出産前後の痔にはご注意!

主人の魚の食べ方が汚くて困っています。
小骨が怖いらしく、焼き魚などは骨が無いと分かっているところにしか
箸を付けようともしません。
結果、真ん中あたりがかじられたような状態で後は捨ててしまいます。
食べられる所がいっぱい残っているのに…
結婚当初は、私もあんまりだと思って食べられる所だけ取ってあげたりもしていましたが(小さい子にするような感じです)、流石に何年も経ってしまうと、やってあげるのも嫌になってしまいました。
それでも毎回「もうちょっと食べられるよ」と言ってはみますが、決まって「端っこは小骨があるから食べたくない。俺は歯に詰まると痛いのが分かっててわざわざ食べない」と言います。
折角作ってもこの状態なので、我が家で魚料理と言うと、フライや缶詰、南蛮漬けなどが主流になってしいまいました。
それでも焼き魚よりはマシとは言え、やはり骨を外して食べているので
残骸が残ったような感じで、作っている私としては非常に嫌な感じです。
又、目の前でこのように食べられてしまったりしては子供の教育にも悪いと思うのですが、何か上手に食べさせる方法があれば教えて下さい。
アー言えばこう言うと言った感じで、押し問答になってしまい、魚を食べる時はいつも喧嘩になってしまいます。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

お子さんには普通の焼き魚を出して、質問者さんがしっかり食べ方を教えてあげて、旦那さんには三枚におろして骨抜きした魚を焼いてあげては?


手間ですが、気分悪い残され方をするよりは良いと思います。

客観的に見て旦那さんの更正は無理でしょう。
子供に差をつけれらるなんて恥かしいと思いますけど、出来ないのだからしょうがないです。
でも、これで文句を言って来たら、最後の更正のチャンスですね。
ならちゃんと食べてね、と話を繋げられます。
#4さんは穏便にという事で、なるほど平和な食卓には良いアイデアだと思いますが、私の意見は「恥かかせちゃえ」です。
一縷の望みを託して...。

ところで、お子さんもその「幼児食」がいいと言ったら、ちゃんと魚が食べられないと自分が(こういうふうに)恥をかく事を教えてあげてください。
どうやら世代を超えての負の連鎖のようですから、料理方法などで誤魔化さず、キッパリここで断ち切りましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにこのままではいけないですよね。
子供が上手に食べれるようになれば少しは頑張って食べてくれるようになることを信じて主人の更正も頑張ってみようかと思います。
子供の教育には悪い見本の代表として「パパみたいに食べちゃみんなから笑われるよ」と言って逆に頑張って綺麗に食べるよう躾けたいと思います。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2007/11/06 17:18

No.5の方でないですが、更正は(こいうことば使うのがいいのか?)無理でしょうね。

昔の人は(今でも相当年齢以上の人は)大半が魚をうまく食べるはずですが、段々少数派になってきているのでしょうね。質問者さんはしっかりされているようですから、せめてお子さんにはちゃんと教育してあげてほしいですね。

自分のことを振り返っても、子供のとき実家にいるときは食べ方はいい加減だったと思います。でも親の食べ方や、残さず食するというか、もったいない美学に接して育ったので、独立し外食で骨付き焼き魚や煮魚を食べるようになると、昔の親の食べ方を思い出し、食べ方上手を振舞っています。かっこつけることより、せっかくの美味しい料理を出来るだけ残さず食べえるのが流儀ですし。
このような質問に接したこと自身、ほっとした気持ちになります。ちゃんとした魚の食べ方がお子さんに伝えられるといいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親の行動というのは子供に大きな影響を与えますよね。
私の親も綺麗に魚を食べていたのを見て、どうやったらあんなに綺麗に食べられるんだろう…と、自分なりに食べ方を良く考えたものです。
主人の場合は父親が魚介類が嫌いという事で食べている所を見る機会も殆ど無かったようなので、手本にするような人も居なかった事が原因だと思います。ある意味不幸だと思います。
自分の子供にはそういう事にならないよう、しっかり食べ方を教えたいと思います。

お礼日時:2007/11/07 13:30

失礼ながら手先が器用でないのと、頭が悪いと思われます、魚の食べ方を、と言うよりも食べ物を如何に綺麗に上手に食べるかと言う事自体は、如何にどの様に仕上がりをさせるかと言う概念を頭の中に描くと言う事で、物事の抽象的理解、往々にして概念の構築が出来ない人が食べ後が汚い、みっともないと言うのが大抵です、子供に遺伝しないように気をつけて諦めて下さい。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご指摘通りだと思います。
頭が悪いかどうかわかりませんが、頑固というか…
自分がやりたくない事はやらないようです。
子供に遺伝しないように、早めに対策を取りたいと思います。

お礼日時:2007/11/07 10:39

圧力ナベで煮れば、イワシ程度なら骨まで食べられます。


ただ、そこまで残すというのは基本的に魚が旨いと思えないのかもしれません。
フードプロセッサーにかけてダンゴにする手もありますが。
ご主人が平気なら、ご主人だけ別の食べ物にしてしまうとか。
確かに、まだ食べられる部分が大量に残った皿は、作る側からすれば見るに忍びないですね。
直らないと諦めて、出す前に小骨抜いて勧めてはいかがでしょう。
無理して勧めて残して喧嘩、双方が気分を悪くするのなら楽しい気分で食事したほうが子供のためにも良いと思います。
お子さんだからといって正直に言わなくても
「お父さんは身体が大きいから別のオカズなのよ。」で大丈夫ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるべく家族一緒に同じ食べ物を心がけていたので、コメント頂いてなるほど!と思いました。
そうですね。食べれないのを無理に出して喧嘩したり子供の前で汚い食べ方を見せられるより、他の料理を出した方がいいんですよね。
食べ方にこだわってしまって、考え付きませんでした。
少しずつそういう方向も取り入れて行きたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/06 16:36

子供の頃に魚を食べなれてないと、概して大人になってからの魚の食べ方が汚いようです。

 もう手遅れ故、骨抜き切り身の魚しか食べないようにするしかないでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご指摘通りです。
主人の父親が魚介類が嫌いらしく、あまり食卓に登ることがなかったようなんです。
嫌いでは無いようなんですけど、食べ方に至っては何を言ってもダメという感じなので、私もお手上げ状態なんです。
子供の教育上良くないのでなるべく魚料理の時には一緒に食べさせないようにしていますけど、難しいんですよね…。
でも、将来周りから私が主人を見るような目で見られないように育てたいと思います。

お礼日時:2007/11/06 16:33

もはや、手の施しようがない子どもみたいですね。


子供ならまだ、外に出て食事したときに恥をかくわよ
などと諭せば、努力するのかもしれませんが・・・。

丸々1匹の塩焼きはあきらめて、切り身のぶりや
タラ、サケなどの切り身の塩焼き、ホイル焼きなど
なら大丈夫じゃないでしょうか。
最近は中国などで処理された骨無し魚などもある
ようですがどんな処理をされているかわからないので
こわいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

外では焼き魚は食べないようにしているみたいです。
本人も食べ方が汚いとは分かってはいるみたいなんですけど…。
でも治そうとはしないんですよね。
ホイル焼きですか。なるほど。早速試してみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/06 16:19

缶詰の魚って骨も食べられる(くらい柔らかくなっている)のが殆どだよね。


あれ、どうやって作ってるか調べて そういう魚料理を作ってみたらどうかな。
焼き魚みたいな楽しみ方とかはできなくなっちゃうけど………

http://www.google.co.jp/search?q=%E9%AD%9A%E6%96 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

圧力鍋を使ったレシピですか。
確かに缶詰を食べるなら柔らかくなれば食べてくれるのかもしれませんね。
ありがとうございます。今度試してみます。

でも、ほんと缶詰みたいなのも美味しいですけど、私は焼き魚も
とっても美味しいと思うんですよね。
ある意味、ちゃんと食べることが出来ない主人は不幸だと思います。
子供にはああいう食べ方はさせたくないです。

お礼日時:2007/11/06 16:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング