。私は、初回形成がしっくり来なかったので二度再形成してもらいました。

非加熱インナーでは機能半減だと思いますので、販売店には”しっくり来ない”を理由に形成してもらいましょう。

pyoko21さんは南半球の方ですか?この時期にスキーの話とはなんてうらめしや~

ドロミテのサーモインナーを履いています。自己流での自称中級スキーヤーです。

1,その通りだと思います。
ドロミテの場合、あらかじめ暖めておいたインナーをシェルに入れて固まるまで履いたままでじっとしていました。

2,どちらも正解ではないでしょうか。
そのままでもpyoko21さんの足の形状にフィットしていたならば使用に差し支えは無いと思います。
形状記憶は確かに時間の掛かる作業です。熱してから形状が安定するまで20~30分ほど掛かっていた記憶があります。

3,正しく形状記憶し...続きを読む

Qラングのインナーブーツだけを購入できないのでしょうか?

スキーをやっていまして、ラングのレーシングのブーツを履いています。

6年前くらいに買ったので、インナーブーツが ヘタってきました。

シェルも経年変化はしているものの、
最近は滑走日数が少ないので、何とかあと数シーズンはいけそうです。


そこで、インナーブーツだけを購入したいのですが、
普通、インナーブーツだけを購入することはできるのでしょうか?

モデルチェンジはしているものの、ラスト(金型)形状は同じハズなので、
ラングの デモorレーシング系のであれば、インナーは同じですよね?


できるのであればお店なども紹介してください。

シェルだけの購入ってよくありますよね。
そのとき余ったインナーでいいのですが。

Aベストアンサー

購入されたお店に行けるのでしたら、修理という形で「インナー交換希望」を出されては如何でしょうか。
メーカー側のアフターサービスはあるはずですので、少なくとも修理という形なら受けてもらえると思います。
訊いてみる順序としては、「インナーの取り寄せ」「修理」の順でしょうか。
何れにしても、ブーツを所有しているという前提を伝えるのが肝要だと思います。

Qホットワックスでのソール焼けについて

先日ホットワックスについて教えて頂き早速やってみました。
そして何回かワックスをかけてみて色んな方法を試していた所,ワックスなのかソールなのか分かりませんがエッジ付近に気泡のようなブツブツした物が現れました。
ワックスを剥がしてブラシを掛けてもその部分の質感がワックスをかける前よりガサガサのような気がします。。
これはもしかして焼けてしまったのかなと思ったのですが,ソールが焼けるとどのような状況になるか分らないのでどんな感じになるか教えていただけないでしょうか。

その時のワックスのかけ方は,-5~10℃のベースワックス3回目で,まず生塗りをしてペーパーにワックスをたらしてしみこませた後,トップからテールにかけてアイロンを動かし,それを数回繰り返しました。
アイロンの温度は120℃設定でやっていて,その回は途中でペーパーにワックスは足しませんでした。
板には保存用にスプレーの簡易ワックスを塗っていたんですが,ホットワックスをする際リムーバーをかけずにワックスを剥がしてブラッシングしただけです。
板はホットワックス練習用として安物の板を使っているのでソールはエクストリュードだと思います。

先日ホットワックスについて教えて頂き早速やってみました。
そして何回かワックスをかけてみて色んな方法を試していた所,ワックスなのかソールなのか分かりませんがエッジ付近に気泡のようなブツブツした物が現れました。
ワックスを剥がしてブラシを掛けてもその部分の質感がワックスをかける前よりガサガサのような気がします。。
これはもしかして焼けてしまったのかなと思ったのですが,ソールが焼けるとどのような状況になるか分らないのでどんな感じになるか教えていただけないでしょうか。

その時...続きを読む

Aベストアンサー

ワックスについては他の方が書かれているので他の事を少々・・・

使用アイロンはどの位のレベルの商品でしょうか?
アイロンのダイヤルに刻まれた温度を信用してはいけません。
7千~1万位の市場では高価なアイロンでも設定温度は結構いい加減です。
特に5千円以下の商品だと「欠陥品じゃないの?」と言う位テキトーです。
(ホットワックス上級者でも安いアイロンだと焦がす可能性が高いです)
量販店で3800円で販売されていたアイロンをサーモテスターを当てて測定した事がありますが
高温(説明書では120度)に設定して測定したところバイメタル(温度を感知して通電・遮断する金属)
精度が低いらしく146度まで上昇した時点で遮断後、本体が冷えた事を感知して再び通電させる
温度は94度で前後約50度の差がでました。
つまり120度でアイロンをかけているつもりでも、場所によっては150度近い場所もあれば
100度以下でかけている場所もあるのです。
高価なアイロンとは設定温度との誤差が少なくて、金属面全体が均一に近い温度になるアイロンと断言しても差し支えありません。
安価なアイロンは温度設定がいい加減なだけで無く、金属面中心部しか高温になりません。
私が知る限り、誤差の最も少ないアイロンはホルメンコールやブリコ等(形状が同じなので多分製造元は一緒)が
販売していた6万~8万位のアイロンです。これでも前後5~7度くらいの誤差は出ます。
このアイロン精度は高いのですが重くて使いにくい為、現在はプロのサービスマンでも使用している方は少数です。
現在サービスマンが使用しているアイロンは1万~2万5千円位の商品が主流です。
精度は低くても使いやすさを重視した場合、この価格帯の商品が一番コストパフォーマンスが良いようです。

アイロンの移動速度はどれくらいでしょうか?
最低でも毎秒8~10センチは移動させてください。
コレ以下だと焦がす可能性が非常に高くなります。

初心者にはキツイ言い方かもしれませんが、ワックスは大量に使った方が焦がし難いです。
ケチるとアイロンが直接滑走面について焦がしやすくなります。(ペーパー挟んでいてもです)
プロのサービスマンはサイドウォールからドバドバ垂れる程、ワックスを使います。
(滑走面を焦がす可能性を低く抑えるためです。焦がして粒界が無くなった滑走面は修復不可能だからです)
同じワックスで何度か失敗すると滑走面の面積に対して使用するワックスの量と移動速度が判って来ます。
異なるワックスを使用する場合は又一から勉強です。

勉強だと思ってがんばってください

ワックスについては他の方が書かれているので他の事を少々・・・

使用アイロンはどの位のレベルの商品でしょうか?
アイロンのダイヤルに刻まれた温度を信用してはいけません。
7千~1万位の市場では高価なアイロンでも設定温度は結構いい加減です。
特に5千円以下の商品だと「欠陥品じゃないの?」と言う位テキトーです。
(ホットワックス上級者でも安いアイロンだと焦がす可能性が高いです)
量販店で3800円で販売されていたアイロンをサーモテスターを当てて測定した事がありますが
高温(説...続きを読む

Q4月上旬でも雪質いいゲレンデと安い宿

4月の上旬(4日~8日の間)にボードに行こうと思っています。4月上旬でも比較的雪質がよく、初心者も上級者も楽しめるゲレンデをWEBなどで調べて検討したところ、
  かぐら・奥只見丸山・ASAMA2000
に絞られました。しかしこの3つは行ったことがないので、どこに行こうか決めかねています。もしこの中で、ここがいいよ というのをご存知の方がいらっしゃったらぜひ教えてください!
また、この3つよりもこっちの方がいいよ という方もいらっしゃったらぜひ教えてください!
出発地は東京で、車で行きます。
おすすめの際、考慮していただきたい条件としては、
・4月上旬でも雪質がいい(初心者がいるので、アイスバーンやこぶが多いと楽しめないと思うから)
・初心者用コースも上級者用コースもある
です。
重ねてお願いしてしまって申し訳ないのですが、1泊2日で行く予定なので、おすすめされるゲレンデの近くに安いホテルがあれば教えてください。
ぜひよろしくお願いします。

Aベストアンサー

4月以降の春スキーで雪質を第一優先に考えるのであれば、次のことを考慮する必要があります。
  (1)標高が高い。
  (2)緯度が高い。
  (3)北斜面である。
(2)を考えると東北以北になるため、条件として外しがちですが、けっこう重要です。1泊2日であれば
会津、蔵王ぐらいまでなら対象になるのではないでしょうか。
あげられた、スキー場ですが、まず奥只見丸山は、春スキーでオープンということで積雪量はすごい
のですが、やはり新潟の雪だからでしょうか、雪質はそれほどでもなく重いです。それでも上部は
まあまあです。
私も4月に行きましたが、周りはまだ雪に埋もれていて、それがすごいと感じました。

 かぐらは近いので春スキーでも何度も行っていますが、4月にいると晴天率も上がって気持ちが
いいです。ただ雪質は、春スキーで動く最上部のリフトのところ以外は、あまりよくなく、雪面も荒れ
ていて初級者にはまったく向いていません。

 ASAMA2000は、(1)の標高は高いのですが晴天率が非常に高いため、下部はシャーベット状態
になります。但し、このスキー場はコンパクトなので、非常に整地がゆきとどいて、滑りやすく、初級者
・中級者には向いています。

 私が上記3つのスキー場よりいいと感じるのは、(2)の緯度は高くありませんが、志賀高原の熊の湯
&横手山です。宿も熊の湯の温泉ホテルは、どこもそこそこ良いかと思います。

 (1)~(3)を満たしていて、1泊2日で行けて、雪質、コースアレンジが良くてオールラウンドに気持ち
よく滑れるところというと、私なら蔵王に行きますが、友人は裏磐梯猫魔スキー場をあげました。
私も3月末と4月上旬に2回行ったことがありますが、とにもかくにも北斜面ということもあり、雪質は
この時期でも非常にいいです。新潟の雪質とは違います。関東近辺では丸沼高原も標高が高く、
北斜面ですが積雪量、雪質ともに猫魔よりかなり劣ります。
コース取りも初級者から上級者までオールラウンドで滑れます。
確かに行ったことがないのでしたら、奥只見丸山なんかよりお勧めです。ちょっと遠いのが難点です
が、私はいずれも1泊2日で行きました。そこで泊まった「裏磐梯猫魔ホテル」は温泉がすばらしく、
なかなか良かったです。
 

4月以降の春スキーで雪質を第一優先に考えるのであれば、次のことを考慮する必要があります。
  (1)標高が高い。
  (2)緯度が高い。
  (3)北斜面である。
(2)を考えると東北以北になるため、条件として外しがちですが、けっこう重要です。1泊2日であれば
会津、蔵王ぐらいまでなら対象になるのではないでしょうか。
あげられた、スキー場ですが、まず奥只見丸山は、春スキーでオープンということで積雪量はすごい
のですが、やはり新潟の雪だからでしょうか、雪質はそれほどでもなく重いです。それでも上部...続きを読む

Q自力でブーツを熱整形するには?

HEADの720ブーツを持っています。
このブーツは一応、熱整形可能なインナーになっています。
本来であれば、専用の機械を使用して整形するみたいなのですが、このインナーを自力で熱整形することは可能ですか?
ドライヤーしか思いつきません。。。

Aベストアンサー

HEADの720なら、ドライヤーで可能なはずです。ショップでもドライヤーを大きくしたようなのでやります。
ただ、ドライヤーだと熱ムラが起こり易く、サーモフィットの部分の膨張が上手く行きにくく、結果としてインナーのタレが早まって寿命が短くなってしまいます。
皆さんの言うように、専門店で成形してもらうか、成形せずに履きつつけてじっくり足に馴染ませていくほうがいいと思います。

Qまだ3回なのにボードのソールが白い・・・

初心者です。質問させてください。
今年1月中旬にボードを買い、3週連続で週末に滑りに行っています。
ようやく連続ターンがスムーズにできてきた頃でゆくゆくはかっこいいショートターンやカービングターンができればいいなぁと思っています。

そんな楽しさとはうらはらに、ボードのソール面が白っぽくなってきました。
全体的にはうっすらとですが、部分的に(エッジの近く)かなり白い部分もあります。
これは手入れを怠っているせいですよね・・・。

この白っぽさをなくすためにはどうすればいいでしょうか?
また、今後こうならないためには手入れをどう変えればいいでしょうか?

ちなみに今の手入れの方法は、、、

・滑走後はスキー場にあるエアーガン(?)で雪と水分を飛ばす
・ボードケースに入れて、8時間後ぐらいに帰宅
・帰宅後すぐにタオルで拭き、部屋の中で自然乾燥
・2.3日後にスプレータイプの滑走ワックスをかける
・滑る前夜に同じワックスをかける

こんな流れです。購入して間もないのでベースワックスが取れたら自分でできないため、リムーバーはかけていません。

ゆくゆくは、ホットワックスが自分でかけられるようになりたいと思っています。(今使っているスプレーワックスがなくなり次第・・・)

ボードは長く愛用したいですし、もっとうまくなりたいので、手入れの間違いをぜひビシビシご指摘ください!よろしくお願いいたします。

初心者です。質問させてください。
今年1月中旬にボードを買い、3週連続で週末に滑りに行っています。
ようやく連続ターンがスムーズにできてきた頃でゆくゆくはかっこいいショートターンやカービングターンができればいいなぁと思っています。

そんな楽しさとはうらはらに、ボードのソール面が白っぽくなってきました。
全体的にはうっすらとですが、部分的に(エッジの近く)かなり白い部分もあります。
これは手入れを怠っているせいですよね・・・。

この白っぽさをなくすためにはどうすればいいで...続きを読む

Aベストアンサー

たぶん質問者の方が考えているベースはベースワックスではありません。 質問者の方が考えているベースワックスも滑走ワックスです。 商品名に『ベースワックス』と書いてある物は滑走性がない夏場の保存や滑走ワックスを定着させやすくするものなのですが、滑走性は無く、現在ではほとんど使われる事はありません。

重ね塗りをする場合は『ベース→滑走ワックス(ホットワックス)』に書くのは間違いで、『ベース→トップ』と書きます。 どちらも滑走ワックスで、ベースとは『ワックスを重ね塗りをする場合に一番下地に入れるワックスの総称』の事を言います。

基本的にはベース(下地)にはパラフィン系ワックス
トップ(上塗り)にはフッ素系ワックスを使用します。

かなりわかりにくいと思うのでSWIXを例にして説明しますと、
http://www.swix.co.jp/swix/wax/sp/sp.htm
このワックスはベースワックスと書いてありますが、基本的にベースには使いません。
http://www.swix.co.jp/swix/wax/ch/ch.htm
このワックスはベースワックスと書いてありませんが、ベースに使用します。

また、特に滑走性に問題が無ければ重ね塗りをしないで、一般的にベースと呼ばれる状態で滑っても全く問題はありません。

たぶん質問者の方が考えているベースはベースワックスではありません。 質問者の方が考えているベースワックスも滑走ワックスです。 商品名に『ベースワックス』と書いてある物は滑走性がない夏場の保存や滑走ワックスを定着させやすくするものなのですが、滑走性は無く、現在ではほとんど使われる事はありません。

重ね塗りをする場合は『ベース→滑走ワックス(ホットワックス)』に書くのは間違いで、『ベース→トップ』と書きます。 どちらも滑走ワックスで、ベースとは『ワックスを重ね塗りをする場合に...続きを読む

Q緩斜面では滑れるのに・・・急斜面だと・・・

緩斜面では滑れるのに・・・急斜面になると腰が引けてスムーズに滑れません。前足に体重をかけてと頭ではわかっているのですが。よい練習方法があれば教えてください!

Aベストアンサー

腰が引ける、所謂、後傾姿勢は、意識してもなかなか直りませんよね。
私も苦労しました。質問者さんのフォーム見れないので実際どうか判りませんが、多くの場合、前に体重を掛けようとすると前屈みの姿勢になりがちです。こうなると、腰が折れて、太腿が寝て、脛が立つので、所謂、へっぴり腰の姿勢になり、益々、意図とは反し益々後傾になってしまいます。
下記は、スクールで指導されて、私の後傾が矯正された姿勢の取り方です。
1、脛を深く折る。
2、折った脛の角度と太腿の角度が同じになるように股関節を折る。
3、背筋は曲げず真っ直ぐに伸ばし、お尻を上に吊り上げるようにる。

上記の姿勢を滑走中も保てば腰が引けること無くなりますが、以外と3の姿勢を保つのが難しく、ポイントとなります。私の場合、滑走中に3の姿勢を保つには、アゴを引かず、常にアゴを上げて滑るのが効果的でした。
家でも練習できるので試して見てください。スキーブーツを履いて。

また、姿勢ではないのですが、急斜面を滑るときのもう一つのポイントは、ターンのキッカケで上に立ち上がらないことも肝心です。上方向に立ち上がると体が遅れてしまうので、斜面下、ターンの出口方向(次の進行方向)に体を移動させるようにします。

