マンガでよめる痔のこと・薬のこと

こんばんは。
いつもお世話になっています。

ある質問で、退職日を末日以外にすると、本来なら会社負担となる保険料が全て自己負担になるという書き込みを拝見しました。
自分なりに調べてみたのですが、いまいち、結局自己負担になるものがいくらかかるのか分かりませんでした。
単純に今支払っている保険料が倍額を払うことになるのでしょうか?
お詳しい方、教えて頂けませんでしょうか・・。
ちなみに私の給与は、額面で17万です。
給料は、15日締めの25日払いです。

どうかよろしくお願いしますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>1年か2年の健康保険の任意継続は、国民保険に入ったほうが


断然お得ということでしょうか?

それは一概にはどちらとも言えません、というのも国民健康保険の保険料は自治体によってバラツキがあるからです。
一方給付にも若干ですが差があります、つまり保険料と給付の両面から見なければ損得はいえないわけです。
そこで退職後に任意継続か国民健康保険かで迷ったなら、下記が参考になると思います。

http://www.h2.dion.ne.jp/~chimaki/ws/pan/ken_a.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
大変参考になりましたm(_ _)m

お礼日時:2007/11/12 23:31

よくある例なのですが、切りのよい月末ではなく月末1日前の退職日というを会社側が言い出すことがあります、なぜそう言い出すのかわかりますか。


例えば11月を退職月とすると。
健康保険や厚生年金は月末在籍しているかどうかで、その月の1か月分を払うかどうか決まるのです。
つまり月末の1日前に退職すれば、会社では払わなくて済むのです、そうすれば会社は負担するはずの11月分の半額を払わずに済みます。
一方退職者が任意継続あるいは国民健康保険及び国民年金に入る場合は1日の間をおいて12月からということは出来ません、必ず11月30日からになります。
ということは11月分は会社としては払わないが退職者個人が全額支払うことになるのです。
任意継続の場合は在職中に会社が負担してくれた半額分も含めて全額ですから保険料はざっと2倍になります、国民健康保険は保険料自体が高いですから任意継続と同じか多い金額を払うようになります。
要するに結果として11月分は会社が負担分を浮かした分を、退職者個人が負担するということになってしまう、このからくりが月末の1日前の退職日です。
これはセコイ会社がよくやる、わずかな保険料をケチる常套手段です。
月末の1日前に退職すれば退職月の保険料の支払いがないという言葉に乗ってしまうと、退職後にたった1日のために高額の保険料を個人負担するようになります。
また年金も同様です。
このサイトにもそういう状態に陥って、助けを求めて質問してくる方がいますが、退職してしまっては後の祭りで、お気の毒ですがとしか言いようがありません。

>健康保険を任意継続した場合は、
半額は、辞める会社が持ってくださるのでしょうか?

辞めた人間の保険料を会社は負担しません、だから会社は得をして退職者が損をするのです。

この回答への補足

>>健康保険を任意継続した場合は、
>>半額は、辞める会社が持ってくださるのでしょうか?
>辞めた人間の保険料を会社は負担しません、だから会社は得をして退職者が損をするのです。

度々すみませんm(_ _)m
1年か2年の健康保険の任意継続は、国民保険に入ったほうが
断然お得ということでしょうか?

補足日時:2007/11/08 21:28
    • good
    • 0

初めまして 二児の母です。


経理関係の仕事をしていました。

退職日は 月末(末日)がお得です。
なぜなら 月末加入している団体(健康保険組合・社会保険)に支払う義務があるからです。そして末日まで在籍しているのなら会社は半額負担しなくてはなりません。
ですが、月半ば(例えば15日)退職だと、当月の末日に加入している団体に、個人で支払わなくてはなりません(次の転職が無いのなら 国民健康保険・国民年金)
次の転職先が見つかっているのなら、月末前に入社が望ましいですよ(29日入社なら、会社が半額負担しますから)

この回答への補足

ありがとうございます!m(_ _)m

別件になるのですが、健康保険を任意継続した場合は、
半額は、辞める会社が持ってくださるのでしょうか?

補足日時:2007/11/07 21:52
    • good
    • 0

こんばんは。

私はクリニック勤務で、医療事務のほかに総務関係を担当しています。
現在社会保険庁の本が手元にないので自信ないのですが・・・
月末日に退職すると、資格喪失が翌日になるので翌月分の保険料が発生してしまうので、退職日は月の途中がいいと聞いたことがあり、職員の退職日については月末日を避けています。
保険料の自己負担分の額はかわらないとおもいますよ。

この回答への補足

ありがとうございます!

>退職日は月の途中がいいと聞いたことがあり、職員の退職日については月末日を避けています。
これは、会社側が避けているということでしょうか?

補足日時:2007/11/07 21:12
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q健康保険資格喪失証明書について

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が必要ということだけはわかりました。

しかし、退職時にはいただいておりません。
退職して約2ヶ月たちますが、自宅に郵送などもされてきておりません。

そこでお聞きしたいのですが、
1.健康保険資格喪失証明書は退職時に渡されるのが普通なのか?
2.問い合わせは前の会社でよいのか?
3.現状で最短で保険証を手に入れる手順は?

以上です。大変申し訳ありませんが宜しくお願いします。


早く歯医者行きたいです。
痛みでよるも眠れません;;

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が...続きを読む

Aベストアンサー

喪失証明書は送付義務はありません。
また、勝手に自宅に送られてくるものでもありません。
通常会社は、資格喪失届を出すことで送られる資格喪失通知書の
コピーか、もしくは資格喪失連絡票というものを退職者に渡します。

前の会社に問い合わせして、資格喪失通知書のコピーをもらうことです。
通常は雇用保険の離職票などと一緒に退職後すぐに会社が退職者に渡すべきものです。
保険証については、市役所などで問い合わせしないとここでは分かりません。
健康保険は退職日にさかのぼって加入することになります。
また、届出が遅れた場合は届出日以前に発病した病気については保険が使えない
場合もあります。

このような手続きは通常は退職後すぐに行うべきものです。
誰も教えてくれないから分からない、教えてくれない会社や役所が悪いでは、済まされません。
分からなければ退職した会社の担当者なりに聞けばいいのです。

Q退職日を末日にするのと、一日早く辞めるので、損得はどうなりますか?

急遽、退職予定ですが、退職日を月末にしないで一日早く辞めたほうが、収入減になる分よりメリットが大きいと聞きましたが具体的にご存知の方がおりましたら、教えてください

給料は日割りで、30分の1減ると思いますが
年金や健康保険、介護保険、そのほかの掛け金や、退職金の算出などで一日のために影響するものがあるのでしょうか

Aベストアンサー

退職日の翌日(資格喪失日)の所属する月分の社会保険料(健康保険料及び厚生年金保険料)は徴収しないこととなっています。

6月30日退職であれば7月1日が資格喪失日となりますから、6月分の社会保険料を会社に支払う必要があります。
この場合、7月分の健康保険料(任意継続するか国民健康保険にするか)より、自分で支払うこととなり、国民年金についても7月分から支払うこととなります。

6月29日退職であれば6月30日が資格喪失日となりますから、6月分の社会保険料を会社に支払う必要はありません。
でも、6月分の健康保険料(任意継続するか国民健康保険にするか)より、自分で支払うこととなり、国民年金についても6月分から支払うこととなります。

どっちが損か得かは、あなたの社会保険料も分かりませんので、なんとも申し上げられません。
また、国民健康保険料もこの場では分かりません。市区町村にお問い合わせしてください。
(国民年金は13,300円/月です)

Q途中退職の場合、雇用保険料は引くのですか?

小さな会社の経理をしています。
4月に入社した社員が、先月(8月21日)から無断欠勤で行方不明です。

退職した日を最後の出勤日にした場合、保険料は引くのでしょうか?

色々カテゴリーを見てみて、社会保険料は引かなくて良いみたいですが、厚生年金・年金基金・雇用保険も全て引かなくて良いのでしょうか?

初歩的な質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

社会保険料(健康保険・厚生年金・厚生年金基金を指すと思います)については、標準報酬月額に基づく月単位での徴収ですので、引くか引かないかのいずれかですので、退職日(月の中途か、月末か)や会社の徴収方法(当月分当月差し引きか、当月分翌月差し引きか)によって、差し引くか、差し引かないかのいずれかになりますが、雇用保険料については、単に支払った額に対しての率計算ですので、給料の支払いに対しては全て計算して差し引くべきこととなります。
(もちろん締め日以降の分であっても)

下記サイトを、ご参考にされて下さい。
https://www.e-somu.com/business/qa/backno/2002/02/07

Q月の途中で退職すると、何か不利な点があるのでしょうか?

会社を退職する事になったのですが、
残りの有給休暇を消化すると、月の途中までになります。
月の途中の日付けで退職するのと、月末付けで退職するのでは、
何か有利、不利な点はあるのでしょうか?
(社会保険料等が関係あるのではと思っているのですが)
月末付けが、きりがいいというだけの話ならあまり問題ではないですが、
それ以外にも何かあるのであれば、
会社に、月末付け退職にしてほしい、と申し出てみようと思います。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

よくある例なのですが、切りのよい月末ではなく月末1日前の退職日というを会社側が言い出すことがあります、なぜそう言い出すのかわかりますか。
例えば7月を退職月とすると。
健康保険や厚生年金は月末在籍しているかどうかで、その月の1か月分を払うかどうか決まるのです。
つまり月末の1日前に退職すれば、会社では払わなくて済むのです、そうすれば会社は負担するはずの7月分の半額を払わずに済みます。
一方退職者が任意継続あるいは国民健康保険及び国民年金に入る場合は1日の間をおいて8月からということは出来ません、必ず7月31日からになります。
ということは7月分は会社としては払わないが退職者個人が全額支払うことになるのです。
任意継続の場合は在職中に会社が負担してくれた半額分も含めて全額ですから保険料はざっと2倍になります、国民健康保険は保険料自体が高いですから任意継続と同じか多い金額を払うようになります。
要するに結果として7月分は会社が負担分を浮かした分を、退職者個人が負担するということになってしまう、このからくりが月末の1日前の退職日です。
これはセコイ会社がよくやる、わずかな保険料をケチる常套手段です。
月末の1日前に退職すれば退職月の保険料の支払いがないという言葉に乗ってしまうと、退職後にたった1日のために高額の保険料を個人負担するようになります。
また年金も同様です。
このサイトにもそういう状態に陥って、助けを求めて質問してくる方がいますが、退職してしまっては後の祭りで、お気の毒ですがとしか言いようがありません。
ということで、上記の例は月末1日前ですが3日前でも7日前でも変わらないでしょう。

よくある例なのですが、切りのよい月末ではなく月末1日前の退職日というを会社側が言い出すことがあります、なぜそう言い出すのかわかりますか。
例えば7月を退職月とすると。
健康保険や厚生年金は月末在籍しているかどうかで、その月の1か月分を払うかどうか決まるのです。
つまり月末の1日前に退職すれば、会社では払わなくて済むのです、そうすれば会社は負担するはずの7月分の半額を払わずに済みます。
一方退職者が任意継続あるいは国民健康保険及び国民年金に入る場合は1日の間をおいて8月から...続きを読む

Q月の途中に退職した場合の健康保険について

3月6日付での退職が決まっています。
3月1日~6日の間は有給休暇消化の為、
2月の末日(最終在職日)に健康保険証を返すように言われ、
返還してきました。
この場合、3月分の健康保険はどのような扱いになりますでしょうか?

3月6日までいるということで、3月分のお給料から保険料が引かれるのであれば
保険証を使って病院へ行きたいのですが・・・。
会社から返すように命ぜられた為、現在は手元にありません。
3月1日からは、国民健康保険の扱いになるのでしょうか?

会社の社長に問い合わせても、
在職時より 普通の話の通じる方ではなかった為、
まともな返答が得られない状況になっています。。
(中小企業の為、そういったことの担当は全て社長です)

詳しい方がいらっしゃったらご教示いただけると助かります(>_<)
どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

Aベストアンサー

厚生年金も健康保険も
入社月は控除されますが退職月は控除されません。
国保も国民年金も加入月は支払いがあります。
ダブって支払うことにはなりません。
月払いなので1日でも15日でも同じです。
健康保険の資格喪失日は退職の翌日です。
無保険になることはできないので
任意継続の手続きをするか国保の加入手続きをしてください。
どちらが安いかは計算してみないとわかりません。
http://www.sia.go.jp/seido/iryo/iryo06.htm
http://allabout.co.jp/career/clerk/closeup/CU20050906A/index.htm

Q月末1日前退職と健康保険

知り合いから聞いた話。
1ヶ月後の末日退職を上司に申し出たところ、
1日前の退職の方が給料から社会保険料が引かれないので得になるから1日前の退職願を出して。と言われた。
市役所へ確認したら、会社をやめた翌日に国民健康保険・国民年金に加入しなければならない。と言われた。
そのことを上司に言ったら、市役所に聞いたら”ダメ”といわれるのは当たり前、将来のことがあるので国民年金だけ払っておいて、次の月から国保に加入手続きをしても窓口が違うから大丈夫。生活の知恵だよ。と言われた。
知り合いは事情があってすぐに就職できないので、収入の面からも1ヶ月でも保健料を払わなくてよいなら、月末1日前の退職にしようと思い始めています。
本当に国保の方だけ払わなくて良い(市役所に気づかれない)なら良いのですが、知り合いの会社は小さな会社なので少し不安です。
もし間違っているなら、退職願を出してからだと手遅れなので指摘してあげたいのですが、その上司を信頼しているようなので、素人(私)でも理解し説明できるような(法的?な)根拠がないと聞いてくれないかもしれません。加入手続をして保険料を払うのが義務であることを承知の上での質問です。よろしくお願いします。

知り合いから聞いた話。
1ヶ月後の末日退職を上司に申し出たところ、
1日前の退職の方が給料から社会保険料が引かれないので得になるから1日前の退職願を出して。と言われた。
市役所へ確認したら、会社をやめた翌日に国民健康保険・国民年金に加入しなければならない。と言われた。
そのことを上司に言ったら、市役所に聞いたら”ダメ”といわれるのは当たり前、将来のことがあるので国民年金だけ払っておいて、次の月から国保に加入手続きをしても窓口が違うから大丈夫。生活の知恵だよ。と言われた。
知り合い...続きを読む

Aベストアンサー

> 素人(私)でも理解し説明できるような(法的?な)根拠がないと聞いてくれないかもしれません。
それでは、他の方の回答文と一緒に私の回答文をご友人に見せて下さい。
信じるかどうかは別にして、私は社会保険労務士の資格者[10年以上前から勤務で登録済み]です。
あとは・・・そうですね~各都道府県に「社会保険労務士会」があります[上部組織として『全国社会保険労務士会連合会』]。何処でもいいから無料相談の電話をして、「私、50歳の独身者で、頼るべき親族は一人も居ません。8月30日に会社を退職すると、法律上は8月分の国民健康保険料と国民年金保険料は納めなければダメなんですよね。」と言ってみては?
 ※各都道府県の社会保険労務士会へのリンク表
  http://www.shakaihokenroumushi.jp/footer/list/
 ※全国社会保険労務士連合会の「仕事応援ダイヤル」
  http://www.shakaihokenroumushi.jp/2010/ouen-dial/
 ※東京都社会保険労務士会の「社労士110番」
  http://www.tokyosr.jp/entrance/consulting/110/

> 知り合いから聞いた話。
> 1ヶ月後の末日退職を上司に申し出たところ、
> 1日前の退職の方が給料から社会保険料が引かれないので得になるから1日前の退職願を出して。
> と言われた。
この場合、退職月に対する「健康保険料(40歳以上であれば介護保険料も含む)」と「厚生年金保険料」は発生しません。

> 市役所へ確認したら、会社をやめた翌日に国民健康保険・国民年金に加入しなければならない。
> と言われた。
当然ですね。
そのご友人の年齢は存じませんが、法律上は「健康保険等に加入していない国民は『国民健康保険』」「厚生年金等に加入していない20歳以上60歳未満の国民は『国民年金』」に強制加入。
 【法的根拠】
 ※国民健康保険法第6条「適用除外」、第7条「届出」
  ⇒今回は第6条に定める「適用除外」に該当しないので、第7条により強制加入。
 ※国民年金法第7条「被保険者の資格」、第8条「資格取得の時期」
  ⇒今回は第8条第1項第4号に定めた状態に該当しないので、国民年金に強制加入となる。
月末の1日前に退職すると、資格喪失日は退職月の月末となり、退職月は『国民健康保険』と『国民年金』に加入[手続きの期限とか、保険料の滞納は別問題]。

> そのことを上司に言ったら、市役所に聞いたら”ダメ”といわれるのは当たり前、
> 将来のことがあるので国民年金だけ払っておいて、次の月から国保に加入手続きをしても
> 窓口が違うから大丈夫。生活の知恵だよ。と言われた。
それが真実であれば、無責任で且ついい加減な発言ですね。
・他の方も書いていますが、年金に関しては「基礎年金番号」を使って管理しているので、適切な手続きを行なわないと直ぐにバレてしまう。
・10年程前までであれば、国民健康保険の加入手続きには「健康保険側の資格喪失に対する証明書」は不要だったので国民健康保険の加入日はいい加減だったが、現在は色々な証拠書類により、法律上の資格取得日を行政は知る事が出来る。但し、実際に手続きを行なってくれる窓口の真面目度によっては、退職月の翌月どころか数年後からの加入を認めてくれる事もある[医療費が掛かり過ぎる人は加入させたくないから]。

> 知り合いは事情があってすぐに就職できないので、収入の面からも1ヶ月でも
> 保健料を払わなくてよいなら、月末1日前の退職にしようと思い始めています。
> 本当に国保の方だけ払わなくて良い(市役所に気づかれない)なら良いのですが、
> 知り合いの会社は小さな会社なので少し不安です。
私も小さな会社に勤めていますよ(笑
でも、何10年も実務担当者として給料計算や社会保険の手続きをしてきましたが、ここに出てくる上司のようなアドバイスはしておりません。
・健康保険料は納めないが、国民健康保険料は納める事となる。
 手続きを怠ると、次のようなデメリットが発生する
 1 延滞金が発生したり、家財の差押となる。
 2 イザ病院へと思っても保険料滞納により自費診療となる
  且つ、滞納している保険料を完納するまでは権利が制限された保険証が交付されて、一時的に自費診療となる。
・国保に加入しなくても良い合法的な理由は存在する
 1 現在加入している健康保険の『任意継続被保険者』となる
  ⇒詳しい事はここでは書かないが、健康保険証に書かれている保険者(健康保険)に電話をなりして、説明を受けてください。
 2 一定の親族が加入している健康保険の『被扶養者』となる。
  ⇒詳しい事はここでは書かないが、その親族を通して、親族が加入している健康保険から加入条件の説明を受けてください。
・自治体によって異なるので絶対ではないが、退職で収入が激減した者に対しては国民健康保険料の減免を定めている。
◎もう一度、市役所に出向き、加入した場合の保険料の額・減免措置の有無を確認。
 同時に、任意加入した場合の保険料を現在加入している健康保険に問合せる。

> 素人(私)でも理解し説明できるような(法的?な)根拠がないと聞いてくれないかもしれません。
それでは、他の方の回答文と一緒に私の回答文をご友人に見せて下さい。
信じるかどうかは別にして、私は社会保険労務士の資格者[10年以上前から勤務で登録済み]です。
あとは・・・そうですね~各都道府県に「社会保険労務士会」があります[上部組織として『全国社会保険労務士会連合会』]。何処でもいいから無料相談の電話をして、「私、50歳の独身者で、頼るべき親族は一人も居ません。8月30日に会社...続きを読む

Q一般収集資料せん…提出しなかったら?

社員10数名の会社で、経理担当を一人でやっています。
二年に一度の割合で、税務署から「売上、仕入、リベート、費用などに関する資料」の提出の協力依頼が来ます。(一般取引資料せん、とその用紙には書いてあります。)
今年もその書類一式が来ました。

この仕事について6年目ですが、今までは取り上げる件数もさして多くなかったため、当然のように作って提出してきました。
ところが今年は作成範囲が細かくなったのと、業績好調で取引件数自体も多く、今までのようにすべて手書きで、作成するのは無理…と感じました。

そこで、国税局のHPやフリーソフトなどでパソコンを使って簡単に作れる方法を模索してみたのですが、ありません。
グーグルで検索してみたところ、名古屋国税局などでは入力フォームがあったのですが、東京国税局管内の為、便利な入力フォームなどはないとのこと…。

正直言って、一枚一枚手書きで作成するのはイヤです。
所轄税務署に問い合わせたところ、これはあくまで出来る範囲でご協力いただくものですので…と曖昧な感じでしたが、要は出さなくてもいいものなんでしょうか?

社員10数名の会社で、経理担当を一人でやっています。
二年に一度の割合で、税務署から「売上、仕入、リベート、費用などに関する資料」の提出の協力依頼が来ます。(一般取引資料せん、とその用紙には書いてあります。)
今年もその書類一式が来ました。

この仕事について6年目ですが、今までは取り上げる件数もさして多くなかったため、当然のように作って提出してきました。
ところが今年は作成範囲が細かくなったのと、業績好調で取引件数自体も多く、今までのようにすべて手書きで、作成するのは無理…...続きを読む

Aベストアンサー

他の方も書かれているように、資料せんは法律に基づくものではなく、任意での協力になります。
そもそもは、資料せんの相手方の調査等の資料とすべきもので、提出しなかったからといって何らペナルティーはありません。

聞いた話によれば、国税局単位で、1ヶ所に提出された資料せんを集めてCP処理するそうで、その際、税務署単位で提出実績みたいのものがあるそうで、その数字が悪いと税務署が言われるみたいで、その関係から、提出しない場合は催促が言ってきますが、そのまま無視していたら来なくなった、という話も聞きます。
ですから、それからすると、数枚でも提出さえすればその税務署の提出実績にカウントされますので、それ以上何も言われる事はありませんが、ただ、適正な課税のためには極力協力した方が良いとは思います。

フリーソフトについては、下記サイトで公開していますので掲げておきます。
(この中の、メニューから「オリジナルフリーソフトウェア」をクリックして、その中から選んでダウンロードされて下さい。)

参考URL:http://www7.ocn.ne.jp/~yukisaki/Homepage/mitu.html

他の方も書かれているように、資料せんは法律に基づくものではなく、任意での協力になります。
そもそもは、資料せんの相手方の調査等の資料とすべきもので、提出しなかったからといって何らペナルティーはありません。

聞いた話によれば、国税局単位で、1ヶ所に提出された資料せんを集めてCP処理するそうで、その際、税務署単位で提出実績みたいのものがあるそうで、その数字が悪いと税務署が言われるみたいで、その関係から、提出しない場合は催促が言ってきますが、そのまま無視していたら来なくなった...続きを読む

Q退職後の社会保険料の自己負担について

主人が4月15日付けで退職しました。
退職日は会社から言われたそうです。
特に何も考えずに退職し、資格喪失の書類ももらって16日から国保へ加入しました。
が、今日になって会社から健康保険料と厚生年金
保険料の支払いしてほしいと手紙がきました。
どういう事なのでしょうか。以前の質問集を
見ても、ちょっとわからなくて・・・
かなりの金額ですし、今から何か解決法は
あるでしょうか。

Aベストアンサー

#3です。

>会社からは4月分社会保険料の支払いという事で請求が来ました。

資格喪失の書類ももらって16日から国保へ加入とされたのをみますと、資格喪失日は4月16日であったことは推測されます。
したがって、あなたのご主人は4月の末日まで会社に在籍していなかったので4月分の保険料は支払う必要はありません。

>三月分の給料からは健康保険料、厚生年金保険料は引かれていますが、何月分の保険料かはわかりません。

4月15日までの最終の給料が3月分の給料なのか、4月分の給料なのか私には分かりませんが、3月分の保険料の請求なら・・・
ご主人は3月分の保険料まで支払う必要がありますから、3月分の保険料はあなたが徴収されているものかの確認するために、何月分の給料で3月分の保険料を徴収されるものなのか分からないのでしたら会社に問い合わせる必要がありました。

しかし、4月分社会保険料の支払いという事で請求が来たのでしたら、支払う必要はありません。

Q月の途中に就業した場合の社会保険料額

1月26日から派遣社員として就業し、同時に社会保険に加入しました。就業日数は4日で給与は4万円ほどですか、1ヶ月間就業していた場合と同じ金額の社会保険料を差し引かれました。手取りは2万円ほどです。1月1日から在籍していたわけではないのですから、そんな高額な保険料を支払う筋合いはないと思うのです。無駄遣いばかりするクセに国民には真面目に払えというのすら憤慨しているというのに。どうにか返して貰う方法はないのでしょうか。

Aベストアンサー

通常の企業は、社会保険料は1か月遅れで控除するのですが、中には社会保険料をその月の給料から控除する会社もあります。

社会保険料や国民健康保険料などは、末日に加入しているところに1か月分納めることになっています。1月26日から社会保険とありますが、1月1日から1月25日までの国民健康保険料や国民年金は払う必要がありません。(もし、支払っていたら、返してもらえます)

年金については、1月は6日間の在籍期間でも厚生年金1か月として計算されますので、将来、年金をもらうときに有利です。

Q社印のない源泉徴収票

前に辞めた会社から源泉徴収票が郵送されてきましたが、社印がありません。様式は他の会社と同じだけど、社印がないのなら、自分でもパソコンで作れるんじゃないの?って思ってしまいます。
こういう社印のない源泉徴収票って、転職先に提出したり、もし転職しなければ来年の確定申告で、ちゃんと使えるものなんでしょうか?

Aベストアンサー

以前私も同じことがあり、
税務署に確認しました。

手書きの場合は、必ず社印がないとダメで
パソコンでつくられたもの(印字されているもの)についてはなくてもいいそうです。
手書きの場合は不正に訂正できたりするからという回答でした。


人気Q&Aランキング