「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

オゾン層の勉強をしててふと思ったのですが、何故オゾンはある程度上空(成層圏)で高濃度で存在するのでしょうか?

A 回答 (3件)

大気上層では,強力な紫外線で酸素分子がぶつぎりにされて,


再結合するときにオゾンとなるものがあります.
一方,余り上層過ぎると,材料となる酸素分子,原子が少ない,
宇宙への散逸がある,などのため,「結果として」そこに高濃度に溜まることとなりました.

以下,余談.

因みに,カール・セーガンが提唱した「核の冬」(核戦争後の世界を予測したもの)によれば,
そこではオゾン層が地表にまで降りてくるそうです(何故だかは失念しました).
オゾン自体は有毒で,長期的にも身体を蝕みますから大変なことです.
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます。
余談も非常に興味深い話ですね!今度本屋さんで「核の冬」という本、探してみます!

お礼日時:2008/02/13 21:48

オゾン層ができる時に熱を吸収するので、成層圏という上空にむかうにつれて温度が上昇する層ができます。

なので、成層圏というのはオゾン層がある層ととかなり同義です。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%90%E5%B1%A4% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答と参考URL、共にありがとうございます。
成層圏という上空にむかうにつれて温度が上昇する層なのですか!?
それは初めて聞きました。勉強になりました!

お礼日時:2008/02/13 21:51

上空のある領域からは光エネルギーが強いために酸素が化学変化を起こしてオゾンになるからです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/13 21:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜオゾン層は地上25km上空にあるの?

O3はO2やN2より質量が大きいのになぜ、地表に下がってこないのでしょうか。

Aベストアンサー

バクテリアが酸素を発生し始めた頃は、大きなエネルギーをもった強い紫外線が地表に届いていたと思います。この紫外線によって酸素はオゾンに変化したと思います。酸素がたくさん作られるようになりと、オゾンもたくさん作られるようになります。オゾンができたところから下の方へは強い紫外線が届きにくくなりますから、そこでは酸素はオゾンに変化しないことになります。そのため、オゾンができる高度が高くなっていったと考えられるのではないでしょうか。

Qオゾンホールができる仕組み→南極上空の大気が薄い理由

「南極上空は大気が元々薄いので、特にオゾン層が
薄くなる。その場所をオゾンホールという。」
という記述がよく見られるのですが、なんで南極上空
は大気が薄いのかの説明がわかりません。
教えてください。

また北極にはオゾンホールが見られないのでしょうか。
見られないとしたら、その理由も教えてください。

Aベストアンサー

「南極上空の大気が薄い」という説明はどこでご覧になりましたか?そんなことはありませんよ。

 オゾン層というのは、地上約10~50kmの高さにある成層圏の中で、比較的オゾンが多い場所があり、これがオゾン層と呼ばれています。

 南極でオゾンホールが現れるのは、オゾン層が破壊される化学反応が低温の場合に進むためで、オゾンホールが現れるのは南半球の冬の季節で、最盛期は9月下旬から10月上旬です。

 では、北極でもオゾンホールが現れても良いのではないかと思われると思いますが、陸地と海の分布の差で、そうはならないのです。

 南極は極付近に大陸があり、その周りが海という環境から、極付近の上空の気温が非常に低くなりやすいのに対し、北極は極付近が海で周りが大陸のため、南極ほど上空の気温が下がらないのです。

 ですから、今まで、南極のオゾンホールと同じようなオゾンホールが北極で現れた事はありません。ただし、オゾンの量が少なくなる現象は現れており、今後もフロンなどのオゾン層破壊物質を放出し続けると、北極付近でもオゾン層が破壊される可能性は十分にあります。

参考URL:http://www.data.kishou.go.jp/obs-env/hp/3-10ozone_depletion.html

「南極上空の大気が薄い」という説明はどこでご覧になりましたか?そんなことはありませんよ。

 オゾン層というのは、地上約10~50kmの高さにある成層圏の中で、比較的オゾンが多い場所があり、これがオゾン層と呼ばれています。

 南極でオゾンホールが現れるのは、オゾン層が破壊される化学反応が低温の場合に進むためで、オゾンホールが現れるのは南半球の冬の季節で、最盛期は9月下旬から10月上旬です。

 では、北極でもオゾンホールが現れても良いのではないかと思われると思いますが、陸地と...続きを読む

Qオゾンホールはどうして南極に?

オゾンホールが重要な環境問題の一つですが、どうして南極に出て、北極にはほとんど出来ないのでしょうか? 
自転が関係? 磁気のNSの違い? 海洋・大陸の分布が影響している? オゾン層破壊物質は、主に大陸から発せられるのでしょうが、オゾン層にまで上昇するときは全地球上空で均一化されるのでしょうね?
北半球の方が人口が圧倒的に多いので北極にもホールがあれば影響も大でしょうが。

Aベストアンサー

オゾンホールが南極に顕著で北極で現れにくいのは、成層圏の温度と深く関係しています。

 >(オゾンホールは)どうして南極に出て、北極にはほとんど出来ないのでしょうか?

この問いに対しては、「南極の冬の成層圏の方が北極の冬の成層圏よりも、より低温である」
……というのがその答えになるでしょう。

オゾンホールは塩素酸化物の触媒反応が原因で発生しますが、
これには極成層圏雲(PSC)の存在が重要な役割を果たします。
硝酸の氷滴(固体)からなる雲粒上で、その化学反応が著しく促進されるからです。
この雲が多く発生すれば、オゾンホールはそれだけ大きく成長することになります。

ところで、オゾンホール生成に関わるこの極成層圏雲(PSC)は、
成層圏の温度が190K以下になると発生する、と言われています。

冬の極地上空には「極渦」と呼ばれる寒気の渦が存在します。
南半球はご存知のように海陸分布も単純ですし、極渦は定常的な円運動になり、
低緯度からの暖気が南極上空に入りにくい構造になっています。

低緯度からの熱量と、オゾンそのものの輸送が妨げられる南極上空の極渦は、
冬の間、極度に冷えます。
南半球の冬(6月~8月)、南極上空の下部成層圏の温度は190K以下に達し、PSCが発生します。
そして、春先の9月から10月には顕著なオゾンホールが形成されます。

一方、北半球はヒマラヤ、ロッキーなどの高い山脈や海陸分布が複雑なために
ジェットは南北に蛇行し、極渦の形も絶えず変化します。
よって、低緯度の熱やオゾンが北極上空に運ばれ、オゾンホールは出来にくくなる訳です。

オゾンホールが南極に顕著で北極で現れにくいのは、成層圏の温度と深く関係しています。

 >(オゾンホールは)どうして南極に出て、北極にはほとんど出来ないのでしょうか?

この問いに対しては、「南極の冬の成層圏の方が北極の冬の成層圏よりも、より低温である」
……というのがその答えになるでしょう。

オゾンホールは塩素酸化物の触媒反応が原因で発生しますが、
これには極成層圏雲(PSC)の存在が重要な役割を果たします。
硝酸の氷滴(固体)からなる雲粒上で、その化学反応が著しく促進され...続きを読む


人気Q&Aランキング