「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

普段、会社ではメールの文面の締めくくりに、
「以上、よろしくお願い申し上げます。」と記述しています。

しかしネットで調べてみると、正しい日本語としては
補助動詞はひらがなにすべきと記されています。

これに従うと「申し上げる」ではなく「申しあげる」と書くのが
正しいことになるかと思います。

ですが「申しあげる」を具体例とした記載は無く、
またGoogleのヒット件数では「申し上げる」の方が断然多いです。

「補助動詞はひらがな」の原則に従って「申しあげる」と書くべきか。
あえて事実上、市民権を得ているらしい「申し上げる」で通すべきか。

転職先の企業とメールのやりとりをしていて、ふと気になりました。

瑣末な事柄かもしれませんが、どうせならすみずみまで行き届いた
文章を書きたいと思い、質問させていただくしだいです。

ご存じのかた、ご教示よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 必ずしも正確な知識を有しているわけではないため、間違っているかもしれません。

もし誤謬があれば申し訳ありません。

 まず、「申し上げる」の「上げる」は補助動詞ではなく、「申し上げる」というひとつの動詞(複合動詞)なのだと思います。
 複合動詞にはたとえば「押し倒す」「踊り明かす」「転げ落ちる」などがありましょうが、これらは一般にこの通りの表記で用いられ、あえて「押したおす」などとすることはないでしょう(昨今の漢字排斥的風潮によって存在しないこともありませんが)。

 試みに調べましたところ、「申し上げる」は現に官庁のWebサイトでも使われていました。よって、これは公的にも認められた書き方であると思われます(所詮Webサイトだといわれればそうですが……)。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

> まず、「申し上げる」の「上げる」は補助動詞ではなく、「申し上げる」というひとつの動詞(複合動詞)なのだと思います。

確かに私は「申し上げる」が補助動詞だと
確かめてから質問したわけではございません。

今さらながらWikipediaで調べますと、以下の記載があります。

 「押し続ける」「作り上げる」のように 2 つの動詞を
 結合したものを複合動詞という。前の動詞(連用形)を前項動詞、
 後続の動詞を後項動詞という。

「申し上げる」の「上げる」の部分は、この後項動詞に
当たるということでしょうか。

さらに以下の記述を見つけました。

 普通は、別の動詞(または助動詞等が後続したもの)の連用形に、
 接続助詞「て」を介して後続する動詞を、補助動詞と称する。

例としては「知っている」「掛けてある」「笑ってしまう」
などが挙げられています。

これを踏まえると、「申し上げる」の「上げる」は
「て」を介していないので、複合動詞の後項動詞と
いうことになるのでしょうか。

さらに複合動詞の中で、後項動詞が本来の意味を保っていない
ものを「機能上の補助動詞」というそうです。

例としては「笑いあう」「動き出す」「明るすぎる」などが
挙げられています。

これを考慮すると、「申し上げる」の「上げる」は
本来の意味を保っているわけではないので、
「複合動詞」の中の「機能上の補助動詞」というところに
落ち着くのでしょうか。

私は専門家でないので、いまいち結論づけられませんが、
調べるという行為によってある程度満足させられてしまいました(笑)

> 複合動詞にはたとえば「押し倒す」「踊り明かす」「転げ落ちる」などがありましょうが、これらは一般にこの通りの表記で用いられ、あえて「押したおす」などとすることはないでしょう

なるほど。そうであれば、「申し上げる」が複合動詞だと
断定できれば、気持ちよく「上げる」を使うことができますね。

お礼日時:2007/11/17 14:00

tareteruです ( ^- ^ )



> コピーライティングでは読み手に与える印象を優先し、
> あえて文法を無視した表現をすることがあると
> 聞いたことがあります。

私はコピーライターではありませんし、彼等が文法を軽視しているのかどうかも知りませんが、onionheadさんのご質問の趣旨は文法ではなく表記上のルールの問題だという認識で回答しました。つまり
「人参」と「ニンジン」と「にんじん」は、どれが正式?
というような‥ ですから、「郷に入れば‥」と申しあげたわけです。文法的には「申し上げる」と「申しあげる」は完全に同義だと私は思います。
官公庁や民間企業における表記も、「あげる」を補助動詞として捉えるかどうかという文法的解釈で決めているわけではないような気がしますがねぇ・・・

ちなみに面白いページを見つけましたので、参考までにご案内します。
甲賀市の広報に掲載された市議会議長と市長の年頭挨拶ですが、左右に仲良く並んだそれぞれの挨拶文で服部議長は「皆様には心健やかに、新年を迎えられたことと心よりお慶びを申し上げます」と書き、中嶋市長は「市民皆様には、ご家族共々お健やかに新春をお迎えのことと心からおよろこび申しあげます」と書いています。
果たしてこれは、どちらが正しいのでしょう? ( ^^;

滋賀県甲賀市の広報誌「こうか」2006年1月号
http://www.city.koka.shiga.jp/kouhou/2006/0601/h …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

> onionheadさんのご質問の趣旨は文法ではなく表記上のルールの問題だという認識で回答しました。

その通りです。

ただ、前述した「補助動詞はひらがな」の原則のように、
文法に基づいた表記上のルールが「もうしあげる」にも
存在すれば、それを拠りどころにすることが出来ると考え、
文法からのアプローチを試みたまでです。

しかし「もうしあげる」の「あげる」は補助動詞では
ないかもしれない、ということが分かり、またそれ以上
文法的に突き詰めていっても、どうやら表記上の
明確なルールには至らないようです。

ですので皆さんの回答を結論としてまとめると、

 ・漢字でもひらがなでも間違いではない。
 ・読み手に与える印象を考慮して好きな方を選べばよい。
 ・ただし慣習的には漢字で書くことの方が多い。

となりましょうか。

> ちなみに面白いページを見つけましたので、参考までにご案内します。

わざわざお調べいただきまして、恐縮です。

市議会議長さんは甲賀なのに服部なんですね。

お礼日時:2007/11/23 10:27

専門家ではないので、確かではないのですが、私も、ANo.2さんと同じく、「申し+上げる」という複合的な動詞で、「申し上げる」で一つの語だと考えます。


「あげる」の部分を補助動詞と考えるならば、「申し入れる」「申し合わせる」「申し出る」など、すべて「申し」以外の部分はひらがなにすべきだということになります。
「申しいれる」「申しあわせる」「申しでる」――どれもあまり見かけない表記ですし、文章の中に入っていたら、とても読みにくいと思います。
共同通信社の『記者ハンドブック』などでは、「申し上げる」については具体的に書かれていませんでしたが、「申し入れる」「申し合わせる」「申し出る」などは、すべて漢字で書くように定められています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

> 「あげる」の部分を補助動詞と考えるならば、「申し入れる」「申し合わせる」「申し出る」など、すべて「申し」以外の部分はひらがなにすべきだということになります。
> 「申しいれる」「申しあわせる」「申しでる」――どれもあまり見かけない表記ですし、文章の中に入っていたら、とても読みにくいと思います。

なるほど。水平展開して考えてみれば、
確かにしっくりきませんね。

反例が具体的で説得力があります。

ただ「申し上げる」は「お願い申し上げる」と
「お願い」に続けて使用することができます。

そういった意味では「申し入れる」などは単独で用い、
「お願い」に続けること自体、無いかと思います。

ですので、挙げていただいた例と比べると、
「申し上げる」は何か補助的な使い方を慣用的に行う動詞であり、
それゆえに「上げる」の意味合いを薄めた用法として
「申しあげる」という記述が存在したとしても
不自然ではない気がしてしまいます。

> 共同通信社の『記者ハンドブック』などでは、「申し上げる」については具体的に書かれていませんでしたが、「申し入れる」「申し合わせる」「申し出る」などは、すべて漢字で書くように定められています。

わざわざお調べいただき、恐縮です。
参照元が具体的で参考になります。

お礼日時:2007/11/17 14:54

どちらでもよいが、私は「申し上げる」を使います。


この「上げる」は、正しい音訓ですし、当て字でもないので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

確かに「申し上げる」という表記が間違いでない以上、
実際に出回っているのは「上げる」の方なので、
こちらの方が読み手が自然に感じる気がします。

お礼日時:2007/11/17 14:30

表記の仕方を厳格に定めている組織内では、そこの決まりに従って書けばいいだけのことだと思います。

民間企業では「お役所言葉」に倣う所もあれば独自基準を設けている所もある。言葉なんて所詮、「郷に入れば郷に従え」的なものですから (笑)

