ネットが遅くてイライラしてない!?

国民年金について、免除申請後の結果のハガキが届いてて、却下通知書という内容でした(T_T)

只今、H19年10月~失業中(求職中)で、失業保険を受給していますが、国民年金をH19年10月~、4か月分(×14,100円)を払える生活費の余裕がありません。
免除の区分が4つあるようですが、せめて半額免除なら、なんとか払えるとは思うのですが...

不服の申し立ては可能だと、ハガキに書いていました。
実際に申し立てした経験はなく、身近に体験したという人の話を聞いたこと無いので、今回、初めての試みをしてみたいと思ってますが、もし、不服申し立てをしたら、今後なにか不利益になったり、悪いことにならないかと、なんだか心配・不安があり...
申し立てしても良いのかどうかを、情報等を知ってる方いましたら教えていただけたらと思います。
もし、不服をしたとしたら、その希望(半額免除)を述べると、適用されるのでしょうか? あと、決定するまでの期間はどれくらいかかるのでしょうか?

今現在、健康保険は必要なので、任意継続保険を毎月きちんと保険料を支払っています。

国民年金の免除についての審査は、どのように決定してるのでしょうか? 前年度や近月の収入状況などでしょうか?
わたしの収入あまり無いほうで、年収は約100万円ちょっとくらいです。会社に勤めて厚生年金に加入した際は、給与天引きでしたが、近年、転職(パートや臨時や派遣など)が多いわたしは、失業になる度に、国民年金の免除申請をした経験が数回あります。以前の申請後の結果は全額免除だったり、半額免除だったりでした。 免除申請の回数が多くなると、申請が却下されることに繋がるのでしょうか?

ちなみに、うちの母は前年度、先祖の土地を売却して得た所得(約200万円ほど)があるのですが、家族のそのような収入も審査の対象になったりしてるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

国民年金保険料の免除等については、日本年金機構のサイトで紹介・解説されています。



・国民年金保険料の免除・猶予・追納|日本年金機構
http://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/

A 回答 (9件)

障害年金というのは、普段健康な人はほんとに縁がないと思いやすいんですが、重い病気やうつ病やひきこもり、その他精神障害、思いがけない事故など案外範囲は広いものです。

ただ、初診日の前月の状態(納付状況)で請求の権利あるかどうか(納付要件)がまず、みられます。その上で障害の状況あてはまるかみられます。
このためには、国民年金の期間ある人はその3分の2以上納付期間あるか、または前々月以前の1年に未納がないかどちらかの条件を満たすことが必要となってきます。これは、現在厚生年金の人でも同じです。
現時点では、あなたは万一今年度が未納であっても、3分の2超えてるとのことなら大丈夫と思いますが、今後また、転職などで未納が一時的に増えたりした時に3分の2を割り込んだりすることがあればいけないと思います、生活してるときいちいち計算してるわけではないので、今3分の2超えてるで安心ですが、できる限り100パーにちかづけておくほうがいいと思います。
いざというとき、前1年に未納があり、3分の2に少し足りないというだけで、大切な障害年金受けれなかったりしたら大変ですから。
あんまり心配させたら申し訳ないのですけど、知識はむだにはなりませんから。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

再度、詳しく教えていただき、ありがとうございます。

今後、万が一のときに備えて、できる限り、きちんと年金保険料を納めていくようにしていきたいと思います。

お礼日時:2008/02/03 22:27

事情があっての免除申請が却下されたということですので、半額免除などの申請をされてみてはいかがでしょうか。

    • good
    • 0

専門家紹介

専門家プロファイル_宮里恵

職業:ファイナンシャルプランナー

主婦や女性の方が気兼ねなく相談できる、生活密着型の「家計アドバイザー」です。家計の見直しの入り口として、等身大の目線で保険の見直しのご提案をさせて頂きます。

詳しくはこちら

専門家

払えなかった場合は減額というより、受給額は払った分に比例すると考えるとわかりやすいと思います。

全額免除の年は払ってないが、3分の1つけてもらえる。2分の1免除で2分の1払えば3分の2つく、4分の3免除なら6分の5つく。65歳受給時にこれら全部を計算して全体に対し払ったとされる分の割合で年金額(基礎部分)は決まります。
額の心配より、障害年金の受給要件は整っていますか?最悪1年分払えなかったとして、今までの20歳からの月数の3分の2以上は払っている計算になりますか?それまでは厚生年金でしたら大丈夫なのかなとは思いますけど。
ダメな場合は前前月以前の1年に未納がないことが条件となりますから、注意が必要です。
    • good
    • 19
この回答へのお礼

何度も回答いただき、ありがとうございます。
将来、年金受給額は払った分に比例するんですね。

障害年金の受給要件というのは...?
年金などについて、恥ずかしながら無知に等しいわたしですが...
万が一、障害者になった場合の受給ということですか?

今現在30代半ばですが、20歳からの月数の3分の2以上は払っていると思います。
未納したことは無いです。全額免除あるいは半額免除の期間が、トータル約2年くらいはあったと思います。
厚生年金の期間はトータルで約8~9年くらいあると思います。 国民年金の期間も数年ありました。

このような感じですが、大丈夫ですか?!