腰が引ける、所謂、後傾姿勢は、意識してもなかなか直りませんよね。
私も苦労しました。質問者さんのフォーム見れないので実際どうか判りませんが、多くの場合、前に体重を掛けようとすると前屈みの姿勢になりがちです。こうなると、腰が折れて、太腿が寝て、脛が立つので、所謂、へっぴり腰の姿勢になり、益々、意図とは反し益々後傾になってしまいます。
下記は、スクールで指導されて、私の後傾が矯正された姿勢の取り方です。
1、脛を深く折る。
2、折った脛の角度と太腿の角度が同じになるように股関...続きを読む

Qファットスキーのターンについて

よろしくお願いします。
セミファットスキーを買ってパウダー練習中なのですが、
深雪になるとついついターンのとき足を持ち上げてしまう「悪癖」が出てしまいます。

「膝以上の雪でもなければ、足を持ち上げるような意識はいらない」と教えられるのですが、
なーんとなく「引っかかって転ぶんじゃないか…」という恐怖感?からか直りません。
足を持ち上げようとするせいで、後傾になってバランスを崩して転んでしまいます(昨日は8回くらい転びました@@;)

こういう人はもう一度ゲレンデで基礎からみっちり練習したほうがいいのでしょうか。
(スキー検定などは受けたことがありませんが2級レベルだねと人には言われます)
それともパウダーでとことんやれば直っていくものでしょうか。
またよい練習方法や、意識の持ち方などアドバイスがあれば教えてください。

Aベストアンサー

パウダー大好き、バックカントリーにもちょくちょく行きます。
私はセンター110mmのファットを使っていますが、自分が気を遣っているのは以下の点です。

・#1さん同様、面ではなく点で。トップからテールまで使います。特に後傾にする必要も無いです。
トップで雪を受け、センターで雪を踏み、テールで雪をけちらす(スプレーを上げる)感じです。
・片足加重ではなく、両足加重で(とは言っても内足:外足が4:6くらい)。つまり両足いっぺんに回します。
・足の幅は肩幅くらいでOK
・基本はフォールライン。深雪で斜滑降すると、どうしても片足加重になるのでバランスを崩しやすいです。
それにスピード出した方が浮遊感が楽しめるので私はおもしろいです。
(私は深雪でかっとんでスプレー上げまくるのが大好きなので・・・)

今のファットは驚く程かんたんに深雪を滑れるのでつまらないのですが、昔のシェイプの細板で深雪を滑る時は、板のたわみというか、板の反発力のリズムに合わせてターンしていました。
深雪をまっすぐ滑って、板を両足で強く踏みます。すると次の瞬間、板が返ってきて、ジャンプするような感じになります。これを何回か繰り返すとボヨンボヨンしながら滑るようになります。この飛んでいるような時にターンというか、両足同時に足を横に向けてターンするのです。
ターン終了と同時に踏み込みます。するとまた返ってくるので、その時に反対方向にターンします。
この繰り返しです。
ただこれだと浮遊感があんまり味わえなく、スピードも出ないので私は好きではありません。。。

ちなみに私はストックは全く使いません。ストックを「突く」意識でいると、ズボってはまったときにバランスを崩すからです。

あ、あとですね、基本は腰から下だけ使い、腰から上は腰から下の動作に追従するだけです。たまーにパラレルクラスで肩を振ってターンのきっかけをつくる人がいますが、そういう人は肩を振っても腰から下がついていかず、バランス崩して滑れません。あるいみ矯正になるので良いのかもしれませんがー

深雪の浮遊感を味わうと、ある意味圧雪バーンには戻れなくなります。頑張ってください!

パウダー大好き、バックカントリーにもちょくちょく行きます。
私はセンター110mmのファットを使っていますが、自分が気を遣っているのは以下の点です。

・#1さん同様、面ではなく点で。トップからテールまで使います。特に後傾にする必要も無いです。
トップで雪を受け、センターで雪を踏み、テールで雪をけちらす(スプレーを上げる)感じです。
・片足加重ではなく、両足加重で(とは言っても内足:外足が4:6くらい)。つまり両足いっぺんに回します。
・足の幅は肩幅くらいでOK
・基本はフォールライ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報