乾燥肌、冬の肌トラブルに本気の対策 >>

よく耳にする自社株買いですがこれはいったい何のためにするものなんですか?

会社の株価を上げるため???又は維持させるため???
又は出来高を増やしてトレードして投資家からの投資を利用し利益をだすため? 理由がわかりません・・・・

詳しい方教えて下さい

今ゼクトの株買いたいですがなかなか買えません
明日も売りが無ければよらないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

自社株買いは、基本的には株主への利益還元のために行われます。


つまり、自社株を購入し、市場に出回る株数を減らすことで、相対的に一株辺りの価値を高めようという行為です。

自社株買いを行うことでなぜ、一株の価値が高まるのかというと、理由の一つには株数の減少により、企業の配当金負担が減るところにあります。

例えば、ある企業が、今まで100株の発行していて、全部で1000円の配当、つまり一株辺り10円の配当を行っていたとします。

自社株買いによって仮に500株購入したとすれば、同じ総額1000円の配当でも、一株あたり20円の配当になります。つまり、配当利回りが増えるのです。

同様に、一株利益や一株資産も一株あたりでは増えます。

特に株価がPBR1倍割れのときに行えば、価値が1あるものをそれ以下の価格で買うことが出来るので、大きく株主価値を向上させることが出来ます。

これは、企業が効率的に活用できない、あまった資金が出てしまったときに、無駄に社内に留保するのではなく、株主に還元するために行われます。

こういった場合の利益還元には、自社株買いのほかに増配があります。どちらが株主にとってより利益になるかはケースによりますが、しかし、最近の日本企業が増配より自社株買いを好むのは、株主の利益を考慮した結果ではない理由があります。

つまり、増配は一度してしまうと、将来減配するのが難しく、それが自分の任期であれば、自分の経歴に傷がつく。
一方、自社株買いは単発なので一度行えば継続的に行う義務はないし、もし将来購入した自社株が下落しても、含み損などを計上する必要はない。

ゆえに、容易な株主還元として、最近の企業に人気があります。

もちろん、自社株買いは大変良い行動なのですが、しかし、適切でない自社株買いは、あまりよろしくありません。

そもそも、株主還元である自社株買いや増配は、資金を有効に活用できずに、平均以上の成果を上げられないときに行うのが普通です。

バークシャー・ハサウェイや、マイクロソフトは、無配であることで有名ですが、企業が平均以上の成果を上げている限り、株主は文句を言いません。

配当されるよりも高い利回りで、自分の資産を運用してくれているからです。

企業が良い利益を上げているときや、資金を必要としているときは、資金を内部留保するのがベストです。

ゼクス(ですよね?)は、大規模な自社株買いを発表しましたが、この企業は自己資本比率が低く、株主還元するどころではなく増資をしてでも資本が必要な企業だと思います。

資本効率や成長性に関しては良いはずなので、株主はそこまでの株主還元を求めてはいません。

ここからは私見ですが、ゼクスは増資をしたいが株価が安すぎるので、大規模な自社株買いを宣言して株価を吊り上げて、高値で増資をするという絵をかいている可能性があります。

現在は自社株買いを宣言しているに過ぎません。実際に買う義務がないのです。

もちろん、友好的に考えて、自社の業績は堅調であり、今の株価水準が安すぎるという考えで自社株買いを行っている可能性もあります。

いくら安いからといっても、これだけ自己資本比率が低い状況で行うべきではないと思いますが、しかし、実際に自社株買いを行うならば好感も持てます。少なくとも、自社の株価が割安であるという認識を持っているということですから。

ですので、ゼクス株に関しては、まず、今後しっかりと自社株買いを行うのかどうか、追加の情報開示をしっかりと見てから判断すべきかと思います。

まったくの私見ですので、どうぞご参考程度にご利用下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます
言っているだけで実際行わないこともあるんですね
ある意味のせられて買ったら大損なんてこともありそうですね
ほんと今のゼクスは荒い値動きですね
空売りから買い戻しが入っているから値が激しく動くんですね
この先どうなることやら???・・・・・

お礼日時:2008/04/23 12:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Q寄り付きとは?

こんにちは
株の寄り付きで買う、というのはその日の成り行きで買うということなのでしょうか?
辞書などで調べたり、検索したのですが、今一よく分からないので、質問しました。
初歩的な質問で恥ずかしいですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

寄付きと言う言葉があるのは、市場が開くてから最初に付く値段と
言う意味ですが、値段が付いた後と売買の成立方法が違うからです。

寄付きは板寄せと言い高値の買いと安値の売りをマッチングさせて
行き中心相場で最初の値段を決めます。この時の成行き注文は
最優先でマッチングされますので、ほぼ確実に取引が成立します。

値段が付いたあとはオークション方式になるので指値の場合は
反対取引の相手が現れるまで成立しません。

成行注文の場合は相手側(買いの場合は売り)の注文があれば
相手側の値段で約定します。

纏めると成行きは注文方法のことで、寄付きとは相場が出来ることを
いいますので別物です。

Q寄り付き前の板で始値がわかりますか?

今、株式の勉強をしている者です。まだまだ始めたばかりですが…。

寄り付き前の板を見ていて疑問に思ったことがあります。板を見て、その日の始値の予測はつくものなのでしょうか。買い優勢か売優勢かはわかるのですが…。現在、赤文字と青文字の値のところが大体の始値でしょうか。見ていた板を添付させていただきます(もし不都合があれば削除させていただきますのでおっしゃってください)。

Aベストアンサー

9時直前の2~3秒前なら、ほぼその気配(株価)で寄付きます。注文そのものは8時から表示されますが、9時直前に板の注文状況を見ながら注文を出したり、指値を変えたりする人も多い(自分もです)ので、寄付ギリギリまではよくわからないというか、全く参考になりません。

特に明日はSQ(簡単にいうと日経平均先物の決済日)なので、寄前の板が全く参考になりません。日経平均採用銘柄の板を見るとわかりますが、気配がストップ安やストップ高になる銘柄が多いです(このままの状態では寄付きません。初心者はビックリするみたいです。でも直前に元に戻る)。明日の朝、暇ならトヨタやキャノンやソフトバンクとかの板を見てると面白いかも。SQは毎月第2金曜日です。

その画像は日経ETF(1321)でしょう?自分は買わないので寄り前の板(気配)を見たことがないけれど、そんなに動かないのではないですか。個別銘柄は直前に大きく動く場合がありますが…

日経ETFは、日経平均に連動しますよね。その日経平均は日経平均先物に連動します。つまり先物に連動します。で、今日の先物(日中)は9.760円で引けました。明日の寄付きはダウ平均や為替、ユーロ圏の問題などによって変わってきます。

日経平均先物は日本(大証)だけでなく、シカゴ(CME日経平均先物)、シンガポール(SGX日経平均先物)でも取引されています。CMEは当然アメリカなので、日本の夜間のダウ平均や為替を織り込みながらリアルタイムに動きます。その終値に、日経平均先物(大証)がサヤ寄せして始まります。ちなみにSGXは8:50に取引開始で、寄付きの価格は2分遅れくらいでニュースが出ますが、日本より10分早いだけなので参考にする意味がありません。

なので朝、CME日経平均先物(円建て)を見れば、日経平均がいくらで寄り付くかかなり正確にわかると思います(騰落率で見る)。なので日経ETFもほぼ正確に寄付きの価格はわかるでしょう。寄り付いてから上がるか下がるかはわかりません。

CME日経平均先物(円建て)は、証券会社のホームページの海外指標のところにあります。ほかにもMONEY BOXなどいろいろ便利なサイトがあります。

http://moneybox.jp/

9時直前の2~3秒前なら、ほぼその気配(株価)で寄付きます。注文そのものは8時から表示されますが、9時直前に板の注文状況を見ながら注文を出したり、指値を変えたりする人も多い(自分もです)ので、寄付ギリギリまではよくわからないというか、全く参考になりません。

特に明日はSQ(簡単にいうと日経平均先物の決済日)なので、寄前の板が全く参考になりません。日経平均採用銘柄の板を見るとわかりますが、気配がストップ安やストップ高になる銘柄が多いです(このままの状態では寄付きません。初心者はビッ...続きを読む

Q銀行借入、社債発行、株式発行のメリット、デメリットについて

授業での課題として出ました。しかし専門外なため全く分かりません。
もしよければ教えて頂けませんでしょうか。
この機会に真面目に勉強します!

Aベストアンサー

銀行借入、社債発行、株式発行は、いずれも、企業が事業を拡大したり、新規分野に参入するために資金が必要なときに、その調達のための手段として用います。

銀行借り入れ 
金融機関からの借り入れは、資金調達の最も一般的な方法です。企業の業績がよければ、比較的簡単に短期間で実行できる反面、業績が悪かったり、新規事業の採算性に、不安があると銀行は貸出しに応じない。
担保や保証人が必要である。
企業の内容によって、借入金利に差がある。

社債発行。
社債は、企業が多額かつ長期の資金を必要とする時に用いられる資金調達方法です。
原則として償還期限での一括償還なので、期間中の償還負担が低い
社債の場合、固定金利のため長期的な資金計画が立てやすい。
固定金利のために、金利情勢の変化により、損得が分かれる。

株式発行(増資)
新株を発行することで、資金を調達する方法です。
増資は外部からの資金導入が可能で、返済の必要がないのが特徴です。
また、増資により資本金が増加し、自己資本を充実させ、企業の財務体質も改善され、対外的な信用力も高まります。
ただし、中小企業の場合は出資者を探すのが困難なことと、出資者の発言力が増して、経営を干渉される場合があります。

銀行借入、社債発行、株式発行は、いずれも、企業が事業を拡大したり、新規分野に参入するために資金が必要なときに、その調達のための手段として用います。

銀行借り入れ 
金融機関からの借り入れは、資金調達の最も一般的な方法です。企業の業績がよければ、比較的簡単に短期間で実行できる反面、業績が悪かったり、新規事業の採算性に、不安があると銀行は貸出しに応じない。
担保や保証人が必要である。
企業の内容によって、借入金利に差がある。

社債発行。
社債は、企業が多額かつ長期の資金を...続きを読む

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q未上場企業が行う自社株買いの株価について

未上場企業の自社株買いについて質問させてください。

私は小規模の投資会社に勤めているものです。

弊社の投資先の未上場企業が自社株買いをしようとしていて、もともと手放したいと思っていたのでそれ自体は特に問題はないのですが、大株主とそれ以外の株主とで買取価格に差があり(大株主の方が株価が高い)、しかもその2種類の価格での自社株買いを1回の株主総会で決議しようとしています。

会社法では株主の権利は平等とあるので、同じ普通株である以上、一物二価というのは認められるはずがないのですが、一方で相手は「国税庁方式だと持ち株比率で株価の計算方式が異なるので、問題ないはず」と言って譲りません。

総会で議案に反対すれば済むことなのでしょうが、それよりもこちらの主張と相手の主張のどちらが正しいのかをはっきりさせたいので、どなたかご教示いただけますでしょうか。

Aベストアンサー

非上場株式の時価評価ですが、これは投資先の会社の主張が正しいことになります。
非上場株式の場合、市場で形成されている時価がありませんので、様々な方法(純資産方式・DCF方式・配当還元方式など)を利用して株価を算定することとなります。

ここで最大の問題になるのが、税務上の贈与・寄付です。
つまり、税務上で妥当な時価だと考えられている金額よりもかなり低額で譲渡が行われた場合、それは税務上、贈与や寄付といった扱いになります。
そして、税務上で妥当な時価だと考えられている金額を算定する場合(国税庁方式)には、支配権というものを考慮にいれることになっています。
つまり、大株主として会社の経営に口出しを出来るだけのまとまった量の株式というのは、それだけで価値が高いということなのです。

また、会社法における株主の平等、というのは、会社に対する権利内容に関する平等を言う概念です。(つまり、同じ種類の株式で、同じ株数だったら会社に対する権利(議決権・配当権など)は同じという趣旨)
一方、株式の取引価額は売買当事者間の交渉によって決まる性質のものですので、その当事者それぞれが、その株式にどれだけの価値があると考えているかによってその金額は様々です。

よって、大株主と少数株主では、その株式の価値に差があるというのは正しいです。(とはいえ、今回の条件で実際に株主総会で株主の承認が得られるのか、というのはまた別問題ですが。)

非上場株式の時価評価ですが、これは投資先の会社の主張が正しいことになります。
非上場株式の場合、市場で形成されている時価がありませんので、様々な方法(純資産方式・DCF方式・配当還元方式など)を利用して株価を算定することとなります。

ここで最大の問題になるのが、税務上の贈与・寄付です。
つまり、税務上で妥当な時価だと考えられている金額よりもかなり低額で譲渡が行われた場合、それは税務上、贈与や寄付といった扱いになります。
そして、税務上で妥当な時価だと考えられている金額を算定...続きを読む

Q繰延税金資産を取り崩すとは?

本日の日経新聞の記事で一面にパナソニックの記事があったのですが、
「将来の税負担軽減を見込んで計上していた繰延税金資産も●●●億円取り崩す。」
とはどのような意味でしょうか?

ご教授お願い致しますm(__)m

Aベストアンサー

繰延税金資産は税効果会計と言う会計処理で計上された資産です。中身は将来国から返してもらえる可能性のある既に納税した税金部分です。
これは税法と企業会計の制度の違いで起こります。
企業会計は原則的に発生主義と言う基準で費用を計上します。ところが税法は一部政策的にその費用を当期に計上することを認めていない部分がります。
典型的なものが退職金です。退職金は社員が勤務すれば自動的に将来の退職金が増えます。したがって当期1年勤務すればその増加した将来の退職金は当期発生したものと考えられ、それを当期の費用に計上します。
ところが税法は実際に退職金を支払う時期にしか費用として認めていません。そのため企業は決算上はその退職金を当期の費用としながらも、税金上はその費用がなかったものとして計算した利益で納税します。
ただしその部分は将来実際に退職金を払うときの費用になりますから、それまで前払いしていると言うことになります。
こういう前払い部分などがいくつもあって、その合計が繰延税金資産となります。
ただしこれは将来も利益があって税金を収めるときには帰ってくるのであり、将来も税金を払う利益がないとなれば永久に帰りません。

と言うことで今回の記事は近い将来に利益が生ずる見込みが少ないと言うことでその資産性を否定したと言う意味です。資産の取り崩しと言うことは、同額の損失が生ずると言うことでもあります。
これは例えばうりもにならない商品と言う資産を捨てたときに損が出るのと同じ意味になるからです

繰延税金資産は税効果会計と言う会計処理で計上された資産です。中身は将来国から返してもらえる可能性のある既に納税した税金部分です。
これは税法と企業会計の制度の違いで起こります。
企業会計は原則的に発生主義と言う基準で費用を計上します。ところが税法は一部政策的にその費用を当期に計上することを認めていない部分がります。
典型的なものが退職金です。退職金は社員が勤務すれば自動的に将来の退職金が増えます。したがって当期1年勤務すればその増加した将来の退職金は当期発生したものと考えられ...続きを読む

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q株超超初心者です。ストップ高の株の買い方?

買いたい株がストップ高の場合はあまり買わないほうがいいのでしょうか?
買うとすれば下がるのを待ったほうがいいですか?

希望の買値で買い注文をしていればその値に下がったとき買えるのですか?

やさしいアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

ストップ高を買って、翌日売ろうという投資法があるそうです。勢いに乗るということでしょう。選択眼は必要です。

色々な面(これくらいで買いたい、予算など)希望価格があるなら、その価格で指値しておくことです。ただし、その指値は、前日終値からストップ高・ストップ安の範囲にしなければなりません。
下がってくれば、買える可能性はあります。指値注文の一般論としては、約定しないこともあります。

Q民事再生法を、めちゃくちゃわかりやすくご説明ください。

いま勤めてる会社が危ないです。

今月か来月にも、民事再生法の適用を受けるとのもっぱらの噂です。

そこで質問です。

民事再生法とはどのようなものなのでしょうか。

また、それによって、さらなる人べらしは当たり前のように行われるのでしょうか。

いずれは倒産する可能性も大きいのでしょうか。

恥ずかしながらそのあたりの知識がまったくなく、社内でも人によって解釈がちがうので戸惑っています。

わかりやすく説明していただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします<m(__)m>

Aベストアンサー

民事再生法。
簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので
いくらかはチャラにしてください。という法律です。

従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を
継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。

もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、
いくらが条件があります。

一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには
なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。
借金さえなければいい会社なのに。そういう感じです。

今、潰して資産を債権者で切り分けするよりは、
活かしておいて、働かせて借金返済をさせたほうが得だ。
そういう客観的な判断ができるようならば、債権者の同意のもとで
会社、事業の存続と借金の減免が行われます。

当然、債権者はよりたくさん金を返してほしいですから、
従業員の削減、給与のカット、経費削減案、売上アップのためのさらなる具体策など
を求めてきます。もっとも、違法で最低賃金を切るようなことはさせられませんし、
いきなり給料7割カットとか言ってしまうと、優秀な従業員から逃げられて
しまうので、それらには自ずと限度はあります。

民事再生の成功の可否は、事業の健全性(合法で世情にあっていてきっちり儲けられること)と
経営者のやる気と体力、従業員などの同意とやる気をいかに出せるかに
かかってきます。事業が健全でも、経営者の怠惰で失敗するところもあれば、
従業員がやる気をだしてそれなりに成功しているところもあるようです。

簡単な本はでていますので、本屋で一冊読んでみることをお勧めします。

民事再生法。
簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので
いくらかはチャラにしてください。という法律です。

従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を
継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。

もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、
いくらが条件があります。

一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには
なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。
借金さえなければいい会社なのに。そういう感じ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報