【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

 温室効果ガスとされる二酸化炭素やメタンなどが、地球放射の赤外線を吸収し、放射していることが現在の気候変動の要因とされているのだと思います。
 一方、「すべての物質は温度に応じて電磁波を放射している」と聞いたことがあるのですが、とすると、窒素や酸素も赤外線(あるいは、もっと波長の長い電磁波)を放射しているのでしょうか。
 窒素や酸素も電磁波を吸収、放射しているけれど、その吸収帯が、太陽放射や地球放射と重ならないので、温室効果と関係ないだけだとすると、酸素や窒素が吸収・放射している電磁波の波長はどのくらいなのでしょうか。
 放射の基本的なことがわかっていなくて、ご存知の方、教えていただけましたら、うれしいです。

A 回答 (2件)

水は赤外線を吸収します。


OHの長さが変化する振動、HOHの角度が変化する振動に対応します。理科年表には波数の値が載っています。
3756/cm 逆対称伸縮振動(片方のOHが伸びるときに他方のOHが縮む)
3657/cm 対象伸縮振動(片方のOHが延びるときに他方のOHも伸びる)
1595/cm 変角振動

H2,O2、N2では原子間の距離が変化する振動が起こっています。振動数は赤外線の範囲です。でも赤外線の吸収は起こりません。
NOでは1876/cmに、COでは2143/cmに吸収があります。
光や電波を吸収するためには+-の電荷が非対称に分布していなければいけません。対称的な2原子分子だと振動していても電場と相互作用しないのです。

この回答への補足

ありがとうございます。
分子の分極のため、電場と相互作用するかどうかがポイントになるというご説明、よくわかりました。
よく、「あらゆる物体は、温度に応じた量の赤外線を出している」との説明を目にするのですが、窒素や酸素の場合は、どう考えたらいいのでしょうか?

補足日時:2008/03/29 20:20
    • good
    • 0

酸素、窒素は遠紫外(真空紫外)にしか吸収(発光も同じ)を持ちません。

ほとんど透明です。赤外領域も透明で、マイクロ波まで行かないと吸収がないのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速のご回答、ありがとうございます。
 すると、窒素や酸素は、地球放射を吸収できず、自らの温度に応じたマイクロ波を放出して、大気を冷やす作用だけを持つということなのでしょうか?

お礼日時:2008/03/10 23:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q酸素はなぜ温室効果を示さないのか。

「二酸化炭素は温室効果を示すのに、なぜ酸素は温室効果を示さないのか」という質問に対し、どう答えればいいのでしょうか。

二酸化炭素は赤外線を吸収・放射するけど、酸素は全く吸収しないのでしょうか?

分かる方回答お願いします。

Aベストアンサー

何故かと言われればほぼそういう回答になるでしょう。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1043006265
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3848565.html

Q海水はアルカリ性?

小学生の夏休みの自由研究で、実験をしました。
海水にPH測定液(アルコール液)を入れたら、かなり濃いブルー(アルカリ性)になりました。
食塩水は薄い緑色(中性)だったので、不思議に思いました。
海水はアルカリ性ですか?
(海水を家に持ち帰るときに、アルミ缶に入れておいたので、変質してしまったのでしょうか。)
困っています。教えてください。

Aベストアンサー

一般にミネラル(カルシウムとか、マグネシウムとか)の水溶液は(ってわかるかな)アルカリ性です。何でかというと、これを説明しろというと、つらいのですが、こういうのが水に溶けるとアルカリ性になります。

食塩は中性だよということですけど、これは、食塩の場合は、アルカリ性にするナトリウムと、酸性にする(これは厳密に言うと嘘)塩素が同じだけ溶けているからです。

本当は、酸と、塩基(水に溶けるとアルカリ性にするやつ)がくっついて(反応して)できる塩(「えん」と読みます、「しお」じゃないよ)だからと言いたいけど、わかるかな?この塩のときは、中性になります。

これが言いたかったんだけど、人間の体液は、海水に成分も量も似ています。

酸性、中性、アルカリ性については、pH(読み方は、ペーハーだとドイツ語、ピーエッチだと英語読みです)が関係するけど、水素イオン濃度と俗に言われるものできまります。

これから先は、わからなかったらご両親に聞いてください。(はっきり言って、高校レベル。でも、これぐらいは知っていてもいいでしょう)と言うか、読み飛ばしてもいいです。

pHは、水素イオンの濃度(本当は、水素イオンというのは存在しないので違うけど)を、10のマイナスX乗で表した時のXのことです。

濃度の単位は、[mol/l]です。molはモルと読んで、意味は、1molが6.02×10の23乗個その物質があるよという意味で水素イオンの場合は1gあるよ(水素ガスのときは、2gです)といういみです(ちなみにナトリウムの場合は23g、カルシウムの場合は40g、塩素の場合は35.5g、水は18gが1mol)

で[mol/l]というのは、1リットルの水溶液に対して何モルのものが溶けてるよという意味になります。普通はMで表されます。

だから、中性である時は。pH7だけど、このときは、水素イオン濃度は、10の-7乗[mol/l]ということになり、水素イオンが0.0000001gだけ1リットルの水に溶けてるよという意味になって、数がそれ以上多かったら酸性、少なかったらアルカリ性になり、pHが1多くなるごとに、濃度が10分の1になります。ちなみに、下の方の参考URLには、pH8.4となっていますが、この場合は、計算が、普通の電卓ではできないので、関数電卓という、ちょっと特別な電卓を使って計算すると、水素イオンが、0.00000000398gだけ1リットルの水に溶けてるよという意味になります。

ちなみに、pHは、マイナスの値にも、14以上にもなるということを覚えていてくれると、うれしいです。

一般にミネラル(カルシウムとか、マグネシウムとか)の水溶液は(ってわかるかな)アルカリ性です。何でかというと、これを説明しろというと、つらいのですが、こういうのが水に溶けるとアルカリ性になります。

食塩は中性だよということですけど、これは、食塩の場合は、アルカリ性にするナトリウムと、酸性にする(これは厳密に言うと嘘)塩素が同じだけ溶けているからです。

本当は、酸と、塩基(水に溶けるとアルカリ性にするやつ)がくっついて(反応して)できる塩(「えん」と読みます、「しお」じゃないよ)...続きを読む

Q赤外吸収をしめさないもの

赤外吸収でスペクトルを示さないものというのは、どのような分子でしょうか?
アルゴンは示さないようですが、どうしてですか?
※当方、薬学3回生です。

Aベストアンサー

分子を、原子がばねで結合したものだと考えてください。このばねは、結合している原子の種類によって長さや太さが異なっています。今、ある振動を加えると、その振動に共振するばねだけが振動をはじめます。
赤外吸収も同じような原理で、赤外線を照射することにより、その波長に共振する結合だけが吸収を示します。これより、吸収スペクトルがどの波長で現れたかを調べることで、対象分子に含まれる結合が推測できるわけです。
アルゴンのように一原子分子は結合を持ちませんから、赤外吸収を示しません。

Q米は水につけっぱなしにすると発酵しますか?

5分つきのお米を2日間水に浸していたら、自ら泡のようなものが発酵しておりお酒のようなにおいがしました。
変なにおいだったので、捨ててしまおうと思うのですが、このまま火を通して炊けば普通のご飯とおなじなのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。

 大丈夫です。
 私なら、迷わず炊いて食べます。

 それは、俗に言う『くされもと』のことですね、
これを炊いて、麹を加えると『どぶろく』が出来上がります。

 今の時期、この『くされもと』
を造るのには2日以上の時間を必要とします。

 『はなもと』という物が手に入らないから、わざと
米と水を腐らせ『くされもと』にして『どぶろく』を造ります。

 ないしょですが、私は、
わざわざ米と水を腐らせて『どぶろく』を造って飲んでいます。

>このまま火を通して炊けば普通のご飯とおなじなのでしょうか?

 決して、同じものではありません。

 味も風味も全く異なります。
(硬さは同じです。)

 食べて美味しいと思うか?、
不味いと感じるか?・・は質問者様次第です。

 まだ間に合います、炊いて食べてみてください。

 それでもダメと、お感じになるならば、
勿体ないことですが、捨ても仕方がないと思います。

 (5月7日 19時55分)


人気Q&Aランキング