仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

自分は、周りの人より人の話している声が聞こえにくいようです。耳に病気はないし、過去にもそのようなことはありませんでした。聴力検査でも異常はなく、医者にもいきましたが至って健康です。ですが仲間と同じ距離で相手の話きいている時自分だけ聞き取れないことがよくあります。スポーツマンや声がはっきりしている人はいいんですが、声が低い人や耳打ちされる時、また明瞭度がはっきりしてない人はだめです。他にも空間(学校の教室ぐらい)が広い場所、電車の中、回りがうるさい所なども全然聞こえません。家族や親しい友人等であれば問題はないのですが先輩や上司の話、仕事の話はあまり聞こえません、部分的なキーワードで推測する感じです。今はそんな感じで過ごしているので自分は会社を辞めようと思っています。いい解決方法があれば教えてください。ちなみに関係ないとは思いますが、自分は歌は音痴です。自分が発せられない声があるから聞き分けられないかもしれないと思うのですが関係あるのか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

質問者様の心のありようが、聞こえ方に影響しているのではないでしょうか。



私も質問者様のような状態に一時期陥っていたことがあります。
その時の心理状態は何事にも後ろ向きで、他人に心を閉ざしていたように記憶しています。
現在は、人前に立って話をする講師の仕事もできるようになり、話すことが楽しくて
しょうがないというくらいに変わりました。
そうすると不思議なもので、講義の最中に受講者の小さな独り言も聞き取れるようになり「どうしました?」と
声をかけられるようになりました。

心理学用語で「カクテルパーティ効果」という言葉があります。
カクテルパーティで大勢の話し声が混じり合いざわざわしている中でも、自分の名前を呼ばれると
不思議と呼んでいる人の声を聞き分けられる、というものです。
これは、自分の名前が自分にとって非常に重要な言葉であり、自然に集中力が増し、聴覚の感覚が鋭くなるということのようです。
質問者様の話の内容からすると、親しい人の声は聞き取れても、社会的に緊張する関係に
なりがちな会社の人の声は、聞き取れないことがあるようですね。
これは「カクテルパーティ効果」の逆で、無意識に苦手意識が働いて、相手の声を心理的に
拒否してしまっているのかも知れません。

声の低い人、不明瞭な話、騒音の中で人の声を聞き取れないのは誰にでもあることです。
歌が上手でないことも、単に、歌を聴くことになれていないだけで、自分が上手になろうと思って
真剣に歌手の声やトーン、リズムに集中して同じ曲を何度も聞けば、だんだん耳が慣れてきて、歌にもよい影響が出てくるものです。

あまり悪いほうにばかり考えず、大事な話なら苦手と思っても真剣に聞くよう心がけて下さい。
話している人に苦手意識を持っていても、その人にではなく、話の内容に集中するとよいと思います。
こういうことを続けていると、だんだん聞こえがよくなってきます。そうすればしめたもの。
それからは、人の話を聞き、分かることがだんだん楽しくなり、もっと集中できるようになるでしょう。

そういうこともできないほど今の職場環境が悪ければ、その時改めて会社を辞めるかどうか考えたらいかがですか。

ちなみに私は、自分にとって気持ちのよい話、興味ある話以外はあまり集中して聞かないようにしています。
そうしないと、心がかき乱されて、一番大事な話を聞き損ねてしまう恐れがあるからです。
全神経を周囲全部に張り巡らすのではなく、一点集中、これが聞き取りの秘訣ではないでしょうか。

以上、参考になれば幸いです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人の声を聞き分けるのが苦手です

人の言葉を聞き分けるのが苦手です。聴覚検査などは全く問題はないのですが、なぜか人が何を言っているのかを聞き分けることが難しいのです。
でも逆に音階を聞き分けたり耳コピしたりするのは物凄く得意です。
それから人とコミュニケーションするのも子供の時から苦手でした。人と話をしないから言葉を聞き取れないのだろうと最初は考えましたが親に聞いてみたところ言葉を覚えはじめる子供の頃から耳が遠かった?ようなのです。(もちろん子供の頃も聴覚そのものには問題はなかったそうです。)私が人の言葉をうまく聴けないのは何か原因があるのでしょうか?

Aベストアンサー

聴覚検査では異常がないとことですが、考えられることとしては機能障害があります。これは部品そのものは正常ですが、それが調整不足で上手く機能していないというものです。自動車に例えれば、ブレーキそのものは正常でも、調整不足でブレーキが利かないというものです。

そのような機能障害を消去法で考えていきます。耳が聞こえないというと言語の遅れに出て来ますが、質問者の場合そのようなことはないと思います。次に考えられるのは、聴覚検査は正常ということから鼓膜から聴覚神経までは正常だと思います。それから先の脳内で、聴覚神経から来た信号を言語として捉えているかどうかが問題になってくると思います。しかし、言語を獲得出来ているのでそれは疑問が残りますが、微妙なところで異常があるかもしれません。聴覚検査は異常がないということですが、その検査はどのようなものでしょうか。ヘッドフォンをしてヘルツを変えて検査する簡易なものでしょうか。一度大学病院など大きなところで、きちんと聞こえているかどうか脳波を調べて診てもらうのも一つの手だと思います。

そこで、どこにも異常がありませんということでしたら、考えられるのは心理的要因があります。人が言っているのが聞きづらいというのは、いつでも、どこでも、誰にでもでしょうか。そうでなく、ある決まった時や場面や人ならば、こちらの要因が強くなります。フロイトの症例に歩けない婦人というものがあります。これは肉体的にどこにも異常がないのに歩けないというものです。精神分析したならば、無意識下にトラウマがあり、それによって歩けなかったです。

因みに私は高校時代に学校の聴覚検査で引っかかり、耳鼻咽喉科に行きました。そこで耳管狭窄症と診断されました。耳管は耳と鼻と結ぶ管でそこが細いと言われました。それは、日常生活には支障がないが、テレビの音を大きくしたり、後から声を掛けると気が付かないなどの障害があるそうです。その後の人間ドックでは聴覚検査は引っかかっていません。ただ静かにしていると耳鳴りがします。耳鳴りは高血圧などいろいろな要因でなるみたいで、対処療法が主で特効薬はないみたいです。掛かり付けの内科の医師に相談したならば、そのようなことを言われました。

「聞こえ」についてはいろいろな要因が重なりあうようですので、一度大きな病院で検査してみるというのも良いと思います。

聴覚検査では異常がないとことですが、考えられることとしては機能障害があります。これは部品そのものは正常ですが、それが調整不足で上手く機能していないというものです。自動車に例えれば、ブレーキそのものは正常でも、調整不足でブレーキが利かないというものです。

そのような機能障害を消去法で考えていきます。耳が聞こえないというと言語の遅れに出て来ますが、質問者の場合そのようなことはないと思います。次に考えられるのは、聴覚検査は正常ということから鼓膜から聴覚神経までは正常だと思いま...続きを読む

Q音としては聞こえているのに、言葉として処理できないんです…

私は、人と会話する時に「えっ」と聞き返すことが非常に多いんです。ちゃんと「音として」は聞こえているのに、意味をつかめない。

何か英語が苦手な人が英語を聞いたときのような感じになっているんです。「音としては」聞こえていないわけではないけれども、意味がわからない。

もちろん私の日本語能力が低いわけではありません。いちおうちゃんと大学にも通ったし、年齢も25歳と若いので。。

また、特にやかましいところでは相手の声を認識しにくいんです。パチンコ店やゲームセンターなどのやかましいところで相手の声を聞き取ることは非常に難しいんです。

以上のような症状なのですが、これは何らかの病名のある病気なのでしょうか?耳鼻科に行くべきなのでしょうか?行くとしたら、どのように相談したらいいのでしょう。教えていただければ幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

典型的な感音性難聴なのではないか?、と思います。
私もそうなのですが、音の聴こえに比して言葉の聴き取りの能力がかなり悪くなる、というのが特徴です。
たとえて言いますと、質問者が書かれているように、まさに「外国語を聴いている」ようにしか聴こえてきません。

もっとよくわかるのは、ボーカルの入った音楽を聴いているときや、電話応対をするときだと思います。
歌詞の内容がわからなかったり、電話で何を話されているのかわからなくなったりします。
そのような経験はなかったでしょうか?

ダイナミックレンジ、と言って、通常の人ならば簡単に聴き分けられる領域(余裕域)が狭くなるのも、感音性難聴の特徴です。
そのため、周囲が騒音まみれですと、会話がきわめて聴きづらくなります(健康な人ならば、ダイナミックレンジが広いので、余裕を持って聴き分けられます。)。また、グループで会話するときにも、誰が話しているのかわからなくなったりすることすらあります。

難聴には大きく分けて、伝音性難聴と感音性難聴があります。
伝音性難聴の場合にはただ単純に音を大きくするだけで聴こえやすくなりますが、感音性難聴の場合には、一般に、ただ単純に音を大きくしても会話の内容をよく理解できるようにはなりません。
したがって、耳鼻咽喉科で早急に聴力検査をしていただいて、難聴のタイプを確定されたほうが良いのではないか?、と思います。

聴力検査をやっていただくときは、純音聴力検査(どのくらいの弱さの音まで聴き取れるか、という検査)だけでは不十分です。
一般には純音聴力検査しか行なわない所も少なくないので、必ず言語聴能検査(言葉<単音または単語、文章>の聴き取りの検査)を行なってもらうようにして下さい。

余談ですが、感音性難聴だとされた場合、上述したような性質から、補聴器はあまり有効ではありません。
但し、最近は雑音だけを上手にカットしてくれるデジタル補聴器があります(高価ですが)ので、慎重に調整を重ねていただくと、意外と効果がある場合もあります(幸いにして、私の場合には大変な効果がありました。)。

典型的な感音性難聴なのではないか?、と思います。
私もそうなのですが、音の聴こえに比して言葉の聴き取りの能力がかなり悪くなる、というのが特徴です。
たとえて言いますと、質問者が書かれているように、まさに「外国語を聴いている」ようにしか聴こえてきません。

もっとよくわかるのは、ボーカルの入った音楽を聴いているときや、電話応対をするときだと思います。
歌詞の内容がわからなかったり、電話で何を話されているのかわからなくなったりします。
そのような経験はなかったでしょうか?

...続きを読む

Q声は聞こえるのに、言葉が聞き取りにくいです。

私は今20代半ばですが、小学生のころから聞き間違えや、聞きそこないが多く困っています。
聴力検査では引っかかったことがないし、とくにいつもボーっとしているというわけでもないのに、
人の話している声が言葉として理解できないことが毎日頻繁にあります。
なので聞き返してしまうばかりで一緒にいる人には悪いし、
聞き返しても聞き取れないときには、何度も聞き返すのが悪くて、
だいたい相手の言っていることを予想して受け答えをしたりするので、不便さを感じています。

とくに聞き取りにくいのは、
話しはじめ、急に話しかけられたとき、話題が急に変わったとき、
ぼそぼそした声(でも他の人はだいたい聞き取れているらしい程度のぼそぼそです)、
電話の声、雑音のあるところでのそばにいる人の声、男性の低い声です。
自分が話しかけた話題で相手が答えてくるときよりも、相手から話しかけられたときのほうが
高い確率で聞き取れないのは、自分が話しかけるときには相手から言葉が出てくるのを待ったり、
その言葉を無意識に予想しているからかもしれません。
なので、注意不足かな?と思い、
誰かと一緒にいるときはつねに相手から出てくるであろう声に神経を集中させてみるときもあるし、
全然ボーっとしていないときでも、やはり最初のほうの言葉が聞き取れない傾向にあります。

以前、電話を取るアルバイトをしたときには、周りのアルバイトの声などの雑音と、
電話ということから、相手の言葉がほとんど言葉として理解できずに全然仕事にならなかったことがありました。

これにはどのような原因が考えられるでしょうか?

ちなみに私は割とひどい頭痛もちで、めまいの症状もあるのですが、
耳の平衡感覚をつかさどる部分に一般の検査では見つからないほどの
多少の異常があると言われています。これも考えられるとは思ったのですが、
それでしたら言葉、というよりは声(音)自体が聞こえにくくなるものではないでしょうか。
ですが声(音)自体の聞こえにはほとんど障害を感じたことがありません。

今年から事務系の仕事があり、電話も使うと思うので、今とても悩んでいます。回答お願いいたします。

私は今20代半ばですが、小学生のころから聞き間違えや、聞きそこないが多く困っています。
聴力検査では引っかかったことがないし、とくにいつもボーっとしているというわけでもないのに、
人の話している声が言葉として理解できないことが毎日頻繁にあります。
なので聞き返してしまうばかりで一緒にいる人には悪いし、
聞き返しても聞き取れないときには、何度も聞き返すのが悪くて、
だいたい相手の言っていることを予想して受け答えをしたりするので、不便さを感じています。

とくに聞き取りにくいの...続きを読む

Aベストアンサー

>耳の平衡感覚をつかさどる部分に一般の検査では見つからないほどの
多少の異常があると言われています。

この事から大学病院なりの耳鼻科で見てもらった事があるんですよね?
精密検査で聴力も測るでしょうからそこで異常なしと言われているのであれば難聴という事もないのでしょう。
耳が正常で音はキチンと聞こえているのに脳が言葉として認識しないという障害を以前にテレビだったか雑誌だったかで見た覚えがあります。
私も専門家ではないので詳細は分からないのですがインターネットで検索してみてはいかがでしょうか。

実は私は難聴なんですが、質問者さんはテレビで漫才見ますか?エンタの神様とか(~0~)。
私の場合、ドラマは進行がわかり易い分、多少聞こえなくてもストーリーは分かりますの見てられます。でも、漫才って早口な上に予想外のオチが付くから面白い訳です。つまりはせりふが聞き取れないと全然楽しめません。でも私は難聴で聞き取り難いだけなのでテレビのボリュームを大きくすれば聞き取れますし楽しめます。
質問者さんもテレビのボリュームを大きくすれば漫才が楽しめるようであれば難聴でしょうし、大きくしても変わらないようであればやはり言葉の認識に問題ありという事ではないでしょうか。

>耳の平衡感覚をつかさどる部分に一般の検査では見つからないほどの
多少の異常があると言われています。

この事から大学病院なりの耳鼻科で見てもらった事があるんですよね?
精密検査で聴力も測るでしょうからそこで異常なしと言われているのであれば難聴という事もないのでしょう。
耳が正常で音はキチンと聞こえているのに脳が言葉として認識しないという障害を以前にテレビだったか雑誌だったかで見た覚えがあります。
私も専門家ではないので詳細は分からないのですがインターネットで検索してみて...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報