dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

TBSクロライドを用いた保護の際、イミダゾールが触媒兼塩基としてはたらくとwikiに書いてあったのですが、塩基はHClを捕捉するという意味だとわかるのですが、触媒というのはどのような機構で触媒するのでしょうか?

A 回答 (1件)

イミダゾールの塩基性を示す方の(イミン型の)NがTBSClを攻撃してTBS-imidazoleを1回形成してそれからアルコールが攻撃します。


アシル化の際のDMAPと同じような働きをします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!