【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

インパルス応答から振幅特性を求めて、フィルタのタップ数を求めたいのですが、どのように算出するかの手法も計算式もわかりません。どなたか助けてください。宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>このインパルス応答のピークとディップの数そのものがタップ数であると


>解釈してもよろしいのでしょうか?
時間領域ならOKですが、FFTしたのなら駄目です。
時間領域のインパルス応答が得られているのに、
わざわざFFTする理由は何でしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

毎回ありがとうございます。
振幅特性を求めるのと同時にフィルタのタップ数を求めたかったのです。

インパルス応答のピークとディップを数え、タップ数を判断したいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2008/06/17 22:25

周波数特性ですか?


時間特性ではなしに。

時間特性なら、No.1さんの言うとおり出力が
FIRのタップ係数そのものです。

伝達関数がFIRならば、タップ数と同じ数のパルスが立ちます。
10タップなら10本です。
振幅が、タップ係数に比例です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
時間特性ではなく、周波数特性です。

>伝達関数がFIRならば、タップ数と同じ数のパルスが立ちます。

今回、私は単位インパルスを系に入力し、得た応答をFFTすることで
振幅特性を測定したのですが
このインパルス応答のピークとディップの数そのものがタップ数であると
解釈してもよろしいのでしょうか?

お礼日時:2008/06/17 20:53

まあ、最大限意図を汲み取って回答しますと、



インパルス応答を逆フーリエ変換すると、周波数応答になります。
で、与えられた周波数応答になるような、フィルタを設計します。フィルタには、
・バターワースフィルタ
・チェビシェフフィルタ
・ベッセルフィルタ
なんかがありますが、通過特性・減衰特性・群遅延なんかを考えて、どれが一番いいかを判断して設計します。

この回答への補足

すいません、説明&知識不足で。

ある伝達系にインパルス信号を入力し、周波数特性(振幅特性)を得たのですが、そのフィルタの特性がどういったものかを知りたかったのです。
FIRフィルタであるということはわかったのですが、何タップのフィルタであるかの判断はどうするのかわからずに困っている状況です。

補足日時:2008/06/15 22:21
    • good
    • 0

>ここはこういった傾斜があり、何タップであると算出できる


傾斜ってなんの傾斜ですか?

あと、
>振幅特性
てのはどういう意味ですか?周波数応答のこと??

FIRフィルタなら、単純に、インパルス応答=タップ係数 なんですが。インパルス応答の長さがタップ数です。
    • good
    • 0

離散時間系であれば、インパルス応答は、タップ係数そのものです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
知識不足で申し訳ないのですが、具体的に
「ここはこういった傾斜があり、何タップであると算出できる」といった求め方はないのでしょうか?

お礼日時:2008/06/14 20:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエクセルを使用してデジタルフィルタのハイパスフィルタ・ローパスフィルタの掛け方を教えてください。

タイトルどおりなのですが、エクセルを使用してデジタルフィルタのハイパスフィルタ・ローパスフィルタをかけたいです。

ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

わたしはわかりませんが、こんなページがありました。

エクセルを使用してデジタルフィルタのハイパスフィルタ・ローパスフィルタの掛け方を教えてください。
出来ましたらそのまま使える式をお願いいたします。

http://q.hatena.ne.jp/1204546061

QFFTによるフィルタの可能性について

はじめまして、信号処理については初心者です。教えていただけると幸いです。

ソフト処理でディジタルフィルタを作成したいと思っています。
リアルタイム処理が最終目標です。
IIRとかFIRとかの手法がありますが、FFTによるフィルタリングの可能性はあるのか知りたいです。

エクセルを用いて、模擬的に作った方形波をFFT演算して、
その結果の高い周波数部分を0にして逆FFTすると、綺麗に高調波が除去されていました。
この方法でのフィルタリングは実現可能なものと考えてよいのでしょうか?

FFT処理では、エクセルの結果を見る限り、(当たり前ですが)遮断周波数でスパッと切れた波形が得られています(遮断周波数以上の振幅は0になる)。
一方、フィルタの本などでは、振幅減衰は1次で-20dB/dec、2次で-40dB/decと書かれており、
物理法則上そうなるものと思っていました。
FFTを利用したフィルタリング(遮断周波数以上の振幅は0)というのは、
何か原理的に(物の理として)おかしいところはないのか、不安に思っています。

また、電気系の雑誌にはIIRフィルタ等の使用について書かれている記事を見受けますが、
FFTフィルタリングが可能だとすれば、こちらの方が理想的なフィルタが得られることになります。
何か問題があってFFTフィルタリングが採用されていないと思いますが、どのような問題を秘めているのでしょうか。
(FFTフィルタが理想なのに、IIRフィルタが使用される理由は?)

上にも記載しましたが、将来的には高速マイコン(DSP,FPU付き)を使用してリアルタイム的な処理を行いたいと考えています(サンプリング周波数は16kHz程度です)。
FFTフィルタリングの設計の肝、IIR(FIR)フィルタとの使い分けについても、ご教示いただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

はじめまして、信号処理については初心者です。教えていただけると幸いです。

ソフト処理でディジタルフィルタを作成したいと思っています。
リアルタイム処理が最終目標です。
IIRとかFIRとかの手法がありますが、FFTによるフィルタリングの可能性はあるのか知りたいです。

エクセルを用いて、模擬的に作った方形波をFFT演算して、
その結果の高い周波数部分を0にして逆FFTすると、綺麗に高調波が除去されていました。
この方法でのフィルタリングは実現可能なものと考えてよいのでしょうか?

FFT処理では、エ...続きを読む

Aベストアンサー

>FFT結果の各ポイントの振幅は変えずに、位相だけを変更することも、やはり不連続が生じたりして無理があるのでしょうか?
>(例えばFFT後のデータで、1kHzの周波数成分の位相を45度進めて、3kHzの成分の位相は15度遅らせて、逆FFTして出力するといった処理)
>(フェイズシフターというのでしょうか)

一般的な信号入力を考えると、不連続点が生じると思われます。

QEXCELにてローパスフィルタを作成する

実験の測定データをEXCELでデータ整理しようと考えております。データ整理のためローパスフィルタをかけたいのですが、具体的にどういった式、もしくはEXCELの機能を使用したらいいのでしょうか?デジタルフィルタが良く分からないのでよろしくお願いします。
ちなみにローパスフィルタは1000Hzをかけたいです。

Aベストアンサー

時系列データの処理ならば

OutputData(n+1) = OutputData(n) + (InputData(n+1) - OutputData(n)) * dt / T

dt:データのサンプリング間隔
T:フィルタの時定数 1/2πf
f:カットオフ周波数
n,n+1:それぞれn個目,n+1個目のデータをしめす。

でいけると思いますが、一次のパッシブなんで効果が薄いかも。(普通はベッセルかけるんでしょうけど、そこまではわからない)

QIIRフィルタとFIRフィルタ

無限インパルス応答(IIR)フィルタと有限インパルス応答(FIR)フィルタとはアナログでいう、バンドパスフィルタやローパスフィルタ、ハイパスフィルタのデジタル版みたいなものであることは分かるのですが、
無限、有限というのは何を表しているのでしょうか?
Wikipediaなどに解説はしてあるのですが、どうしても理解することが出来ません。
どなたか易しく説明して頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

> つまり、例えば、1秒間だけのパルスに対してフィルタをかける場合、

元の信号の長さは関係ありません。
フィルタの次数が「1秒分」だったら、
入力信号が1秒だろうと10秒だろうと0.1秒だろうと、

> FIRであればパルスが終わった1秒後には信号は完全になくなる
ということになります。ただし、次数が1秒のフィルタなら「1秒後以降は無くなっている」のは保証されますが、場合によっては1秒より短い時間で無くなる可能性もあります。それはフィルタのパラメータ次第。

> IIRでは、フィルタ自体がそのパルスの残像を出力し続け、永遠にそのパルスが出力される
そういう場合も「あり得る」のがIIRです。実際にそうなるかどうかはフィルタのパラメータ次第です。
(で、先ほどの回答にも書きましたが、IIRでも、実用上は、減衰してそのうち影響が無くなるようなパラメータを設定するのが普通です。)

Q遮断周波数のゲインがなぜ-3dBとなるのか?

私が知っている遮断周波数の知識は・・・
遮断周波数とはシステム応答の限界であり、それを超えると減衰する。
<遮断周波数の定義>
出力電力が入力電力の1/2となる周波数を指す。
電力は電圧の2乗に比例するので
Vout / Vin = 1 / √2
となるので
ゲインG=20log( 1 / √2 )=-3dB
となる。

ここで、なぜ出力電力が入力電力の1/2(Vout / Vin = 1 / √2)
となるのでしょうか?
定義として見るにしてもなぜこう定義するのか
ご存じの方いらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

>ここで、なぜ出力電力が入力電力の1/2(Vout / Vin = 1 / √2)
>となるのでしょうか?
>定義として見るにしてもなぜこう定義するのか

端的に言えば、
"通過するエネルギー"<"遮断されるエネルギー"
"通過するエネルギー">"遮断されるエネルギー"
が、変わる境目だからです。

>遮断周波数とはシステム応答の限界であり、それを超えると減衰する。
これは、少々誤解を招く表現です。
減衰自体は"遮断周波数"に至る前から始まります。(-3dBに至る前に、-2dBとか、-1dBになる周波数があります)

Q高速フーリエ変換でデータ数が2のべき乗でない時

こんにちは。現在、フーリエ変換について勉強しているのですが、ちょっとわからないことがあったので質問させていただきました。

質問内容は高速フーリエ変換についてで、cooley&tukeyのアルゴリズムを利用すると、データが2の冪乗個のときは計算量をО(NlogN)に減らせる事ができるというものでした。

しかしデータが2の冪乗個でないとき。例えばN=5000くらいのときはデータを切り取って無理やりN=4096(=2^12)みたいな感じにすれば良いんですよね?
やっぱりその時って、N=5000で通常の離散フーリエ変換したときと周波数値に誤差が出ると思うのですが、それはどうやったら計算できるのでしょうか。。。

どなたかご教授していただければ幸いです。

Aベストアンサー

離散フーリエ変換は、信号が周期的であることを前提としています。
離散フーリエ変換でのデータ数Nは、離散時間信号の周期に当たります。変換の結果は線スペクトルとなります。
N=5000がその信号の1周期なのでしょうか。
もしそうならば、4096にすれば、誤差が大きくなるでしょう。
N=5000で変換すべきです。この場合にも高速アルゴリズムが
存在します。#1の方のとおりです。
FORTRANの時代には、パッケージがありました。
NはN=2^m*3^n*5^k*7^Lだったと思います。

もうひとつの考え方は、有限持続時間信号のフーリエ変換としての
適用です。これは、連続スペクトルとなります。データ数Nは
スペクトルの分解能に関係します。サンプリング周波数をNで割った
ものが周波数分解能となります。
実際のデータよりも2倍程度のNを使うことが多いと思います。
データ数が5000ならば、Nは8192とし足りないデータには、
0を詰めます。これならば、2のべき乗のNを選べます。
この場合、逆変換は周期的な拡張が行われることに注意が必要です。

離散フーリエ変換は、信号が周期的であることを前提としています。
離散フーリエ変換でのデータ数Nは、離散時間信号の周期に当たります。変換の結果は線スペクトルとなります。
N=5000がその信号の1周期なのでしょうか。
もしそうならば、4096にすれば、誤差が大きくなるでしょう。
N=5000で変換すべきです。この場合にも高速アルゴリズムが
存在します。#1の方のとおりです。
FORTRANの時代には、パッケージがありました。
NはN=2^m*3^n*5^k*7^Lだったと思...続きを読む

Qn次のフィルタについて

現在電子回路の学習をしております。

フィルタにはRCフィルタやLCフィルタなどがありますが、「2次フィルタ」などの「n次」の部分はどういう意味なんでしょうか?
単純に接続されているフィルタの数かと思ったのですが違うようです。

また、RCフィルタとLCフィルタではどちらでもLPFが作れますが、どういう違いがあるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>つまり20n dB/decadeのnがフィルタの次数と考えて問題ないでしょうか?

OK です。

バタワース伝達関数の場合の利得 G(dB) は、
 G = -10*log(1+(f/fc)^2n}
なので、f/fc が充分大なら、
 G≒ -20n*log(f/fc)
とみなせるのです。
  

QFFT・PSDの縦軸は何を意味するのでしょう?

加速度計測の結果について、PSD(パワースペクトラムデンシティ)をかけた場合、その縦軸の意味を教えてください。
また、FFTとPSDはどういう違いが有るのでしょうか?
これまでは、周波数の分布のみに着目していました。
どなたか、わかりやすく教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般に加速度センサー信号の出力は電圧です。

縦軸は係数をかけていない状態では#1さんがおっしゃるように計測した電圧の値を示しています。

よって、縦軸に物理的な意味を持たせるのには、電圧と加速度の間の換算係数をかけてやる必要があります。

フーリエ解析は時刻歴波形は正弦波の組み合わせで構成されるという仮定の下で計算を行っています。FFTの結果は横軸で示される周波数の正弦波の振幅を示しています。
電圧と加速度の換算係数をかけてやると、FFTの縦軸はその周波数成分を持つ加速度振幅を示しています。