ちなみに、私自身の仕事上での使い分け基準は次の通りです ( ^- ^ )

読み手に平明で親しみやすい印象を与えたい場合は「申しあげる」(DMチラシなど)
逆に威圧感を与えたい場合は「申し上げる」(督促状など)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

> ちなみに、私自身の仕事上での使い分け基準は次の通りです ( ^- ^ )
>
> 読み手に平明で親しみやすい印象を与えたい場合は「申しあげる」(DMチラシなど)
> 逆に威圧感を与えたい場合は「申し上げる」(督促状など)

コピーライターのかたでしょうか。

コピーライティングでは読み手に与える印象を優先し、
あえて文法を無視した表現をすることがあると
聞いたことがあります。

結局は読み手に与える印象を意図した表現を
心がけるのが一番なのかもしれませんね。

私も企業宛てのメールの締めに「お願い申しあげます」と
書いてみたところ、どうしても締まりきらない気がして、
やはり「申し上げる」の方がしっくりくるのではないかと
迷ってしまいました。

お礼日時:2007/11/17 14:25

市役所でアルバイトしていたことがあるのですが、役所では「あげる」を使っていました。


「あげる」だけじゃなく、「~ください」も「下さい」ではなくひらがなでした。
「下さい」の場合は、何かを欲しい場合は「下さい」
して欲しいことなどの場合は「ください」を使うのが正しいと教えてもらいました。
あげるの場合は謙譲語だということもあり、「上げる」になったのかもしれません。(目上の方へ…みたいな感じで)
私個人は「あげる」が正しいと思って使っています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

No.2さんの回答には、官庁のWebサイトに「申し上げる」が
使用されている、とあります。

No.3さんの回答では、役所で「あげる」を使っていた
ということですよね。

どうやら明確に定義されているものでもないようですね。

> 「あげる」だけじゃなく、「~ください」も「下さい」ではなくひらがなでした。
> 「下さい」の場合は、何かを欲しい場合は「下さい」
> して欲しいことなどの場合は「ください」を使うのが正しいと教えてもらいました。

補助動詞はひらがなの原則ですね。

個人的に調べた結果、問題の焦点は「申し上げる」の「上げる」が
補助動詞なのかどうかに集約されると考えております。
(No.2さんへのお礼参照)

> あげるの場合は謙譲語だということもあり、「上げる」になったのかもしれません。(目上の方へ…みたいな感じで)

なるほど。「ください」に比べると、「あげる」は漢字にすることで
うやうやしさを強調できるので、漢字表記が普及したということですか。

確かにそういう感覚的なものから支持を得る表記があっても
良さそうな気がします。

お礼日時:2007/11/17 14:15

「申し上げる」のほうがベターではないでしょうか。



日本語文法としての当否と、メールの読みやすさは別のものだと思います。ご自分で、「申し上げる」のほうがポピュラーだと思ったらそれで十分だと思います。

うっかり、「申し上げる」と「申しあげる」を混在させるようなミスさえなければOKでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

> 日本語文法としての当否と、メールの読みやすさは別のものだと思います。

確かに「補助動詞はひらがなが原則」と言われても、
「頂く」や「致す」をひらがなに直すのに比べて、
「申し上げる」を「申しあげる」に直すと、
どうも違和感というか、稚拙な印象を与える気がしてしまいます。

あまり杓子定規にならず、そうした感覚を大事にすべきでしょうか。

> うっかり、「申し上げる」と「申しあげる」を混在させるようなミスさえなければOKでしょう。

「申しあげる」が相手に違和感を与えてしまうとしたら
なおさらでしょうね。

混同させた瞬間に「言葉にこだわる人」から「こだわらない人」に
成り下がってしまいそうですね。

お礼日時:2007/11/17 13:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「通り」と「とおり」の違いについて

予定「通り」や、次の「とおり」のように、漢字で書く場合と平仮名で書く場合があるようですが、違いはなんでしょう?また、どちらが正しいのでしょうか?知っておられる方が居られれば教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

>予定「通り」や、次の「とおり」のように…

あなたが公務員で公式文書を書くのなら、それは仮名書きにしないといけません。
民間企業でのビジネス文書もこれに準じるのが良いです。
個人の詩歌や小説などはこの限りではありません。

このことは、昭和24年4月4日付けで政府が策定した『公用文作成の要領』で定義され、その後常用漢字表の部分改正などに伴って、その都度追認されています。
直近は菅総理の名前で、昨年11月に出されています。
http://www5d.biglobe.ne.jp/Jusl/Bunsyo/BunKanjiH22.html

Q「致します」はひらがなで表示ですか?

職場で、あるバイトさんが「文書では“致します”は“いたします”ってひらがなで打つんですよ」と教えてくれました。

その方は自治体で臨時職員の経験もあるそうで「自治体ではこういうのはうるさいですから」とも言っていました。

理由は聞かなかったのですが、自分も文書作成の機会が多いので理由など分かれば教えてください。
また、他にひらがな表記の言い回しなどあれば参考のため教えてください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

官公庁などの役所では、ひらがなを使うとか、漢字を使う、とか決まってます。『致す』も「~いたします」、はひらがなで、「致し方ない」は漢字です。


http://www.geocities.jp/tdm117/
http://www5a.biglobe.ne.jp/~isozakiy/kouyoubunnokakikata.htm#ch3

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「記」「以上」の使い方に付いて

仕事上の文章で社内外どちらの発信と限らず「下記の通り」等の表現を用いた場合、
「記」の後に詳細を記入し、「以上」で文面を〆めるものを頻繁に目にします

ところが、最近異動して来た上司が「以上」で〆る文章は社内のみで対外的には使用するべきではないと言っているのを耳にしました

その時は慌しさに追われて確認もしなかったのですが、
今、ふと思い出して、疑問に感じています

自分自身、全く知らずに「記」「以上」を乱用していたのですが、
この上司の言う事は常識でしょうか?
そうであれば、「記」のみで〆るのですか?
具体的な例を是非ご伝授下さい

Aベストアンサー

記書きスタイルのことですね。
社内でも社外でも、最後に「以上」で締めくくるのは、「お伝えしたいことは、これで全てです」と明確にすることが目的なので、どちらでも使います。

一番良くないのは、「以上」を書かずに文を終えること。
特に、使用した用紙の後半まで文章があるような場合、以上で締めくくっていないと、読み手は、「ひょっとして2ページ目があるのかな?」と不安な気持ちになるものです。
相手に余計な不安を与えたり、手間をかけたりすることが、ビジネスに置いては、×なのです。

主に、業務遂行に直接関わるようなものの文書に記書きは使われます。
なので、決まったスタイルに則って、簡潔に書くことが大事です。(社外宛なら、本文の前に「拝啓」、最後に「敬具」と書き、十分、礼は尽くした形になっているのですし。)
一方、お礼やお詫びなどの文書の場合は、記書きを使うことはありません。拝啓で始まり、敬具で終わる一般の手紙と同じスタイルになります。

その辺の使い分けが、上司の方は、ごっちゃになっているような気がします。

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q"~いただきますよう…","~いただけますよう…"はどちらが正しい?

標記に関しまして,どちらが正しい・座りのいい日本語でしょうか.
私のケースでは,この後には「よろしくお願い申し上げます」などと使用する
場合がほとんどです.今まで「いただきますよう」を使用していましたが,
最近,両方の表現を良く目にするようになり,一体どちらが正式なのか,妙に
気になっています.

Aベストアンサー

こんばんは。
文法については、私が書きますとかなり長くなりそうですので、
ここでは触れません。
ニュアンスの問題で(文法的にも)結論を言いますと、
「き」が正解(無難?)と考えます。

なぜなら、例えばですが、
「この回答に対して、ぜひお礼をいただ『け』ますよう、
よろしくお願い…」って書くと、
「強制の度合い」が大きくありませんか?

基は「き」を使った定形文と思います。
確かに「け」には、「発信者当人の希望の要素」がありますが、
これはあくまでも「定形文」のひとつと考えると、
「定形の変更」(定形を崩すこと)に、
「ある意図が含まれ」てしまいます。
そして、「意図」が含まれると、文章は「強く」なります。

そのような特別な意図を含まない
通常の文章中では「き」が、すわりが良いと考えます。

蛇足ですが「例」については、お気になさらないでくださいね。
「自分が言われたとき」というシチュエーションでお考えになる、
「わかりやすい例」を出したかっただけですので。

Q「宜しくお願い致します」はおかしいですか

「宜しくお願い致します。」もよく使っています。
それで正解だと思っていましたが、平仮名が標準なんですか

お礼は「有難う御座います」で良いか? - 国語 - 教えて!goo の
 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4554008.html の最後のお礼の文が気になります。
教えてください

Aベストアンサー

私個人の感覚では、それは漢字が多すぎる気がします。
つまり、いかにも取ってつけたようなというか、わざとらしいと受け取られる危険がないともいえないような気がします。
むしろ、素直に 「よろしくお願いいたします」 くらいの方が好感が持たれるかもしれない。
「有難う御座います」 に至っては、「どうせワープロで漢字変換できるから漢字にしただけだろう」 という受け止め方をされるかもしれない (もちろん、いちいちそんな意地悪なことを考えるものかどうかは疑問ですけれども、あえて意地悪な受け止め方をすればの話です)。
「ありがとうございます」 というように仮名で書くと、言葉がそのまま聞こえてきそうで、和語のやわらかさがあり、好感の度合いは高くなるのではないかと思います。
もちろん、漢字にして悪いというわけのものではありませんし、あまりにも仮名ばかりだと、読みづらいという場合もあるでしょう。ただ、挨拶の言葉ですから、そのあたりはやわらかく表現されてもいいんではないかな、という気がします。

Q関係各位と関係者各位はどっちが正しい?

タイトルどおりなんですが、ふと疑問に思ったので質問させていただきます。

よくメールや資料などに上記の言葉が記載されていると思いますが、どっちが正しい(もしくは両方正しいが使用方法や相手によって違う?)のかわかりません。ちなみに私は関係各位を使っています。

私の個人的な意見としては多分、人に対してか不特定に対してかの違い、意味合いかな?ぐらいに思ってますが。。。どうなんですかね?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.4再補足します。

各位は皆さんの古い言い方で官庁、会社関係、一部の個人が使用しますが、商売でお得意様を相手にする場合は使わない方がいいでしょう。

各位で満足せず「関係者」「お得意様(厳密には様は不要)」を付け加えるなら、お得意様の具体的名前を入れ「各位」を省くのが現代流だと思います。または「拝啓」などではじめる方がいいような気がします。

フラメンコ研究会会員各位なら相手を特定しているので個人に準じた扱いとなり、現代でも許される範囲の
使い方といえるでしょう。

以上がコメントです。結論として、間違った使用法も含めて「各位」を使いたい人が依然として多いので、
関係者各位、お得意様各位、父兄各位のように使用しても一般には違和感なく受け入れられるでしょう。

個人的意見としては、「各位」が「皆さん」という呼びかけ(相手を特定しない)なので、更に「関係者」とか
「お得意様」という不特定多数をさす言葉を重ねるのは
「個」を大事にする時代の流れに沿わないと思っています。個人的こだわりです。

Q貴殿と貴台の使いわけについて

貴殿と貴台では、何が違うのでしょうか?
また、文書では、どちらを使えばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

#2です。お礼欄でちょっと気になりましたので。

>貴殿を使っていたのが、貴台に直された…

【貴殿】より【貴台】のほうが、より丁寧な印象を受けると思います。

>送り手の男性女性によって、かわるのですね。(ちなみに私は女性です)

おそらくビジネス文書であると推察しますが、
○○株式会社△△部☆☆課
山田 花子
というように、発信者欄に担当者名まで書かれるのであれば、【貴台】は使われない方がよいでしょう。しかし、発信者欄が社名のみ、あるいは担当部署名のみで終わっているなら、書いた人の性別まで詮索する必要はなく、【貴台】でよいと思います。

>貴台は貴職と同じ意味だと言うことも聞いた…

これは少し、いや、だいぶ違うでしょう。【貴台】は個人に対する敬称、【貴職】は役職名に対する敬称です。会社に対する敬称なら【貴社】ですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング