ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

現在ASUSのM3Aと言うMBを使用していますが、BIOSを最新の0805にアップデートしたところ、
グラボのBIOS?を読み終わってすぐにビープー音(ピッと一回だけ)が鳴ってからPOSTに進むようになりました。
ちなみにエラーメッセージなどは出ていません。
今まで鳴ったことのない音が鳴ると、原因が解らないと不安になってしまいます。
BIOSによってはチェック時に「ピッ」と鳴るものもあるというんですが・・・
どなたか、このモヤモヤを解決してくれたら幸いです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#2です・・・追記。



>こちらのBIOSはAMIです。更新で初期状態には戻っています。

AMI BIOS 警告音を他のメーカ・解説で調べても短音1回はメモリ廻り
のエラーで変更されてない、想定範囲はC-MOSクリアーして日付設定+
Seve and Exit及びBIOS設定を見直す必要があると思う。

(サポート情報、AMI BIOS 警告音・・・)
http://support.epsondirect.co.jp/edcfaq/edsnsys_ …
http://www.intel.co.jp/jp/support/motherboards/d …

当方ならBIOS更新及び初期状態では念のためC-MOSクリアしてみる、
メモリ設定(SPD・AUTO)の見直しとメモリクロック・タイミング・
CL値・駆動電圧etc...の確認をするのが常套手段だと思います。

(参考例、ASUS P5Bのメモリ設定手順・・・確認事項)
http://ocmemory.jp/tech_info/bios/asus_p5b.php

ご存知のようにBIOS更新手順及び設定・確認など基本事項を見直す
事が大切かもしれない、必ずしも新しいBIOSが優秀と限らない又は
バグ等も想定されるので旧BIOSに戻す場合もあります。

(代理店Unityサポート BIOSアップデート手順)
http://www.unitycorp.co.jp/support/faq2/answer/b …

自作PCは「何でも有りの動けば正義」の自己責任・・・ガンバって。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

重ね重ねすみません。
そうですね、まずは焦らずに一つずつ確認していかないとダメですよね。
save&exit時も、前はファンは回りっぱなしで再起動していたのが、
今回は一度すべて止まってから立ち上がる、と言うようにかなり変わってます。
ちょっと恐ろしいけど、BIOSのバージョンダウン?も試してみます。
少ない休みなもので、他力本願になってました。
今後のスキルアップのためにもゆっくりがんばります。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/05 13:59

BIOS更新でデフォルトに戻ったかも、見当違いならごめん。



>BIOSアップデートしたら、今までしなかったビープー音が・・・

当方もASUSマザーでAWARD BIOSですが短音1回は正常起動です、他の
警告音は下記↓↓↓URL参照。

(BIOS 警告音一覧・・・)
http://www.redout.net/data/bios.html

ビープー音を無効にする方法も有るようですが、エラー又は警告音を
消すのは本末転倒なので当方は試した事ありません。

(Windows Tips「ビープ音を無効にしたい」・・・)
http://www.itmedia.co.jp/help/tips/windows/w0477 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
こちらのBIOSはAMIです。
更新で初期状態には戻っています。ファンコンとC&Qくらいしか
設定は変えていません。
警告音一覧、ためになりました。
それによると、DRAMリフレッシュ失敗(割り込みタイマーあるいは割り込みコントローラーの不具合)となっていますね。
ただ、やはり気になるのは以前のBIOSのときは起動時にビープー音など鳴らなくて、鳴ったのはデュアル動作確認のとれていないメモリーを挿したときに、POSTの最後に「バンクインターリーブが有効になっていない」などとメッセージがでたときに鳴ったくらいなので・・・。
今回はPOSTの前に鳴るものですから戸惑ってしまいました。
もしかしたら、AMIのBIOSも正常起動したときに一回鳴らすように
したのかも?
ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/05 10:50

BIOSのデバイスチェック機能の音でしょう。


BIOS設定画面の、silent bootを有効にすれば
音は出なくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答ありがとうございます。
いろいろ確認したんですが、silent bootの設定項目なかったです。
初期バージョンのBIOSではそのチェック音もなく、
静かにWindowsログオンに行ってたんですが・・・
エラーではないと解釈して気にしないことにします。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/05 01:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパソコンからピッという変な音がします

こんにちは。
今日突然いつも使っているPC(ノート)からピッという音がするようになりました。電源を2日切らなかったせいかと思い、別のスペアのPC(ノート)を使っていたところやはり同様のピッという音がします。

そういえば2台ともウィルスチェックを2週間ほどサボっていました。

ウィルスなのでしょうか?復旧するのでしょうか。不安です。ご回答のほどよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
ウィルスオンラインスキャンしてみればいいと思います。
ちなみに私のメビウス君はよくブチッ!という音がします。
さすがシャープ(^^;

http://www.symantec.co.jp/region/jp/securitycheck/

参考URL:http://www.symantec.co.jp/region/jp/securitycheck/

QCMOSクリアとBIOS初期化の違い

CMOSクリアとBIOS初期化の違いは何でしょうか。やり方はどちらも分かるのですが、実行した結果(または、実行内容)の違いが分かりません。

私のマザーボードはASUSの製品で、BIOS初期化はBIOS画面で 「Boot→Load Setup Defaults」 です。

Aベストアンサー

「BIOS」と「CMOS」の概念をぶっちゃけ簡単に言えば・・・

・BIOSがマスター、CMOSはコピー(バックアップ・・・というわけではないのですが、簡単に言えばバックアップですね。ただし、マスターあってこその、です)

・BIOSを弄るというのは、「CMOS上で設定を変える事」を言い、それが設定として反映される事。BIOSそのものを弄るわけではない。


・BIOSは「不揮発性メモリ」、CMOSは「揮発性メモリ」に書き込まれている。
揮発性メモリは、電気が通ってないと情報が消える。(例をあげれば、俗に言うメインメモリは2G・・・とか言っているやつがそうです)CMOSの電源は、マザーボードにあるボタン電池から供給されている。ただ、PC起動中は、PC電源から供給されていると、多分思われます。(業務用ゲーム基盤のプロテクトコードだかが、こういう構造になっているので・・・。CPシステムはそうなんですが。)
電池が切れると、次回PCを立ち上げた時、BIOSから、消えてしまったCMOSにデータが書き込まれるので、初期設定に戻ってしまう。すなわち、電池を取り替えないかぎり、いつまでもこんな事の繰り返しをしなくてはならなくなるw(時計も狂ったままw) ただし、OSを再起動とかした時に、BIOSの設定が反映されているなら、それは、電源供給が、PC起動中はPC電源から供給されているという証拠になりますね。
対して、不揮発性は、電気が通ってなくとも消えません。まあしいて例であげれば、メモリスティックやSSDに使われている記憶媒体のようなものなのかしら・・・

・BIOS初期化というのは、「CMOSを消して(リセット)、再度BIOSを読み込ませる事」を言います。この際、ボタン電池を一度外し、電源供給を断って、CMOSが揮発性メモリなのでデータが飛ぶ、こんな感じです。詳しい事は判りませんが、これをやった後にBIOSから自動で読み込まれるのでしょう・・・。そうしないと設定できませんからね~
後は、「工場出荷設定に戻す」ような項目でもできます。これが、

>私のマザーボードはASUSの製品で、BIOS初期化はBIOS画面で 「Boot→Load Setup Defaults」 です。

ってやつです。
多分、正確に言うと、「CMOSクリア」がボタン電池を外すとか、ジャンパーピンのショートとかで、「BIOS初期化」は、設定画面上でのコマンドの事なのかもしれません。まあ、「ハードウェアリセット」と「ソフトウェアリセット」の違いだけかと。。。もっと細かく言えば、「消して書き直す」と「上書きして書き直すか」の違いかな・・・とも思います。。。

・BIOS更新というのは、「BIOSそのものを更新する」という意味です。つまり、マスターごと変更する事ですね。これを変更すると、CMOSもこのバージョンに変更されます。(コピーですから)
ここで、更新途中に電源が切れたりすると・・・もうPCが動く事はありません。つまり、マスターのデータが壊れたわけで、最初に命令を下すものが無くなるので、PCが2度と立ち上がる事はありません。注意しましょう。
この事故防止、っというか事故対策として、マザーによっては「デュアルBIOS」というものが備わっているのもあります。つまり、一つのBIOSが壊れても、もう一つ「BIOS」のバックアップがあって、それを使って起動する、元に復旧させる、というものです。ちょっと安心ですね。できるなら恩恵を受けたくはないですがw

以上が「ぶっちゃけ簡単に言う」BIOSとCMOSの概要です。。。

「BIOS」と「CMOS」の概念をぶっちゃけ簡単に言えば・・・

・BIOSがマスター、CMOSはコピー(バックアップ・・・というわけではないのですが、簡単に言えばバックアップですね。ただし、マスターあってこその、です)

・BIOSを弄るというのは、「CMOS上で設定を変える事」を言い、それが設定として反映される事。BIOSそのものを弄るわけではない。


・BIOSは「不揮発性メモリ」、CMOSは「揮発性メモリ」に書き込まれている。
揮発性メモリは、電気が通ってないと情報が消える。(例をあげれば、俗に言うメイン...続きを読む


人気Q&Aランキング