【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

現在大手ゼネコンから(できれば)大手ディベロッパーへ転職を夢見ている32歳の者です。なかなか異業種への一歩が出せず悩んでおります。
ゼネコンとディベロッパーを比較した場合、仕事の内容以外に給料、勤務時間、休日等を比べるといかがなものでしょうか?もしゼネコンからディベロッパーへ転職した方、現在ディベロッパーで働かれている方で、アドヴァイスいただける方がおりましたらよろしくお願い致します。
現在の保有資格は、一級建築士、一級施工管理技士、宅建、乙種危険物、資格ではないですがTOEIC-750程度です。
ゼネコンの仕事はやりがいはあるのですが、単身赴任も有り、長時間労働や休日が非常に少なく家族と一緒にいる時間が少なく悩んでいます。
学生時代はディベロッパーに興味があったのですが、就活の成り行きでゼネコンへ入社しました。しかしながら、今だディベロッパーへの興味もかなり有り、将来を考えると転職したいと思っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>「仕入」とは土地の買い上げ等の事でしょうか?



そうです。何をディベロップメント(開発)するにも用地を仕入れないと始まりませんので。

>デベでの希望職種は開発ですが、開発物件の基本計画にも関わりたいと思っております

なるほど・・。当初質問文に戻りますと「大手デベ」とありますので要するに財閥系を中心とした大手不動産会社の開発部門ということですよね?なかなか狭き門ですし、ある意味では会社員として不動産・建設業界に携わる者の頂点に近いポジションだと私は思っています。

>仕事の内容以外に給料、勤務時間、休日等を比べるといかがなものでしょうか?

仕事が忙しいかどうかはプロジェクト等の状況もあるでしょうから一概には言えませんが、デベの良いところはゼネコンと違って事業全体の中のプロデュース的な立場であるところです。(しかし大手ゼネコンですとデベに近いポジションに入ることもあるでしょう?)

会社にもよるでしょうから全部が全部という話は出来ませんが、相対的に見てゼネコンより勤務条件が悪くなることは少ないと思います。

「仲介」などをやりたいわけではないのでしょうから、狭き門だとは思いますが、ぜひチャレンジしてみても良いと思いますよ。
大手というか超大手を選んでください。中途半端なデベは潰れるリスクがあります。(ゼネコンも一緒かもしれませんが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に参考になるアドヴァイスありがとうございました。

お礼日時:2008/06/06 23:37

現在は技術職ですか?(設計士?現場監督?)



デベでの希望職種は?(上記同様?仕入?開発?)

この回答への補足

現在は現場監督をしております。
デベでの希望職種は開発ですが、開発物件の基本計画にも関わりたいと思っております。また、ゼネコンでの経験を生かしてプロジェクトの監理もできるかと思っております。ちなみに当方無知で教えていただきたいのですが、「仕入」とは土地の買い上げ等の事でしょうか?

補足日時:2008/06/05 21:35
    • good
    • 7

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゼネコン(=建設?) と デベロッパー(=宅地開発?) と不動産業者 の違いを分かりやすくお教えください

タイトルの通りです。それぞれ大手の業者名も参考に教えてください。
例えば大規模マンションを立てる際、”計画~完成”に至るまでの順に
関わる業者を示して頂けると分かり易いのですが・・。

特に大手ディベロッパーと大手不動産会社の違いが?です。
例えば三菱地所、三井不動産などはどちらになるのでしょうか?・

Aベストアンサー

異なる切り口による、異なる分類の概念です。


まず最初に当たり前の話をします。

たとえば、本を扱う業者は本屋さんです。野菜や果物を扱うのは八百屋さんです。パンはパン屋さん、魚は魚屋さん。
同じように、建築をするのは建築業者、不動産を扱うのが不動産業者です。
要するに、『不動産業者』というのは本屋さんや八百屋さんと同じ『業種』の一つです。

ここまでは質問者さんもご存じの、当たり前の話です。


さてそれでは、コンビニってナニ屋でしょう?
文房具を売っていますが、文房具屋さんではありません。パンも売っていますが、パン屋さんでもありません。電池やビデオテープも売っていますが、電気屋さんでもありません。

あっ!ストッキングが伝染しちゃった!どうしよう!
あっ!携帯が電池切れだ!どうしよう!
あっ!シャープペンの芯がない!どうしよう!
こういうときにコンビニへ飛び込むと何とかなります。
こんな『困った』を解決してくれるのがコンビニです。
このように、本屋や電気屋などの『業種』に分類できず、複数の業種にまたがった事業を行うことで問題解決を提供する業者を、『業種』に対して『業態』と呼びます。

コンビには、コンビニエンスストアーという『業態』なのです。

『美容院』は業種ですが、最近は成人式や結婚式などのために和服のレンタルや着付けも行うところが増えてきています。つまり、美容院が競争環境の中で生き抜くために、業態へと変化しつつあるのです。


『家を建てたい。』というときに、土地はどこで買いましょうか?設計は?実際の建築は?庭の植木は?庭石も置きたいですね。
普通は不動産やさんが工務店や園芸屋さんを紹介してくれたりします。でもどうせなら一つの業者が全部やってくれたら便利です。
これがマンションとか大きな物件になるともっと大変です。単一の業者にやってもらうと手間が省けます。こんなときに、土地も設計も建築も内装も庭木も全部の『業種』の仕事をまとめてやってくれる便利(コンビニエント)な『業態』がゼネコンです。


要するに、『不動産』を扱う『業種』が不動産業者で、不動産から建築までの広い『問題解決』をあつかう『業態』がゼネコンです。



ところで、質問者さんの会社で会議を開くとき、まず最初に何をしますか?

まず、議長と書記を決めます。

営業部第1課の営業会議の議長、とか書記とかいった職種があるわけではありません。もしかしたら課長が慣例的に議長の役割を行っているかもしれません。
でも、課長が『○○君。今日の営業会議の議長をやってくれたまえ。書記は△△君、たのむよ。』てなことを言うかもしれません。

この場合の議長や書記は『役割』であって、『職種』ではありません。

再開発などの大きな案件では沢山の業務が必要ですから、役割分担をしなければできません。土地を買収・接収する役割、設計をする役割、建設をする役割、建設資材を調達する役割など、多くの役割があります。
そして全体をプロデュースするまとめ役も必要です。この全体を企画し、多くの業者をまとめ、計画を調整する『役割』がデベロッパーです。

デベロッパー業、という業種や業態があるわけではありません。デベロッパーは役割分担の名前です。
ですから、ある開発事業ではゼネコンがデベロッパーの役割を果たして不動産業者が土地の買収を分担しますし、別の開発事業では大手不動産業者がデベロッパーの役割を果たし、ゼネコンには建設を分担してもらったりします。

三菱地所も三井不動産も、もともとは不動産業者ですが、景気の波の中で生き抜くために、建築部門を創ったりして業態へと変化しつつあります。また、売上と利益を確保するために、いくつかの開発案件でデベロッパーの役割を担ったりしています。


不動産業者とゼネコンとデベロッパーの関係は、
パン屋さんとコンビニ店と夏祭り実行委員長のような関係とお考えください。


これでお答えになったでしょうか。

異なる切り口による、異なる分類の概念です。


まず最初に当たり前の話をします。

たとえば、本を扱う業者は本屋さんです。野菜や果物を扱うのは八百屋さんです。パンはパン屋さん、魚は魚屋さん。
同じように、建築をするのは建築業者、不動産を扱うのが不動産業者です。
要するに、『不動産業者』というのは本屋さんや八百屋さんと同じ『業種』の一つです。

ここまでは質問者さんもご存じの、当たり前の話です。


さてそれでは、コンビニってナニ屋でしょう?
文房具を売っていますが、文房具...続きを読む

Q34才、建設業からの転職先について

 現在33歳の男で、13年前にコネで地元の小企業の建設会社に入社し、技術者として土木の工事を担当していますが、最近転職を考えるようになってきました。理由は仕事量の多さと人間関係です。何件も現場を掛持ちで担当させられ、毎日一人で遅くまで残業し、完了していない工事がいくつも残っている状態で新規の別の仕事を担当しなければならないといった感じです。他にも技術者はいますが、一人は半人前の先輩上司で、もう一人は結構年配で無理がきかない状態の上司の技術者です。その人たちは1件の工事を担当するだけでやっとで、毎日定時で帰ります。若い人間も何人かいるので育てようと思った事もありますが、ほとんど中卒で、自分で考えるというのができないようなので諦めました。家には小さい子供が3人と妻がいますが、毎日遅いため週末しか話ができません。年間通して常に切羽詰った状態で精神的にまいってきて、この状態をこの先ずっとは続けられないと思うようになっています。残業代は出て、年収で450~550万円くらいです。資格は1級土木、測量士、給水装置、2級造園、2級管工事を持っています。経営者は何年か後にはやめるつもりなのか何も考えていません。会社の中に相談できる人がいません。従業員のほとんどは会社にパラサイトしている感じで、今の会社が無くなればあの方たちの転職先は無いでしょう。現実的ではないのですが、今自分が興味がある仕事は青年海外協力隊やジャイカのような国際協力の分野で仕事をしたいと思っています。ジャイカは年齢的にもスキル的にも無理かと思いますし、青年海外協力隊では家族を養えないと思っています。(住宅ローンがあるため)片田舎で転職先が限られています。また同じ様な建設業の転職先しか無いのでしょうか。最近1億以上の工事の現場代理人になった為、転職はその工事が終わってからとなります。コネで入った為辞めづらく、どのタイミングで退職届けを出そうかも悩んでいます。

 現在33歳の男で、13年前にコネで地元の小企業の建設会社に入社し、技術者として土木の工事を担当していますが、最近転職を考えるようになってきました。理由は仕事量の多さと人間関係です。何件も現場を掛持ちで担当させられ、毎日一人で遅くまで残業し、完了していない工事がいくつも残っている状態で新規の別の仕事を担当しなければならないといった感じです。他にも技術者はいますが、一人は半人前の先輩上司で、もう一人は結構年配で無理がきかない状態の上司の技術者です。その人たちは1件の工事を担当する...続きを読む

Aベストアンサー

短絡的に即退職・・という以前に

>経営者は何年か後にはやめるつもりなのか何も考えていません

そんな会社で経営者ならこの際腹くくってガッツリ
一度お話し合いしたらどうでしようね

場合によっては独立も模索できる余地はありませんか?
とにかく
13年も勤めたのですからコネの件はもう十分義理責任は果たして
いますよ。気にする必要はないでしよう

いずれ辞めるにしても次の職場を絶対に
確保してからでないとダメですよね
それと資格はあまりあてにならないものと思っていたほうが良いです。

Q技術士と一級建築士はどっちが難しいの?

私の会社には技術士をもっている人がいて、友人の会社は一級建築士を持っている人がいるようです。
はっきり言ってどちらの資格が難しいのでしょうか?
興味本位ですので暇なときに回答ください。

Aベストアンサー

#5,6です。

>これも業界が土木と建築に分かれていて、どちらとも他方より上にいたい(下になりたくない)と潜在的にも思っている人が多いということかもしれない・・・

建築について説明すると諸外国ではアーキテクトとエンジニアは明確に分離されており、大学教育の時点で違う道を歩んでいます。
しかし、日本の建築士制度は建築設計を行うに対して必需の資格であり、日本は地震国である関係上耐震技術などの重要性が高く、建築士という資格は芸術性よりも技術的な性格を強くした資格となっています。
ただし、建築というのは芸術性も求まられることから、芸術性が技術士に比べれば比重が大きい資格であるといえます。

建築士というか建築家の中には技術者側面よりも、芸術家側面の方が強い人も多くいます。
大学教育においても芸術学部でも工学部同様建築士の受験資格が与えられるところもあります。

以上のように建築士という資格は技術系の資格としては特殊なものとなっています。

しかし、技術士法が作られたとき既に建築士制度はありましたので、建築は技術部門として除かれたのだと思います。

私自身はゼネコン経験者なのですが、身の回りを見ると引用させて頂いたような気持ちを持っている人が多くいることは、正しいと思います。

また建築士の中でも芸術的職務の傾向が強い意匠設計者から構造設計者や設備設計者が下請で仕事をすることが多い関係上いう、技術者を下に見る傾向が強い人も多くいるということを付け加えさせてただ来ます。

逆に技術士は、建築士のように職業を独占できる資格ではないため、受験者数が少なく、また建築士に比べて歴史も浅いため、建築士ほど知名度の高くなく、取得者数は少ないです(同様に博士号に比べても)
そのため希少価値をもって上と見なす人もいるようです(なお、建築士有資格者は本来のその資格に対する需要に比べて多すぎて、資格の価値が低下している)。

このように近くて非なるものってライバル意識が強いというのは建築土木に限らず同様に存在すると思います。


なお、あくまでも個人的な資格に対してのイメージですが、建築士は運転免許に近いものがあります(難度は違いますが)。

自動車免許を持っている人を自動車運転の専門家といわないように、建築士の資格を持っていることイコール建築の専門家ではありません。
建築士の取得は建築設計・監理を行うためのスタートラインについたことを示す程度の資格(ライセンス)だと思っています。ちなみに運転免許証同様かなりの数のペーパー建築士がおります。

一方技術士は試験内容からいって、今まで行った業績に対しての1種の評価書であり、この点は論文に対する評価を行う博士号に近いものがあります(近いので技術士と博士号に比較はわりと耳にしますが、かなり異なる建築士と博士号の比較はあまり聞きません)。


>私が知りたかったのは、この程度のレベルで、技術士と一級建築士にはどっちに多く票が集まるだろうと言うことです。

ということでしたら、個人的には技術士の方が難しい資格だと思います。

建築士はその制度上、職業的独占権を有している関係上、資格取得者が0になったら、日本国内で建築の設計は行われないことになります。だから誰かに与える必要があります。
一方技術士は名称独占権はありますが、職業的独占権はないので(入札条件などで求められることはありますけど)、技術士という資格取得者がいなくとも、それを行える能力技術者がいれば、問題なく行えることになっています。

以上のように建築士は、建築設計及び監理を行う上で必要最低限必要な知識・技能を持っていることを確認して、許可を与えるための資格で、資格取得時点では技術者として最低限必要なラインをクリアしていることを示している程度ですが、技術士は「高等の専門的応用能力を必要とする事項」についての能力があることを示すための資格で、通常の専門能力がある程度では与えられない資格だからです。

ただし、私の身の回りでは、建築出身で建築士・技術士の両方を取った人はかなりいますが、土木出身で両方を取得した人はほとんどいないので、建築出身者にとっての技術士に比べて、土木出身者に取って建築士は敷居が高い資格なのかもしれません。
個人的には技術士の方が取得が難しい資格と思っていますが、このあたりの状況から劣等感が生まれて、技術士の方が上という見なしたいという心理が土木系の人に働いて、上と見なそうとしている傾向もあるように思います。


>本当はもっとゴシップ程度にどっちが上か聞きたかっただけなのですが・・

かなり前に聞いた噂話です、正しいかどうかわかりませんが(下手すると名義貸しに引っかかるかもしれないので今はこのようなことはしていないかもしれません)、定年退職後顧問などで勤めた場合の有資格に対しての報酬で、技術士7万、環境計量士3万、宅建1万、建築士0というのが相場だったそうです。

資格だけの稀少価値からいうと建築士は、技術士どころか誰でも受験できる宅建より低く、無価値に近い状況のようです。

ちなみに私が勤務していた会社の資格に対する給与制度でも技術士の方が上になっていました(ちなみに博士号は技術士と同じ扱い)。

#5,6です。

>これも業界が土木と建築に分かれていて、どちらとも他方より上にいたい(下になりたくない)と潜在的にも思っている人が多いということかもしれない・・・

建築について説明すると諸外国ではアーキテクトとエンジニアは明確に分離されており、大学教育の時点で違う道を歩んでいます。
しかし、日本の建築士制度は建築設計を行うに対して必需の資格であり、日本は地震国である関係上耐震技術などの重要性が高く、建築士という資格は芸術性よりも技術的な性格を強くした資格となっています...続きを読む

Q文系大学出身者が建築士になる方法

私は、現在国立大学法学部の2年生です。
英語が好きなので文系を選択し、外語大は就職がないといわれたため、文系の中で一番幅広い法学部を受験して今に至っております。
自分のやりたいことが見つからず、なんとなく2年間の大学生活が過ぎてしまいましたが、最近やっと、自分のやりたいことを見つけました!
それが「建築」です。大学は卒業し、その後、建築士への道を歩みたいのですが、方法がよくわかりません。
文系大学の出身者が、建築家になる方法を知っている人がいたら、ぜひ、教えてください!!!

