人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

昨年4月に自己都合で退職し雇用保険の受給資格を得、その後
受給期間いっぱいまで雇用保険の受給を受けました。
その後、12月に再就職しましたが、経営不振のため給料カット
され、再び退職を考えています。
再就職した会社での被保険者の期間は現在約3ヵ月ですが、こ
うした場合ですと、再度受給資格を得るには、何ヵ月間今の会
社にいる必要があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

・自己都合退職の場合は、


 離職の日以前2年間に、賃金支払の基礎となった日数が11日以上ある雇用保険に加入していた月が通算して12か月以上あること
・会社都合の場合は、
 離職の日以前1年間に、賃金支払の基礎となった日数が11日以上ある雇用していた月が通算して6か月以上あること

>再度受給資格を得るには、何ヵ月間今の会社にいる必要があるのでしょうか?
 ・自己都合の場合は、12ヶ月  会社都合の場合は、6ヶ月

受給要件:下の方を参照
http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_h3a.html#1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ということは、あと9ヵ月強はいないといけないわけですね。
参考になりました。
とはいえ、こんな状態なので会社がもつかどうか…。
その場合は、会社都合になるようなので、なんとかあと3ヵ月はもってくれるように祈ることにします。

お礼日時:2008/02/21 16:58

こんにちは。



通算して6ヶ月が必要です。

3ヶ月被保険者の期間であればあと3ヶ月必要かと思います。

http://tt110.net/12koyou1/P-hihokensyasyou.htm

参考URL:http://www.hellowork.go.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
転職したばかりで給料カット(全社員一律)の憂き目にあい、困っていたところでした。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2008/02/21 16:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q失業保険って一度もらうと3年はもらえないのでしょうか?

失業保険って一度もらうと3年はもらえないのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんばんは。

 雇用保険法では、離職前1年間に6ヵ月以上の加入期間(被保険者期間)があり、労働の意志及び能力を有しながら、職業に就くことができない状態(失業状態)になった場合には、雇用保険の失業手当(基本手当)が支給されることになります。

-----------------------------------------------
○雇用保険法

(基本手当の受給資格)
第13条 基本手当は、被保険者が失業した場合において、離職の日以前1年間(次の各号に掲げる被保険者については、当該各号に定める日数を1年に加算した期間(その期間が4年を超えるときは、4年間)。第17条第1項において「算定対象期間」という。)に、次条の規定による被保険者期間が通算して6箇月以上であつたときに、この款の定めるところにより、支給する。

1.離職の日以前1年間に短時間労働者である被保険者(以下「短時間労働被保険者」という。)であつた期間がある被保険者当該短時間労働被保険者となつた日(その日が当該離職の日以前1年間にないときは、当該離職の日の1年前の日の翌日)から当該短時間労働被保険者でなくなつた日の前日までの日数

2.離職の日以前1年間(前号に掲げる被保険者にあつては、同号に定める日数を1年に加算した期間)に疾病、負傷その他厚生労働省令で定める理由により引き続き30日以上賃金の支払を受けることができなかつた被保険者当該理由により賃金の支払を受けることができなかつた日数(同号に掲げる被保険者にあつては、その日数に同号に定める日数を加えた日数)

http://www.houko.com/00/01/S49/116.HTM#s3

-----------------------------------------------

参考URL:http://www.houko.com/00/01/S49/116.HTM#s3

 こんばんは。

 雇用保険法では、離職前1年間に6ヵ月以上の加入期間(被保険者期間)があり、労働の意志及び能力を有しながら、職業に就くことができない状態(失業状態)になった場合には、雇用保険の失業手当(基本手当)が支給されることになります。

-----------------------------------------------
○雇用保険法

(基本手当の受給資格)
第13条 基本手当は、被保険者が失業した場合において、離職の日以前1年間(次の各号に掲げる被保険者については、当該各号に定める日数を1年に加算し...続きを読む

Q失業保険受給中に就職が決まった場合

こんにちは。

私は現在、雇用保険受給中なのですが、もし受給中に就職が決まった場合は内定した日を境に受給できなくなるのでしょうか?
それとも初出勤日を境に受給できなくなるのでしょうか??
就職が決まるかもしれない契約社員での仕事は初出勤日が少し先ですので、内定日~初出勤日までの空白の期間は受給できないのか知りたいです。
受給期間はあと60日程あり(就職祝い金には該当しないようです)もう少し就職活動を続け正社員で探そうか、どうしようかと悩んでいます。

ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

受給期間が残ってる場合は入社日(たいていは初出勤日)の前日まで支給されます。
前日までの失業認定の手続きを忘れないようにしてください。

Q失業手当の給付が終了すれば

認定日にハローワークへ行ったり、求職活動実績が必要なのは給付期間中だけで
給付が終わってしまえばそれらは必要ないのですよね?
また、給付終了後に就職先が決まった場合はハローワークにお知らせしないといけませんか?
ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

求職活動実績は、求職のために活動していたけれど失業が続いたという証明のために必要で、それは失業手当を交付する条件ですから必要なのです。

ハローワークはあなた自身の個人管理をしているわけではありませんから、失業手当の作業がなければ報告はいりません。

就職が決まった場合は、もしその案件がハローワークの情報だったら報告する義務がありますが、そうでないのであればお知らせする必要は全くありません。
求職登録をしないで失業手当だけ受けていたのなら、全く報告する必要はありません。
ハローワークの管理している案件に関する情報は細大漏らさず管理する必要があるからです。

求職者の情報、案件の情報ふたつともハローワークにかかわっているとだけのことだと思ってください。

要するにハローワークの仕事と関係なければハローワークへの報告義務は一切ないと考えてください。

Q健康保険資格喪失証明書について

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が必要ということだけはわかりました。

しかし、退職時にはいただいておりません。
退職して約2ヶ月たちますが、自宅に郵送などもされてきておりません。

そこでお聞きしたいのですが、
1.健康保険資格喪失証明書は退職時に渡されるのが普通なのか?
2.問い合わせは前の会社でよいのか?
3.現状で最短で保険証を手に入れる手順は?

以上です。大変申し訳ありませんが宜しくお願いします。


早く歯医者行きたいです。
痛みでよるも眠れません;;

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が...続きを読む

Aベストアンサー

喪失証明書は送付義務はありません。
また、勝手に自宅に送られてくるものでもありません。
通常会社は、資格喪失届を出すことで送られる資格喪失通知書の
コピーか、もしくは資格喪失連絡票というものを退職者に渡します。

前の会社に問い合わせして、資格喪失通知書のコピーをもらうことです。
通常は雇用保険の離職票などと一緒に退職後すぐに会社が退職者に渡すべきものです。
保険証については、市役所などで問い合わせしないとここでは分かりません。
健康保険は退職日にさかのぼって加入することになります。
また、届出が遅れた場合は届出日以前に発病した病気については保険が使えない
場合もあります。

このような手続きは通常は退職後すぐに行うべきものです。
誰も教えてくれないから分からない、教えてくれない会社や役所が悪いでは、済まされません。
分からなければ退職した会社の担当者なりに聞けばいいのです。

Q雇用保険の支給期間終了後に就業予定で再就職が決まった時

急に解らなくなってしまいました。

私は今、雇用保険を受給しています。
90日の支給で2008年9月25日に待機満了し、9月26日から受給しています。
90日支給の場合、12月24日で受給期間終了と考えてよろしいでしょうか?
12月上旬が3回目の認定日なのですが、これでハローワークに認定して貰いに行くのは最後でしょうか?それとも1月に4回目の認定日としてハローワークに行っておしまいでしょうか?

そして、現在、来年1月から就業で再就職が決まりましたが、
雇用保険受給期間終了後の就業でも、再就職先が決まった時点で雇用保険は貰えなくなるのでしょうか?
90日分まるまる雇用保険の受給を受けるためには、12月24日以降に採用されなければいけないのでしょうか?そして、就業は、4回目の認定日(来年1月)を過ぎている必要はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

・お持ちの「雇用保険受給資格者証」の受給期間満了年月日に書いてある日が所定給付日数の満了日です・・・12/24ですか
>雇用保険受給期間終了後の就業でも、再就職先が決まった時点で雇用保険は貰えなくなるのでしょうか?
 ・満了日以前に就職が決まった場合は(この場合は入社日の事です)その前日までが失業給付の対象です
  満了日後の就職は、関係有りませんから、満了日までの分が支給されます
>90日分まるまる雇用保険の受給を受けるためには、12月24日以降に採用されなければいけないのでしょうか?
 ・満了日の翌日以降の入社が必要です・・1月なら問題はないでしょう
>そして、就業は、4回目の認定日(来年1月)を過ぎている必要はあるのでしょうか?
 ・あくまで、認定日に認定するのは、前回の認定日から満了日までの認定ですから、満了日の翌日以降は関係ありません
>12月上旬が3回目の認定日なのですが、これでハローワークに認定して貰いに行くのは最後でしょうか?それとも1月に4回目の認定日としてハローワークに行っておしまいでしょうか?
 ・3回目の認定日に行けば、4回目の認定日に提出する失業認定申告書をもらえますから、それに満了日までの活動実績を書いて、4回目に提出して終わりです
  4回目の認定で、3回目の認定日から満了日までを認定して、後日その期間に対する失業給付が振込まれます

・お持ちの「雇用保険受給資格者証」の受給期間満了年月日に書いてある日が所定給付日数の満了日です・・・12/24ですか
>雇用保険受給期間終了後の就業でも、再就職先が決まった時点で雇用保険は貰えなくなるのでしょうか?
 ・満了日以前に就職が決まった場合は(この場合は入社日の事です)その前日までが失業給付の対象です
  満了日後の就職は、関係有りませんから、満了日までの分が支給されます
>90日分まるまる雇用保険の受給を受けるためには、12月24日以降に採用されなければいけないのでしょう...続きを読む

Q雇用保険の再受給について

お世話になります。
昨年、派遣で働いていた勤務先から会社都合にて終了しました。
ハローワークにて手続きをし、受給を開始しました。

初回は13日分の受給。この時点での残日数は167日。
次の受給は28日分。この時点での残日数は139日。
この直後、派遣先が決まり、就労日までの差分である5日分の
受給をいただきました。この時点で、残日数は134日。

決まった派遣先は5ヶ月と短期だったため、
再離職となり、再度、雇用保険のお世話になることになりました。

当然、直近での終了で収めた雇用保険では1ヶ月分足りない。
でも、前回の日数が残っているということで、それを使うことになりました。

前置きが長くなりましたが、ここからが知りたいところです。

再受給を開始した際、前回の続きからということだったので、
28日分の支給かと思いきや、12日分の支給でした。
そして、次の月からは28日分の支給でした。
それが現在でして、残日数は66日あります。

何らかの手続で、受給を延長しない限り、
給付されるのは90日分だと思います。

前回の離職時の受給から合わせて、現在は86日分を消費し、残日数は66日。
この場合、次回は4日分しか支給されないのでしょうか?
それとも、再受給を始めてから、新たに90日分としてカウントされ、
次回も28日分の受給はできるのでしょうか?

先日に書類を提出した日。
名前を呼ばれて説明を受けますよね?
私の前に呼ばれたグループには、
「皆さんは次回が最後の支給になります」という説明があったんですが、
私が呼ばれたグループにはその説明がありませんでした。
勿論、私自身にもその説明はありませんでした。

帰宅してきて、そういえば・・・と思ったので、
質問させていただきました。
お判りになる方、またはご経験のある方、
是非とも回答をよろしくお願いいたしますm(__)m

お世話になります。
昨年、派遣で働いていた勤務先から会社都合にて終了しました。
ハローワークにて手続きをし、受給を開始しました。

初回は13日分の受給。この時点での残日数は167日。
次の受給は28日分。この時点での残日数は139日。
この直後、派遣先が決まり、就労日までの差分である5日分の
受給をいただきました。この時点で、残日数は134日。

決まった派遣先は5ヶ月と短期だったため、
再離職となり、再度、雇用保険のお世話になることになりました。

当然、直近での終了で収めた雇用保険では1ヶ月分...続きを読む

Aベストアンサー

>現在は86日分を消費し、残日数は66日
 ・現在がこの状態なら
  あとは、28日+28日+10日の支給でしょう
 ・雇用保険受給資格者証の処理状況の所の残日数が66日であれば上記の様になります

Q再離職した場合、残った雇用保険はもらえる?

3月末に会社を自己都合で退職し、120日分の雇用保険がいただけるのでしたが、6月に再就職先が決まったので、早期再就職手当てをいただくことができました。
しかし、現在勤めている会社を辞めようかと考えています。その場合、今なら早期再就職手当てを引いた残り分の雇用保険をいただくことはできるのでしょうか?詳しい方がいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

はなからすぐに辞めるつもりで就職したのであればいざ知らず、不正受給も疑われるでしょうが、ずっと働くつもりで就職しても、その後どのような事情で辞めることになるかは誰にもわかりません。また、再就職手当を受給しても、不正行為がない限り、その受給資格は受給期間内は有効です。

新しい受給資格ができる前に失業し、前の受給資格の受給期間内に支給を受けることができる支給残日数が1日分でもあれば、再求職の手続きをして支給を受けることは可能です。(参考URLのQ8)

すでに再就職手当の支給を受けているので、受給資格者証がお手元に返送されていると思います。受給資格者証でご自分の支給残日数は確認できます。

受給可能な支給残日数がある場合、再求職の手続きには今の会社の離職票が必要ですから、まずは、管轄のハローワークに問い合わせされることをおすすめします。

参考URL:http://www.kana-rou.go.jp/users/antei/hoken1_2.htm

Q転職後1ヶ月で退職する場合の失業保険

前職・・・今年の6月末日まで6年以上働いた職場を派遣契約満了退職(雇用保険に加入)。

現職・・・失業保険を受けず7月1日から業界を変えて新たな職場にて正社員で勤務しはじめました(前職での雇用保険証書を提出済)

入社前の話と実際の勤務状況が変わってきている(内勤採用が営業もどきになりそう)ことと、社内モメが多いようで巻き込まれたくない、前職の業界に戻りたいので早めの退職を考えています。
この場合の失業保険についてなのですが、前職は契約満了ということで、会社都合の離職票と雇用保険証書を貰っています。
現職の方を離職するとやはり自己都合となって給付は3ヵ月後からになるのでしょうか?
会社都合になっている前職の離職票を使ってすぐの給付が可能でしょうか?
そして、前職の業界に戻るための勉強としてハローワークから応募できる職業訓練講習?に行きたいのですが可能なんでしょうか?
職安で相談すればいいのでしょうが有給休暇が無く職安に行けません・・・
分かる方がいらしたら教えてください。

Aベストアンサー

>現職の方を離職するとやはり自己都合となって給付は3ヵ月後からになるのでしょうか?
>会社都合になっている前職の離職票を使ってすぐの給付が可能でしょうか?
現職が1ヶ月そこそこしか就労していないので、通算にもならないで前職の離職理由が使えますよ。
通算云々は届出をした方が適用されるだけですので、前職のを届ければそちらが適用されます。

>ハローワークから応募できる職業訓練講習?
職業訓練の受講指示のことですか?
受給資格者で適性検査等を通過できれば受けれます。
職安で申し込んで受講するものなので職安でご相談ください。
合格した場合、給付制限等免除になりますし。

Q退職金が出ない会社は良くない会社なのでしょうか

私は今就職先を探してハローワークに通っているのですが
求人票を見ていると雇用 労災 健康 厚生などの
保険はしっかり入っているのですが
退職金がでないという求人票をよく見かけます。
辞めることを前提に就職先を探している訳ではないのですが
万が一辞めることになったとき退職金がでないのが不安です。
退職金が出ない会社は避けた方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

