福祉系短大卒業後、介護福祉士を取得し
高齢者福祉の民間(訪問系)企業で約5年勤務しました。

いまは技術協力で海外に滞在しているのですが
帰国後、前職の時に関わりがあったケースワーカー
の職に就きたいと希望しています。

ネット・本などで調べると必要な実務経験は「相談員」に
なっているので
(1)専門の大学・短大を再度、受験して「社会福祉士」を取得しなおす
必要があるのか?
(2)「地方公務員」のため、全く関係無い分野の方でも職に就いているようですが、資格取得よりも「公務員試験」を先に受けた方が良いのか?
(前職で関わりのあったワーカーさん何名か、新卒に近い若い男性の方でした)

おわかりの方がいたら是非教えてください!
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 「生活保護」のケースワーカーになること前提でお答えします。


 専門の学校に行き直すよりは、公務員試験を受験することを優先すべき、というのはNo.1・No.2お二方と同じです。町・村で独自に福祉事務所を持っている所は少ないでしょうから、都道府県または市役所を目指すことになるでしょう。
 「福祉職」採用を目指せとどなたかがおっしゃっておられますが、「福祉職」で採用された場合、通常は障害者・高齢者関連の部署か児童相談所等に配属されることになり、生活保護担当にまわされることはまずないと思います。各自治体の福祉職採用人数を見れば一目瞭然です。この程度の採用枠では、生活保護に人員を回せる余裕はありません。福祉職採用者を生活保護業務に回しているのは、小生の知る限りでは「横浜市役所」ぐらいのものです。
 ではそれ以外の自治体ではどうすればよいかというと、「一般行政職」なり「事務職」と呼ばれる、一番採用枠の多い職種を受験していただくことになります。「行政職」といっても要はオールマイティーなので、福祉事務所に配属されることも大いにありうる、というワケです。

 配属の後、生活保護業務に就くためには「社会福祉主事任用資格」が必要になりますが、大抵の場合は「3科目主事」といって、大学時代に厚生労働省の定める一定の単位の内から3科目何か履修済みであれば、「社会福祉主事」になれることができます。もし3科目主事に認定されなくても、悲観することはありません。厚生労働省が実施する「社会福祉主事任用資格」取得のための通信講座が毎年募集されます。晴れて役所の一員となった後に、人事担当者にご確認ください。
 
>ワーカーさん何名か、新卒に近い若い男性の方でした
・・・そんなこともあるかもしれません。裏事情になりますが、福祉系の部署、とりわけ生活保護担当部署なんて、人気ないんですよ。苦情は多いし、お客はみんな言うこと聞かないし、ヤクザまがいの連中の応対まであるし(実際、北海道で不正受給していたヤツはヤクザでしたね)・・・。
 ベテラン職員が希望しないから、新人とか若い職員で穴埋めするしかない、そんな自治体も少なくないようですよ。だからむしろ、質問者様のような方が率先して手を挙げれば、希望が通る確率は高いといえますね。がんばって下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答をありがとうございました。
自治体によって多少違いはあるようですね。
「社会福祉主事任用資格」は取得しています
ので、年齢のことも考えて公務員試験を優先
しようかと思います。
実際、想像以上に様々なことがありそうですが
やるだけやってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/11 12:47

地方公務員の福祉職採用を受験されるしか方法はないですね。


福祉職採用には条件があります。社会福祉主事か社会福祉士を持っているかという条件です。社会福祉主事はお持ちですか?
社会福祉士を取ることも1つですが、公務員には受験制限(年齢制限)があるところも多いです。その点もお気をつけて。

基本的には、行政の保健福祉部に採用され、生活保護や児童、障がい者、高齢者などいづれか1つを担当することになります。ですから、必ず生活保護ワーカーになれるとは限りません。その点もご注意ください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございました。
社会福祉主事は、持っていますので、
年齢のことも考え、始めに公務員試験
に向けて準備に入ろうかと思います。
経験を積んで「社会福祉士」については
改めて考えてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/11 12:42

