人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

さまざまな教科書や文献、サイトに清拭時の注意点で「食後1時間は避けること」と書かれているのですが、それの理由や根拠についてがかかれておりません。
なぜ、食後は避けたほうがよろしいのでしょうか?
また、同時に排尿を済ませておく、とあるのですが、コレについても教えていただきたいです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

多分・・


食後1時間は避けるというのは、嘔気・嘔吐などの防止(誤ってノドに詰まらせたりするのを避ける)の為だと思われます。
排尿を済ませておくというのは、清拭中に催さないためだと・・・。
排尿を済ませておけば、安心ですもんね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

嘔気・嘔吐の防止でしたか、気付きませんでした。
確かに排尿のほうは済ませておけば安心ですね。

お礼日時:2007/11/06 21:54

食後は、血液が内蔵に集中します。

反対に清拭をすると、こすられた刺激や温感の刺激から、皮膚に血流が集中します。食後1時間は、清拭や入浴を避けるのはそのためです。
また、腹部や大腿部、陰部を清拭した際、刺激により、排尿反射がおこりやすくなります。排尿をすませておくほうが無難でしょう。あなたも、お風呂に入る前は、おしっこをすませてから入るでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

なるほど、そのようなことがあるため、1時間以内の清拭は避けるのですね。
腹部のほうの刺激で、確かにもよおしたりしますね。

お礼日時:2007/11/06 21:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベッドメーキングの各理由

看護のベッドメーキングについて質問です。

下シーツを作るとき、コーナーを三角にすることって言うのは、
どういった理由なのでしょうか?

もちろん、崩れにくいっていう理由があると思うんですが、なぜ崩れにくいのか?

先生いわく、シーツの繊維の目が、縦と横になっていて、・・・が重なるからとか言っていたのですが、
いまいち分からず・・・

上シーツに関しても、なぜコーナーを四角にするのか?

分かる方、教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして・・・なにか新鮮なご質問ですね、何かの役に立てれば幸いに感じます。

さてまず三角ですが、
枕側を横、として最初にシーツの端を枕元からマットレスに敷き込んだほうと、
縦に織り込む部分とで二重に絞まり、シーツがずれにくい。
それが、先生の言う縦と横の重なりではないでしょうか。
四角は、三角よりもずれやすい。

ということで・・・
敷きシーツの方はシーツがずれてシワができると床ずれの原因になるので、ずれにくいように
三角折り。
掛けシーツの方は寝返りをうったりしても足元が窮屈にならないようにゆとりを持たせるために
四角折り。

では、ないのかな?

Q患者様に手洗いしていただくことの意義とメリットについて

はじめまして、私は病院で介護職についているものです。
私の勤務する病棟の4割くらいの患者様は車椅子に乗っておられ、患者様には
食事前には必ず手洗いをしていただくように心がけています。

しかし、大半の患者様はお一人では手洗いをすることが難しく、職員がお手伝いしてさしあげています。

それで、お尋ねしたいのですが、患者様にお手洗いをしていただくことで、
患者様にとってどれだけメリットがあるのか教えていただけないでしょうか?

患者様にお手洗いをしていただくことにいろいろと患者様自身にとっても
有益がなことがいろいろとあると思うのですが、職員の中には、食事前に
消毒スプレーを手にかければ済むことだと訴える者もいて、それに対して
私は何か違うだろ、とは思うのですが、どう説明すればいいのかわかりません。

洗面台の前で手洗いをするからこそ意味がある、ということがあればぜひ、教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。看護師をしています。

手洗いの意義ということですが、たしかに洗浄によって目に見える汚れを落とすこと、流水によって目には見えない細菌類を流すことが期待できることがあると思います。免疫が低下しているお年寄りや疾患を持つ方が集団生活をしている場合には感染症がおきやすいので手指を含めた保清は大切なことです。
そのほかでは(これはあくまで看護学生向けの話ですが)生活の場を自宅から移して集団生活をしている場合にはもともと持っていた生活のパターンが画一的な施設の生活スケジュールに変えられていて、なんとなくそれに乗せられて1日が終わるということがあります。食事の前に洗面台の前に行って手を洗うことが生活のめりはりをつけ、これから食事をするという切り替えをするのに役立ちます。そのほか、手を洗ってさっぱりすることで快の刺激を感じてもらうことができるし、洗面台に行くのであれば鏡が見えるかもしれませんが、これも人間にはとても大切なことです。また介助してでもできるだけ活動範囲を拡げて実際の生活に近づけていくということも看護の観点からは大切なことです。

とはいえ以上は建前で、実際には患者さんは多くの人間に直接触れる医療者や食品を扱う調理担当者ほどには手洗いが必要なわけではありません。MRSAやノロウイルスといった院内感染の媒介は医療者や調理者であって、患者自身(患者同士の接触)ではありません。また医療的な理由で安静指示がある場合には洗面所やトイレに移動して手を洗うといったことができないことがあります。その場合には蒸しタオルを提供することでかなり汚れを落とすことができます。入浴ができない時に清拭をするのと同じ、また外食時に暖かいおしぼりが出てくるのと同じです。汚れが落ちてさっぱりするのは使ったことがあればわかると思います。快の刺激は状況によって違う方法で提供されうるものだと思います。食事の時間は3食いずれも通常勤務体制上人手の少ない時間帯でもあってなかなか実行するのが難しいという事情も多くの医療機関であると思います。

またここ数年、院内感染を防ぐという観点のみでいうならスプレー式の消毒剤の噴霧をもって流水による手洗いに替えることができるといわれるようになりました。その前はどんな消毒剤よりも石けんと流水で流すことが何よりも大切だと繰り返し言われていてそれを信じて、一人のバイタルを測るたびに石けんで手を洗っていたものですが、どうもそれは古く、またそれによる手荒れによるささくれなどが洗いにくくなって細菌のすみかになるとか…感染予防とか褥創治療といった看護のセオリーは数年ごとにころころ変わるのでついていくのが大変です。

患者さんの手洗い介助は時間も人手もかかることだと思います。それをどうするかは基本的には病棟がどういった目的で患者さんの手洗いをしたいのかということによると思います。それが感染対策であれば最終的にはエビデンスに基づくべきで、院内の感染対策委員会といったような組織がどう考えるかが重要になると思います。

いろいろな考え方があると思います。いずれにせよお身体に気をつけて勤務なさってください。

はじめまして。看護師をしています。

手洗いの意義ということですが、たしかに洗浄によって目に見える汚れを落とすこと、流水によって目には見えない細菌類を流すことが期待できることがあると思います。免疫が低下しているお年寄りや疾患を持つ方が集団生活をしている場合には感染症がおきやすいので手指を含めた保清は大切なことです。
そのほかでは(これはあくまで看護学生向けの話ですが)生活の場を自宅から移して集団生活をしている場合にはもともと持っていた生活のパターンが画一的な施設の生活スケ...続きを読む

Q看護学生*希釈の計算

看護学生です。
2%の薬液が5mlあり0.9%の生食で10倍に希釈する。
生食は何ml必要か?答えは45mlなのですが
式が分かりません。
お願いします。

Aベストアンサー

2%の薬液が5ml
 ⇒ 0.02 * 5 = 0.1 ml
つまり薬自体は0.1mlあるという事。
10倍に希釈するのだから0.2%の薬液を作りたい。
 ⇒ 0.1 / ( 5 + x ) = 0.002
(0.1ml÷(最初の薬液5ml+加える生食の量x ml)) = 0.2%
xについて解くと、加える生食の量は45 ml

Q(1)入れ歯(義歯)は、特別用のない日中や睡眠中は外しておいたほうがい

(1)入れ歯(義歯)は、特別用のない日中や睡眠中は外しておいたほうがいいのですか?
(2)部分入れ歯用洗浄剤に毎日浸けたほうがいいのですか?
ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(1)逆で、洗浄時以外は積極的に装着するのが好ましいとされています。
睡眠中は、誰でも「くいしばる」ものですが、顎の力はかなり強いため、その力を残った歯だけに集中させると、残った歯の寿命を縮めることにもなりかねません。出来るだけ分散した方が良いので、最近では睡眠中も装着しておくように指導する歯科医が増えています。力仕事をする時なども食いしばっていますし、日中も出来るだけ装着しておくのが良いということです。
それに入れ歯を入れている時と、入れていない時では顎のおさまる場所が若干違うんです。顎がひずんでしまって入れ歯がすぐ合わないということにもなりかねませんので、総合するとやはり出来るだけ長時間装着する方が良いでしょう。
痛みや違和感があるまま装着し続けるのはよくありませんので、合わなくなればその都度、根気よく、調整には通わなければならないのですが。

(2)金属のバネが付いている入れ歯の場合は部分入れ歯用の洗浄剤、あるいは両用の洗浄剤を使う方が無難です。最低でも1日1回は浸けておかないと、入れ歯の素材は水分を吸収する素材で出来ているため、雑菌が浸透し根付いてしまいます。その雑菌が原因で歯茎に炎症が起こることもあります。
毎食後、入れ歯用の硬い毛のブラシで水洗いして(歯磨き粉は使ってはいけません)、1日1回は洗浄剤に所定の時間浸けておくと良いですよ。

(1)逆で、洗浄時以外は積極的に装着するのが好ましいとされています。
睡眠中は、誰でも「くいしばる」ものですが、顎の力はかなり強いため、その力を残った歯だけに集中させると、残った歯の寿命を縮めることにもなりかねません。出来るだけ分散した方が良いので、最近では睡眠中も装着しておくように指導する歯科医が増えています。力仕事をする時なども食いしばっていますし、日中も出来るだけ装着しておくのが良いということです。
それに入れ歯を入れている時と、入れていない時では顎のおさまる場所が若干違...続きを読む

Q生化学ってどうやって勉強すれば・・・

私は看護の専門学校に通ってるんですけど、生化学の授業があるんですが何も理解できません。どうやって勉強したらいいのかも分かりません。何かよい勉強方法ってあったら教えてください。あと分かりやすい参考書とかあったら教えて下さい。

Aベストアンサー

No.1です。
お使いになっている教科書は医学書院の「系統看護学講座・・・生化学」という本でしょうか? (他にもあるようですが。。。)
A4判で280ページほどの本でした。
もしかしたらお使いになっているのはこの本と違うかもしれませんが、いずれにしても看護学校の生化学の教科書は、それほど大差はないと思いますので、この本について感じたことをいくつか挙げてみます。

まず内容ですが、当然のことながら、大学の理学部・農学部などで学ぶ生化学と比べても、カバーする範囲は、さほど変わりません。植物の光合成・炭酸同化のように明らかに医学と関連のない分野は除いてありますが、他は大体同じようなものです。
大学の教科書に比べてページ数は少ないですが、だからと言って内容が簡単なわけではなく、説明が簡略すぎて、かえって難しくなっているように私には感じられました。
これをどのくらいの時間をかけて学ぶのでしょうか?
もし仮に、週2時間で半年で学ぶとしたら、かなりきついのではないでしょうか。

しかし、そうなると、当然「ここが重要」というポイントがあるはずです。それは授業の中で先生が力を入れて説明されると思います。とりあえず学校での試験を乗り切るには、授業の内容(ノート)を理解することでしょうね。試験の過去問を先輩に聞いてみるのもよいと思います。そして、重要なところを理解するために必要な部分の説明を教科書で読んで補うというのが、とりあえず有効かと思います。

重点はやはり代謝ですね。解糖・クエン酸回路などはそのなかの最重要項目の一つでしょう。
しかし考えてみると、生化学を職業としている人でも、クエン酸回路を本を見ないで全部すらすら書けるという人がどれほどいるか、あやしいものです。これが専門という人は別として、その他の多くの人は、ごく大雑把に覚えている程度だと思います。

例えば解糖・クエン酸回路で何が重要なのか?

解糖は、主要な栄養源であるグルコース(ブドウ糖)をピルビン酸にまで分解し、その過程で発生したエネルギーをATPとして蓄えます。ここまでは酸素を必要としません。地球上に酸素が乏しかった頃に現れた原始的な生物(嫌気性細菌)でも解糖系の酵素は持っています。

しかし、酸素を強力な酸化剤として利用できるように進化した生物はピルビン酸をさらに完全に酸化して、CO2とH2Oに変えることができるようになりました。これによって、解糖系だけの場合に比べて、はるかに多くのエネルギーを生産することができるようになりました。
解糖系だけで生産されるATPの量と、解糖系 + クエン酸回路で生産されるATPの量を比較すれば、そのことがはっきり理解できると思います。

反応そのものについてですが、ピルビン酸は補酵素A(CoASN)と反応してアセチルCoAとなり、これがオキサロ酢酸と反応してクエン酸になります。ここから回路が1回転して、オキサロ酢酸→クエン酸に戻ります。
いま私が名前を挙げた物質は最低限覚えるべきものだと思います。途中は省略して、いま名前を挙げた物質だけで代謝の図を描いてみてください。それで最低限クエン酸回路の意味はわかると思います。
これ以上どこまで詳しく覚えなければいけないかは、教える先生しだいだと思います。