ここで1つ問題があります。FFTはサンプリング周波数により分解能が変わります。FFTによる周波数分析は正確にいうと、離散値なので、ジャストの周波数のもをだけを表しているのではなく、ある範囲の周波数範囲にある成分を表しています。
このため分解能が変わると周波数範囲が変わり、同じ波形を分析しても振幅が変わります。
これでは分解能が異なるデータ同士は比較できないなどの問題が生じます。
そのため、周波数幅で振幅を基準化して、1Hzあたりの振幅としたものがPSDです。
PSDならサンプリング周波数が異なるデータ同士の比較ができます。

要はフーリエ振幅(FFT)はサンプリング周波数・分解能により変わる値であり、PSDはそのようなことのないように周波数幅で基準化した値という差があります。

なお、2乗表示したものをパワースペクトルと呼び、それを周波数で基準化したものをPSDと呼びますが、PSDは表示方法によって2乗した状態のあたいを表示(パワー表示)するときと、2乗した値の平方根を計算して表示することがありますので、使用する際には縦軸の表示方法については要注意です。

一般に加速度センサー信号の出力は電圧です。

縦軸は係数をかけていない状態では#1さんがおっしゃるように計測した電圧の値を示しています。

よって、縦軸に物理的な意味を持たせるのには、電圧と加速度の間の換算係数をかけてやる必要があります。

フーリエ解析は時刻歴波形は正弦波の組み合わせで構成されるという仮定の下で計算を行っています。FFTの結果は横軸で示される周波数の正弦波の振幅を示しています。
電圧と加速度の換算係数をかけてやると、FFTの縦軸はその周波数成分を持つ加速...続きを読む

Qデジタルフィルタのフィルタ係数

デジタルフィルタのフィルタ係数をタップ数の中央をh0としてその左右対称にh1、h2とかけていくと思いますが、なぜ中央からかけるのですか?

Aベストアンサー

 http://laputa.cs.shinshu-u.ac.jp/~yizawa/InfSys1/basic/chap10/index.htm
からの引用ですが。

>直線位相となる低域通過型(LPF)の非再帰型ディジタルフィルタのタップ係数は、中央タップについて左右対称
>となり、位相特性が直線的に変化するため、処理した信号成分の重心点がずれないので、画像等のフィルタリング
>に用いられます。

QFIR,IIRフィルタの伝達関数に対する周波数特性を求めるには?

FIRやIIRフィルタの伝達関数を式変形すると、周波数特性や移送特性が求められるようなのですが、伝達関数からの式変形がわからず困っています。
周波数特性を求めたいFIR,IIRフィルタの伝達関数は以下のようになっています。

直接型FIRフィルタの伝達関数
H(z)=h(0) + h(1)・z^-1 + h(2)・z^-2 + ・・・
h(x):係数(定数)
http://momiji.i.ishikawa-nct.ac.jp/dfdesign/gfir/gfir.pdf

縦続型のIIRフィルタの伝達関数
H(z)=k1・(a10 + a11・z^-1 + a12・z^-2)/(1 + b11・z^-1 +b12・z^-2)
・k1・(a10 + a11・z^-1 + a12・z^-2)/(1 + b11・z^-1 +b12・z^-2)
・・・・
kx,axx,bxx:係数(定数)
http://momiji.i.ishikawa-nct.ac.jp/dfdesign/giir/giir.pdf

ここで、
z=exp(jwT)を代入し、
H(exp(jwT))=|H(w)|exp(jθ(w))
と式変形した際の|H(w)|が周波数特性となるそうです。

ただし、能力不足のため式の変形ができず周波数特性を求めることができません。
わかるかたご回答よろしくお願いします

FIRやIIRフィルタの伝達関数を式変形すると、周波数特性や移送特性が求められるようなのですが、伝達関数からの式変形がわからず困っています。
周波数特性を求めたいFIR,IIRフィルタの伝達関数は以下のようになっています。

直接型FIRフィルタの伝達関数
H(z)=h(0) + h(1)・z^-1 + h(2)・z^-2 + ・・・
h(x):係数(定数)
http://momiji.i.ishikawa-nct.ac.jp/dfdesign/gfir/gfir.pdf

縦続型のIIRフィルタの伝達関数
H(z)=k1・(a10 + a11・z^-1 + a12・z^-2)/(1 + b11・z^-1 +b12・z^-2)
・k1・(...続きを読む

Aベストアンサー

式変形しないでそのまま絶対値をとって振幅特性
偏角をとって位相特性を出すんです。
どうせこの様な計算はコンピュータやPCでやらせるのでそのままやれば飯野です。
ただ、FIRについては通常係数を左右対称にとるので
振幅特性は有限項の余弦級数(正弦級数)のような関数になります。
そして位相特性は直線になります。
それらは式変形によって求めることが可能です。


人気Q&Aランキング