5/27 回答が連続投稿される不具合が発生しております

お寺の住職から、葬儀の際に、ある種の戒名を使用するのでお布施の金額を指定されました。(宗派は浄土宗)
その金額は150万円ー250万円。
インターネットなどでその戒名について調べたところ、常識的な金額の数倍はある模様。

祖父が数年前に亡くなった時に言われた金額。
また先日祖母が亡くなった際、住職から祖父と同様の戒名を付けますので・・・
両親は仕方なく言われたままの高額なお布施を支払うはめに・・・

この他、お通夜の時、住職一人で来る予定が副住職が同行し
更に副住職へも数万円と指定してきました。

この様な宗教のお布施の場合、領収書もなく、支払い損のような気がしてなりません。
これは恐喝にならないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

新規檀家さんの場合 (新規の仏)


私のお寺は総額約60万 本山 150万 総本山 200万 
多少貢献(お付き合いで相場は変わります)

坊さん1人 通常(一般人)の場合 10万~30万円  
葬式から初七日まで付きで 30万ですね。
坊さん2人= 50~60万

単純計算 
坊さん1回当たり一般戒名約10万 × 人数 × 回数= 
大姉・居士 戒名約20~60万 × 人数 × 回数=
大居士 30万~100万 × 人数 × 回数=
(後からお寺寄付100万円など) 
    • good
    • 0

夫婦で同格の戒名にするのはよくあることですけれど、かなりお高いですね。


ただ、断ることもできるので『恐喝』とするのは難しいと思います(この先のお寺さまとのお付き合いを考えると、断るのは難しいかもしれませんが)。

我が家も浄土宗で、この数年間になくなった同居家族、祖母(父の母)、伯母(父の姉)、母の戒名はいずれも”○譽○○○○大姉”ですが、枕経~葬儀当日火葬場から帰ってきてから行う初七日法要までの費用+戒名料を入れて40万円でした。
我が家の檀那寺のご住職は、それなりに地位のある方のようです(地域の)。
葬儀の際は、片鉢で行いましたのでご住職のほかに3名の僧侶の方に来ていただきましたが、事前に「@10万円、別に用意して『現金』で渡して。」と言われました。
我が家の場合は、領収書は「一切出ません」と言われました。

父(存命)は、五重相伝を受けて既に『譽号』を授かっていますが、祖母、伯母、母はいずれもそのようなことはしていません。
施餓鬼供養等の場合も、出かけはしますが、なんらお手伝いをする訳でもありませんし、これまで、寄進とか特別なことをしたことはありません。
ただ、檀那寺は『お隣さん』で、普段から近所づきあいはありますけれど…。
普段からお寺さまとはコミュニケーションを取っていらっしゃると、葬儀関係についても、希望を聞いてくださいますよ。
ご住職1人でいいとか、片鉢でとか、双鉢でとか…。
    • good
    • 0

お寺は檀家の物ですが最近は微妙に金を旨く取りますね。


ちなみに領収書出ます。

その方が生前にお寺に貢献しなかった場合
確か大居士11文字以上の場合 200万~300万円です。
12?13文字以上になると500万円以上で選ばれし人しかいませんが。。

貢献した人は 居士でも大居士でも50万円前後です。
貢献とは、檀家当番・建造・寄付・掃除・お寺のお手伝いをしてる人

生前戒名者も安いです。 30万円前後ですね。
    • good
    • 0

強要されたなら犯罪ですが、お布施は気持ちです。


逃げきられてしまいます。
お布施は常識の規定もあいまいです。

良心的な僧侶もいれば、お金にがめつい方もいます。
がめつい方とは縁をきっぱり切ってしまえば良いのです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお寺が多額のお布施を要求?

私の友人は両親ともに他界しています。

先月、友人から意外な悩み事を聞きました。

友人は「お寺から多額のお布施を要求されるかもしれない。そのお布施の為に自分たち家族の生活が困窮してくるかもしれない。」と言っていました。

その友人の両親が生きていた頃は経済的に裕福だったので、かなりの金額のお布施をしていたそうです。
しかし不景気の影響で会社のボーナスが激減して、友人の家庭の家計のやりくりもだんだん大変になってきているそうです。

その友人は普通の仏教です。特殊な宗教ではありません。

私は友人に「家計のやりくりが苦しくなってきているのなら、お寺がお布施を要求してきても
あなたたち家族の生活を犠牲にしてまで言われた金額を払う必要はないでしょう。」と言いました。

しかし友人は「お寺には逆らえない。」と言うのです。

普通の仏教のお寺が「お布施を払う側が生活が困窮するほど多額のお金を要求して、しかもその金額を絶対に払わないといけない。」ということって
あると思いますか。

Aベストアンサー

まず大前提としてお布施の支払いは「義務」ではありません。
法的義務はありません。
もちろん葬儀などでお呼びする場合や戒名をお願いする場合には支払わなければならないでしょうが
普段のお布施は寄付に近いものです。
税金とは異なり収入額とは関係なく払う側が金額を決めれば良いはずです。

質問に対する回答としては「そんなことはありえない」です。

もし請求してきた場合には弁護士に相談するような問題になるでしょうね。

Qお布施の値段・要求に従わなければいけないのか?

母が亡くなり、葬儀に関しての諸々が分らず驚くことばかりです。
以下、愚痴のようになってしまうかと思いますがお付き合いくだされば幸いです。

菩提寺がありますが父母の代までは何かと付き合いがあったようですが
私達子供(50代)は、墓参りのみで亡父や亡祖母の法要などは10年程前で母任せでした。

今般、母の件でご住職様と連絡を取り、葬儀での読経等をお願いし日取りの了承を頂き
お布施の金額の常識的な値段が分らず、その旨お聞きしたところ

お布施(通夜・告別式・初七日法要)が100万円
父以前の方と同じ戒名・院号居士?にするのが別途100万円

と言われ、ただただ驚くばかりでした。
父の葬儀(25年程前)でのおぼろげな記憶で、私が母から預かり住職に手渡した金額は
とてもではありませんが、こんな大金ではなかったです。

そして子供達で協議した結果、母には申し訳ないが「院号居士」はあきらめて、お布施のみ100万円
その他、お膳料?お車代で3万円を用意。

というところでお願いしたところ、当初住職には日程を了承いただいて葬儀の日取りを決めたにも関わらず
前日になり当方から、明日の確認の連絡を入れたところ

「急に別の法要が入ったので、お宅には息子を行かせます」

との信じられない言葉が飛び出しました・・・

いずれも、さも当然とばかり上から目線の話し方です。
せめて話し方が違えば感情的にならないかもですが・・・

お墓があるので、反発さえできない状態です。
納骨法要のことを思うと頭が痛いです。

こういう仕打ち?されても従わなければならないのか?
こういう仕組みにとても戸惑っております。

他の方々の質問を拝見しても、ここまでのことはほとんど無いと思いますが
檀家代表者等に訴えたりできないものでしょうか。
そんなことができたとしても、逆効果でしょうか。

皆様のご意見・ご教示をお願い致します。

母が亡くなり、葬儀に関しての諸々が分らず驚くことばかりです。
以下、愚痴のようになってしまうかと思いますがお付き合いくだされば幸いです。

菩提寺がありますが父母の代までは何かと付き合いがあったようですが
私達子供(50代)は、墓参りのみで亡父や亡祖母の法要などは10年程前で母任せでした。

今般、母の件でご住職様と連絡を取り、葬儀での読経等をお願いし日取りの了承を頂き
お布施の金額の常識的な値段が分らず、その旨お聞きしたところ

お布施(通夜・告別式・初七日法要)が100万円
父以前の方...続きを読む

Aベストアンサー

我が家の菩提寺ではご住職と息子さんが二人で手分けして動いておられます。
住職はもうお歳を召しておられるので、普段のお勤めや大きな葬儀は若住が主体でなさいます。
普段から付き合いのある檀家は、皆それが分かっているので、どこからも苦情は出ません。
何れは若住が代わられると思うので、全く問題ないのです。
キャンセルされたのでは無いですから、何ら問題は無いと思います。

お寺は檀家の協力なくしては存続しませんから、法事でも葬儀でも、協力の大きい檀家が優先されるのは仕方ない事です。
お盆お彼岸の訪問によるお勤めも、お布施の多い檀家が優先されるのは当然で、お寺とお付き合いのある檀家は皆心得ています。

それより、若住が結婚した時の祝い金や、特にお寺の修繕費などの時には、100万円単位の寄付を要求される時も有ります。
一度に払えない時は分割で払うようになります。
そう言った普段のお付き合いをちゃんとしている檀家が優先されると思って間違いないです。

昔は戒名は、お寺にどれくらい貢献したかで頂いた物ですし。
結局は今も昔もお布施や献上品の金額で、その後のお寺とのお付き合いが決まると言う事です。

もちろんお寺に貢献するしないは檀家の自由ですから、今回の様に手厚く扱って貰えないので良いなら、高額を払う必要は無いと思います。

そう言う意味で檀家総代は相当にお寺に貢献しておられる人なので、訴えても相手にされないと思います。

今回の事もただ単に貢献度の高い檀家に住職が出向き、貢献度の低い檀家に若住が出向く。
ただそれだけのことです。

私などの様に信仰心の無い者には考えられない事ですが、
信仰心の篤い檀家さんは、お寺に要求されなくても自ら高額のお布施や一年分の米や野菜など供えて帰られます。
そうやって檀家が信仰心でお寺を支え守っているのです。

仏教も他の宗教も同じです。
入信して気持ち良く居ようとするとお金が掛かります。
信仰心の篤い人達より下に置かれるのは当然と思われた方が良いです。
内情が分かり、割り切ってしまえば何でもないことです。
深く考えない方が良いです。

我が家の菩提寺ではご住職と息子さんが二人で手分けして動いておられます。
住職はもうお歳を召しておられるので、普段のお勤めや大きな葬儀は若住が主体でなさいます。
普段から付き合いのある檀家は、皆それが分かっているので、どこからも苦情は出ません。
何れは若住が代わられると思うので、全く問題ないのです。
キャンセルされたのでは無いですから、何ら問題は無いと思います。

お寺は檀家の協力なくしては存続しませんから、法事でも葬儀でも、協力の大きい檀家が優先されるのは仕方ない事です。
お盆お...続きを読む

Qぼったくりの永平寺曹洞宗

ひどいと思いませんか?私は先ごろ母の葬儀などを行いました。寺はあの有名な永平寺の系統で大変大きな寺の檀家です。僧侶は4人、戒名は信女です。35日の忌明けまで7日ごとの経にきてもらいました。その費用は90万円請求されました。その他に、初盆の人が寺に集まり初盆の行事がありましたが、家族が順に呼ばれて焼香をするだけで一家族は5分程度で終わりました。タッタの5分ですよ。それで4万円以上のお布施を請求されました。
 葬儀や法要に関する明細書も請求書もなくそれどころか領収書もありません。これってひどすぎると思いませんか?100万円近くの金を払ったのですよ。これは当然ビジネスというべきです。それなら明細書、請求書、領収書をだすべきでしょう。
 このことを永平寺に質問しましたが、10日経っても返事がありません。無視しているのです。
 永平寺の修証義というお経には、貪ってはいけない、欲を出してはいけないなどと書いてあります。それなのになんという強欲な!!
 聞くところでは、永平寺系曹洞宗は一番えげつないそうです。金をぼった繰ります。
 みなさんのご意見をお聞きしたいと思いますのでよろしくお願いします。

ひどいと思いませんか?私は先ごろ母の葬儀などを行いました。寺はあの有名な永平寺の系統で大変大きな寺の檀家です。僧侶は4人、戒名は信女です。35日の忌明けまで7日ごとの経にきてもらいました。その費用は90万円請求されました。その他に、初盆の人が寺に集まり初盆の行事がありましたが、家族が順に呼ばれて焼香をするだけで一家族は5分程度で終わりました。タッタの5分ですよ。それで4万円以上のお布施を請求されました。
 葬儀や法要に関する明細書も請求書もなくそれどころか領収書もありません。これっ...続きを読む

Aベストアンサー

 なにか話がごっちゃになっていますね。
 タイトルだけ見ると曹洞宗大本山永平寺がぼったくりをしたように思われますが,現実に質問者の方が「ぼったくり」」だと思っているお寺は別のお寺ですよね。
 永平寺もそのお寺も別々の宗教法人ですから,あたかも曹洞宗大本山永平寺がぼったくりをしたように勘違いさせるタイトルは好ましくありません。削除要求をされるかも知れません。
 よく,曹洞宗の寺院で,「永平寺系」「總持寺系」と称する寺院がありますが,それらの寺院を,永平寺又は總持寺が統括しているわけではありません。「曹洞宗」という宗教法人が包括しています。
 ですので,永平寺に質問書を出されても,永平寺はそれらの寺院を統括又は包括していませんので,永平寺にとってはお門違いの質問であり,回答がないのも然りです。
 包括している「曹洞宗」としても,教義に関しては,僧侶を監督し,曹洞宗の教義と違うことを弘通すれば指導しますが,寺院の運営に関してまでは口出しできません。法律上,別の宗教法人であるからです。
 
 さて,うちの菩提寺(曹洞宗・永平寺直末)の相場ですと,
 枕経+通夜+葬儀     =30万円
 葬儀脇導師3万円×3名  = 9万円
 葬儀御車料1万円×4名  = 4万円
 葬儀御膳料2万円×4名  = 8万円
 逮夜法要2万円×5回   =10万円
 逮夜法要御車料1万円×5回= 5万円
 逮夜法要御膳料1万円×5回= 5万円
     計         71万円 となります。
 うちの菩提寺では,院号なしの信士又は信女の場合,戒名料はありません。
 
 曹洞宗では,施食法要が営まれます。新亡施餓鬼と言って,前の施食法要以降に亡くなられた方のある檀家が施主となり,お布施を包むのですが,からお盆の法要と並修するお寺もあれば,彼岸法要と並修するお寺もあり,全く別の日程で営むお寺もあります。
 うちの菩提寺ですと,1霊3万円ですので,質問者の方の菩提寺が1霊5万円ということは,おおむねうちの菩提寺の1.5倍の額と考えれば,71万×1.6=100万超となりますので,質問者の方の菩提寺の相場の額を請求されたのではないでしょうか。
 うちの菩提寺と比較すれば,「高いなぁ」とは思いますが。
 同じ曹洞宗の寺院でも,それぞれの地域性や檀家の状況にもよりますので,1ケ寺をもってして,曹洞宗寺院全部がそうであるかのような誤解はしないでください。
 
 質問者ご自身が,御母様を亡くされ,初めて菩提寺と接されたのではないでしょうか。
 寺院は住職のものではなく,檀家のものです。宗教法人としての代表役員は住職が就いているでしょうが,檀家(その中の総代)が寺院を支えているのです。檀家の多い寺院であればなおさらです。きちんと会計担当の責任役員が居り,お寺に納めたお布施などは,住職の懐に入るのではなく,宗教法人の会計に入り,そこから住職は給料を貰っています。所得税等の源泉徴収もされています。
 お寺から示された額も施食法要のお布施の額も,檀家総代会(寺院護持会)が決めた額であると思われます。
 お布施などは個人のプライベートな支出なので,領収証を貰ったところで,経費で落とせるわけではないので,領収証を求める人が少ないのが実情ですので,求められれば領収証を出すというスタンスの寺院が多いと思います。求めれば領収証を出してくれることが多いようです。特に葬儀に掛かった費用については,遺産分割協議の際に揉めないように,喪主が相続人全員に葬儀費用を示すために領収証を求められる方もいらっしゃると聞いています。
 また,曹洞宗大本山永平寺ですと必ず領収証をくださいます。
 
 それから,お寺が相続税を脱税するということはありえません。法人に相続税が発生することがないからです。お寺が相続税を脱税したのではなく,そのお寺の住職が相続税を脱税したのでしょう。

 曹洞宗寺院及び僧侶全体を貶めようとなさっているようで,悲しくなりました。

 

 なにか話がごっちゃになっていますね。
 タイトルだけ見ると曹洞宗大本山永平寺がぼったくりをしたように思われますが,現実に質問者の方が「ぼったくり」」だと思っているお寺は別のお寺ですよね。
 永平寺もそのお寺も別々の宗教法人ですから,あたかも曹洞宗大本山永平寺がぼったくりをしたように勘違いさせるタイトルは好ましくありません。削除要求をされるかも知れません。
 よく,曹洞宗の寺院で,「永平寺系」「總持寺系」と称する寺院がありますが,それらの寺院を,永平寺又は總持寺が統括して...続きを読む

Q施餓鬼のお布施について

父が去年8月になくなりました。
一周忌のお経をあげてもらったときに、施餓鬼を8/17にやる。お布施は15万です。と言われました。
こんなに高いものなのでしょうか?正直こんな金額では払う気もなく、欠席しようと思っていますが、欠席したらお寺さんは気を悪くするものなのでしょうか?
当日欠席するとして、ほんの気持ちだけお布施するとして1万円とかでは少なすぎですか?

Aベストアンサー

宗派や地域差が有りますので、宗教行事は一概に答えは出せませんが、恐らく、寺施餓鬼の事だろうと思います。寺の運営は、檀家総代(何人かの役員で構成される)が会計報告をする(檀家にたいして)義務があります。寺の運営費は、普通は「護持会費」と言う名目で年一回檀家の位に応じて割り当てられます。その集まった金で、お坊様の家族の生活費一切と寺の運営に必要な費用もまかなわれます。
その他には「護持会費」ではまかない切れないような特別な出費が生じた場合は「割り当てでは無く、寄付金」と言う名目でのお願いが有る場合もありますが、飽くまでも、特別、出費であって、しょつちゅう要求される物では有りません。
護持会費の他に、葬儀が有りますが、←この収入はお坊様の別収入(チップを貰うのと同じ)なので、護持会費に組み込まれる事は有りません。←当然、税金も払いません。
---------
寺施餓鬼は、檀家が年一回、護持会費とは別に、お坊様へのボーナスの意味で檀家総代が催す性質の物で、お布施として適宜←額は多い程お坊様は喜びますので、くれる物は拒まずで受け取りますが飽くまでも、護持会費とは別なお布施ですので、遠方の方は、出さない(奇特な方は郵送するかも知れませんが…)場合も有り、←お布施的意味合いですから、出さないからと言って、檀家を追われるような事は有りません。
幾ら新盆(初盆)の家だからと言っても15万円もぼったくるのは、宗教家に有るまじき行為だ!と思いますが…

もし、合点がいかなければ、檀家総代に問い合わせて見ては如何ですか。

宗派や地域差が有りますので、宗教行事は一概に答えは出せませんが、恐らく、寺施餓鬼の事だろうと思います。寺の運営は、檀家総代(何人かの役員で構成される)が会計報告をする(檀家にたいして)義務があります。寺の運営費は、普通は「護持会費」と言う名目で年一回檀家の位に応じて割り当てられます。その集まった金で、お坊様の家族の生活費一切と寺の運営に必要な費用もまかなわれます。
その他には「護持会費」ではまかない切れないような特別な出費が生じた場合は「割り当てでは無く、寄付金」と言う名目で...続きを読む

Q離檀を申し出たところ、高額な離檀料を請求されました。

現在、お寺と離檀の話し合いを行っています。
お墓が遠方(家から約3時間)にあるため離檀を申し出たところ、
住職も離壇に関しては了解してくださいました。
しかし、離檀に際して離檀料として200万円を超える金額を請求され、
離檀料を支払った後に役所の書類に押印し手続きが可能となると
言われました。
(お墓の整地代等の実費は、別途50万前後必要とのことでした。)

また離檀とは、別件ではありますが。
数ヶ月前に親族が亡くなった際のお経代については百数十万円の請求されました。
突然の事でしたし、お支払いしないわけにはいかずにその時には150万円のお経代のお支払いを致しました。

離檀は当方の事情によることだとしても、一般のサラリーマンにとって
離檀に際して総額300万円近い出費はとても苦しいものです。
お経代等含め1年以内に400万円以上の出費を要することは、現実的に難しい状況です。

今までお世話になったお寺なので、もめることは本望ではありませんが。
離檀料は、住職の請求に従うより他ないのでしょうか?または、離檀を諦める・お骨を諦めるしなないのでしょうか?

現在、お寺と離檀の話し合いを行っています。
お墓が遠方(家から約3時間)にあるため離檀を申し出たところ、
住職も離壇に関しては了解してくださいました。
しかし、離檀に際して離檀料として200万円を超える金額を請求され、
離檀料を支払った後に役所の書類に押印し手続きが可能となると
言われました。
(お墓の整地代等の実費は、別途50万前後必要とのことでした。)

また離檀とは、別件ではありますが。
数ヶ月前に親族が亡くなった際のお経代については百数十万円の請求されました。
突然の事...続きを読む

Aベストアンサー

 ANo.6 が付け加えます。

江戸時代の檀家制度(寺請制度)では、檀家は菩提寺の維持費、その他を負担する義務がありました。制度上、檀家は菩提寺をかえることはできなかったので、当然、離檀料なるものが発生することはありえませんでした。
また、この檀家制度は百年以上も前に廃止されておりますので、現在の檀家制(“制度”では無い)では寺院維持費の負担を強要することはできません。しかし、檀家は菩提寺の維持費を負担しなければならないことになっております。これは、将来的にその寺の檀家として家の仏の菩提を弔ってもらうために、寺院を維持していかなければならないという前提があるからです。

さらにまた、寺院に支払う経料、戒名料等は名目に過ぎず、本来は全て“布施”であるはずです。“布施”については当質問サイト内で“三輪清浄の布施”で検索してみてください。他の方の質問に当方が簡単に述べていますが、「世間を知らない無知な人間は、150万円のお経代を高いと言ったりするから困る」という発言が如何にけしからんことかがわかるでしょう。

本題に入ります。

以上のことから、貴家は当該寺院から離檀するのならば、維持費その他の金員を負担する義務はなくなるということであり(ここポイント)、当然、離檀料を支払わなければならないということもありません(ここもポイント)。もちろん、寺院規則に離檀料云々を記載する寺院もありません。離檀料なる暴挙がまかり通ってしまうから“葬式仏教”と揶揄されてしまうのです。



以下、余談です。
寺院にしてみれば、檀家が寺から離れてしまうのは非常に痛いことですが、今の時代、菩提寺から遠方に転居して寺檀づきあいができなくなることは致し方ないことです。本来、今までのご縁もこれからの寺院とのご縁も仏縁であるはずです。

問題なのは、人質ならぬ“骨質(ご遺骨のこと)”をとり、「離檀料を払わなければハンコ押さない」と、法外な“手切れ金”を要求するお寺のやり方です。残念なことにこのようなお寺、増えています。

さて、今後のことについてですが、離檀料は払わない方向でお寺さんと円満に話をし、だめなときは先にも述べたとおり自治体に相談しましょう。本件の場合“>これにより難い特別の事情”に該当する可能性があります(経験者は語る!)。
貴家は「今までお世話になった」という気持ちがおありなので、離檀するに当たり何がしかの布施をなさるのがよろしいでしょう。しかし“>50万円~100万円前後”は、ゼロがひとつ無くてもけして少ない額ではありませんよ。

また、新しいお寺ですが、良識のあるご住職なら、同一宗派であっても、このような事情があっても断りません。困っている宗徒に手を差し伸べるのが僧侶の役目です。

当方なら、
「今まで当山を護持していただきありがとうございました。新しいお寺さんのことをよろしく頼みます。」
と、言って益々の多幸を祈念します。

再 拝

 ANo.6 が付け加えます。

江戸時代の檀家制度(寺請制度)では、檀家は菩提寺の維持費、その他を負担する義務がありました。制度上、檀家は菩提寺をかえることはできなかったので、当然、離檀料なるものが発生することはありえませんでした。
また、この檀家制度は百年以上も前に廃止されておりますので、現在の檀家制(“制度”では無い)では寺院維持費の負担を強要することはできません。しかし、檀家は菩提寺の維持費を負担しなければならないことになっております。これは、将来的にその寺の檀家として家の仏...続きを読む

Q法事はしないといけないのですか?

祖父、祖母が短い期間で亡くなり
すると法事をします。
亡くなった期間が短いので終わってひと安心すると次の法事・・・
場所を借りたり食事で相当のお金を使います
当方は離れた都会に住んでるので参加するのも大変です。

普通は
四十九日、一周忌、三回忌などすると思います。

四十九日だけで終わらせてはいけないのでしょうか?
法事自体しない家もありますか?

うちは古い考えの親父なんで初七日からきっちりやります

Aベストアンサー

なければならないとか言われてしまうと、やらないと遺族の生活が成り立たないわけではありません。

ただ、法事をやっている者としての感想ですが、四十九日、一周忌、三回忌とだんだんと間隔が開いていき、その機会に故人をしのぶという形になり、悲しみからも立ち直っていけると思います。

飲食やらお返しなどは、やりかたで節約できるはず。そのときはご仏前もご遠慮するとか、、、。

Q埋葬許可証はどこに出す?

お世話になります。

父が亡くなり、先日、四十九日の法要と納骨まで済ませました。
自宅近くの墓地にある、生前、父が建てた墓に納めました。

納骨まで済ませた後に気がついたのですが、埋葬許可証が、まだ手元に残っています。
これは、どう扱えばいいのでしょうか?
許可証には、お寺等の墓を管理しているところに提出するように書かれています。

墓は、販売業者から購入しており、たぶん、この墓地を管理している業者だと思います。
この業者に出さなければならないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>たとえば、埋葬許可証を提出せずに、自分で持っていたりすると、なにか問題があるのでしょうか?
>法律的に罰せられるとか・・・・。

今の時代だと、何の問題も無いとは思います。ある意味慣習として、です。
きちんと判別出来るかは判りませんが、墓を検査して本来あるべきで無い骨が埋葬なっているって事も無いとは言えません。
その時の証明書として埋葬許可証を管理している所に納めるだけです。
わたしの集落は集落の墓地があり、たいていの家ではそこに墓があります。
そして、昔から埋葬許可証を納める所があります。でも、お寺様は納骨の儀式の時に「後で埋葬許可証を寺に持ってきてください」と言います。
わたしらも「はい」とは言いますが、持っていきません。町内の納める所に持っていきます。

家に保管しておきたいなら、コピーしたものを保存すればいいかと思います。原本は寺へ。
管理業者が管理していないなら、皆さん寺へ納めているかと思います。

Qお寺にお布施の金額を上げろと指示されるのはおかしく

お寺にお布施の金額を上げろと指示されるのはおかしくないですか?

いなかの小さな町での話です。
ご近所さんでもある菩提寺のお寺(曹洞宗)から、実家の両親がお布施と称して詐取され続けているような状態が何年も続いています。
両親は信心深いほうだし、先祖代々からの付き合いだし、お布施に関してや、お寺との付き合い方に関する知識がないわけでもありません。
(少し調べてみたところ「全く知識がない場合は、金額を指定してもらったほうが助かる」という意見もあるようですが、それには該当しません。)

今回の新年の挨拶のお布施も、これまでと同じようにしようとしていたら、行く直前に「他の皆さんは○○円くださっているのに、お宅だけ少ないから今年からは○○円(金額大幅アップ)にしてください」と言われたそうです。
数年前のお寺の改築のときも、こちらから進んで寄付したのではなく、1軒1軒お寺側から100万円単位の金額を寄付するように指定され、檀家はそれに従って納めなければならなかったそうです。
昨年中も、お寺が急にこれまでなかったさまざまなイベントを企画したらしいのですが、お手伝いに、と参加したら参加費用として毎回5000円ずつ取られたそうです。
なんだか、お寺が勝手に都合のいいビジネスをしているところに両親が騙されてどんどんお金を払っているように感じて、聞いているだけでイヤです。
イベントに関しては、参加を断われないのかと聞くと、「今後のご近所づきあいに支障が出ることになる」のような脅しのようなことを毎回言われるそうです。だから毎回仕方なく参加しているそうです。

そのお寺は、とても裕福そうに見えます。貧乏な檀家から搾取するような神経が、信じられません。
そのような話を次々聞いて、このお寺に対して、私はどんどん不信感が増しています。
実家は裕福なわけではないので、納得の行かない意味も分からないところにどんどんお金を巻き上げられ続けるのは困ります。

そもそもこのようなことに対処できる法律なんてないのかもしれませんが、だからやりたい放題なのかもしれませんが、こんなこと、あってよいのでしょうか?いつまで続けなければならないのでしょうか?今後どう対処していくべきでしょうか?

お詳しい方がいらっしゃいましたら、アドバイスお願いいたします。

お寺にお布施の金額を上げろと指示されるのはおかしくないですか?

いなかの小さな町での話です。
ご近所さんでもある菩提寺のお寺(曹洞宗)から、実家の両親がお布施と称して詐取され続けているような状態が何年も続いています。
両親は信心深いほうだし、先祖代々からの付き合いだし、お布施に関してや、お寺との付き合い方に関する知識がないわけでもありません。
(少し調べてみたところ「全く知識がない場合は、金額を指定してもらったほうが助かる」という意見もあるようですが、それには該当しません。)

今...続きを読む

Aベストアンサー

詳細が分からないので、肯定も否定もできませんが、いくつか気になったことがあります。

>今回の新年の挨拶のお布施も、これまでと同じようにしようとしていたら、
いつから同じなのでしょう? 昭和の時代から?
周りの方とあまりにもかけ離れた金額だったと言う事はないですか。

>お寺の改築
普通は檀家の代表(総代会や役員会)で話し合って金額が決まるものです。
こういう時はえてして、一件当たりの負担金として依頼が来るものです。
いくらでもいいので寄進してくださいってのは無いと思います。
あなたのご実家もそうだったのではないですか。

>お寺が急にこれまでなかったさまざまなイベントを企画
町内会のイベントでも、商工会のイベントでも、協賛金や参加費の負担は来ると思いますが。

>そのお寺は、とても裕福そうに見えます。
お寺の収入は総べて「宗教法人○○寺」の会計に入ります。
お坊さんの給料はそこから支払われます。
給料の額を決めるのは、檀家の代表(総代会や役員会)です。
仕事っぷりと給料の金額があってないようでしたら、総代会や役員会に訴えかけましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報