一般的に言うと、いいとはいえないと思います。
ただし退職金の出る会社にしても、勤続3年以上。という条件付です。
質問者さんがどれくらいお勤めして退職する予定なのかわかりませんが、自分が職安通いしていた時はほとんどがそうでした。
ところで安倍晋三官房長官の著書、「美しい国へ」に興味深いことが書いてありました。

ある会社は退職金制度などの福利厚生を廃止し、その分を給料に上乗せしたそうです。(No.1さんがいっていたことですね)
とても有名な会社です。
アメリカ式の実力主義的な制度で、日本に浸透するのは難しいと感じましたが・・・。
興味があったらぜひ読んでみてください。

話しが脱線しましたが、要するに求人表に書いてあることをよく吟味してから就職したほうがよさそうです。

Q月の途中で国保から社保への切りかえ

お尋ねします。

月の途中から国保→社保へ切り替わった場合、その月は国保と社保の
2種類の保険料を納めなければならないのでしょうか?
同様に国民年金から厚生年金の切り替えの場合も教えて下さい。

国保は会社を退職後、自分で市役所で加入手続きをしなければ加入されないままなのでしょうか?

Aベストアンサー

>月の途中から国保→社保へ切り替わった場合、その月は国保と社保の
2種類の保険料を納めなければならないのでしょうか?

一般にはそのようなことはありません。

国民健康保険の保険料に日割りと言う考えはありません、必ず1ヶ月単位で保険料は月末の状態で決まります、月末に加入していればその月の1か月分の保険料を支払います、月末に加入していなければ保険料は支払いません。
例えば11月15日で脱退すれば(手続き及び資格喪失日は翌日の16日になる)11月分の保険料は払う必要はありません、ただし保険証は15日まで有効です、つまり保険料の支払いと保険証の有効期間はズレがあるということです。

ただし同月得喪と言う例外があります。
同月得喪というのは同じ月に資格の取得と喪失があった場合です。
例えば11月1日に資格取得で11月15日に脱退(手続き及び資格喪失日は翌日の16日になる)の場合です、この場合は自治体の条例によって決まっているので多くの自治体ではその月の保険料は支払わなくて良いですが、一部の自治体では支払う場合があります。

また保険料の支払いについては次のようなことがあります。
国民健康保険の保険料の支払い方は自治体によって必ずしも同じとは限りません。
ただ一般的な支払方法は次のようなものです。
国民健康保険は年度単位なので4月から翌年の3月に掛けて支払うようになります。
一方金額は前年の収入から計算されます、この前年の収入が確定するのは確定申告が終了したときです、つまり3月15日です、当然4月には間に合いません。
しかもこれが整理され自治体の役所に回り、住民税が計算されてそして国民健康保険料が計算され確定するのは5月頃になります。
ですから実際には6月から翌年の3月に掛けて払います、4月と5月は払いません。
といっても4月と5月は保険料はなしと言うわけではありません。
例えば保険料が年間12万だったとします、4月から翌年の3月までの12ヶ月ですから月額としては1万です。
ただこの12万を6月から翌年の3月まで10回で払えば1回が1.2万になります。
つまり月に1.2万払うがこれは月額ではないのです、月額はあくまでも1万なのです。
要するに払ってない4月と5月分を他の月に上乗せしたと考えても良いでしょう、ですから結果としては同じことです。
ですから国民健康保険では誤解を避けるために通常は何月分とは言いません、必ず何期分と言うのです。
ですから6月から10等分して払う場合は

1期 12000円 納付期限 6月30日
2期 12000円 納付期限 7月31日
3期 12000円 納付期限 8月31日
4期 12000円 納付期限 9月30日
5期 12000円 納付期限10月31日
6期 12000円 納付期限11月30日
7期 12000円 納付期限12月29日
8期 12000円 納付期限 1月31日
9期 12000円 納付期限 2月28日
10期 12000円 納付期限 3月31日

