出産前後の痔にはご注意!

現在土地を購入し戸建を建築中のものです。お隣も同じく土地を購入し別のハウスメーカーで建築中です。
以前から先方から境界部分に折半でブロックを積みませんかと双方のハウスメーカーの営業を介して打診がありました。お互い境界側に建物が寄っており、スペース的にかなり狭いので芯積みで作った方が空間も有効活用できると思い承諾をしました。我々は外構はコストのこともあり境界線が明確に分かるようにブロック2、3段積みもしくは縁石を置く程度の最低ラインでいきたいと思っていたのですが、先方からブロック+フェンスでお願いしたいと申し出がありました。
我々としてはフェンスまで考えてなかったため予算が捻出できません。その旨を先方にご期待に沿えず・・・という感じで丁重にお伝えしてみたんですが、最終的に下記のような申し入れがありました。

ブロックは芯積みで積み、その上にフェンスを設ける。好きなデザインを選ぶ変わりに費用は全額負担する。将来的なメンテナンスや修理は適宜話し合いで解決する・というものです。

芯積みだと費用は通常折半ですがこのように先方全額負担は後々問題にならないのかと言う点と、費用は向こうがだしているので所有権は先方にあると思いますが将来的にメンテナンスが必要になった場合その費用はこちらが負担するのか等々疑問が残ります。

そこで円満におさめるために我々が先方にだすべき回答は何か、と将来おこりうるトラブルを回避すべく現段階で取り決めるべき約束・ルールはなにかをぜひとも教えてください。

先方が回答を急いでおり早めのアドバイスをぜひともよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

>円満におさめるために我々が先方にだすべき回答


 円満であれば相手の言うことに「はいはい」と返事をすることでしょう。

 でも実際はメンテナンスについては適宜話し合いならば嫌ですね。
 メンテナンスも相手持ちならば考慮します、曖昧な部分は残さないほうが良いと思います。

 相手も自分の敷地内には立てたがっていないでしょうから、下から頼めば飲んでくれるかもしれません。一応文書にもすべきでしょう、向こうのHMの担当にでも作ってもらってください。

 向こうに全額出してもらうのであれば、その塀に物を立てかけたり、塀に物を掛けたり、布団やマットを干したりしないなどもあわせて文書で約束もとりつけておく必要はあるでしょう。
 相手は塀のことを自分の物だと思いがちになるでしょう。実際にはあなたの土地に半分建つことになるのですから好き勝手に利用されては困るでしょう。

 上述の点をを相手が飲まないのであれば、非常に迷うとことではあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうなんですよ、メンテナンスについては適宜話し合い・・・というところがグレー部分が残っていて気になるんですよね。
すべて起こりうる可能性について対処方法を決定して文書にしておけばまだ安心ですよね。
それを先方さんがどの程度理解してくださるか・・・ですが。

お礼日時:2008/03/08 21:24

先日回答した者ですが、相談者はお隣からの申し出に対し、一度、承諾の意思を示されているみたいですからブロック塀を共有で造るにしろ、単独で造るにしろ、いずれは隣同士として顔を合わせることになるわけですから直接会って話し合いをすべきです。


そのときに、相談者の施工条件や予算的なことを話して結論を出したら良いでしょう。
第三者を介してのやりとりは、こと、境界に係ることでは誤解が生じやすいですよ!。
当方は不動産の仕事に30年近く携わっていますが、境界に係るトラブルほど厄介なものはありません。
最初が肝心です。相談者自身が出来ることと出来ないことはっきりとお隣に伝え、同時にお隣の考えや意見も聞くことです。
これから先、お隣とは長い付き合いになるでしょうからよりよい隣人関係を築くための足掛かりにと考えられたら如何でしょう。
    • good
    • 0

1,100%お隣の敷地内に好きな物を建ててもらう。



2,貴方が想定していた「ブロック2~3段積」の費用の1/2程度を
  貴方分として負担し共有物とする。
  ※メンテナンス費用は負担した費用に応じて按分する。

上のどちらかになるでしょうね。

また、ご質問の趣旨とは違うのですが
今回のブロック塀の話はお隣さんご本人と直接お話になった結果なのでしょうか?

もしも、お隣さんのハウスメーカーとしか交渉していない場合
もしかしたらお隣さんはハウスメーカーの言いなりに「高いもの」を
選ばされている可能性が考えられます。

以前次のような相談を受けたことがあります。

Aさんが分譲地を購入し家を建てたのですがその後半年くらいしてから
隣の土地において某大手ハウスメーカーの新築工事が始まりました。

6割方完成したところで、お隣のHM担当者がAさんの家に訪ねてきて
「ウチのお客さん(Bさん)が化粧ブロック+鋳物フェンスなど(高級な塀)を
建てたいと希望している。」
Aさんは「こちらは普通のブロックだけでいいです。」と話すと
HM「じゃ、普通のブロック分の費用でもいいので負担してくれ」
HM「建てる位置は境界上を希望したい」と一方的に言われたそうです。

Aさんは数日考えた結果、将来のトラブルを避けるため
「相手の土地に建ててほしい」と話すとHMが素直に応じてくれたので
安心していたのですが、実際に塀の工事が開始されると、HMから依頼された
下請け業者が、Aさんにロクな挨拶もないままにAさんの土地をほじくり返し
ガンガン工事を進めたらしいです。

Aさんは激怒してすぐに工事を中止するよう業者に伝え、HM担当者を
自宅に呼びつけたそうですが、HMは「とにかくBさんが早く塀を建てたいと
希望されるので・・」などと曖昧な回答をするばかりで前に進みません。

AさんはとにかくこのHM担当者と話していても埒が開かないので
Bさんと一度直接話しをさせてほしいと希望すると、HMが頑なに拒否され
Aさんは「とにかく施主と話をさせてもらえない限り工事の再開は許可しない」と
伝えました。

結果、数日後にAさんの元にBさんから直接連絡があったそうですが
その際Bさんは今回の事実をまったく知らなかったようで
HM担当者から急に連絡があってAさんに詫びておくようにと頼まれたとのこと。

また、よくよく話を聞いてみると、Bさん自身も本音は最低限のブロックでよいと
考えていたそうですが、HM担当者から「お宅の家のタイプであれば
皆さんこれくらいの塀をされています」「普通のブロックでは格好悪いですよ」
「今のうちに塀をしないと、お隣さん(Aさん)にまったく色違い等の
ブロックをされてしまうかもしれませんよ」などと執拗に勧められ
に渋々高級なブロック塀を作ることに承諾していたそうです。

結局、これをきっかけにAさんとBさんは仲良くなり
BさんはHMの塀工事を一旦断り、AさんBさんお互いが希望していた
通常のブロック塀にすることになり丸く収まったのですが
分譲地等では、このような事例が実際に多いと聞きます。
できれば、一度お隣さんと直接お話になってみてはどうでしょうか?

以上、長文失礼しました。
    • good
    • 0

「別々で作りましょう・・・と言うにはどのような理由をつければ角が立たないんですかねぇ。


色々調べたら、結構敷地境界の塀で最初は良くても後々もめてるみたいですよ。
等としか言いようがないと思います。
現に話が進行している以上は。

相手側と十分話し合って良好な関係を。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
アドバイスいただいたとおり、そのように伝えてもらうようにハウスメーカーの担当者にお願いしました。

お礼日時:2008/03/08 21:19

今は良くても、将来ほぼ争いになります。


自分のものは自分で作る。作らせる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
自分のものは自分で作る、とはもちろん自分の敷地内に・・ということですよね?
だんだん私もそれがベストかな・・と思い始めてきました。

その場合、どのように向こうの申し出をお断りするのが角が立たないんでしょうねぇ・・・。

お礼日時:2008/03/07 12:59

相談者は、当初、最低限の予算は見込まれていたみたいですから外構費用の何割か負担したほうがいいです。


その割合は、ブロック積み費用の半分を目安にしてフェンスまで合わせた全体費用の何分の一とすればいいと思います。
それから土地の境界に係ることはデリケートな部分ですので将来のことを考えるとメンテナスも含めて書面化しておくことがポイントです。
杓子定規にと思われるかも知れませんが、今だったら書面化することはさほど抵抗なくできる思います。その書面は、隣の人が構えてしまわないようにあまり仰々しく作らないこと。
ポイントだけ押さえる。
・ブロックフェンスの中心が境界であること。
・設置費用の負担は、隣が何分の一、相談者が何分の一とする。
・メンテナス費用は設置費用の負担割合に基づく。
・将来、双方がこの不動産を第三者に転売するときはこのことを周知徹底させる。
この程度でいいと思います。
お隣とは、長いお付き合いになりますのでスタートを躓かないよう注意してください。
とかく境界のことに関しては、最深の注意を払うべきです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私が思っていなかったようなご意見でした。
ただ、ブロックの費用を折半する場合、そのブロックひとつにしてもCBブロックや化粧ブロックといろいろありますが、われわれはCBブロック程度で十分と思っていてもお相手が化粧ブロックがいいとなった場合は、どうしたらいいでしょう。
向こうが商品を選び、施工をする・・・となると、それに従うしかないんでしょうか?

お礼日時:2008/03/07 12:58

正式な契約書締結することが必要だと思います。

カーボン用紙を挟んで複写で作るなどして、
境界上のブロックであるため、境界線の確認書類、設置の費用折半確認書、メンテナンス費用負担割合・メンテナンスを行う場合の事前協議事項、引っ越した場合(売り家)の次期所有者に説明する義務。など自己防衛される書類を作ることが一番です。

一方的に書類を作って「書いてください。」とした場合は、険悪な関係になりかねませんから、「いずれ私たちも年取ってボケたり、子供たちの代に譲ったりした場合に問題化しないため、こんな書類を一緒に作っておきませんか?お互いにメリットがあると思いますが、どうですか?」という風にいえば多少は納得していただけるのでは・・・。

一番良いのは、第三者の弁護士などに依頼し、締結事項を一緒に確認してもらえば、境界線の問題発生時に客観的な判断が出るはずです。
弁護士は、お互いよばないでも、お互いが同じ1人の弁護士や、司法書士(して良いのかわからないけど)をお願いして入れるのも方法ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
境界ブロックを共有するためにはこういった書類が必要になるわけですね。逆にそれぞれが自分の敷地内に作ればこのような煩雑な手続きも必要ないんですよね・・。
別々で作りましょう・・・と言うにはどのような理由をつければ角が立たないんですかねぇ。

お礼日時:2008/03/07 12:54

「将来的にメンテナンスが必要になった場合そ


 の費用はこちらが負担するのか」っていう疑
 問は現時点でないはずですよ。
「将来的なメンテナンスや修理は適宜話し合い
で解決する」といっているのですから。

メンテナンスするにしても、どの程度塗装がは
げてからメンテナンス行うかですよね。
わが家ブロックに塗装しましたが、3,4年も
経つと色が落ちてきたりとけっこう汚くなりま
した。

さらに汚れた場合誰が掃除するのか?

境界線にたてられるとyafuyafupirorinさんの
孫の代までもめたりしませんか?
それは先方だって同じ事です。塀を撤去しよう
にもお金ですよ。

あんたの自由に建てていいからあんたの敷地内
にしてくれ!とお願いした方が後々のこと考え
るといいような気もします。

ブロックとはいっても厚み15cmくらいです
よね。それくらいのために後々までもめ事残す
のであれば遠慮しておいた方がいいのではない
でしょうか?

あるいは一歩譲ってもyafuyafupirorinさんは土地
を貸す分将来的なメンテナンスや修理もあんたが
やってくれでいいのではないでしょうか?

yafuyafupirorinさんは土地を貸す、相手は費用を
出すではまずいですか?
とはいえ塀が出来て何か建てかけたりすると「これ
は俺の塀なんだ、何勝手に使っているの」ってなる
かもしれないし、あまりいいことはなさそうですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
将来的なメンテナンスについて適宜話し合いで解決する・・ということはもめて解決しない可能性もあるわけですよね。
最初からメンテナンスは所有者であるわれわれが行う・・といってくれたわけではないので、費用負担を要求されることもあるということだと私は解釈しましたが・・・。
自由に建てるなら自分の敷地内で・・・という話のほうがシンプルですよね。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/03/07 12:50

将来おこりうるトラブルを回避するのでしたら


境界線にブロックを・・というところから考え直されてはいかがでしょうか
現時点でこちらはブロックのみ、お隣はフェンスまでと既にトラぶってますよね。

ある工務店の方から境界線の問題は根深いものがあって子々孫々まで続くので2重になっても自分の敷地内に境界のブロックなりなんなりを設置した方がいい・・と聞いたことがあります。
スペースや資金の問題等いろいろあるとは思いますが、数年後のこともしっかり見据えてじっくりご検討された方がいいと思います。
ブロックのみ折半でフェンスはお隣の全額負担・・後々揉める元になるような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
お隣の方と円満に・・それをわれわれも強く希望しています。
お互い希望がかみ合わないのなら、無理にあわせるのではなく別々で作ったほうが確かにいいですよね・・・・。
参考になりました。

お礼日時:2008/03/07 12:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q隣地との境界線ブロックの積み方

十の赤い 境界線印字の中芯まで ブロック積みをお願いしましたが 2センチ程手前に入って 
施工してます 聞いたところブロックを積む為のコンクリート基礎が 中芯まで、その上にブロックを積み上げる為に下げるそうです 確かに座布団的に考えればそうなのでしょうが、初めて聞く事なので驚いております。
この話は本当なのでしょうか、詳しい方大至急教えて下さい。

Aベストアンサー

参考までに。

>十の赤い 境界線印字の中芯まで ブロック積みをお願いしましたが 2センチ程手前に入って施工してます  

 ごく普通な事だと思います。

 一般に行われるのは、分譲業者が土地を分筆して販売する時は、質問者様の言われるように『十の赤い 境界線印字の中芯』に境界をブロックを施工されます。

 その場合は隣地所有者と永遠に良好な関係を継続できることが重要です。

 将来、フェンスやブロックを修理する場合にお互い話し合って解決が必要です。
 使い方も、フェンスへ干し物をしたりは要注意となります。

 しかし、そうでない場合は『十の赤い 境界線印字の中芯』ではなく、
ご自分の土地の方へ1~2cmひかえて、境界ブロックを施工するのが多いと思います。

ベース(ブロックの基礎)はコンパネなどの板を使って、隣地へ絶対に越境しないことが必須です。

損とか得とかの問題ではなく、隣地所有者への配慮と良好な関係を保つために必要と思います。

御近所をご覧になってみてください。

当方の場合の写真を添付しました。


人気Q&Aランキング