ID登録せずに、無料で質問できる♪ 教えて!gooアプリ>>

こんにちは。
アメリカから生地を送ってもらうのですが
汚れから防ぐため、ビニールを2重にして梱包してもらうように
依頼したいと思っています。
To avoid damaging fabrics, please do double-package for each roll.

で通じますでしょうか?
もし良い文章などありましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

はじめまして。



ご質問にある英文で意味は通じると思います。注意点は以下の通りです。

1.依頼文は「~するために」という目的を先に持ってこないで、直接pleaseなどの依頼を明示すると端的でわかり易い文になります。

2.「汚れから防ぐ」は、protect A from ~ing「Aを~することから防ぐ」、keep A from ~ing「AがBすることを防ぐ」などを使うといいでしょう。

3.また、不定詞toを後置して「~するために・・・して下さい」の意味にしますが、このto不定詞は「結果」の用法ともとれるので、「・・・して~するようにして下さい」の意味にもなります。

4.「二重梱包する」は「二重梱包で送付する」という表現にします。「梱包する」はpackageよりもpack、packingなど「動作」を表す表現を使います。

5.fabricsは「構造」「織物」と言う意味で、それ自体には「生地」の意味はありません。「生地」はmaterial、dress materialsになります。

ただ、each rollを先に前出するのであれば、後半の「生地」はitで受けるだけでいいでしょう。

6.依頼文はpleaseの他に、丁寧なcould you (please)~?などもあります。

7.以上を踏まえて訳例は

Please send me each roll with “double packing” to protect well the materials.
(直訳)「生地を十分保護できるよう、各ロールを二重梱包で送付して下さい。

Please pack each roll of the cloth “in double protection” to keep it from damaging.
(直訳)「布ロールを二重梱包して、生地が損傷しないようにして下さい。」

Please pack each roll of the cloth “in double protection” keeping it clean.
(直訳)「布ロールを二重梱包して、生地を清潔に保って下さい。」

Could you please do packing each roll “in double” to protect it against the stains.
(直訳)「生地を十分保護できるよう、各ロールを二重に梱包して下さい。」

ぐらいになります。フィーリングの合うものを組み合わされて下さい。
ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御丁寧に解説して下さいましてありがとうございます。
色々な言い方があるものですね。
参考になりました。

お礼日時:2008/02/08 09:35

To avoid the fabrics from damaging, do double-packaging for each

roll, please.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答いただきまして、ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2008/02/08 09:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語で「個数」「件数」は?

質問は単純です。
英語で「個数」や「件数」をなんというか、です。

とりあえず、思いついたのは、numberでした。
たとえば、「りんごの個数」は"a number of apples"ですか?
でも、"a number of"は「いくつかの」という意味ですよね。

「データの件数」は"a number of data"でしょうか?

私は英語はほとんど出来ませんが、numberは「個数」というよりも「番号」という意味であるような気がしてなりません。

Aベストアンサー

>「個数」や「件数」をなんというか、です。
>とりあえず、思いついたのは、numberでした。
意外に思われるかもしれまんせんが、語の選択はnumberであっています、と思います。

>「りんごの個数」
the number of (the) apples

>「データの件数」
the number of (the) data

>numberは「個数」というよりも「番号」という意味であるような気がしてなりません。
実は、昔、私も、「個数や件数はなんていうのかな、え、number? え、本当?」と、奇異に感じたことを、思い出しました。

Q「費用が発生する」を英語で言うと?

なんと言えば適切でしょうか? 議事録等で使うある程度フォーマルな表現です。 cost moneyっていうのもなんとなくストレートすぎるような気がするんですが。

例文を挙げますと、
A(の手段)だと費用が発生する。
Aによる費用の発生を避けたい。
というような感じです。 お願いします。

Aベストアンサー

たぶん通じるだろう、という程度のものですが。

「Aだと費用が発生する」
There will be costs/expenses for A.
We will incur costs/expenses for A.

「Aによる費用の発生を避ける」
avoid costs/expenses for A

ご参考まで。

Qnotedの意味

英語圏の会社に、いろいろと技術的な要求仕様を箇条書きにして質問していたのですが、回答に「noted」と書かれている項目があり、知人に聞いたら日本語で「拝承」って言ったような意味だよと言われたのですが、辞書で調べるとなんとなく違うニュアンスのような気がして、悩んでおります。もし、ご存知な方がおられたら教えてください。

Aベストアンサー

多くの場合は日本語の「了解」にあたる場合に使いますが、英語の意味としては了解、納得、OKではないので注意が必要です。貴社の要望を読みましたという場合もあり、読んでどうするかまではふみ込んでいません。とりあえず
notedと返事しておいて必要な措置(それが必要なら)をとることもあります。あなたが不満だと言う事はわかったという意味に使われた場合、相手がその不満を解決するかどうかは分かりません。

一般的な字句の解釈だけではなく、両者がある件名で何が問題なのか、何を求めているのか、ケース・バイ・ケース
で明らかにしていけば誤解の心配はないでしょう。後で法律的(契約)な問題に発展するような案件でnotedだけで済ませるのは危険です。

私はビジネス・レターの習慣(礼儀)として、特に返事のいらないような案件でも相手の手紙を見たという事を伝えるために一言 notedと打ち返す時に使用したり、1~5の
質問や注意事項に対し、1~3に対しては詳しく回答し、4~5が単なる連絡事項的な場合にはnotedを使用していました。

QFOB CIF FCA とか Ex-works って?

FOB, CIF, FCAというのは取引の形態というか、契約の種類みたいなもんですよね?
Ex-workってなんですか?

そもそもFOB, CIF, FCAってのもよくわかってないので、
上記のこととあわせて教えていただけませんでしょうか?

また、この辺のことをわかりやすく説明している本など、
ご紹介ください。

Aベストアンサー

取引条件の中の「積地に関する貿易条件」です。
商品引渡しの場所にからむ条件です。

ex-workだったら、工場渡し。Ex Warehouseなら倉庫渡しです。何を渡すかですが、所有権と危険負担が売主から買主に渡されます。危険って何かというと渡すまでに壊れてしまったり盗まれたりするリスクです。当然輸送費用は買手もちですよ。

F.O.Bは「Free On Board」の略。日本名では本船渡しといいますね。売手が買手指定の輸出地の船の甲板上に積み込めば、上記で説明したように所有権、危険負担、費用も買手の責任に移行します。

C.I.F(Cost,Insurance and freight),読んで字の如し、CostとはFOBを指します。それに保険、船代を加えた価格のことです。CIF Tokyoだったら東京までのIFが入ってる分高いのが普通です。

FCA(Free On Carier)運送人渡しです。つまり買主が指定した運送人に指定地において引き渡すまで費用と危険を負担する条件ということです。

実務上では貿易の際のTrading Termとして特によく使われるのがFOBとCIFですが。
 Price: USD 100,000 FOB Hong Kong
とか,
CIFでIFが 1,000 ドルかかるなら
 Price:USD 101,000 CIF Tokyo
とか取引条件を決めます。
普通FOBであれば買主のあなたは、自分で船代と保険を負担しないといけませんね。価格条件に入っていませんから。CIFの場合はその代金が既に入っているのでそのぶん高いわけです。保険をかけたくなければC&Fという条件もあります。

Traderとの実際のネゴでは、IF負けてくれとか。そういう話になってきます。値引きといっしょですね。

このあたりは貿易実務の本なら必ず書いてある基本ですからアマゾンででも検索してみてはいかがでしょうか。いくらでもあると思います。

取引条件の中の「積地に関する貿易条件」です。
商品引渡しの場所にからむ条件です。

ex-workだったら、工場渡し。Ex Warehouseなら倉庫渡しです。何を渡すかですが、所有権と危険負担が売主から買主に渡されます。危険って何かというと渡すまでに壊れてしまったり盗まれたりするリスクです。当然輸送費用は買手もちですよ。

F.O.Bは「Free On Board」の略。日本名では本船渡しといいますね。売手が買手指定の輸出地の船の甲板上に積み込めば、上記で説明したように所有権、危険負担、費用も買手の責任に...続きを読む

Q「彼の話によると」の英訳

「彼の話によると」と言うのを英語で言うとどのような表現になるでしょうか?

状況としては、「彼の話によるとね○×△なんだって」といった日常会話です。

According to his talk
これは硬いので言わないですよね。

he says that ....
現在形でこのように言いますか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>he says that ....
>現在形でこのように言いますか?

これでいいのではないのでしょうか。現在か過去かは場合によるので判断が難しいと思います。今目の前でいってるわけではないので、言ったのは過去ケースがおおいでしょうが、いまでもその意見を彼が持ち続けていると思うなら現在でもいいと思います。

tells/toldも使えます


According to himもつかえるとおもいます。おっしゃる通りsayよりはかたいです。

Q貿易用語のFCAってどこまで含まれるの?

FCAについて色々説明が書かれていますが、
FCAの時、輸出通関は売主が行なうのか、それとも買主側?
指定運送会社の倉庫に入れるまでということは、通関費用は買主?
売主の費用負担の範囲と責任の範囲を詳しく教えてください。

あと、FCAとEX GO DOWN XXXとの違いを詳しく教えていただけませんか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
FCAの輸出通関は売主或いはSHIPPERサイドです。
FCAで移転するのはあくまでリスク移転です。

FCAは主に、航空貨物で比較的多用されるので、
航空貨物を例にたとえます。
FCAのCAはご存知の通り、キャリアーです。
例えば、JLやCXなど。
貨物が、JLに渡った時点を境に
保険等、損害賠償の求償権が買主側に移ります。
売主(SHIPPER)は、貨物をAIR出荷しようとするとき、
直接JLやCXに引き渡すことはまずありません。
まず、事前に航空代理店(FORWADER)に引き渡し、FORWADERが
通関を行って許可が上がってから(実際はほとんど同時ですが)
CARRIERであるJLなどに貨物が渡ることになります。
ですので、通関は売主あるいはSHIPPERの負担となります。
その点では、FOBとほぼ同義と考えて良いでしょう。

尚、EXGは、インコタームズの規定にはありません。
これはあくまでも輸出を前提とした国内(或いは或内)取引で
買主の指定場所渡し というだけの条件です。
この場合、指定場所までのリスク負担は売主のものとなります。
また、通関は買主が行います。

、、、、という解釈の立場で、FCAやEXGの取引を今まで行って
きたのですが、、、もし他の方のご回答が違うようでしたら
真っ青です^_^;。
あまり詳しく書けなかったのですが、ご参考になれば幸いです。

色々、HPなどで調べられたかと思いますが、
ご参考までにインコタームズの説明のあるURLを
リンクにはっておきますね。

参考URL:http://law.rikkyo.ac.jp/97zemi/970623.htm

こんにちは。
FCAの輸出通関は売主或いはSHIPPERサイドです。
FCAで移転するのはあくまでリスク移転です。

FCAは主に、航空貨物で比較的多用されるので、
航空貨物を例にたとえます。
FCAのCAはご存知の通り、キャリアーです。
例えば、JLやCXなど。
貨物が、JLに渡った時点を境に
保険等、損害賠償の求償権が買主側に移ります。
売主(SHIPPER)は、貨物をAIR出荷しようとするとき、
直接JLやCXに引き渡すことはまずありません。
まず、事前に航空代理店(FORWADER)に引き渡し、FORWADERが
通関を行っ...続きを読む

Qsame with と same as の詳細な違いとは

タイトルのとおりです。
どのような場合にこれらの言葉を使い分ければいいのか、
確信のあるかた、または経験上こういえるのではないか、
といえる方、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どちらも、「~と同じである、~も同然{どうぜん}である」といった訳になるかと思いますが、"same with"は、「行動・態度などについて」いう場合に使われ、"same as"は、それ以外の場合に使うという違いがあります。

Q「スケジュールを確保してほしい」は何と言いますか?

英国人に、契約書のドラフトをチェック依頼します。

今、ドラフトを作成中ですが、前もって、何月何日にドラフトを送るから、何月何日から何月何日までの期間内にドラフトをチェックをして頂く予定なので、その期間はスケジュールを確保して(空けておいて)ほしいと、電子メールでお願いしようと思っています。

「何月何日から何月何日までの期間は、ドラフト確認のスケジュールを確保して(空けておいて)いただけますか?」は、英語で何と表現すればいいでしょうか?

Aベストアンサー

Could you check your calendar/schedule, and leave Nov/15 to 18 open just to work [exclusively] on drafting the contract?

[exclusively]を入れておくとその間はこの件に専念してねのニュアンスが伝えられるかな!

Q変更等ありましたらお知らせください(至急

こんにちは。

上司にかわって外人のお客さんにディナーの招待メールを出したいと思います。

その際、文章の最後に、「変更等ありましたらお知らせください」 と書こうと
思うのですが、どのように表現すればよいでしょうか。

Please let us know if you need to change anything.

とかでいいのかもしれませんが、ちょっとカジュアルすぎかなと思います。
もっと良い文章等ありましたら、指南お願いします。

Aベストアンサー

if anything has been changed という表現はあるので, 後ろの if節をこれに変えるだけでもいいのかもしれない. あるいは動詞を know から inform ないし notify にすると
Please inform us if anything has been changed.
くらいの文章も考えられそう.

Qduly noted

duly notedは「承知致しました」と言う意味だそうですが、お得意様からのメールにこの言葉だけで返信しても大丈夫でしょうか。失礼に当たらないですか。ほかに、一語で「承知しました」と言う言い方はありますか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

note という言葉はやや意味不明なところがありますので、正式な文書をこれだけで手短かに済ませるのはやや危険です。この単語を使うなら We have received your letter.We have noted your letter with thanks. とか We have noted your letter with many thanks. とか言葉を補うとよいと思います。

なお「承知」というのは日本語では「了解です。そのようにします」というニュアンスであったりしますが、note だけではその点は弱いので Understood. Will comply (with your request). 他、行動につながる表現が必要な場合もあると思います。

他に使える表現としては Certainly. とか All right. など。また内容次第ですが This is to acknowledge... なども使えます。


人気Q&Aランキング