となります。
ここで11月15日に脱退すれば支払うのは10月までです、これを月割りにすれば、月額1万ですから4月から10月まで7ヶ月と言うことで

1万×7ヶ月=7万

つまり保険料は7万支払わなければいけないのですが、実際に支払われたのは10月31日の納付期限の5期分とまでの5回ですから

1.2万×5回=6万

つまり10月までに支払ったのは6万円です。
これを支払わなければならない7万から引くと

7万-6万=1万

つまり1万円足りないわけです、この1万円を改めて役所は請求すると言うことです。

質問者の方の場合は退職の為と言うことで恐らく年の途中で国民健康保険に加入したのでしょうし、保険料の金額も異なるので上記とは全く同じとは言えませんが、要は保険料の1か月分と月払う金額とは異なるので年の途中で脱退して清算すると追加請求される場合があるということです。
これは決して11月分を請求されるということではありません、11月分は請求されないが清算した段階で不足分を請求されたということです。
よくこれを11月分は請求されないはずなのに、どうして請求されたのかと疑問思う人が多いので一応言っておきます。

>同様に国民年金から厚生年金の切り替えの場合も教えて下さい。

国民年金についても保険料に日割りと言う考えはありません、必ず1ヶ月単位で保険料は月末の状態で決まります、月末に加入していればその月の1か月分の保険料を支払います、月末に加入していなければ保険料は支払いません。
ただ国民年金に関しては国民健康保険より単純で、例えば11月16日に厚生年金に切り替えれば、11月1日に遡って厚生年金に加入となります、ですから11月の国民年金の支払いは不要です。

>国保は会社を退職後、自分で市役所で加入手続きをしなければ加入されないままなのでしょうか?

そうです。

国民健康保険は多くの自治体では下記のようになっています(一部例外もあるようですが)。
国民健康保険は資格喪失後14日以内に手続きをすることになっています。
14日以内に手続きをすれば退職日の翌日まで遡って、その日から適用されますが14日過ぎると手続きをしたその日からしか適用されません。
ただし保険料は資格喪失日から請求されます、つまり14日過ぎて手続きをすると資格喪失日から手続きをした前日までは保険料は取られるが保険は適用されないということです。
これはいわば14日以内に手続きをしなかったペナルティと思ってください。

また国民健康保険の加入の手続きは市区町村の役所でします。
必要なものは印鑑と基本的には退職前に会社で加入していた健保の被保険者資格喪失証明書です。

それから入社して健康保険に切り替えても、自動的に国民健康保険から脱退とはなりません、国民健康保険の脱退の手続きをしなければなりません。
保険証が手に入ったら市区町村の役所に連絡して健康保険の被保険者者になった旨を伝えて脱退届けの書類とそのときの添付書類(恐らく一般には新しい健康保険の保険証のコピーだと思いますが、自治体によっては加入証明のような書類を要求されるかもしれません)について聞いてください、通常は郵送でも処理できるはずです(郵送で処理できないと言われれば役所に出向くことになりますが)。
もし重複して保険料を支払ってしまった場合は、返還されると思いますので振込口座を書いて同封するように言われるかも知れません。
書類が着いたら脱退届けの所定の項目に書き込み、国民健康保険の保険証と、添付書類、振込口座を書いたもの、これらを送付すれば市区町村の役所で処理しくれるはずです。
恐らく脱退届けの用紙は複数枚の複写になっていて、脱退の処理が完了すればそのうちの1枚が脱退通知として返送されてくるはずです。

>月の途中から国保→社保へ切り替わった場合、その月は国保と社保の
2種類の保険料を納めなければならないのでしょうか?

一般にはそのようなことはありません。

国民健康保険の保険料に日割りと言う考えはありません、必ず1ヶ月単位で保険料は月末の状態で決まります、月末に加入していればその月の1か月分の保険料を支払います、月末に加入していなければ保険料は支払いません。
例えば11月15日で脱退すれば(手続き及び資格喪失日は翌日の16日になる)11月分の保険料は払う必要はありません...続きを読む


人気Q&Aランキング