肝硬変の上にB型肝炎が併発して、癌の疑いがあるといわれたのですが、
この場合癌の摘出できないのでしょうか?
この前の吐血の時の血の色は真っ黒だったそうです。
摘出したとして、転移は考えられますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

癌の疑いという段階で手術云々というのは早計ではありませんか?


肝硬変の患者さんで再生結節と呼ばれるものが時に肝臓ガンと間違えられることもあります。癌というのは確実なのでしょうか?
肝臓の予備能が十分に保たれている場合には外科的な処置も可能でしょうが、肝硬変をベースに発病するものですから仮にひとつを摘出してもまた再発することが予想されます。そこで腫瘍にエタノールを注入する方法や、血管造影を行って腫瘍を栄養する血管を詰める治療あるいは岐阜大学などではビタミンAの誘導体を使って肝臓ガンを治療する試みがなされています。
現在の文面からだけでは断定的なことは申し上げられませんが、今大切なのは吐血の方だと思われます。
肝硬変があると小腸から吸収された栄養分の豊富な血液が肝臓に戻りにくくなっており、バイパスを作るため胃や食道の静脈瘤を形成します。
これが破れると大出血を起こし命にかかわることがあります。
早急に胃カメラで食道静脈瘤の有無と程度について必ず調べてください。
必要があれば食道静脈瘤に対する処置を受けてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とってもわかりやすい説明ありがとうございました。
昨日見舞いに行ったら、
胃カメラで出血の方の検査もしたと話していましたから、
検査のほうも順調に進んでいると思います。
本当に良きアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/02/07 09:10

以前に『吐血について』とご質問されてた方だったんですね。

気がつきませんでした。質問のタイトルだけをみて回答しました。今から書くことは補足です。
過去の質問でNO24606『肝臓病の食事療法について』読んでおいてください。NO19586『肥満女性の妊娠は可能ですか?』この質問事項にカロリ-計算をするのにわかりやすい本を紹介しました。参考にして下さい。
なぜ、こんなことをいうのかというと、肝硬変の患者さんはとくに栄養面でのバランスをうまくとっていかなければいけません。肝臓がうまく機能してくれにくくなっているので体内で当然作られるはずのものがつくりにくくなっています。お知りあいの方(彼)と一緒にお食事をすることありますよね。外食もあれば、あなたの手料理だったりと・・・・そんなときに肝硬変の持病がある方にはどういったものをどのくらい食べたらよいのかをしっておいてあげると何かと後々役立てられるのではないかといらぬお世話な補足を書かせてもらいました。
肝硬変の程度がどのくらいなのかがよくわからないのですが、肝不全の患者さん用にアミノレバンという薬(健康補助食品)が処方されることがあります。体内でアミノ酸が不足するのを補うためにです。だいたい一日3袋で、1袋50gで200kcalだったとおもいます。これを水180mlで溶いて飲みます。このままではのみにくいので、フレ-バ(りんご、パイナップル、ピ―チ・・・)甘味料というか香料のものを加え飲みやすくしています。これも、飲むのを嫌がられることでしょうがもし医師から処方されているのならかかさず飲むことをすすめてください。
日に3袋のみますから、これだけで600kcalもあります。栄養面の管理たいへんだとはおもいますが、あなたと過ごす時間の中は、この点に十分配慮してあげてください。ご心配でしょうが、あなたが暗くなってはいけませんよ。しっかりね―☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

良きアドバイスありがとうございます。
昨日様子を見に行くとアミノ酸が不足するからということで
アミノ酸を補うなう粉末状の薬が
たくさん枕もとにありました。
まだまだ退院には程遠いですが、
一緒に食事するときのために今からよく勉強します。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/02/07 15:29

専門家のKen1kunさんの詳細な回答がありますが、以下のサイトは参考になりますでしょうか?



更に、
http://www.city.naze.kagoshima.jp/imcs/hcd/enc/1 …
(肝硬変)
http://www.city.naze.kagoshima.jp/imcs/hcd/enc/1 …
(肝炎)
更に、
http://www.ktx.or.jp/~kenkou/link/linkcan.html
(『がん克服』総合リンク集)
この中で「国立がんセンター」のHPが参考になりますよ?

お大事に。

参考URL:http://www.city.naze.kagoshima.jp/imcs/hcd/enc/1 … 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
教えていただいた、ページなどいろいろと調べて
彼とよく相談しています。

お礼日時:2001/02/05 22:22

お知りあいの方が肝硬変になっておられるとのことですね。


吐血とおっしゃられていますが、少量だったのでしょうか?
肝硬変の患者さんの場合、Ken1kunさんが先に丁寧なご説明がされていました通り食道静脈瘤もしくは胃の内部に静脈の瘤ができます。吐血が一時的におさまったのでしたら、静脈瘤に血豆のようなものができていてそこから知らず知らずのうちに出血をしその血液が胃に溜まり胃酸により真っ黒になって吐血されたのではないでしょうか?静脈瘤破裂した場合は、生命の危険がともないますので、緊急オペになるはずです。わたしも少し前に目の前で、肝硬変で吐血という場面に遭遇したばかりです。血中のアンモニア濃度が吐血したことで更にあがり脳にアンモニアがいったせいで、意識障害(脳性昏睡)、極度の黄疸、四肢の麻痺等の症状を目の当たりに見てびっくりしました。投薬することで、血中のアンモニア濃度をさげ状態が落ち着いたあたりで、胃カメラ(内視鏡)で食道・胃の状態を検査する(静脈瘤の状態をみる)、その検査の結果で静脈瘤の処置を施すかどうか検討されると思います。肝硬変にかかられている方は、定期的に胃カメラによる診断をしておかれるほうがよいとおもいます。病院への受診怠らないことです。対処療法しかないので・・・
ガンの疑いがともお書きでしたね。きっと、肝硬変の患者さんは肝癌に移行しやすいので、それも同時に調べておきましょうとのことではないのでしょうか?
肝臓ガンの手術はすごく進んできています。内視鏡技術がすすんできているからだとおもいます。お知りあいの方には、栄養バランスのとれた食事、安静を十分にとって、アンモニア濃度をあげないためにも便もためずにゆったりと休養をとられることが一番だと考えます。
お知りあいの方のご気分を少しでもリラックスさせてあげられるようたわいもない話で楽しませてあげれればいいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
また次に出会ったら様子を聞いて、
定期的に胃カメラによる検診を受けるように話します。
本当によきアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/02/05 22:31

肝癌は普通、肝炎→肝硬変→肝癌という順番でなります。

つまり、肝癌の患者さんの大多数はもともと肝炎で、そのうちに肝硬変に移行してしまって、それからそこに肝癌ができてしまって・・・という方です。手術できるかというのは、肝機能と癌の状態とをみて決めるので、申し訳ありませんが、この文面だけでは分かりません。転移や予後も、この文面だけでは判断できないと思います。吐血は恐らく、肝硬変の影響で胃に静脈瘤か潰瘍ができてしまい、そこから出血したのではないでしょうか?色が黒かったというのは、血が胃液によって酸化されたためだと思われるので、癌の進行とは関係無いと思います。現在は肝癌に対しては内科的な治療のほうが多いみたいです。手術と内科的な治療のどちらがいいのかは、前述したように肝機能と癌の状態で決まるので、主治医の先生とよく相談されることをお勧めします。それでは、お大事にして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
主治医の先生とよく話し合って、
いまのところほんの少しづつですが、
良くなってるようです。
これからが長いと思いますが
完治できるようがんばります。
ありがとうございました

お礼日時:2001/02/07 09:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q合併症と併発症/併発疾患は同じですか?

タイトルのとおりですが、
合併症と併発症/併発疾患は同じですか?

Aベストアンサー

こちらがわかりやすいかも・・・。
下記URLを参照してください。

参考URL:http://www.kokken.go.jp/byoin/teian/ruikeibetu/teiango/teiango-ruikei-b/gappeisyo.html

Q癌の転移の有無について

昨日のDr.コトー診療所の話です。
一度開腹したものの、転移が酷く、抗がん剤治療を始めた患者がいました。
その抗がん剤の効果か、癌マーカーは驚くほど下がり、
もう一度開腹したところ、転移も消えていたとのことで
原発部位を取り除く手術をしました。

そこで疑問です。
転移というのは細胞レベルの話で、
見た目でなくなったとは一概には言えないと思うのですが、
そういう時でも、明らかに減ったとすれば、
原発部位を取り除くことは実際の医療でもするのでしょうか?

もちろんドラマでも、決して完治したとは表現しておらず、
手術をするリスク等も述べていました。

何かご意見いただければ幸いです。

Aベストアンサー

現実問題としては、超音波診断装置等での確定診断をすると思います。
その結果として、原発部位を取り除くことはあるでしょう。
が、先の放送は、少し、出来すぎの感があります。
確かに、癌が消えたという症例は多数報告されています。
が、その場合の共通項は、高熱だったかと思います。
そして、その確率も全体の20万分の1程度だったように記憶しています。

抗がん剤+雨に打たれての高熱=転移癌の消失

という設定ならば、もう少し、説得力あるなー。
そう思って観ていました。

Q坂井さんの肺への癌転移に関して。

全く医学とは無関係のものですが、
坂井さんの訃報を知り、とても心が病んでおります。
そこで、お聞きしたいのですが、
坂井さんは子宮頸がんが治り、一度退院した後、
肺への転移が分かり、再入院したという事でしたが、
この場合、助かる確率はどの程度でしょうか?
完治するのは難しいのでしょうか?

すみませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

肺のどの部分か?で ぜんぜん違います。
子宮頸がんも本当に初期で完全に取りきっていれば 転移することは少ないと聞きます。お仕事の都合や見た目の都合で抗がん剤などの治療を拒否されたのかもしれませんね… 年齢的に40歳未満だと出産を前提に治療法を薦めることもあるようですし、K大など大きい病院だと「最先端」という名前の「小さ目の手術」をすることもあります。

もし昨年の時点で40歳以上で、もうちょっと旧式の手術で(傷が大きく入院期間が長い・後遺症が大きめかも…)あったなら、昨年の治療で治っていたかも。

現在の病気の治療は 本人の意思が一番に考えられるようになっています。告知も本人にします。
肺に転移したことが悪いとかいう話ではなくて、いろいろな都合で本人が望んだ治療法が「弱かった」のかな… という印象があります。

ただ 本当に 人とガンの出来た場所で 治療法も「(治療で)出来ること」も違ってきますから、肺がんであっても切って治る人も居れば、小さいのに切れない人も出てきます。

↓とりあえず肺がんの解説
http://www.okayamasaiseikai.or.jp/gan/hai.htm

肺の原発ではなくて 子宮頸がんの転移性肺がんですね


私の乳がんは今どこに巣食っているのか…(血液検査の結果はどんどん悪くなるけど どこにも塊がないので 抗がん剤以外の治療ができない)

肺のどの部分か?で ぜんぜん違います。
子宮頸がんも本当に初期で完全に取りきっていれば 転移することは少ないと聞きます。お仕事の都合や見た目の都合で抗がん剤などの治療を拒否されたのかもしれませんね… 年齢的に40歳未満だと出産を前提に治療法を薦めることもあるようですし、K大など大きい病院だと「最先端」という名前の「小さ目の手術」をすることもあります。

もし昨年の時点で40歳以上で、もうちょっと旧式の手術で(傷が大きく入院期間が長い・後遺症が大きめかも…)あったなら、昨年の...続きを読む

Q大腸癌肝転移について教えてください

大切な友人が癌に罹り、S状結腸を切除。肝臓は手術不能で抗がん剤
治療を受けていますが、効果が見えなくなってきているところです。
原発性肝臓がんでは生体肝移植、ラジオ波熱凝固療法といった手段が
あるようですが、これらは転移性肝がんでは全く無効なのでしょうか。
そもそも、なぜ原発性と転移性で同じ肝がんなのに治療に違いがある
のかも、私は理解できていません。
友人を移植や熱凝固療法で快復させることはできないのでしょうか。

Aベストアンサー

大腸癌肝転移の治療に関しての唯一の根治的治療法は手術による切除のみです。残念ながら生体肝移植は転移性肝癌には適応にはなりません。ラジオを行っている施設もありますが、スタンダードな治療ではありません。近年著しい抗癌剤の進歩はありますが、残念ながら抗癌剤も根治治療ではありません。手術ができれば手術が望ましいところです。手術可能、不可能の判断も施設のレベルにより変わります。以前は4個以上の転移では肝切除は意味がないという考え方もありましたが、現在個数は切除不能の判断材料にはならず、10個以上の転移を切除して5年生存した例などもあります。一度肝臓外科専門の医師に画像を相談するのはいかがでしょうか? 

QC型肝炎から肝臓癌

父がC型肝炎と診断され現在肝硬変になり肝臓癌です。インターフェロン治療はC型肝炎初期でないと治療できないと言われました。現在の病状は水がたまってきて、足や手、顔がむくんでいます。アルブミン剤を飲んでいます。今日病院に予約外でしたが、行ってきました。丁度、父がトイレに行った時に診察呼ばれた為、先に説明を受けましたが、だいぶ数値が悪いと言われました。
まだ大丈夫ですよね?と聞いたのですが、いつまでとかはわからない、個人差もあるし、ただ最期は吐血してそのまま亡くなる人、他に転移して亡くなる人のどちらかですと言われました。血小板も5万を切っているとの事ですが、あとどれくらい父と一緒にいれるのかと思うと涙ばかりがでてきてしまいます。ただ父は気が弱いので、先生には、ショック受けるような事は言わないように伝えたので、今日は大丈夫とだけ言ってもらえたので気分的に明るくなっていますが、私は本当の事を聞いたので父の前では、笑っていますが、涙がこぼれそうです。今の癌のステージはいくつなんだろう?末期なのか?あとどれだけ一緒にいられるのか?教えて下さい。もう自分が壊れそうです。

父がC型肝炎と診断され現在肝硬変になり肝臓癌です。インターフェロン治療はC型肝炎初期でないと治療できないと言われました。現在の病状は水がたまってきて、足や手、顔がむくんでいます。アルブミン剤を飲んでいます。今日病院に予約外でしたが、行ってきました。丁度、父がトイレに行った時に診察呼ばれた為、先に説明を受けましたが、だいぶ数値が悪いと言われました。
まだ大丈夫ですよね?と聞いたのですが、いつまでとかはわからない、個人差もあるし、ただ最期は吐血してそのまま亡くなる人、他に転移し...続きを読む

Aベストアンサー

>教えて下さい

最後のことは医師でさえ正確なことはわかりません。

ただ、いえることはお父さんが安らかにいけるように
家族仲良く、楽しく最後の思い出を作れるように、
廻りが気遣ってあげることです。

後悔のないようにね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報