ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

非上場の株式会社です
資本金2200万円 株主は全て私です。
以前、1000万円の資本金から1200万円の増資をして
資本金2200万円にしましたが、増資時の1200万円は
見せ金のため「貸付金」処理されています。
資本金を1000万に戻すために有償減資として私に1200万円支払い。
貸付金を返した形にしたいと思います。
会社の帳簿上の純資産は200万で時価評価すると債務超過になります
この場合、会社と私個人に何か税法上問題が発生するでしょうか?
よろしくお願い致します 。

A 回答 (2件)

いえ、見せ金自体無効なのでそれも会社法上問題となるのですが、461条を挙げたのは、分配可能額(461条2項)を超過してしまうだろうため違法だ、としたものです。



これに反しておこなったときは、aigonさんは会社に対して損害賠償義務を負うことになるとともに(462条)、刑事責任も問われうることとなります(963条5項2号)。

なお、未収利息については、これを回収するにしても放棄するにしても、税務上の問題が生じます。

すなわち、回収すれば私法上無効な取引の存在とそれによる利息回収としての税務上の問題が、放棄すれば仮装取引を有効な取引と判断されてしまう(見逃されて)場合に債権放棄としての税務上の問題が、それぞれ生じ得ます。これらの点については、具体的にはちょっと分かりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ok2007さん、ありがとうございます。
教えて頂きまして、大変参考になりました
このまま進めてしまっていたら、現状よりも悪い状態に
なってしまうところでした。
刑事責任には問われたくありませんので、株式はそのままにして
会社の黒字にして欠損金を失くすように努力いたします。

お礼日時:2008/02/25 20:28

税法以前に、会社法違反となるように思います(461条違反)。

この回答への補足

ok2007さんのおっしゃる通り、「見せ金」という点で会社法違反です。
当時は訳がありまして、そのような処理をしてしまいました。
今では後悔しております。
しかし、現在では2200万円もの資本金など必要なくなりまして
このままでは貸付金の未収利子がかさむ一方なのでなんとかしたいのです。

補足日時:2008/02/22 11:47
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q実質減資をした場合に株価への影響はあるのでしょうか。

自己株式の消却や有償減資を行うと株価に影響はあるので
しょうか。
また、どのような処理、操作がとられるのでしょうか。

Aベストアンサー

減資には、実質的減資と名目的減資があります。
実質的減資は、資本金を減らして、資本金の減少額を現金で株主に返却します。

名目的減資は、バランスシート上の欠損金と資本金を同時に減額することで、資本金が減少した分だけ、繰越欠損金が無くなる、と云う効果があります。

一般的に減資というと、欠損金を整理するために行なう名目的減資を云います。

100%減資でない限り、株価には影響が無いとされていますが、業績に不安があれば株価は下がります。
100%減資の場合は、株式の価値はなくなります。

100%減資をすると資本金は0になってしまい、会社が存続できませんので、清算することになります。
会社を再建のために存続するには、一旦100%減資をしてから、新たに増資をします。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www12.plala.or.jp/aabbccd/study/15.htm

Q非上場企業の減資および株主還元方法について

外資系非上場企業の場合に例えば資本金50億円(株価1万円*50万株)の状態から、 株価を4000円に下げて資本金20億円とし、浮いた30億円を株主である親会社に返還するというやり方は減資のやり方として適正ですか? また、この場合の株主である親会社が得た30億円にはどの程度の税金がかかりますか?
さらに、同じ期に親会社が保有する株の一部を22400円程度で138000株買い取り、その後、自社株償却した場合、親会社にさらに30億円わたることになります。このような方法での親会社への還元方法は適正ですか? 最終資本金は20億円(362000株*5550円)ということになります。
非上場とはいえ、同一の期内に株価が10000円、4000円、22400円、5550円と変動することになりますが このような方法に問題はないですか?

Aベストアンサー

非上場と言えども、株価を勝手にかつ恣意的に決めることは出来ません。それが可能であればいくらでも利益操作が出来ることになり、会計原則が根底から崩れてしまいます。

何らかの理由で株価の評価が必要な場合は、公認会計士等の専門家による株価評価試算の裏づけがなければ、税務上も認められないと思います。

Q過大な役員報酬と否認された場合の、その後

仮に、税務調査で、役員報酬に不相当に高額な部分があるとして否認された場合、
どのような仕打ち?(デメリット)を受けることになるのか教えてください。

例として、次のようなケースでご説明いただけませんでしょうか?(税率は便宜的に40%としています)

・社長のH19/1~H19/12の役員報酬が1億円。所得税等を4千万円納税。
・会社のH19/1~H19/12年度の税引前利益は1億円。法人税等を4千万円納税。
(社長と会社ではH19年分として合計8千万円納税)
・税務署がH20/9に社長のH19年の役員報酬のうち5千万円だけを過大と損金にすることを否認。

上のように否認されたケースでは、H19年度の税引前利益が本来1.5億円であったとして、
本来は6千万納税すべきだったとして、「会社」が不足の2千万円プラス重加算税等を
支払うことになると思います。

では、5千万円を給与と認めてもらえなかった「社長」は、どうなるのでしょう?
このままでは、社長と会社からH19年分として合計1億円以上納税させたことになり、税務署は、通常の10%以上の税率を上乗せさせることに成功したことになります。

社長に渡した5千万円が給与として認められなかったのなら、会社は、その5千万円を
その社長への預け金(または貸付金)であったとして処理し、社長から5千万円+αを返金してもらい、
そして社長は、納付した5千万円のうち、誤納した2千万円を還付してもらうことはできないのしょうか?

追記、この質問は、「1億円が過大な役員報酬であるかいなか?」や「正確な法人税率」あるいは
「この会社や社長が道義上正しいか否か」を問うているものではありません。
また、1億円が妥当な役員報酬であるか否かをお尋ねしているわけでもありません。質問を分かり易いようにするために、仮に1億円とさせていただきました。

仮に、税務調査で、役員報酬に不相当に高額な部分があるとして否認された場合、
どのような仕打ち?(デメリット)を受けることになるのか教えてください。

例として、次のようなケースでご説明いただけませんでしょうか?(税率は便宜的に40%としています)

・社長のH19/1~H19/12の役員報酬が1億円。所得税等を4千万円納税。
・会社のH19/1~H19/12年度の税引前利益は1億円。法人税等を4千万円納税。
(社長と会社ではH19年分として合計8千万円納税)
・税務署がH20/9に社長のH19年の役員報酬のうち5...続きを読む

Aベストアンサー

■そして社長は、納付した5千万円のうち、誤納した2千万円を還付してもらうことはできないのしょうか?

役員賞与だって、所得税と法人税が2重にかかるでしょ。
勿論、還付されることは無いです。
重加算税はありえない。だって仮装も隠蔽もしていない。

しかし、もっと基本的な問題として、
税務署が過大役員報酬と否認して、「はいそうですか」って修正申告に応じたって話は聞かないですねぇ。勿論、議事録の不備でというようなドジならともかく、本当に実質的に役員報酬が過大で、適正な金額がいくらだからその分修正申告しろ!といわれたら、経営者は「俺の給料を税務署が決めるって言うなら、面白れぇ!更正してみな!(笑)」って言うさ。

まあ、過大役員報酬規定そのものが、租税法律主義(租税の金額は、法律により一義的に決定されるべきもの)に反する疑いが濃厚な以上、修正申告に応じなければそれまでさ♪

つまり、これは議論のための議論だと思うよ。
もしも、そんなことを税務職員が言い出したら、僕なら喜んで挑発して遊ぶ。(笑)
国に訴訟で勝てたら面白いし、まあ、審判所までも行かずに税務署長が担当者に「お前バカか?」でお終い。
「同族会社の行為計算の否認」と同じく、使えない法律。一種の憲法違反の条文だと思うよ。

by 元左翼の50代の会社社長(笑)

■そして社長は、納付した5千万円のうち、誤納した2千万円を還付してもらうことはできないのしょうか?

役員賞与だって、所得税と法人税が2重にかかるでしょ。
勿論、還付されることは無いです。
重加算税はありえない。だって仮装も隠蔽もしていない。

しかし、もっと基本的な問題として、
税務署が過大役員報酬と否認して、「はいそうですか」って修正申告に応じたって話は聞かないですねぇ。勿論、議事録の不備でというようなドジならともかく、本当に実質的に役員報酬が過大で、適正な金額がいくらだ...続きを読む


人気Q&Aランキング