ばりばりの肝臓がんです。肝臓の約半分くらいが腫瘍です。検査値でAFPが30以下で推移しています。測定値が上昇しない理由はなぜなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

そういう性質の肝臓癌も時にあります。


PIVKA-IIだけが陽性のものもあれば、その逆もまたありますし、どちらも陽性、どちらも陰性という腫瘍もあります。

腫瘍マーカーというのはそういうものです。
病勢を測ることができないという点では残念です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。腫瘍任せですね。

お礼日時:2008/03/24 16:01

肝癌なら必ず、AFPが上がるというわけでありませんし、AFPが正常値なら肝癌ではない、と断定もできません。


腫瘍マーカーってのはそういうものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。あがるもあがらないのも肝臓任せですね。

お礼日時:2008/03/24 16:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 肝がん(肝細胞がん)<肝臓・胆嚢・膵臓の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    肝がん(肝細胞がん)とはどんな病気か  肝がんには、肝臓そのものから発症した原発性(げんぱつせい)肝がんと、他の臓器のがんが肝臓に転移した続発性(ぞくはつせい)肝がん(転移性(てんいせい)肝がん)があります。原発性肝がんの約90%を肝細胞がんが占め、約10%が胆管細胞(たんかんさいぼう)がんです。一般的に肝がんというと肝細胞がんを指しています。  日本では年間約3万1000人の肝がんによる死亡者がおり、男性...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q愛犬が肝臓の病気になってしまいました…

雑種の中型犬を飼っているのですが、現在肝臓の病気で苦しんでいます。

獣医さんの話によると、肝臓に瀰漫的に腫瘍ができていて、今の獣医学では治せない、とのことなのです。
歳も12歳半ということで、それなりに病気が出てきたり、手術にも耐えられないだろうという話はわかるのですが、「医学的に無理」というのが本当なのかどうか、他の方のご意見も聞いてみたいなと思い、投稿しました。

獣医学に詳しい方、もしくは実績のある獣医さん(関東圏内)をご存知の方がいらっしゃいましたら、情報をいただけますと助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 NO.2ですが瀰漫的という表現から肝臓全体に均一病変があるのかなと思って抗がん剤のお話をしました。というのはリンパ腫(彌慢性病変が多い)であれば抗がん剤に反応する場合がありますが、血管がたくさんあり大小の結節があるのでしたらリンパ腫の可能性は低く抗がん剤が効かない癌の可能性が高いと思います。

 また肝機能の検査(アンモニアや胆汁酸)に異常が出てるのでしたら肝臓の大部分が侵されていますので外科的に取ることは無理だと思います。あと腹水がたまってきてるんでしたら肝機能がかなり落ちているか大きな血管を腫瘍が圧迫している可能性が高いのでこれも予後が悪いことを示しています。

 肝機能が落ちてて(肝臓の大部分が壊れていることを示しています)腹水がたまっているのでしたらCT・MRIをしても治療につながらない可能性が高いと思います。

 お話を聞く分にはこれ以上の検査や積極的治療はせず呼吸がつらいのでしたら腹水を抜くなどの対処療法
のみするのがいいのではと僕は思いますし実際同じようなワンちゃんにはそうお話すると思います。ただCT・MRIでなくてもセカンドオピニオンとして別の獣医さんに見てもらう(超音波でいいと思います)のもいいのかもしれません。

 NO.2ですが瀰漫的という表現から肝臓全体に均一病変があるのかなと思って抗がん剤のお話をしました。というのはリンパ腫(彌慢性病変が多い)であれば抗がん剤に反応する場合がありますが、血管がたくさんあり大小の結節があるのでしたらリンパ腫の可能性は低く抗がん剤が効かない癌の可能性が高いと思います。

 また肝機能の検査(アンモニアや胆汁酸)に異常が出てるのでしたら肝臓の大部分が侵されていますので外科的に取ることは無理だと思います。あと腹水がたまってきてるんでしたら肝機能がかなり落...続きを読む

Q肝臓癌の腫瘍マーカーの値について教えてください。

父が直腸がんになり、肝臓に転移していました。2ヶ月程前に手術をして摘出しました。(腸と、肝臓一部)
腸の方は人口肛門もつけなくてもよく、癌の部分は全部とれたとのことでしたが手術から1ヶ月半で肝臓に影があるといわれました。
先生の話では、腫瘍マーカーの値は前より下がっているのに・・・となんだかあやふやだったそうです。
影があるのに腫瘍マーカーの値は下がるものなんでしょうか?
それとも影は癌でないのでしょうか?
知識のある方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

腫瘍マーカーと呼ばれるものには何種類かあります。どこにできた癌かによって調べるマーカーも違います。
通常直腸がんで手術をしたのであれば他のところに出てくる癌も直腸由来の癌であり直腸がんを調べる腫瘍マーカーで確認するのが一般的です。まれに肝臓にできた腫瘍が直腸がんの転移でなくそこに原発ということもありますので直腸がんの腫瘍マーカーでは反映されないこともあります。(その先生は肝臓癌と直腸がんはにかよった腫瘍マーカーを調べますのでそのマーカーに異常がなかったのがおかしいと思われたのかもしれません。)手術のときに肝臓の一部まで切除しているのであれば新たな影も同じ腫瘍である可能性はあると思いますが、精査してみないと確定できないと思います。
したがって新たな影を腫瘍だとご自身が決め付ける必要は無いと思います。また腫瘍マーカーはあくまでも目安ですのでもともとあがっていたものが下がるまでに時間もかかりますから短期間に現れたものであれば腫瘍マーカーは一時的に下がったように見えて、必ずしも指標になりえないこともあると思われます。

Q病気って。 私の祖母は、毎日ウィスキー一本あけるけど、肝臓全く悪くないです。 90歳まで、癌にもおお

病気って。

私の祖母は、毎日ウィスキー一本あけるけど、肝臓全く悪くないです。

90歳まで、癌にもおおきな病気にならず、
健康に生きてます。

健康に気を遣ってなくても、健康な人沢山いません?

Aベストアンサー

お元気でいいですね。私なんてビール一杯で眠ってしまうので、羨ましい。
内臓が強いんですね!いいことだ。

Q肝臓肝血管腫、便潜血、腫瘍マーカー(CA19-9)

先日健康診断を受けました(37歳女)
検査結果に

「肝腫・肝血管腫の疑い」→6mmほどの影がありました。

「便潜血 陽性」 → 1回目は陰性。2回目が陽性。
粘膜と一緒に鮮血(薄い赤色、ピンク)が、便の周りについていました。

「腫瘍マーカー CA19-9   38.3」
「血尿系 HbA1c 53%」

とあり、すぐ市民病院に行きましたが、医者は「全て別々の要因。若いのにしゃーないなー」と言ってました。
一つの病気でこのような全て症状が出てきてるのではなくそれぞれなのだとすると、癌家系なので「もう既に転移しているか?!」という思いもよぎります。

腹部超音波、CT、大腸内視鏡検査と、それぞれ2週間~1カ月近く待たなければならず、何かそれまでに分かることがあればと、質問させていただきました。

起こりうる可能性を教えていただけたらありがたいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

肝血管腫 は肝臓の中にできる良性腫瘍最も頻繁にみられるものです。

便に見た目で血液が付着していたなら、肛門に近い場所からの出血でもっとも考えやすいのが痔出血です

CA19-9 おそらく37が境界値となっていたのかと思いますが、わずかな境界超えはその値の意味はあるのかないのかといったものです
膵臓や胆管系の疾患で上がり良性の疾患でも動きます 血管腫とはあまり関係しません

HbA1c 53% 5.3%だと思いますが問題ないと思います


やはり、一元的に考えるような値ではなくそれぞれ個別に確認なさってください

Q友人が(ジフト)という腫瘍が肝臓の表面にできました。最近発見された病気

友人が(ジフト)という腫瘍が肝臓の表面にできました。最近発見された病気みたいで詳しくわかりません。
どのような、病状でしょうか?癌の一種でしょうか?今後の影響は?誰かお願いします!教えて下さい!

Aベストアンサー

「GIST」で検索するといろいろなサイトがヒットすると思います。
読みやすいものを読んでいただくのが一番だとは思いますが…

GIST研究会
http://www.gist.jp/

GIST患者のための情報ページ
http://www.gisters.info/

GISTについて
http://www2.hama-med.ac.jp/w1b/surg2/GIST.html

GIST(消化管間葉系腫瘍)は、
消化管の粘膜の下層から発生する粘膜下腫瘍の一種であり、
粘膜から発生する癌とは異なるものです。
粘膜下の腫瘍のため内視鏡では正常の粘膜が持ち上がった状態で観察されます。
現在の定義では、GISTとは主に消化管の粘膜下にある筋層に発生する腫瘍のうち
細胞の分化や増殖に関与するKIT蛋白の異常発現を認めるものとされています。
最近では、その起源は消化管運動のペースメーカー的働きをしている
Cajalの介在細胞由来であることがわかってきました。
筋層にあるCajalの介在細胞が何らかの原因でKIT蛋白の産生を亢進させ
異常増殖してGISTとなるわけです。
GISTの発生頻度は、人口100万人あたり20人/年と推定され、
50~60歳代が最も頻度が高く、その発生部位は、胃が60~70%、
小腸が20~30%で他に食道や大腸に認めることがあります。
GISTに特徴的な症状はなく、
腫瘍が大きくなるまではほとんどが無症状です。
ある程度の大きさに成長してようやく出血、腹痛、腫瘤触知の症状を認めます。
GISTは大きな腫瘤となることが多く、
10cm以上の腫瘤で発見されることも稀ではありません。
大きさが5cmを超えると肝臓への転移や、腹膜播種の確率が上昇します。

「GIST」で検索するといろいろなサイトがヒットすると思います。
読みやすいものを読んでいただくのが一番だとは思いますが…

GIST研究会
http://www.gist.jp/

GIST患者のための情報ページ
http://www.gisters.info/

GISTについて
http://www2.hama-med.ac.jp/w1b/surg2/GIST.html

GIST(消化管間葉系腫瘍)は、
消化管の粘膜の下層から発生する粘膜下腫瘍の一種であり、
粘膜から発生する癌とは異なるものです。
粘膜下の腫瘍のため内視鏡では正常の粘膜が持ち上がった状態で観察されます。
現在の定義では、G...続きを読む

Q肝臓に腫瘍らしきものが・・・

先日健康診断がありました。腹部エコー時、肝臓に腫瘍のような影があると言われ、CTによる精密検査を指示されました。早速、CT・血液検査を受けました。CTの画像でも黒っぽい腫瘍のようなものが確認出来ましたが、まだ血液検査の結果が出ていないので、ハッキリした事は言えないとの事でした。結果が出るのが来週という事で不安です。ちなみに私は33歳の男性で健康診断の結果ですが、GOTが19・GPTが50でした。どんな病気が考えられますか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こうした腫瘍性のものの場合、すでにお受けになった超音波やCTなどの画像診断が重要となります。
場合によって単純な検査ばかりでなくそれぞれ造影検査や、さらにMRや血管造影が必要となる場合もあります。
GOT、GPT(AST、ALT)の値は腫瘍の種別には使えません。お待ちの血液検査は腫瘍マーカーのAFPやPIVKAII,CA19-9かと思います。ある種の腫瘍では上昇するため参考にされますが絶対的なものではありません。なお、CA130はあまり用いられていません。
ご心配かと思いますが受診日をお待ちください

参考URL:http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec10/ch139/ch139a.html

Q乳幼児の肝臓の病気について

7ヶ月になる娘の定期健診で『肝臓に影がある』と言われ総合病院で検査をすることになりましたが先生との日程が合わず検査ができていない状態です。急を要するものではないから心配しないで、とかかりつけ医からは言われましたが検査をしていないので余計に色々と気になっています。
エコーでの影なのですがどんな病気が考えられるんのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

通常の乳幼児健診では肝臓の影があると言われるシチュエーションは発生しません。肝臓が大きいから超音波検査をしたのでしょうか・・・肝臓に本当に影があるのなら腫瘍がそこに存在する可能性があることになります。腫瘍には良性と悪性がありますので、それによって事態は大きく異なります。ただし、大人とは違い子どもの肝臓の腫瘍は大変まれな病気なので、実際に影があるといっても、たまたま影があるように見えただけで、再検査または別の画像検査を行って大丈夫だったというシナリオの可能性も十分あります。また、CTやMRIで肝臓の検査をされたなら、これも大変稀ですが、腫瘍以外の肝臓病(代謝病、感染症(膿瘍)など)で影が見られることも一応は考えられます。

Q肝臓癌告知後→肝機能向上したら・・・

父の肝臓癌やリウマチことで何回かご質問させていただいているのですが、昨日お医者様より最初診察したときより肝機能が良くなってますとの話しがありました。これはいいことですか?父はリウマチも発症しているので関節リウマチの疑いということで昨日膠原病、アレルギー科を受診しました。肝臓癌と関節リウマチの治療をすすめることになるのですが肝臓癌の告知後、40年以上続けているお酒を断ち、免疫力を高めるという本をみながら乳酸菌や納豆や人参りんごジュースなどなど色々2ヶ月続けてきました。今後の検査治療していく段階でいいことなのでしょうか?

Aベストアンサー

主人は最終的には、肝不全で亡くなりました。肝機能はかなりよくなって、本人も自慢していました。でも、良くなったのは間違いないし、努力が実ったことには間違いありません。でもでも、素人判断は禁物。何でも担当医に聞くのが一番ですよ。流れをご存知ですから。あまり疑問が多いのなら、セカンドオピニオンをとるのもいいと思います。病は気から、父上をはげましてあげて、ほめてあげてくださいね。

Q肝臓の病気に効くといわれるヨーロッパ産の菊についてご存知の方、お願いします。

緊急でお願いします。
私にとって居なくなっては困る人が肝臓癌と診断されました。 知り合いの看護師さんに聞いたところ、「肝臓癌は早いよ」と言われ大変落胆しましたが、もう20年も昔に「肝臓の病気に効くといわれるヨーロッパ産の菊があり、しばしば癌すらも治し、特効薬として現地では知られているものの日本の製薬会社はそれをプラセボ効果だとして薬品に使おうとはしない」という話を本で読みました。 今になってその本を探してもどこへいったやら、全く見つかりません。 そこでこの「菊」について、
名前、入手ルートのどちらでも結構です。 ご存知の方、または「あれではないか」とのお心当たりの方、いらっしゃいましたら心からお願いします。 ご連絡ください。 確か私の記憶ではその菊の名前は「西洋**菊」だったと思いますが、**の部分がわかりません。
本当に深刻に悩んでいます。 お力添えをお願いします。

Aベストアンサー

菊ではないですが、抗がん剤として使われる漢方薬として
ニチニチソウがあります(薬品名ビンクリスチン)
悪性リンパ腫に処方されます

もし、漢方での検索を試みるなら
「抗腫瘍アルカロイド」で調べられると良いでしょう
ガンだけでなくいろいろな漢方について学ぶ事ができるでしょう
(約1200件ヒットします)

ガンに対する漢方はほとんど毒草です
素人が扱うと副作用でかえって苦しめる事になるかもしれません
漢方専門医にセカンドオピニオンすることをお勧めします

ちなみに#4さんの紹介する商品を検索して見ました
健康維持にはよさそうですね
治癒するとなるとちょっと疑問です
O-157といった病原性大腸菌なら
かなり効果が期待できるかもしれません

Q肝臓癌の義父のことで。

結婚して2年の夫の父(65歳)は、私が主人と結婚する前から肝臓が悪く入退院を繰り返していました。去年、肝硬変から肝臓癌になり手術で摘出しています。その後順調に回復していたようなのですが、先週「風邪をひいたみたいだ」と電話があり、熱があるようでした。1週間後に連絡を取ってみるとまだ熱が下がって居ない様子で、黄疸が出ているらしいのです。病院には行っているそうです。義父は一人暮らしをしていています。もともとお酒が好きで肝臓を悪くしているのに、肝臓癌の手術をした後も調子がよくなってくると「ちょっとだけ」と一人でお酒を飲んでいる形跡もみられました。義父は私に遠慮しているのか、電話でも黄疸が出たことなどは主人との会話にしか話ませんでした。主人の話だと、前回の手術で次は手術できないかもしれないと言われているそうです。
今の義父の状態が肝臓からきている症状なのか?この先どうなるのか?治療法は?なんでもいいので肝臓癌の事に全く無知な私に教えてください。

Aベストアンサー

黄疸の症状はやはり肝臓由来の症状だと思われます。
黄疸は風邪が原因なのではなく、肝臓の調子が悪いことで出る典型的な症状の一つです。以前、私の祖母が肝臓を患って入院していたときも黄疸症状が出ていました。黄疸が出るのはかなり深刻な状況だと思われます。即入院したほうがよろしいのではないでしょうか。
肝硬変の後に肝臓癌へと進行してしまったとのことですが、正直、私の感想からするとあまり良い状況ではないと思われます。
肝臓は再生機能のある唯一の臓器のため手術によって切除しても元の大きさまで再生されるという特徴を持ちます。しかし、元の大きさまで完全に再生されるというのはあくまで健康な肝臓の話。肝硬変などの重い病状であった場合、たとえその再生能力がまだ肝臓に残っていたとしてもかなり弱く、再生に時間がかかるものと考えられます。ましてやただでさえ手術で弱っている肝臓にお酒を飲んで負担をかけてしまうなんてとんでもありません!
黄疸症状はお酒を飲んで肝臓に負担がかかったことによるものかもしれません。
また、手術をされたとのことでおそらく転移の心配はないのでしょうが、お義父さまはまだお若いようですので再発する可能性も高いと考えられます。

お大事に。

黄疸の症状はやはり肝臓由来の症状だと思われます。
黄疸は風邪が原因なのではなく、肝臓の調子が悪いことで出る典型的な症状の一つです。以前、私の祖母が肝臓を患って入院していたときも黄疸症状が出ていました。黄疸が出るのはかなり深刻な状況だと思われます。即入院したほうがよろしいのではないでしょうか。
肝硬変の後に肝臓癌へと進行してしまったとのことですが、正直、私の感想からするとあまり良い状況ではないと思われます。
肝臓は再生機能のある唯一の臓器のため手術によって切除しても元の大き...続きを読む


人気Q&Aランキング