教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

電束密度と電場の違いがわかりません。

電束というのは、電気力線のことを指しているのですよね。電場というのは、1m^2あたりの電気力線の本数だったと思います。ということは、「電束(の)密度」ということだと思うのですが…。どう違うのでしょうか?

よろしくお願いします。

gooドクター

A 回答 (2件)

電場とは、簡単に言うと電荷の影響で周囲の性質が変化した空間の事です。


プラスの単位電荷を電場内に置いた時、その電荷の大きさで電場の強さが定義されます。
力はベクトル量によって表され、方向は電荷の受ける力の方向になります。

一方、電束密度とは単位面積あたりの電束の数です。

電場と電束密度の関係は
電束密度=真空の誘電率*電場+分極
となっています。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

みなさん回答ありがとうございます。

お礼日時:2008/05/16 01:50

電界の強さ(E)は、電位の傾き(または、そこに1Cの電荷を置いたときに働く力)、電束は電荷に対応する量(電束の変化分=電荷)、と次元が異なります。


(電気力線は、電界の強さに対応する表記かと思います。)
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング