人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

小学生(2年か3年)の時,先生から助詞の「を」には読点を付けない,と教わりました。
その後,そのルールに反する例を全く見てこなかった(約25年)ので,それは正しいと信じていました。

しかし,インターネットが発達してから,ちらほらと「を,」や「を、」という表記が見られる
ようになり,句読法を知らない若い人が増えたんだなぁ,と思っていました。
2,3年前からは,日本語文章作法や文法に気を遣っているはずの,全国紙の新聞記事にも
極まれに見られるようになり,なんとなく悲しく感じていました。

私自身教職にあり,学生のレポートで「を」に読点がついている場合は,直すようにアドバイスして
きました。しかし最近気になって,回りの教員にこのことを聞いてみました。
すると,「を」に読点を付けないなどと教わったことはない,と言います。
そこで,一般科目の国語の先生に聞いてみたところ,「を」に読点を付けないのは,
文法として正しいが,最近は読みやすさを優先して読点を付ける場合がある,とのことでした。

少し救われた思いがしたのですが,ネットで検索すると,文法上といいますか句読法上で
そのことが書かれている文章が見あたりません。

そこで,ちょっと考察してみました。「を」に読点を付けた方が読みやすく理解しやすいのは,
次の3くらいでしょうか。2にも付けるべきでしょうか?

1.子供達に道徳を教える。
2.子供達に子供の頃先生に教わった大切なことを教える。
3.子供の頃先生に教わった人の気持ちを考えるということを人の持ち物にイタズラをしている子供達に教える。

「・・・を」は目的語ですから,動詞(述語)と結びつきが強いと考えるべきかと思います。
ですので,「を」の直後に動詞がある場合は,読点は付けない方がよいように感じます。

また,「・・・」が名詞でなく,名詞句で長い場合は,「を」に読点を付けた方が,
見やすくなるように感じます。(それでも約25年にわたって,「を」に読点を付けないルール
を厳格に守ってきた自分は付けたくないですが・・・。)

4.子供の頃教わった人の気持ちになって考えるということを人の持ち物にイタズラをしている子供達に教える。

無理に読点を一つも入れずに文を書きましたが,最初の「を」には付けた方がよいと思いますか?
2番目の「を」はさすがに付けるべきではないと思うのですが・・・。

長い名詞句や,目的語「・・・を」に対応する述語動詞が遠くにある,というのは決して
読みやすく理解しやすいとはいえないと思うのです。ネット等では思いつくままに一気に書くことが
多いため,そのような文章が多くなり,結果,読みやすさや理解を助けるため,「を」に読点を
付ける場合が見られる,という解釈は妥当でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

そんな禁則はない!!という反論が多くて、なんだか質問者様がお気の毒ですね^^;


最初に教えた先生が間違っていたのだ、との説もあり、国語の基礎を築く頃に教わった事項だっただけに、土台をひっくり返されたような、不安なお気持ちなのではないでしょうか、それが心配です。

私が子どもの国語の宿題を見ていて思い当たったことを述べます。

質問者様の先生は、たぶん、

*次の文の、適当な位置に読点をつけなさい。
「正直なおじいさんはおばあさんの作ってくれたおむすびを持って行きました。」

というような問題の解答の方法の一つとして、このような原則を、低学年の児童に手渡したのだと思います。

たとえば上記の文だと、主語の「は」の直後に読点を打つのが妥当です。
ところが、低学年の児童に、こうした問題をやらせると、往々にして、「は」の後に読点を打つ子は確かに多いが、「おむすびを」の後、どうかすると「作ってくれた」の後や、「持って」の後にまで、いちいち読点を打つ子が続出するんです。
むろん、「読点を一つだけ」という条件の出題なら、大半の子が「は」の後につけて正答を得ますが、そのような条件がないと、助詞ごとに読点を打って、ぶつぶつ切る子が出てくるのです。

これは、日本の絵本が、読点を打たずに、文節でいちいち空欄(一マス空ける)を作って表記していることの(一種の)弊害で、子どもは、絵本から文章読本に移行する際、無意識のうちに、絵本時代に句切って読んでいてなんとなく息継ぎ(ブレス)をしていた箇所に、どうしても読点を打ちたくなるのですよね。

たしかに、複雑な係り受けの関係を持つ複文などでは、「を」には読点をつけない、などという禁則は当てはまらないし、成り立たないのですが、小学校低学年の児童が与えられる、上記のような課題の場合は、まずほとんどと言っていいほど、「を」の後に読点はつけない、と断言してしまっても差し支えない状況があります。
それほど複雑な文を、低学年の課題としては与えられないのです(←この文、どうですか?「を」に読点がついていますが、読みにくいですか?この文の場合は、「を」に読点を打つのが妥当だと思うのですが、いかがでしょうか)。

ですから、先生の仰ったことというのは、「低学年児童にこういった課題をさせる場合の限定的な法則」としては極めて妥当であって、決して間違っていたわけではないでしょう。
ただ、日本語の文章全般にわたる禁則ではないことは確かです。
少々乱暴な指導法であったにしても、先生は、当面の課題を消化させるための「コツ」を教えてくれただけです。
それを、まさか、質問者様のような素直な児童が、後生大事に覚えていてくれるとは、先生もお思いにならなかったのではないでしょうか。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

大変丁寧にご回答いただきありがとうございます。大変わかりやすい説明に感激しました。

「を」に読点を打ってはいけないという禁止ルールはない,というのは正解のように感じます。けれども,おっしゃるように他の助詞に比べ,極端に読点を打つ例は少ないですね。低学年児童には妥当な説明であろうとの解釈,納得です。

(←この文、どうですか?・・・)のところですが,すばらしい例示です。読みやすいです。でも私が書くなら「を」の後には読点を付けない,別の表現を考えます。別の表現を考えるような力を付けさせてくれたのも,その先生の指導のたまものなのでしょう。きっと。

私自身,理系の論文や技術文書を書くことが多いのですが,理系の文章では,正確に事実を伝えることに主眼がおかれるので,長い名詞句や,目的語と述語動詞が離れているという文章は,あまり好まれないと思います。(査読で不可と言われたらそれでお終いですし・・・。)ですので,「18歳になったので,免許を,取る」という極端な場合(でもこのように書く学生は多い)を除いて,これからは「文法の間違い」とは言わずに,もっとわかりやすい表現を考えてみるよう,アドバイスしたいと思います。

小学校3年生の時,女性の先生に,豆電球の実験で,「乾電池のプラスとマイナスを同時に手でさわるな。感電したらどうする?」と言われました。子供ながらに,「同時に持っても感電なんかしたことないのに・・・。」と思ったのですが,その先生が正しく理解していたかどうかは別にして,みんな気をつけて乾電池に触れていました。乾電池の場合は感電しない,というのが本当は正解ですが,電極に触るなという説明としては,小学生に対しては極めて妥当と思う。

お礼日時:2008/02/02 21:25

読点というのは“便利ツール”です。


文を読みやすくするのなら、それで良いのです。

手元にあるビジネスマナーの本によれば、句読点のつけ方のガイドラインとして、
・読点は概ね15文字につき1つ
・句点は概ね45文字で
を目安をする、とあります。
もちろん、読みやすさが優先です。
(「しかし」「そして」などの接続詞が文頭に来る場合は、少ない文字数でも、その接続詞の直後に読点を付けますから。)

おすすめの読点の付け方は、
1.子供達に道徳を教える。
2.子供達に、子供の頃先生に教わった大切なことを教える。
3.子供の頃先生に教わった、人の気持ちを考えるということを、人の持ち物にイタズラをしている子供達に教える。
4.子供の頃教わった、人の気持ちになって考えるということを、人の持ち物にイタズラをしている子供達に教える。
です。

なお、2は
子供の頃先生に教わった大切なことを、子供達に教える。
のほうが良いです。


上記3、4のほかに、「を」の後ろに絶対に読点を打ったほうがよい文の例としては、
「浦島太郎は鬼のお腹を、犬は鬼の足を、猿は鬼の耳を、キジは鬼の目を攻撃しました。」
のような目的語を列挙した文が挙げられます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
なるほどと思います。勉強になりました。

最後の浦島太郎ですが,これは私が読んだ絵本の記憶では,「を」の後ろは,読点ではなくスペースでした。

でも,人の親になって,絵本を買ったら,読点を打っている本があり,(大げさですが)愕然としました。全体の文章も流れが悪く,韻も気にしてなかったり・・・。流れについては,物語のそのものの内容は正しいのですが,主語と述語が離れていたり,長い名詞句が多いなど,「おいおい,これじゃ寝る前に幼児に読んで聞かせる文章じゃないぞ,どこで息継ぎしたらいいんだ?」などと,思ったりしました。昔の絵本は読みやすかったと感じるのは,私だけかな・・・。絵本なら読みやすさと理解しやすさを優先して欲しいと思うんですが・・・。

お礼日時:2008/02/02 20:54

書き込みが分かれてすみません。



義務教育で教わる国語の禁則事項なら、
すべての国民が教わっているはずです。
しかしあなたの同僚は誰一人教わっていません。
私も教わっていません。
私より先に回答された方も
教わったならそう書かれるはずです。
したがって禁則でないことは明らかです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(^^;) ありがとうございます。

suuranさんのおっしゃることは,まさにその通りと思います。私もさんざんネット上で検索して,そのようなルールがないか探しましたが,ありませんでした。

ただ,習ったかどうかについては,もう一人,「を」に読点を付けないと習った,という人が検索で見つかりました。小学生相手に教える場合の,教育テクニックとしてそう説明したのかもしれません。

お礼日時:2008/02/02 20:42

その説はまったくの間違いです。


句読点は文章の構造をわかりやすくするために
つけます。朗読の区切りを示すこともあります。
これがすべてであり、「を」を区別するルールはありません。

たとえば
「動物に餌を与えよう。馬には干草を、鳥には麦を。」
点の前後が意味の質・量・構造が同じであることが
わかりやすくなります。
「すかさず軍隊を派遣した。軍艦を海に、戦車を平原に。」
と同じ用法であり、助詞「を」「に」による違いはありません。

長い文章を適当に区切る場合は、たとえば
「秋深く紅葉真っ盛りの坂道を、老いた脚を励まして彼は歩き続けた。」
となります。

これらの例も成り立つことで「を」の後の点の有無は
「ケースバイケースである」ことが証明されました。
「を」のあとに点なしの例を示しても反論になりません。

したがって、
「1.子供達に~」と相手が子供であるかを問題にするのは
おかしいですよ。上記の例文は子供に読ませる場合も変化しません。
あなたの説には根拠がありません。なぜ子供にこだわるのでしょうか。
あなたがその説を教わったとき子供だったことは無関係です。
当時教わった国語は子供専用ではないでしょう。
その件だけ切り離す理由がありません。

あなたの「読みやすさや理解を助けるため,「を」に読点を
付ける場合が見られる」というのは私の冒頭の解説と
同じことであり、元々それで良いのです。
元々「をのあとに点不可」ではありません。
単に、あなたの教師が間違っています。

あなたの生徒に対して本件を明らかにし意見を訂正するべきです。
「自分が長期に渡って行なってきたので間違いを認めたくない」
という気持ちでしょうが訂正するほかありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
「動物に餌を与えよう。馬には干草を、鳥には麦を。」
このような倒置や列挙は,まさに強調したいというのが書き手の意志ですから,読点を入れるのはごく自然ですね。

私が教わった先生は,「を」に読点を付けないのは,他の助詞に比較して,助詞以外には使われない”ひらがな”だから,と言っていました。これはある意味正しいと思います。時代からして,私が教わった先生は「を」は助詞以外には使わなくなった頃,高校生・大学生だったものと想像します。小学生に,特別に強調したい場合とか,読み手の意志として強調して読み手に訴えたい場合は読点を打つ,とは言えなかった可能性が高いかと思います。

suunanさんがおっしゃるように,「を」に読点を付けないというルールはないというのは,正解と感じます。

しかし,「を」にむやみに読点を付けるより,付けないで済む文章や構成を考えた方が,読み手が読みやすく,理解しやすいというのもありそうに思います。

特に,私が学生に注意してきた文章は,
「18歳になったので,免許を,とる」
というような文章です。(私も学生も理系です。)ワープロで打ってくるんですが,このような文章を書く学生は,文の途中で勝手に改行したり,段落の先頭を1文字下げないとか,段落はすべて一文しかないとか,めちゃくちゃです。主語がなかったり,途中で変わっていたり,主語と述語が対応してないとか,体言止めばかりとか,ネットから文章をコピーしてくるので,ですます調と,である調が,混ざっているとか・・・。だんだん愚痴になってしまいました。すみません。

理系の(レポートなどの)文章としては,「を」に読点を付けなければならない文章は,あまり多くはないように思います。それでも用いる場合は,書き手に特別に強調したいなどの意志がある場合と思います。そこまでテクニックを使える学生は,実験はほぼパーフェクトに理解した上で,レポートを書いている人でしょう。

お礼日時:2008/02/02 20:37

 「を」の後に読点が付く文の大半は、「(誰が、)何を、どうした」の「どうした」という部分が先にきています。

そのため、どうしても読点を付けにくくなってしまいます。例4の文ですと、(少々強引ですが)読点を付けられそうな位置は「考える」の後くらいしかありません。ここ以外で付けようとすると、違和感が他より少なく、かつ文の真ん中付近にある「を」の後になります。「を」の後にある読点は、大方こんな理由ではないかと思います。
 例4の文を、「(誰が、)何を、どうした」に直してみました。

(私は)人の持ち物にイタズラをしている子供達に、子供の頃教わった人の気持ちになって考えるということを教える。

 この文だと、「子供達に」の後が一番付けやすく、かつ文の真ん中付近にあります。違和感もそれほど無いと思います。いかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
例4は質問のため無理矢理作りました。普段,このような文章は私も書かないです。

私もNo_666様と同様の文章が好みです。
「人の持ち物にイタズラをしている子供達に、子供の頃教わった人の気持ちになって考えるということを教える。」
あるいは,文章を二つに分けてしまいます。
「人の持ち物にイタズラをしている子供達に,人の気持ちになって考えると言うことを教える。これは自分も子供の頃教わったことだ。」

「子供の頃・・・いうことを」の部分を特別強調したいわけではないことと,述語動詞が直後に来ていることと合わせ,私もNO_666様の文章を通常は使い,「を」に読点は打たないです。

「を」に読点を打つ文章は,あり得ないわけではないのですが,特別に名詞句を強調したいとか,
「動物に餌を与えよう。馬には干草を、鳥には麦を。」
のような文章の場合のように感じます。

お礼日時:2008/02/02 20:07

読点は意味のまとまりを読み手に分かりやすくするために打つ符号です。


>4.子供の頃教わった人の気持ちになって考えるということを、人の持ち物にイタズラをしている子供達に教える。
としたほうがわかりやすいでしょう。

通常の文章は、主語など短い文節から書くことが一般的なために、読点を打つ必要がありませんが、語順を入れ替えて言いたいことを先に提示する場合には、読点を打った方が主題が分かりやすくなります。
例えば、「道徳を、子どもに教える」というような場合です。決して意味がわかりにくいために読点を打つのでなく、何が言いたいかを明らかにするために読点を打つことがあります。
「を」の後ろに読点を打たないという鉄則はありません。仰るように読みやすさや理解を助けるために読点は必要という解釈で妥当です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。勉強になります。

名詞句を強調したい場合には,読点を打つ方が読み手に理解しやすいし,書き手の意図も伝わりやすいと言うことですね。

お礼日時:2008/02/02 19:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qを の後の読点

子供の国語の教科書を読んでいると「~を、」という表記がありました。読点には明確な決まりがない様ですが、今まで「を」のあとに読点が付いている文を見たことがありませんでした。一般的にどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

No2です
やはり想像通り挿入があるかないかの差ですね。

>ともだちのはなしを、おわりまでよくききましょう。
この文は「友達の話を聞きましょう」に「おわりまでよく」という説明の挿入句が添えられたため、文意をはっきりするために読点がつけられています。

>しりたいことをたずねたり、おもったことをつたえたり・・

逆にこちらに挿入句を入れてみましょう。
「しりたいことをたずねたり、おもったことを、遠慮せず素直に、つたえたりしましょう」

このように感じを重ねたり、ひらがなを重ねたりする場合は読みにくくなるため読点がおかれます。

読点があるかないか、又その場所によって意味が変わってしまう場合もあります。

下記は息子が親に送った電報の例。(古い例文です)

「カネクレタノム」

1.カネオクレ、タノム 金送れ、頼む
2.カネヲクレタ、ノム 金を呉れた、飲む
親は2)の解釈をして、「学資に回せ、飲むな」と返電
したそうです。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「及び」、「又は」の前の読点の必要性

3つ以上のものを列挙する場合の「及び」、「又は」の前には、読点は書くのがいいのでしょうか、書かないのがいいのでしょうか。例えば、次の(11)、(12)のどちらがいいのでしょうか。また、(21)、(22)のどちらがいいのでしょうか。

(11) A、B、及びC
(12) A、B及びC

(21) A、B、又はC
(22) A、B又はC

また、そのようなことについて記した入手又は閲覧可能な文書があるでしょうか。

Aベストアンサー

文化庁の『言葉に関する問答集』では、(12)(22)を正式としています(総集編p.568)。しかし、現実の法令では、列挙事項が名詞句の場合はそのとおりですが、列挙事項が文節などの場合は、混乱を避けるために(11)、(21)が用いられています(文化庁も(11)、(21)が誤りだとは言っていません)。
JISでは、(11)、(21)を正式としており、実際の運用もそうなっています。
欧米語では、名詞句であっても(11)、(21)を正式としておりますが、英字新聞などでは(12)、(22)が多く見られます。これは、新聞が1字でも詰めて書きたいので、このような習慣ができたとも言われています。
私は、技術文書を本業としているため、一般文書でもJIS方式だけを使っています。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q『又は」、「若しくは』の使い分け方

「もしくは」「または」は、どう使い分けるのでしょう。
それから、
「および」「かつ」なども使い分け方が分かりません。
法律の条文を読むときにこれが分からないと
論理構造がわからず、意味がわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法律の条文の用語ということですので,north073さんの紹介された林さんの本を私もお薦めします。
長年内閣法制局の長官をつとめた方です。
もっと詳しくは大島稔彦「法制執務ハンドブック」第一法規出版1998年,山本武「地方公務員のための法制執務の知識」ぎょうせい1999年などがありますが,ちょっと専門的過ぎるかもしれません。
図書館で「法制執務」とか「立法技術」をキーワードに探してみると,いろいろと見つかると思います。

「若しくは」「又は」,「及び」「並びに」の使い分けは,既に回答が出ている通りです。少し憲法の条文から具体例をあげておきましょう。

●まず,単純に2つを並べる時は「又は」「及び」を使います。
・国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。(第17条)
・思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。(第19条)
●3つ以上の場合。
○並列の場合は,最後のつなぎにのみ「又は」「及び」を用い,あとは読点「、」を打ちます。
・生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利(第13条)…3つが同格で並列。
○大小がある場合は,「若しくは」<「又は」,「及び」<「並びに」です。
・配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては(第24条)…「配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚(以上5件並列)」と「『婚姻及び家族』(以上2件並列)に関するその他の事項」が同格で並列。
(これを大小関係を逆に読むと,「配偶者の選択~婚姻」がひとまとまりで6つ並列になりますが,そうすると財産権と婚姻が並列になっておかしいですね。)
(この場合,「、離婚」を「及び離婚」としても同じです。ちょっとくどくなるので省いたのでしょうか。)
・強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。(第38条)…「強制、拷問若しくは脅迫(以上3件並列)による自白」と「不当に長く『抑留若しくは拘禁』(以上2件並列)された後の自白」が同格で並列。

●「かつ」は,条件が常に両方成立することを示します。
・何人も、理由を直ちに告げられ、且つ、直ちに弁護人に依頼する権利を与へられなければ、抑留又は拘禁されない。(第34条)

最後に,少し長いですが,よく出てくる例として地方自治法第152条から。
1 普通地方公共団体の長に事故があるとき、又は長が欠けたときは、副知事又は助役がその職務を代理する。(以下略)
2 副知事若しくは助役にも事故があるとき若しくは副知事若しくは助役も欠けたとき又は副知事若しくは助役を置かない普通地方公共団体において当該普通地方公共団体の長に事故があるとき若しくは当該普通地方公共団体の長が欠けたときは、当該普通地方公共団体の長の指定する吏員がその職務を代理する。(以下略)

第1項は意味の流れをつかむために書いただけですが,普通の「又は」が使われています。
さて,一見複雑な第2項は次のように読みます。

「(副知事若しくは助役)にも事故があるとき
若しくは
(副知事若しくは助役)も欠けたとき」
又は
「副知事若しくは助役を置かない普通地方公共団体において
  (当該普通地方公共団体の長に事故があるとき
  若しくは
   当該普通地方公共団体の長が欠けたとき)」
は、…

また,このことから,大小3段階ある場合は,「若しくは(小)」<「若しくは(大)」<「又は」となっていることがわかります。
条文を説明する場合など2つの「若しくは」を区別する時は,「大若し(おおもし)」「小若し(こもし)」と通称しています。
ちなみに,「及び」<「並びに(小)」<「並びに(大)」です。「小並び」「大並び」といいます。
以上,ご参考まで。

法律の条文の用語ということですので,north073さんの紹介された林さんの本を私もお薦めします。
長年内閣法制局の長官をつとめた方です。
もっと詳しくは大島稔彦「法制執務ハンドブック」第一法規出版1998年,山本武「地方公務員のための法制執務の知識」ぎょうせい1999年などがありますが,ちょっと専門的過ぎるかもしれません。
図書館で「法制執務」とか「立法技術」をキーワードに探してみると,いろいろと見つかると思います。

「若しくは」「又は」,「及び」「並びに」の使い分けは,既に回答が出...続きを読む

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q「また」の後ろには、常に読点をいれるべきでしょうか。

●「また」などのような言葉に続く次の言葉があまり長くないときは、「また」の後ろには読点は「おかなくてもよい」のか、「おかない」のか、というのが質問の趣旨です。何か原則があるのでしょうか。
●例えば、次の3つの文章ではどれが適切な読点位置でしょうか。
1.また、上記の場合、その例外の実例は何かという疑問が読者側に生ずることもあるので、安易に・・・。
2.また上記の場合、その例外の実例は何かという疑問が読者側に生ずることもあるので、安易に・・・。
3.また、上記の場合その例外の実例は何かという疑問が読者側に生ずることもあるので、安易に・・・。
●「また」のほか、「しかし・さらに・ただし・例えば」のような言葉の後での「、」の使い方はどうなのか、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

読点の打ち方に関してですが、基本は1.文の中止 2.副詞的語句の前後、形容詞の連続の間に打つ などです。ただし、明確な基準がありませんので、人によって打ち方が違いうのも事実です。

さて、表題に関しては、私は「常に」は打ちません。この文の場合は、「2」の方法にすると思います。

要するに文を読みやすくするための記号ですので、読みやすくするように打っています。その点から考えると、「1」は前半で2回の読点が出てくるため、前半を読むリズムがあまり良くないと感じます。「3」のケースもなくはないのですが、「その」が余計ですね。「また、上記の場合には例外の実例は何かと~」とつなぐ方が自然だと思います。

基本的には、
「また」の後にひらがなが来る場合には、読みやすいかどうかを判断して打つ。漢字やカナの場合、その次の読点の位置に応じて打つかどうかを判断する…という基準にしています。「しかし・さらに~」なども同様です。

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング