痔になりやすい生活習慣とは?

江戸幕府の直轄領(天領)は400万石くらいあって、いかなる雄藩もはるかに上回るものでした。
それでは鎌倉幕府や室町幕府の直轄領はどのくらいあって、それは有力な御家人や守護大名
と比べてどれだけの規模だったのでしょうか?
どの範囲までを直轄領とみなすかにもよりますし、江戸時代と鎌倉時代や室町時代では土地の制度も
政治制度も違うから、一概に比較は難しいかもしれませんが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

鎌倉 室町 江戸


三つの幕府ともでき方が違うので、一概には言えませんが。

鎌倉幕府では、関東御料が将軍直轄領になりますがこれの中核になったのが、平家没官領500余所になります。
500というのがどんな感じかというと
東大寺の荘園数が80
大覚寺統の基盤になった八条院領が152
持明院統の基盤となった長講堂領が180
これを見ると、ああ平家はすごかったんだな、頼朝もねとなりますが、関東御料の各荘園も御家人に分配されたので、直轄なのかというとあやふや。特に摂家将軍や宮将軍になると将軍直轄領はなかったようです。
直轄領に裏付けられた直轄軍がありませんでしたから。

室町将軍家は、直轄軍としては奉公衆がおり、最大で一万程度と言われています。逆算すると江戸時代の換算では、35万石くらいになります。
室町期の人口が1000万≒1000万石(全国)だったはずなので、江戸期の3000万人≒3000万石 に換算すると江戸時代における100万石くらいではないでしょうか。

結構、鎌倉将軍も室町将軍も、直轄軍を持っていません。
結果として鎌倉将軍も、室町将軍も江戸期の将軍よりも専制的でなかった、鎌倉期も室町期も内乱だらけですが、江戸期は内乱がほぼありませんでした。
逆の見方をすると、鎌倉将軍は主敵である平家を滅ぼして、建前上は、武士の統領(=つまり、みんな部下)であり、室町将軍も主敵である南朝を滅ぼして、建前上はすべての守護大名の上司でありました。比較の仕様ありません。立ち位置が違うので。
ところが、江戸将軍は関ヶ原の後も江戸=大坂二重公儀制を保ち、豊臣家を滅ぼしても、完全には仮想敵を滅ぼしきっていません。全部が部下になりきらなかったから、徳川家直轄領が残ったのかもしれません。
最後の二重公儀制にかんしては、戦争の日本史 17 (17) 笠谷 和比古よりです。
    • good
    • 0

頼朝が開設した鎌倉幕府では荘園制で石高制ではありませんので両者の比較は困難です。


さらに頼朝は本来流人の身分で所領はなかったわけですから所領国とされた関東には既に各地の荘園には地主が存在しておりそれを取り上げることは不可能だった筈。
したがって僅かの所領を獲得したに過ぎないとおもわれます。
天皇領とか平氏領を併合したのでしょうが詳細は不明です。

室町幕府は同様基盤が弱体でしたし、金納制の時代でした。
足利義満が宋銭貿易で財をなした位で同様同じ基盤での比較は困難です。

しかし江戸幕府ほどの経済基盤に達しなかったのは事実でしょう。
    • good
    • 1

ウイキペデアによれば、おおよその事しか判別していないようです。


内容はわかるのですが、実際の石高となると頗るあやふやなものらしいです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/

から鎌倉幕府を検索してください。室町幕府も同じサイトで見れます。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鎌倉時代の大名の禄高一覧

鎌倉時代初期の大名の禄高一覧、あるいは国ごとの禄高の載っているサイトや本があれば教えてください。
全国で何万石あったとかも知りたいところです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

全国および各国のデータについて、
http://homepage3.nifty.com/ksatake/fkunu1.html  に平安時代の石高の推定値が載っています。
全国で416万石、推定にしか過ぎませんが、一応の参考にはなります。

人口面から見ると、
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/1150.html に時代別の日本の人口の推定値が載ってlます。
鎌倉幕府創設のころが、684万人です。    これも推算値ですが、他にも多くの学者が推算しており、約700万人というのは確かなものと考えられます。

江戸時代は人口一人当たり、約一石と判っています。
奈良時代の戸籍帳と租税帳の一部が残っており、やはりこれに近いようです。
従い鎌倉時代は全国で6~700万石の(米だけではないが)石高があったでしょう。

Q徳川家は八百万石なのに、どうして江戸の面積は狭いのでしょうか。

こんにちは。

私の手元に、「江戸(嘉永)時代大名紋章及び城郭図」という地図があり、それを見ていて疑問に思ったのですが・・・。
徳川家は八百万石という力を持っていたにも拘わらず、江戸と呼ばれる範囲はあまりにも小さいと気が付きました。
他の裕福な藩は(加賀など)広々とした領土なのに、どうして徳川家の領土(城下町?)はこんなに狭いのでしょうか。
江戸以外にも、直の領土があったのでしょうか。
それとも、広い城下町を持つ必要がなかったのでしょうか。

教えていただけたら、ありがたいです。

Aベストアンサー

徳川家は八百万石なのに、どうして江戸の面積は狭いのでしょうか。

日本全国の総石高が3000万石といわれている中、幕府直轄領の石高が400万石(13%)~450万石(15%)、旗本領が約400万石、合わせて800万石(27%)を上回り、全国の30%近くを占めます。面積について乱暴な言い方をすれば、同じ様な比率で直轄領及び旗本領を持っていたものと考えられます。ですから、全国の1/4近くの支配地を持っていたことになります(直轄領だけでいえば1/7程度)。
直轄領は、江戸時代には御料、御領、御料所などと呼ばれ、明治以降は天領と呼ばれますが、天領と呼ぶのが一般的です。全国に散在し、直轄地がなかったのは蝦夷地くらいのものでした。ただ、蝦夷地も、寛政11年1799に東蝦夷地を直轄領とし、文化4年1807には西蝦夷地も直轄領にします。この処置は、文政4年1821に東西共に松前氏に返却しています。
大きな直轄領としては、九州の日田地方、石見東部、愛媛東部、備中西部、播磨西部、但馬西部、大坂・堺・京都周辺、近江南部、大和南部、飛騨一国、中期以降の甲斐一国、三河・遠江・駿河・伊豆の過半、武蔵・安房・下総・上総の過半、常陸南部、会津西部、山形北部、秋田南部など全国に及んでいます。
一般に10万石以上の地域を支配する場合は郡代を、それ以下は代官を派遣して支配をしています。また、一部では譜代大名などに預けている場合もあります。
この他に全国の主要都市を、江戸・京都・大坂以外に、伊勢神宮門前町の山田、貿易港長崎、金山の佐渡、旧貿易港堺、他に奈良、伏見を直轄地として、遠国奉行を派遣しています(幕末には神奈川、下田、兵庫、新潟、函館などの開港地も直轄領化し、奉行を派遣)。
佐渡、伊豆、生野、大森などの主要鉱山も直轄地ですから、全国展開していました。

以上、参考までに。

徳川家は八百万石なのに、どうして江戸の面積は狭いのでしょうか。

日本全国の総石高が3000万石といわれている中、幕府直轄領の石高が400万石(13%)~450万石(15%)、旗本領が約400万石、合わせて800万石(27%)を上回り、全国の30%近くを占めます。面積について乱暴な言い方をすれば、同じ様な比率で直轄領及び旗本領を持っていたものと考えられます。ですから、全国の1/4近くの支配地を持っていたことになります(直轄領だけでいえば1/7程度)。
直轄領は、江戸時代に...続きを読む

Q江戸時代、藩がどう分布していたかがわかりやすい日本地図を探しています。

たとえば、
今の山口県のあたりには長州藩があり、藩主は毛利家
ということが見てわかりやすい日本地図を探しています。
そのような地図がおいてあるサイトをご存知の方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

江戸時代初期は大名の取り潰しが多かったので、いつの時代が必要なのか難しいですが、一応300藩と言うことで参考URLをご覧ください。
地方ごとに分かれています。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop.html

Q戦国大名の最大版図

タイトル通りなのですが、戦国大名の最大版図の石高がどれくらいになったのかが大変興味があります。

関ヶ原後の石高はかなり有名なのですが、その前に最大版図を迎えた武将も多いと思います。

人数が多いですが下に書いてある武将の石高を教えて頂けると幸いです。


・伊達政宗
・北条氏直
・上杉謙信
・上杉景勝
・武田信玄
・徳川家康
・豊臣秀吉
・織田信長
・柴田勝家
・明智光秀
・長宗我部元親
・毛利元就
・毛利輝元
・島津義久


人数が多くて申し訳ありません。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No1です
まだ出ていないところを書かせていただきますね。

柴田勝家(清洲会議後)
基本的には越前一国の領主でしかありませんから約50万石だろうと思います。清洲会議で北近江も柴田側の領地になっています。
ここで問題なのが、
佐々成政(越中)佐久間盛政(加賀)前田利家(能登)
この人達は信長亡き後、勝家の家臣と言い切れないところなんだと思います。単に「味方陣営」なのでしょう。その「味方陣営」まで含めるならば180万石くらいあります。

明智光秀
近江国滋賀郡と丹波一国をあわせると30万石を越える程度はあったようです。

上杉謙信
越後の半分程度が直接的に支配できているところなんだとは思います。
揚北衆と呼ばれる(本庄、色部、新発田)勢力は北越後の広大な範囲を領地にしていましたが、家臣という感じではなく「協力者」というイメージが近いです。勝手に外交したり人事権も及ばない状態でしたから。
そういう独立勢力を束ねて越後、北関東、越中、能登まで支配している感じです。最大版図は私もどこまで含めて良いのかさっぱりわかりません。
味方と言い切れない独立勢力が大勢いるということです。

信長、秀吉、家康のそれぞれの時代によって最大版図のとらえ方も様々に違っているようには思いますね。

No1です
まだ出ていないところを書かせていただきますね。

柴田勝家(清洲会議後)
基本的には越前一国の領主でしかありませんから約50万石だろうと思います。清洲会議で北近江も柴田側の領地になっています。
ここで問題なのが、
佐々成政(越中)佐久間盛政(加賀)前田利家(能登)
この人達は信長亡き後、勝家の家臣と言い切れないところなんだと思います。単に「味方陣営」なのでしょう。その「味方陣営」まで含めるならば180万石くらいあります。

明智光秀
近江国滋賀郡と丹波一国をあわせ...続きを読む

Q戦国時代の「禄高100貫」とは?(大河ドラマ風林火山を見て)

先週の大河ドラマ「風林火山」で、今川家重臣の食客として駿河にいた山本勘助を、家督を継いだ武田晴信が「禄高100貫」で招くという話がありました。

山本勘助については確実な史料はほぼ皆無、全てフィクションと承知していますが、禄高100貫とは江戸時代以降の石高制で表現すると何石くらいに当たるのでしょう?勘助を庇護していた今川家重臣が「お前のような素浪人に武田家が禄高100貫とは信じ難い」と言う所からして「100貫=1,000石 程度」かなと思いますがどんなものでしょう。

Aベストアンサー

室町期の貫高は時代により変り、一概にはいえないのですが、
北条氏康時代の「小田原衆所領役帳」によると、平均七貫に一人の軍役(例えば、284貫の所領の宇津木兵庫助は軍役36人)になっています。
江戸幕府の軍役は50石で一人ですが、戦国時代は20~40石で一人、平均して30石で一人と推定されます。(戦前の陸軍参謀本部)
従い一貫は約4石で、勘助の初任給は400石相当のようでなかなかの高給です。
当時所領500貫(2000石)は重役でした。

Q幕府直轄地の地図を記した、サイトを教えてください。

幕府直轄地の地図を探しています。
また、幕府直轄地は、住民にとって、暮らしは、厳しかったのでしょか?それとも、特典があったのでしょか?

Aベストアンサー

#1です。
色々な意味で”重要な”場所は幕府領になっています。有名な所では金が採れた佐渡、銀が採れた石見銀山周辺は幕府領です。当地岡山県では倉敷が幕府領でした。ここは交通の便がよかったのが理由だと思われます。幕末の長州戦争では食糧などの補給に重要な役目をもっていたようです。ほかにも戦略的に重要だった所はたくさんあるはずです。
私の生まれた所は幕末に隣の幕府領の村と境界争いをしました。先方は幕府領ということをカサに相当高圧的に出てきたようで、こちらは対応に困ったということです。やはり幕府領の村々はそれなりのプライドがあったようです。
以下、私見ですが、
特権のようなものはたぶんなかったのでは?
それより幕府領ゆえの”特務”が科せられていたのではないかと思われます。例えば長州戦争では倉敷や県内の幕府領の村々からは庄屋が代官の補佐役として動員されています。

Q「幕府」と「朝廷」の違いを教えて

中学校1年生の子供からの質問なのですが、

・「幕府」と「朝廷」の違いが分からない。
・そもそも「幕府」って何?「朝廷」って何?

と言われました。
お恥ずかしながら的確に説明できません。
教科書には説明が載ってないし、「先生に聞いてみたら?」と言うと
「先生は授業が終わるとすぐに職員室に戻ってしまうし、あまり質問しやすい先生じゃないもん!o(;△;)o 」
とのこと・・・(´_`;)

どなたか教えていただけますか?
私も勉強したいです。よろしくお願いします。<(_ _;)>

Aベストアンサー

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるということはほとんどなく、武士に言われるがままに任命していたわけですから、実権は武士の側にあったということになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%81%E5%A4%B7%E5%A4%A7%E5%B0%86%E8%BB%8D
これを端的にお子さんに説明するのは難しいかもしれません。
ただ、今の天皇陛下も政治的な実権はまったくなくて象徴として存在しているわけなので、それとちょっと似ているというような説明は、できるかもしれませんね。(今でも首相を任命するのは天皇と決まっています。ただし天皇が首相を選ぶことはできず、国会が選んだ人を形式的に任命するだけです)

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるという...続きを読む

Q100万石は今で言うとどのくらいすごい?

戦国武将が100万石の領土を持っているのって
今でいうと、どのくらいの資産・土地を持ってるくらいすごいのでしょうか?

100億円持ってるぐらいすごいですか?
100戸の家を持ってるぐらいすごいですか?

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

戦国時代の石高なら、下の説明をみてください。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1011269740
http://bit.sakura.ne.jp/tuwamono/tizu-tougou1.htm
http://sengokutan9.com/sengokukassen/sekigaharazengokokudaka.html
 
石高は、領土の大きさを米の生産量に換算した『ような』ものです。
人口にも関係しますし、産業の状態にも、畑作や米作にも関係します。
単純には言えません。
 
石高は、一応、年間の経済力(その領土の年間総生産高)を示しているようなものですから、預金や資産の額との比較は出来ません。
1石を年間一人の生活費と考えれば、100万石は100万人の生活費相当ということになります。
 
領土全体の総生産高ですから、住民の生活費も、戦国武将の家臣や家臣の家族の生活費も、この中で賄います。戦国時代の武将ならば、築城費、河川改修費、干拓や開墾費、武器弾薬の購入費もこの中から出します。
 
なお、現在のように戸籍制度や帳簿制度、通貨制度がはっきりしていて、集計をする人が同じ方法で集計しているのではないですから、石高1万石と公表されている地域が10箇所あれば、10箇所が全部違う実態で、7000石~16000石程度にはばらばらだったでしょう。
また、天候などにも生産高は大きく左右され、戦争があれば農地も荒れたり、兵隊や労役にかり出されたりしたでしょうから、いつも同じ生産があるとは言えないと思います。 

戦国時代の石高なら、下の説明をみてください。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1011269740
http://bit.sakura.ne.jp/tuwamono/tizu-tougou1.htm
http://sengokutan9.com/sengokukassen/sekigaharazengokokudaka.html
 
石高は、領土の大きさを米の生産量に換算した『ような』ものです。
人口にも関係しますし、産業の状態にも、畑作や米作にも関係します。
単純には言えません。
 
石高は、一応、年間の経済力(その領土の年間総生産高)を示しているようなものですから、預金や資...続きを読む

Q江戸時代の石高、表高と実高があるのはなぜですか?

江戸時代、伊達藩は表高は62万石ですが実高は約100万石、
長州藩は表高36万石に対して実高75万石ともいわれています。
石高は年々増加傾向になるのは当然なので、
表高もそれに追随して変化すべきではないですか?
そうしないと年貢の取立てや、幕府の支配管理体制にも支障をきたすのではとおもいます。

各藩は自藩の石高を秘密にしていたのでしょうか?
それでなんのメリットがありましたか?
また幕府が積極的に実高を把握しようとしなかったのは
現在の社保庁なみに怠慢だったからでしょうか?

よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

表高とは
それぞれの大名家の「格式」を表すものです。
なので、「格式」を上げたい大名家は、幕府に「高直し」を申請しています。
有名なところでは、上州沼田藩、真田家。上田の本家に対して、分家であったのですが、本家より上位に立つために、表高3万石、実高6万石を14万4千石にして申請しています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%94%B0%E4%BF%A1%E5%88%A9
表高が変わると、城を持つことができます。この増税により、農民一揆が起こり、改易されました。

津軽家も同様なことをしております
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%98%E5%89%8D%E8%97%A9
4万7千石から10万石へ。
この理由は、南部家との確執です。戦国末のどさくさに南部家から独立した関係があり、南部家からは家来視されました。そこで、無理矢理南部家と同じ10万石にしたわけです。


表高が格式を表す例として、秋田の佐竹家があげられます。
水戸から秋田へ転封となったのですが、正式に表高を指定されませんでした。羽後の○○郡を与えるとされただけで、○○万石領有とされませんでした、いじめです。なので、佐竹家は江戸初期に於いて、自分の武家社会における位置づけがわからず苦労したとのこと。

表高とは
それぞれの大名家の「格式」を表すものです。
なので、「格式」を上げたい大名家は、幕府に「高直し」を申請しています。
有名なところでは、上州沼田藩、真田家。上田の本家に対して、分家であったのですが、本家より上位に立つために、表高3万石、実高6万石を14万4千石にして申請しています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%94%B0%E4%BF%A1%E5%88%A9
表高が変わると、城を持つことができます。この増税により、農民一揆が起こり、改易されました。

津軽家も同様なことをしており...続きを読む

Q戦国時代以前の動員兵力

元亀・天正年間以降の合戦の動員兵力は、比較複数の記録が残っていたり、現在の研究結果から見てもそれほど誇張が大きくはないと思うのですが、南北朝以前から源平合戦の時代までの動員兵力には疑問に思う数字がかなり残っています。
以下いくつか例を挙げます。
・富士川の合戦(両軍合わせて7万、吾妻鏡は20万)
・奥州征伐(頼朝の幕府軍で公称20万以上、藤原氏も数万)
・承久の乱(幕府三方面軍計19万)
・弘安の役(日本軍12万、元軍14万)
・湊川の合戦(足利軍50万‥これはいくらなんでも)
・応仁の乱(東西合わせて27万)

疑問に思う理由は
・戦国末期、国内最大と思われる動員がかかったのは以下の3つの合戦
 (1)秀吉の小田原攻め(両軍合わせ25万)
 (2)関ヶ原の合戦(含む関連戦役)(両軍合わせ本戦線20万、東北戦線10万、九州5万)
 (3)大阪の陣(両軍合わせ30万)
 これだけの兵を動員するための兵糧生産力、兵糧運搬に関わる街道の整備具合、付随する武具等の製造能力、大量動員を可能にする軍制等、少なくても両軍合わせて10万以上の大軍を揃えるには相当の運用計画や条件が必要だと思うのですが、古代と対して変わっていないと思われる戦国期以前の街道状況や農業力で上記のような合戦でそれだけの兵力を揃えられたか?
当然、碌な武装も持たないでいただけの兵がかなりいた可能性は考えられます。

当時の人口や他状況から考えて、実際はこれくらいだったんじゃないか、又は事実それだけ動員は可能だった等ご意見をお願いします。

元亀・天正年間以降の合戦の動員兵力は、比較複数の記録が残っていたり、現在の研究結果から見てもそれほど誇張が大きくはないと思うのですが、南北朝以前から源平合戦の時代までの動員兵力には疑問に思う数字がかなり残っています。
以下いくつか例を挙げます。
・富士川の合戦(両軍合わせて7万、吾妻鏡は20万)
・奥州征伐(頼朝の幕府軍で公称20万以上、藤原氏も数万)
・承久の乱(幕府三方面軍計19万)
・弘安の役(日本軍12万、元軍14万)
・湊川の合戦(足利軍50万‥これはいくらなんで...続きを読む

Aベストアンサー

なんか 途中で計算違いしていた

鎌倉:700万
室町:800万
江戸初期:1300万

で、生産年齢数
鎌倉:350万
室町:400万
江戸初期:650万

で、その10%が動員マックスとして

鎌倉:35万
室町:40万
江戸初期:65万
===
瞬間的に農村から総動員できると考えると
動員可能性としては可能かも…
あとは 輜重問題ですが・・・うーん

秀吉の軍役が、近国100石で5名中国で3名くらいだったから、何とかなる数字だったのかなぁ、鎌倉期の動員数も。


人気Q&Aランキング