住宅ローンを借りたとき
保証人のかわりに保証金を数十万えん払ったお金は
いったい何処に行ったのでしょうか?
不良債権問題の時から 逮捕者がでるのは時間の問題
だと思っていたのですが
もしかして ローンは払わなくても保証保険のほうで
肩代わりしてもらった人が居るンでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

大もうけですか?



たしかに、金額だけ見ると、何十万円か払っているかもしれませんが、それが何年分の保険料か調べてみましたか(保険期間は何年ですか)?

保険料を1回分という見方で考えているのならそれは違います。
返済期間、何十年分の保険料を前納していると考えてください。

1年あたりの保険料は、1ヶ月あたりの保険料はいくらでしょうか?

自動車保険や生命保険と比較するとどうでしょうか?

私的にはそれも大もうけしていると思いますし、特に他の保険に比べて特に大もうけしているとは思いませんです。

どうでしょうか?
    • good
    • 0

貸付保険のことですね。


連帯保証人とほぼ同等の効用がある保険です。
もし、あなたが金融機関のローンの弁済をすっぽかしてどっか行っちゃったとします。
そういった債務不履行の場合、連帯保証人がいる場合には、連帯保証人に債務の弁済をさせますが、いない場合には、保険会社が連帯保証人の変わりに弁済します。
完済さえしてもられば債権者はそれで満足ですから、そのかわりに債権を保険会社に渡します。
どっかいっちゃった債務者は、保険会社に償還してもらったというわけではなく、今度は保険会社に追っかけられることになります。

保険料は全期間分一括払い、仮に30年ローンなら30年分払います。
もし、任意償還などで期間を短縮して償還してしまったなら保険料は返還されます。

以上、肩代わりなんてことはありえません。
債務は消えません。債務者の信用は消え、保険会社を敵にまわすことになるだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

だから あれだけの高額の金が
何処ェ消えていったのかな?という疑問です
おっしゃるとうりなら 誰かが大儲けしているって
ことになりますよ

お礼日時:2001/02/09 04:50

 損保会社の「住宅ローン保証保険」でしたら、お客が払えなくなったとき、金融機関に客に代わって保険会社が払い、その代わり住宅は取り上げられ、競売により精算します。

払わなくて、それで終わりというものではありません。もしその時点で、住宅の競売落札価格がローンの残債以下でしたら、客は追加支払いしなければなりませんが、事実上無理です。この部分は保険会社の負担になります。
    • good
    • 0

債務者が支払不能に陥ったとき、銀行は保証会社に代位弁済請求をします。

これを盾にバブル期に多少無理とも思われる人に対してでも、住宅ローンを銀行は重点商品として推進していったわけです。(リスクがなく長期にわたる収益源が確保できるため。)しかし、その保証会社は大概銀行の子会社で、連結決算ベースで銀行がかぶることになりますので、今では、審査は厳しく保証会社をよりどころとしての融資はしません。実質的には保証会社をつけなくても良い人だけ審査をパスさせて、保証会社の収益確保のため保証料を負担させているのが実情でしょう。また、保証会社が代わりに支払うのは銀行のためであって、代弁を受けた人の債務が消えるわけではありません。住宅は抵当権の行使を受けて他人の手に渡ることになりますし、全国の金融機関との取引は以後は絶望的です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報