Aベストアンサー

建築家と建築士の違いは知っていますか?
建築家は必ずしも建築士の資格を持っている必要はありませんし、建築設計事務所には建築士は必要ですが、建築設計事務所を開く本人が建築士を所有している必要もありません。

これに対して建築をする際に提出する書類には建築士の資格が必要です。

すなわち、建築家になるには、最低1人の建築士を雇って建築設計事務所を開けばなることも可能です(資格の名称でないので)。

一方建築士になるには国家試験合格者でかつ登録をしなければなりません。
建築士として働く多くの人は建設会社で現場監督などをしています。もちろん建築家になっている人も多くいます。

建築士には1級と2級と木造の2種類がありますが、現在取得するには1級か2級となります。

1級と2級の差は建物の規模等で分かれています。
細かい規定は別として、2級でできるのは2階建ての個人住宅程度と考えていればいいと思います。

大学の建築学科(土木でも可のところもある)をでると、2級はその時点で、1級は2年の実務経験を積むと受験資格ができます。ただし、実務期間が長くなりますが、必ずしもこれらを卒業する必要はありません。

いわゆるゼネコン経験者ですが、事務系の方や機械や化学を出た人でも、2級建築士は結構とっています。
ハウスメーカーでは営業で2級建築士を持っている人もいます。その中でさらに1級を目指している人もいます。事務系で入って夜間の大学に通って建築士を取得した女性もいます(この人は1級を取得した)。

学校に通ったほうがおそらく早くなれます。しかし家庭の事情などあるでしょうから、学校に通わないで建築士になる方法をいくつか挙げます。

学校に通わず建築士になるには、実務経験があれば、受験資格を得られますので、建設関係の会社に入社することが必要です。

但し多くの会社では文系の人は営業か・事務でしか採用してもらえないと思います。これでは現場など実務を積むのは難しいと思います。

ハウスメーカーなら営業職の人にも2級建築士(ハウスメーカーでは2級があえれば十分なの)の取得を推奨しているところもあります。2級取得しておけば、技術者として採用されやすくなりますので、キャリアアップを目指して
また、法学部卒ならば大手建設会社の法務部などを狙って、そこで建築基準法関係を中心とした法務から入って、実務経験を積んで行くという方法もあると思います。

なお、あくまで事務系として採用されることを前提としていますが、
建設業経理事務という簿記に関する資格があり、これは受験資格は必要ないので、この資格を取得すると、事務系として建設会社などに採用されやすくなると思います。
同様に宅建などを採っておくと採用されやすくなると思います(宅建は民法と業法が中心)。

建築家と建築士の違いは知っていますか?
建築家は必ずしも建築士の資格を持っている必要はありませんし、建築設計事務所には建築士は必要ですが、建築設計事務所を開く本人が建築士を所有している必要もありません。

これに対して建築をする際に提出する書類には建築士の資格が必要です。

すなわち、建築家になるには、最低1人の建築士を雇って建築設計事務所を開けばなることも可能です(資格の名称でないので)。

一方建築士になるには国家試験合格者でかつ登録をしなければなりません。
建築士と...続きを読む

Q日建学院か総合資格学院か…迷っています。

経験者や詳しい方に質問です!
実際の学校名をあえて出しています!
この2校が一級建築士の通学講座では抜き出てると思うし実際私はこの2校で迷ってるからです。
私の説明から…2006年に受験資格(建築系大学卒→実務経験2年)に達する今は設計事務所でアシスタントとして働いています。

最近教えてgooで一級建築士の勉強について質問しました。その中で私なりに調べて行って通学で学校に通うなら日建学院or総合資格学院か?というところまで考えています。
が!どちらの学校もお互いの悪口をいったりして…正直ちょっと解らなくなっています。
学科&製図のセットにしようと思うのですが基本的な事は営業の方に聞いて知っているつもりです。自分でも見学にもいきました!
けどやっぱり経験者の方等に良いアドバイスを貰いたくて質問しています!
私は関西(仕事は大阪のミナミ方面です)ですのでその辺も踏まえて、ぶっちゃけ私の条件だとこの2校に絞られると思います。自分ではやる気あるのでどちらにいっても合格を目指せると思うのですが…(両方の営業の方に最後はやる気、みたいな事いわれました)
日建も資格学院も準備講座(本講座前の基礎固めらしいです)が始まるのでそれまでに決めたいと思っています。長々となりましたが大事な事だと思いますので解る方お願いします!!!

むしろどちらかの営業の方もこれをみたら書き込んで下さい!!!

経験者や詳しい方に質問です!
実際の学校名をあえて出しています!
この2校が一級建築士の通学講座では抜き出てると思うし実際私はこの2校で迷ってるからです。
私の説明から…2006年に受験資格(建築系大学卒→実務経験2年)に達する今は設計事務所でアシスタントとして働いています。

最近教えてgooで一級建築士の勉強について質問しました。その中で私なりに調べて行って通学で学校に通うなら日建学院or総合資格学院か?というところまで考えています。
が!どちらの学校もお互いの悪口をいったりして…正...続きを読む

Aベストアンサー

この2校は、現在どちらがトップといっても間違いではないくらいの実績はありますね。

私が聞いたところによると、学科では、Nは、DVD講習。Sは、講師による講義だそうです。
Nの利点は、多くの専門家がチェックし、漏れのない間違いのない講義が受けられること。欠席しても同じ条件でDVDが見れること。などが上げられます。
Sの利点は、講師による講義なので、分からないところの質疑がその場でできること。講師の持っている裏情報が生の声で聞けるなどです。しかし、常識のない生徒が同じクラスにいると、授業が進まず、最後まで終わらずに終了になることがあると聞きます。

2次試験は、担当の講師次第ですね。どちらも条件は同じだと思います。学校の仲間と両方に分かれ、情報交換しながら課題をこなすとさらにレベルアップするのではないでしょうか。

以前私が通っていた頃は、Sは借り教室だったので、欠席して宿題をもらうのに、次の授業まで受け取れないのに対して、Nは固定教室を常駐しているので常に事務局があり、そこに行けばいつでももらえるという違いがありましたが、最近はどうなのでしょうか?

どちらにしても頑張ってください。

この2校は、現在どちらがトップといっても間違いではないくらいの実績はありますね。

私が聞いたところによると、学科では、Nは、DVD講習。Sは、講師による講義だそうです。
Nの利点は、多くの専門家がチェックし、漏れのない間違いのない講義が受けられること。欠席しても同じ条件でDVDが見れること。などが上げられます。
Sの利点は、講師による講義なので、分からないところの質疑がその場でできること。講師の持っている裏情報が生の声で聞けるなどです。しかし、常識のない生徒が同じクラスにいると、...続きを読む

Q総合商社に勤める男性は皆あんなに酷いのでしょうか?

会社関係の飲み会の席で知り合いになった総合商社勤務の男性の話です。いわゆるエリートの典型という感じなのですが、はっきりいって人として最低の部類に入るという感を受けました。話の中で「でも皆が皆、あなたみたいな事をしているわけじゃないでしょ?」と切り返すと「というか俺はその中ではまともなほうで、先輩達はもっとえげつないよ?世の中の誠実といわれる男達だってもう少し経済的なゆとりがあって社会的ステータス、容姿に恵まれていれば同じことするぜ?」といわれ・・・後になってすごくムカついて・・・そして少し男性不信に陥っています。

彼曰く、
*一流商社では出勤日数より合コンの回数が多く、これには既婚者もきちんと参加(勿論既婚者とはいわない)毎月女子アナやスッチーとの合コンでお持ち帰りしてその人数を部署内同僚と競う。
*みんなそれぞれ本命の彼女がいるが、合コンは自由に参加する主義。
*合コンを開催する時、幹事同士が知り合いだと、あとあと面倒なので新入社員がナンパや、カップリングパーティーなどに参加して何人かを見繕って開催する。
*合コンで不細工な女の子ばかりが来たときは、実は全員既婚者と嘘をつく。会計も多めに女の子から取る。

酷い話だなあと思いました。(そして聞いていて疲れました)自分達の事を「日本経済の中心」だと言っていましたが、その中心が出勤日数より合コンが多いなんて愉快な話です。でも本当に商社ってみんなこんな感じだよという女性の同僚にも言われました。皆さん、どう思います??

会社関係の飲み会の席で知り合いになった総合商社勤務の男性の話です。いわゆるエリートの典型という感じなのですが、はっきりいって人として最低の部類に入るという感を受けました。話の中で「でも皆が皆、あなたみたいな事をしているわけじゃないでしょ?」と切り返すと「というか俺はその中ではまともなほうで、先輩達はもっとえげつないよ?世の中の誠実といわれる男達だってもう少し経済的なゆとりがあって社会的ステータス、容姿に恵まれていれば同じことするぜ?」といわれ・・・後になってすごくムカつい...続きを読む

Aベストアンサー

都内の大手金融に勤めていた元OLです。
あー、商社はそういう雰囲気、たしかにありますね。大企業でも、行員の遊び方とも違いますし、官僚の遊び方とも違いますね。代理店とは少し似たところがありますが、代理店はかなり激務なので、少なくとも出勤日数より合コン日数のほうが多いということはないでしょう。

わたしたちも、商社マンとのコンパはけっこう多かったです。いろいろなおしゃれな店、おいしい店に連れて行ってもらったし、ほとんどご馳走してくれるし、評判はいいですよ。
でも、誰もそこで本気で彼氏を探そうとはしていなかった気がします。合コンでお持ち帰りした数を誇らしげに語る男性もたしかに多いですが、そういう人からはあまりエリートの匂いはしません。あちらの費用でおいしいものを食べさせてもらえるという、その場限りの楽しみのためには、商社マンの重要は多いです。食事がお開きになった後も、体や、まして結婚まで差し出そうという人は、あまり聞きません。ただ、商社マンが、例えばそれだけお持ち帰りしているということは、それだけ商社マンにお持ち帰りされたい女の子もいるということで、まぁお互いにその気ならどうぞご自由に、という感じです。そういう意味でも、需要と供給のバランスがとれているかもしれません。

ただし、総合商社に勤める男性が全員そうだというわけではありません。コンパの声などさっぱりかからない人もいれば、声はかかるけど興味はない人もいるでしょう。あと、駐在組はそもそも日本にいる期間が短気なので、あまり意味のない遊びに費やす時間がないというのも事実です。特に駐在組だと、本駐在が決まる前に結婚していたほうが何かと好都合なので、そういう衛生的でない遊びは早々に卒業し、本気で結婚を考えられる相手と腰を据えて付き合う人が多いです。
また、商社でなくてもひどい人はひどいです。

いずれにしても、商社に入ったことでタガが外れてしまう人はたしかに多いですし、入社2年目くらいまでは、けっこう遊んでしまう人も多いです。でも、3年目になってもそれまでと同じように遊んでいる人は、だんだんお呼びがかからなくなるか、それでもいいという女の子としか遊べないでしょうね。

都内の大手金融に勤めていた元OLです。
あー、商社はそういう雰囲気、たしかにありますね。大企業でも、行員の遊び方とも違いますし、官僚の遊び方とも違いますね。代理店とは少し似たところがありますが、代理店はかなり激務なので、少なくとも出勤日数より合コン日数のほうが多いということはないでしょう。

わたしたちも、商社マンとのコンパはけっこう多かったです。いろいろなおしゃれな店、おいしい店に連れて行ってもらったし、ほとんどご馳走してくれるし、評判はいいですよ。
でも、誰もそこで本...続きを読む

Q買収された側はどうなるんですか?

素人の質問で申し訳ありません。
テレビなどを見ていてよく思うことがあるのですが、買収する企業側は、他の企業を吸収をして大きくなるというイメージがあるのですが、
それでは買収された企業側はどうなるのでしょうか?
買収された企業の社長はクビにでもされてしまうのでしょうか?
それともただ単に経営に口を出せるようになるのが買収なのでしょうか?

そして買収された企業側は、買収した企業側の業績がその後急成長した場合、買収された企業側にも何かしらのメリットがあるのでしょうか?

買収された場合のメリット・デメリットなどを教えてくださると幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

買収といってもあまりにパターンが多いので簡単に説明できませんが・・・

誰かが買収するということは、その企業に魅力があるということです。いい技術を持っているが、資本や人材不足で発展性がない。このままならやがて競争に負けて市場から消え去るかもしれない会社など。

*企業が他の分野(自動車製造会社がパソコン業界へ進出など)へ事業を広げようとするとき、ゼロから
体制を作るより、小さいが内容の良い会社を買収する方が早い。
*同業者を買収して業容を拡大し、海外との競争力を強化する場合もある。
*投資会社が買収して株価が上がったら手放すケースもある。この場合は利益の追求は厳しくても経営陣や
従業員は従来のままという場合もある。

その他いろいろなケースがあり、ケースごとに買収された側の運命は違ってくるでしょう。極端なケースは
No1の通りでしょう。運がよければ社長は買収した会社の役員として残りあまり実力を発揮させられないまま勇退ということも考えられます。

問題は一般従業員の処遇になります。対等合併なら給与面は改善される可能性があります。しかし、幹部職は格下げの可能性があります。社員5万人の会社の部長と社員200人の買収された会社の部長を同列に扱えないのはサライーマンなら理解できると思います。

買収された会社は存続しない場合と子会社として残る場合があります。子会社の場合、その後急成長すれば従業員も株主も幸せでしょう。元社長も保有株が上がって喜ぶかも知れません。

買収といってもあまりにパターンが多いので簡単に説明できませんが・・・

誰かが買収するということは、その企業に魅力があるということです。いい技術を持っているが、資本や人材不足で発展性がない。このままならやがて競争に負けて市場から消え去るかもしれない会社など。

*企業が他の分野(自動車製造会社がパソコン業界へ進出など)へ事業を広げようとするとき、ゼロから
体制を作るより、小さいが内容の良い会社を買収する方が早い。
*同業者を買収して業容を拡大し、海外との競争力を強化する場...続きを読む

Q現場監督や施工管理の実務について

現場監督、施工管理というのは実際どのようなことをしているんでしょうか??

以下大きく分けて3点ご回答よろしくお願い致します。

(1)
積算、手配、現場での監督等あるとは思うんですが、実際の所1日の仕事で、具体的にどのような割合でどのような仕事をしているんでしょうか?また現場監督が図面を書くことは多いんでしょうか?やはり手書きよりCAD等での作成の方が多いんでしょうか?
できればハウスメーカー、ゼネコンと分けて教えていただけたらと思います。

現場監督との名前から現場によくいそうな印象を受けるのですが実際仕事をしてみるとそうではないような気がします。実は事務的な作業が多いとか。。

(2)
私はそうは思わないのですが、ハウスメーカーの現場監督、施工管理はつまらないとの話をたまに耳にします。なぜなんでしょう?同じような住宅を扱うから変化がなくそう思うのか。。。?(もちろん企業によるとおもいますが)

(3)
現場監督、施工管理の勤務時間、休日にについての実態はどうなっているか?(こちらもできればハウスメーカ、ゼネコンについて)企業から説明される仕事内容は参考になるとは思えません。入ってみたら全然違ったなんてことはもう避けたいとの想いから質問しました。

部分的な答え、ハウスメーカ、ゼネコンの実態、仕事の感想等なんでも結構なので、御回答よろしくお願い致します。

現場監督、施工管理というのは実際どのようなことをしているんでしょうか??

以下大きく分けて3点ご回答よろしくお願い致します。

(1)
積算、手配、現場での監督等あるとは思うんですが、実際の所1日の仕事で、具体的にどのような割合でどのような仕事をしているんでしょうか?また現場監督が図面を書くことは多いんでしょうか?やはり手書きよりCAD等での作成の方が多いんでしょうか?
できればハウスメーカー、ゼネコンと分けて教えていただけたらと思います。

現場監督との名前から現場によ...続きを読む

Aベストアンサー

ハウスメーカーは知りませんのでゼネコンの建築工事の話だけ。
現場監督、施工管理の実務内容ですが
その会社の規模、現場の規模、物件の種類、官庁工事か民間かで
全く違います。
スーパーゼネコンで現場事務所の規模が30~100人ぐらいだと
所長→副所長→課長(工事長、設計長)→係長→係員
と工種ごとの分業になるので担当係の工事のみになります。
専門に施工図を描く部署があるので工事担当は図面は書きません。
図面はCADです。
係員は現場で工事写真をとったり、品質のチェックをしたり
歩掛りの資料を集めたり、墨のチェックをしたり、ルーティンの仕事は
空き時間がないぐらいでしょう。
勤務時間は午前8時朝礼なので7時30分くらいには現場に出勤します。
朝礼の当番なら少し準備があるのでもう10分くらいは早いでしょう。
帰りは19時から20時くらいには現場をでます。
休日は4週8休基本で交代で休みます。祝日も現場は休みなしなので
月間で休日を調整しています。
土曜、祝日は手薄なので工程調整してあまり複雑な作業や危険作業の初日にはしません。
ゼネコンで受注高上位20社ぐらいまでは同じようなもんだと思います。

ゼネコンでもJVサブクラスの会社だと
現場で自分で図面も書くかもしれません。
外注に書かせてチェックのみかもしれません。
いい所長なら図面を書かせてくれるかもしれません。
現場で時間外で社員が書くより良い外注業者に書かせた方が安いので
それは所長次第です。
現場の規模が小さくなるので、人員配置も少なく
担当する工種もほぼ全部でしょう。
余程経験を積むか、予習して仕事の先を進んでいないと
仕事に追い越され残業どころか休日もままならない会社もあります。
月の残業が100時間を越えるところも沢山あるでしょう。

建築の工事は原子力関係を除けば20ヶ月以内の工期がほとんどなので
東京以外の勤務地では転勤が多くなります。
社宅や借り上げ社宅などの面も整備されている企業が多いのであまり心配はいりません。
仕事の達成感もあるし、ほぼ20ヶ月ごとに違うメンバーとチームを組むので
気持ちの切り替えもしやすいと思います。
ただ新入社員でも仕事を任され責任を背負うので精神的にひ弱な人には
過酷かもしれません。
責任はランクが上がるほど大きくなります。
現場代理人とは社長の代理なので
所長の上司は支店長もしくは社長ということで
現場の全責任は所長にあるということになってます。

現場で施工管理している人は
言葉はべらんめい口調だったり大きな声の人が多くいますが
非常に繊細かつ緻密です。

就職に際しての相談でしたら目指すその会社の学校のOBを直に訪問して話を聞いた方が確実で正確でしょう。
学校の就職資料室とかにOB名簿があるのではないですか?
こんな玉石混交の所で質問してないで
確からしい情報をキチンと選別できるような情報収集手段を
取った方がいいと思います。

ハウスメーカーは知りませんのでゼネコンの建築工事の話だけ。
現場監督、施工管理の実務内容ですが
その会社の規模、現場の規模、物件の種類、官庁工事か民間かで
全く違います。
スーパーゼネコンで現場事務所の規模が30~100人ぐらいだと
所長→副所長→課長(工事長、設計長)→係長→係員
と工種ごとの分業になるので担当係の工事のみになります。
専門に施工図を描く部署があるので工事担当は図面は書きません。
図面はCADです。
係員は現場で工事写真をとったり、品質のチェックをしたり
歩掛りの資...続きを読む

Q建築学部からの就職ってどんなのですか?

高3なんですが建築学部に行こうと思っています。はっきり言ってなりたいだけで中身がわかってないのですが、就職がどのようになってるかは知っとかないと思って質問しました。やはり親にお金出してもらうので。
一応事務はしたくないわけでありませんが、やはり夢は何か大きなものを立ててみたい。漠然ですみません。あと住宅の設計もしたいです。
こんな私はどんなところに就職したほうがいいのでしょうか?
そのための最低条件は何なんでしょうか?

はてなが多くてすみません。どんななことでもいいので書き込んでもらえるとありがたいです。お願いします。

Aベストアンサー

建築には企画(不動産業など)、設計(アトリエなど)、施工(ゼネコンなど)の3つの段階があります。
どの職種の人もこの建物は自分が建てたと言いますが役割は全く違います。
まず自分がどの部分をやりたいかを理解することが大事です。

建築学科からの卒業生の多くは建築系の会社に就職します。
アトリエ(安藤忠雄、伊東豊雄など)
組織設計事務所(日建設計、日本設計など)
ゼネコン(鹿島、大成、清水、大林、竹中など)
ハウスメーカー(積水ハウス、大和ハウス、住友林業など)
不動産業(三井不動産、三菱地所など)
公務員(国土交通省、経済産業省、地方上級など)
が主なところではないでしょうか。

私の主観ですが上の業種は以下のような感じだと思います。
アトリエ・・・仕事に夢はあるが労働時間長く給料低いアルバイトのよう。
将来的に独立する人が多く、その中から有名建築家になる人もいる。
組織設計事務所・・・仕事に夢はあるが労働時間長め、給料は少し良いが福利厚生は△
ゼネコン・・・労働時間長めだが、給料は良い。福利厚生も◎。現場と設計でだいぶ違うらしい。
また担当する物件の種類(オフィス、マンション、工場など)によっても忙しさ、やりがいが異なる。
ハウスメーカー・・・生活にもっとも身近でやりがい◎、給料は普通。
火・水休みが一般的で他業種の友人とはあまり遊べない。福利厚生は◎。
ただし客商売なので売上が非常に重要。労働時間は客次第。
不動産業・・・労働時間は長めだが、給料、福利厚生は◎。やりがいもある。
しかし入社は最難関ですさまじい倍率+コネがないと厳しい企業も・・・。
公務員・・・一番安定しており、給料普通、福利厚生◎。国家公務員はかなり難関。
仕事内容は多種多様。知り合いはあまり夢はないと言っていたが定時帰り可だそう。

大学に入ってからも十分時間があるので講義を受けながら進みたい道を
決めるのが良いと思います。
就職の為の最低条件ですがある程度レベルの高い大学のほうが
就職しやすいのは事実です。
アトリエは才能次第ですが、組織設計事務所は旧帝大、早慶が多く、
ゼネコンでは旧帝大、早慶、MARCH、日大などが多いです。

建築には企画(不動産業など)、設計(アトリエなど)、施工(ゼネコンなど)の3つの段階があります。
どの職種の人もこの建物は自分が建てたと言いますが役割は全く違います。
まず自分がどの部分をやりたいかを理解することが大事です。

建築学科からの卒業生の多くは建築系の会社に就職します。
アトリエ(安藤忠雄、伊東豊雄など)
組織設計事務所(日建設計、日本設計など)
ゼネコン(鹿島、大成、清水、大林、竹中など)
ハウスメーカー(積水ハウス、大和ハウス、住友林業など)
不動産業(三井...続きを読む

Q建設業経理士1級か、宅建か…

建設業経理士1級か、宅建か…

以前、このサイトに相談させてもらって無事に、建設業経理士2級合格しました!参考になるアドバイス頂きまして、ありがとうございました!本当にありがとうございますm(_ _)m
ヘタレな私ですが、合格の勢いで次に向けて資格試験を受けたいと思います!

建設業経理士1級を受けるなら、公認会計士を受験するわ~と先輩の話を聞きます…公認会計士並みに、そんなに一級は難しいのかと…と思いました…

一級を合格された方の、勉強方法や勉強時間、また公認会計士や他の資格がお薦めなど、色々なご意見をいただけたら助かります(*^_^*)

いい年して嫁に行く当てもないので、少しでも努力して仕事の力をつけたいです!
なんでもいいので、アドバイスお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

1級建設業経理士、宅建主任者です。

2級合格おめでとうございます。
まず1級のレベルですが…さすがに公認会計士ほど難しくはありませんし、日商簿記1級と比べても多少易しいぐらいのレベルです。ただ、他の簿記検定の最上級に比べると会計理論を重視する傾向があります。
また、他の簿記検定にはない「財務分析」という科目もありますので、単に経理処理ができるだけではなく、会計の仕組みを理解して経営状況の判断ができる人というのが1級を持っている人に求められる人物像にあります。
1級は科目が3科目あり、最初の科目合格から5年以内で全部合格することを求められます。
独学も何とか可能ですが、日商簿記1級ほどではないにしろ結構困難を伴います。かといって、通信や通学講座はあまり多くありません。
会社での1級の見通しですが、建設業界以外では試験レベルや知名度の関係であまりうけがいいとは言えません。1級取得者の多くは大手ゼネコン勤務なので、中小建設業者で1級持ってたらかなり重宝がられます。また、経営審査上、公認会計士と税理士登録者で会社に在籍していれば、みなし1級の扱いを受けます。

あとは宅建ですが、建設業経理士が経理財務系に対して、宅建は法律系です。
ネームバリューはもとより純然たる国家資格なので(建設業経理士は国土交通省の登録を受けた公的試験)、資格としての威力はかなり強いですが、宅建主任者の資格を取るまでの費用と時間がかなりかかります。また、資格者証を取れば更新もいりますし、自分の懐事情を考える必要があります。試験も年に1回だけです。

結局どっちを目指すかは、現在どのような仕事に就いていて、将来どのようなキャリアアップを目指しているかにもよります。
確かに両方持っていれば、建設・不動産系ではかなりの強みになりますが、汎用性を取るなら宅建、専門性を取るなら1級建設業経理士や、あるいは日商簿記にシフトするのも一つの手です。
ただ、方向性の違う資格だけに、両方取るにしてもどっちに自分の軸足を取るかをよく考えて、それぞれの資格を目指されることをお薦めします。

1級建設業経理士、宅建主任者です。

2級合格おめでとうございます。
まず1級のレベルですが…さすがに公認会計士ほど難しくはありませんし、日商簿記1級と比べても多少易しいぐらいのレベルです。ただ、他の簿記検定の最上級に比べると会計理論を重視する傾向があります。
また、他の簿記検定にはない「財務分析」という科目もありますので、単に経理処理ができるだけではなく、会計の仕組みを理解して経営状況の判断ができる人というのが1級を持っている人に求められる人物像にあります。
1級は科目が3科...続きを読む


人気Q&Aランキング