ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

はじめて質問させていただきます。
店舗でTV(地上波 スポーツ中継やTVドラマなど映像)を通行人に見えるように(中が見えやすい店舗の作りになっています)流すことは違法ですか?DVDなど市販されている映画などを通行人に見えるように流すことはどうなんでしょうか? まだ、このような場合の注意事項を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

著作権法に規定があります。



著作権法第38条第2項 放送され、又は有線放送される著作物(放送される著作物が自動公衆送信される場合の当該著作物を含む。)は、営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金を受けない場合には、受信装置を用いて公に伝達することができる。通常の家庭用受信装置を用いてする場合も、同様とする。

簡単に言えば、テレビ放送、ラジオ放送は、(1)営利目的でなく、また見ている人からお金を取らない場合、又は(2)普通の家庭用テレビ・ラジオの機械を使う限りは、みんなに見えるように流してもいい、という規定です。NHKでも民法でも同じです。

さて、店舗で流す場合は、(1)には該当しません。店舗の場合は「営利目的」と認定されるからです。したがって、(2)の、家庭用の機械を使う場合であれば、流すことができる、ということになります。

この規定は「放送されているもの又は有線放送されているもの」に限りますので、それ以外の映画、DVDなどを流すことは違法になります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大変参考になりました。

店舗で映像を流すことは、BGMのようなイメージで考えています。
外から中が見えるような作りのため、しっかりした知識の無いまま
映像を流すことが心配でした。
家庭用の機械を使用します。ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/22 12:45

電気屋でテレビ番組を流しているように、民法は構わないと思います。

NHKは申し訳ありませんが、よく分かりません。レンタルを含め市販のDVDは問題になると思います。基本的には家庭内での上映を目的に販売されているので。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。NHKが心配です。
先ほど大手家電販売店で聞いてみたのですが、
DVDなどは提携していて許可をもらっているものを流しているらしく、地上波などは問題ありません。「なにか?」とやや怖かったので、
それ以上は聞けませんでした。

初めて質問したのですが、
こうやって回答がいただけるのはうれしいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/22 11:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q飲食店でテレビを流すと著作権にひっかりますか?

飲食店で音楽を流す場合の著作権関係は過去の質問からだいたい分かったのですが、テレビを流す場合について質問です。
飲食店で今流れているテレビ番組をそのまま流している店がありますが、なんとなくです許可をとっていないような気がします。
以下のパターンで許可が必要か、またその場合はどこから許可をもらえばいいのかをご存じの方、教えていただけますでしょうか。
1.今放送されているテレビ番組をそのままリアルタイムで流す
2.ビデオで録った過去のテレビ番組を流す
3.テレビで録画又はレンタルしてきた映画を流す
4.ビデオで録った音楽番組を流す

※素人考えながら1と2はまだしも、3はさすがに無理なような気がします。
※4はジャスラックとそれ以外のところにも言うことになるのでしょうか。

Aベストアンサー

1.の 「今放送されているテレビ番組をそのままリアルタイムで流す。」 だけは、問題ありませんが、それ以外は違法行為にあたります。


http://www.tv-copyright.jp/03_quiz/answer.php?question=5&answer=1

http://www.tv-copyright.jp/03_quiz/answer.php?question=2&answer=2

Q店のテレビにYouTubeを流すと違法ですか?

病院の待合室や、食堂などにあるモニターやテレビに、
YouTubuやニコニコ動画などのネットの番組を流すのは違法ですか?

Aベストアンサー

著作権者の了承があれば違法にはなりません。

Q飲食店でCDやDVDを流すのに許可が要りますか?

今度お店を開くのですが、市販されているビデオやDVD、音楽CDを店内で流したいと思っています。

飲食店でよく見かけるのですが、許可など必要になるのでしょうか?

もし許可が必要になるのでしたら、どこ(誰)にどのようにしたらよいのでしょうか?


過去の質問に似たような質問があり、店内での再生も許可をとらなければならないようなのですが、もう少し詳しく知りたいと思い、質問しました。

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

結論から言いますと、許可は必要なようです。

※例外として、著作権法の32条では、「営利を目的とせず、いかなる名目でも料金を徴収しない上映」は、「許可なく行えるようなのですが、音楽の料金を取らないと行っても、営利組織ではこの規定は適用されないようです。

ということで、下記の URL で、jasrac が窓口になっています。

参考URL:http://www.jasrac.or.jp/info/bgm/index.html

Qスカパーを業務用で使用する際

スカパーをお店の店舗でBGVとして使用する際、著作権料金は別途店舗がJASRACかどちらかに支払わなければならないのでしょうか?例えば音を消して映像だけを流す場合は料金は発生しませんでしょうか?そのようなことについてお答え頂ける団体等の連絡先がありましたら教えて頂けるとありがたいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

店舗等にてCS放送をBGMやBGVとして利用するには[著作権]の問題が
あると思います。
第一興商にて業務用デジタル音楽放送である[スターダム]があり、
同じCSデジタル放送(衛星放送)の回線にてデジタルラジオ(100ch)と
TV(8ch)が送信されています。
この契約の場合、[著作権]の問題は対応済みとして扱えるようです。
[スターダム]については次のURLをクリックして参考にして下さい。

[スターダム/第一興商]
http://www.stardam.jp/

Q店舗で映画を上映するのは違法ですか?

飲食店を経営しています。購入したDVDの映画を上映していますがこれは違法なのでしょうか?又、テレビ番組を録画した物ではどうでしょうか?もちろん飲食代金以外には料金をもらってはいません。(よくスポーツバーなどで放映しているので良いと思っていたのですが・・・)

Aベストアンサー

厳密に言いますと、違法行為に接触する可能性があります。
飲食代金を受け取っている時点で、無料公開にはならないと解釈されるでしょう。
http://sanwa.okwave.jp/kotaeru.php3?q=2720666
http://sanwa.okwave.jp/kotaeru.php3?q=2848941

なお、現在は権利者の親告で違反が確定しますので余り大きな問題になってませんが、今後は権利者が親告しなくても第三者(警察など)の判断で違法性が問われる「非親告罪化」の動きがあるそうですから注意してください。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E8%91%97%E4%BD%9C%E6%A8%A9%E3%80%80%E9%9D%9E%E8%A6%AA%E5%91%8A%E7%BD%AA%E5%8C%96&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja

Qお店でのレンタルDVDの放映

行きつけの飲食店に大きな液晶テレビがあります。
レンタルショップで借りてきた映画DVDを放映してます。

ちょっと疑問に思ったのが著作権の問題です。
著作権法に抵触してるのでは?って思ったんですね。

お店の中で映画DVD(レンタル)を放映するのは大丈夫でしょうか?

DVDのレンタル料金に著作権料が含まれてたような・・・
(勘違いかもしれません)

もし、著作権法に抵触するなら、どこに何円を払えば放映できるようになるのでしょうか。

Aベストアンサー

映画のDVDやビデオには最初か最後の部分に必ず「このソフトは
一般家庭での私的再生に限って云々・・」というような警告文が
表示されるはずですが、その中に「上映・放送・配信」など、不特定多数の
人間が一度に見られる状態での使用行為を制限する記述も含まれています。
お店のTVで流すのは「一般家庭の私的再生」とは言えないですよね。

使用許諾の申請はよく判らないですが、まずはそのDVDを製作・販売している
国内の会社(例:21世紀FOX株式会社とか、ソニー・ピクチャーズとかそれぞれ)に問い合わせれば、許可を受けるためにどうすれば良いかは教えてもらえるのではないかなと思います

Qスポーツバーを運営するために、法的問題はどのようなものがありますか

将来スポーツバーの運営を考えています。
20歳未満の人に酒を販売してはいけない。というぐらいの法的問題しか認知していません。
スクリーンでスポーツを上映するのは何か手続きが必要ですか?
この他にも、何か法的問題があれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No1さんのおっしゃる通り著作権の問題は重要です。

営業許可については、以下のURLをご覧ください。
http://www.geocities.jp/araigyousei/fuuzoku.htm
http://www.mahjong-club.net/fuueiho02.htm
許可の実務は専門家に任せるべきです。利益を考えればかなり格安です。
http://cozylaw.com/office.html

一度、遊んでみてから良いとこ取りすると良いと思います。
基本は、自分が楽しいと思った店、また来たいと感じた店を自分がやれば、お客が来ます。
http://homepage3.nifty.com/kuroodo/html/drink.htm#sports

がんばって成功させてくださいね。

QiPodなどを使った店舗の音響設備について教えてください。

iPodなどを使った店舗の音響設備について教えてください。

20坪程度の店舗です。
iPodなどの携帯音楽プレーヤーで落ち着いた音楽を流したいのですが、できるでしょうか?

パソコンショップでピンジャックスピーカーを買ってきたのですが、あまりの音の悪さに
全く使い物にならなかったです。

そうコストもかけられないのですが、上手くいったという経験がおありの方にご教授願えたらと思い
投稿してみました。

ある程度透明感があり、リバーブ効果があれば言うこと無いです。
ご存じの方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして♪

iPodでもケータイ電話でも、パソコンでも、音楽ソースを再生するプレーヤーは何でもかまいませんね。

パソコン用のスピーカー等ですと、数十センチから1mくらいで聞く事をメインに造られていますから、そのような場所で使ってください。

音は、距離の2乗で減衰しますので、50センチで十分な音量が得られたとして、5m(500センチ)ですと、距離が10倍、音量は2乗なので1/100と言う事で、ボリュームを上げて100倍のパワーが必用に成ります。

パソコン用のパワードスピーカーには、そんな能力は有りませんので、音が飽和してガッカリな結果に成ったんでしょう。


我が家は売り場面積28坪ほど、作業スペースが4坪ほど繋がって、32坪かな。
ちょいと大きなラジカセで間に合わせています(笑)

音量を上げないで、あっちもコッチも聞きやすくするなら、スピーカーの数を多くしましょう。


お客に聞かせる為に音楽等を流すと、著作権関係の問題が出てきます。

我が家にはゆうせんの営業が来た時に問答が有りましたが、ジャスラックまでは来ていませんよ。
(過去には大型店舗にテナント出店し、CDショップの隣りでしたが、CDショップの店長からもアドバイスを戴き、「お客用じゃ無い」、あくまで「自分が聞く為の機器」と言う言い訳が通る範囲の設備にして置く事ですかねぇ。

まぁ、知人がコンビニを経営していた時は、一応ゆーせんを契約し、その音は利用しないで好きなCDやDVDを、、、(爆笑)


さて、リバーブ効果が得られる再生機器は、う~~~ん、なかなか無さそう、、

少々経費が掛かりますが、、
簡易PAセット
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=233^PA10%2F4^^

とか、パワードミキサー+スピーカー
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=233^PM602FX^^
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=233^CSP6^^
(スピーカーは2本、又は4本、ケーブル類は別売りですので、端子等を確認してくださいね)


大きめのラジカセを、壁やコーナーを背にして設置すれば、結構な音量と音質は得られます。

上の音質を狙う場合は上記のリンク先等のシステムが最低限でしょうかねぇ。

家庭用のミニコンポでも、中級以上なら割と使えるでしょう。
(やはり、スピーカーがあまりにも小型ですと、近距離専用と言う、PC用スピーカーと似たような状況になるかと思います。)


アンプのパワーは数倍から数十倍違っても、そもそもスピーカーの効率(一般的には、能率、dBで表示)が重要です。 3dBの差はアンプのパワーで2倍、10dBの差はアンプで10倍のパワーと等価です。

真空管アンプの時代ですと、能率が100dB以上で3Wのアンプでもコンサートホールで大音響を得られました。
今の80dBのスピーカーですと、300Wの環境に相当しますね。

数字上は90dBのスピーカーなら30Wですが、真空管アンプのように上限以上の使い方が出来ないので、今の半導体アンプの場合は余裕度をどこまで見るかで90W~300Wのアンプが同じような状況と言う場合も有ります。

実際のコンサート会場のような大音響でしたら、間違い無くジャスラック等が課金対象とします。
商品では無くても、営業上のサービスと判断されたら、それまでです。

あららぁ~、かなり質問から脱線しちゃいました。ごめんなさいですぅ~♪

追伸:URLは上手く飛ばないと思いますので、最後の文字までコピーしてくださいね。

はじめまして♪

iPodでもケータイ電話でも、パソコンでも、音楽ソースを再生するプレーヤーは何でもかまいませんね。

パソコン用のスピーカー等ですと、数十センチから1mくらいで聞く事をメインに造られていますから、そのような場所で使ってください。

音は、距離の2乗で減衰しますので、50センチで十分な音量が得られたとして、5m(500センチ)ですと、距離が10倍、音量は2乗なので1/100と言う事で、ボリュームを上げて100倍のパワーが必用に成ります。

パソコン用のパワードスピーカーに...続きを読む

QUSENの代わりになるサービス

友人が飲食店を開業するにあたって店内BGM設備に悩んでいます。
一般的にはUSEN(有線放送)の加入という事になるのでしょうがなるべく安い方法を希望しています。
USENの他にお勧めの店内BGMサービスがありましたら教えて下さい。
よろしくお願いします。
(著作権法に触れるもの、違法・脱法行為、その他ばれなければ大丈夫という類は除きます)

Aベストアンサー

質問から大分時間がたっていますが締め切られていないので回答します。
インターネットラジオのようなシステムで店舗用BGMに使用できるサービスが幾つかあるので紹介します。

●モンスターチャンネル
月額1980円
http://monstar.ch/

●インタネット有線放送らくネット
月額690円
http://www.internet-yusen.com/

●湧音
月額2500円~
http://www.youon.info/

金額でいうとらくネットがダントツで安いです。
内容はクラシックやジャズなど通常の店舗BGMに使用できるものがあるようです。
モンスターチャンネルはチャンネルは沢山あります。

どれもパソコンとネット環境は必須ですので予算と好みに合わせて選んではいかがでしょうか?

参考URL:http://www.internet-yusen.com

Q相手の承諾のない録音等について

相手方の違法性等の証拠書類として、相手方の了解なし(知らない)で、録音ないし録画を行うことは、何か法律に引っかかるものはあるのでしょうか。電話での盗聴などと混同しているのかもしれませんが、確認の意味でお教えください。

Aベストアンサー

最高裁(H12.7.12判決)でも、相手方の同意を得ないで会話を録音することが違法でないとされました。
但し、不審を抱いて証拠とするために録音した場合に限っています。
したがって、最高裁は、不審を抱いていないときの録音をあとになって証拠として利用しても、証拠能力を認めていません。

東京地裁(H16.6.3.判決)は、盗聴器にて電話録音したことを電気通信事業法違反(通信の秘密の侵害)としました。

東京高裁(S52.7.15.判決)は、著しい反社会的手段により採集された無断録音テープの証拠能力を否定しました。

これらの判例を鑑みると、不審を抱いて証拠とするために録音した場合に限ったうえ、通信の秘密の侵害などの反社会的手段でなければ、証拠能力があります。

これらの判例を熟知した悪者は、裁判官に、録音前に「芝居をするよう求められた」とか、録音後に「これまでの話しはなかったことにします」という話しがありましたと、陳述するかもしれませんね。
もしかして、録音前後の遣取りをでっち上げられて、録音の証拠能力が失う可能性も少なくないかも......。

http://www1.odn.ne.jp/tops/01/0102.htm#061
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/kaiwarokuonnsaikousaihannketu.htm
http://homepage2.nifty.com/tumaran/99hanrei/tokusimanijikai.htm

参考URL:http://homepage2.nifty.com/tumaran/99hanrei/furansu.htm

最高裁(H12.7.12判決)でも、相手方の同意を得ないで会話を録音することが違法でないとされました。
但し、不審を抱いて証拠とするために録音した場合に限っています。
したがって、最高裁は、不審を抱いていないときの録音をあとになって証拠として利用しても、証拠能力を認めていません。

東京地裁(H16.6.3.判決)は、盗聴器にて電話録音したことを電気通信事業法違反(通信の秘密の侵害)としました。

東京高裁(S52.7.15.判決)は、著しい反社会的手段により採集された無断録音テープの証拠能力を否定しま...続きを読む


人気Q&Aランキング