お礼日時:2008/01/31 21:17

補足、わかりました。


免除の審査は、全額→猶予→4分の3免→半額免除→4分の1免の順番で審査されます。猶予のみ30歳未満対象で本人所得のみの審査となりますが、30以上とのことで除かれます。このほかの免除は本人と世帯主それぞれ審査にかかります。お母さんの所得300以上ならばどの減額区分にもあたりません。それで、却下になったと思います。以前の免除の回数など勘案されることはありません、前年所得によります。
この場合不服申し立てしてもデメリットはありませんが、基準から外れているので、答えは同じとなると思います。ただし、審査内容についてお確かめになると、納得いくことなので確かめられるといいでしょう。
また、世帯分離ですが、こういった異動は異動月の前月分から(今異動するとして、12月分から)の再審査になります。私としては、こういった方法は抜け道的なのでおすすめしません、来年7月以降の免除申請は全額または減額になる可能性が高いと思います。離職事由は翌年も使えますので、同じように証明書類つけて申請してみてください。結論として2年以内なら納付可能ですので分割で払っていくことを考えるしかないかなと思います。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

詳しく回答いただきありがとうございます。
あと1つだけ、お聞きしたいことがありますが...万が一、2年以内に納付できなかった場合は、どうなるのでしょうか?
将来の年金受取の際に影響(減額)されるようなことを聞いたような感じですが...

お礼日時:2008/01/31 11:33

あなたの年齢は30歳以下ですか?、世帯構成はどうなっていますか?


却下になった免除申請は特例で申請しましたか?(退職事由、つまり雇用保険受給資格者証コピー添付など)そうすると、あなたの18年1月から12月の所得はゼロとして審査されます。申請区分はどうされましたか?
全額に丸つけるとほかの区分は審査されません。(他が通る場合でも)
ただし、配偶者、世帯主が所得多い場合は却下になることもあります。
ただ、通常から考えて本人所得100万ぐらいなら、特例書類なくてもいいはず(全額、猶予は約122万以下)後、お母さんが世帯主であっても所得200なら半額は通るはずですが?お父さんが世帯主で収入がそこそこあるってことでしょうか?
もう少し詳しい状況お知らせください。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
わたしは30歳半ばです。
世帯は母&わたしです。母は年金受給しています。
父は別世帯です。
免除申請のときに離職票のコピーを一緒に添付しました。添付した場合は、18年1月~12月の所得はゼロとして審査されるのですか?!それは、知らなかったです。
申請の区分は...たしか印をつけなかったと思います。なぜなら、役場の職員の方が、区分をつけないほうが(選ばなかった場合)4区分を順序良く審査していくというようなことを言ってました。

母の譲渡所得を再度、確認してみると、200万円じゃなくて約300万円あったようです。

お礼日時:2008/01/29 22:52

 こんにちは。

国民年金保険料の免除は、免除の申請があった日以降について認められ得るということになっていますので(国民年金法の第90条)、過去において滞納した分を免除せよというのは原則として認められないのではないかと思います。「退職(失業)による特例」の適用を申請したければ、失業した時点で手続きすべきでした。

参考URL:http://www.sia.go.jp/top/gozonji/gozonji02.htm
    • good
    • 11
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
参考URL、いろいろと書いてありました。

過去の滞納分ではなくて、昨年の10月下旬に失業になったので、その分~について、11月に免除申請手続きをしました。離職票のコピー添付しました。

お礼日時:2008/01/29 22:42

免除申請者の世帯全体の所得に応じて決定されます。


今回の場合は、お母さんと世帯分離されて申請すれば、質問者さんの収入のみで決定されますので、
収入の詳細と任意継続保険料がわかりませんので確定計算はできませんが、
単身扱いで100万円の収入なら1/4納付(3/4免除)は可能性有で、半額免除は確実と思います。

先ず、市役所に行って、世帯分離(住所は同じでよい)して、自分ひとりの世帯を形成すればよいので、
その後、再申請してみてください。

健康保険でお母さんを被扶養者にする場合でも、直系尊属は、同一世帯に属することを要しませんので収入以外では問題は発生しません。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
母と世帯分離...そういうことは想像もしてなかったで、知識不足で、よく分かりませんがm(__)m
そのような手続きは簡単にできるのですか?なにか不利益になったりしませんか?
もう免除申請後免除の却下の結果が出た後にも、可能なのでしょうか?

健康保険任意継続保険料は約1万円ほどです。今現在、母(年金受給)扶養に入れています。世帯分離というものをすると...健保の扶養から母を除かれてしまったりしませんか?

早速、本日、社会保険事務所に電話してみました。
「審査を再度行うことはできないので、今は失業中で支払いできないのなら、収入が落ち着いてから2年以内に支払いをされたら」と言っていました(;_:)

お礼日時:2008/01/29 22:39

国民年金の免除の審査については「世帯」全部の所得で判断されます。



ちなみに免除申請した際の理由は何でしょうか?
失業を理由としましたか?そして離職書などの証明書(コピー)を提出しましたか?
失業を理由としたら100パーセント審査が通る訳ではありませんが、事情は勘案されるでしょう。
それでも却下されたなら不服申し立てしても良いと思います。
不服申し立てをしても不利益になることはないです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
免除申請の理由は、「失業」と書き、離職書のコピーを提出しました。

早速、本日、社会保険事務所に電話してみました。
「審査を再度行うことはできないので、今は失業中で支払いできないのなら、収入が落ち着いてから2年以内に支払いをされたら」と言っていました(;_:) でも、数ヶ月分を遡って払うのは...かなりの出費になりそうです(T_T)

お礼日時:2008/01/29 22:29

詳しくは参考URLを見てもらうと分かりますが、


世帯主および配偶者の前年所得についても審査の
対象となります。

本人の収入が少ない状態であっても、世帯主に収入が
あるような場合は、国民年金の免除は適用されません。

国民年金の免除については、参考URLにあるように
決められた所得基準に基づいて判断されているので、
免除申請の回数などは関係ないでしょう。

質問文にあるように、一時的な所得のために申請が
通らなかったなら、不服申し立ての際に、そういった
事情を説明してみるのもいいと思います。
少なくとも不服申し立てをすることで、なんらかの
デメリットがあるということはないです。

参考URL:http://www.sia.go.jp/top/gozonji/gozonji02.htm
    • good
    • 6
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
参考URL、いろいろと書いてありました。
世帯が一緒の家族の前年所得分についても審査対象となるようですね。

早速、本日、社会保険事務所に電話してみました。
「審査を再度行うことはできないので、今は失業中で支払いできないのなら、収入が落ち着いてから2年以内に支払いをされたら」と言っていました(;_:) でも、数ヶ月分を遡って払うのは...かなりの出費になりそうです(T_T)

お礼日時:2008/01/29 22:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国民年金免除・納税猶予も却下された理由が全く分かりません。

教えてください。

去年の7月に仕事をやめ、最初に申請したときには、納税猶予が認められました。しかし、その期間が終わり、再度またやったのですが、今度は、免除も納税猶予もすべて却下されました。全くもって意味が分かりません。
しかも、しかもです!あちらから、送られてくる却下通知のハガキの日付印が、「12.09.08」となっているのです。本日、平成20年9月13日土曜日に届いた通知ですよ?

本当に腹立たしいです。これって、平成12年9月8日ってことですよね?明らかに間違ってませんか?!最近の不祥事も多い、社会保険事務所だからなおさら腹が立って仕方ありません。信用出来ません。
名前を言います。東京都の八王子社会保険事務所です。

とにかく、最初は認められたのに、どうして、次にやったときは、却下されたのか、わかりません。可能性など、考えられる理由をお分かりの方がいらっしゃいましたら、教えてくださいませ。社会保険労務士の方、はもちろん、ご存知の方でしたら、どなたでももちろん大歓迎ですので、どうかお助けくださいませ。m(--)m

ちなみに、去年やめてから、働いていません。学校に通っているので、収入もないです。確定申告も納税にならないので、申告してません。実家に住んでおります。国民健康保険は、親と同じにしてもらってます。

以上、よろしくお願いします。言葉足らずでしたら、遠慮なくご指摘ください。
火曜日には電話で思い切り強く言ってやろうかと思ってますので、すぐに回答いただけたら、助かります。ご無理を言ってすいません・・・。

教えてください。

去年の7月に仕事をやめ、最初に申請したときには、納税猶予が認められました。しかし、その期間が終わり、再度またやったのですが、今度は、免除も納税猶予もすべて却下されました。全くもって意味が分かりません。
しかも、しかもです!あちらから、送られてくる却下通知のハガキの日付印が、「12.09.08」となっているのです。本日、平成20年9月13日土曜日に届いた通知ですよ?

本当に腹立たしいです。これって、平成12年9月8日ってことですよね?明らかに間違ってませんか?!最近の不...続きを読む

Aベストアンサー

納税猶予ではなく若年者納付猶予制度のことかと思います、
不明な点もありますが、想定されることを書いてみました。
下記の点をよく読んでから、社会保険事務所にお尋ねください。
審査自体は、公正に行われてるはずです、しくみをよく理解して聞いてみてください。

免除、部分免除は本人および世帯主の昨年所得により審査されます。
また、免除申請の仕組みですが、申請区分に指定をしなければ、負担の少なくかつ有利な順から審査されていきます、
すなわち、全額免除→若年者納付猶予→部分免除の順番です。
あなたの場合家族と同居とのことですので、おそらく、世帯主がお父さんなどで、一定収入オーバーになれば、全額免除は無理となれば、次に猶予の審査になります。これは、本人の所得のみで審査がされます。(30歳未満限定)その際昨年の離職関係の書類をつけずに申請した場合は昨年所得が勘案されますから、金額オーバーで却下になったのではありませんか?
であれば、19年7月退職とのことなのですが、免除申請の時に、離職票もしくは雇用保険受給資格者証のコピーは添付されましたか?
離職の年及び翌年度は離職事由の場合、この書類があれば、前年度の収入がゼロとみなされる特例があります。もし、添付がない場合は昨年(19年1月から12月の所得)分を審査して一定所得オーバーの場合は却下になります。
すなわち、あなたの場合、おそらく、離職書類をつけずにだしたため昨年所得がカウントされたためではないでしょうか。
そうであれば、社会保険事務所に電話して、特例での審査をしてほしい旨を伝え、上記書類を補正資料として送付するとお話されたら良いと思います。
あなたが、30歳以上であれば、猶予は無理です、なおかつ世帯主の収入が多い場合両方とも却下ということもありえます。

ただし、学校に通っているとの事、学生納付猶予の対象校である場合は
免除、猶予の申請はできず、学生納付猶予の申請となります。
離職事由であれば同様です、他に学生証コピーが必要です。
このあたりも合わせてお尋ねください。

納税猶予ではなく若年者納付猶予制度のことかと思います、
不明な点もありますが、想定されることを書いてみました。
下記の点をよく読んでから、社会保険事務所にお尋ねください。
審査自体は、公正に行われてるはずです、しくみをよく理解して聞いてみてください。

免除、部分免除は本人および世帯主の昨年所得により審査されます。
また、免除申請の仕組みですが、申請区分に指定をしなければ、負担の少なくかつ有利な順から審査されていきます、
すなわち、全額免除→若年者納付猶予→部分免除の順番で...続きを読む

Qずっと年金を払ってきていないのですが・・・

質問自体がおかしいことは百も承知で質問させていただいきます。

これまでの状態を何とかしたくて、お力を貸していただければと思います。
当方現在33歳・女です。


私は高校を中退してからずっと働いてきました。
普通にアルバイトをしていた時期もありますが、主に夜の仕事で生計を立ててきました。

20歳の時、年金手帳というものが送られてきてたはずなのですが、今はもうどこかへいってなくしてしまいました。

途中で年金だか保険料だかの「免除」の手続きをしたのは覚えています。でもどちらだったかは覚えていません。

簡単に言うと、「何がなんだかわからず、めんどくさくなってそのままにしてきた」状態です。


最近年金の問題で役所?から電話がかかってきました。
今までのことを説明して、「もしこれから25年間払い続けたとして年金をもらえるようになったときにいくらもらえるんですか?と」聞いたところ、月に1万円ちょっとだったと思います。


現在サラリーマンの方と6年くらい同棲をしています。一応結婚予定はあります。

サラリーマンと結婚した場合、専業主婦もしくは働いていたとして年間130万円以上稼がなければ、夫の扶養に入っていた場合、妻が年金を払っていなくても年金がもらえるというのはつい最近知りました。(ただし25年扶養もしくは払っていないともらえませんが)。

その場合、もらえる金額は過去の支払いなどに応じた金額になるのでしょうか?

それをあてにしてるわけではありません。

ただ今から年金をきちんと納めたとしても、納めた金額より少ない金額しか支給されないのなら、自分で貯金をしていったほうがいいのではないか・・・と現実問題として思ってしまいます。

結婚したとしても、相手に負担をかけないように考えると自分の場合、どうすることが1番ベストなのかを教えていただければと思います。

年金の係りの方に相談しても結局は「払った方がいい」的なことしかいわれません。


今までいい加減にやってきたことのツケが回ってきたんだとはわかっています。
でもなんとかしたいんです。
力を貸してください。よろしくお願いします。

真剣に質問しているので、冷やかし的な意見はご遠慮願います。

質問自体がおかしいことは百も承知で質問させていただいきます。

これまでの状態を何とかしたくて、お力を貸していただければと思います。
当方現在33歳・女です。


私は高校を中退してからずっと働いてきました。
普通にアルバイトをしていた時期もありますが、主に夜の仕事で生計を立ててきました。

20歳の時、年金手帳というものが送られてきてたはずなのですが、今はもうどこかへいってなくしてしまいました。

途中で年金だか保険料だかの「免除」の手続きをしたのは覚えています。でもどちらだったか...続きを読む

Aベストアンサー

>最近年金の問題で役所?から電話がかかってきました。
今までのことを説明して、「もしこれから25年間払い続けたとして年金をもらえるようになったときにいくらもらえるんですか?と」聞いたところ、月に1万円ちょっとだったと思います。

嘘です。
国民年金は40年払って満額で、
65才以降年額で約79万(月額66000円)貰えます。
年金は払った月数に比例です。
25年だと、年額約50万円(月額42000円)。


夫の扶養になった場合。
国民年金を払ったのと同じ恩恵を受けます。
たとえば、
自分で年金を10年払った。
その後結婚で扶養になり15年。
合計でですので25年、年額で50万円貰えます。

今33歳で、すぐに結婚して扶養になった場合(自分では年金は払ったことがない場合。
後、25年扶養になるか、あるいは、
扶養期間と、自分で払った期間の合計が25年以上必要です。
(扶養期間中に、別途自分で年金を払っても、2ヶ月分にはなりません、当たり前ですね)。

ちなみに扶養になっても、旦那さんの給料から天引きされる保険料は変りません。
それでいて、あなたは毎月保険料を払っているのと、同じ恩恵を受けられる。
サラリーマンの妻の特権です。

一見、奥さんのいない独身者、
また、夫婦でそれぞれで保険料を払っている自営業者から見ると、
不公平で昔、国会で問題になりましたが。


損得計算。
年金は元を取るのには約10年かかります。
65才から10年で75歳。
75歳以上生きる自信があるなら、
払ったほうが得です。
これは、自分で払う場合で、扶養なら自分で一銭も払わなくていいので、
大得でしょう。

最後に国民年金は65才まで払うことが出来ます。
強制で払うのは60才までですが、支払い期間が25年に達しない場合は、
65才まで払えます。

>最近年金の問題で役所?から電話がかかってきました。
今までのことを説明して、「もしこれから25年間払い続けたとして年金をもらえるようになったときにいくらもらえるんですか?と」聞いたところ、月に1万円ちょっとだったと思います。

嘘です。
国民年金は40年払って満額で、
65才以降年額で約79万(月額66000円)貰えます。
年金は払った月数に比例です。
25年だと、年額約50万円(月額42000円)。


夫の扶養になった場合。
国民年金を払ったのと同じ恩恵を受けます。
たとえば、
...続きを読む

Q年金未納分の支払いは必須ですか、任意なんですか。

年金未納分の支払いは必須ですか、任意なんですか。

年金未納分の支払いについてです。
2010/03-2012/05の約二年間未納期間があります。
これから分割で一ヶ月ずつ支払いをしようか、もう少し楽になるまで待ってもらえるのか、はたまた給付金が多少減ることを覚悟すれば、支払わなくてもいいのか、迷っています。そこで 何点か教えてください。

まず私のこれまでの年金に対する認識ですが、基本的には納めるべきものだが、納めなくても給付金が多少減るだけ、二年以上経過したものについては催促もなし、後納も不可。そこで、過去の分まで支払うのは苦しいので給付金が多少減ることは諦めて今後は滞らないようにしようと思っていました。

先日過去十年分の未納金を納めることができる旨の案内が届きました。そこには二年以内の未納分は別途納めるようにといった文言がありました。つまりもし支払う場合、十年以内分の後納と並行して、二年以内の未納分を支払わなくてはならないということでしょうか。それとも、二年以内の未納分も併せて、過去の分から一ヶ月ずつ、納められるのでしょうか。

また時効というのは、催促もこなくなるということではないのですか。今回二年から十年に変更されたというのは、過去の未納金を納めることができるようになったと同時に、催促される期間も長くなったということですか?
年金というのは本来支払わなくてはならないものですよね?その割に、後納を希望されない方は手続きの必要はありませんと書かれているのは、まるで支払いが任意のような言い方ではないですか?

また二年経っても催促状が出されれば、催促の期間が延長されるといったことを聞くのですが、それは本当ですか?それなら催促は永久に続くということですか。また、利息もつくということですが、それは払うまで加算され続けるのでしょうか。差し押さえ等も二年以上経過してからでも行われるのでしょうか。
このまま催促され続け、利息も加算され続け、差し押さえも考えられるようであれば、苦しくても、分割で納めようか迷っています。

質問ばかりで分りづらいかと思いますがぜひ教えてください。よろしくお願いいたします。

年金未納分の支払いは必須ですか、任意なんですか。

年金未納分の支払いについてです。
2010/03-2012/05の約二年間未納期間があります。
これから分割で一ヶ月ずつ支払いをしようか、もう少し楽になるまで待ってもらえるのか、はたまた給付金が多少減ることを覚悟すれば、支払わなくてもいいのか、迷っています。そこで 何点か教えてください。

まず私のこれまでの年金に対する認識ですが、基本的には納めるべきものだが、納めなくても給付金が多少減るだけ、二年以上経過したものについては催促もなし、後納も...続きを読む

Aベストアンサー

2年を経過していない分と、している分を分けて考える必要があります。

・2年を経過していない分は督促の対象になります。具体的には催告(郵便や電話連絡)によって納付を促し、それにも応じないで保険料を支払わない人のうち、一定の条件の人が督促の対象となります。

ここで言う一定の条件とは、具体的には本人及び連帯納付義務者(世帯主及び配偶者)の所得です。つまり相談者さん、もしくは連帯納付義務者の所得が一定額以上の場合、督促の対象となります。一定額がいくらかは、都度変わっているようです。
督促されれば時効が中断して、時効までの期間が督促時から2年間延びるので、時効成立前に督促を繰り返せば永遠に時効にならないことになり延滞金(年14.6%)もどんどん加算されていきます。但し実際にはそんなことになる前に、督促状ある納付期限まで納めなければ、その後ほどなくして強制執行(財産の差押)が行われます。

従って、保険料の納付は2年を経過していない分を優先してください。通常の納付用紙を使って金融機関とで納付することができます。



・2年が経過していて、かつ、督促が行われていない分については、時効によって、逆に保険料を納めることができませんが、平成27年9月までは特例的に10年以内であれば、後納制度によって保険料を納めることができます。
この制度を活用して保険料を納めるかどうかは完全に任意です。
保険料納付要件を満たすことができずに年金がもらえなくならないか心配な人や、年金額を増やしたい人は積極的にこの制度を利用すべきですが、そうでなければ気にしなくてもよいと思います。

2年を経過していない分と、している分を分けて考える必要があります。

・2年を経過していない分は督促の対象になります。具体的には催告(郵便や電話連絡)によって納付を促し、それにも応じないで保険料を支払わない人のうち、一定の条件の人が督促の対象となります。

ここで言う一定の条件とは、具体的には本人及び連帯納付義務者(世帯主及び配偶者)の所得です。つまり相談者さん、もしくは連帯納付義務者の所得が一定額以上の場合、督促の対象となります。一定額がいくらかは、都度変わっているようです...続きを読む

Q国民年金 免除申請したのに特別督促状が

約一年前、無職だったときに年金を払わずそのままにしてました。
つい最近委託の年金会社から電話がきて相談したら遡って免除できると言われて免除申請をすぐしました。
そして今日免除申請をして2ヶ月くらいですが、この督促状がきました。
免除申請されない場合は通知がくるとのことですが何もきてません。
まだ申請中?それとも免除申請が通らなかったのでしょうか?
以前も免除申請さたことありますが、普通に全額免除されたので通らなかったことは考えにくいです。
週明けに電話はしてみようかなとは思ってますが、正直ちょっと怖いです。
取り急ぎ詳しい方、動揺して不安で仕方ないのでお知恵をおかしくださいませ。

Aベストアンサー

免除や猶予の申請は結果が出るまで3か月前後かかるようです。申請する方は一人でも審査する方の件数は大量ですから。
審査結果通知が来ていないのでしたらまだ結果が出ていないという事です。
その間で行き違いはありますから請求が来ることもあります。もう少し待ってみてもいいと思います。

なお、督促状ではなくて特別催告状でしょう。この二つは大違いです。

Q国民年金の免除の基準となる所得は?

国民年金の免除の基準となる所得についての質問

こんばんは。今回ご質問したいのは国民年金の免除の基準となる所得についてです。

国民年金を免除してもらう際の基準には一例を挙げれば

<4分の3免除>
前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること
78万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

と有ります。

例えば単身世帯で前年に給与所得は無く、株式の配当が10万、株式を売却し売却額-取得額=売却益が110万のみだったとすると両者を合わせた計115万。そして前年に国民年金保険料15万を支払った場合国民年金の免除の基準となる所得は

確定申告をした際に所得税の計算をしてこれには基礎控除38万が有り上記を当てはめると115万-38万(基礎控除)-15万(社会保険料控除だけでそれ以外に控除は無しの場合)=62万が課税所得となるのですがこれが国民年金の免除の基準となる所得になるのか?

それともそれとは免除の基準となる所得の計算は別で所得115万から以下の控除に当てはまるものが社会保険料控除しかない場合この-15万=95万が免除を判断する際の基準という事になるのかどちらなのでしょうか?お分かりになる方がおれば返答して頂ければ有難いです。

 雑所得控除、医療費控除、社会保険料控除、小規模企業共済等掛金控除、配偶者特別控除
 障害者控除、寡婦・寡夫控除、勤労学生控除
 肉用牛の売却による事業所得に係る控除額

国民年金の免除の基準となる所得についての質問

こんばんは。今回ご質問したいのは国民年金の免除の基準となる所得についてです。

国民年金を免除してもらう際の基準には一例を挙げれば

<4分の3免除>
前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること
78万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

と有ります。

例えば単身世帯で前年に給与所得は無く、株式の配当が10万、株式を売却し売却額-取得額=売却益が110万のみだったとすると両者を合わせた計115万。そして前年に国民年金保険料15万を支払...続きを読む

Aベストアンサー

【税法上の所得金額】は、いわゆる「儲け、利益」に相当するものです。
つまり、

・収入-必要経費=所得金額

です。
一方、「基礎控除」などの【所得控除】を差し引いた金額は、【課税所得】と呼んで、「所得金額」とは区別されます。

・所得金額-所得控除=課税所得

『所得金額から差し引かれる金額(所得控除)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm

*****
上記の【税法上の考え方】を踏まえまして、

>…62万が課税所得となるのですがこれが国民年金の免除の基準となる所得になるのか?

これは違うということになります。

確定申告で申告する所得が、「株式の配当が10万」「株式…売却益が110万」ならば、「120万円」が「所得金額」で、そこから「国民年金法」「国民年金法施行令」で定められた「控除額」を差し引いて審査が行われることになります。

*****
(その他参考URL)

『[PDF]国民年金保険料免除・納付猶予 申請書』
http://www.nenkin.go.jp/n/data/service/0000011356nuKllIPa46.pdf
『国民年金保険料免除の所得審査における「扶養親族等控除額」について|労務ドットコム』(2013/12/05)
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52018404.html
---
『日本年金機構>全国の相談・手続窓口』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/section/index.jsp
『全国社会保険労務士会連合会>各種相談窓口 』
http://www.shakaihokenroumushi.jp/general-person/soudan/
---
『【確定申告・還付申告】>Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q08

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は日本年金機構に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

【税法上の所得金額】は、いわゆる「儲け、利益」に相当するものです。
つまり、

・収入-必要経費=所得金額

です。
一方、「基礎控除」などの【所得控除】を差し引いた金額は、【課税所得】と呼んで、「所得金額」とは区別されます。

・所得金額-所得控除=課税所得

『所得金額から差し引かれる金額(所得控除)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm

*****
上記の【税法上の考え方】を踏まえまして、

>…62万が課税所得となるのですがこれが国民年金の免除の基準となる所得になるのか?...続きを読む

Q国民年金の免除の申請をだすのですが 前年所得が57万円以下か 書く欄があるのですが どぅゆう計算をす

国民年金の免除の申請をだすのですが
前年所得が57万円以下か 書く欄があるのですが どぅゆう計算をすればいいのかわかりません。
知り合いの所でバイトさせてもらってるのですが 前年度の収入が1,115,000円ありました。
説明を読むと収入と所得は違うとかいてあるので。給与収入の場合65万の
給与所得控除があるとかいてるのですが
単純に1,115,000円から65万円ひけば
それが所得になるんですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>1,115,000円から65万円ひけば
>それが所得になるんですか?
そのとおりです。

他に所得がないのであれば、
給与には給与所得控除という経費と
みなす控除があるのです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
これはサラリーマン等の給与所得者の
特権です。

逆に言えば、年間(昨年1~12月)の給料が、
57万の所得+65万=122万以下であれば、
全額免除あるいは納付猶予制度が
受けられます。
20歳代の人は納付猶予となる可能性大
です。

いかがでしょう?

Q年金免除申請却下 配偶者の収入が基準以上 世帯分離

年金免除申請却下されたのが
配偶者の収入が基準以上だったと言われたのだが
生活はキチキチなので、
異議申し立するか世帯分離してもう1回申請しなおしたほうが良いのか
誰か教えてください。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>…異議申し立するか世帯分離してもう1回申請しなおしたほうが良いのか…

「夫婦」の世帯分離は、受け付けてもらえない市町村が多いので、その場合は、事実上、選択肢は「異議申立て」のみになります。

「どちらがよいか?」を質問されているということは、ariasiyachiyouさんの市町村では、「夫婦」でも受理してもらえるのでしょうか?

ちなみに、「夫婦の世帯分離の届け」を受理しない市町村でも、「あきらかに夫と妻の生計は別」ということを示した場合は、市町村側としては「世帯分離の届け」を受理せざるを得ません。

なぜならば、生計の状況の判断は、原則、住民の自己申告にまかされてるからです。(虚偽の申告があった場合はその限りではありません。)

『誰も教えてくれない住民票の話』
http://members.jcom.home.ne.jp/hitosen2/dareju.html
『世帯変更届 その3』
http://www004.upp.so-net.ne.jp/hitosen/juugappei.html

*******
(参考1.)

「国民年金」の「保険料免除・猶予」の審査は、「個人住民税の課税データ」を元に行なわれます。

「個人住民税の申告」をしていない場合は、税務署から市町村に提出される「所得税の確定申告のデータ」が、そのまま「個人住民税の課税データ」となります。

「所得税の確定申告」も行なっていないときには、「給与支払報告書」や「公的年金等支払報告書」のデータが、「個人住民税の課税データ」となります。

(多摩市の場合)『個人住民税(市民税・都民税)の申告について』
http://www.city.tama.lg.jp/16853/11/14703/003807.html

---
ですから、もし、「申告し忘れている所得控除」がある場合は、正しく申告することで、「税額の軽減」とともに、「年金の免除・猶予の審査」でも有利になる【可能性】があります。

『国民年金保険料の免除を受けたいとき』
https://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3649
>>(2)免除の所得の基準
>>…社会保険料控除額【等】
『[PDF]国民年金保険料免除・納付猶予 申請書』
http://www.nenkin.go.jp/n/data/service/0000011356nuKllIPa46.pdf

『所得税の「基礎控除」とは』(更新日:2010年09月06日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/252921/
『所得金額から差し引かれる金額(所得控除)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm
『所得税と住民税の所得控除額の違い』
http://www.sumida-tax.jp/article/13857930.html

※「所得税の確定申告(還付申告)」や「更正の請求」を行なっても、市町村側で「個人住民税の算定し直し」をするまでには時間がかかりますので、急ぐ場合は、別途「個人住民税の申告」も行います。

『No.2030 還付申告』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2030.htm
『No.2026 確定申告を間違えたとき』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm
『Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q08

*******
(参考2.)

「税金の制度」では、「市町村で行なう住民登録(住民票)」は、「同世帯」でも「別世帯」でも【無関係】です。

「所得控除」などの要件については、「生計を一(いつ)にする」という、【税法上の】独自基準があります。

『生計を一にするQ&A』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180_qa.htm
※「生計を共にする」とも違う考え方です。

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は【必ず】各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

長いですがよろしければご覧ください。

>…異議申し立するか世帯分離してもう1回申請しなおしたほうが良いのか…

「夫婦」の世帯分離は、受け付けてもらえない市町村が多いので、その場合は、事実上、選択肢は「異議申立て」のみになります。

「どちらがよいか?」を質問されているということは、ariasiyachiyouさんの市町村では、「夫婦」でも受理してもらえるのでしょうか?

ちなみに、「夫婦の世帯分離の届け」を受理しない市町村でも、「あきらかに夫と妻の生計は別」ということを示した場合は、市町村側...続きを読む

Q年金の免除申請には所得なし申請が必要といわれました。

昨年の8月ころに社会保険事務所の方が言えにこられて
そのかたをとうして免除申請をしましたが
2ヶ月後くらいに所得なし申請をしてからもう一度
免除申請をしてくださいというメモとともに留守中に
ポストに投函されていて免除申請書が戻ってきました。
よく分からなかったのでそのままにしていたら
つい先日また社会保険事務所の方がこられて
まだこの免除申請書は生きていますので
あなたの場合は早めに所得なし申請をしにいかれてくださいといわれました。それからでないと先に進まないそうです。

税務署とかにはいったことがなくて不安なのですけど
所得なし申請はどのようにして受け付けして貰えるのでしょうか?

Aベストアンサー

所得がないことの証明書であれば、市の市民税課へ「所得証明書」の交付を申請しましょう。

申請に必要なものは、一般的には身元の証明できる書類と印鑑ですが、市のホームページか電話で確認してください。

Q国民年金の免除却下

2月に失業し、国民年金に加入することになったのですが、払えないので免除の申請をしました。しかし昨日、却下のハガキが届きました。却下になったのは2月から6月分とのことです。
私は31歳独身で親と同居なのですが、その場合却下されてしまうものなのでしょうか。それとも、申請書の書き方などが悪かったのでしょうか。
また、7月分からもやはり払えないので免除の申請をしてみようと思っているのですが、無理でしょうか。8月初めから社会保険のないパートに出ていますが、7月は無職だったので雇用保険受給資格者証のコピーの添付は必要でしょうか。
質問が多くて申し訳ないですが、一部でも構わないので、皆様宜しくお願いします。

Aベストアンサー

2月から6月分却下は、雇用保険受給資格者証のコピーの添付されて、「特例」で申請されたのですね、
それで、却下になったとすれば、世帯主の収入オーバーと思われます。
7月からの分も御本人や世帯の状況がほぼ同じであれば、むつかしいかもしれません。勿論、念のため申請はしてみたほうがいいでしょうが、ダメな可能性もあります。

失業による特例の申請は、辞めた当年度および翌年度の申請で行えます。
つまり、審査の対象から、離職者は外してもらえます。
質問者の場合、親御さんと同一世帯とのことなので、申請免除の審査対象は、本人・世帯主です。雇用保険受給資格者証のコピーの添付されることにより、本人審査は省かれ(ゼロとみなされるのと同じ)世帯主のみの審査になります。
推測ですが世帯主が父であれば、50歳代でお勤めであれば、収入がかなり多く、ここで、却下となったものと思われます。
ただ、世帯主の収入の激減や途中リストラされたなどで変化ある場合を除くと今回も免除はむつかしいかもしれません。

>#3の
このとき、失業の事実を反映させるのは、
今年7月からの免除の分(今年度分)で、
今年中に失業の事実があったので、
本人の所得の状況“だけ”を見て、免除の可否を決めています。

これは、違っています、ご本人および世帯主の審査となります。
両親と同一世帯とのことですので。今年から別世帯にされたとかは書いてないですしね。
御本人が30歳未満であれば、若年者猶予が対象になりますが、(こちらは独身なので本人のみ審査)もう31歳との事なのでむりですしね。

2月から6月分却下は、雇用保険受給資格者証のコピーの添付されて、「特例」で申請されたのですね、
それで、却下になったとすれば、世帯主の収入オーバーと思われます。
7月からの分も御本人や世帯の状況がほぼ同じであれば、むつかしいかもしれません。勿論、念のため申請はしてみたほうがいいでしょうが、ダメな可能性もあります。

失業による特例の申請は、辞めた当年度および翌年度の申請で行えます。
つまり、審査の対象から、離職者は外してもらえます。
質問者の場合、親御さんと同一世帯とのこと...続きを読む

Q住民税は、およそでいいのでいくらなのか教えて下さい

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払ってる人がいるようです。

国民年金が全国一律15240円だったと思います、年間約18万円
国民健康保険が私の市だと、月16000円くらいで、年間約19万円

この2つだけで年間37万円も払わなければならないです。

住民税というのが、いくらかかるのか全くわからず
ネット上では年間10万以上は払うように書かれているのですが

ということは、年金、健康保険、住民税を合計すると年間50万以上
必要のように思えてしまうのですが、これは本当なのでしょうか?

私は年収200~230万位で 
年金は銀行引き落とし、健康保険は払い込み用紙で毎月払う形
住民税は毎月払うのでしょうか?

毎月払えれは、楽なのかと思いきや、年収200万くらいで
年間10万~30万 高い人は50万くらいだそうなんですけど

自由になるお金減りすぎますよね。

あと40歳になると、介護保険料 というのが発生するみたいなんですが・・

年収からこれらを全部引いてしまうと、手取り150万くらいになってしまうのですが
こんなんで、ひとり暮らしは可能なのでしょうか?

月の収入で見ると

月給 180,000円
年金  -15,000円くらい
健康保険-16,000円くらい
所得税 -7000円くらい
住民税 -???円(仮に10,000円として)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄手取り 132,000円 

醜い数値が出ました。

ひとり暮らしをしたら

知人の話では家賃4万円で光熱費いれるとトータル6万円くらいだそうです。
食費が、節約を常に考えても、1日1000円でも月3万円
この時点ですでに9万円です。 
残りは42000円、これで生活できるのでしょうか・・

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払...続きを読む

Aベストアンサー

年収210万円とした場合の住民税
住民税は「所得割」と「均等割」の2つの課税があります。
所得割
1360000円(所得)-370000円(社会保険料控除)-330000円(基礎控除)=660000円(課税所得)
660000円(課税所得)×10%(税率)=66000円
これに、均等割5000円がプラスされ71000円が税額です。
なお、給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を「所得」といいます。

71000円÷12=5900円/月
が、毎月の給料から天引きされます。

なお、所得税は7000円も引かれません。
4000円くらいですし、最終的には引かれた所得税の一部が年末調整で還付されます。
年末調整のとき、1年間に払った年金と国保の保険料申告することを忘れないですることです。


人気Q&Aランキング