人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

石油からガソリンや灯油、軽油、重油などが出来ますが、それらを生成するプロセスを教えてください。また生成のプラントにはどのようなフィルターが装置されているのですか?

A 回答 (2件)

トッパー(常圧蒸留装置)を使用して、原油からアスファルト・重油・軽油・灯油・ジェット燃料・ナフサ・ガソリン・LPガスに分離します。


分離方法は、原油の中に含まれるガソリンや軽油などの成分の沸点の違いを利用します。
個々の大まかな沸点は次の通りです。
・アスファルト・C重油・B重油・A重油(350℃以上)
・軽油(240℃~350℃)
・灯油・ジェット燃料(170℃~250℃)
・ナフサ・ガソリン(35℃~180℃)
・LPガス(~35℃)

例えば、三角フラスコを5個並べて置きます。
三角フラスコはガラス管で、ソレゾレ蓋をして連結しています。
5個目の三角フラスコは、最後にガラス管を空中に放散するようにします。
一つ目の三角フラスコに地底から採取された原油を入れます。
一つ目の三角フラスコを原油が沸騰するまで過熱します。
連結された2つ目の三角フラスコは350℃に加熱します。
連結された3つ目の三角フラスコは240℃に過熱します。
連結された4つ目の三角フラスコは170℃に過熱します。
連結された5つ目の三角フラスコは35℃に過熱します。

1つ目の三角フラスコの底面でグツグツ沸騰しても蒸発しない成分がアスファルトなど残渣油です。
2つ目の三角フラスコの壁面に液体として張り付いた成分が重油です。
3つ目の三角フラスコの壁面に液体として張り付いた成分が軽油です。
4つ目の三角フラスコの壁面に液体として張り付いた成分が灯油やジェット燃料です。
5つ目の三角フラスコの壁面に液体として張り付いた成分がナフサやガソリンです。
5つ目の三角フラスコのガラス管から最後に噴出すガスがLPガスです。

大まかに説明すると以上のような方法で精製しています。
最悪時、爆発するので実験する時は、圧力と温度管理、可燃ガスの室内への充満に充分注意する必要があります。

参考:中段
http://www.wak2.co.jp/chottomimiyori.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧な回答、誠にありがとうございました。よく理解できました。

お礼日時:2008/04/19 19:21

フィルターはわかりません。

単なる金網だったりしますのて゛。

追加して
脱硫、脱窒、脱金属(鉛が入ると触媒がおかしくなるので)
改質(n-炭化水素を側さが多くなるようにする都か、オクタン価を上げる)
切断(重油から軽油・ガソリンなどを作る)、広義の改質
炭化(ピッチから水素を取って炭にする。取った水素は改質に使用、炭は燃す)
触媒を燃して劣化を回復する(触媒表面にタール状のものが付着すると触媒能力がなくなるのでこれを燃やして触媒の再利用)
覚えているのはこのくらいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました、参考になりました。

お礼日時:2008/04/19 19:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q軽油の作り方

  重油+灯油+硫酸(等)=軽油
 上のような方法で軽油を作ることができるらしい。と、テレビ放送でやっていたらしいのですが、いまいちよく解りません。
 重油、灯油、軽油の性質は解るのですが、混ぜるだけで本当にできるのでしょうか? 教えてください。

Aベストアンサー

学部時代に得た知識なので,あまり自信はありませんが…。

> 混ぜるだけで本当にできるのでしょうか?

常温常圧下で単に混ぜるだけでは,不可能だと思います。ただ“硫酸(等)”の意味を拡大解釈し,さらに加熱(場合によっては加圧も)をして良いとなると状況は変わってきます。テレビで放映していた内容は知りませんが,恐らく接触分解や水素化分解についての内容だったのではないかと推測されます。

原油は色々な炭化水素の混合物ですが,より付加価値の高い炭化水素はどれも低分子量であるため,重油に含まれる高分子量の成分はクラッキングという処理を行って低分子量化させます。歴史的に見れば,クラッキングは熱のみを利用する「熱分解」から始まり,より高効率な「接触分解」や「水素化分解」へと進化してきました。接触分解とはゼオライトの酸点を利用した触媒的な熱分解,水素化分解とは高圧の水素下で行う接触分解のことです。

ここで「ゼオライトの酸点を…」という文章が出てきましたが,酸点という言葉をご存じでしょうか? ゼオライトはシリカやアルミナからなる物質ですが,この表面に存在する水酸基は強いプロトン酸として働くため,酸性を示す点という意味で「酸点」と呼ばれております。

さてご質問の件ですが,「硫酸(等)」を「(ゼオライトの酸点などによる)強いプロトン酸」と解釈し,さらに500℃程度の加熱をしても良い場合,重油を接触的にクラッキングして軽油を得ることは可能です。現に,今現在このような方法が工業的に用いられております。この接触分解の詳しい反応過程は,私はちょっと詳しくありませんが,おそらく酸点で生じたプロトン酸がオレフィン部位および芳香族部位に求電子攻撃をし,生じたカルベニウムイオンが水素移動や異性化をし…,といった反応ではないかと思います。

学部時代に得た知識なので,あまり自信はありませんが…。

> 混ぜるだけで本当にできるのでしょうか?

常温常圧下で単に混ぜるだけでは,不可能だと思います。ただ“硫酸(等)”の意味を拡大解釈し,さらに加熱(場合によっては加圧も)をして良いとなると状況は変わってきます。テレビで放映していた内容は知りませんが,恐らく接触分解や水素化分解についての内容だったのではないかと推測されます。

原油は色々な炭化水素の混合物ですが,より付加価値の高い炭化水素はどれも低分子量であるため,重油に...続きを読む

Q原油からガソリンにすると量は?

最近 原油の価格が高騰しているとかニュースでやっていますが その時 1バレルが何円とか言っていますよね。
1バレルが159リットルと言うのは調べたのですが
原油159リットルからガソリンって何リットル生成できるのでしょうか?

ここのカテゴリーで言いのかどうかわかりませんが
わかる方が おられましたらよろしくお願いします

Aベストアンサー

産地によって大きな違いがあります。

インドネシアで採掘するDuri原油は,ガソリン分を5%くらいしか含みません。
中東のArabia原油は20~25%くらい,Khafji原油は10%くらいです。
(言うまでもなく,ガソリン比率の高い原油は高価です)

井戸によっても違います。
採掘の初めと終わりによっても変わってきます。

「分解」という技術によって,重質分をガソリンに変えることができます。
この場合,原油比率で20%ぐらいをガソリンに変換することが出来ます。

Qアイドリング中にエンジンが止まる

カペラワゴンH10年式に乗っています。
ここ2~3週間ほどですが、信号待ちなどアイドリング中にエンジンの回転が不安定になり、止まりそうになります。ちなみに今日は信号待ち6回中、3回止まりました。

ATですが、ギヤは何処にいれても変わりません。冷えている時や走行中等、回転が高い時は異常ありません。なんで・・・?

Aベストアンサー

これは「アイドル回転を維持できない」ということですね。
「冷えている時や走行中等、回転が高い時は異常ありません」から、ファーストアイドル系は正常。つまり、ファーストアイドルを決める水温センサは正常です。加速時の息つきもないようですから点火系も正常でしょう。エンスト後の再始動が困難でないようですから燃料が濃いすぎてエンストしたのではないでしょう。
するとアイドル回転を続ける空気量(当然、燃料も)が少ないという問題でしょう。この車のエアフロはカルマン渦式ですから、汚れには強い。アイドル時の小流量の測定ミスはまず除外していいでしょう。むしろ、エアフロの後から空気を吸い込んでいないかが問題です。
次は、アイドルスイッチが閉じているか、です。アイドルであるとECUが認識しなければ、アイドル回転数を制御できませんから。これは整備工場で見てもらうしかありません。

そこで結論は、すでに複数の方が指摘されていますが、スロットルボディの汚れを落とすことに賛成です。これが一番簡単で安上がりです。ほかに原因があるとしても、整備工場が一番初めに目をつける所です。
整備工場へ行く前に次のチェックを。暖機完了後、停車状態で、エアコンオフ、ランプオフで、シフトをN→Dにしたとき、ちょっと回転数が下がって安定する。D→Nにしたとき、ちょっと上がって安定すること。何回かチェックしてエンストしそうになったら、まずアイドル制御系に不具合があります。
参考までに、アイドルスピード制御の理屈をユーノスロードスターを例に。どなたが作成されたのか知りませんが非常にわかりやすいので勝手に紹介します。「アイドル不調」で検索しました。
http://www.asahi-net.or.jp/~VS6N-MRYM/zatu/iscv/iscv.html

これは「アイドル回転を維持できない」ということですね。
「冷えている時や走行中等、回転が高い時は異常ありません」から、ファーストアイドル系は正常。つまり、ファーストアイドルを決める水温センサは正常です。加速時の息つきもないようですから点火系も正常でしょう。エンスト後の再始動が困難でないようですから燃料が濃いすぎてエンストしたのではないでしょう。
するとアイドル回転を続ける空気量(当然、燃料も)が少ないという問題でしょう。この車のエアフロはカルマン渦式ですから、汚れには強い...続きを読む

Q石油は人工的に精製できないのか?

何十年後かに地球上の石油が枯渇するという話を良く聞きますが、
無くなったら科学的に作れば問題ないと思うのですが、それは不可能なことなのでしょうか?それとも作るコストがバカ高いとかなのでしょうか?

Aベストアンサー

石油を人工的に作り出すことは十分可能ですし、すでに実用化されています。値段もバカ高いということはありません。
その前に、何十年後かに地球上の石油が枯渇するというのはウソです。専門の学者は何十年後まで「少なくとも」石油は「ある」といっているのです。「可採年数」といいます。それをマスコミや新エネルギーを開発している科学者が何十年後に石油が「なくなる」と間違って(あるいはワザと)言っているのです。だまされないでください。
ということはともかく。石油を人工的に作り出すことは可能です。
第二次世界大戦中にドイツで石炭からガソリンや重油を作る方法が考案されました。その技術は戦後、南アフリカに移転されて実用化され、現在でも巨大な石炭液化プラントが稼働中です。南アフリカの人々は石炭からできたガソリンを普通のガソリンと区別せずに使っています。アメリカでも石炭から石油を作るプロジェクトが進行中で、もうすぐ稼動するはずです。
南アフリカでは、天然ガスからも石油を作っていますが、この技術はカタールに移転され、一昨年から稼動を開始しています。イギリスのシェル石油もこの技術を持っていて、マレーシアで実用化されています。これで作られた灯油は日本へも輸出されているので、貴方も使っているかもしれません。
カナダではオイルサンドから石油を作っています。カナダのオイルサンドを石油に換算するとカナダはサウジアラビアについで世界第二の石油大国になるそうです。オイルサンドから作られた人工原油はロッキー山脈を越えて、日本へ運ばれる計画もあります。
このように石油を人工的に作り出すことは可能で、世界中で盛んになりつつありますが、これは石油が枯渇するからではなく、石油の値段が上昇した結果、人工的に石油をつくっても儲かるようになってきたというビジネス上の理由からです。アメリカが石炭から石油を作ろうとしているのは、これ以上中東から石油を輸入したくないという理由もあります。

石油を人工的に作り出すことは十分可能ですし、すでに実用化されています。値段もバカ高いということはありません。
その前に、何十年後かに地球上の石油が枯渇するというのはウソです。専門の学者は何十年後まで「少なくとも」石油は「ある」といっているのです。「可採年数」といいます。それをマスコミや新エネルギーを開発している科学者が何十年後に石油が「なくなる」と間違って(あるいはワザと)言っているのです。だまされないでください。
ということはともかく。石油を人工的に作り出すことは可能で...続きを読む


人気Q&Aランキング