まずは公務員試験でしょうね。

私が勤めていた頃は、生活保護の相談員は普通の公務員がしていましたし、今も大半はそうではないでしょうか。そして福祉課(大半がそうだと思うのですが)に配属されて、社会福祉主事をとるのが一般的だと思います。
ただ福祉課、しかも生活保護はとても難しいので、新人が担当することはほとんどないと思います。福祉を知っているだけでは勤まらないと思います。
ちなみに私は介護福祉士で、介護保険の相談員をしていた事があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
自治体によって「福祉課」のある地域
と、そうでない地域があるようですが
気持ちを新たに公務員試験に挑戦しよう
と思います。

お礼日時:2008/03/11 12:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地方上級公務員試験 福祉職について

こんにちは。私は現在、大学4回生で今年、公務員試験を受験しようと考えている者ですが、試験案内が発表になってから希望職種を変え、福祉職(児童福祉司)を受けようと思っています。勉強は社会福祉士の勉強と同じような内容でいいのでしょうか。ご存知の方がいらっしゃいましたら、お答え願います。

Aベストアンサー

こんにちは。

福祉職での受験をしたことがあります。
福祉の専門問題と、一般教養とありました。
一般教養は、公務員を目指す人なら勉強しているでしょうし、特にひねった問題は出ませんでした。

専門は、社会福祉士より難しかったですね。
より高度な知識を求められました。
社会福祉士の勉強が基礎だとすれば、その基礎を一段踏み込んで、現在の福祉の動向などと絡めて質問してくる、というような。

最近の福祉の動向、推移、改正した法律、改正案が出ているものなど、把握されていた方がいいかと思います。
新聞は必読です。
受ける場所によって違うでしょうけれども、実際受けた時は高度な質問にびっくりしましたよ。

ちなみに、私は残念、不合格でした。
是非頑張ってくださいね。

Q児童福祉司、または社会福祉士をしている方に特に質問したいです。将来福祉関係の職業に就きたいと思ってい

児童福祉司、または社会福祉士をしている方に特に質問したいです。将来福祉関係の職業に就きたいと思っている高校2年生女子です。閲覧ありがとうございます。

私は去年1年間進路を考えていく上で、福祉関係の仕事に就きたいと思い、今その候補として社会福祉司と児童福祉司が上がっています。ただ私には将来の夢として実は言語を学び、外交官や通関士、通訳ガイドなど外語を活かせる仕事に就きたいというのもあります。
どちらかを選択しなければならないと思っていましたが、自分で色々と考えていく中で社会福祉士や児童福祉司の仕事に英語を生かせないのか、という考えを持つようになりました。日本に住んでいるのはもちろん外人の方もいて、日本人と結構して日本に住んでいるため日本語が話せる方もたくさんいるとは思いますが、老若男女トラブルが起きた時に外国語で手助けでき、かつその業界の専門家ならさらに多くの人の手助けができるのではないかと思ったのです。もしも外国語の需要があるのならば、外国語大学を卒業してからそのような仕事につくのも進路の1つとして今は考えています。

とはいえ、このような仕事に外国語の需要がどのくらいあるのか、また社会福祉士や児童福祉司の仕事内容もまだまだ曖昧な部分がありますので、以下のことを質問させてください。

1. 社会福祉士または児童福祉司の仕事内容を教えてください。

2. どのような経緯(大学や研修、資格獲得など)を得てその職業に就いたのか教えてください。また、外国語大学を経てから社会福祉士、児童福祉司を目指すことについてご意見をお聞かせください。(現実可能か、将来性など…)

3. 仕事の中でやりがい、楽しさを感じる場面や、辛い、大変だと思う場面があれば教えてください。

4. 仕事をしている中で、外国語があればよかったと思った時があれば教えてください。また仕事の上での外国語の需要がどのくらいあるのかを教えてください。

5. 最後に社会福祉士や児童福祉司を目指す上で大切なこと、今のうちにがんばっておくべきことなど、ご意見がありましたら教えてください。


たくさんの質問で申し訳ありません。全部答えていただかなくてももちろん結構です。将来の進路を決めるこの一年の参考に実際に働いている人からのご意見が聞きたいです。回答よろしくお願いします。

児童福祉司、または社会福祉士をしている方に特に質問したいです。将来福祉関係の職業に就きたいと思っている高校2年生女子です。閲覧ありがとうございます。

私は去年1年間進路を考えていく上で、福祉関係の仕事に就きたいと思い、今その候補として社会福祉司と児童福祉司が上がっています。ただ私には将来の夢として実は言語を学び、外交官や通関士、通訳ガイドなど外語を活かせる仕事に就きたいというのもあります。
どちらかを選択しなければならないと思っていましたが、自分で色々と考えていく中で社会...続きを読む

Aベストアンサー

これからの事をしっかり考えていらっしゃるのですね。素晴らしいことです。
アラフィフのおばさんですが、何かお役に立てればと思い書き込みさせて頂きます。

私も高校の時、人の役に立てる仕事に就きたいと思い社会福祉学部に進みました。
社会福祉も色々分野があります。対象が老人・子供・身体障がい・精神障がい・生活困窮者・一般の人などで資格も違って来ます。
施設等で実際にケアする仕事をしたいのか、コーディネートする仕事をしたいのか、それにより資格も違って来ます。
あなたはどんな事がやりたいのでしょうか?
やりたい事がありそれにはどんな資格が必要なのか、が順番のような気がします。
社会福祉士に比べ児童福祉司はさほどニーズはないと思います。国家資格ではないからです。
子供関係に就きたいのなら、保育士を取ることもお勧めします。

今は児童館で児童厚生員をしています。
職場で外国語が出来れば、と思ったことはあります。
私の地域では南米系の方が多くいらっしゃり、日本語が片言であったり、殆ど話せない親や子がいます。
そんな時ポルトガル語、スペイン語が出来たらと思います。でも需要と言われると殆ど無いですね。
出来たらいい、程度でしょうか。
東京とか大都市なら、英語が出来る保育士さんなんて需要がありそうですが。

福祉の仕事は人間相手の仕事ですから、やりがいも難しさもその中にあります。
十人十色ですから、この対応がAさんには良くてもBさんにはダメな事もあります。
なかなか気持ちが通じない時もあります。
でも相手が心を開いてくれたと感じた時の嬉しさは、それまでの苦労がいっぺんで吹き飛んでしまいます。
とてもやりがいのある仕事だと思います。
ただ福祉の仕事はお給料はかなり低いです。
老人介護の現場などでは、きつい上に低賃金で、認知症になった方から暴言を吐かれる、暴力を振るわれるなんて
事もあります。ですから離職率も高いです。

福祉の仕事と外国語を生かせる仕事は別物のように私には思えます。
福祉の仕事か、外国語を生かせる仕事かどちらかに決められた方が良いように思います。
いずれの仕事に就くにせよ、高校生のあなたには新聞やニュースをよく見て世の中の動きや問題などに
関心を持つ事が必要だと思います。
また人間に関心を持って下さい。相手の立場になって考える寛容さを持って下さい。
例えばあなたの嫌いな人がいたとします。でもその人にもお友達はいてその人を大切に思っているご家族もいます。
人間は一面だけでなく、色んな面を持っています。自分の嫌いな一面だけで判断しないで、どうしてそうなんだろう?
ってちょっと考えて見て下さい。
「世界の終わり」の「ドラゴンナイト」、あんな風に考えられる人が増えれば、もっと優しい社会になるのになって
おばさんは思っています。

あくまでも私の考えですが、何かあなたの今後に参考になれば幸いです。
まず健康である事!これが一番大事です。
頑張って下さいね。陰ながら応援させて頂きます。

これからの事をしっかり考えていらっしゃるのですね。素晴らしいことです。
アラフィフのおばさんですが、何かお役に立てればと思い書き込みさせて頂きます。

私も高校の時、人の役に立てる仕事に就きたいと思い社会福祉学部に進みました。
社会福祉も色々分野があります。対象が老人・子供・身体障がい・精神障がい・生活困窮者・一般の人などで資格も違って来ます。
施設等で実際にケアする仕事をしたいのか、コーディネートする仕事をしたいのか、それにより資格も違って来ます。
あなたはどんな事がやりたい...続きを読む

Q社会福祉士とケースワーカーと医療ソーシャルワーカーの違い

社会福祉士とケースワーカーと医療ソーシャルワーカーって何が違うんですか?
自分は今、高校二年生で進路決定でいろいろ調べてるのですが
抽象的でよくわからないです。
なんか全て同じに見えるのですが…
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

『社会福祉士』とは、社会福祉士及び介護福祉士法によって創設された、ソーシャルワーク専門職の国家資格のことです。社会福祉士の登録を受け、社会福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、身体上もしくは精神上の障害があること又は環境上の理由によって日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいいます。資格取得のためには、受験資格をもつ者が社会福祉士国家試験を受け合格することが必要になります。簡単に言えば、資格の名前で、それを持っている人のことになります。

『ケースワーカー』というのは、社会生活の中で困難や問題をかかえ、専門的な援助を必要としている人に対して、社会福祉の立場から、個別事情に即して課題の解決や緩和のために助言、支援する援助者のことをいいます。簡単に言えば、相談業務をしている人のことです。

『医療ソーシャルワーカー』は、保健・医療機関等に従事するソーシャルワーカーのことです。疾病や心身障害などによって生じる患者や家族の諸問題、具体的には経済、職業、家庭生活などの問題を調整、解決するために社会保障、社会福祉サービスなどの社会資源を紹介・活用して患者・家族が自立できるように援助するのが役割です。簡単に言えば、病院で働く社会福祉士です。

『社会福祉士』とは、社会福祉士及び介護福祉士法によって創設された、ソーシャルワーク専門職の国家資格のことです。社会福祉士の登録を受け、社会福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、身体上もしくは精神上の障害があること又は環境上の理由によって日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいいます。資格取得のためには、受験資格をもつ者が社会福祉士国家試験を受け合格することが必要になります。簡単に言えば、資格の名前...続きを読む

Q福祉職→福祉職の転職をしたことがある方に質問です。

福祉職→福祉職の転職をしたことがある方に質問です。

前の職場を何年勤めたのか、と退職理由、また転職して良かった点、悪かった点などあれば、お聞きしたいです。

 私自身、新卒で勤めて3年目(障害者施設の支援員です)、トップのやり方に疑問を感じつつも自分なりに努力してきましたが、限界を感じて、退職を考えています。
 今の職場はきついですが、仕事自体は好きなので次も福祉職で行くつもりです。
 周りの人は、今の場所にこだわる必要はないから次に進んだほうが良いよ!といってくれる人と、
結局どこに行っても同じだよ、と両方います。。
 どこへ行っても大変なのはわかりますし、もう少し耐えるべきなのかとも考えてしまいます。
 
 厳しいお言葉でも良いです。よろしくお願いします!

 

Aベストアンサー

2回転職しています(老健相談員、福祉系NPOの職員、地域包括職員)。

転職して思ったこと。

職探し自体はあまり難しくないのかもしれませんが、ある程度次につながるように資格などはとったほうがいいように思います。障害者施設の支援員ということなので、たとえば「サービス管理責任者」を受講していると、似たような分野の仕事に就きやすくなるかもしれません。そのための実務経験等が必要になるので、お住まいの都道府県のホームページ等でも確認できますので、検討してみてください。

ある程度経験しておくと、次にはつながると思いますので、ある程度経験をつんで、しっかりと次のステップは踏めるように考えてから、転職したほうがいいと思います。

Qケースワーカー ソーシャルワーカー 公務員

ケースワーカー ソーシャルワーカー 公務員

公務員希望でケースワーカーかソーシャルワーカーを目指している
高校3年生の女子です。将来が不安で分からないことだらけです。
下記の質問に対してどれでもいいからアドバイス宜しくお願いします。

(1)ケースワーカーとソーシャルワーカーは短大、大学、専門学校のどこに行った方がいいですか?

(2)ケースワーカーとソーシャルワーカーはどちらの方がなりやすいですか?

(3)ケースワーカーとソーシャルワーカーは公務員だけで民間はないのでしょうか?

(4)その他、比較的簡単になれる公務員とかあるのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、社会福祉主事について、
もう少し概要をよく理解されたほうが良いと思います。
以下を参照してみて下さい。

社会福祉主事について
http://www.mhlw.go.jp/bunya/seikatsuhogo/shakai-kaigo-fukushi7.html
http://www.mhlw.go.jp/bunya/seikatsuhogo/shakai-kaigo-fukushi8.html

行政では、現業員といって、外回りに出る場合が大半です。
生活保護の場合には、家庭訪問などを行なって資産調査をしたり、
あるいは、就労可能な場合には、仕事探しもサポートしたり。
本人に会ってもらえない場合なども多いため、
必然的に、超過勤務や時間外勤務・休日勤務も多くなります。
また、暴力団関係者などが絡んでくる場合も少なくなく、
身の危険を感じるような脅しなども、しばしば受けることがあります。

そのような激務の実態をご存知の上で、
行政でのケースワーカーやソーシャルワーカーをめざしていますか?
どうも、実態をほとんど知らないまま、
ケースワーカーやソーシャルワーカーという言葉のイメージだけで
そういう仕事をめざそうとしているのでは、と心配です。

一方、社会福祉主事任用資格を得るためには、
福祉系学部ではなくとも、指定科目を履修しさえすればOKです。
しかし、そのことが質の低下を招いてしまっている現状もあるので、
この資格をもとに民間施設等が採用を考えるときには、
ただ単に社会福祉主事任用資格だけで採用する、ということは
かなり少なくなってきました。

指定科目等
http://homepage1.nifty.com/barn/syakaifukushishi/syuji_rename.htm

つまり、それぞれの分野(高齢者、障害者、児童など)によって、
介護福祉士や社会福祉士、精神保健福祉士、ケアマネジャーなどの
他の公的資格を持っている、ということが求められてきます。
採用する側としては、そういう立場になります。

社会福祉士等の受験資格にしても、非常に厳しいものがあります。
以下を参照して下さい。

社会福祉士
http://www.sssc.or.jp/shiken/syakai/s02.html
精神保健福祉士
http://www.sssc.or.jp/shiken/seishin/se02.html
介護福祉士
http://www.sssc.or.jp/shiken/kaigo/k02.html

要は、厳しい言い方をしますが、生半可な気持ちでは務まりません。

一方、一般企業に進んだとして、はっきり申しあげますが、
学んだ知識が大いに役に立つ、ということは稀なのが実情です。
福祉という分野は、言葉は悪いのですが、かなり特殊な業界ですから。
言い替えると、本気で福祉に没頭するぐらいの覚悟がないと、
これらの資格をめざしていただきたくはない、というのが本音です。
(ただ単に資格を取りたいから・勉強したいから、は賛成できません)
 

まず、社会福祉主事について、
もう少し概要をよく理解されたほうが良いと思います。
以下を参照してみて下さい。

社会福祉主事について
http://www.mhlw.go.jp/bunya/seikatsuhogo/shakai-kaigo-fukushi7.html
http://www.mhlw.go.jp/bunya/seikatsuhogo/shakai-kaigo-fukushi8.html

行政では、現業員といって、外回りに出る場合が大半です。
生活保護の場合には、家庭訪問などを行なって資産調査をしたり、
あるいは、就労可能な場合には、仕事探しもサポートしたり。
本人に会ってもらえない場合...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報