あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

擬音語、擬態語について、日本語は同じ音の繰り返しが多いですが、英語では後の音を少し変えているようなものが多いような気がします。

ジグザグ(zig-zag)、時計の音チクタク(tick tack)、鐘の音(ding dong)がそうです。
日本語ならば「くねくね」、「カチカチ」、「ゴーン、ゴーン」と同じ音を繰り返すのですが、イギリス人はどうして少し変えるんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

英語は抽象概念が多い言葉です。


音に聴き入り、音真似をするという日本人の感性に比べ、
英語では、音について、もっと正体を名づけるような、決まった概念を獲得するといいます。

そのため、音だとは思っていない、概念だと思っている、という状況が引き起こされます。
日本人が蝉の音、こおろぎの声としてミンミンやカナカナや
チンチロリンを思い浮かべるようには、イギリス人は音を想像しませんね。

英語のオノマトペは、単語として機能します。
汽車の音は、chug chug...と書くことはあっても
a chugというひとつの名詞、あるいはchugという動詞であることが歴然としてあります。
zig, tick, ding, snip, pitter, これらはそれぞれ音の概念で、名詞または動詞です。
ここに zag, tack, dong, snap, patter を、お愛想でつけただけ、
つまりリズミカルにして遊んだだけです。

日本語には万葉集の時代から擬音語擬態語が非常に多いですが、
音を重ねるのは強意であろうと思います。
古語で意味のある動詞から派生した擬態語を重ねることが、修辞となって定着したのではないかと思われます。
現代語ではもはや単一では意味をとらえがたいものも多いです。
麦をかつ、などというような、打つ動作や音を、
かつかつ、かちかち、から思い出すことはできません。

こうして、英語と日本語には、
語の用法の変遷に違いがあり、
修辞法のセンスの違いがあり、
また口に発音しやすい音の違いというのもある、というところでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>英語では、音について、もっと正体を名づけるような、決まった概念を獲得するといいます。
・・・たしかにそんな感じがするように思います。難しいですが。
私は「搗つ」は音からきていると思います。

お礼日時:2008/03/22 06:57

まず、ほぼ同じ意味の文でも、英語より日本語の方が音節数が多くなります。


英語では strings のように、子音が5つというように、1音節に多くの情報が
入っているように、音節の重みが違います。また、アクセントのある音節は
母音が多彩で特に重みが大きくなります。擬音語・擬態語では、繰り返しの
二番目にも第二アクセントを置き、同じ反復音では、くどく感じるようです。
名犬リンティンティン Rin-tin-tin は、アクセントが前で反復部はアクセントが
ないのでくどさは感じられないようです。
母音の長音でも口の開きの小さいイー(ee)、ウー(oo)はともかく、 アー、オー、
エーよりも、アイ、オウ、エイがよく使われるようになってます。同じ名詞は、
極力避けられ代名詞にされます。

日本語でもカサコソ、ガタゴトなどもありますが、まだ、同音反復が多いと。
呼び鈴や卓球は、ピンポンですが、ピンピンやポンポンは違いますよね。
肩たたきの歌のタントンは、タンタンやトントンとの感覚の違いは何ですか。
グチャグチャとメチャクチャの音の違いは何ですか。
雨雨ふれふれのピッチピッチチャップチャップはピッチだけチャップだけ
では、動作の違いを無視しても音感の違いはどうですか。
日本語でも同じ音で、単調に感じられることでしょう。
掛け算の九九でニニ、サンサン、ハチハチ→ニニン、サザン、ハッパ。
意味のある九九でさえもリズムで変化させてますよね。
3ブロック以上の繰り返しでは、ジャンジャジャーン、ダダダダーン、
ララララーィ とか、全く同じ要素の単調な繰り返しは、使われないですね。

詩の韻でも、英語では、一音節で十分ですが、日本語では、二音節程度
ないと韻らしく感じられないようです。

反復音で心地よいものと少し変化をつけたくなる境界が言語によって違う
方が当たり前でしょう。ヨーロッパの言語でも日本語との違いほどではあり
ませんが、少しずつ違います。たとえば、犬の鳴き声は、英語 bow-wow、
ドイツ語 haff-haff / wau-wau、イタリア語 bau-bau と英語だけが同音では
ないですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

長文のご回答わざわざありがとうございました。

お礼日時:2008/03/24 08:46

No.2です。

お返事を有難うございます。補足質問にお答えします。

なお、国語カテの擬態語についてのご回答も興味深く拝読させていただきました。

ご質問:
<ご回答は「そんなことはない、日本語も英語も同じだ」ということでしょうか。>

つまるところは、そういうことです。

ただ、英語の方が、反復する音に微妙に変化を持たせている分、複雑で高度な音感、といえるかもしれません。

母音だけをとっても、英語の母音の方が多様で、長母音、2重母音など複雑な発音もあります。

日本語の発音がそうであるように、「音」に関しては日本人の方が単純なのかもしれません。西洋音楽と邦楽、西洋楽器と和楽器を比べてもそれは明瞭です。

ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

二度もご回答いただきましてありがとうございます。
専門家の方に口答えをして恐縮ですが、私はやっぱり「日本語は同じ音の繰り返しが多いですが、英語では後の音を少し変えているようなものが多い」と思います。数の勘定をしたことはありませんが。

お礼日時:2008/03/22 06:35

はじめまして。



ご質問1:
<イギリス人はどうして少し変えるんでしょうか。>

実際同じ音に聞えないからだと思います。

1.鐘の音をdingと聞える人もいれば、dongと聞える人もいます。

2.また、鐘の音は振り子ですから、往復で聞える音が違う場合もあります。往でding、復でdongと聞えるのかもしれません。

2.また、鐘の種類や場所によっては、dingと高音に聞えたり、dongと鈍音に聞えることもあります。

3.多様な選択の幅を広げるために、ding dongという2音節にしていると考えられます。


ご質問2:
<日本語ならば「くねくね」、「カチカチ」、「ゴーン、ゴーン」と同じ音を繰り返すのです>

1.日本語の擬音語でも繰り返さないものもあります。
例:
「ピンポーン」(インタホンの音)
「ピーポー」(救急車のサイレン)
「パラリラ」(暴走族車のクラクション)

2.これらは、例えばサイレンの音が「ピーピー」ではなく、実際「ピーポー」と聞えるので、ピーの反復ではなく、別の音韻を使って2音節にしているのです。

3.もし、「ピーポー」は「ピーポーピーポー」、「パラリラ」は「パラリラパラリラ」と繰り返すのでは?というつっこみがあるならば、ding dongやtick tackも同じように、ding dong ding dong、tick tack tick tackと繰り返しになります。

4.従って、英語の擬音語には同じ音の繰り返しがないのではなく、後の音を少し変えて2音節にし、その音節を繰り返す、という語法をとっているのでしょう。

5.もちろん英語にも、同じ音の繰り返しの擬音語もあります。
例:
zinzin(ジンジン)


ご質問3:
<擬態語>

1.ご質問にあるzigzagで言えば、zigとzagでは方向が転換しますから、その違いを語感で表すために、音韻を変えているのでしょう。

2.日本語でも「ジグザグ」になりますし、このように統一性のないものは、音韻を変えることでその様子を表していると思われます。
例:
「ちぐはぐ」
「めちゃくちゃ」
「どたばた」

3.なお、日本語の擬態語は、状態・様子が、持続的なものであれば、そのニュアンスを出すために、同じ音を反復させます。
例:
「彼に会ってドキドキした」
「ばれないかとビクビクした」
「旅行のことを考えるとワクワクする」

これらは、その時の状態が一瞬ではなく、一時的であれ、しばらく続く場合に使われます。同じ音を反復させることで、その持続感がでます。

4.一方、擬態語にも、同じ音が2回連続しない用法があります。
例:
「彼を見てドキッとした」
「彼を見てキュンとなった」
「彼を見てギクッと驚いた」

これらは、その瞬間のみの状態であって、その動作が続くものではありません。従って、反復しないで単独で用いることで、その瞬間のイメージを表しているのです。

5.英語も同じように、擬音語・擬態語も、状況によっては連続しないで単一音韻のものもあれば、違う音韻からなる2音節のもの、同じ音韻の連続など、その場の状況や様子で使い分けることができるのです。

以上ご参考までに。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
>2.また、鐘の音は振り子ですから、往復で聞える音が違う場合もあります。往でding、復でdongと聞えるのかもしれません。
・・・これは大変参考になりました。

私は質問で「日本語は同じ音の繰り返しが多いですが、英語では後の音を少し変えているようなものが多い」といっていますが、ご回答は「そんなことはない、日本語も英語も同じだ」ということでしょうか。

補足日時:2008/03/21 06:06
    • good
    • 0

日本語については、中国語の影響かと感じています。


英語については、子音字+i+子音字+子音字+a+子音字のように、i - a の形の組み合わせが多いと聞いた覚えがあります。
母音交代の例として、iからa と言うのは多いのだと思います。sing-sang,
sit-sat, begin-began など、数多くの例があります。
ただ、なぜか、と言うのは、分かりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2008/03/20 12:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本語文献の英語論文における引用のしかた

英語で出版されていない日本語の著作物を英語のMLA形式の論文でWork citedのところに記入する場合、どのように記せばいいかを教えてください。特に
・タイトルを翻訳する必要があるか。またその場合は自分が翻訳したということを明記すべきか
・In-text citationをする場合は、自分が翻訳したことを明記すべきか。
・タイトルや著者名は英語・日本語のどちらで書くべきか。著者名を英語で書く場合は、First name-Last nameの順にすべきか、Last name First nameにすべきか。(MLAの場合、英語名はLast-Firstですよね?本来氏→名の日本人名はどうすべきなのか、という意味です。)
・英語表記が公式に存在しない出版社名はどうするべきか
・そもそも外国人が読む場合、日本語で書いた場合それが日本語であると認識してくれない人が多いということを踏まえたうえで「これは日本語で出版されたものですよ」ということを明記すべきか。その場合は、どのようにすべきか
以上の点を教えていただきたいです。OWLのウェブサイトには、西欧言語からの引用の仕方は乗っていたのですが、それ以外のことはほとんど触れられていなかったので、質問させていただきます。
例えば、佐野洋子さんの「百万回生きたねこ」(講談社・1977/10/19発行)から、「百万回も死んで、百万回も生きたのです(He died a million times, but he lived again a million times )」を本文中で引用する場合、どのようにしたらいいのかを見せていただけると、さらに助かります。

宜しくお願い致します。

英語で出版されていない日本語の著作物を英語のMLA形式の論文でWork citedのところに記入する場合、どのように記せばいいかを教えてください。特に
・タイトルを翻訳する必要があるか。またその場合は自分が翻訳したということを明記すべきか
・In-text citationをする場合は、自分が翻訳したことを明記すべきか。
・タイトルや著者名は英語・日本語のどちらで書くべきか。著者名を英語で書く場合は、First name-Last nameの順にすべきか、Last name First nameにすべきか。(MLAの場合、英語名はLast-Firstです...続きを読む

Aベストアンサー

Q1)タイトルを翻訳する必要があるか。またその場合は自分が翻訳したということを明記すべきか
A1)タイトルは英語と日本語の併記にします。英語部分を誰が翻訳したかは必要ありません。

Q2)In-text citationをする場合は、自分が翻訳したことを明記すべきか。
A2)誰が翻訳したかを明記する必要はありません。

Q3)タイトルや著者名は英語・日本語のどちらで書くべきか。
A3)Work citedに表す場合、英語と日本語の併記になります。名前は比較できる英語翻訳済みのものがない場合、苗字→名前でも、名前→英語でもかまいません。大事なのはすべてのcitationの統一です。つまり、英語翻訳されていない日本語文献だけを参照するのであれば、すべてが苗字→名前もしくは名前→英語のどちらかに統一していればOK。ただし、参照するものが日本語文献だけでなく英語翻訳された文献も含まれる場合、英語同様、名前→苗字にする必要があります(統一する為)。また英語名のあとフォントをあけずに続けて日本語名を入力してください。タイトルは日本語名をそのままローマ字に変えたものを用います。正式な翻訳書籍がないので、原題をそのまま紹介してください。
(例-1)田中一郎さんの文献を参考にした場合
○Tanaka Ichiro田中一郎 もしくは Ichiro Tanaka一郎田中
×Tanaka Ichiro 田中一郎 もしくは Ichiro Tanaka 一郎田中

(例-2)田中一郎さんの本のタイトルが「日本人という名の生涯」だった場合(必ず全部イタリック体で。これで外国の単語=原語であることがわかります。)
Nihonjin to iu Na no Shougai日本人という名の生涯

(例-3)例1の本に~届かなかった最後の手紙~ という副題がついていた場合(イタリック体であるのは例-2と同じ)
Nihonjin to iu Na no Shougai: Todokanakatta Saigo no Tegami日本人という名の生涯:届かなかった最後の手紙

Q4)英語表記が公式に存在しない出版社名はどうするべきか
A4)まずその出版社の場所(都市名)と日本語名をそのままローマ字にします。そして名前同様日本語をすぐそのあとに続けます。
(例)東京にある岩谷書店で発行されたのが2005年の書籍
Tokyo: Iwatani Shoten, 2005. Print
※コロンのあと、1フォントあける。書店の名前の後は、コンマ。年号の後はドット。発行の月日はいりません。最後にPrintと必ず入れる。

Q5) そもそも外国人が読む場合、日本語で書いた場合それが日本語であると認識してくれない人が多いということを踏まえたうえで「これは日本語で出版されたものですよ」ということを明記すべきか。
A5)日本語に限らず、中国語、韓国語その他英語に翻訳されていない文献は星の数ほどあります。本文中でそういった文章を引用する場合は、MLAのParenthetical Citationsのルールどおりにすればよろしいです。つまり、ご質問の佐野洋子さんの文献の場合
(例1)文の最初に筆者の名前(苗字だけ)を紹介してから、参照した文章を続けて、文の最後にカッコで引用したページを示す

(例2)文の中には筆者の名前を出さず、参照した文章を記入後、最後にカッコで苗字とページ番号を入れる
のどちらかです。

ブリティッシュ・コロンビア大学のサイトは詳しく言語ごとにAPAやMLAなどでの書式の説明をしていますので参考になさってみてください。In-text citationの書き方についても説明しています。
http://wiki.ubc.ca/Library:How_to_Cite_Asian-Language_Sources

Q1)タイトルを翻訳する必要があるか。またその場合は自分が翻訳したということを明記すべきか
A1)タイトルは英語と日本語の併記にします。英語部分を誰が翻訳したかは必要ありません。

Q2)In-text citationをする場合は、自分が翻訳したことを明記すべきか。
A2)誰が翻訳したかを明記する必要はありません。

Q3)タイトルや著者名は英語・日本語のどちらで書くべきか。
A3)Work citedに表す場合、英語と日本語の併記になります。名前は比較できる英語翻訳済みのものがない場合、苗字→名前でも、名前→英語...続きを読む

Q叫び声などのスペル

英語の叫び声を文字で表したら、Ahhhhhhhh、Oh、など、他にどんなものがありますか?! 日本語で言う、ぎょえ~、あ”とか、驚いてはっとした、の"はっ"、それから例えば、階段から落ちて頭を打った時、頭をおさえながら、うぅっ って言ったりする時の"音声の英語のスペル"が知りたいです。

これらの感情を声に出して表す英語(?)のスペルを、知ってるだけ教えてください!!

Aベストアンサー

onomatopoeia(擬音語)
interjection(int.間投詞・感嘆詞)

などとですネ。


Onomatopoeia Examples - Word List (100 語以上)
 http://teenwriting.about.com/library/blank/blstory1459.htm

 bang バン・ガン(とたたく)、(ドアなどが)バタン(と閉まる)
 bonk バン・ガン・ゴツン・ボイーン(と打つ・たたく・なぐる・ぶつかる)
 bong ボーン・ゴーン(鐘・ゴング・呼び鈴などの音)ゴツン・ボカッ
 boom ドカーン(と鳴る音)、ブーン(と鳴く声)
 bop  ボカッ
 bump ドン・バタン・ドスン・ゴツン(衝突の音)
 burp ゲホッ(ゲップ=belch)
 buzz ブンブン・ジージー(ハチ・機械など)
 brrr ブルブルッ(寒さ・恐れ)
 …  …
 whoop オー・ワーッ・ ワーイ(という叫び声)
 wow  ワーッ・ウォー・ウハーッ・ワー(すげえ)
 yahoo イャッホー・ヒャッホー・ワーイ(興奮・歓喜)
 yank グイッ・グーッ(急に引き揚げる)
 zap  バッ・ビビッ(一撃を加える)
 zip  ビュッ・ビッ・ピッ(弾丸の音や布を裂く音)
 

参考URL:http://teenwriting.about.com/library/blank/blstory1459.htm

onomatopoeia(擬音語)
interjection(int.間投詞・感嘆詞)

などとですネ。


Onomatopoeia Examples - Word List (100 語以上)
 http://teenwriting.about.com/library/blank/blstory1459.htm

 bang バン・ガン(とたたく)、(ドアなどが)バタン(と閉まる)
 bonk バン・ガン・ゴツン・ボイーン(と打つ・たたく・なぐる・ぶつかる)
 bong ボーン・ゴーン(鐘・ゴング・呼び鈴などの音)ゴツン・ボカッ
 boom ドカーン(と鳴る音)、ブーン(と鳴く声)
 bop  ボカッ
 bump ドン・バタン・ドス...続きを読む

Qなぜ国によって動物の鳴き声の感じ方が違うのか?

テレビで韓国での動物の鳴き声というのがやっていて思ったのですが、何故国によって鳴き声の感じ方が違うのでしょうか?また、鳴き声の感じ方というのは誰かが最初に決めたのでしょうか?それとも、みんなが自然とそういうようになっていったのでしょうか?

Aベストアンサー

> 何故国によって鳴き声の感じ方が違うのでしょうか?

国によってというよりも、言語の種類によって感じ方(聞こえ方)が違うのだそうです。

たとえば英語圏では、「R」と「L」の発音の違いや「B」と「V」の聞こえ方の違いを混同すると、全く違う単語になってしまって社会生活にも支障をきたすことがあるので、これらの音の波形に対して非常に敏感で聞き取り能力が高いことが知られています。対して日本語では、これらの音を聞き分けることができなくてもほとんど困ることがないので、これらの音の波形に対する聞き取り能力は低いままです。日本人が何年英語を勉強しても英米人の発音が聞き取れないのはこのためだと言われています。

逆に日本人が日本語の中で敏感に聞き分けている波形の音もあるはずですし、それは英米の人達にとっては聞き取りにくい音であったりするでしょう。

ドイツ語、ロシア語、ポルトガル語、中国語等々、世界にはさまざまな言語があり、それぞれの発音の特長は実に個性的です。毎日それらの言語で生活している人々の耳は、それらの言語の特性に適応した聴覚を獲得していると考えてよさそうです。そうだとすると…

> 鳴き声の感じ方というのは誰かが最初に決めたのでしょうか?それとも、みんなが自然とそういうようになっていったのでしょうか?

同じ言語を共有している人達の耳には、(耳の特性が共通しているゆえに)同じように聞こえたという事はあったでしょう。また、「聞きなし」といって、動物の鳴き声を人間の言葉に置き換えて覚えやすく工夫することがあります。たとえばウグイスの鳴き声を「法、法華経」と聞き為したりします。このような場合には、それぞれの言語で皆が知っている単語に関連づけされることが多いでしょうから、誰かが最初に考えだして、それを決めるというよりも皆がそうだそうだと同調して定着したということは考えられると思います。

> 何故国によって鳴き声の感じ方が違うのでしょうか?

国によってというよりも、言語の種類によって感じ方(聞こえ方)が違うのだそうです。

たとえば英語圏では、「R」と「L」の発音の違いや「B」と「V」の聞こえ方の違いを混同すると、全く違う単語になってしまって社会生活にも支障をきたすことがあるので、これらの音の波形に対して非常に敏感で聞き取り能力が高いことが知られています。対して日本語では、これらの音を聞き分けることができなくてもほとんど困ることがないので、これらの音の波形に対す...続きを読む

Q専攻とは

よく大学での専攻は?などと言いますよね。
この専攻って何の事なのでしょうか?

学科の事ですか、ゼミの事ですか、それとも特別の研究室のような所での研究の事ですか。

もし、学科の事だとしたら、細かく学科に分かれておらず、学部だけしかない規模の小さな大学の場合はどうなるのでしょうか。

また、研究室の事だとしたら、研究室に入っていない学生は専攻なしということになるのでしょうか。

Aベストアンサー

普通、「専攻」と言ったら、卒論で自分が扱う分野、卒論がないのなら、それに代わりゼミ研究などで自分が扱っている分野のことです。

たとえば「私は文学部の日本文学科で、紫式部を専攻しています」のように使います。そこまで細かく説明することを要求されているわけではないなら、「文学部で日本文学を専攻してます」って言い方もアリです。

また大学によっては、「○○科」の変わりに「○○専攻コース」などを設けている場合もあります。この場合、○○の部分を自分の専攻であると言ってしまっても差し支えありません。

まあ、そんなに厳密な言葉でもないので、神経質になることはないですよ。自分が主に勉強している(したいと思っている)分野、という程度の意味です。

Qフランス語とイタリア語で「手作り」とは・・・

フランス語で「手作り」は何と言うでしょうか?スペルと日本語読みを教えて下さい。
同じくイタリア語では何と言うでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

フランス語で「手作り」は
a la main(ア・ラ・マン)「手作りの」
fait a la main(フェ・ア・ラ・マン)「手製の」
といいます。

「手製で作られた」という意味で動詞の過去分詞を伴うことがありますが、製品によって動詞が異なります。

la broderie (faite) a la main
(ラ・ブロdリー・フェt・ア・ラ・マン)
「手製のレース」

le vetement (fabrique) a la main
(ル・ヴェtモン・ファブリケ・ア・ラ・マン)
「手作りの洋服」

les gateaux (faits) a la maison
(レ・ガトー・フェ・ア・ラ・メゾン)
「自家製のお菓子」

les gateaux prepares(faits) elle-meme
(レ・ガトー・プレパレ・エル-メム)
「お手製のお菓子」

la boulangerie aritisanal
(ラ・ブロンジュリー・アーティザナル)
「自家製(手作り)パン屋」

修飾する名詞が男性名詞か女性名詞かによって、冠詞、過去分詞に性数一致がおこりますので、詳細は辞書等でご確認下さい。

以上ご参考までに。

はじめまして。

フランス語で「手作り」は
a la main(ア・ラ・マン)「手作りの」
fait a la main(フェ・ア・ラ・マン)「手製の」
といいます。

「手製で作られた」という意味で動詞の過去分詞を伴うことがありますが、製品によって動詞が異なります。

la broderie (faite) a la main
(ラ・ブロdリー・フェt・ア・ラ・マン)
「手製のレース」

le vetement (fabrique) a la main
(ル・ヴェtモン・ファブリケ・ア・ラ・マン)
「手作りの洋服」

les gateaux (faits) a la maison
(レ...続きを読む

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Q同じ単語を2回繰り返す慣用句(表現)。

日本語だと同じ単語を2回繰り返す事が非常に多いような気がしますが、(おそるおそる、はいはい、等)英語ではあまり聞きません。 今日タマタマ、winner winner chicken dinnerという表現を知りましたが、他にもありますでしょうか? イディオムビルディングのためによろしくお願いします。

Aベストアンサー

> SALAD–salad.とか、MINE–mineとか、LIVING-TOGETHER–living-togetherとか
> どういう意味になるんでしょうか???


> もしよろしければ、本当に解説がかいてるURLを教えてもらえるだけでも
> ありがたいので教えていただけませんか?


まあ、とりあえずWikipedia でしょうか。


そこに書いてあるとおり、
These sorts of reduplicative forms, such as "food-food," are not merely literal translations of the Finnish but in fact have some frequency in contemporary English for emphasising, as in Finnish, an "authentic" form of a certain thing. "Food-food" is one of the most common, along with such a possibilities for "car-car" to describe a vehicle which is actually a car (small automobile) and not something else such as a truck, or "house-house," for a stand-alone house structure as opposed to an apartment, for instance.

Contrastive focus reduplication. Exact reduplication can be used with contrastive focus (generally where the first noun is stressed) to indicate a literal, as opposed to figurative, example of a noun, or perhaps a sort of Platonic ideal of the noun, as in "Is that carrot cheesecake or carrot CAKE-cake?".


他にも、こういうのがあります。

cable television vs. television television.
e-book vs. book book.
Freelance work vs. work work.


ですから、
SALAD–salad 本当に野菜だけのサラダ
MINE–mine 共有物でなく、名義から何から完全に自分だけのもの
LIVING-TOGETHER–living-together 完全にどこから見ても同棲している

参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/Reduplication

> SALAD–salad.とか、MINE–mineとか、LIVING-TOGETHER–living-togetherとか
> どういう意味になるんでしょうか???


> もしよろしければ、本当に解説がかいてるURLを教えてもらえるだけでも
> ありがたいので教えていただけませんか?


まあ、とりあえずWikipedia でしょうか。


そこに書いてあるとおり、
These sorts of reduplicative forms, such as "food-food," are not merely literal translations of the Finnish but in fact have some frequency in contemporary English for emphasising, as in F...続きを読む

Q繰り返す言葉をなんというのか

にこにこ のびのび ゆらゆら こつこつ など同じ言葉を2つ並べて使われる言葉をなんというんでしたっけ?

Aベストアンサー

「同じ言葉を2つ並べて使われる言葉」ならば、No.1さんの回答にある通り「畳語(じょうご)」と言います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%B3%E8%AA%9E
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/108239/m0u/

質問者さんが挙げておられる例は、擬声語や擬態語ですね。オノマトペなどとも呼ばれます。ただし、同じ言葉を2つ並べない擬声語・擬態語もあります(例:「ガシャン」「ぎゅっ」)。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/52165/m0u/
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/52470/m0u/
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/50553/m0u/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%93%AC%E5%A3%B0%E8%AA%9E


人気Q&Aランキング