マンガでよめる痔のこと・薬のこと

5日ほど前、交通事故に遭いました。
夫婦で自営業をしており、夫の運転する車で私は助手席に乗っておりました。
信号待ちで停車中、後からの追突で過失割合は0:10です。
ケガは鞭打ちで通院中です。

2日前、警察に呼ばれ事故の状況を書面にする手続き、診断書の提出などで午前中の仕事をつぶしてしまいました。
通院するのも仕事を早く切り上げなければならならず
夫婦で同じ怪我状況であり一緒に通院している為、その分収入減につながります。
相手側の保険会社から「自営業者の場合、休業損害は出ません」と言われました。
サラリーマンなどであれば保証されるのに、自営業者は一銭も出ないと言うのは納得できないのですが。。。
夫が休業損害を請求できないのであれば、私の主婦としての休業損害は請求できるのでしょうか?

ちなみに、サラリーマンの場合、休業損害1日5700円、慰謝料として通院日数×4200円が保証されますが
自営業者の場合は慰謝料のみ と言われました。

詳しい方がいればアドバイス、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

自営業の経験者です。



結論、休業損害は出ます。

要するに損害額を確定させにくいから出ないと言うだけで実際は出ますよ。安心してください。

私の場合、事故前三ヶ月と事故後三ヶ月の試算表を提出したのですが最終的に決まったのは事故の前年の確定申告が基礎となりました。

確かに自営業の場合損害が確定させにくいですがサラリーマンでも未来の損害は確定させにくいのです。

明日会社をやめる予定の人が今日事故にあった場合でも休業損害として認められます。

就職が内定しているが事故により就職が先送りになっても休業損害は認められます。

今回の場合まず保険会社は出ないと言いますが例えば前年の確定申告が赤字でも休業損害は請求できます。

具体的には前年の確定申告上の経費の中に完全な固定費があるはずです。家賃、保険料、リース料、水道光熱費の基本料金など営業に関係なく支出される物がありますのでこの部分は認められます。
ただ今の保険会社はなかなか首を縦に振りませんので私は紛争センターを使いました。
当初の保険会社の提示額の1.5倍くらいにはなりましたが私の請求の1/2くらいになってしまいました。
それが良かったのかどうかわかりませんが保険会社の言いなりではまともな金額は出ませんので時間はかかりますが交渉してみてください。

参考URL:http://www.homelawyers.info/individual/accident/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しいアドバイスありがとうございます。
私の契約している保険会社の担当にも確定申告を元に保証されると言われました。
なのに相手側の担当からは出ませんと言われ…
お金儲けの為にお金がほしいとかではなく
やはり最低限損失のあった分に関しては保障してほしいというだけで…
親切にありがとうございました。
きちんと調べて交渉してみたいと思います。

お礼日時:2007/11/16 21:49

今年の春、事故にあいました。


自営ですが、しっかり休業損害いただきました。
去年度の確定申告から算出されましたよ。
去年の所得額÷365日×対象日数=支払額
対象日数はお話し合いで決める。ただし、仕事が出来ないと判断できる日数。

ですから、自営業者の場合は休業損害が出ないというのは嘘になります。
ただ、症状がムチ打ちだけとなりますと実際の症状・状態によってとは思いますがあまり日数的には認められないかなと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました、ありがとうございます。
重症ではないものの、自営=保障無しと相手側の担当者に言われ納得できませんでした。
別に常識はずれな保証を求めているわけでなく、
仕事が出来なかった分だけの保証は認めて欲しいものです。
御丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2007/11/16 22:03

保険屋が正しい。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

どう正しいのでしょうか?

お礼日時:2007/11/16 22:05

勘違いされて居ます。



休業損害とは定額ではなく、実損害です。
サラリーマンの場合の実損害は、過去3ヶ月の給与明細書の金額を合計し、90で割れば簡単に算出できます。
このきんがくが請求することの出来る金額です。

では、自営業者の場合はどうなるのか?
自営業者であれば、毎年税の申告の為に帳簿をつけているはずです、その前年度の物から給与所得になる部分を算出し、そこから一日あたりの損害額を算定します。
さらに、自営業で実際に仕事をして居ないのではなく、何とか仕事が出来ていれば当然ですが損害は無いと認定され支払いはされません。

損害とは、実際の物が駄目になったり、得られるはずであった収入が得られなくなったと言う事によって発生する物です。
自営業者で多い話は、申告が赤字決算になっていると言うものです。
申告が0以下であれば、収入は0なのですから、仕事が出来なくても損害は発生して居ないとなり、休業損害は認められないと言う事は正論であり、仕方の無い事になってしまうのです。

仕事が実際に何も出来なくなって居る場合の損害と言うのもまたこれは別途の話となる物で、書いていくと、とても長くなりますので、今回は書きません。

「実際に収入に対する損害が有ったか」と言う部分が焦点となりますので、その部分を注意されてください。
主婦休業損害は、家事が出来なくなった為に発生する損害として認められる物ですが、単身者には請求する事が出来ません。また、同一の生計者の中で1人のみしか認められる事は無いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実損害がでています。
仕事をしなければ収入は当然減ります。
自営業だかといって仕事の日程などを自由に変更できるものでもありません。
そして赤字決済ではありません。
単身者でもありません。
>勘違いされて居ます
それはあなたでは?

お礼日時:2007/11/16 21:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通事故。自営業・低所得者の休業補償について教えてください。

一人暮らししている母が交通事故にあいました(母:自転車 相手:自動車)。

「全治2ヶ月・自宅療養」との診断を受けたそうです。
母は1人で喫茶店経営をしているのですが、医者に最低でも1ヶ月の休業を勧められ、しばらく店を閉めることになりました。
休業補償の申請を考えておりますが、どのように行ったら良いのか全くわからず困っています。

調べたところ、自営業者の場合は所得証明などが必要なようですが、所得が少なく、確定申告はしているものの所得税0円。
このような場合でも、役所で所得証明の発行をしてもらえるんでしょうか?(発行してもらえたとして、きちんとした所得の証明になるのでしょうか?)
できない場合は、どういった書類をどのように作成したら(してもらったら)よいのでしょうか?
もしくは、休業補償の申請自体、困難ですか?
「専業主婦」の場合は休業保障が適用されるようですが、「独居」ですし…。所得が証明できないと休業保障をしてもらえないのではないかと心配しています。

私自身、多少の金銭的援助はできるものの、今後「休業による客離れ(喫茶店の激戦地区なので可能性大)→身体状態安定後も経営の継続不可能→完全に無収入」といった状況に成り得ることも考えられ、長期の援助となる場合もあるので、例えわずかでも、保障して頂けるものなら申請したいと思っています。

ご助言、よろしくお願いします。

一人暮らししている母が交通事故にあいました(母:自転車 相手:自動車)。

「全治2ヶ月・自宅療養」との診断を受けたそうです。
母は1人で喫茶店経営をしているのですが、医者に最低でも1ヶ月の休業を勧められ、しばらく店を閉めることになりました。
休業補償の申請を考えておりますが、どのように行ったら良いのか全くわからず困っています。

調べたところ、自営業者の場合は所得証明などが必要なようですが、所得が少なく、確定申告はしているものの所得税0円。
このような場合でも、役所で所...続きを読む

Aベストアンサー

  お母様のお怪我心よりお見舞申し上げます。
お母さんは喫茶店の経営に付いて申告をしているとの事ですので大変よっかったですね。役所なら所得証明書また税務署なら納税証明書が取れます、これは立派な職業証明書になります。損害賠償保険では自賠責保険が基礎に成りますが、その自賠責保険の基準では仕事をしていることを証明できれば休業損害額の定額1日5,700円の支払いが出来る事になっています。認定日数に付いてはお怪我の状態などを勘案して実通院日数の2倍以内と言うことになっています。但しこれは自賠責保険の支払い基準ですので自賠責保険の傷害の限度額120万円を超えて任意保険に成りますと支払い基準が変りますので相手の保険会社と話し合いになるでしょう。 尚 誠にお気の毒ですが賠償保険の支払い基準では企業損害は認めていませんので、お店の損害を請求する場合は弁護士に依頼するしかないのが現状です。休業損害の支払い方法に付いては相手の担当者が賠償保険に付いて詳しい方なら問題はありませんが、全ての担当者が査定に詳しいとは限りませんので、話合うときは調査事務所にも相談室が有りますので【自賠責保険の調査事務所】で教えて頂いたと言えば説得力があるでしょう。調査事務所は全国各地に必ず有ります。

  お母様のお怪我心よりお見舞申し上げます。
お母さんは喫茶店の経営に付いて申告をしているとの事ですので大変よっかったですね。役所なら所得証明書また税務署なら納税証明書が取れます、これは立派な職業証明書になります。損害賠償保険では自賠責保険が基礎に成りますが、その自賠責保険の基準では仕事をしていることを証明できれば休業損害額の定額1日5,700円の支払いが出来る事になっています。認定日数に付いてはお怪我の状態などを勘案して実通院日数の2倍以内と言うことになっています。但しこ...続きを読む

Q個人事業主の休業補償について(長文です)

お世話になります。
青信号で横断歩道を横断中、右折してきた対向車に轢かれました。
幸いなことに数箇所の打撲で済みました。
当時(特にその月は)大変仕事が忙しく、食事を取る時間もない、息つく暇もないという状態で
痛くても通院に時間を取ることができず、2日間だけ通院しました。
個人事業主のため、自分がやらないと仕事にならず、
事故の見分と通院に時間を取られ、
事故当日も朝の4時まで仕事をして、次の日も次の日も・・・と押してしまった仕事を処理するため、痛い体を我慢して死ぬ気で働きました。
と、半分愚痴が入った経過ですが
本日「交通事故に関する承諾書」が郵送されてきまして
そこに「慰謝料4200円×2日」「最終お支払い額8400円」と書いてありました。
休業損害0です。
私が使った労力・時間を考えますとあまりにも割に合いません。
その月の所得金額(利益)は120万円です。
(フリーなので仕事量によって収入に激しく開きがあります。)
また、事故の翌日から、あまりに一人ではどうにもならない状態になってしまったため
事務処理に親族にきてもらい、ポケットマネーから2日間で交通費込みで2万円渡しました。
(領収書はもらっていませんが言えばもらえます。また専従者給与など申請をしていないので帳簿には未記載です)
それだけを考えてもマイナスです・・・。
去年は開業したばかりだったため半年ぐらいしか働いてなく
扶養家族から出ないように仕事量のセーブをしていたため
一月の収入にも満たない額しか利益がありませんでした。
以上だらだらと長文になってしまいましたが
このような状態のとき、休業補償というのは出ないものなのでしょうか?
また体が痛いだけでなく苦しい思い、大変な思いをしたのに
8400円で終わってしまうのでしょうか?

うまく要点がかけてないかと思いますがご回答いただけましたら幸いです。

お世話になります。
青信号で横断歩道を横断中、右折してきた対向車に轢かれました。
幸いなことに数箇所の打撲で済みました。
当時(特にその月は)大変仕事が忙しく、食事を取る時間もない、息つく暇もないという状態で
痛くても通院に時間を取ることができず、2日間だけ通院しました。
個人事業主のため、自分がやらないと仕事にならず、
事故の見分と通院に時間を取られ、
事故当日も朝の4時まで仕事をして、次の日も次の日も・・・と押してしまった仕事を処理するため、痛い体を我慢して死ぬ気で働...続きを読む

Aベストアンサー

 交通事故に遭遇し、お怪我のため大切なお仕事に影響し大変でしたね。 自営業者の休業損害に付いは、原則としては前年度の確定申告書(税務署長印のあるもの)で収入を確認し一年365日で割って1日の収入分として休業日分を掛けた金額が休業損害になります。ご質問から判断致しますと昨年度は無申告でしょうか。申告していれば職業証明になりますが、申告をしてない場合は事業開始から収支明細によって仕事をしている事を裏付けます。場合によって自治会長の職業証明書など色々な方法で自賠責保険は救済を考えております。支払い金額は定額5,700円を診断書の最終が「中止」か「治癒込み」か「継続」に成っていれば2日の2倍まで自賠責は認定する事が出来ます。従って自賠責保険では 
    ○慰謝料    16,800円  
    ○休業損害   22,800円
 他に交通費が支払われます。
2日の通院で最終が「治癒」に成っているとは思えませんが「治癒」ならば
    ○慰謝料     8,400円
    ○休業損害   11,400円
 他に交通費になります。
 
何れにしても焼け石に水の金額ですので、保険で任意ある程度の金額を積算して交渉すればよいでしょう。

 交通事故に遭遇し、お怪我のため大切なお仕事に影響し大変でしたね。 自営業者の休業損害に付いは、原則としては前年度の確定申告書(税務署長印のあるもの)で収入を確認し一年365日で割って1日の収入分として休業日分を掛けた金額が休業損害になります。ご質問から判断致しますと昨年度は無申告でしょうか。申告していれば職業証明になりますが、申告をしてない場合は事業開始から収支明細によって仕事をしている事を裏付けます。場合によって自治会長の職業証明書など色々な方法で自賠責保険は救済を考...続きを読む

Q自営業者の休業補償の期間

よろしくお願いします。

個人事業主が過失無しの交通事故にあい、
通院期間が281日間、通院実日数199日でした。
休業給付金は何日分程度もらえるのでしょうか。
3か月までしかもらえないって本当ですか?

後遺障害申請はしていません。

Aベストアンサー

以下、抜粋です。

自営業者(商工鉱業者、農林漁業者、家族従業者)

休業損害 = (過去1か年間の収入額 - 必要経費) × 寄与率
  ÷ 365日 × 休業損害の対象となる日数

※過去1か年間の収入額および必要経費は、事故前年の確定申告書
  または市町村の課税証明書等の公的な税務資料により確認された
額になります。
      ただし、事実上の収入が、確定申告の所得より多い場合で、具体
  的な立証が可能な場合は、その収入が認められる場合もあります。

 ※寄与率は、収入が事業収入または同一事業に従事する家族総収入
      と計上されている場合に適用し、総収入のうち本人の寄与してい
      る割合を意味します。

 ※代替労力を利用した場合は、本人に収入の減少があったものとみ
なし、代替労力の利用に要した必要かつ妥当な実費が認められま
      す。

3か月が限度というのは、自由診療で保険会社に打ち切られる場合です。

以下、抜粋です。

自営業者(商工鉱業者、農林漁業者、家族従業者)

休業損害 = (過去1か年間の収入額 - 必要経費) × 寄与率
  ÷ 365日 × 休業損害の対象となる日数

※過去1か年間の収入額および必要経費は、事故前年の確定申告書
  または市町村の課税証明書等の公的な税務資料により確認された
額になります。
      ただし、事実上の収入が、確定申告の所得より多い場合で、具体
  的な立証が可能な場合は、その収...続きを読む

Q追突事故 被害者側が個人事業主について

信号待ちで、後ろから衝突されました。
車のトランクが開かなくなる程の衝撃で、体に痛みもあり、整形外科へはとりあえず行ってまいりました。すでに、相手の保険会社から連絡がきており、病院にも連絡はして下さっていました。
今後の事ですが、
被害者側が個人事業主で、一人で会社を切り盛りしている場合は、どのようなやり取りをすればよろしいのでしょうか?相手の保険会社の方はやはりプロなので、言いくるめられない程度に知識を備えておきたいと思います。分かる方、教えて下さい。

Aベストアンサー

>被害者側が個人事業主で、一人で会社を切り盛りしている場合は、どのようなやり取りをすればよろしいのでしょうか?

慰謝料の他に、確定申告に基いた額での休業補償を請求する。

あと、病院には「事故で」って言わない方が良いかも。事故って言っちゃうと健康保険が使えなくなる場合がある。

健康保険が使えないと、治療費の全額を自賠責から出す事になる。

自賠責の上限まで治療費を使っちゃうと、自賠責から慰謝料が出せなくなるから慰謝料を取れなくなっちゃう。

健康保険を使うと、治療費の3割だけを自賠責から出すから、自賠責の枠が余れば、余った分から慰謝料を出して貰えるから、慰謝料を請求し易くなる。

保険会社は、自賠責の上限までは請求に応じる筈だから、治療費なんかで自賠責の枠を削っちゃいけない。治療費がどんだけ自賠責で出たとしても、貴方のサイフは潤わないから。

自賠責の枠に収まっている限り、保険会社の腹は痛まないから、自賠責の枠内の慰謝料請求なら、保険会社は2つ返事で応じる訳。

他の回答にある「健康保険を使うと保険会社対応がよくなる」ってのは、こういう仕掛けになっているからなのだ。

>被害者側が個人事業主で、一人で会社を切り盛りしている場合は、どのようなやり取りをすればよろしいのでしょうか?

慰謝料の他に、確定申告に基いた額での休業補償を請求する。

あと、病院には「事故で」って言わない方が良いかも。事故って言っちゃうと健康保険が使えなくなる場合がある。

健康保険が使えないと、治療費の全額を自賠責から出す事になる。

自賠責の上限まで治療費を使っちゃうと、自賠責から慰謝料が出せなくなるから慰謝料を取れなくなっちゃう。

健康保険を使うと、治療費の3割だけを...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報