【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

質問です。
上智大学のロシア語学科に関してなんですが、
外国語学部の中でも毎年、合格最低点が低く、倍率も低いと
思うのですが、これはどういった理由からなんでしょうか?
レベル的にも他学科と変わらないと思うのですが…
また、できれば学科の雰囲気なども知りたいのでお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こういうのは demand-supply の関係の要素が強いですね.


一般に demand が減ると,それはすなわち商品価値の低下につながります.すると値下げになり,cost recovery のために原価も下げるし,品質も落とすという流れです.
一時はロシア語も花形でしたが,なにしろ今は demand が減ってしまいましたからね.定員割れになり,コストが授業料で賄われなくなると,人員削減(ロシア語教員の質の低下)になるかも知れません.その前段階ですら,学生の質が(偏差値で)落ちれば,教員も教える意欲がなくなり,ますます授業のレベルの低下を招く,かも知れません.
合格点が低く,倍率が低い,というのは危険信号です.大学の評価も落ちてきます.
    • good
    • 1

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3515947.html

他でも同じような質問をされていたので、そこでも少し触れましたが、
大学入試の多少の偏差値の差なんて、入学後の水準とは全く関係ありませんよ。
大学入試の偏差値なんて物の値段のような物です。勿論「値段が高いほど品質も良い傾向」にもあることは否めませんが、世の中、全くそうで無い部分も在るでしょう?「値段は高いけど、それは店のリース料のせいで商品の品質そのものは大した物で無い」という事もあれば「リーズナブルに高品質な商品を提供している」場合もありますね。さらに、そのときの流行やイメージなんかも値段に影響します。ただ値段が変わったところで、そのものの価値が変わって行くわけでもありません。

とどのつまり勉強したい事がはっきりしているのに、そんなに他の学科との偏差値の差は重要なのでしょうか?
    • good
    • 0

ソ連、共産主義が盛んな頃、カトリック系の学校でロシア語というのは一寸毛色が違って見えましたね。

私が在学中に開設された学科ですね。
上智大学ロシア語学科 で検索すると、幾つかのサイトが見つかります。学科の目標、歴史、授業内容、教員の紹介、在校生の声(どれだけ本音なのかは?ですけど)などが見られます。
ロシア語のアルファベットは、西ヨーロッパ語のものとは結構形が違うので、覚えるのが第一のハードルだと思います。外国語/外国文学を問わず、その専攻言語を身に付けることが必須ですから、それ相当の努力を要求されますね。語学科の場合は、特に実用的に使えることを要求さますね。中でも、上智の語学科はかなりキツイとの評判があるのでは?
ロシア語の人気はよく知りませんが、合格点が低いのは、恐らく受験者数が他の学科に比べて少ないので定員を満たす為に合格水準をやや低く設定せざるをえないのではと想像します。
    • good
    • 0

#1の方と重複しますが、


・北方領土や第二次大戦の終末期のことがあり、旧ソ連もロシアについては、日本人が良いイメージを抱いていない。

・ロシア語は文字がアルファベットでも漢字でもなく馴染みがない。

・ロシア語の習得は難しい。(外交官の研修でも、ロシア語とアラビア語は習得困難のなので、他の言語より1年研修期間が長い、と以前読みました。)

・映画、音楽、ファッション、工業製品、どれも具体的なイメージのわく人気作品・商品がない。文学も以前ほど読まれないし。(バレエくらいかな)

・それほど交流や通商が盛んなイメージがないので(実際は知りません)、マスターしても就職先が広がる気がしない。

というような要素が考えられますが、どうでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに、ロシア語は習得が難しいと聞きます。
文化的に馴染みがないと言うのも確かにその通りだと思います。
ただ、それ故に、使いこなせる方が少ないのも事実なので、
私は、魅力を感じました。
ですので、最後まで諦めずにロシア語学科を目指そうと思います。

お礼日時:2007/11/13 23:23

通訳をしていますが、上智とは無関係です。


想像するにロシアとは北方領土の問題が未解決で平和条約も結ばれていないし、当分その見込みもない。
英語や中国語やスペイン語のように使う機会がないし、フランス語やイタリア語のように憧れの対象でもない。ということじゃないですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
確かに、ロシア語と聞くとその様なイメージがあるのかも
知れませんね…。

お礼日時:2007/11/12 23:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q上智大学のロシア語学科について

このたび 上智大学外国語学部ロシア語学科に
合格したのですが 正直入学後のことが心配です

自分は 英語が格段にできるというわけでもなく
ほかの上智生のレベルについていけるのかという心配があります

確かに、過去の他の質問と回答をみると
英語に関しては大丈夫 だと書いてあるのですが

ロシア語はかなり難しい言語で単位をとるのも厳しいと
聞いているので、本当に自分の未熟な英語を伸ばすことと
ロシア語を学んでいくことが両立できるのか?
という不安があるのです

自分の努力次第しかないかもしれませんが
少しの意見でも参考したいので
アドバイスしていただけるとありがたいです

Aベストアンサー

私は上智大経済OBですが、ロシア語学科は、上智内部では、まずは大丈夫だと思います。
質問の意味を間違えているかも知れませんが、大学内部なんてどうでも良い事だと思います。
むしろ社会に出てからの問題かと思います。
現在の経済状況を考えれば、上智=大丈夫、早稲田・慶応=万全と言うものないと思います。
ましてや早稲田政経、慶応経済が偉いうような感覚はありません。
変な言い方ですが、大学はやはり東大です。
それ以下は一緒です。
そう考えれば、現在の経済動向を考慮すれば「中国」から「ロシア」です。
上智がどうだとは考える必要はないと思います。
これからのビジネス(観光産業もありますね)に是非とも活用されてはと思います。

後輩頑張れ!!!

Qちょいちょい聞く、上智の評判の悪さについて

今日受験が終わり、とりあえず上智大学(外国語学部英語)に合格している者です。
他には早稲田や千葉大(どちらも文学部)を受けましたが、まだ結果待ちです。

そこで、もしほかの大学にも受かった場合を考えてここの質問で皆さんのいろいろな意見を
いくつか見させていただいたのですが、
その中で上智大学のあまり良くない評判というか、行くのが不安になってしまう情報が
いくつかあったので質問させていただきました。
例えば、
・帰国子女に甘い
・外国語ができれば入れてしまう
・実際学生や卒業生も英語だけできるという人が多い
・早慶とは区別されて下に位置する(これは一般的なようですが)
などです。
特に『外国語だけ』という意見が目立って気になります。

自分は語学に興味があり、外英は上智の中では最高峰ですし
英語をやりたいならやはり上智がいいのかなぁと思っていたのですが、
外国語だけだと言われるのはやっぱり嫌だという気持ちがあるので…
(逆に、”外国語だけではない”とするとそれはどういうことですか?)
自分の専門は語学!と決めてしまえばいいのかもしれませんが、それでも気になってしまいます。

この評判は本当なのでしょうか?
できるだけ詳しい方、上智大学に近い方などに答えていただけると嬉しいです。
卒業生でしたら個人的な意見でも良いので。
上智以外受からなければどのみち仕方ないのですがどうぞよろしくお願いします。

 
 

今日受験が終わり、とりあえず上智大学(外国語学部英語)に合格している者です。
他には早稲田や千葉大(どちらも文学部)を受けましたが、まだ結果待ちです。

そこで、もしほかの大学にも受かった場合を考えてここの質問で皆さんのいろいろな意見を
いくつか見させていただいたのですが、
その中で上智大学のあまり良くない評判というか、行くのが不安になってしまう情報が
いくつかあったので質問させていただきました。
例えば、
・帰国子女に甘い
・外国語ができれば入れてしまう
・実際学生や卒業生も英語...続きを読む

Aベストアンサー

元塾講師です。

 帰国子女に甘いというのは事実です。今年の経済学部経営学科の大問8をご覧いただければわかりますが(2012年2月7日実施)圧倒的に帰国子女有利です。帰国子女はまず間違えません。勿論英語を一生懸命勉強した非帰国子女でも解答はできますが満点は難しいです。その分だけ帰国子女に下駄をはかせているといえます(大学側がそれを望んでいれば問題はありません)

 外国語ができれば合格してしまうというのも半分は正解ですが半分は違うと思います。特に国語はよくできた問題が多く(全然だめなものも一部ありますが)過去問は論理力を養成するには言い教材になります。ただそれらをしっかり教えられる高校・予備校教師が少ないのが現状で上智の問題の良さを世間が認識していないのが現状です。理由は早慶より少し下のレベルで入学者が少ないため扱われることが少ないためです。ただ、マーチとは一線を画す理由もここにあると思ってます。マーチは論理力がなくても暗記一辺倒で合格できますから。

 知っている人からすれば「上智の外語学部出身者」は一目置く存在のはずです。大学としては確かに早慶に次ぐ順位という扱いですが外国語学部に関して言うと早慶と差はありません。心理学に関しても私大NO1ではないでしょうか?
 「上智は英語だけ」と考えるのは、本当の上智の姿を知らない人=上智レベルに合格できない人の意見です。上智、もしくはそれ以上の大学の人はそうではないことは十分知っています。

 上智大学は素晴らしい大学と思いますが、早慶と比べると「キャンパスが小さい」、「学生・卒業生数が少ない」、「専門的な勉強はできるが一般教養や幅が広い交流がしにくい」等のデメリットはあるかもしれません。内部進学がある早慶などの大学では彼らからその大学の雰囲気を勉強しながら生活するのが楽ですが上智にはそれがありません(勿論国立大学もですが)。ただそうしたことがない方がいい場合もあるので何とも言えません。

 英文を勉強するには非常にいい環境です。ただOB・OGが少ないことなどで就職活動で早稲田より若干落ちることはあります。ただ、大学名で落とされることはまずありません。最終面接で「幹部に早稲田が多いから」というレベルで落ちるだけです。しかし面接でも勉強した内容はよく聞かれるので、上智で一生懸命勉強した方が印象は良くなるのは言うまでもありません。
乱文・長文で申し訳ないですが参考になれば幸いです。

元塾講師です。

 帰国子女に甘いというのは事実です。今年の経済学部経営学科の大問8をご覧いただければわかりますが(2012年2月7日実施)圧倒的に帰国子女有利です。帰国子女はまず間違えません。勿論英語を一生懸命勉強した非帰国子女でも解答はできますが満点は難しいです。その分だけ帰国子女に下駄をはかせているといえます(大学側がそれを望んでいれば問題はありません)

 外国語ができれば合格してしまうというのも半分は正解ですが半分は違うと思います。特に国語はよくできた問題が多く(全...続きを読む

Q東京でロシア語を学べる大学

こんにちは。
私は東京に住む高校一年なのですが、ロシア語が好きなので大学で習えると良いなと思っております。

ところが、東京でも教えているところがなかなか見つかりません。
今のところは、
東京外国語大学
上智大学
創価大学
早稲田大学(文学部)
を(偏差値高い)探し当てましたが、他に無いでしょうか。
又、具体的に評判など教えてください。

創価大学は創価学会が絡んでいるので、もしかしたら他と違うのでは、とも思っています...

Aベストアンサー

何が何でも都内にこだわりますか?千葉県、埼玉県、神奈川県は嫌なんですか?

補足要求します。

Q上智大と東京外大どちらがいいですか?

上智大外国語学部英語学科と東京外国語大学外国語学部英語学科に合格した場合、どちらに入学するか迷っています。どちらもいい点を持っているので、本当に悩んでいます。先輩方のご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

外国語学部というのは言語学を学ぶ場所ですが、言語(学)だけで就職できる職種は研究職、教職くらいのものですから、大半の卒業生にとっては、言語に加えてプラス・アルファに何が用意されているかがポイントになります。

上智の副専攻、外大では専修科目と呼ばれている物は、言語学以外の一般教養的な科目群であり、大学は幅広い講座を用意するわけです。それには人件費がかかりますから、予算が物をいいます。私学の外国語学部で日本最大の上智ですら、外大の3分の1しかありません。

また、4年次、大学院レベルでの研究には資料の豊富さも鍵を握りますが、私学より国立の設備のほうが何倍も充実しています。私学の図書館で国立に負けないのは慶応大学くらいです。うろ覚えですが、上智の蔵書数は東京外語の5分の1くらいでした。図書館の建物は大きいのですが、棚はスカスカ。

こと予算にかかわる件については、私学は国立にかないません。研究職に進む場合は大きな差が出ますので要注意です。

外大卒の人をみかけないという感覚の話が引き合いに出されていますが、私は海外勤務、出張を繰り返した経験を持っており、外国に行くと外大卒に多数出会います。ただ、今どき英語はどこでも習得できますから、英語圏以外にいくと外大卒に出会う確率が格段に高くなると申しておきましょう。

一般的な企業の入社試験では、外大+上智+ICUでグループ化して評価する会社が多いのでは?ブランドで採用する会社にとってはブランドが大切でしょうが、最近は大学名にこだわらない採用も増えていますし、やはり最後は個人レベルの実力でしょ。どこを選んだとしても自分を磨くよう心がけてください。

外国語学部出身者は概して細かい作業を正確にこなすイメージがあり、よく言えばまじめだが、行動や発想のダイナミックさに欠けるところがあるかもしれません。

外大入試の2次試験に英語しか科されていないという批判については、外大は国立ですから、まず文部省の政策に従わなくてはなりません。センター試験導入後、英語以外の得点で入学する学生が増え、英語力の低下が顕著になったので、2次試験で国語、世界史などの科目の得点比率を見直すようになり、最終的に英語を最重視するようになったという歴史的経緯があります。

学生の学力の推移と合わせて評価した場合、私は現状が間違っているとは思いません。独自に好きなことができる私学とは異なりますので、制度の表面だけを見た比較は誤解を招きます。

外国語学部というのは言語学を学ぶ場所ですが、言語(学)だけで就職できる職種は研究職、教職くらいのものですから、大半の卒業生にとっては、言語に加えてプラス・アルファに何が用意されているかがポイントになります。

上智の副専攻、外大では専修科目と呼ばれている物は、言語学以外の一般教養的な科目群であり、大学は幅広い講座を用意するわけです。それには人件費がかかりますから、予算が物をいいます。私学の外国語学部で日本最大の上智ですら、外大の3分の1しかありません。

また、4年次、大学院...続きを読む

Q不可算名詞は三単現のsをつけるのが普通ですか?

DUO3.0 No404です
The vague rumor proved to be false. Nevertheless, some skepticism lingers on.
上記の二つ目の文章の主語は【some skepticism】ですが動詞に三単現のsが付いています。不可算名詞は三単現のsをつけるのが普通ですか?
よろしくお願いいたします。(他に不可算名詞が主語になっている例文があったら紹介してください。)

Aベストアンサー

こんにちは。4/22のご質問ではお返事を有難うございました。

1.ご質問文の主語skepticismは「無神論」「懐疑論」という主義をあらわす、抽象名詞です。

2.抽象名詞は不可算名詞になります。

3.不可算名詞は数えられません。つまり、単数と同じ扱いになるのです。

4.不可算名詞が主語になる場合、三人称単数の扱いになります。従って、ご質問文の動詞には、三単現のsが付いているのです。

5.Someは「いくつかの」「いくらかの」「ある程度」といった意味を持ち、可算名詞、不可算名詞、両方を修飾することができます。

6.不可算名詞が主語になっている例文:

The sun is necessary for flowers.
「太陽は花に必要だ」
There was much snow.
「沢山雪が降った」

などがあります。
以上ご参考までに。

Q哲学科に進学したことをとても後悔している

私は、現在、大学で哲学を専攻しています。
大学の哲学科に入学する前は、哲学が好きだったのですが、
大学の哲学科に在籍する内に、日本における哲学に対するネガティブなイメージに押しつぶされ、自分が哲学科の学生であることに強いコンプレックスを感じるようになり、哲学に対する意欲を失ってしまいました。また、大学の哲学科のカリキュラムも(一応、世間的には一流大学と評価されています)ひたすら語学の学習ばかりをやらされ、
肝心の哲学の授業は、教授がぼそぼそと聞き取りづらい声で、
話すのを聞かされるだけで、こんなことなら、法学部にでも行って、
趣味で哲学書を読んでいた方が、よっぽどマシだったのではないか
と今になって気づきました。

そして、哲学科であると言うと、周囲に奇異な目で見られることが頻繁にあり、(たとえば、文学部で英文学を専攻しているというのと、哲学を専攻しているというのでは、明らかに相手の反応が異なる。)
それが原因で、元々内向的だった性格が更に内向的になり、
情緒不安定な状態になっています。

哲学専攻の同級生は、哲学研究者を志望するとても勉強熱心な優等生タイプと、哲学は単位を取るのに必要なだけ手際よく勉強し、一流企業への就活にエネルギーを費やすタイプに二極化しています。しかし、
自分はそのどちらでもなく、いたずらに無為な日々を送っています。

このまま大学を卒業して、「哲学科卒という十字架」を一生背負って生きていくことに底知れぬ不安を感じます。このまま文学部哲学科を卒業するべきなのか、疑問を感じています。中退や編入も真剣に考慮し、某旧帝大の経済学部の編入試験に合格したのですが、なぜか、入学辞退してしまいました。

現在、自分は4年生で卒業間際ですが(就活はしなかったので、
内定は得られず、卒業後の進路は未定です)
自分が今選択に悩んでいるのは、
一このまま哲学科を卒業する
二今からでも、哲学科卒という経歴を回避するために卒業せずに、
他大学他学部への編入を再び目指す、あるいは中退してしまう
という選択をどうするべきかということです。

勿論、以上のような悩みは神経症・強迫症的な悩みであり、
自分の精神的未熟さや弱さが基底にあることは自覚しています。
また、大学で哲学を専攻すると決定したのは、自分自身であり、
誰に強制されたわけでもありません。

それゆえ、自分の悩みが嘲笑とともに、黙殺されるのも覚悟しています。だが、自分にとっては、非常に深刻な問題で、日々、過去の進路選択への激しい後悔と、将来に対する不安に、押し潰されそうなのです。

自分自身で色々考えていても、思考が堂々巡りをして、
突破口を見出せない状態が続いております。
そこで、皆様から、多角的な視点からのアドバイスを頂ければ、
幸いです。何卒、よろしくお願い致します。

私は、現在、大学で哲学を専攻しています。
大学の哲学科に入学する前は、哲学が好きだったのですが、
大学の哲学科に在籍する内に、日本における哲学に対するネガティブなイメージに押しつぶされ、自分が哲学科の学生であることに強いコンプレックスを感じるようになり、哲学に対する意欲を失ってしまいました。また、大学の哲学科のカリキュラムも(一応、世間的には一流大学と評価されています)ひたすら語学の学習ばかりをやらされ、
肝心の哲学の授業は、教授がぼそぼそと聞き取りづらい声で、
話すの...続きを読む

Aベストアンサー

どのような「ネガティブなイメージ」でしょうか。
アカデミックな場面でもたれているイメージと、
世間一般でもたれているイメージでは、ちがうような気がします。

世間一般のほうですが、就活で困るというのは深刻です。
が、哲学科でも、学部卒のことなら、それほど気にしなくてもよいのでは。
修士や博士卒なら、偏見の目で見られても仕方ありませんが、
それは哲学科だけに限られることではないでしょう。
学部卒でそこまで偏見の目で見るのは明らかにおかしいので、
運の悪い面接官に当たったくらいに思うしかないと思います。
できれば、偏見の目で見られているからこそ、発奮していい就職をしてやるぞ、
と思いきることができればよいのですが。
哲学科の友人がそうでした。

日常生活であれば、てきとうに切り返す方法を身につけるしかありません。
そういう場面での偏見は、抑圧ど同時に促進になったりもするので、
かえってそういった偏見を生かしてうまくキャラづけするか、
うまくそういう話題にはまらないように言動を調整していけばよいと思います。
仲のいい友達からそう思われているのであれば、
コミュニケーション上の振りだと考えていけばよいのでは。
そこまでするような相手でなければ、話すことを避けるか、
無視すればよいと思います。
無視できないのであれば、それは、耳に飛びこんできた自分への評価を、
すべて自分のなかに位置づけていかないと、
と強迫的に思っているのかもしれません。
ときには、評価を無視することも大事だ、
と意識して自分に言い聞かせるようにしないと、切りがありません。
自分にたいする肯定的な評価、否定的な評価のどちらについても、
正当として受けいれなければならないもの、
不当として拒否し、正さねばならないものに加えて、
正当だろうが不当だろうがどうでもいいものがあります。
その辺りを選別していければ、だいぶ気が楽になるのではないでしょうか。

カリキュラムについて。
哲学の本を読むと、その語学力に舌を巻きます。
日本語で読んでさえ複雑な論理で書かれていて難しいのに、
それを英語だけでなく、フランス語やドイツ語で学んでいるわけで。
専門家になれば、ただ正確に読めればよいというわけではなく、
限られた時間で正確に読み解くことが求められるのでは。
語学の学習があるというのは、
本来なら個人で訓練してもおかしくないところを、
わざわざ教員がつく上に単位が出るのだから、むしろ贅沢な話では。
……という感じで、各授業に意味を見出せばよいと思います。
この語学の講義では、これを目標にする、のように。
予習も、ただ読むのではなく、短時間で読みきれるように練習するなど。
そうでないと、語学が多いのは辛いかもしれません。

ただ哲学書を読むだけなら、ほかの学部でもできると思いますし、
がんばれば今年出た現在の哲学者の論文を読むこともできます。
しかし、その論文の生の評価、いまの雰囲気といったものを知るには、
やはり哲学科に在籍しないと無理なのではないかと思ったりもします。
部外者として哲学をかじっていたほうが楽しいのは当たり前で、
研究者になるための訓練としては面倒なことのほうが多いだろうと思います。
加えて、教員にやる気がなかったりすると、
学生のほうも面倒なことをやる気さえ起きないかもしれません。
ただやはり、質問者さんについては、部外者ではなく哲学科で学ぶメリットに
まったく目を向けていないところが気になりました。
哲学科に在籍していなければ、もっと後悔しているかもしれません
(どちらのほうが後悔することになるかはわかりませんが)。

いずれにしても、後悔先に立たずということで、
まずいまの自分の立場を肯定するところから始めてみては。
メリットを最大化し、デメリットを最小化する方向に努力するしかありません。

どのような「ネガティブなイメージ」でしょうか。
アカデミックな場面でもたれているイメージと、
世間一般でもたれているイメージでは、ちがうような気がします。

世間一般のほうですが、就活で困るというのは深刻です。
が、哲学科でも、学部卒のことなら、それほど気にしなくてもよいのでは。
修士や博士卒なら、偏見の目で見られても仕方ありませんが、
それは哲学科だけに限られることではないでしょう。
学部卒でそこまで偏見の目で見るのは明らかにおかしいので、
運の悪い面接官に当たったくら...続きを読む

Q東京外国語大学を志望しています。学科選択で英語科かロシア語科で迷ってい

東京外国語大学を志望しています。学科選択で英語科かロシア語科で迷っています。
以前はロシア語科志望でしたが、成績が上がってきて、英語科の判定も良い結果が出ているので、親から英語科を勧められるようになりました。
どちらかというと新しい言語のロシア語の方が興味はありますが、4年間も勉強していれば新鮮さは消えるだろうし、副専攻語として選択できると思いますし、英語を極めたいという気持ちもあります。
ただ、英語はニーズもあるけど話者数が多く、ロシア語は意外に穴場らしいそうなんです。
どちらが良いのでしょう。
ご意見お待ちしてます!

Aベストアンサー

ポルトガル語の通訳です。
ロシア語は英語と比べて良いところが三つあります。

1.東京外大に入学しやすい。非英語を選択する人の半分以上はこれが理由です。英語科の競争率は凄まじい。英語科に限って言えば偏差値は東大と同じだと思います。たとえばモンゴル語科などは同じ東京外大でもかなりの差があると思います。

2.通訳が少ないので仕事を得やすい。私の言語でもそうです。もし私のポルトガル語のレベルで英語なら仕事を得られるかどうか疑問です。

3.ロシア語は今後の日ロ関係にかかっています。もし北方領土問題が解決して日ロ平和条約が結ばれればロシア語の需要がぐーんと高まり引っ張りだこになります。

しかしながら私がマイナー言語の通訳をしていて思うのですが、もし英語の通訳であれば何と世界が広がることであろうか。
1.洋画を字幕なしで見ることができる。
2.海外旅行が実に便利になる。
3.世界のどこの人とも意思の疎通ができる。
4.世界のいろんな本を読むことができる。

このように英語はオールマイティーなんです。それをお忘れなく。
東京外大って第一志望、第二志望ってあるんですか? 第一志望の英語は不合格ですが、第二志望のロシア語なら合格ですがどうしますか? なんてことがあるんですか。もしあるならそれがいいですね。

ポルトガル語の通訳です。
ロシア語は英語と比べて良いところが三つあります。

1.東京外大に入学しやすい。非英語を選択する人の半分以上はこれが理由です。英語科の競争率は凄まじい。英語科に限って言えば偏差値は東大と同じだと思います。たとえばモンゴル語科などは同じ東京外大でもかなりの差があると思います。

2.通訳が少ないので仕事を得やすい。私の言語でもそうです。もし私のポルトガル語のレベルで英語なら仕事を得られるかどうか疑問です。

3.ロシア語は今後の日ロ関係にかかっています。も...続きを読む

Q上智大学のいいところについて教えてください!

上智大学のいいところについて教えてください!

私は上智大学に興味を持っている高校2年生の女子です。

質問は、タイトルの通り、上智大学の良い点を教えてください。
例えば、上智大学と立教大学は、学部なども似ていたりしますよね?
大学のレベルとかだけでなく、上智大学ならではの良い部分を教えていただきたいです。

ちなみに、私は上智大学の社会福祉学科に興味を持っています。
また、他学部の授業なども積極的に履修したいと思っています。
それらについても、何か知っている事があれば教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

他大生だったんですが、僕が感じた部分で書きますね。

・立地が四ツ谷にあってとても良いところにある
⇒地方生は分からないと思いますが、猫の額ほどのトチしかない東京で立地はものすごく
重要。東京の真ん中にあるってだけで上智は評価高いのです。

・意外にマジメ
⇒見た目は華やかでも、意外にマジメですね。志望動機が高くてはいってる人が多いのか、
よく勉強してました。また出席や課題も、うちと比べるとずっと大変そうでした。
遊びたいなら上智は辞めた方がいいけど、親や就職面接官には◎な校風でしょう。

・「上智」で得する部分はある
⇒男子はそうでもないけど、女子は割にモテると思う。正直、今の時代、帰国子女や
英語使える奴は腐るほどいる。
けど上智の名前と併用すれば割に効果的だと思う。

・トータルバランスが良い
⇒理系は壊滅的に弱いけど、文系特化型の小規模大にしては、就職もいいし、語学も強く、
公務員試験や、司法試験も結果を出している。(←マジメだから)
その割に一橋や中央みたいに勉強一辺倒の地味大でもない。



(悪い部分)
悪い部分もこのバランスの良さかな。つまり中途半端になりがち。
語学なら外大、スポーツなら明治、早稲田、
知名度と偏差値と就職なら早稲田、慶応、東大
研究なら東大などの国公立に負けている。

変に1流意識を持ってしまってプライドを持つと、場面場面では負けることも多いので、
ムダに悩みそう。
「ゆるやかなプライド」ぐらいならいいんだけど。

「就職は早稲田・慶応と比べると悪いですよー」って言ってた子がいたけど、それって逆に
言えば早慶を意識してるって事でしょ。でも早慶生が上智を意識することはない。
数自体もいないし、優秀感で言っても、ものすごいライバルになる率ってあんまりないから。
そういうのってちょっと寂しい感じもするんですよね。
中央とか明治からしても、スポーツなどでのライバルにならないし、スルーされやすいかも。

特に上智は80年代ぐらいに10年ぐらい(早慶をしのぐような)ものすごい人気があった大学。
その理由は(当時、他の大学では不可能だった)英語を学べるから。女子が高学歴を嫌って、
東大や京大を受験しなかったせいもある。
今は東大女子なんて当たり前にいるし、各大学の英語使用学部や留学者もとても増えている。
そういう中で上智大学に、以前のような立ち位置を求めても、可哀想だと思う。
「上智だからこうでしょ、ああでしょ」ってのは抜きにして
結局、個人が自分らしく、こつこつやることが後悔を無くし、評価されることになるだろうね。

他大生だったんですが、僕が感じた部分で書きますね。

・立地が四ツ谷にあってとても良いところにある
⇒地方生は分からないと思いますが、猫の額ほどのトチしかない東京で立地はものすごく
重要。東京の真ん中にあるってだけで上智は評価高いのです。

・意外にマジメ
⇒見た目は華やかでも、意外にマジメですね。志望動機が高くてはいってる人が多いのか、
よく勉強してました。また出席や課題も、うちと比べるとずっと大変そうでした。
遊びたいなら上智は辞めた方がいいけど、親や就職面接官には◎な校風でしょ...続きを読む


人気Q&Aランキング