北欧で見られる白夜の時に、太陽はどのように動いて見えるのでしょうか?
日の出、日没の時に地平線に平行に、といわれてもピンときません。正午の時
太陽はどの辺りに見えるんでしょうか。また冬至のころには太陽が出ない、と
いいますが、見かけ上どう動いているのでしょうか?

A 回答 (3件)

(「北欧」とあるので,南半球の話は省きます。



えーと,太陽の日周運動の,地平線に対する角度(という言い方は不正確ですね。「天球上の日周運動の軌跡を
含む平面が地平面となす角度」とでも言えばいいかしらん)は,同じ地点で観測しているかぎり,
季節が変わっても一定です。ただ,その「日周運動の軌跡」自体が,夏には北側に寄り,冬には南側に
寄るわけです。

太陽が地平線に平行に日周運動するのは,北極点だけです。ここでは,春分から秋分まで半年間,太陽が出たままで,
水平線に平行に右へ右へと進んでいきます。1日で1周しますが,春分から夏至にかけてはわずかずつ高度を
あげていき,夏至の日に最も高くなり,地平線から23.4度のところを水平に動きます。その後は徐々に
高度を下げていき,秋分のころに「日没」となります。

北極点以外のところで白夜になるときは,同じように太陽は横(右)に動いていきますが,水平ではありません。
真南に来たときに地平線から一番高いところを通り,それから少し右下がりに動いていって,真北に来たときに
一番地平線に近くなり,今度は少し右上がりに動き,再び真南で最高点に達します。この間にやはり1日です。

冬至のときは,地面の向こう側で,今述べた動きと平行に円を描いています。つまり,1日中地平線の下に
いるのですが,北側に来たとき一番地下深い方向に位置し,南側に来たときに一番地平線に近いところまで
上がってきます。

どうしても分からないときは,やはり図を書くのがいいでしょう。もし手元に中学の理科の教科書があれば,
「第2分野の上」を出して,太陽の日周運動の図を探してみましょう。たぶん,春・秋分,夏至,冬至に
天球上で太陽がどう動くか(日周運動の軌跡)が描かれていると思います。その図で,北極星(天の北極)を
だんだん下げて(いいかえれば地軸をだんだん水平に近づけて)いき,そのときに日周運動の軌跡が
どうなるか考えてみましょう。その際,日周運動の軌跡を含む面と地軸は常に直交することに
注意しましょう(紙を丸く切って,つまようじを刺して,こまを作ったと思ってください。丸い紙の
周りのへりが日周運動の軌跡,つまようじが地軸です)。

e3563さん 地軸の傾きは23.4度で正解です。語呂合わせで「兄さんよ」と言って覚えませんで
したか?…私だけかも。(^^;)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳細な解答ありがとうございました。
これで社会科担当でも、生徒の質問に
ばっちり答えられそうです。

お礼日時:2001/02/04 23:40

北極圏の白夜の時期は太陽は地平線に平行に360度を水平に移動します。


そして、夏~秋に向けては地軸の傾きのためにだんだんと地平線に対して角度を持った動きとなり、やがては朝昼夜の区別ができるようになります。
冬至の頃は太陽は出ませんが、少しずれると、日の出の頃の数時間だけ地平線から顔を出した太陽が平行移動してから地平線の下に消えてゆきます。
太陽が横向きに動いているように見えますヨ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
北極圏での動きから考えるのが
ポイントですね。

お礼日時:2001/02/04 23:42

こんにちは。


白夜は太陽が一日中出ているという現象ですよね。
ってことは、日の出・日没はありません。
これは、地球の地軸の傾き(23.4°でしたか?)によるもので、冬に太陽が出ないのは実際に図でも書いた方が分かりやすいと思いますが、地球の半分は太陽の光が当たらない訳です。そこに、地球の傾きが入るので北極付近は常に影の部分にいるわけですね。ってことは、太陽は見かけ上は地平線の下ですね。
地球は丸いので、ずっと遠くに行くと地面の下なので。
図を書けば納得できると思います。たぶん。
以上ですか?中学時代の知識です。合ってるかどうか…。(^^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

図を描いてみました。納得です。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/04 23:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昨日の白夜行の内容

昨日、白夜行を録画したんですがなぜか途中で切れてしまっていたので内容を詳しく知りたいです!白夜行の内容が載ってるサイトを教えてください!

Aベストアンサー

こちらでどうぞ。

参考URL:http://dramanote.seesaa.net/

Q今日の出の地平線はどこでしょうか?

02009 09 06 0435現時点ではまだ私のいる埼玉県は夜明け前で真っ暗です。
今、日の出が現れている地点はどこでしょうか。。緯度等分かる方教えてください☆!!

Aベストアンサー

 こんにちは。
 根室でもきょうの日の出が4:47でした。
http://www.nao.ac.jp/koyomi/dni/2009/hdni01093.html
ということはそれよりも時間で12分早いわけですから、
1時間=経度15度
12分=経度3度

 根室の中心部が
http://link.maps.goo.ne.jp/map.php?MAP=E145.35.12.710N43.19.39.080&ZM=9
これに3度足してE148.35.12.710N43.19.39.080&ZM=9
にしてみると・・・。
 これは海上ですね。2度ほど北の方に択捉島東端が見えます。

 同じ国立天文台の、任意の地点から調べるページでいくつか調べても、n納沙布岬先端や、知床半島北東部、または同じく内陸部の山頂でも45分前後でほとんど変わりません。
 唯一陸地で存在するのは、北緯24.28度、東経153.98度の南鳥島だけでしょう。
 ついでに富士山山頂でも、5:10です。時間で35分というと約9度、およそ1000キロは東。ということはこれもまた択捉島、今度は高度がある分、西端に近い部分になります。

 こんにちは。
 根室でもきょうの日の出が4:47でした。
http://www.nao.ac.jp/koyomi/dni/2009/hdni01093.html
ということはそれよりも時間で12分早いわけですから、
1時間=経度15度
12分=経度3度

 根室の中心部が
http://link.maps.goo.ne.jp/map.php?MAP=E145.35.12.710N43.19.39.080&ZM=9
これに3度足してE148.35.12.710N43.19.39.080&ZM=9
にしてみると・・・。
 これは海上ですね。2度ほど北の方に択捉島東端が見えます。

 同じ国立天文台の、任意の地点から調べるページでいくつ...続きを読む

Q白夜行3部作について

東野圭吾さんの白夜行と幻夜を読みました。

白夜行は三部作なのですか?
もしそうなら、3冊目のタイトルを教えてください。

Aベストアンサー

多分「シンデレラ白夜行」のことではないかと。
でも作者は別にこれらが三部作だとか関係性があるだとか明言してないんですけどね。

Q地方真太陽時と南中時刻と太陽高度角について

南中時刻というのは、太陽の高度角が最大になる時刻と考えていいのでしょうか。
つまり、太陽が真南に来たとき、太陽の高度が最大になると考えていいのでしょうか。

明石がJSTの基準点ですから、明石ではJSTの12時に太陽高度角が最大になるのでしょうか。

また、地方真太陽時とは、南中時刻を12時とするものですが、
地方真太陽時では、1日の長さが24時間でなくなるのでしょうか。

例えば、
地方真太陽時の12時がJST12時10分ならば
地方真太陽時の15時はJST15時10分
となるのでしょうか。

Aベストアンサー

太陽がある地点で南中すれば、その時太陽高度は最大で、この地点での地方真太陽正午です。

1年を通じて太陽の位置を平均したものが平均太陽です。
地球軌道が楕円で傾いているため、太陽は平均太陽の周りを南北へ各
23°東西へ各4°の範囲で動き回ります。
JST(中央標準時)正午は東経135°における平均太陽の南中時刻です。

JST正午に太陽が南中する地点は、2月中頃平均太陽より最も東に寄る東経138.6°(例えば山梨県甲府市)から、11月初め最も西に寄る東経
130.9°(例えば福岡県北九州市)の間で変化します。

連続する2回の真太陽正午の時間間隔は24時間00分30秒から23時間59分39秒までの間で毎日変化します。

Q『白夜行』と『幻夜』

こんにちは。
ご覧頂きありがとうございます。

早速質問なのですが、『白夜行』と『幻夜』について。
『幻夜』は『白夜行』の続編であるとよく聞きます。
私も雪穂=美冬だと思っています。

ただ一つ気になる点がありまして。
『幻夜』の方で印象的だった美冬のうなじに或る二つの黒子が
『白夜行』の方で、高宮誠の描写で出てきています。
これにはどういった意味があるんでしょうか?

完璧な答えでなく意見でも結構ですので、回答ください。

Aベストアンサー

肝心の作者である東野圭吾氏が明言を避けているので何とも言えず、読者の間でも意見が分かれているようです。東野圭吾氏のファンである方のサイトでご本人なりに検証していますので参考にはなると思います。

参考URL:http://from1985.pekori.to/keigotaku/

Q冬至の日付

冬至の日付は

12月22日
12月22日
12月22日
12月21日

というように4年サイクルで、
変わるようですが、
これは永久に変わりませんか?
もし、冬至の日付が21日か22日でなくなる。
もしくは、4年サイクルでなくなる年というのは、
将来、来るのでしょうか?

分かる方、天文学に詳しい方、
お願い致します。

Aベストアンサー

手元にアメリカ海軍天文台の天文計算ソフトMICAがあったので,それを用いて,今後2050年までの冬至の時刻を計算してみました。(時刻は日本時間に直してあります)
冬至の時刻を含む日付が「冬至の日」となります。

2004/12/21 21:42
2005/12/22 03:35
2006/12/22 09:22
2007/12/22 15:08
2008/12/21 21:04
2009/12/22 02:47
2010/12/22 08:38
2011/12/22 14:30
2012/12/21 20:12

こんなふうに,22→22→22→21のローテーションが続きます。
また,時刻を見ていただくと,毎年だいたい6時間ずつ遅くなっていることが分かると思います。
正確な平均間隔は365日5時間48分45秒,これを1太陽年といいます。
(回答No.2で出てきた365.25636日=365日6時間09分09秒は,1恒星年といい,別物です)
ただ,惑星や月の引力の影響を受けて時刻は微妙に揺れ動きますので,あくまでも平均です。(試しに,1年と何時間何分後に冬至になるか,それぞれ求めてみると面白いでしょう)
また,ぴったり6時間なら4年ごとに同じ時刻になるのですが,平均して5時間48分ですので,少しずつ時刻は早まっていきます。

閏年(2008,2012)では間に1日余分にはいるため,日付が1日戻って21日になり,その翌年にはまた深夜の0時を越えるので22日になる,というパターンです。
さて,これがどこまで続くかというと,

2013/12/22 02:11
2014/12/22 08:03
2015/12/22 13:48
2016/12/21 19:44
2017/12/22 01:28
2018/12/22 07:23
2019/12/22 13:19
2020/12/21 19:02
2021/12/22 00:59
2022/12/22 06:48
2023/12/22 12:27
2024/12/21 18:20 閏年で21日に戻りました。
2025/12/22 00:03 ここではかろうじて日付が変わって22日ですが,
2026/12/22 05:50
2027/12/22 11:42
2028/12/21 17:19
2029/12/21 23:14 とうとうパターンが破れました。
2030/12/22 05:09
2031/12/22 10:55
2032/12/21 16:56
2033/12/21 22:46
2034/12/22 04:34
2035/12/22 10:31
2036/12/21 16:13
2037/12/21 22:07
2038/12/22 04:02
2039/12/22 09:40
2040/12/21 15:33
2041/12/21 21:18
2042/12/22 03:04
2043/12/22 09:01
2044/12/21 14:43
2045/12/21 20:35
2046/12/22 02:28
2047/12/22 08:07
2048/12/21 14:02
2049/12/21 19:52
2050/12/22 01:38

と,22→22→21(閏年)→21,というローテーションに変わります。
これもさらに続けていくと,また変わることは明らかでしょう。
2042/12/22 03:04
2046/12/22 02:28
2050/12/22 01:38
というパターンから見て,2058年か遅くとも2062年には22日ではなく21日になりそうです。

MICAというソフトでは2050年までしか計算できないので,別の資料を見てみました。
Astronomical tables of the sun, moon and planetsという本には,西暦1年から3000年までの,春分・夏至・秋分・冬至の日付・時刻がずらりと載っています。
ただし,示されている時刻は力学時といって,グリニッジ標準時より少し(現在は1分ちょっと)進んでいます。また,両時刻の差は今のところ少しずつ広がっているのですが,地球の自転のスピードの微妙な変化によって変わる可能性があります。

それによると,(便宜上,力学時-世界時=1分としました)
2050/12/22 01:38
2051/12/22 07:34
2052/12/21 13:17 (閏年で戻った)
2053/12/21 19:10
2054/12/22 01:10
2055/12/22 06:56
2056/12/21 12:52
2057/12/21 18:43
2058/12/22 00:25 なんとか生き残りました。
2059/12/22 06:18
2060/12/21 12:02
2061/12/21 17:49
2062/12/21 23:43 ここでパターンが変わります。

という具合で,基本は4年サイクルなのですが,時々パターンが変わります。
理由としては,冬至から次の冬至までがぴったり6時間ではなく,少し短いこと。
しかも,その正確な時間差は年によって多少伸び縮みすること。
閏年の入れ方が4年に1度ではない(2100,2200,2300は閏年にならない)こと。
といった理由が挙げられます。

ところで,No.2さんの「2000年でも同じ事が言えます。」ってありますが,グレゴリオ暦では400年ごとの補正が一番長くて,2000年ごとの補正はないんですけど。

手元にアメリカ海軍天文台の天文計算ソフトMICAがあったので,それを用いて,今後2050年までの冬至の時刻を計算してみました。(時刻は日本時間に直してあります)
冬至の時刻を含む日付が「冬至の日」となります。

2004/12/21 21:42
2005/12/22 03:35
2006/12/22 09:22
2007/12/22 15:08
2008/12/21 21:04
2009/12/22 02:47
2010/12/22 08:38
2011/12/22 14:30
2012/12/21 20:12

こんなふうに,22→22→22→21のローテーションが続きます。
また,時刻を見ていただくと,毎年だいたい6時間ずつ遅く...続きを読む

Q白夜行TBS限定ストラップ

白夜行のTBS限定ストラップの現物画像を探しています。
今ちょうど白夜行のDVDBOXを買おうと思っているのですが
TBSで買うと限定ストラップがついてくるらしいのでちょっと気になっています。
参考画像では良くわからないのでどなたか現物画像があるサイトなど知ってたら教えてください。

Aベストアンサー

この「雪の結晶ストラップ」じゃないかと思うのですが…。
11/11時点で、まだ画像が見れました。

違ったらゴメンナサイ…。
(画像見れなかったらもっとごめんなさい・・・)

参考URL:http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g47095909

Q日の出入り、干満潮時刻

大阪の日の出、日の入り及び大阪港の満潮、干潮時刻が調べられるサイトがあれば教えて下さい

Aベストアンサー

海上保安庁のサイト(→参考URL)ではいかが?

トップのサイトマップにある「データ集 日出没・潮汐など」からたどれます。

参考URL:http://www.kaiho.mlit.go.jp/

Q10年ほど前のドラマ『白夜行』の中で流れていた『白夜を行く』という曲の楽譜が載っているページはありま

10年ほど前のドラマ『白夜行』の中で流れていた『白夜を行く』という曲の楽譜が載っているページはありませんか?

あったらURLを載せてほしいです。

Aベストアンサー

http://www.at-elise.com/elise/JPDPKM05082/

Q白夜はなぜおこるのか?

白夜はなぜおこるのか知りたいです。

Aベストアンサー

地球は、地軸が垂直(たいようと地球をつないだ面に対して)よりも23.5度傾いています。すると、太陽のほうに傾いているほうの極(日本が夏の場合は北極)は、つねに太陽があたります、ようするに、たいようが地面すれすれを、東・南・西といって沈まずにそのまま北に行ってしまい、東に戻ってきます。その代わり、冬になると、一日中太陽が昇らなくなります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報