参考書に関してですが、教科書とか参考書というような、「硬い」本だけでなく、例えば講談社ブルーバックスのように、素人(+α)程度の人を対象として書かれた本が、たくさんあります。物語風に書かれているので、割りに抵抗なく読めると思います。この「抵抗なく読める」ということが重要なのです。生化学は難しいと言う心理的なバリアー(実際難しいのですが)を除くことがまず先決ですから。
素人相手の本でも、案外バカにならないですよ。
私も専門外のことについて、手っ取り早く勉強したいときは、こういう本をよく読んでいます。

生化学ではいくつかの約束ごとのようなものがあって、例えば、リン酸化反応は、物質にエネルギーを蓄える(活性化する)反応で、逆にリン酸を放出した物質はそれによってエネルギーを他の物質に与えます。(つまり活性化する。)
こういうことを覚えるだけでも、かなり話の流れが読めるようになります。

>何も理解できません。

ということですが、お気持ちはわかりますが、これだとアドバイスするのが難しいです。
具体的に、例えばDNAについてとか、酵素について、こういうところがわからないと具体的に問題を絞って質問していただけると、もう少しお役に立てるかと思うのですが。。。

また質問があれば、私のわかる範囲でしたら回答します。
がんばってください!

No.1です。
お使いになっている教科書は医学書院の「系統看護学講座・・・生化学」という本でしょうか? (他にもあるようですが。。。)
A4判で280ページほどの本でした。
もしかしたらお使いになっているのはこの本と違うかもしれませんが、いずれにしても看護学校の生化学の教科書は、それほど大差はないと思いますので、この本について感じたことをいくつか挙げてみます。

まず内容ですが、当然のことながら、大学の理学部・農学部などで学ぶ生化学と比べても、カバーする範囲は、さほど変わりません。...続きを読む

Q看護学生1年、勉強が空回りしているようでとても不安です。

社会人入試で都立の看護専門学校に今年入学しました、27歳です。

まだ1ヶ月しか経っていませんが、授業の受け方、自主学習がちゃんとできているのかとても不安です。

授業が始まった頃は基礎分野も含めて全て予習復習をしよう、と気合を入れて頑張っていました。ですが、学校と同時に初めての一人暮らしも開始したので完全に空回りと疲れで、復習、ノートまとめ、暗記すべきものがたまってしまいました。

今では、全ての授業を毎日しっかり予習復習するのは無理だと思い、確実に予習復習をやらなければ授業についていけないような解剖生理系の授業や生化学を優先しています。

ですが、授業によっては板書もされずプリントも配られず、授業中は先生の話すことをひたすら教科書にメモ、マーカーするのみです。家に帰ってそれを見て1からノートまとめをする、という方法がほとんどなので、課題やミニテストの勉強も出てくると、やはりやることがたまる一方です。
要領が悪いのか1回分の授業のノートまとめだけで3時間以上かかってしまい、土日に挽回しようとしても追いつきません。
今の授業の受け方では後回しにしすぎているのでしょうか…。

クラスの友達には「焦っているように見える」と言われてしまいました。
また、先生との面接が近々ありますが、ある友達は現在の勉強方法を話したところ「このままでは単位を落とす」と脅かされたそうです。
もし私も同じように言われたら、余計に焦り、空回りもしてしまいそうです。

元々とても心配性で不安がる性格なのですが、
社会人で勉強から離れていたこと、高校時代は全く勉強をせずに理系を含め赤点ばかり取っていたことを含め、今後単位を落としたり、国家試験も危うくなってしまうのでは、と未来が不安です。

早い授業で6月に入ってすぐ、そして夏休み前後には初めての試験のピークに入ります。
勉強をしようという気持ちはあるし、時間もとっているはずなので、今後のためにも自分に少しでも自信を持たせて効率よく勉強していきたいです。

現在看護師の方、学生時代はどのように授業を受け、どのように自主学習していましたか?
ぜひ具体的に教えて下さい、よろしくお願いします…(>人<*)

社会人入試で都立の看護専門学校に今年入学しました、27歳です。

まだ1ヶ月しか経っていませんが、授業の受け方、自主学習がちゃんとできているのかとても不安です。

授業が始まった頃は基礎分野も含めて全て予習復習をしよう、と気合を入れて頑張っていました。ですが、学校と同時に初めての一人暮らしも開始したので完全に空回りと疲れで、復習、ノートまとめ、暗記すべきものがたまってしまいました。

今では、全ての授業を毎日しっかり予習復習するのは無理だと思い、確実に予習復習をやらなければ授...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
私は23歳で看護学生1年生です。

私の学校でもプリント配布される事は少ないですし、高校と違って板書もありません。
学生は皆、先生が言っている事をひたすらメモしていますよ!
そして自宅で綺麗にまとめています。

解剖生理や微生物に関しては、やはり授業進度が早いので授業中はメモで済まし自宅で清書しています。
私の学校では解剖生理は2コマ(3時間)ぶっつづけて行われるので自宅でまとめるとなるとそれこそ8時間はかかります!
1コマの授業をまとめるのに私の場合4時間かかるんですよね…。
みんなそんな感じだと思います。

それと私は最近予習に重点を置いています。
予習しておけば先生が何を話すか予測できますので、授業中余裕を持って聞けますし、予習しておくことでノートをどうやってまとめるか構想も練りやすいんです。
慣れれば、授業中に先生が言った事をメモ書きしていたものから授業中直に清書するという事もできるようになってきますよ!
自宅でまとめる事は復習にもなり非常に良いのですが、効率が悪いのと3年間継続してできない事を考えて現在は上記に記載したように、前日にパラパラ予習をしておいて授業中に先生が言った事をそのまま清書としてノートにまとめています。
(ノートをまとめるという技術とかセンスも大事ですね)
自宅でやるのは、解剖生理だと図とかのコピーと貼り付けですね。
いかに効率よくやるかを考えると良いと思いますよ。
きちゃいます。以上かかります。(

こんばんは。
私は23歳で看護学生1年生です。

私の学校でもプリント配布される事は少ないですし、高校と違って板書もありません。
学生は皆、先生が言っている事をひたすらメモしていますよ!
そして自宅で綺麗にまとめています。

解剖生理や微生物に関しては、やはり授業進度が早いので授業中はメモで済まし自宅で清書しています。
私の学校では解剖生理は2コマ(3時間)ぶっつづけて行われるので自宅でまとめるとなるとそれこそ8時間はかかります!
1コマの授業をまとめるのに私の場合4時間かかるん...続きを読む

Qアンプルとバイアルの違い

お医者さんの使う薬はアンプルとかバイアルという容器に入っていますが、これらの違いはどこにあるのでしょうか?
容量でしょうか、それとも形が異なるのですか?
それと元々何語由来かも教えていただけたら幸いです。
また他の名称の容器についても教えてください。

Aベストアンサー

注射剤を入れる容器の話と言うことで、これまでの回答と重複する部分もありますが、まとめさせていただきます。
ちなみに注射剤の容器は、医薬品の公定書(日本薬局方やアメリカのUSPなど)では、アンプル、バイアル、その他を問わず、全て密封容器とされています。

アンプルは、薄手のガラス管(ホウ珪酸-硬質ガラス)を成型したもので、薬液を充填した後、末端を熱(通常はガスバーナー)で溶融して閉じてあります。

特徴ですが、硬質ガラスは医薬品成分が吸着したり、逆にガラスの成分が溶出したりすることがほとんど無く(わずかにアルカリ分が溶出しますが)、内容液との反応性がとても低いと言えますし、もちろん酸素などのガス透過性もありません。
また、バイアルに比べると低コストで作れます(バイアルに必須なゴム栓や、これを止めるアルミキャップも不要です。)ので、単価の安い医薬品にも使いやすいと言えます。
欠点としては、薄手のガラスを使っているため比較的壊れやすく、大容量にするには適さない(ふつうは20ml程度まで)点と、以下厳密な話になりますが(実用上はほとんど問題ありませんが)使用時に首の部分を折る時に、微量のガラス片が内容物に混入する可能性がある(加熱して溶閉しますので、内部が陰圧になっており、破片を吸い込んでしまいます。)ことがあげられます。

語源はフランス語で(歴史的に始めに使われたのはフランスです。)、ampouleというのは、ふくらんだといった意味で、ガラス管をふくらませた物(当初は管状ではなく、丸っこいものでした。)に薬液を入れて封入したので、このような名前になったのだろうと思います。

バイアルは、ガラス瓶(最近では、プラスチック製のものもあります。)にゴムでできた栓をするものです。
製法から大別すると2種類あり、一つは管瓶といわれるもので、これは硬質ガラスの管をガスバーナーで成型して作られたもので、アンプルに比べると厚手のガラス管を使うことから、加工温度を高くしなければならず、このためアルカリ溶出が多少多くなる傾向があります。また、この製法ではあまり大容量のものはつくれません。(200ml程度まで。)

もう一つの製法は、溶融したガラスを型に入れ、内部に空気を吹き込んで成型する方法で、大量生産の場合かなり低コストですし、大容量のものも作れますが、こちらは軟質(ソーダライム)ガラスを用いますので、管瓶に比べアルカリ分が多めになり、内部の薬液がアルカリ性の場合、長期間の保存では、ガラス内壁の腐食も配慮する必要があります。それから、管瓶に比べて、どうしてもガラス厚が大きくなりますので、その分重くなります。(たいした問題ではありませんが、流通性では、多少の欠点といえます。)

また、バイアルはゴム栓を用いますので、内容物によってはゴム栓への吸着による力価の低下(代表的なものとして、インシュリンやニトログリセリンなどがあります。)の恐れがあり、このような場合には、表面をテフロンでコートしたゴム栓が用いられたりします。
アンプルが一度開けたらその場で使い切らなければならないのに対し、バイアルは注射器でゴム栓のところから薬液を取れますので(ふたを開けなくてもよい)、残りを保存して繰り返し使用ができます。(ただし、無菌性の面から、一度使ったものはあまり長く保存すべきではありません。)
細かい話になりますが、ゴム栓に繰り返し注射針を刺すと、ゴムの一部が剥離して(コアリングと言います)、薬液に混入する危険性もあります。

なお、凍結乾燥製剤の場合、使用性だけでなく製造工程の面からも、(全てではありませんが)アンプルよりもバイアルが好んで使われる傾向があります。

大容量のバイアルをボトルと呼ぶことがありますが、これは慣用的な呼び名で、厳密にどの大きさからと決まっているわけではありません。
どちらも名前の由来は、多分英語だと思います。

ガラス以外では、プラスチック(ビニール)製の容器もあり、これらのほとんどは、点滴用の輸液などに用いる、大容量の物です。(ポリエチ製の小容量アンプルもありますが。)

こちらは、ポリエチレンなどの比較的硬質な材料でできたボトルと、厚手のビニール袋のようなバッグに大別されます。
これらは、ガラスボトルに比べ軽くて壊れにくい点と、使用後の廃棄が楽な点で優れています(流通や使用時の利点と言えます。)が、材質によっては、内容物の吸着や酸素などのガス透過性を配慮する必要があります。(内容物に合わせて、適した材質が使われますので、実用上は問題ありませんが。)

余談ですが、点滴をしている際、ボトルでは薬液が減った分の空気を入れるために、通気針と呼ばれる注射針を刺しておかなければなりません。(空気が入らないと、内部がだんだん陰圧になって、薬液が出てこなくなります。)
一方、バッグでは薬液が減るとペシャンコにつぶれてきますので、通気針が不要で、その分使いやすいといえます。(外気が内部に入りませんので、無菌性の面でも有利です。)

その他の注射剤容器として、ガラスやプラスチックの注射筒にはじめから医薬品が封入してあり、注射針をつけてそのまま使用できる、プレフィルドシリンジといったものもあります。

注射剤を入れる容器の話と言うことで、これまでの回答と重複する部分もありますが、まとめさせていただきます。
ちなみに注射剤の容器は、医薬品の公定書(日本薬局方やアメリカのUSPなど)では、アンプル、バイアル、その他を問わず、全て密封容器とされています。

アンプルは、薄手のガラス管(ホウ珪酸-硬質ガラス)を成型したもので、薬液を充填した後、末端を熱(通常はガスバーナー)で溶融して閉じてあります。

特徴ですが、硬質ガラスは医薬品成分が吸着したり、逆にガラスの成分が溶出したりす...続きを読む

Q清拭・洗髪援助における事故・禁忌について。

清拭・洗髪援助時における事故・禁忌について調べています。
私の考えではどちらも熱傷や転落などの事故、その部位に創傷がある場合には行ってはならない……、それくらいしか思いつきません。
どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

はじめまして。
清拭、洗髪における事故、禁忌についてですが、熱傷、転落のほかにも、対象者の出血状態も注意事項です。血小板が少ない状態で、目の粗いタオルなどを使って、きつくこすれば、出血斑や、出血を引き起こすことになります。
洗髪の場合も同様です。この時は、脳内出血を引き起こす可能性があります。
ですので、血液状態の把握をしてから、行うべきです。

人口肛門があっても入浴、洗髪は関係ありません。
褥瘡があっても、感染がなければ、透明フィルムで覆って、入浴します。

うかぶのはこれぐらいですが…

Qしばらく洗髪できない時のお手入れ方法

来月入院・手術の予定があります。
耳なので、術後10日くらい洗髪禁止になります。
で、この10日間のあいだ、髪の毛というか頭皮が脂臭くなってくるので、臭い・かゆみ・フケの処理について、何かよい方法があったら教えてください。

じつは1年半ほど前にも、もう片方の耳を手術してまして、この時カユミはさほどでもなかったのですが、臭くて自分の頭の臭いでノドが痛いという日々を過ごしておりましたので、今回は少しでも軽減できればと思っております。

ちなみにドラッグストアで売っていた某化粧品メーカの「水のいらないシャンプー」を試しに使用してみたのですが、香料がつよく術後の回復期に使用するには不向きと思われました。

洗髪できない数日間の不快感を少しでも軽減できる方法を教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

私も、とある手術で1ヶ月ほど、シャワーも洗髪も禁止だった事があります。
髪の長さが、腰まであったもので、かなり困りました(苦笑)
で、「ドライシャンプー」なるものを購入してもらい、使ったのですが・・・たしかに香料がキツかったですね(苦笑)
私がした事は、
好きなハーブ系オイル(私はミント系が好きです。)をたらした水にさらして
軽く絞って電子レンジで蒸したタオル。
これで地肌を軽くマッサージする感じで・・・
結構サッパリしましたよ(^^)
自分でしていても、気持ちいいんです(^^)
髪の毛自体には、何もしませんでした。
地肌を清潔にしていれば、大して匂わないものですね。
毎日、朝晩、していました。

どうぞ、お大事に・・・

QワードのデータをUSBに保存したい。

タイトルのとおりです。
ワードで作ったデータを、USBに保存したいのですが、
パソコン初心者なので、やり方がわかりません・・・汗

また、そのUSBで、別のパソコンで見たいのですが、
そのやりかたもわかりません。。。汗
誰か教えてください・・・。

Aベストアンサー

UBSメモリに保存の操作(例)

1) 名前を付けて保存します。
※別のPCのOfficeが2003以前の場合は、[97-2003互換性]ファイルを指定して保存する必要があります。
2) USBメモリを装着します。

3) ファイルが保存されたフォルダを(普通は、「ドキュメント」)を開きます。
4) 右クリックから「送る」→「リムーバブルディスク」をクリックで、「USBメモリ」にコピーされます。

5) タスクバーの「通知領域」の「ハードウエアの安全な取り外し」をクリックして「USB大容量・ドライブ(*)を安全に取り外します」をクックして、「このディバイスはコンピュータから・・・」のメッセージに「OK」を押します。
6) USBメモリを抜き取ります。

USBメモリからデータを読み出す操作(例)

1) USBメモリを装着します。
2) 「フォルダを開く」を選択して「OK」を押します。(自動的に展開される場合もあります。)

3) 目的のファイルを選択して、右クリックから「コピー」を選択します。
4) ディスクトップなど分かりやすいフォルダを開いて、右クリックから「貼り付けします。

5) コピーされたファイルをダブルクリックなどで開きます。
6) 編集作業の途中と作業の最終には「上書き保存」します。

「USBメモリの取扱方法<Windows Vista(R)>」
http://dynabook.com/assistpc/faq/pcdata/006042.htm 

UBSメモリに保存の操作(例)

1) 名前を付けて保存します。
※別のPCのOfficeが2003以前の場合は、[97-2003互換性]ファイルを指定して保存する必要があります。
2) USBメモリを装着します。

3) ファイルが保存されたフォルダを(普通は、「ドキュメント」)を開きます。
4) 右クリックから「送る」→「リムーバブルディスク」をクリックで、「USBメモリ」にコピーされます。

5) タスクバーの「通知領域」の「ハードウエアの安全な取り外し」をクリックして「USB大容量・ドライブ(*)を安全に取り外しま...続きを読む


人気Q&Aランキング