痔になりやすい生活習慣とは?

パルス幅をT=5msになるような、
コンデンサと抵抗の組み合わせが何通りもあると思うのですが、
この理論値を使って、回路を組みオシロスコープでみてみると、
コンデンサと抵抗の組み合わせによって波形が違ってきます。
これは何故なんでしょうか?

よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

はじめまして。


結論から言いますと、コンデンサの容量が関係しています。

例えば、R=5kオーム、C=1マイクロ で構成される回路と、
    R=5Mオーム、C=1ナノ で構成される回路では、
コンデンサに充電される早さが違います。もし、boke-bokeさんがラプラス変換を習っているのであれば、簡単に充電される時間が求められると思います。電気電子系の友人に求めてもらうのも手だと思います。

直感的に考えるのであれば、一般的に、コンデンサの容量が大きくなればなるほど、波形のなまり(ゆがみ)は大きくなります。
なぜなら、コンデンサに充電されるまでに時間がかかるからです。その分、波形はゆっくりと頂点(?)に向かって上昇していくのです。

色々書きましたが、波形の違いはコンデンサの大きさの違いによるもので、
コンデンサが大きくなればなるほど、波形はゆっくりと上昇していきます。

これで、解ってもらえるでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

波形のゆがみにコンデンサの容量が関係してくるっていうのが
頭の片隅に・・・○^^○ちょっぴり残っていました。

えっと、もしわかれば教えていただきたいのですが、
コンデンサの容量が33μをつかったら、綺麗に方形波はでてたんですが、
パルス幅が横に長い?というかチラツイて(通じるかしら?)
オシロスコープで見れなかったんですが、
もう少しコンデンサの値を大きくしたら、
オシロスコープ内で確認することができるようになったんですが、
これは波形のゆがみによるものなんでしょうか?

とっても恥ずかしい質問(基本なのかなぁ?)ですみませんが
よろしくお願いいたします。

お礼日時:2002/10/09 18:44

どうもです。



>コンデンサの容量が33μをつかったら、綺麗に方形波はでてたんですが、
>パルス幅が横に長い?というかチラツイて(通じるかしら?)
>オシロスコープで見れなかったんですが、

おそらく、   ↑ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|
     ___|5ms  |__|___ 

のようになっていたのではないですか?
私が想像したのは、立ち上がりエッジ(↑)で、後ろの落ちる部分がちらつく
という風に考えたのですがどうでしょう?
その場合は、この回路が本当に常に5msを出しているのか、計算しなおした
ほうがよいと思います。

または、単にトリガをかけていなければ、トリガをかけてください。
それ以外ですと、私ではおてあげです。(専門家じゃないですよね・・(汗))

コンデンサを大きくしたら、波形がちらつかなくなるという原因は、
申し訳ないのですが、わかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ごめんなさい、私の説明がおかしかったみたいで・・・。
今日、他のコンデンサで更に試したんですが・・・
容量を小さくしても綺麗にでて(多少ひずみがありますが・・)
この現象はなくなりました。(??)
同じ材料を使用して、他に作った人には起きていないんですよねぇ・・・。
私が、変な周波を発しているのかしら?

無安定マルチバイブレーターの回路実習だったんですが・・・
コンデンサと抵抗について、もう一度勉強が必要だとわかりまして
もう一度、本を読みなおします(^^;

すごーく、大嫌いなオシロスコープを使用しての苦手な授業なので
本当にチンプンカンプンで、専門家の方には『おまぬけな』質問を
しているかと思います。
これからも、『?』がでたら、優しく教えて下さい。
よろしくお願いします。

お礼日時:2002/10/10 19:09

>>パルス幅が横に長い?というかチラツイて(通じるかしら?)


何処にコンデンサを入れているかは分からないのですが、パルス幅が広い時には、すなわち、波形が鈍っており、方形波の立ち上がりや立下りのタイミングが決まらないために、波形が鮮明でなくなったのでは?
CMOSの入力波形を見ると、緩やかに立ち上がり、緩やかに立ち下がる波形が見えていたかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私のチラツキはコレが原因じゃないんですよぉ・・・(??)

でも、teo98さんのおっしゃるとおりパルス幅が広い時も
波形が鮮明でなかったです。
これも、レポートに書かせていただきました。

ありがとうございます。

お礼日時:2002/10/10 18:59

例えば、E(V)に充電したキャパシタC(F)をR(オーム)で放電するときの電圧V(t)の理論式 V(t)=E*exp(-t/CR) は、CとRの積で時定数が決定されるのにCとRの積が同じでもCの値によって実測の時定数が異なると言うことでしょうか?



これは、理想状態と現実の差によります。
ざっと挙げると
・C,R の誤差
・Cの印可電圧による変化
・その他Cの非線形性
・Cの漏れ電流
・電圧測定部分の入力抵抗(漏れ電流)
などです。

たとえば、
・アルミ電解コンデンサは漏れ電流が大きいです
・高誘電率系のセラミックコンデンサ(F特とかY5Vなど)は、誤差も温度による容量の変化も大きい上に非線形性や電圧による容量の減少も無視でき無いことがあります。
・オシロのプローブは1Mオーム程度の入力抵抗があります。

卑近な例では、バイポーラのタイマーIC 555 があまり長い時定数を実現できないのは漏れ電流によるものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レポートを書くヒントになります。
ありがとうございます。

お礼日時:2002/10/10 18:56

τ=CR(時定数)のことですか。


コンデンサーと抵抗を直列に接続して、コンデンサーと抵抗の中間点から、出力するとした場合。
1.コンデンサーに5msのパルスを入力して、抵抗の両端をオシロスコープみると、微分回路として働く。
2.抵抗に5msのパルスを入力して、コンデンサーの両端をオシロスコープで見ると積分回路として働く。

波形はことなるのは当然。

それとも、質問の意図は、コンデンサーと、抵抗の誤差のことなのかなあ?
それぞれ、最大で20%の誤差があります。

よく分からない。ごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にご返答ありがとうございます。

えっと、無安定マルチバイブレーターの回路作成したのですが・・・
出力波形はCMOS ICを通した値なんです・・・。

説明不足でごめんなさい。

お礼日時:2002/10/09 18:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマルチバイブレータの周期の測定の計算値との比較

一番簡単な単安定マルチバイブレータの回路で実験をし、単安定マルチバイブレータ(R=68KΩ,C=2.2μF)ではトランジスタのベース・エミッタ電圧、コレクタ・エミッタ電圧の波形を測定したのですが、測定結果はT=75msで、計算値T=0.7CRと値が大幅にずれてしました。これは何故なんでしょうか?実験の行い方が悪かったのでしょうか?また、無安定マルチバイブレータでも、Tが計算値と一致しない現象が起きてしまったのですが、これも単安定マルチバイブレータと同じ理由で値が一致しないのでしょうか?

Aベストアンサー

つーか、温度によって激しく変動もしますよ。無安定よりかは安定すると思いますが
それでもトランジスタを使っている限り、磁気や温度などで変動しますので・・・・

Qマルチバイブレータのパルスについて

単安定マルチバイブレータ(コレクタ・ベース結合)のパルス式

τ=0.7CR

があります。これの由来?何故この様な式になるのかがわかりません。詳しく教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

 
 
 (以下はマルチバイブレータの過去回答からの抜粋改編です。)


 マルチバイブレータの単段。回路的には固定バイアス方式のコンデンサ結合増幅回路ですが、大振幅のスイッチング動作をします。 単安定型では右側トランジスタのコレクタから左側Trのベースに直流的に(単に抵抗で)結ばれます。 無安定型では図と同様のコンデンサとRbによって結ばれます。


      ┯     ┯Vcc
      |     |
      Rc     Rb  
      |     |   C…
      C──C─┴──B
     …B          E
      E           ┷
       ┷

(図が折り返らないように画面幅を広くして見てください。)


..................................................................... Vcc
   ↑
   |
 Vcc-Vbe
   |
   |                Vbe(on)約0.65V
 _↓___          __↓
........↑..........│......................../..................グランド
   |     │      /    ↑
   |     |     /
Vcc-Vce(s) |    / 
   |     | /   Vccに向かって指数変化 
   ↓     |/   時定数τ=CRb





 左側の駆動役のトランジスタのコレクタ波形は、オフではVcc、オンではVces(sは飽和)ゆえ、振幅はVcc-Vcesです。 この振幅がコンデンサを素通り的に渡って右側トランジスタのベースを負に引き下げます。べースは今までオンしていた電圧 Vbe(0.65V程度)であったのが、そこから急激に負に振られます。
その直後からRb経由で充電が始まります。コンデンサの充放電の式は、お馴染みの
  V=Vo・exp(-t/τ)
です。(*)
初期値Voに相当する電圧は、充電の最終到達値はVccなので それとの差を図から読めば簡単です。
  Vo = Vcc-Vbe + Vcc-Vces = 2Vcc-(Vbe+Vces)
です。
右トランジスタのベースが再びオンになる電圧は、これも最終値Vccから測って Vcc-Vbe ゆえ、これらを充放電の式に入れると、
  Vcc-vbe=(2Vcc-Vbe-Vces)・exp(-t/τ)
となります。
この式を満たすtが、トランジスタがオフしてるパルス幅です。それをtwと書くと

  exp(-tw/τ)=(Vcc-Vbe)/(2Vcc-Vbe-Vces)
  tw =τlog{(2Vcc-Vbe-Vces)/(Vcc-Vbe)}
logは自然対数。
単安定の場合はこれがそのまま出力パルスの幅です。
無安定の場合の周波数は
  f=1/(2tw)

 ところでシリコンの小信号Trでは Vbe≒0.65V、Vces≒0.2V 程度です。古風な12V電源とか5V電源の場合はこれらをゼロとした近似式がよく用いられます。すなわち。
  tw≒τlog(2)
  f≒1/( 2τlog(2) )



(*)
これがコツ。
最終状態から測れば、式は常に exp(-t/τ)になるのです。
(1-exp(-t/τ))は使わなくともよいのです。




↓抜粋もと
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=692084&rev=1
 
 

 
 
 (以下はマルチバイブレータの過去回答からの抜粋改編です。)


 マルチバイブレータの単段。回路的には固定バイアス方式のコンデンサ結合増幅回路ですが、大振幅のスイッチング動作をします。 単安定型では右側トランジスタのコレクタから左側Trのベースに直流的に(単に抵抗で)結ばれます。 無安定型では図と同様のコンデンサとRbによって結ばれます。


      ┯     ┯Vcc
      |     |
      Rc     Rb  
      |     |   C…
...続きを読む

Q遅延時間とパルス幅について。

遅延回路におけるパルスの遅延時間と、ポジティブエッジ検出回路における検出パルスのパルス幅の概算値の計算での求め方についてご指導願います。

Aベストアンサー

解らないところを明確に上手な質問をしないと、これだけでは誰も答えられませんよ。一生懸命答えても、的外れなことって多いものです。

回路を作りたいのでしょうか?
理論だとしても、回路構成を無視して述べるとしたらCRの時定数とスレッショルド?
検出パルス幅とは、トリガに必要なパルス幅?

Q計算値と理論値の誤差について

交流回路の実験をする前に、ある回路のインピーダンスZ(理論値)を計算で求めたあと、実験をしたあとの測定値を利用して、同じ所のインピーダンスZ(計算値)を求めると理論値と計算値の間で誤差が生じました。
そこでふと思ったのですが、なぜ理論値と計算値の間で誤差が生じるのでしょうか?また、その誤差を無くすことはできるのでしょうか? できるのなら、その方法を教えてください。
あと、その誤差が原因で何か困る事はあるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

LCRのカタログ値に内部損失や許容誤差がありますが、この誤差は
1.Rの抵抗値は±5%、±10%、±20% があり、高精度は±1%、±2%もあります。
2.Cの容量誤差は±20% 、+50%・ー20% などがあり
3.Lもインダクタンス誤差は±20%で、
3.C・Rは理想的なC・Rでは無く、CにL分、Lに抵抗分の損失に繋がる成分があります。
これらの損失に繋がる成分は、試験周波数が高くなると、周波数依存で増大します。
また、周囲温度やLCRの素子自身で発生する自己発熱で特性が変化します。
測定器や測定系にも誤差が発生する要因もあります。
理論値に対する測定値が±5%程度発生するのは常で、実際に問題にならないように、
LCRの配分を工夫すると誤差やバラツキを少なく出来ます。
 

Q振幅変調方式について

今振幅変調回路について学習しています。
それで信号波を搬送波にのせて変調波に変える原理を回路から考察しているのですが、その回路に使用されている搬送波側のトランジスタ、信号波側の変圧器の役割、他にLとCが並列になっている部分でどのように変調波ができているのかの三点がわかりません。考察しているのはコレクタ型変調回路です。何分まだ勉強中で未熟なものでわかりにくい書き方になってしまいましたが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
 
>> トランスの役目はVccの電圧を増幅している? <<

 トランスは巻線相互が直流的に切り離されるので、信号側のアンプを 変調回路のVccと関係なくできるので回路設計の自由さが増します。 またトランスは 電圧を高く昇圧できるので、信号アンプを低電圧で動くアンプにできます。ご質問はこのことのようですね。


それから、トランスの場合は「増幅」ではなく普通「変圧,昇圧,降圧」と言います。慣れないと使い分けにとまどうかも知れませんね、「増幅」は

 他のエネルギ源(電源とか)
     ↓
   ┏┷┓
入→┨  ┠→出力
力  ┗━┛

こんな状態を言う用語です。トランスは上図の「他のエネルギ源」が無く(受動素子と言います)、エネルギは素通りするだけです。

(続けて余談;しかもどちら向きにも通れます。あなたが例示した回路でも、搬送波がトランス経由で信号アンプの出力に入り込むルートもありなのです。実際そうなってしまうと、信号アンプは低周波しか対処できないのが普通なので種々の不具合が生じます。それを防ぐために、搬送波がトランスに行く前の C4コンデンサで搬送波をグランドに落としてます。トランスのインダクタンスとC4でLCローパスフィルタを構成してます。)



 なお、普通の音声信号などは直流成分が無いのでトランスで切っても構わないですが、もし直流成分も必要な場合はトランスは使いません。
 
 

 
 
>> トランスの役目はVccの電圧を増幅している? <<

 トランスは巻線相互が直流的に切り離されるので、信号側のアンプを 変調回路のVccと関係なくできるので回路設計の自由さが増します。 またトランスは 電圧を高く昇圧できるので、信号アンプを低電圧で動くアンプにできます。ご質問はこのことのようですね。


それから、トランスの場合は「増幅」ではなく普通「変圧,昇圧,降圧」と言います。慣れないと使い分けにとまどうかも知れませんね、「増幅」は

 他のエネルギ源(電源とか)
  ...続きを読む

Q回路 : 抵抗で信号がなまる。とは??

回路についての質問があります(初心者です)。

「ここの抵抗で信号(電圧)がなまりそうだね」と
ある技術者が言いました。

抵抗で信号がなまる理由が良く分かりません。。
RCフィルタなどで考えた場合、Cの影響によって
信号がなまる理由はなんとなく理解できるのですが、
抵抗のみで考えた場合、信号がなまることはあるのでしょうか??

Aベストアンサー

信号線に抵抗が入っていると、その先の素子の入力容量(入力端子とGND間の静電容量)によってRCフィルタ(低周波だけ通すフィルタ)が形成されます。そこを矩形波のように急激に電圧が変化するような信号が通ると高周波成分がなくなってしまい、電圧変化がなだらかになって「波形がなまる」ということになるのですが、そのなまり具合は、R*C の値が大きいほど顕著になります。したがって、C が決まっている場合、R が大きくなるほど波形がなまるわけです。ある技術者がそう言ったのは、信号の周波数と入力容量の値から考えて、抵抗の値が大きすぎると考えたのでしょう。

抵抗を R (Ω)、入力容量を C (F) としたとき、周波数 f (Hz) の矩形波がなまらないようにするには
   f << 10/( 2*π*C*R )
となるような R の値にする必要があります。

Q4538Bのパルス幅の計算

4538Bをモノステーブルマルチバイブレータで使いたいのですが、パルス幅の計算式が、手持ちの資料、インターネットで検索しても見つからないので困っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的に半導体の情報はほとんどpdfファイル化されてますよ。これほど情報開示が進んでいるのは半導体関係以外にはないと思うほどです。参考URLに東芝の半導体情報サイトをあげておきますので、検索してみてください。

TC4538BP(東芝)のデータシートより。
t_wout=C_x*R_x

その他の各社半導体情報サイト
NEC: http://www.ic.nec.co.jp/
三洋: http://www.semic.sanyo.co.jp/
三菱: http://www.semicon.melco.co.jp/
日立: http://www.hitachi.co.jp/Sicd/index.htm
松下: http://www.panasonic.co.jp/indg/sc/index.html
などなど。

参考URL:http://www.semicon.toshiba.co.jp/

Qマルチバイブレータについて

各マルチバイブレータについてのご質問になりますが、非(無)安定マルチバイブレータ、単マルチバイブレータ、双安定マルチバイブレータの、各それぞれの応用例を、教えてくださいm(__)m。
どういったものに使用されているのか教えてください。
是非お願いいたしますm(__)m。

Aベストアンサー

こんにちは。
非安定マルチ→発振回路、分周回路

  あまり高い安定度を必要としない周波数源として使われる事が多いよう
  です。またベース(ゲート)回路に発振周波数の整数倍の周波数を入力
  すると入力信号に同期した整数分の一の方形波を取り出す事ができます。

単安定マルチ→トリガパルス整形回路を動作させる信号をアナログ信号から
  パルスを作るチャタリング防止接点などの振動で細かい沢山のパルスが
  発生したとき、単安定マルチの時定数以下の細かいチャタリングパルス
  をキャンセルできる。

双安定マルチ→計数回路、分周回路、記憶回路、方形波への波形整形
  コンピューターで一番使われてる回路はこれでしょうね。

こんなところでいかがでしょうか。

QCR発振の原理

トランジスタのCR発振の原理について説明が出来る方、おおまかでもよろしいのでお願いします。

Aベストアンサー

No.2のymmasayanです。補足です。
移相回路で180度遅らせると書きましたが、参考URLの場合は180度進ませるです。
(移相回路がCRの接続の仕方で2種類あります)
進みでも遅れでも180度で反転ですので結局は同じことなのですが。

Q微分回路の誤差について

ある微分回路に波形を入力して出力波形を測定する実験を行ったのですが、理論値と測定値で値が違いました。
どちらも同じ形の波形なのですが、回路方程式から求めた式に値を代入したグラフは振幅が0.2mv程になり、オシロスコープで測定した波形は振幅が0.4mv程になりました。
このような誤差がでた原因を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

プローブの入力インピーダンスが高すぎる可能性があります。(終端出来ていないと言ってもよい。)
反射波によって電圧が倍になることは教科書でよく見られることですが、それ以外にもオシロが高速だと配線のインダクタ成分が見えてしまうなど、高性能がゆえに見えてしまう現象もあります。Lを含む式を立てて考察すると謎が解けるかもしれません。


人気Q&Aランキング