『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

私はマニュアルミッション車に乗っています。

ヒール&トーでシフトダウンしていき1速までシフトダウンしたいのですが、
2速までは問題無いのですが1速はスムーズに落とすのが難しくギクシャクしてしまいます。

1速へスムーズにシフトダウンするコツ等ありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (19件中1~10件)

 こんにちは。



 その後、ダブルクラッチをつかったH&Tができるようになりましたか?

 ↑ができるか、否かによって、MT車を乗りこなせているか、いないかの試金石になりますので。

 車速と回転数に応じて1速をつかえれば、3→1や4→2、5→3のダウンもショックなくできますし、そこまで上達していればワンクラッチ(クラッチをつないだまま)の3→2のダウンなんて、ほんの瞬きする間にできるでしょう。もっとも、どれほど早くても、ワンクラッチではシンクロのほうがついてこれませんが(笑)。

 しかし、ダブルのH&Tは難しいでしょう?
 単独でダブルクラッチ、H&T(ワンクラッチ)をするのとくらべても、難易度は4倍、いや、8倍くらいになるかもしれません。できないひとは何年やっててもできないし、自分の知人でも、ダブルのH&TができないばっかりにAT車に乗り換えてしまったひともいくるくらいです。

 まあ、それほどに大事なテクニックで、スムーズなサイドターンをするのにも必須だし、傾斜率が20%を超えるような林道の下りヘアピンなんかでもつかったりしますから。これは他に別のやり方があるからそちらをつかえばいいとかゆー問題ではなくて、できるか、できないかで、ほとんどMT車に対する印象が変わってしまうものです。これが日常、無意識につかえるようになったら、もうわざわざAT車、CVT車には乗らなくなるといっても過言ではありません。

 しかし、それさえもまだ入口にしかすぎず、左足ブレーキングやアクセル・バックなど、さらに難易度の高いテクニックが目白押しなのですから、MT車のドラテクとはじつに奥の深いものです。速さや安楽さはある程度、お金をかければえられますが、テクニックは才能のあるものが努力をして、はじめてえられるものだから貴重だし、また尊敬をあつめたりもします。まあ、そこまで極めるのは無理としても、日々の運転になんかしらテーマや目標があるのは、それだけで日常が楽しくなるものです。

 日々、修行です(笑)。
    • good
    • 2

こんばんは、ヒール&トーでダブルクラッチして入りませんか?。

私の場合は、はいってますけど。
    • good
    • 5

ギクシャクするのは、十分速度が落ちていないからと思いますよ。


車種にもよりますが、1速は極低速用又は、発進用位と考えた方が良いでしょう、急な登りのヘアピンとかなら有効と思いますが、無理に1速に落とすより、スムーズなラインで走行した方が大抵の場合は早く走れます。
    • good
    • 1

はじめまして♪



ギア比によるのではないでしょうか。

私の車も5MTですが、2、3、4はクロスでガンガン入れ替え出来ます。(シンクロは2、3だけとカタログにありました)

まだ 「ヒール&トー」は出来ないので、ブレーキがつん! クラッチポン&アクセルグイ シフトごんクラッチ接続で 減速してます(笑)

私の車だと 実用域が2000回転以上、加速感といいますかトルクだと3500~5000回転、週に数回はレッドぎりぎりの7000まで加速します。 1.6 ターボ、DOHC国産車です。(もう 乗用車から撤退したメーカですけれどね)

パワーバンドと車速と、あれこれ体感して、1速にする意味が得られるのかどうかでしょうかね。
 私の車も1速はスタートレンジかな??? 時速20K以上なら1速に入れる必要性ないし(爆笑)

車に合った乗り方をして、楽しいドライブをしてくださいね♪
    • good
    • 2

車がガタガタいうのであれば半クラをちょっと長めにするだけでいいんですけどね。



車速をキッチリと落とせば(10kmくらい?)ヒール&トゥでシフトダウンできますが、速度が速いとダブルクラッチが必要になります。

クラッチを踏んでニュートラルにしたとき、出力軸はタイヤによって回転されますが、入力軸はどんどん回転が低くなります。
ここでアクセルをアオってエンジンの回転数を上げても、入力軸とは繋がっていないので、入力軸は回転してくれません。
(エンジン3000rpm、入力軸500rpm、出力軸3000rpmのような感じ)
さらに1速と2速はギア比が離れているのでシンクロメッシュの限界も超えています。

ダブルクラッチをすると、エンジンの回転数を入力軸に伝えることができるので、シンクロメッシュが利用されてギアが入ります。
(エンジン3000rpm、入力軸3000rpm、出力軸3000rpm→ギアが入る)

1速と2速はギア比が離れているのでダブルクラッチが必要になりますが、他のギアに変速するときにもダブルクラッチを利用することでシンクロメッシュの磨耗を防ぐことができます。
慣れるまでは難しいですが、慣れてしまえば旧車も運転できるようになります。
    • good
    • 1

>2速までは問題無いのですが1速はスムーズに落とすのが難しくギクシャクしてしまいます。


おそらくローパワーのエンジンで1速が低回転に振ってあるのではないでしょうか。
昔のカローラがそうでした。
もしくは、AE111のようにものすごくアクセルレスポンスが良い車か。。。
そういう車だとある程度ギクシャクするのは仕方がないです。
回転の変動は抑えられてもトルクの変動は半クラッチを使わないと抑えられないですから。
どうしてもギクシャクします。
    • good
    • 0

まずは寛大な心をお持ちのようでありがとうございます。


それと
>それはそうと別板は早々に閉じられたようですが、感触はどうでした?
の文章。年寄りゆえ目が悪く、新たに立てられた板をすでに閉じられたものと見間違えたようです。失礼しました。

>例えば何速でもかまいませんが減速してくとエンジン回転が許容範囲を下回りノッキングしますよね?その前に一段下のギアへと落すわけですがそのままだと絶対に回転差が発生するためスムーズでは無い。そこで減速しつつ回転を同調させシフトダウンを行えるヒール&トーの出番というわけです。

ノッキングしますね、ガクガクと。しかしノッキングする前にクラッチを切れば済むことだと思います。二速から一速ですよね?よほどハイギアードな車両ならば分かりませんけど、一般車両では停止前に一速に落としてからクラッチを切り停止する、などという技は使わないと思います。教習所でも一速にまで落とさなかったような記憶がありますけど…。

>一時停止する場合は1速へ落した後停止するだけのことであり特記する必用も無いことです。付け加えて必ずしも停止するとは限らない状況もあるので再加速も可能な状態にしたいのです。

一時停止をする場合、安全確認をしている間に一速に入れるという事はダメなのでしょうか。逆に、なぜそこまでせかせかしなければいけないのかが知りたいのです。停止する必要が無い=徐行ですよね。徐行からなら二速半クラで誤魔化しつついけるし、ヒールアンドトゥ、というより単なる回転合わせをしているより半クラの方が早くてスムーズだと思います。

本来ヒールアンドトゥは次の加速に備えるために「ブレーキによる」減速中にコーナー脱出加速に備えた最適なギアを選択しておくための技術です。エンジンブレーキの有効活用のためではありません。加えて昔の車両はシンクロが弱い、もしくはノンシンクロのためダウンシフトしにくい事を補う意味もあります。よってダブルクラッチの進歩した姿、といえない事も無いと思います。もちろんダウンシフトによる挙動変化を抑える意味も有ると思いますけど…。

ショックを和らげるために使うのなら、形式的にはヒールアンドトゥでしょうけどほとんどただの減速シフト+中吹かし状態ですよね。それもヒールアンドトゥと呼ぶのかやや疑問ありです。

確かに時と場合を考えて使うのなら本人の自由だと思います。が、どうしても理解できないのです、そのせっかちさが…。

まぁ頭の固い年寄りの戯言と考えてください。

この回答への補足

1速へ落とすことは別に必ずしもしなければならないことではないですが出来ることならスムーズにしたい練習したいというのが今回の質問内容となっています。
安全確認は必要なときにすればいいことで操作とは無関係です。
半クラ使用は停止からの発信時のみでその他はシフトダウンでもアップでもなるべくスパスパつなぎます。
半クラでの走行をスムーズであるという感性を持ち合わせていません。
ヒール&トーとはブレーキを踏みながらアクセルをあおりシフトダウンする動作のことですがその目的が一つでは無いことにはどうやらお気づきのようですね!
私は車を常に自分の動的なコントロール下に置くことを良しとしていることは今までの補足からもわかるとおりです。
適切必要なギア及び回転に落とすヒール&トーはまるでゆっくり穏やかに流れる川の流れのようにソフトかつ確実なものでり、
せかせかせっかちとは対極にある余裕を持った安全でスムーズな赤ちゃんもスヤスヤできるような行動なのですw

補足日時:2008/05/01 03:06
    • good
    • 0

ANo.9 です。



Gilles Panizzi の動画を観る方法を書き忘れましたので、ここに。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3843951.html)の ANo.11




---------------------------------------------------------------------

>減速中、
>2速でカバー可能なエンジン回転を下回るのを防ぐため、
>1速へ落したいが、
>ダブルクラッチは出来ない、
>そこで低速でヒール&トーにて1速へ落す(減速もしますが主目的は回転同調)


ANo.9 にも、上記URL内にも書きましたが、

まず、減速中に、(次への加速またはアクセルを入れる走行をすることは考えない)シフトダウンをすることは、有り得ません。

つまり、減速中は、フットブレーキのみに集中していれば良く、

減速後に、[加速]または[アクセルを入れる定速走行]が必要な場合は、その時点で、フットブレーキから足をまず離してから、シフトダウンするべきでしょう。(その前から、「クラッチ切って」「ギアーを抜く」までは行っておいても良いですが。)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3013903.html)の ANo.6 と ANo.11



2速でカバーできない速度とは、
2速は、一般的な車で、エンジン回転数が1000r.p.m.の時でも時速14km程度でしょうから、これ以下の速度の場合は、1速も使うこともあるでしょう。

ただし、使う場合でも、それは、加速時と、定速走行時と、上り坂時だけでしょうね。

加速時と、定速走行時と、上り坂時に、ブレーキも踏んでいるということは、有り得ないので、ヒール&トゥ するハズが無いのです。



この速度で、1速に入れる時にダブルクラッチを使うことも、考え難いです。

もし音が出るなら、

・クラッチ切ってからすぐには1速には入れない(クラッチ切ったまましばらくニュートラルで待つ)。
・1速に入れる時は、1速の手前で無理やり押し込まない。

この二つで、たいていは解消されますし、または、1速でダブルクラッチを使っても、症状は上記二つを使った場合より良くはならないでしょう。(車速16km/h以下の時の話)

(注:車にもよります。車速16km/hでニュートラル惰性走行をさせて、クラッチも切ったまましばらく待った後に1速に丁寧に入れてみて音が出るような車は、ダブルクラッチが必要なのかもしれません。これは、「シンクロが壊れている」という意味の車になりますが。)



べつに、ヒール&トゥ しなくても、2速から1速には落とせます。
わざわざ ヒール&トゥ して、フットブレーキを踏んでいる(踏まなくちゃいけない)理由が分りません。

「フットブレーキ踏まないと、前にぶつかっちゃうよ」という場合でしたら、そもそもシフトダウン自体が必要ありませんので、左足でクラッチペダルを踏んでクラッチを切っていればいいだけです。(車速12km/h位まで)
12km/h以下になったら、2速は抜いてしまって、クラッチペダルから足を離せば良いだけです。

前にぶつかるシチュエーションもなくなり、再びアクセルを入れて走る必要が出てきた時は、その時初めて、ギアーを入れれば良いのです。(もちろん、フットブレーキから足は離して。)





>MTと減速という条件があればどこでも問題なく使用可能です。

「MT車が減速する時に、シフトダウンはしない。」のですが、

それはさておき、

「とにかく、ブレーキランプは点等させたまま、シフトダウンがしたいんだ! その時アクセルも踏んでダブルクラッチでシフトダウンしたいんだ!」 と言われれば、「それは、ヒール&トゥ するほかないですね。」となります。

よわ~いフットブレーキ(つまり ブレーキランプが付く程度から ジェントルな減速程度まで)時に、フットブレーキペダルはかなり手前で、アクセルペダルは奥にあり、どうやって踏むのか知りませんが、
そのような奇妙な踏み方を練習したところで、モータースポーツにも使えない、何の役にも立たない踏み方が身に付くだけでしょう。


「そういうのを身に付けたい」というのなら、それは趣味の世界ですので、ご自由にということになりますが、ガソリンも無駄使いになりますし、トランスミッションも傷めます(完全に不必要なギアーチェンジをしているため)。


特に今回、「ミッションの慣らしも考慮しています」との事ですので、それでしたら、トランスミッションがかわいそうなことになる、“減速時のシフトダウン”は、ぜひやめたほうが良いですよ。が、正しい回答になるかと思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3465406.html)の ANo.5

せっかくの、ランイン(run in)(慣らし運転)ということですので、「でしたら、減速中のシフトダウンはタブーでしょう!」ということになります。





>例えば何速でもかまいませんが減速してくとエンジン回転が許容範囲を下回りノッキングしますよね?

します します。



>その前に一段下のギアへと落すわけですが

いや、その必要が、ないのです。

単に、クラッチ切れば良いだけの話ではないですか。(そして、ギアーはニュートラルへ。)

自二輪と違って、車は シーケンシャルでもないですし、いちいちシフトダウンなんてナンセンスです。
そんなもの、街でも、交差点でたまに見る、シルビアでブンブン言わせながら減速してきて停止する兄ちゃんしかいませんよ。



>そのままだと絶対に回転差が発生するためスムーズでは無い。

すみません、この前からお聞きしたかったのですが、

どこの回転数が、差が発生するのでしょうか?

発生しますが、2個所で発生します。クラッチ部分と、シンクロ部分。

どちらのお話でしょうか?



>一時停止する場合は1速へ落した後停止するだけのことであり特記する必用も無いことです。

あの、停止する前に、1速に入れる必要は、無いと思うのですが、


>付け加えて必ずしも停止するとは限らない状況もあるので再加速も可能な状態にしたいのです。

それならまだ分りますが、
でも、その時(必要な時)に1速に入れても、タイムロスなんてたかがしれているではないですか?



>もしあなたの言うように何もせずにつなげば回転差がどこへ行くのか考えてみてください。

この回転差とは、シンクロ部分と、クラッチ部分との、どちらの話でしょうか?

クラッチ部分の話なら、車速が16km/h以下であれば、シンクロに当ててから0.5~1秒位で同調が完了して(回転差は完全に解消され)、ポンと繋がるでしょう。

クラッチ部の話なら、フットブレーキを緩めながら、クラッチも半クラッチ気味で繋いでやれば、車もジェントルさを保ちながら、減速中でも1速に繋げられるでしょう。(もしどうしてもやりたいというのなら)



>かく言う私も以前は2速で半クラを使ってごまかしたりしていたのであまり大きな声では言えませんけどねw

どの位、2速で半クラッチさせていたのでしょうか?

わずかな時間であれば、それは、間違った操作方法だとは思いません。

「ごまかして」なんて単語は似合わない、真っ当な、正しい運転方法です。

だいたい、普通の車ですと、2速でエンジン回転数は1000r.p.m.の時、時速は14km程度でしょうから、この程度のところから半クラッチで加速を再開させるなんて事は、「正しい」の一言でしょう。

穏やかな街乗り発進でしたら、もっと低い速度からでも、1速から2速にギアーチェンジしてしまいますよね普通。


消耗品クラッチディスクの摩耗を恐れるあまり、もっと大事な、トランスミッションやシンクロを“いじめぬく”というのは、全く感心できる行為ではありません。(いくらダブルクラッチで完璧に同調させても、不要なギアーチェンジさせれば、その回数分、トランスミッション内部のシンクロ部は傷みます。)

もちろん、エンジンを守るため、必要なギアーチェンジは積極的に何度もする必要がありますが、

シルビアみたいに、ブンブンいわせるためにだけの、全く無意味なギアーチェンジをするというのは、滑稽なだけです。


尚、消耗品ブレーキパッドの摩耗を抑制するために、シフトダウンするなんていうのは、もっと滑稽な話です。


守るには、その優先順位というのが、あるのです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2750082.html)の ANo.8


クラッチディスクなんてものは、交換も安く出来る、消耗品ですし、半クラッチ使用で良いと思います。




ヒール&トゥ
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3261569.html)の ANo.5



(手前味噌で申し訳ないのですが、)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2849121.html)の ANo.19 の文中 下のほうのURL先と、
続きも(http://oshiete.goo.ne.jp/search/search.php?statu …)から、
参考になりそうなものも、ご覧下さい。
 

この回答への補足

再度長文済みません時間のあるときにゆっくり勉強させていただいます。
一般公道では自分のペース予定予測だけの理想論での走行は絶対に不可能なものです。
ですので加速も減速も定速走行も可能な最低限のギア及び最低限の回転にすばやく常にしておきたいのです。
半クラッチを使用するのは停止からの発進時のみとしそれ以外はする必用が全くありませんので半クラッチでは走行しません。
駆動がかからないニュートラルでの走行も当然ながら言うまでもなくしません。
減速率がかなり低くフットブレーキが必用無いような場合は中ぶかしのみを行いますが、
信号でも一時停止でもたいていフットブレーキを踏みますので必然的にほとんどの場合ヒール&トーとなるというだけの単純明快なことなのです。
慣らしについては速度回転とも低いので回転を合わせショック無くスムーズに回せるのなら問題無い範囲です。
付け加えて交通法規を守り他人に迷惑をかけない見られても恥ずかしく無いような運転を心掛けております。

補足日時:2008/04/30 09:24
    • good
    • 0

出ないと書き込んでいたのにまた書き込む節操のない人間です。



ヒールアンドゥ。なぜ公道の一般走行で一速までヒールアンドゥをせねばならないのかが疑問なんです。出来る・出来ないの問題ではありません。一般公道において一般車で普通に走行中で一速までシフトダウンせねばならないときは、ほとんど停止するつもりのはずだと思います。という事は速度も落としているはず。なのにアクセルあおって回転合わせ?という事です。当然大通りに出る前や、駐車場から出るときも同様です。左右の見通しが良くて歩道もないようなところでも一時停止をするでしょう?

二輪でも四輪でいうところのヒールアンドトゥ的な技が有ります。理由も同じようなもので、再加速に向けての準備と、減速中に極力姿勢を乱さないようにするためです。それでも駐車場(駐輪場)から出るときはアクセルをあおったりせずに普通に減速チェンジですし、私自身昔峠を走っていたときでも一速まで落とすのは非常に稀でしたけどね。質問者さんが二輪乗りかどうかはわかりませんが、駐車場の出口に向かってスピードを上げてきたバイクが出口寸前でアクセルをあおってシフトダウン、一時停止。どう感じます、そのライダーを?
二輪の世界ではエンジンブレーキを嫌って半クラッチでギアを落とすライダーもいましたし、フット(ハンド)ブレーキによるしっかりした制動があればエンジンブレーキは不要、と公言していたレーサーもいました。
四輪は車重もあるし、ミッションの型式も二輪とは異なるので一概に一緒とは言えないと思いますけど…。

つまるところ、私が言いたいのは減速時は減速、つまりフットブレーキに専念し、その後シフトダウンすれば良いのではないか?ということです。それと、ヒールアンドトゥでの一速へシフトダウンの必要性の理由が知りたいですね。

それはそうと別板は早々に閉じられたようですが、感触はどうでした?

この回答への補足

いえいえ書き込んでいただけるのを心待ちにしていましたw
理由は上の補足で述べているとおりです。
例えば何速でもかまいませんが減速してくとエンジン回転が許容範囲を下回りノッキングしますよね?
その前に一段下のギアへと落すわけですがそのままだと絶対に回転差が発生するためスムーズでは無い。
そこで減速しつつ回転を同調させシフトダウンを行えるヒール&トーの出番というわけです。
一時停止する場合は1速へ落した後停止するだけのことであり特記する必用も無いことです。
付け加えて必ずしも停止するとは限らない状況もあるので再加速も可能な状態にしたいのです。
もしあなたの言うように何もせずにつなげば回転差がどこへ行くのか考えてみてください。
それをなんとも思わない方ならばそれでもいいですが私は今回ちょっと意識したのです。
かく言う私も以前は2速で半クラを使ってごまかしたりしていたのであまり大きな声では言えませんけどねw

最後の一行が意味不明ですが気になるのでURLを教えてください。

補足日時:2008/04/30 01:05
    • good
    • 0

確かに、1速へのシフトダウンだけはちょっとやりにくい筈です。



源因は、1速は発進用と言う意味合いも有り、他のギア間よりもギア比が離れている為、2速を1速の間で回転数の差が大きい事と、それにより強力なエンジンブレーキが効いてしまうと言う事でしょうか。エンジンブレーキが強く効いていると言う事は、ギアが入りにくいのは勿論、2速からギアを抜くのも余計に力が掛ります。
又、1速は発進の度に使用する為に最も使用頻度が高く、走行距離が伸びた車だとシンクロが甘くなっている場合も有り、余計ギアが入りにくいと言う場合も有ります。
車に不具合が無くても、同じリズムでシフトダウンしてくると1速だけが引っ掛かる様に感じたり、ギアが入ったとしても回転が合わずに挙動を乱したりする事になりますね。

簡単な対処法としては、1速だけは自分で思うより低い回転・速度まで落としてからシフトダウンする事でしょうか。
その際も、他のギア間のシフトダウンより、回転を上げ気味にする必要が有りますが、速度が低ければその回転も低く済みますから、エンジンブレーキも弱くなり、結果よりスムースなシフトダウンが可能かと思います。

レース用のミッションの様に、1速⇔2速間も他のシフト間の様なギア比の繋がりだと、そんな事を考えずに済むと思いますが、それでは一般道での使い勝手(坂道発進や荷物の積載時等)が悪くなってしまいますから、市販車に乗る以上、ある程度は我慢が必要なんでしょうね。

この回答への補足

ギア比に慣れていないので回転を上げきれていないのと、
自分の操作自体にまだばらつきがあるためクラッチを繋ぐタイミングも悪くなっているようです。
車を大切にするあまり腰が引けている部分もあるので練習車で数時間ご自由にとなれば早期に修得できるかもですねw

補足日時:2008/04/29 04:25
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1→2速へのシフトショックが無くせない。

はじめまして。

去年の5月に免許を取り、
ミラの4ナンバー車(10ヶ月運転)→デミオスポルト(1ヶ月弱運転)
と乗り継いできました。共にMT車です。

2→3・3→4・4→5のシフトチェンジの時は大分ショックが和らぐようになりましたが、
1→2速にシフトチェンジの時はどうしてもガクッとなってしまいます。

回転数はだいたい2800~3200ぐらいで1→2にシフトアップしています。
ショックを無くすには、どのような工夫をしたら良いでしょうか?

Aベストアンサー

ゆっくりクラッチを繋ぐことですね。

たしかに、「半クラッチを長くするのはよくない」ということはご存知かと思いますが、

だからといって、ショックが強く出るほどすばやくクラッチを繋ぐということは 間違っています。

よって、早過ぎないように、丁寧にクラッチを繋ぎます。


ところで、軽自動車でしたら、ある意味 上達も早いはずなのですが、10ヶ月プラス、それと、デミオで1ヶ月ですね?

ショックは、どのようなものなのでしょうか?

前にのめるような、ブレーキがかかったようなショックですか?

それとも、急加速するような、背中がドンとなる雰囲気なショックでしょうか?


前にのめるような、ブレーキがかかったようなショックでしたら、アクセルの踏む量が足りないのですね。(繋ぐ時のエンジン回転数が低い)

逆に、急加速するような、背中がドンとなる雰囲気なショックでしたら、アクセルを踏んでいる量が多いのです。(繋ぐ時のエンジン回転数が高過ぎる)


まずは、クラッチの繋ぎかたを多少ゆっくり目に丁寧に行い、

と同時に、アクセルの量も調整するとよいでしょう。

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2047554.html)の ANo.6
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1988100.html)の ANo.9

などが参考になるでしょうか。

2コ目のURLは、力強い加速のしかたの説明でもありますので、逆に、普通に発進~加速したいような場合は、1速で1000~1500回転頃にはすでにクラッチを切って2速にしてしまうような運転方法もありますし、慣れてくればむしろ普通はこんな感じですね。1速の場合のみの話ですね。
(3~5速で1000~1500回転域での運転はしません。するとしても、平地での惰性走行から減速に入るような頃だけ。アクセルは踏まない。)


他にも、いくつかURLがありますので、(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2849121.html)の ANo.19 の中から、気になるのをご覧下さい。かなり参考になるかと思います。


例えば、人が車を後ろから押してくれれば、2速発進が可能ですよね?

または、(同じ話ですが)、若干の下り坂道でしたら、2速発進可ですよね?

つまり、わざわざ1速に入れなくとも、発進しますね?


つまり、2速発進が可能な速度って、だいたい、自転車が普通にリラックスして走っているような速度ではないでしょうか?時速にして、4km/h~8km/h位。

この位の速度が出ていれば、街乗りに必要な普通の加速程度なら、2速発進が良いのです。


つまり、停止状態からの1速発進時も、 4km/h~8km/h位出れば、クラッチを切って2速にして良い訳ですね。


この場合、1速半クラッチ発進のイメージで、2速に繋ぐ時にも若干半クラッチ気味で繋いで良いでしょう。(練習初めの頃)

そしてだんだんと、半クラッチ気味の時間を短めにしていけばよいでしょう。


デミオも、練習にはもってこいの、とても良いお車だと思いますよね。(1500DOHCですと。ちょっと良過ぎる位に良いかな?)
練習にも良し~上手になっても申し分ない良い車。 といったところでしょうか。
練習車として見ても良いお車をお持ちですので、道具は揃っているようですね。

ゆっくりクラッチを繋ぐことですね。

たしかに、「半クラッチを長くするのはよくない」ということはご存知かと思いますが、

だからといって、ショックが強く出るほどすばやくクラッチを繋ぐということは 間違っています。

よって、早過ぎないように、丁寧にクラッチを繋ぎます。


ところで、軽自動車でしたら、ある意味 上達も早いはずなのですが、10ヶ月プラス、それと、デミオで1ヶ月ですね?

ショックは、どのようなものなのでしょうか?

前にのめるような、ブレーキがかかったようなシ...続きを読む

QMTでギアをガリガリやるのはどれぐらい車に悪いの?

MTを運転されている方の多くは、
シフトレバーの操作が完全に終わっていない状態でクラッチを離してしまい、
ガリガリ!というすさまじい音を聞いてはっと驚いた、
なんて経験をされていると思います。
実は私、けっこうそれをやる頻度が高くて、
1~2ヵ月に1回ぐらいのペースでガリガリやってたりします。
(現在の車も新車で購入後8ヵ月で既に5~6回ガリガリやっています)
音から察するに車のどこかに少なからずダメージがありそうだというのはわかりますが、
その程度がどれほどのものか、興味として知りたいと思いました。
ということで、ガリガリやってしまったときに、
・具体的にどの部位にダメージがあるか
・どれぐらい車を傷めるか(またはどれぐらいやると壊れるか)
についてお教え下さい。

Aベストアンサー

#4の方が言われるスリーブとはシャフト上を移動できるようになっているもので、このスリーブにあるスプライン(周囲がギザギザになってる部分)とギアのスプラインが噛合う事によって、ギアとシャフトがロックされるようになっています。シフトレバーはシフトフォークと呼ばれる先が二股に分かれたレバーを介して、このスリーブを移動させ、必要なギアのみをシャフトとつなげるようになっています。このスリーブのギアと噛合う部分は先端が斜めにカットされていて、容易にギア側のスプラインと噛合うようにできていますが、この部分が当たった状態の時にクラッチを離してしまうと、噛合いそうになっていたスプラインがはじかれたガリガリと音を立てるのです。

Qヒールアンドトゥのコツを教えてください

H&Tを練習しているのですが、停車時ならブレーキを踏みながらアクセルをあおれるのですが、走っている時にやるとブレーキを踏みすぎてかなり速度が落ちてしまいます(止まるくらい)。なんかコツとか、いい練習方法があったら教えてください。ちなみにペダルはノーマルペダルで、車はインテグラタイプRです。

Aベストアンサー

まず、一般公道ではやらないようにしましょう。
失敗すると事故の危険があります。
ヒールトゥはいきなりやろうと思ってもできません。
まず、回転数を合わせることから初めてはどうでしょう?
高いギアからのほうが感覚がつかみやすいと思います。
5速から4速、4速から3速と落とす時にクラッチを切り、
アクセルあおってギアを繋いでガクっとならないように
きちんと合うまで練習してください。
最初はタコメーター見てどのくらいの回転数が合うのか
確認する。
慣れてきたらマフラー音、エンジン音など感覚だけで
繋げられるようにする。
以上ができれば止まった状態でヒールトゥが出来てれば
すぐ出来ますよ。
というのは、神経をブレーキの方に集中できるからです。
つま先でブレーキの加減をつけてかかとでアクセルを踏む
わけですが、感覚でアクセル開度をもう体が覚えてるので
その感覚を信じてあおってやれば何回かやるだけで
できるはずです。
私はこの方法でできましたよ。
もう数年以上前の話になりますが(笑)
一度覚えた感覚というのは消えないもんです。
今はATに乗ってますが、MTに乗ればまだ出来ますから。
頭より体で覚える方が良いです。
ただ、やる時は場所を考えてやりましょう。
最初は低い回転数からやるといいですよ。
頑張ってください。

それと、私はFRでしか攻めたことないのでFFはわからないですが、FFは下の方の言うように左足ブレーキが肝になってくるみたいなのでヒールトゥが完成したら挑戦してみるのもいいかもしれませんね。
私は右足が疲れるとよく左足でブレーキしたりしますが。
これも慣れです。

まず、一般公道ではやらないようにしましょう。
失敗すると事故の危険があります。
ヒールトゥはいきなりやろうと思ってもできません。
まず、回転数を合わせることから初めてはどうでしょう?
高いギアからのほうが感覚がつかみやすいと思います。
5速から4速、4速から3速と落とす時にクラッチを切り、
アクセルあおってギアを繋いでガクっとならないように
きちんと合うまで練習してください。
最初はタコメーター見てどのくらいの回転数が合うのか
確認する。
慣れてきたらマフラー音、エンジン音な...続きを読む

QMT車のブリッピングについて質問です!

MT普通自動車のブリッピングについての質問です。


1.ブリッピングとはシフトチェンジの際にクラッチを踏んでからアクセルをふかすという認識でよろしいでしょうか?



2.また、どのようなシチュエーションでなんのために使うのでしょうか。


3.ブリッピングのコツやアクセルのふかし加減など、アドバイスがあればよろしくお願いします!!

4.教習生や運転初心者には高度過ぎてやらないほうがいいですか?



ご意見待ってます!!!!

Aベストアンサー

そうですねぇ、ブリッピングと言う言葉自体を忘れた方がいいと思います。

サーキットなど全開、フルブレーキを繰り返す場合はブリッピングしないと危険な状態になりますけど。
今、日本で発売しているMT車はおそらく誤操作防止のためと思いますがヒールアンドトゥがしづらいペダル配置にしてあります。
輸入スポーツカーにはやりやすい様に配置してあるのも一部ありますが。

公道を走る分には何もしないでギアチェンジして大丈夫です。

QMTのシフトダウンについて

免許取ってずっとAT車に乗っていたのですが、この度MT車を買いました
久々なのでシフトダウンの仕方をすっかり忘れてしまい、ブオーンと音を立てて針が振れたり
駆動輪がロック(?)して大変怖い思いをしました
順序としてはブレーキ→クラッチを切る→アクセルを煽る→シフトダウン→クラッチを繋ぐで良いんでしょうか?
このままではミッションを壊しそうなので早くマスターしたいです

Aベストアンサー

まずはお車のご購入おめでとうございます(゜Д゜;)

シフトダウンの順序は
クラッチを切る→アクセルを煽る→シフトダウン→半クラッチ→クラッチを完全に繋ぐ
ですね(゜Д゜;)

大事なのは半クラッチです(゜Д゜;)
回転数が合わずショックが出ると、エンジンを始めさまざまなパーツにダメージがあるそうです(とは言っても少々失敗したぐらいではどうってことはないようです)。
一方、半クラッチにより削れるクラッチディスクは交換を前提にされた消耗品です(゜Д゜;)
ですので過度なショックが出ないよう半クラッチを上手くなって下さい(まだまだの私が言うのもなんですが・・・)

減速動作に入ってからは空吹かしはしない方がいいと思います(゜Д゜;)
ヒールアンドトゥをしない限り空吹かし中は(自然の抵抗以外)減速できませんので・・・
右左折手前では
・減速中なら空吹かしせずに半クラッチでショックを吸収してシフトダウン
・減速動作に入るポイントより手前で等速でシフトダウンしてしまう(もちろん空吹かしあり)
・ブレーキ→(ブレーキしながら)クラッチ切る→(ブレーキしながら)ギアを変える→加速したいポイントから(ブレーキングを終えて)クラッチを繋ぎ始める
がいいと思います(゜Д゜;)

3つめの方法ですが、半クラッチにするのはハンドルを切り始めた時でもいいですし、曲がっている半ばぐらいでもいいですし、ケースバイケースでここから加速したいなと思った時にクラッチを繋ぎ始めます(まずは半クラ)。
クラッチを切って曲がるのはバスの運転手さんでもするらしいです(゜Д゜;)
クラッチを切ったまま曲がって危険だとすればそれは速度が高すぎる、速度が路面状況に合っていないということです(゜Д゜;)

ただ、大きな交差点の右折なんかでサッと曲がってしまいたい場合は上の2つの方法がいいと思います(゜Д゜;)
でも特に2つめの方法では失敗しないよう気をつけて下さい・・・後ろの車が車間を詰めてるような時にガクンと速度が落ちてしまったりすると危ないです・・・滑らかな挙動がポイントです(゜Д゜;)
また、1つ目の方法を多用していると、多分ですがクラッチ交換の時期が結構早まると思います(ハッキリとはわかりません・・・すみません・・・)

それとカーブでは徐行しなければならない右左折と違い速度が出ていますので、クラッチを切ったまま曲がらないようにして下さい(゜Д゜;)

あと、3つめの方法では半クラの前にチョンと少しだけアクセルを空吹かしするとスムーズにいく場合もありますし、空吹かしが必要無い場合もありますので、経験で覚えていって下さい(゜Д゜;)

あとついでに加速していく時のシフトアップについて言わせていただくと、シフトアップも半クラは必要です。
一流のプロドライバーでもシフトアップで半クラしています(゜Д゜;)
低いギアだけでなく3速→4速や4速→5速でも半クラが入っているのが分かります(゜Д゜;)
http://www.youtube.com/watch?v=obNSQ1ui2dM
(↑スバル WRX STIの市販車に近い車を運転するマキネン)
http://www.mitsubishi-motors.com/motorsports/j/04wrc/panizzi/panizzi_movies.html
(↑三菱 ランサーエボリューションのプロトタイプを運転するパニッツィ)

一方、一流のプロドライバーでも加速していく際のシフトアップ時にクラッチをスパッと繋げばかなりショックが出ます。
http://www.youtube.com/watch?v=j-od3ByIel4&feature=related
(↑スバル インプレッサを運転する土屋圭市)

シフトアップもシフトダウンもまずはクラッチを丁寧に繋ぐようにして下さい(゜Д゜;)
それから無駄な半クラを無くしていけばよいかと思います(゜Д゜;)

空吹かしについては、速度が出ている時にシフトダウンする場合は思い切って吹かさなければ回転数が合いませんし、それほど速度が出ていなければさほど吹かす必要はありません(゜Д゜;)
前につんのめるショックが出れば吹かし足りない、背中を押されるようなショックが出れば吹かしすぎです(゜Д゜;)

まずはお車のご購入おめでとうございます(゜Д゜;)

シフトダウンの順序は
クラッチを切る→アクセルを煽る→シフトダウン→半クラッチ→クラッチを完全に繋ぐ
ですね(゜Д゜;)

大事なのは半クラッチです(゜Д゜;)
回転数が合わずショックが出ると、エンジンを始めさまざまなパーツにダメージがあるそうです(とは言っても少々失敗したぐらいではどうってことはないようです)。
一方、半クラッチにより削れるクラッチディスクは交換を前提にされた消耗品です(゜Д゜;)
ですので過度なショックが出ないよう半クラッチを上...続きを読む

Q公道でのMT車の速い発進、それからのシフトアップについての相談です

公道でのMT車の速い発進それからのシフトアップの方法はありますか?
なるべく週に3~4回は車に乗っているのですが(おもに夜です)、信号発進などに後ろのミニバンとかに煽られることがよくあります・・・・

発進の時なんですが、僕は2~3秒ほど滑らせて1600~1700回転位でやっているのですが、これ以上早く、そして低回転で発進するとガクガクしたりエンジンがカラカラ鳴ってしまいます・・・
半クラッチは何秒くらい、回転数はどのくらいがベストでスムーズかつ速いのでしょうか???

また発進してからの1から2のシフトアップなんですが、1速はどれくらい回したほうがベストでしょうか??
そしてシフトアップの際の回転合わせやアクセルやクラッチ操作はどのようにするのがベストで速くてスムーズでしょうか??
あと1→2のシフトアップの時、アクセルは全部戻さずに、クラッチを滑らせながらつなぐというやり方があるのを聞いたのですが、そのような方法は良いのでしょうか??

以上です、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

昔、国内A級ライセンスを持ってたものです。
半クラッチはクラッチの寿命を減らします。
レーシングカーのクラッチは強化クラッチで半クラは絶対にしてはいけないものです。
公道でも半クラッチの多用は何においてもよくありません。
2~3秒はあきらかに長いと思います。1~1.5秒でしょう。
もしかするとその2~3秒の間に駆動力がスムーズに伝わらないのであおられるのかも知れません。

あおられて気にしていても危険なだけです。

スタートは2000回転ぐらいまであげてみてもいいでしょう。これはメーターを見ながらやるというより、感覚で身に着けるものです。視線は基本的には前方です。
シフトアップは一速で4000回転ぐらいで十分でしょう。公道ではタクシーの運転手さんの走りが参考になります。回転メータに視線をあまり置き過ぎないよいうにしましょいう。危険ですので。

トランスミッションとクラッチに負担をかけないために、
シフトアップ時はアクセル全て戻し、半クラ厳禁と覚えてください。

Q2・3・4速で変速ショックを無くすために(半クラッチ?)クラッチを痛めますか?

こんにちは
今度レンタカーで久しぶりにMT車に乗ります。

タイトルの通りなのですが、クラッチは一気に繋ぐのが良いらしいと言うのは聞いたことがあります。っが、2・3速あたりで繋ぐと隣に乗っている人が前後に揺れてしまうので、ほとんど無意識のうちに半クラッチ(というより1速→2速の半クラッチとは違い、2速→3速のときに急に0から100繋ぐのではなく0~100まで0.5秒くらいで繋ぐ感じです。その時アクセルも連動してじんわりと)をしてしまいます。

さすがに高速道路など高速域ではショックも少ないので、一気に繋ぎますが、低速域の加速中にこういうクラッチの繋ぎ方をするのはダメでしょうか


個人的に、極端なクラッチの磨耗がなければ、何年かごとに交換すればいいかと思っています。
心配なのは、急に繋がらなくなったり、発熱などの問題がおこらないか?と言うことです。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

もちろんクラッチはなるべく滑らせない方が減りは少ないです。
但し、良く「スパッと繋ぐ」とは書かれているが、勘違いしているヤツのに乗ると「ガツン」と来て甚だ乗り心地悪し。
物理的に一番負担が掛かっているのは停止-1速、次に1-2速であるから、
バランスから言ってここを0.3secぐらいで繋げばBestだと思っています。
それ以上はそんなに気にしなくてもショック無しで変速できるはず。
コツはクラッチを切る1秒ぐらい前に(同乗者に気付かれない程度に)アクセルを抜いてやるコト。
下のギヤのバックラッシュだけでカウンターギヤも抜けるし、エンジンrpmが下がったところに上のギヤ突っ込むから変速ショックは皆無。(但し、車によってrevの下がり方とギヤ比は違うので慣れは必要です。)
ちょんってきるだけで変速できるから基本的に切っている時間も最短、更にショックがないってことはクラッチの負担が無いって事。慣れた車だとクラッチ切らずにシフトアップ/ダウンができるはずです。(←一番クラッチは減らない ^^)
競技で加速し続ける必要がある時には当てはまらないけど、質問者様はそうでないと思いますから。
シフトアップで変速ショックが無い運転は上手だと感じます。
あと、よっぽど半クラ使う人でも滅多にクラッチのすべりは発生しないので、質問者様の意識レベルでレンタカーならば全く問題なしのはずです。クラッチ磨耗は前兆がありますから、急に繋がらなくなる事はありません。
敬語、言い切り表現混在で失礼しました。仕事中なもので -_-;

もちろんクラッチはなるべく滑らせない方が減りは少ないです。
但し、良く「スパッと繋ぐ」とは書かれているが、勘違いしているヤツのに乗ると「ガツン」と来て甚だ乗り心地悪し。
物理的に一番負担が掛かっているのは停止-1速、次に1-2速であるから、
バランスから言ってここを0.3secぐらいで繋げばBestだと思っています。
それ以上はそんなに気にしなくてもショック無しで変速できるはず。
コツはクラッチを切る1秒ぐらい前に(同乗者に気付かれない程度に)アクセルを抜いてやるコト。
下のギヤのバ...続きを読む

QMTでATより出だしを良くするには?

インプレッサSTI(GRB)に乗っています!

MTに乗っているのですが、
街中の信号スタートではAT車に遅れをとりがちです(汗)

思い切りアクセルを踏めば速いですけど、
街中なのでスマートに加速したいです。

そういう場合出だしを良くするには、
1速で引っ張るとか、
2速にすぐにシフトアップして2速で引っ張るとか、
どういう感じにすればいいでしょうか?

街中でMTでATより出だしを良くするにはどうしたらいいか教えてください^^

Aベストアンサー

なかなか厳しいですよね、、、
ゼロヨンはATが圧倒的に早いですしね。

タイヤや腕が同じなら、絶対に勝ち目無しです。

スタートだけでなく、シフトアップ時もATが早いですから、、、

但し、人間の反応速度の差の方が、とてつもなくタイム差が出ます。

反射神経を磨けば圧勝できます。

QMT車の停止状態からのフル加速

突然なんですが、MT車で停止状態からの一番早いスタートには、どんなテクニックが必要ですか?
先日、友人が運転したときに停止状態からアクセルをべた踏みにしてレブリミットぎりぎりまで回転をまわし、一気にクラッチをつないでいました・・・があまり早いスタートには感じなかったことと、あまりにも車に悪い走り方のような気がします・・・(>_<)
もう二度とあんな走り方はしないようにしたいと思いますが、車にはどんなダメージが残ると思いますか?これまでそんな走行をしたのはその時1回だけです。
また、正しいスタートダッシュのテクニックがあればぜひ教えてください。
ちなみにテンロクのノンターボ車です。新車から1000キロ越えたところです。
よろしくお願いします
m(__)m

Aベストアンサー

●以前、車の開発耐久実験に携わっていた者です。

●MT車で停止状態からの一番早いスタートには、どんなテクニックが必要ですか?

→加速の早さだけならば、あなたの友人が行った、
「停止状態からアクセルをべた踏みにしてレブリミットぎりぎりまで回転をまわし、一気にクラッチをつなぐ」
です。

しかし、これでは摩擦材であるクラッチディスク(以下ディスクと記載)の磨耗を早めてしまうので、エンジンとトランスミッションの回転を合わせてからクラッチをつなぎ、レブリミット手前まで全力加速し順次シフトアップ(例えば2→3速)していくのが、1番早いでしょうね。

例えば、停止状態から1速発進全力加速し、レブリミット手前7000回転でクラッチペダルを踏み2速へシフト、その速度での2速の回転数にまでエンジン回転が下がったら(下がり過ぎたらアクセルペダルを踏みその回転数まで回転を上げてやる)クラッチペダルを戻しクラッチをつなぎ(この時、エンジン回転が急激に上昇したり下降したりするのであれば、その回転数分だけエンジンとトランスミッションの回転が合っていない、という事です)、再び全力加速・・・これを繰り返せば、ディスクの磨耗も最小限に抑え、かつ1番早く加速出来るのです。

●あまりにも車に悪い走り方のような気がします・・・

→車が温態時(走行開始から20分以上経過し、エンジン等の部品が充分温まった状態の事)ならば、レブリミットぎりぎりまで全力加速する事は、通常の加速よりは負荷は大きいものの、メンテナンスがちゃんとされている車ならば問題はありません。
・・・が、あなたの車はまだ走行距離が1000km越えたばかりで、大体の慣らし(新品部品のなじみ)が終わったばかりなので、まだこの様な走行はしない方がいいと思います。

●車にはどんなダメージが残ると思いますか?

→あなたの友人は車にうとい方、ではないでしょうか?車の知識がある人は、この様な摩擦材であるディスクを傷めるつなぎ方はしないと思います。(1000kmそこそこで、レブリミット全力加速をする事もしないでしょう)

さて、どんなダメージが残るかですが、この一気にクラッチをつなぐ(クラッチペダルを一気に離す)事を数回繰り返した位では、ディスクが滑る程の磨耗には至りませんので安心して下さい。
各メーカー共クラッチペダルの耐久試験はしていますし、この程度で一気に滑り出してしまう物では不合格になってしまいます。
・・・が、普通のつなぎ方(エンジンの回転とトランスミッションの回転を合わせてからつなぐ)よりもディスクの磨耗が増すので、これを何10回と繰り返せばディスクが使用限界まで磨耗し、滑り出してしまいます。
エンジン等への悪影響も、この程度の走行を1回してしまった程度でしたら、まず問題は無いと思います。

*新車後1000km越えたのでしたら、エンジンオイル(エンジンオイルフィルター)やトランスミッションオイルやトランスファオイルやデフオイル(4WDのみ)の交換をすると良いですよ。
過酷な走行をする事が多いのでしたら、オイル交換等のメンテナンスも普通以上に念入に行いましょう。

●以前、車の開発耐久実験に携わっていた者です。

●MT車で停止状態からの一番早いスタートには、どんなテクニックが必要ですか?

→加速の早さだけならば、あなたの友人が行った、
「停止状態からアクセルをべた踏みにしてレブリミットぎりぎりまで回転をまわし、一気にクラッチをつなぐ」
です。

しかし、これでは摩擦材であるクラッチディスク(以下ディスクと記載)の磨耗を早めてしまうので、エンジンとトランスミッションの回転を合わせてからクラッチをつなぎ、レブリミット手前まで全力加速し順...続きを読む

Qクラッチの交換時期

マニュアル車のクラッチの交換時期についてお伺いします。

「マニュアル車のクラッチは、どんなに上手に繋いでも6~7万キロもすれば滑り始める。その結果、交換することになる」という話を聞いたことがあります。

しかしその一方、「10万キロくらいは平気で使えるよ」という話も聞いたことがあります。車の使用状況や運転者の技能にも大きく左右されると思うのですが、どちらの説が正しいのでしょうか?また、滑り始めの兆候や、滑っている・滑っていないのチェック方法をお教えいただけましたら幸いです。

Aベストアンサー

No.6の者です。
半クラを使わないと言っても全く使わないわけではありません。
しかし、シフトアップ時なんかは、
タコメーターを見て回転を合わすようにしてポンと繋いでいました。

それから、サイドブレーキを引いてのチェックは
もちろんテストの時だけです。
日常的にするのなら、寿命も縮むでしょうが数回位では全く影響ないです。

実際、テストした私が16万キロ走行後も全く滑らなかったわけですから・・・
乗り換えた理由は他のクルマに乗りたかっただけで
クルマ自体は絶好調でした。

ちなみに、クルマはホンダのスポーツ系でした。(高級車ではありません。)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング